« ## findコマンドで,Word文書の見出しに対応させたファイル名,まだ未編集の空のファイルを探す | トップページ | ## Markdownのテキストファイルからpandocをオプション付きで実行し,目次付きのPDFファイルを作成するRubyスプリクト »

2020年4月30日 (木)

#coding: utf-8

f = ARGV[0].dup content = File.read(f) content.gsub!(/(.+?)/m) {">《引用の始まり》\n\n#{$1.gsub(/^/,'> ')}\n\n>《引用の終わり》"}

File.open("tmp.txt", "w") do |f| f.puts(content) end

pandoc -o #{f.sub(/\.md$/, '')}.pdf \ -N -V documentclass=ltjarticle --latex-engine=lualatex \ -f markdown+ignore_line_breaks+footnotes+definition_lists \ -V titlepage=true -V toc-own-page=true \ --table-of-contents --toc-depth=4 --highlight-style tango \ -V geometry="left=3cm,right=2cm,top=3.5cm,bottom=2.7cm" \ ./tmp.txt

puts content ||<

 確認すると4月20日に最終更新したスプリクトファイルでした。MarkdownからTexファイルを作成する方法もやっていたのですが,TexファイルからPDFファイルを作成すると,長いURLの文字列が折り返しされていなかったり,いくつか問題が出てきました。

 本当は,LaTeXのTexファイルからPDFファイルを作るようにした方が,はるかにきめ細やかな設定やレイアウトができます。時間に余裕があれば取り組みたいところですが,今は本文の作成を優先しています。

|

« ## findコマンドで,Word文書の見出しに対応させたファイル名,まだ未編集の空のファイルを探す | トップページ | ## Markdownのテキストファイルからpandocをオプション付きで実行し,目次付きのPDFファイルを作成するRubyスプリクト »