« * 野田隼人弁護士や喜久山大貴弁護士がリツイートした,「「正解病」が検察を蝕む:なぜ小説『ナリ検』を執筆したのか」という市川寛弁護士のツイート | トップページ | * 「病院から説明をうけることになったボス。仕事を告げた瞬間、職業を赤文字でカルテに記載されました。#弁護士あるある 」という深澤諭史弁護士のリツイート »

2020年9月 9日 (水)

* 「「決定的な証拠あります」と言われて録音聞くと次の一つ以上に当てはまる。」という2018年10月29日のツイートの,深澤諭史弁護士のリツイート

:CATEGORIES: 深澤諭史弁護士

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶

  • RT kk_hirono(刑事告発・非常上告_金沢地方検察庁御中)|which0623(W h i c h (今は社会的距離を保ってね)) 日時:2020-09-09 20:36/2018/10/29 21:42 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1303658443497119745 https://twitter.com/which0623/status/1056889025569550342
> 「決定的な証拠あります」と言われて録音聞くと次の一つ以上に当てはまる。 ①言葉が聞き取れない。 ②誰が話しているか分からない。 ③話が証明されるべき事実と無関係。 ④むしろこちらが致命的なことを言っている。 ⑤こちらが無茶言って相手が黙ったのを決定的と思っている。 #弁護士あるある
  • RT fukazawas(深澤諭史)|which0623(W h i c h (今は社会的距離を保ってね)) 日時:2020/09/09 20:24/2018/10/29 21:42 URL: https://twitter.com/fukazawas/status/1303655501872259072 https://twitter.com/which0623/status/1056889025569550342
> RT @which0623: 「決定的な証拠あります」と言われて録音聞くと次の一つ以上に当てはまる。
> ①言葉が聞き取れない。
> ②誰が話しているか分からない。
> ③話が証明されるべき事実と無関係。
> ④むしろこちらが致命的なことを言っている。
> ⑤こちらが無茶言って相手が黙ったのを決定的と思っている。
>
> #弁護士あるある

 何分の一かはそういう事例がないと否定は出来ない弁護士商売ですが,それを全てと語り,深澤諭史弁護士がリツイートしているところに図り知れぬ,異常性と危機感を弁護士商売,弁護士業界に向けて感じる参考資料です。それも何のタイミングなのか2018年10月のツイート。

|

« * 野田隼人弁護士や喜久山大貴弁護士がリツイートした,「「正解病」が検察を蝕む:なぜ小説『ナリ検』を執筆したのか」という市川寛弁護士のツイート | トップページ | * 「病院から説明をうけることになったボス。仕事を告げた瞬間、職業を赤文字でカルテに記載されました。#弁護士あるある 」という深澤諭史弁護士のリツイート »