« * 《参考資料》金沢市内,中橋陸橋付近と,大和町 | トップページ | * 「講師である高野隆氏は、調書への署名拒否や黙秘権の行使などを、大論争を巻き起こしながら日本に根付かせたミランダの会の初代代表を務め、刑事弁護の第一人者」という約400分49,800税込み »

2020年9月13日 (日)

* 「「どのような取り調べが行われているのか」ってドヤってるけど、可視化しろ、で終わりだし」という井上雄樹弁護士(旭川弁護士会)のツイート

:CATEGORIES: 可視化,取調べ

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶

  • RT kk_hirono(刑事告発・非常上告_金沢地方検察庁御中)|yinoue1975(井上雄樹) 日時:2020-09-13 07:50/2020/08/17 17:23 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1304915328296611841 https://twitter.com/yinoue1975/status/1295275156701470720
> 「どのような取り調べが行われているのか」ってドヤってるけど、可視化しろ、で終わりだし https://t.co/b2NkNN5fFt

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶

  • RT kk_hirono(刑事告発・非常上告_金沢地方検察庁御中)|yinoue1975(井上雄樹) 日時:2020-09-13 07:51/2020/08/17 17:21 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1304915473243336704 https://twitter.com/yinoue1975/status/1295274463987081221
> https://t.co/FpG57JXKoP この人か、見たみたい気もするが、一昔前の話のようだし、金払う価値はなさそう。
検察官側ではどのような取調べが行われているか 刑事事件における被疑者との接見や相談で、 「検察側ではどのような取り調べが行われているのだろうか」 「この被疑者は自分に対してどの程度本当のことを話しているのだろうか」 などと悩まれることはありませんか? 本講義では、東京地検や大阪地検などの特捜部に在籍し、 20年以上取り調べの第一線で活躍した城祐一郎元検事を講師に迎え、 弁護士が知っておくべき取り調べの真相をお届けします。 講義は全て、城氏が立ち会った事件を題材にしています。 被疑者に真相を語らせる上で、担当検事としていかなる覚悟で挑み、成功させてきたか。 また、複雑な詐欺事案で被疑者がいかにして犯罪を成立させていたかなど、 検事だからこそ知っている真実を、テンポ良く解説していただきます。 検事としての重圧の中で被疑者の口を割ってきた城氏の仕事術は、 刑事事件に関わらない弁護士の先生方にも役立つ要素が満載です。 講義内容(約83分)倍速再生機能付(最大2倍速) 第1 特捜部等において被疑者に真実を供述させる必要性 第2 被疑者から真相を引き出さないと生じる不合理の闘い(その1) 第3 法廷でも維持される自白について 第4 被疑者から真相を引き出さないと生じる不合理の闘い(その2) 第5 被疑者が取引を持ち掛けてきた場合の取調べについて 第6 取調べにおいて叱らなければならない場面について 第7 被疑者が家族のことを想う気持ちについて 付属資料(ダウンロード可能) ・講義レジュメ [source:]元検察官が語る取り調べの真相 ーなぜ被疑者は取調官に対して真実を語るのかー 講師:城 祐一郎 氏 | 弁護士ドットコムオンラインセミナー https://academia-movie.bengo4.com/set/140

 見つけるのに少し時間が掛かったのですが,¥12,800(税込)となっています。井上雄樹弁護士のツイートを見たときは,書籍の紹介だとばかり思っていました。

|

« * 《参考資料》金沢市内,中橋陸橋付近と,大和町 | トップページ | * 「講師である高野隆氏は、調書への署名拒否や黙秘権の行使などを、大論争を巻き起こしながら日本に根付かせたミランダの会の初代代表を務め、刑事弁護の第一人者」という約400分49,800税込み »