« * モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の「デマだヘイトだと言わずに、このように反論すればいいのよ。」というツイート→ 大切な京都だから全ての市民の声を聴く市長にYES→ 福山和人弁護士 | トップページ | * 福井女子中学生殺害事件で最新開始決定を出した名古屋高裁金沢支部の伊藤新一郎裁判長(2011年当時) »

2020年1月30日 (木)

* 日本共産党系の団体とされる冤罪・人権侵害の「日本国民救援会」と福井女子中学生殺害事件

CLOCK: [2020-01-30 木 14:58]--[2020-01-30 木 14:59] => 0:01

〉〉〉:Emacs: 2020-01-30(木曜日)14:58  〉〉〉

:CATEGORIES: 日本国民救援会,福井女子中学生殺害事件

 共産党系の弁護士が冤罪の刑事弁護に熱心で活動をやってきたという話は聞いていますが、日本共産党そのものとの関係性となると余り話を見た覚えはなく、不明の部分が大きくあります。たぶん日本救済、という冤罪の支援団体が共産党と関係があるという話を見ていたとも思います。

» 冤罪 日本 救済 - Google 検索 https://t.co/VlJG1Nioxz

» 日本国民救援会 https://t.co/1FME42Rs5G

 最近はめったに名称を見かけていないこともあり、そのまま思い出すことが出来なかったですが、「日本国民救援会」だったようです。よくみると救援という言葉が気になるもので、救済や救助、それと支援や援護が組み合わさったようになっています。

 ホームページでは「日本国民救援会」の上に緑の十字に「救」のロゴマークがあり、続けて「人権と民主主義を守る」とあります。私がこの日本国民救援会に最も注目した時期は、福井女子中学生殺害事件の再審請求決定の頃であったと思います。

日本国民救援会(にほんこくみんきゅうえんかい)とは、日本の人権・法曹団体。略称は国民救援会がよく使われる。冤罪事件や警察など権力による人権侵害・政治弾圧事件の被害者その他労働事件等の被害者を救済、支援する活動を行っている。日本共産党系の団体とされる[1][2][3][信頼性要検証]。 [source:]日本国民救援会 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%95%91%E6%8F%B4%E4%BC%9A

 前にも何度かみていたWikipediaだと思いますが、やはり「日本共産党系の団体とされる」とありました。

 Wikipediaには会長1名、副会長7名、事務局長1名の名前がありますが、まったく見覚えのない名前ばかりです。

 「福井女子中学生殺人事件 - 1986年、福井市内で女子中学生が殺された事件で、起訴された被告が一審無罪、二審で逆転有罪、最高裁で懲役7年が確定。現在、名古屋高裁金沢支部に再審請求中。」とありますが、再審開始決定が1度は出ていたはずです。

福井女子中学生殺人事件(ふくいじょしちゅうがくせいさつじんじけん)は、1986年3月に福井県福井市の市営住宅で女子中学生が殺害された事件である。別名・福井女子中学生殺害事件。 日本国民救援会、日本弁護士連合会の人権擁護委員会再審部会などによって、冤罪の可能性がある事件として指摘され、支援を受けてきたが、2011年11月30日に名古屋高等裁判所金沢支部は再審開始を決定し、裁判のやり直しへの期待が生じた[1]。しかし、2013年3月6日、名古屋高等裁判所本庁が一転して再審開始取り消しの決定を行った[2]。その後、2014年12月10日、最高裁第二小法廷が特別抗告を退け、再審開始を認めない決定をした。第2次再審請求の準備が進められている[3]が、2017年5月時点で申し立てには至っていない。 [source:]福井女子中学生殺人事件 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E4%BA%95%E5%A5%B3%E5%AD%90%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E7%94%9F%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

〈〈〈:Emacs: 2020-01-30(木曜日)14:59  〈〈〈

|

« * モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の「デマだヘイトだと言わずに、このように反論すればいいのよ。」というツイート→ 大切な京都だから全ての市民の声を聴く市長にYES→ 福山和人弁護士 | トップページ | * 福井女子中学生殺害事件で最新開始決定を出した名古屋高裁金沢支部の伊藤新一郎裁判長(2011年当時) »