« 「モラ・キラー」、「こんな成仏できないモを諦めさせる方法を研究中です。」という大貫憲介弁護士のツイート・深澤諭史弁護士のリツイート | トップページ | 「被害者のヘイトが裁判所に向かうのが嫌」、「とりあえず強く被告人を叩いた」、「被害者参加裁判で見られる光景」という深澤諭史弁護士のリツイート(大津園児死傷事故) »

2020年1月18日 (土)

リンク先で大津園児死傷事故と確認、「裁判所は、被害者のヘイトが裁判所に向かうのが嫌なので、とりあえず強く被告人を叩いたのでしょう。」という深澤諭史弁護士のリツイート

リンク先で大津園児死傷事故と確認、「裁判所は、被害者のヘイトが裁判所に向かうのが嫌なので、とりあえず強く被告人を叩いたのでしょう。」という深澤諭史弁護士のリツイート

CLOCK: [2020-01-18 土 15:10]--[2020-01-18 土 17:14] => 2:04

〉〉〉:Emacs: 2020-01-18(土曜日)15:10  〉〉〉

:CATEGORIES: 深澤諭史弁護士のリツイート,大津園児死傷事故,被害者参加制度

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶ RT kk_hirono(告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁・石川県警察御中)|O59K2dPQH59QEJx(ピピピーッ) 日時:2020-01-18 15:12/2020/01/17 13:05 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1218415804095447041 https://twitter.com/O59K2dPQH59QEJx/status/1218021377107562496

裁判所は、被害者のヘイトが裁判所に向かうのが嫌なので、とりあえず強く被告人を叩いたのでしょう。 被害者参加裁判で見られる光景。 https://t.co/73bp5aOOJB ▶▶▶     End     ▶▶▶

hznf ===> You have been blocked from retweeting this user's tweets at their request. ▷▷▷ 次のツイートはブロックされているのでリツイートできませんでした。 ▷▷▷ TW hznf(hznf) 日時:2020/01/17 11:41 URL: https://twitter.com/hznf/status/1218000419646922753

被告人が公判中に主張を変えたことについて,私選だからという理由で非難するのはおかしいだろ。どういう理屈なんだよ \n https://t.co/8furTck6BH \n 裁判官は「主張を改めるならこれまでも時間があった。」「私選弁護士なので… https://t.co/Pp6VYr5oav ▷▷▷     End     ▷▷▷

 TwitterAPIで取得しきれなかった部分を含む部分です。→ 「裁判官は「主張を改めるならこれまでも時間があった。」「私選弁護士なので十分に時間を使って、これまでの審議の中で主張するべきであったのに」

 猫のアイコンは数年前から見かけているアイコンでプロフィールの名前も「hznf」と文字数が少なく最初に見たことから変わりがないと考えています。ブロックされているという認識は余りなかったのですが、これまでも注目したツイートはいくつかあった気がします。


hznf
@_hznf_
弁護士10数年目
都会から遠い世界2011年7月からTwitterを利用しています
1,094 フォロー中
1,443 フォロワー

hznf(@_hznf_)さん / Twitter https://twitter.com/_hznf_

 上記にTwitterのプロフィールを引用しましたが、「弁護士10数年目」とあります。余りタイムラインを開くことはなかっったアカウントで、把握はしきれていないブラウザのブックマークにも入れてはいない気がします。

 ちょうどタイムラインを開いたタイミングですが、最新のツイートから3番目と2番目が、伊予原発3号機差し止め判決に関連したものでした。阿蘇山の大噴火、火砕流についても言及があるので、個別に取り上げる程ではないと現時点で判断しますが、参考としてご紹介します。

hznf ===> You have been blocked from retweeting this user's tweets at their request. ▷▷▷ 次のツイートはブロックされているのでリツイートできませんでした。 ▷▷▷ TW hznf(hznf) 日時:2020/01/17 15:01 URL: https://twitter.com/hznf/status/1218050780445306880

伊方原発3号機差止め出たのか。”阿蘇山の火砕流が海を越える” という話を嘲笑する人もいるようだけど,専門家は,火砕流は水よりも密度が小さく(軽く),また水の上は平らなのででこぼこの陸上よりも走りやすい,と言っている。7300年前の… https://t.co/80zFrVlRLp ▷▷▷     End     ▷▷▷

hznf ===> You have been blocked from retweeting this user's tweets at their request. ▷▷▷ 次のツイートはブロックされているのでリツイートできませんでした。 ▷▷▷ TW hznf(hznf) 日時:2020/01/17 15:17 URL: https://twitter.com/hznf/status/1218054723149815809

破局噴火の際には,どうせ日本は壊滅的打撃を受けるんだから原発が崩壊して大量の核物質が飛散して日本滅亡(下手したら人類滅亡)でも構わない,と考えるか,それとも,日本が壊滅的打撃を受けたとしても放射能被害が避けられれば再生はあり得る,と考えるか,だよね ▷▷▷     End     ▷▷▷

 阿蘇山大噴火で伊予原発が崩壊、核物質が飛散した放射能汚染で、日本や人類が滅亡する可能性を否定できる人はいないと思いますが、その可能性の理屈を現実問題に当て嵌めていくと、社会が機能停止にもなりかねないところで、どうでも儲かればいいと見えるのが弁護士らの姿勢です。

 これはそのまま太平洋戦争の敗戦に至った経緯を理由付ける弁護士のツイート、その多くは深澤諭史弁護士のタイムラインで見られる現象ですが、歴史観や世界観が原発問題によく似ていると感じることがあります。


被告人が公判中に主張を変えたことについて,私選だからという理由で非難するのはおかしいだろ。どういう理屈なんだよ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00010013-fnnprimev-soci&p=2…
裁判官は「主張を改めるならこれまでも時間があった。」「私選弁護士なので十分に時間を使って、これまでの審議の中で主張するべきであったのに

hznfさんはTwitterを使っています: 「被告人が公判中に主張を変えたことについて,私選だからという理由で非難するのはおかしいだろ。どういう理屈なんだよ https://t.co/8furTck6BH 裁判官は「主張を改めるならこれまでも時間があった。」「私選弁護士なので十分に時間を使って、これまでの審議の中で主張するべきであったのに」 / Twitter https://twitter.com/_hznf_/status/1218000419646922753

 上記にツイートの本文そのものを引用しました。中程にニュース記事へのリンクがあって前段と後段にわかれるのですが、どちらもリンクの記事のタイトルとは無関係のようです。これは検索の対象になることを嫌がった、仲間内での情報伝達に主眼があるのかとも勘ぐりたくなります。

 次がそのURLのみのリンクの記事です。

「100%自分が悪いと言われて納得いかない」大津保育園児死傷事故 新立文子被告が法廷で語った言葉とは?(FNN.jpプライムオンライン) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00010013-fnnprimev-soci&p=2

 hznfのツイートの前段は、「被告人が公判中に主張を変えたことについて,私選だからという理由で非難するのはおかしいだろ。どういう理屈なんだよ」です。

 hznfのツイートの後段は、「裁判官は「主張を改めるならこれまでも時間があった。」「私選弁護士なので十分に時間を使って、これまでの審議の中で主張するべきであったのに」です。

 昨夜かなり大掛かりに取り上げ、まとめた大津園児死傷事故の刑事裁判ですが、報道の方にも混乱がみられたし、弁護士などの思惑が強すぎて事実関係と評価が入り乱れ、問題が歪められているという印象を強く受けました。

 異例の展開であることは間違いないですが、単身で弁護士に叛旗を翻したとも見えるのが、この大津園児死傷事故の刑事裁判での新立文子被告です。個人的にはまさに「麒麟がくる」であり、弁護士脳の汚染が垂れ込めた暗雲に一筋の光明を見出すものです。

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀ですが、以前の歴史的評価は最悪に近いものがあったと思います。部分的に色々な情報を見てきて消化しきれなかったり、憶えきれていない部分があるのですが、個人的に明智光秀は滋賀県のイメージが強くありました。

 もっとも私は、本能寺の変があった本能寺をずっと滋賀県の安土城の辺りだと思い込んできた経緯があって、近年にテレビのバラエティ番組だったと思いますが、本能寺は京都市内に跡地があると知りました。


戦国武将、明智光秀が織田信長を討った「本能寺の変」(1582年)の4日後、滋賀県第一の大社、多賀大社(同県多賀町)宛てに記した自筆の「禁制(きんぜい)」が19日、同町中央公民館で初公開される。光秀を主人公に同日放送が始まるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」のパブリックビューイング(PV)が同館であるのに合わせ、1日限定で展示。大社の安全を約束する内容の文書で、研究者は「当時の社会の緊張感が伝わる」と評価する。

本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20200118/k00/00m/040/054000c

 ちょっと調べるつもりで、「明智光秀」とGoogle検索したのですが、すぐに目に入って開いたのが上記の記事で、「滋賀県第一の大社、多賀大社(同県多賀町)」とあります。

 甲賀と伊賀は忍者の里として古くから知名度が高いと思いますが、多賀町というのは余り聞いた気がせず、個人的に思い出すのは長距離トラック運転手の仕事で付近を通行した宮城県の多賀城市になります。

 数日前、5日ほど前になるでしょうか、個人的に滋賀県を代表する弁護士の1人(もう一人は原発とも関係のある井戸謙一弁護士)である野田隼人弁護士のタイムラインのツイートで、それらしい地名を見かけたと思うのですが、それが鉄道神社という存在をしるきっかけになりました。

nodahayato ===> You have been blocked from retweeting this user's tweets at their request. ▷▷▷ 次のツイートはブロックされているのでリツイートできませんでした。 ▷▷▷ TW nodahayato(弁護士 野田隼人) 日時:2020/01/14 11:06 URL: https://twitter.com/nodahayato/status/1216904340314574848

日本生命の守り神が多賀神社(滋賀県多賀町)なのは,創業者の一人である弘世助三郎が近江国彦根(多賀町の隣町)の出身だから。 https://t.co/w1u8Jo92sX ▷▷▷     End     ▷▷▷

 記憶に余り自信はなかったのですが、そのまま多賀神社と滋賀県多賀町が出てきたので、ちょっと驚きました。野田隼人弁護士のタイムラインも思いの外、更新が多くて、14日のツイートをさかのぼりながら見つけ出すのに時間がかかりました。

 明智光秀について確認をしておきたかったのは死没地で、ずっと前ですが何かの本で、逃げているところを賞金目当ての農民に殺害された、裏切り者のあわれな末路という感じで読んだという記憶が残っていました。どうせ諸説があるのが普通という考えも一方にはありました。

 歴史上の人物をやたらと美化するのは好きではなく、それでNHK大河ドラマをほとんど視聴しないということもあったのですが、「麒麟がくる」というタイトルの由来をたぶんテレビでみて、新しい時代の到来のようなことを感じ、いくらか関心を持つようになっていました。

[link:] » 明智光秀とは?数奇なその生涯 本能寺の変と最後の地「明智藪」【麒麟がくる】 -1100記事 https://t.co/7MwUrQ98da

 範囲選択が出来ないページですが、「1571年、比叡山焼き討ちで中心的枠割で武功を上げ、織田信長に近江国滋賀郡50000石を与えられ、足利義昭と決別、織田信長の直臣」などとあります。比叡山の焼き討ちは歴史の教科書にもあったように思いますが、明智光秀のことは意外でした。

[link:] » 明智藪 - Google マップ https://t.co/tzH9TAnGBQ

 明智光秀の死没地が明智藪と呼ばれているとは知らず、Googleマップで場所をみると、近くに六地蔵という地名がみえました。京アニ放火殺人事件のニュースでよく見た地名で、最寄り駅となっていたように思います。

 京アニ放火殺人事件は、京都の弁護士の魑魅魍魎性を再認識する機会ともなったのですが、弁護士の思惑と都合で情報統制がされているという印象もあります。


タイトルは仁政を行う王の元に現れるとされる伝説の動物「麒麟」が由来となっており、モチーフとしての麒麟が何者で、如何にして何れの英雄の前に現れるのかを問うていく物語となるという[2]。

麒麟がくる - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%92%E9%BA%9F%E3%81%8C%E3%81%8F%E3%82%8B

 もう一つ、深澤諭史弁護士のタイムラインでみかけていた情報で、スマホの画面と思われるスクリーンショットの掲載がツイートにあったのですが、それがhznfのリンクの記事の内容と、ここになって初めて知りました。

 記事はYAHOO!ニュースですが、よくみるとFNN PRIMEオンラインと読めるものがあります。グッディと同じ石川テレビも夕方のニュース番組はPRIMEニュースなどとなっていました。

 田村隼人弁護士のコメントもあったので、別のエントリーとして取り上げておく予定でいました。深澤諭史弁護士もこのリンクの記事は読んでいる可能性がありますが、ずいぶん遠回しに禁忌しているようにも感じてしまいます。


安藤優子:
裁判長もおっしゃったように、自分の主張をする機会は今までいくらでもあったわけですよね。なぜこの判決の日に突然このような形になったのか、とても不思議です。

田村勇人弁護士:
新立被告がインタビュー受けたせいで被害者の方の感情が当然激化して、今回の被害者家族の意見陳述をもう一回やるという手続きになったわけです。裁判所も、そこまでやって今日は判決の予定だったんです。なのに、これは新立被告の弁護士もかわいそうだと思うんですけど、おそらく新立被告があれこれ言うんですよ、打ち合わせで。「私ももう一回言いたい」とか、「こういう風に争いたい」とか。そういわれると弁護士も無視して進めるわけにはいかないので。

尾木直樹(教育評論家):
裁判って、こんなに被告に振り回されるものなんですか?

田村勇人弁護士:
振り回されてはいないんですけど、手続きをしっかり経ないと。刑事裁判は結論よりも手続きに正義があるという建前があるので、そこは裁判所もちゃんとやらなきゃいけない。今回は、もう一度被害者の方が意見陳述されたという新しい材料が出てきちゃったから、そこで(被告人に)「反撃させろ」と言われてしまうと、裁判所としてはやらないとは言えないんですよ。

安藤優子:
なるほど、機会を与えることは拒否できないと。しかし今回、この判決を聞くためにいらしていた被害者のご家族の方たちのことを考えると、いま一度意見陳述の機会を与えてほしいというくらいのお気持ちなんじゃないかと思えてなりません。

(「直撃LIVE グッディ!」)



「100%自分が悪いと言われて納得いかない」大津保育園児死傷事故 新立文子被告が法廷で語った言葉とは?(FNN.jpプライムオンライン) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00010013-fnnprimev-soci&p=2

 のちほど同じ引用で言及をしておきたいとも考えますが、さしあたりご紹介をしておきました。このグッディの放送は、ミヤネ屋を視聴していたことと、小木港にアジ釣りに出掛けたことで視聴はしていないのですが、しっかり文字起こしがされている珍しい番組内容です。

 上記のhznfのツイートを公式引用したピピピーッのツイートで、深澤諭史弁護士がタイムラインにリツイートしたツイートになります。さきほどはリツイートとして掲載しましたが、次にTwitterAPIの読み込みで再掲をします。

TW O59K2dPQH59QEJx(ピピピーッ) 日時: 2020/01/17 13:05 URL: https://twitter.com/O59K2dPQH59QEJx/status/1218021377107562496

裁判所は、被害者のヘイトが裁判所に向かうのが嫌なので、とりあえず強く被告人を叩いたのでしょう。 \n 被害者参加裁判で見られる光景。 https://t.co/73bp5aOOJB

 深澤諭史弁護士がリツイートをしただけに大きな重みを感じる弁護士業界、弁護士鉄道の歴史の1ページとなります。「被害者のヘイト」と表現しているのが、ひときわ印象的ですが、独自の視点で物事をみるのが弁護士なのだとよくわかります。

 これはこれで、別のエントリーとして記録しておく方がよいかと思えてきました。

〈〈〈:Emacs: 2020-01-18(土曜日)17:14  〈〈〈

|

« 「モラ・キラー」、「こんな成仏できないモを諦めさせる方法を研究中です。」という大貫憲介弁護士のツイート・深澤諭史弁護士のリツイート | トップページ | 「被害者のヘイトが裁判所に向かうのが嫌」、「とりあえず強く被告人を叩いた」、「被害者参加裁判で見られる光景」という深澤諭史弁護士のリツイート(大津園児死傷事故) »