« 調べてみた「吉田巌窟王事件」、冤罪と弁護士鉄道の歴史 | トップページ | リュック一杯のジャガイモが弁護士費用で尊属殺重罰規定違憲判決での弁護士の活躍は疑いの余地のない美談なのか、という疑問から調べてみた近親相姦の歴史 弁護士鉄道の歴史 »

2020年1月 9日 (木)

吉田巌窟王事件、栃木県の墓に「「人権の神ここに眠る」と墓碑銘」があると知って思い出した、リュック一杯のジャガイモが弁護士費用で尊属殺重罰規定違憲判決 弁護士鉄道の歴史

吉田巌窟王事件、栃木県の墓に「「人権の神ここに眠る」と墓碑銘」があると知って思い出した、リュック一杯のジャガイモが弁護士費用で尊属殺重罰規定違憲判決 弁護士鉄道の歴史

CLOCK: [2020-01-09 木 18:27]--[2020-01-09 木 21:50] => 3:23

〉〉〉:Emacs: 2020-01-09(木曜日)18:27  〉〉〉

 いちおうまとめ記事を作成しましたが、キーワードの設定も難しく、検索結果は乏しいものでした。一番の収穫は、「あすわか」(明日の自由を守る若手弁護士の会)の太田啓子弁護士のツイートの発見となるかもしれません。これも何かの導きを感じるような発見です。

[link:] 2020年01月09日18時16分の登録: REGEXP:”じゃがいも.*弁護”/データベース登録済みツイート:2020年01月09日18時16分の記録:ユーザ・投稿:1/1件 http://hirono2014sk.blogspot.com/2020/01/regexp20200109181611.html

[link:] 2020年01月09日18時22分の登録: REGEXP:”リュック一杯のジャガイモ”/データベース登録済みツイート:2020年01月09日18時22分の記録:ユーザ・投稿:2/2件 http://hirono2014sk.blogspot.com/2020/01/regexp20200109182222.html

katepanda2 ===> You have been blocked from retweeting this user's tweets at their request. ▷▷▷ 次のツイートはブロックされているのでリツイートできませんでした。 ▷▷▷ TW katepanda2(弁護士 太田啓子) 日時:2018/03/06 14:40 URL: https://twitter.com/katepanda2/status/970896809194172417

この記事によると弁護士費用はリュック一杯のジャガイモだったと。 最高裁弁論の「名演説」には胸打たれる。初の法令違憲判決は性的虐待事案で下されたものだった。学ぶこと多い事案。是非ご一読を \n https://t.co/oJfmXNQCdh https://t.co/Kx6zno7p2v ▷▷▷     End     ▷▷▷

 次が上記の太田啓子弁護士のツイートで公式引用されているツイートになります。少なくとも2015年からは見かけているアカウントで、惑星のようなアイコンが特徴のアカウントです。弁護士の可能性が高いと思ってきましたが、実名につながる情報は未確認です。

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶ RT kk_hirono(告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁・石川県警察御中)|sho_ya(shoya) 日時:2020-01-09 18:36/2012/04/28 17:08 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1215205708418805760 https://twitter.com/sho_ya/status/196148817740038144

尊属殺重罰規定違憲判決のことを知らない修習生はいないと思うが,弁護人は第1審から最高裁まで無報酬の私選弁護人が担当し,かつ,当初の弁護人が倒れた後,その子である弁護士が弁護人を継いで違憲判決を勝ち取ったという話を知らない修習生は少なくない。 ▶▶▶     End     ▶▶▶

 ちょっと驚いたのですが、2012年4月28日というツイートでした。このツイートを公式引用した太田啓子弁護士のツイートは投稿日時を確認していなかったことに気が付きました。

 太田啓子弁護士のツイートは2018年8月6日とあります。私が、とある連載記事を読んだ時期に近いような気がします。連載といっても複数のページに分割された記事という意味です。なんとなくそういうことが印象に残っており、ページのデザインには黄色があったような気がします。

 はっきり黄色を主体とした記事のサイトとして記憶に鮮明なのは「リテラ」というサイトなのですが、けっこう長い間、記事を見かけていないことに気が付きました。あとで少し調べてみます。

[link:] » ジャガイモ リュック 弁護 - Google 検索 https://t.co/QwaMUz6GAz

[link:] » 「父殺しの女性」を救った日本初の法令違憲判決 (2ページ目):日経ビジネス電子版 https://t.co/PT3K5zdzNl


弁護士料は、リュックサック一杯のジャガイモ
 大貫弁護士は
 「オヤジも私もこらあえらい事件だと思った。これが実刑になったら大変だ。だって、可哀想じゃないか……実刑を逃れるには、200条を憲法違反にして無効にするしかない、と。合憲判決は高く厚く積み上がってましたからね、大きな挑戦でした」
 と話す。

 当時のことを想い出したのか、私に話をしながら大貫弁護士は涙を流した。弁護士料はYさんがリュックサック一杯につめてきたジャガイモだった。

 「貧しいお家だったから、お金なんて取れないですよ。ジャガイモはちゃんと美味しくいただきましたよ」

 親子二代に渡る最高裁までの長い道のり、日本憲法史上に輝く裁判は、ジャガイモで始まったのだ。

「父殺しの女性」を救った日本初の法令違憲判決 (2ページ目):日経ビジネス電子版 https://business.nikkei.com/atcl/report/15/120100058/120200001/?P=2

 上記に引用の文章は、記憶にあるものとまったく同じなのですが、ページのデザインは記憶とはことなるもので、記憶にあるものはページの初めに栃木県内の風景写真があって、団地のような建物が写っていたかもしれません。栃木県内の場所の特定はなかったですが、調べるとすぐにわかりました。

 ページタイトルに2ページ目となっていて、1ページ目のリンクが見つからないと、本文の終わりまでスクロールさせたら、1から5までのリンクが表示されていました。5ページに分割されているようです。

 時刻は19時07分です。今日は天気が安定していて雨が降っている様子もないので買い物に出かけるつもりだったのですが、ずるずると時間も遅くなっていたので、あるもので夕食を済ませることにしました。節約にもなります。

 リンクの1ページ目を開いたところ、見覚えのある団地の写真が出てきましたが、記憶にあるものよりは団地の建物がずいぶん新しく感じました。事件現場と同じ場所を撮影したものか不明ですが、同じ場所であればわかる人にはわかりそうな特徴の建物で、階段の壁が黄色いペンキのようです。

 写真の下の「47年前に事件があった地域。現在は建物も建て替えられ、当時の雰囲気を伝えるものは一切無い」という説明文を見ると、事件があった地域の写真のようです。変哲はなさそうな団地らしい建物ですが、やはり階段の黄色いペンキの塗装が目立ちます。

 日経ビジネスというのは知名度もありそうですが、経済のビジネス誌やパソコンの雑誌にも日経があったようなイメージです。ネットで余りみかけないサイトだと思うのですが、刑事裁判や刑事弁護を真正面から取り上げた記事で、そのことも意外性とともに気になています。

 「「父殺しの女性」を救った日本初の法令違憲判決」が記事のタイトルで、その下に副題のような「憲法第14条と「尊属殺人」という記載が見えます。その下には人影の小さいアイコンの横に「神田憲行 他一名」と見えます。執筆者なのでしょう。2016年3月16日とその下にあります。

 他1名の横に朱色の四角の枠線を斜めに2つ重ねたアイコンがあって、マウスポインタを近づけるとリンクになっていました。クリックするとポップアップが表示され、神田憲行の下に「法律監修:梅田総合法律事務所・加藤清和弁護士(大阪弁護士会所属)」とありました。

 神田憲行という名前も弁護士として見たことがあるような気がしていたのですが、取材をした記者で弁護士のチェックと助言を受けての記事なのかもしれません。これは気が付きにくいような情報を見つけました。スペースがあるのでそのまま弁護士情報を記載すればよさそうですが、他1名のリンクです。

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶ RT kk_hirono(告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁・石川県警察御中)|s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター) 日時:2020-01-09 19:36/2020/01/09 19:17 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1215220753634754561 https://twitter.com/s_hirono/status/1215216064302215168

2020-01-09-191712_「父殺しの女性」を救った日本初の法令違憲判決:日経ビジネス電子版.jpg https://t.co/1phaAdEFVn ▶▶▶     End     ▶▶▶

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶ RT kk_hirono(告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁・石川県警察御中)|s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター) 日時:2020-01-09 19:36/2020/01/09 19:17 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1215220729014153216 https://twitter.com/s_hirono/status/1215216094715138050

2020-01-09-191729_「父殺しの女性」を救った日本初の法令違憲判決:日経ビジネス電子版.jpg https://t.co/mcyZkrNkoC ▶▶▶     End     ▶▶▶

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶ RT kk_hirono(告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁・石川県警察御中)|s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター) 日時:2020-01-09 19:36/2020/01/09 19:34 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1215220708281733120 https://twitter.com/s_hirono/status/1215220332723728385

2020-01-09-192830_「父殺しの女性」を救った日本初の法令違憲判決:日経ビジネス電子版.jpg https://t.co/mvyeT4LATv ▶▶▶     End     ▶▶▶

 時刻は19時44分です。リモコンの番組表で見落としをしたままNEWS7の続きでNHKにしていたところ、カニカマが出てきて、人工クラゲの失敗でカニカマが出来たという話がありました。初代と思われる商品に「スギヨ」とありました。

[link:] » 所さん!大変ですよ「売り上げ急増!? カニカマ大人気の謎」[字] - Gガイド.テレビ王国 https://t.co/XotKx20XWx \n 1/9 (木) 19:30 ~ 19:57 (27分) この時間帯の番組表 \n NHK総合1・金沢(Ch.1)

 時刻は19時57分です。カニカマの番組が終わったところですが、リトアニアの工場とフランスが出てきました。フランスでは「スリミ」と呼ばれた商品名らしく、日本語から辞書にも載ったということです。すり身は蒲鉾の原材料のことだと思います。

 蒲鉾の原料のすり身となる冷凍物は長距離トラック運転手の仕事で割とよく運搬した時期もあります。前に記述があると思いますが金沢市場輸送では七尾市のスギヨの仕事をした時期もありました。

 多分前にも記述があると思いますが、とりわけ印象に強いのが、東京の有明だったと思いますが、スギヨの支店のような会社に荷物を運んだことで、関越道で埼玉県から東京都に入る辺りで、後にも先にもない大雨を経験したことがありました。

 大型トラックの運転なので上から見下ろすようなかたちでしたが、道路に叩きつけられた雨が跳ね上がり、その跳ね上がりの水しぶきが乗用車の屋根を超えるような高さになっていました。そう長い時間は続かなかったのか、通過点だけの現象だったのかもしれないですが、一度のみの光景でした。

 東京の有明は、広い道路と広大な空き地が多い印象が多いのですが、そのときだけは住宅地で歩道橋のあるそれほど大きくもない交差点の角に屋台の店があって、ラーメン屋だったのかおでん屋だったのか思い出せないですが、その時は雨も降っておらず、望外の食事場所の発見でした。

 平成3年の10月から11月頃ですが、市場急配センターの仕事で、晴海と有明には外果の荷物を積みに行くことが多くありました。外果というのは外国からの輸入物の果物のことで、レモンやオレンジ、キウィがあります。バナナとあったと思います。

 このバナナは昭和59年の金沢市場輸送の仕事で大阪や神戸から4トン保冷車で積んでくることが多かったのですが、そのときはバナナに毛布を掛けて運んでいました。その後には低温輸送が出来る冷凍機付きでないと運べないと聞いていたのですが、市場急配センターでは運んだ記憶があります。

 昭和59年当時は外果をおろす倉庫のことをバナナセンターと呼んでいたように思います。ちょうど金沢中央卸売市場の裏門の道路の向こう側の角にありました。屋根が高かったとも記憶にありますが、相当年代物の古い倉庫でした。

 平成3年の秋には新しい倉庫が別の場所にあり、そちらに移っていました。同じ金沢中央卸売市場の裏の道路沿いでした。そこでバナナの荷降ろしをしていたときと記憶にあるのですが、本件告発事件の被害者安藤文さんが歩いてきて、私に何か伝えました。

 ちょうどフォークリフトを運転していたときだったと思いますが、とても印象的な場面として現在も記憶に残っています。河野秀美さんのことで伝えに来たような記憶もかすかに残っていますが、会話の内容ははっきりしない記憶です。

 ここで数年前に思い出したのが、金沢市大場町東の被告発人被告発人大網健二の自宅で開かれた被告発人大網健二の兄、OSNの結婚祝いのことです。その時もトラックに忘れ物をしたのであったのか、電話で本件告発事件の被害者安藤文さんと話をしたことを憶えていますが、記憶が劣化しています。

 外果といえば、大阪府の泉北と呼ばれた場所の倉庫にキウィを積みに行き、そこから会社に電話を掛け、本件告発事件の被害者安藤文さんの会話と態度も印象的なものだったのですが、具体的に思い出すことができず、ここにも記録の劣化を感じています。

 長距離トラック運転手の仕事は、電話を掛けることが多い仕事でもあり、当時は携帯電話が普及する前だったということもありますが、金沢の会社への電話はコレクトコールというのが普通でした。今では聞くこともないコレクトコールですが、着払いの通話になります。

 平成3年9月から平成4年4月1日までの市場急配センターの長距離トラック運転手の仕事では、茨城県古河市の山三青果の仕事が中心でした。和歌山県かつらぎ町のみかんの仕事も多かったですが、その辺りの事情もこれまで記述をしてきたと思います。

 茨城県内と栃木県内から市場急配センターに掛けた電話も多かったと思うのですが、特に記憶に残るのは古河市の青果市場前の公衆電話ぐらいです。電話ボックスではなかったような気がするのですが、そういえば電話ボックスは全く見かけることがなくなってずいぶん経ちます。

 1つ特別な精神状態もあったとして記憶にあるのが、茨城県水戸市の方から国道50号線で、たぶん栃木県葛生町に向かっていた時のことです。途中に会社に電話を掛け安藤文さんと会話があったような気がします。

 一部区間高速道路に乗ったという記憶も情景として記憶にあるのですが、当時周辺で可能性があるのは東北自動車道のみで、Googleマップで半年ほど前に気がついたとも思うのですが、葛生町に向かうのに高速道路を利用する必要はないような感じだったのです。

[link:] » 葛生町道路元標 から 茨城県水戸市 - Google マップ https://t.co/f6psSv4HFf

 一応、水戸市としておきましたが、水戸市内に荷物を運んだ記憶はありません。記憶にあるのは前に記述があるはずですが、茨城県笠間市の辺りの国道50号線沿いで、金沢市場輸送の輪島の運転手3人ぐらいと会ったことです。たぶん3台の大型保冷車です。

 金沢市場輸送の仕事で茨城県水戸市の辺りに行くことは珍しく、私もはっきり記憶にあるのは展示会の仕事での水戸市内のデパートに行ったことで、その1つはちょうど時代が昭和から平成に入ったようなタイミングで大西真さんと一緒でした。これも何度か記述しているはずです。

 栃木県葛生町は現在、佐野市になっているらしいと今回初めて知りました。葛生町となっていますが、私が行った場所は、それほど市街地から離れてはいなかったと思うものの、秘境のような場所で、江戸時代の時代劇で強制労働をさせられ、悪代官が登場するような場所でした。

 その栃木県葛生町に行ったのは平成4年に入ってから3回ぐらいで、いずれも石川県七尾市内まで石灰を運びました。細かく言えば、田鶴浜の橋本商事にも行った記憶で、これは岐阜県の大垣市から同じ石灰の荷物を運んだ可能性もあるのですが、当時は鹿島郡田鶴浜町だったと思います。

 とりわけ記憶に強く残るのが平成4年3月5日の午前中に七尾市内で荷降ろしをした運行で、当時は川の名前を知らなかったと思いますが御祓川の橋の上で荷降ろしをした記憶が残っています。石灰の粉塵で気分が悪くなりながら会社に戻り、そこで見たのが安藤文さんの指輪でした。

 指輪のことは同じ平成4年3月中に2度あり、2度目が静岡県清水市行きのミールの荷物を積み込んで会社に戻ってきた時のことでした。これは積み置きの荷物だったとも思います。清水市で荷降ろしをし、古河市で初めての泊まりをし、次に会社に戻ったのが3月23日の月曜日でした。

 市場急配センターの長距離トラック運転手の仕事では、栃木県内で宇都宮市より北に行くことはなかったと思います。山形県寒河江市からリンゴを積んできた仕事は全く別です。栃木県内のみを対象にしています。

 前に調べた尊属殺人最高裁違憲判決の事件があった地域は、栃木県でも北部にあったように記憶にあります。市町村名は忘れていますが、市であったとは思います。長距離トラック運転手の仕事で通過したことはない地域であったような記憶もかすかに残っています。

 しかしながら栃木県はひと括りで捉えることが多く、日本有数の女子刑務所という栃木刑務所があるということもありますが、女児が被害に遭う重大事件があったり、それが未解決事件となっていることもあって、日本の刑事司法においては特別な地域性を感じるところがあります。

 県民性や歴史的な事情としては群馬県内の方が犯罪が多いと聞いたことがあります。博打打ちが多かったという話も聞いたことがあり、国定忠治も今で言うヤクザ者と思われますが、「赤城の山も今宵限り」という昭和の時代はよく見聞きしたセリフがありました。浪曲だったかもしれません。

 因習が強いという点では山梨県の話をネットで見たことがあります。数ヶ月前に確認のため調べたのですが、見つからず確認は出来なかったものの、祖父の権威が異常に強く孫娘を普通に強姦するような信じがたい話がありました。

 それに近い時期になると思いますが、山梨県での性犯罪事件が最高裁の解釈変更ともなるような事例があって、そこで「殺生な」という判決批判を行ったのが大阪の性犯罪専門弁護士、奥村徹弁護士になります。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が尊敬するとツイートしています。

 因習が強いという点では山梨県の話をネットで見たことがあります。数ヶ月前に確認のため調べたのですが、見つからず確認は出来なかったものの、祖父の権威が異常に強く孫娘を普通に強姦するような信じがたい話がありました。

 それに近い時期になると思いますが、山梨県での性犯罪事件が最高裁の解釈変更ともなるような事例があって、そこで「殺生な」という判決批判を行ったのが大阪の性犯罪専門弁護士、奥村徹弁護士になります。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が尊敬するとツイートしています。

[link:] » 奥村徹弁護士 殺生 - Google 検索 https://t.co/BBBgxCqNkJ

[link:] » 強制わいせつ罪の判例変更、被告の弁護団「従来なら無罪なのに…不公平だ」 - 産経ニュース https://t.co/1pr4fdXIaN \n 奥村徹弁護士はこの分類について「境目が分からない」と指摘。「この判例で50年近くやってき… https://t.co/NiNBmkRVqN

 上記の記事に「殺生な」という文言は見当たらなかったですが、2017年11月29日の記事だと確認ができました。本文に29日の最高裁大法廷判決ともあります。2016年より前を想像していたのですが、それよりは最近のことであったようです。

[link:] » 「殺生」をキーワードに含む奥村徹弁護士のツイートの記録 - 金沢市駅西本町所在市場急配センターにおける組織犯罪殺人未遂事件として再捜査の要請書/石川県警察珠洲警察署御中 https://t.co/udc0LNm3pl

 上記の自分の過去の記事から奥村徹弁護士のツイートを発見しました。産経ニュースの記事の紹介のようですが、その記事の見出しに「殺生だ」が含まれている様子がうかがえます。

▶▶▶ kk_hironoのリツイート ▶▶▶ RT kk_hirono(告発\市場急配センター殺人未遂事件\金沢地方検察庁・石川県警察御中)|okumuraosaka(弁護人弁護士奥村徹(大阪弁護士会)) 日時:2020-01-09 21:43/2017/11/29 14:22 URL: https://twitter.com/kk_hirono/status/1215252744170196992 https://twitter.com/okumuraosaka/status/935740724636680198

殺生でっせ」 強制わいせつ罪の判例変更、被告の弁護団「従来なら無罪なのに…殺生だ」 - 産経ニュース https://t.co/tg5z8kFopz @Sankei_newsさんから ▶▶▶     End     ▶▶▶

 リンクの産経ニュースの記事の見出しに「殺生」はなく、「不公平」となっていました。よくみると、さきほど検索を見つけ、ツイートをしていたのと同じ記事かと思われます。奥村徹弁護士のツイートとの間に齟齬がありますが、これは産経ニュースの側で訂正をした可能性がありそうです。

 タブーの領域に分け入ることになりそうですが、弁護士鉄道の歴史を探求するため、風習、因習としての近親婚、近親相姦について、調べてみたいと思います。

〈〈〈:Emacs: 2020-01-09(木曜日)21:50  〈〈〈

|

« 調べてみた「吉田巌窟王事件」、冤罪と弁護士鉄道の歴史 | トップページ | リュック一杯のジャガイモが弁護士費用で尊属殺重罰規定違憲判決での弁護士の活躍は疑いの余地のない美談なのか、という疑問から調べてみた近親相姦の歴史 弁護士鉄道の歴史 »