パソコン・インターネット

2010年12月 6日 (月)

Google ChromeのScribeFireをインストールしてみました。

半年ほど前か、以前もインストールし設定をすませていたのですが、はじめにテスト投稿したぐらいでほとんど使っていませんでした。Firefox版と較べると使いかってもよくなかったです。バージョンがあがってよくなっているかと思い再度インストールしてみました。Linuxなので、バージョンアップに伴いパソコン環境はその都度変わっています。

とりあえずテスト投稿です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

強力な無料のデフラグ・ツール「UltimateDefrag」 - 注目のフリーソフト/シェアウエア:ITpro

強力な無料のデフラグ・ツール「UltimateDefrag」 - 注目のフリーソフト/シェアウエア:ITpro

■「UltimateDefrag」はフリーソフトながら,高機能なディスク・デフラグ・ツールである。デフラグ機能に加え,よく使うファイルをハードディスクの高速なエリアに配置するなどの機能も併せ持っている。
■最初は派手なユーザー・インタフェースに驚かされるが,ディスク上の状態をわかりやすく把握しながら操作できる。ビギナーズからパワーユーザーまでにお薦めのツールである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

cvsignore でファイルを無視する(CVS)

CVS--Concurrent Versions System (in japanese) - cvsignore



Powered by ScribeFire.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディレクトリの追加・削除の反映方法(CVS)

CVS使用法メモ(Hishidama's CVS usage Memo)



Powered by ScribeFire.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

ココログフリーでのScribeFireの設定

簡単に設定できました。ブログIDの指定も必要ありませんでした。

 方法は、

  1. まず、編集画面右側にある「ブログ」タブを選択
  2. 「追加」ボタンをクリック
  3. ダイアログが開きます。
  4. そのまま「次へ」をクリックするとエラーが出るので「手動で設定」を選択
  5. 自分のブログのURLを入力して「次へ」
  6. プルダウンのメニューから「Movable Type]を選択
  7. APIのURLに、「https://app.f.cocolog-nifty.com/t/api」を設定(ココログフリーの場合)
  8. ユーザ名とパスワードを入力して「次へ」
  9. 「ログインに成功しました」と出て、ブログで表示されたら、選択して「次へ」
  10. 確認して「完了」


投稿を確認したのですが、記事の左端がずれて、文字の一部が表示されていないみたいです。ScribeFireの編集で「順番つきリスト」というメニューの装飾を使ったためでしょうか。この部分はWebの管理画面で編集しています。

それと、再度ScribeFireで記事を読み込むと、改行が一つ余計に追加されていたみたいです。「さくらのブログ」では起きていないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

ブログペットに登録

https://www.blogpet.net/editor/post

 よくわかっていないのですが、たまたま訪れ、気が向いて登録しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月31日 (火)

<Emacs-Lisp>org-modeからmapae記事の自動作成コマンド

 ずいぶん久しぶりにEmacs-Lispのプログラミングに取り組んでみましたが、忘れていることも多くて大変でした。一応、目標としていた機能は実現できたみたいですが、ソースコードの可読性もよくなく、手直しの必要もありそうです。

 同じものをもう一度作るとなると大変なので、保管をかねてソースコードをアップしておきます。環境依存で読み書きするファイルも決めうちしてありますので、そのままでは使い物にもならないと思いますが、よろしければ、参考程度にしてください。作るは時間も掛かりますが、一度作ってしまえば、作業が大幅に自動化できるので、とても便利です。

 本当にコマンド一つで動くようにしたのですが、前置引数を指定することで、事前にTexファイルのコンパイルをするようにしました。




;;2009-03-31
(defun h-cocolog-0rg2send (&optional arg)
  "cocolog blog"
  (interactive "P")
  (unless (null arg)
(save-excursion
  (let* ((workbuf
  (buffer-name
   (or
(get-buffer "kokuso-tex.org")
(find-file-noselect
"~/saisinn/kokuso-tex.org"))))
(create-file
  (progn
(string-match "\\(.+\\)\\..+" workbuf)
(replace-match "\\1.tex" nil nil workbuf))))
(switch-to-buffer workbuf)
(save-excursion
  (call-interactively 'org-export-as-latex-to-buffer))
(switch-to-buffer "*Org LaTeX Export*")
(save-excursion
  (beginning-of-buffer)
  (h-gtlt2escape)
  (h-tex-preamble))
(write-file create-file)
(kill-buffer workbuf))))



  (let* ((mblst nil) (mbf nil)
sp ep tmpbuf fn startp  mapaelst

   (buflist-search (lambda () (setq mblst (mapcar '(lambda (x) (buffer-name x)) (buffer-list)))))
   (mapae-search
(lambda ()
   (while (not (null mblst))
(if (string-match "\\+mapae:.*" (car mblst))
(add-to-list  'mapaelst (car mblst))
   ())
(setq mblst (cdr mblst))))))
   
(funcall buflist-search)
(funcall mapae-search)
(when (null mapaelst)
(progn (mapae-new-post)
   (funcall buflist-search)
   (funcall mapae-search)
   (message "新規にmapae記事投稿のバッファを作成しました。\n%s"
mapaelst)))


(setq mbuf (car mapaelst))
(message "select mapae バッファ OK ")

(switch-to-buffer mbuf)
(let (sp ep)
(beginning-of-buffer)
(search-forward "DESCRIPTION:" nil t)
(next-line)
(beginning-of-line)
(setq sp (point))

(search-forward "EXTENDED:" nil t)
(previous-line 2)
(end-of-line)
(setq ep (point))

(if (>= sp ep)
(goto-char sp)
  (progn (kill-region sp ep)
(setq startp (point)))))

(message "ここまで来ました。")

(save-excursion
  (if (setq fn (get-buffer "kokuso-tex.org"))
(progn
  (message "Change buffer %s" fn)
  (switch-to-buffer fn))
(progn
  (message "Create file buffer")
  (setq fn (switch-to-buffer
(find-file-noselect
"~/saisinn/kokuso-tex.org")))))
 
  (call-interactively 'org-export-as-html)

  (setq tmpbuf (get-buffer-create "***tmp***"))
  (setq sp (beginning-of-buffer))
  (setq ep (end-of-buffer))
  (call-process-region
   sp ep "sed" nil tmpbuf nil
   "-f" "/home/u8w/saisinn/cocolog-css")


  (switch-to-buffer tmpbuf)
  (let ((beg (beginning-of-buffer))
(end (end-of-buffer)))
(append-to-buffer  mbuf beg end)
(message "change %s" mbuf))


  (switch-to-buffer mbuf))
(kill-buffer tmpbuf)
(goto-char startp)))




追記:
 今になって気がついたのですが、Texのコンパイルは全く無関係の作業でした。関係あるのはHTMLエクスポートでした。
 4月1日になったところです。これで18年目を迎えたことになります。これを節目に気持ちも行動も切り替えていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

mapaeからトラックバックの送信テスト

 どうも、bloggerpostは、cocologと相性がよくないのかもしれません。単純な内容のテスト投稿でも、エラーが出て、Emacsを再起動することになりがちです。

 mapaeは、かなり安定した使い具合です。bloggerpostでは、トラックバックの送信もうまく行きませんでした。mapaeでは、まだトラックバックを送信を試していなかったので、今回やってみます。http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/とgooのブログの二つに向けて送信テストをします。

追記:
 gooのブログでは、即座にトラックバックが反映されていました。hatenaの方は、ダメでしたが、時間が掛かるのかもしれません。ping送信というのも関係があるようですが、一知半解の理解しかないので、よくわからないのです。じっくり勉強した方がいいのですが、時間も掛かりそうです。

 ブログ同士で相性がよくないとトラックバックの送受信が出来ないみたいですが、どうもその時々の通信状態にも左右されているのではないかと、思えることもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bloggerpostの問題

 HTMLタグを反映させるには、独自の拡張記法を使う必要があるとわかりました。そこで、Bloggerのブログの方で、いろいろ試したのですが、インラインでは有効になったタグがあったものの、ブロック単位では、どのように試してもうまくいきませんでした。

 それに、HTMLの構文に似た記号が本文内に含まれていても、送信時にエラー出るらしいということがわかりました。処理に引っかかるような文字記号が含まれていなければ、Bloggerのブログでは、送信もスムースに完了していました。

 同じブログでも、cocologは、XML-RPCというのを使っていて、Bloggerのブログはatomというのを使っているみたいです。RPCというのは、リモートプロシンジャープロトコルの略ではないかと思われますが、要はリモート接続で、プロセスを実行してもらうサービスみたいです。API(アプリケーションインターフェイス)の仕様なども公開されているようですが、要はクライアントからリモート接続で、サーバのプログラムをコントロールできます。ということなのでしょう。その実行プログラムというか、処理を記述したスクリプトもしくはコンパイル済みのバイナリファイルのURLがエンドポイントと呼ばれているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bloggerpostからの送信テスト(4)

 またしても、エラーが出ましたが、Emacsを再起動すると4件送信したうちの3件が登録されていました。本文の最後に空行を3つほど入れているのが、エラーの原因かもしれないので、もう一度試してみます。

 この空行を入れないと、ココログの広告との境がはっきりせず、見にづらくなってしまいます。カテゴリの方は、簡単にうまく登録されていました。mapaeでもカテゴリの登録は出来ますが、少々面倒になっています。

 ついでなので、Hatena::Diaryのブログの方に、トラックバックの送信テストもしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)