« (イ) 「複数の探偵による報告書があるケースで,不貞行為そのものを争って,訴訟で完全勝利決めたことあります。」という深澤諭史弁護士のツイート | トップページ | (エ) 「座間9人殺害で死刑になりたくて仕方ない被告人をも、その意図に反して弁護する、士。 それが仕事。」という深澤諭史弁護士のリツイート »

2020年10月21日 (水)

(ウ) 「これは同感です。 ゴールドラッシュの話と同じで、得したのは誰でしょう?」という向原栄大朗弁護士の反応

 これもTwitterAPIで取得したツイートのテキストを見ていたので気がつかなかったのですが,6年前という深澤諭史弁護士のツイートを公式引用したものでした。再掲になりますが,続けてご紹介します。

  • TW fukazawas(深澤諭史) 日時: 2014-08-09 10:13:59 URL: https://twitter.com/fukazawasstatus/497913648950411264
2d6a6822472ddf1de2149ae0bb4a1752

> > 弁護士業の自由競争と淘汰が,社会のためになるとか,良い弁護士だけが残るとか,そういう発想は,フィクションないし妄想,あるいは犯罪的想像力の欠如だと思い知った次第。

  • TW harrier0516osk(向原総合法律事務所 弁護士向原) 日時: 2020-10-19 22:57:36 URL: https://twitter.com/harrier0516oskstatus/1318189560161972226
8bb569890123edd84c51129fdd658e50

> ゴールドラッシュの話と同じで、得したのは誰でしょう? https://t.co/k0cvhCtueE

 初めにゴールドラッシュという言葉をみてピンと来なかったのですが,昭和40年代後半から昭和50年代前半のテレビの西部劇で見かけたような言葉で,昭和56年の夏になりますが,矢沢永吉の曲名として歌を聴いた記憶があります。アルバム名にもなっていたかもしれません。

|

« (イ) 「複数の探偵による報告書があるケースで,不貞行為そのものを争って,訴訟で完全勝利決めたことあります。」という深澤諭史弁護士のツイート | トップページ | (エ) 「座間9人殺害で死刑になりたくて仕方ない被告人をも、その意図に反して弁護する、士。 それが仕事。」という深澤諭史弁護士のリツイート »