« モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)がリツイートした「非弁取締やっていて思うのは、非弁業者ほど、裁判上等!」という深澤諭史弁護士のツイート | トップページ | 「取調べの弁護人立会権まで認めなくても虚偽自白を抑止する方法・・・逮捕後の弁解録取の前に必ず弁護士が接見することを録取の要件」というモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイート »

2020年1月14日 (火)

「黙秘は無実を争うための最強手段だと思いますし、黙秘によって不起訴になった事例はありますが、」という櫻井光政弁護士に向けたモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイート

「黙秘は無実を争うための最強手段だと思いますし、黙秘によって不起訴になった事例はありますが、」という櫻井光政弁護士に向けたモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイート

CLOCK: [2020-01-14 火 11:26]--[2020-01-14 火 11:42] => 0:16

〉〉〉:Emacs: 2020-01-14(火曜日)11:26  〉〉〉

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶ RT kk_hirono(告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁・石川県警察御中)|s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター) 日時:2020-01-14 11:27/2020/01/14 11:09 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1216909648776716288 https://twitter.com/s_hirono/status/1216905114440462336

2020-01-14-095724_モトケンさんはTwitterを使っています: 「@okinahimeji 黙秘は無実を争うための最強手段だと思いますし、黙秘によって不起訴になった事例はあ.jpg https://t.co/jboFmu6nfg ▶▶▶     End     ▶▶▶

motoken_tw ===> You have been blocked from retweeting this user's tweets at their request. ▷▷▷ 次のツイートはブロックされているのでリツイートできませんでした。 ▷▷▷ TW motoken_tw(モトケン) 日時:2020/01/14 08:55 URL: https://twitter.com/motoken_tw/status/1216871467603742721

@okinahimeji 黙秘は無実を争うための最強手段だと思いますし、黙秘によって不起訴になった事例はありますが、起訴された場合に人質司法に直面することも説明しています。 ▷▷▷     End     ▷▷▷

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶ RT kk_hirono(告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁・石川県警察御中)|okinahimeji(櫻井光政) 日時:2020-01-14 11:28/2020/01/13 16:42 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1216909943321677825 https://twitter.com/okinahimeji/status/1216626582279704577

当番で出動したら、「再逮捕されたが今の国選が勧める黙秘の方針はただしいのか」とセカンド・オピニオンを求める接見要請だったので、市川先生のツイートを見せました。納得していました。 https://t.co/0ontI7t0lY ▶▶▶     End     ▶▶▶

imarockcaster42 ===> You have been blocked from retweeting this user's tweets at their request. ▷▷▷ 次のツイートはブロックされているのでリツイートできませんでした。 ▷▷▷ TW imarockcaster42(弁護士 市川 寛) 日時:2020/01/09 13:14 URL: https://twitter.com/imarockcaster42/status/1215124668090216448

ダメ検事をやっていた経験からは、「否認なら十二分にOK。黙秘が一番しんどい」ですね。しゃべる被疑者なら、何かしらの手を打てます ▷▷▷     End     ▷▷▷

 櫻井光政弁護士のツイートは、上記の市川寛弁護士のツイートを公式引用したものです。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートに「黙秘は・・・最強の手段」とあります。これは過去にもみたモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の持論ですが、「無実を争うため」というのは初めて見たように思いますし、大きな発見とも感じました。

 私としては弁護士が勧める黙秘こそ、冤罪や誤判の温床という見方をしており、それを強く感じたのも東電OL殺害事件でした。そしてその事件で名を馳せたのが神山啓史弁護士で、櫻井光政弁護士の法律事務所で弁護士活動をしているようです。

 警察の捜査妨害の見本のような事件でもあり、そのことは過去に記録がある記事で知りました。現在もその記事自体はネット上にあるかと思いますが、2,3ヶ月か前にみたとき有料記事となっていたような気がします。


だが一方で、無辜のネパール人に手錠をかけ、身体を拘束し、犯罪者の汚名を着せた当事者たちに、反省の色は見えない。

 ゴビンダさんが強盗殺人容疑で逮捕された'97年当時、警視庁の捜査一課長だった平田富彦氏は、本誌の取材にこうまくし立てた。

「私はいまでもゴビンダは真っクロだと思ってます。無罪判決は司法が世論におもねった結果だ。マスコミはゴビンダの好青年の部分ばかりを報じているが、彼には裏の顔もある。バイト先の店主が『あれは不良外人だ』と言っていた。捜査員は死に物狂いで捜査して、他にも容疑者がいる可能性を二重三重に検証した末に逮捕した。部下に辛い捜査をさせた私が、ゴビンダはクロ、という持論を捨て去るわけにはいかない」

 これは平田氏個人の見解ではない。警視庁はゴビンダさんの無罪が確定すると、龍一文・捜査一課長名でこんな声明を出した。

「司法の判断にコメントする立場ではないが、無罪判決が出たことは真摯に受け止め、今後の捜査にいかしていきたい」

 司法の判断に納得していない、という本音が行間から伝わってくる。

東電OL殺人事件 テレビにも出ないしカネももらわない ゴビンダさんの弁護団 15年間の冤罪法廷で勝ち取ったもの(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4) https://gendai.ismedia.jp/articles/-/34136

 「この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。」とあります。有料記事とは書かれていないようですが、初月無料とあるので、有料会員限定ということのようです。

 「当時、捜査一課の刑事たちはゴビンダについた神山啓史、神田安積、佃克彦の三弁護士を「カンカンツク」と呼んで忌み嫌っていた。このエピソードを聞き、「それはむしろ名誉なことですね」と」とも無料の公開部分にはあります。

〈〈〈:Emacs: 2020-01-14(火曜日)11:42  〈〈〈

|

« モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)がリツイートした「非弁取締やっていて思うのは、非弁業者ほど、裁判上等!」という深澤諭史弁護士のツイート | トップページ | 「取調べの弁護人立会権まで認めなくても虚偽自白を抑止する方法・・・逮捕後の弁解録取の前に必ず弁護士が接見することを録取の要件」というモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイート »