プログラム関係

2009年3月31日 (火)

<Emacs-Lisp>org-modeからmapae記事の自動作成コマンド

 ずいぶん久しぶりにEmacs-Lispのプログラミングに取り組んでみましたが、忘れていることも多くて大変でした。一応、目標としていた機能は実現できたみたいですが、ソースコードの可読性もよくなく、手直しの必要もありそうです。

 同じものをもう一度作るとなると大変なので、保管をかねてソースコードをアップしておきます。環境依存で読み書きするファイルも決めうちしてありますので、そのままでは使い物にもならないと思いますが、よろしければ、参考程度にしてください。作るは時間も掛かりますが、一度作ってしまえば、作業が大幅に自動化できるので、とても便利です。

 本当にコマンド一つで動くようにしたのですが、前置引数を指定することで、事前にTexファイルのコンパイルをするようにしました。




;;2009-03-31
(defun h-cocolog-0rg2send (&optional arg)
  "cocolog blog"
  (interactive "P")
  (unless (null arg)
(save-excursion
  (let* ((workbuf
  (buffer-name
   (or
(get-buffer "kokuso-tex.org")
(find-file-noselect
"~/saisinn/kokuso-tex.org"))))
(create-file
  (progn
(string-match "\\(.+\\)\\..+" workbuf)
(replace-match "\\1.tex" nil nil workbuf))))
(switch-to-buffer workbuf)
(save-excursion
  (call-interactively 'org-export-as-latex-to-buffer))
(switch-to-buffer "*Org LaTeX Export*")
(save-excursion
  (beginning-of-buffer)
  (h-gtlt2escape)
  (h-tex-preamble))
(write-file create-file)
(kill-buffer workbuf))))



  (let* ((mblst nil) (mbf nil)
sp ep tmpbuf fn startp  mapaelst

   (buflist-search (lambda () (setq mblst (mapcar '(lambda (x) (buffer-name x)) (buffer-list)))))
   (mapae-search
(lambda ()
   (while (not (null mblst))
(if (string-match "\\+mapae:.*" (car mblst))
(add-to-list  'mapaelst (car mblst))
   ())
(setq mblst (cdr mblst))))))
   
(funcall buflist-search)
(funcall mapae-search)
(when (null mapaelst)
(progn (mapae-new-post)
   (funcall buflist-search)
   (funcall mapae-search)
   (message "新規にmapae記事投稿のバッファを作成しました。\n%s"
mapaelst)))


(setq mbuf (car mapaelst))
(message "select mapae バッファ OK ")

(switch-to-buffer mbuf)
(let (sp ep)
(beginning-of-buffer)
(search-forward "DESCRIPTION:" nil t)
(next-line)
(beginning-of-line)
(setq sp (point))

(search-forward "EXTENDED:" nil t)
(previous-line 2)
(end-of-line)
(setq ep (point))

(if (>= sp ep)
(goto-char sp)
  (progn (kill-region sp ep)
(setq startp (point)))))

(message "ここまで来ました。")

(save-excursion
  (if (setq fn (get-buffer "kokuso-tex.org"))
(progn
  (message "Change buffer %s" fn)
  (switch-to-buffer fn))
(progn
  (message "Create file buffer")
  (setq fn (switch-to-buffer
(find-file-noselect
"~/saisinn/kokuso-tex.org")))))
 
  (call-interactively 'org-export-as-html)

  (setq tmpbuf (get-buffer-create "***tmp***"))
  (setq sp (beginning-of-buffer))
  (setq ep (end-of-buffer))
  (call-process-region
   sp ep "sed" nil tmpbuf nil
   "-f" "/home/u8w/saisinn/cocolog-css")


  (switch-to-buffer tmpbuf)
  (let ((beg (beginning-of-buffer))
(end (end-of-buffer)))
(append-to-buffer  mbuf beg end)
(message "change %s" mbuf))


  (switch-to-buffer mbuf))
(kill-buffer tmpbuf)
(goto-char startp)))




追記:
 今になって気がついたのですが、Texのコンパイルは全く無関係の作業でした。関係あるのはHTMLエクスポートでした。
 4月1日になったところです。これで18年目を迎えたことになります。これを節目に気持ちも行動も切り替えていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

org-mode、HTMLエクスポートからの貼り付けテスト

告訴状(途中経過)

Table of Contents

1 告訴状について

 

1.1 電子メールでのご案内 2009-02-22 日                                         公開

 

1.2 gmailについて 2009-02-25 水

 

1.2.1 初めに

 

1.2.2 金沢地方検察庁との関係

 

1.3 法務省からのアクセス 2009-03-03 火

 

1.4 金沢中警察署長に対する手紙 2009-03-06 金                                  警察

 

1.4.1 山出警部補について 2009-03-06 金

 

1.4.2 AKさんについて(1) 2009-03-06 金

 

1.4.3 AAさんについて(1) 2009-03-07 土

 

1.4.4 井口(猪口)警部補について 2009-03-07 土

 

1.4.5 加藤俊治検察官について 2009-03-07 土

 

1.4.6 浜崎はじめ検察官について 2009-03-07 土

 

1.4.7 斐川雅之弁護士について 2009-03-07 土

 

1.4.8 メール送信について 2009-03-07 土

 

1.4.9 弁護士ブログへのトラックバック送信について 2009-03-07 土

 

1.4.10 県議会と、知っておく必要 2009-03-07 土

 

1.4.11 cocologのアクセス解析について 2009-03-08 日

 

1.4.12 従来型の刑事裁判の問題点を改善する視点

 

2 告訴に至る経緯

 

2.1 報道機関及び報道関係者の皆様に対する御案内                                  報道

 

2.1.1 はじめに 2008-10-28 火

 

2.1.2 メール送信について 2008-11-02 日

 

2.1.3 告訴状公開の意義

 

2.1.3.1 無駄にした3連休 2008-11-10 月
 
2.1.3.2 刑事裁判に臨む上でもっとも大切なことは…? 2008-11-11 火
 
2.1.3.3 cvsサーバの公開 2008-11-18 火
 
2.1.3.4 メールの反応について(PDF) 2008-11-19 水
 
2.1.3.5 他人の痛みが分からない者ほど、表現の自由の絶対性・・・ 2008-11-20 木    弁護士
 
2.1.3.6 動機が解明される必要がある事件・・・ 2008-11-21 金                     弁護士
 
2.1.3.7 犯罪被害者について(弁護士の視点)  2008-12-14 日                      弁護士
 
2.1.3.8 刑事司法に対する理解とマスコミ報道に対する理解  2008-12-26 金
 

2.1.4 裁判員制度と刑事司法の在り方について 2008-11-30 日

 

2.1.4.1 金沢西警察署について 2008-11-30 日                                      警察
 
2.1.4.2 江村正之検察官について(1)  2008-12-02 火                             検察
 
2.1.4.3 江村正之検察官について(2)  2008-12-03 水                            検察
 
2.1.4.4 岡田進弁護士について(1)  2008-12-15 月                      弁護士
 

2.1.5 小島裕史裁判長について  2008-12-27 土                                  裁判所

25日の夜になると思いますが、ディレクトリ(Windowsパソコンのフォルダに相 当)を辿りながら過去のデータファイルを見ていたところ、小島裕史裁判長に 関する写真資料が出てきました。

この文書は見出しの構造化レベルが4になっています。その中で、個人名を使 いながらレベル3に据えたのは、それだけの理由があるからです。私は最近ま で、裁判所という存在を告訴事件において、重視してはいませんでした。そう いう認識や視点に変化が出てきたのはごく最近のことです。インターネットに おいて、裁判員制度に対する批判内容の記事を目にすることが多くなったのも、 その要因ではないかと思います。

私の告訴事件について理解していただくには、これまでの私自身に対する裁判 に対する理解が不可欠だと思いますし、これも比較的最近になって高まってき た意識の現れです。主に平成4年の事件について述べることになりますが、そ の後の流れを決定づけたのは、控訴審判決であり、判決を下した裁判長が小島 裕史裁判長でした。

2.1.5.1 いずれあなたも裁判員 拒否、不安の声多く・・・
 
2.1.5.2 平成4年の事件の控訴審について

それに比較すれば、控訴審は裁判らしい裁判を受けたと言えるかもしれません。 しかし、それは事後審としての控訴審の性格や手続きをそのまま反映したよう なもので、事実というのは重視されず、被告人である私以外を主導にしたよう な裁判の成り行きでした。知らない人が多いと思いますが、控訴審においては、 被告人の自発的な発言というのは許されておらず、出廷さえも必須ではなかっ たのです。控訴審は法律審ともいわれますが、控訴理由に重大な事実の誤認と いうのは含まれていました。

この前、一審の段階において、面会に来た母親に、やはり私撰の弁護士を頼ん で欲しいと申し出たことを書きました。母親の伝言では、いったん弁護士が決 まったのに、変更することは裁判官の心証を損ね、不利になるのでやめた方が よいという返答でした。ここでも苦しい状況で孤立無援であった私には、冷静 な判断も出来ないまま、裁判官の心証という大きな要素がすり込まれたことに なりそうです。それ以前の段階において、金沢地方検察庁に同行した金沢西警 察署の警察官から、検察官の印象を損ねることは大きな不利を招くことになる というような示唆的な発言がありました。今思えば、まるで儀式のような裁判 でした。

母親と面会でそんな話をしたのも、まだ金沢西警察署にいた段階であったよう に記憶しています。つまり国選弁護人となった岡田進弁護士とは会ってもおら ず、話もしていなかったことになります。岡田進弁護士と面会をした後でも、 私は強烈に落ち込み、戸惑うばかりで、重大な結果を引き起こした以上、そん なものかと思うしかありませんでした。不安と戸惑いに追い打ちを掛けたのは、 量刑に対する岡田進弁護士の発言でした。金沢西警察署で谷内孝志警部補から 長くて2年と聞かされていたのが、5,6年は言ってくる、と言われたのです。 これは求刑のことだと解釈しましたが、それに近い判決が出そうだと思いまし たし、谷内孝志警部補に手玉にとられ、都合よくあしらわれたような不信感も もたげて来ました。

ついでに書いておきますが、金沢西警察署での取調中、谷内孝志警部補からは 次のような発言もありました。今でも印象深く覚えています。「高くついた一 発やな」、「好きな女には想われず、そうでない女には想われる。世の中そん なもんや」、「人の噂も七十五日」、「逃げていれば、殺人未遂や」、「半殺 しにした女と、結婚なんかできるか」、いずれも問題外という感じで、決まり 切った当然のことのような対応で、迷いなどいささかも感じることがありませ んでした。現在は冷静に客観的に考えることも出来ていると想いますが、そう いう不信も掻き消すような警部補の呪縛が10年以上続いたことになると思い ます。それは、社会に蔓延していた警察に対する幻想の一環であったのかもし れません。これまでにも書いてきましたが、谷内孝志警部補の個人的な資質、 警察官としての無能力が、大きな要因を占めていたのかもしれません。そして、 そのことに気がつき、言及することが私に求められていたのかもしれません。

2.1.5.3 心神耗弱な警部補
 
2.1.5.4 心神喪失若しくは心神耗弱という主張  2008-12-28 日
 

2.1.6 今年2008年を振り返って

 

2.1.6.1 12月6日  2008-12-06 土
 
2.1.6.2 2008年12月8日  2008-12-08 月
 
2.1.6.3 2008年12月22日  2008-12-22 月
 

2.1.7 告訴状作成のこれからの予定  2008-12-20 土

 

2.1.7.1 今後の生活状況について  2008-12-28 日
 
2.1.7.2 年末年始
  • 一円パチンコ伝説の巫女
  • 数年ぶりの正月休みの帰省
  • パチスロでつぶした時間  2009-01-12 月
2.1.7.3 今後の予定(2009年2月9日) 2009-02-09 月
 
2.1.7.4 失業について  2009-02-23 月
 

2.1.8 一般公開に向けて  2009-02-15 日

 

2.1.8.1 Google sitesのサイト開設
 

3 告訴の事実

 

3.1 家族の想い出

 

3.1.1 長距離運転手の仕事とパチンコ

 

Author: 廣野秀樹 <hideki0001@gmail.com>

Date: 2009/03/27 16時20分41秒

HTML generated by org-mode 6.05 in emacs 23

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Emacsにmapaeをインストール、テスト投稿

 ここに本文を書くのか。
 まったくよくわからない。とりあえず、投稿は成功し、タイトルも文字化けしていなかった。

 どうやら、DESCRIPTION:に記事の本文を書くことがわかった。KEYWORDというのもあるが、カテゴリを登録することは出来ない感じ。
 試しに、htmlのタグを使ってみる。


はてなのブログ(リンク)


 うまくいったみたいだが、brタグを入れなくても改行される見たい。
 brタグを使うと余計に改行が入る様子。Webのココログの投稿画面とは違和感があるが、こちらの方が使いやすい。投稿の登録もけっこう早い。

 もしかして、URLを書くだけで、リンクになるのか試してみる。
http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/

 はてなみたいに、自動的にリンクになりませんでしたが、リンクにさせると都合の悪い場合もあるので、ならない方がいいかも。

 これで、Emacsを存分に使いこなせそう。他にも方法はあったが、ココログの投稿画面で一度、保存や確認ボタンを押すと、修正が面倒なことになっていたので、本当に大助かりです。

 インストールに関しては、次のサイトを参考にさせていただきました。

http://moyashi.air-nifty.com/hitori/2007/03/emacs_emacsmapa_6ac4.html

 少し読み替えることで、UbuntuのLinuxでも導入自体はわりとすんなり出来ました。Perlのモジュールも、以前やったときは、躓いたり、ンストール自体にも自体けっこう時間が掛かったような覚えがあるのですが、今回は短時間ですんなりいけたみたいです。

 以前は、はてダラをインストールして、しばらく使ってみたのですが、ややこしいこともある上に、文字コードがEUCになっていた覚えがあります。mapaeでは、Emacsの文字コードもUTF-8のままのようですが、これで文字化けもせずに、投稿できているみたいです。Hatena::Diaryの文字コード自体が、EUC-JPなので、そういう問題になっていたのかもしれません。Hatena::Diaryでは、他の方法でも、ブラウザの管理画面以外からEmacsを使って投稿すると、次の文字が、文字化けを起こし、投稿した記事の全体が?だらけで、全滅状態でした。UTF-8のまま投稿していたのが、原因だったかもしれません。

 後で、気がついてEUC-JPに変換して投稿していましたが、それも面倒になって、次第に使わなくなってしまいました。文字化けの文字。□○△●■など。




mapae_20090327
mapae_20090327 posted by (C)hirono-hideki

| | コメント (0) | トラックバック (0)