« * 「陳述書の量/厚木弁護士ch・神奈川県 - YouTube」に複雑な事件で20枚程度におさめるべきという,増えると裁判官が嫌い,流し読みをされる可能性も出るという解説 | トップページ | * 《参考資料》日野レンジャー 4代目(1989年〜2001年) »

2020年9月10日 (木)

* 《参考資料》昭和50年代初めのスーパーカーブームと週刊少年ジャンプの連載「サーキットの狼」,その当時のBMW

:CATEGORIES: 参考資料

1970年代の日本におけるスーパーカーブーム[編集] 日本では、かつて1976年頃から1978年頃にかけて、池沢さとしの漫画『サーキットの狼』などの影響で、スーパーカーの爆発的なブームが起きた。スーパーカーは一般大衆には入手が困難なことから、特に自動車が好きな人達から見ると羨望の的となった。代表的な存在として君臨したのがランボルギーニ・カウンタックであり、他にもフェラーリ・512BB、ポルシェ・ターボ、ロータス・ヨーロッパ、ランチア・ストラトスなどが特に人気のあった車種である。当時のブームにおいて知名度を得たスーパーカー群は、21世紀初頭の現在でも根強い人気がある。 ブーム当時の日本では、車の購買層ではない低年齢層へのプロモーションとして、コカ・コーラ、ファンタ等の清涼飲料水の王冠の裏に車が描かれていたり、カード型の書籍やプラモデル(スケールモデル)、ミニカー、ラジコンが数多く発売された。その中でとりわけ人気を誇ったのがスーパーカー消しゴムと呼ばれる塩化ビニール製のミニチュアで、消しゴムという商品名ゆえ学校に持ち込んで遊ぶ子供も多くいた。スーパーカーブームにより自動車に関する情報が低年齢層に浸透することとなり、並行する形でモータースポーツ(F1、ル・マン24時間レース、世界ラリー選手権など)に対するブームも巻き起こった。 [source:]スーパーカー - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC#1970%E5%B9%B4%E4%BB%A3%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%A0
『サーキットの狼』(サーキットのおおかみ)は、漫画家の池沢さとしが1975年(昭和50年)から1979年(昭和54年)にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載した漫画作品。続編に『サーキットの狼II モデナの剣』、『21世紀の狼』がある。実写映画が1977年に製作・公開された。 [source:]サーキットの狼 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E7%8B%BC

 記憶では,小学校6年生の昭和51年頃にスーパーカーブームが始まり,1年ほど後に週刊少年ジャンプの「サーキットの狼」の連載が始まったと思っていたのですが,スーパーカーブームが昭和51年から53年,サーキットの狼の連載が昭和50年から昭和54年とあります。

Transformers 3 dark of the moon 2017 hindi 720p hd | エアロ https://www.pinterest.jp/pin/862439397363884994/

    -

|

« * 「陳述書の量/厚木弁護士ch・神奈川県 - YouTube」に複雑な事件で20枚程度におさめるべきという,増えると裁判官が嫌い,流し読みをされる可能性も出るという解説 | トップページ | * 《参考資料》日野レンジャー 4代目(1989年〜2001年) »