« ネットフェミニストの人たち炎上させてくんないかな。>神奈川逃走事件を招いた甘過ぎ「女性裁判官」の知られざる人物像(神奈川県弁護士会) | トップページ | 『JASRACは来るな』とは明示していません。ですから、詐欺罪などに問われる可能性は、ゼロではないものの低いと思います(J-CASTニュース:深澤諭史弁護士のコメント) »

2019年7月 9日 (火)

「JASRACの潜入捜査の件、二項詐欺になるかは、やや微妙だと思う(主婦とはっきり名乗っていたら、成立の可能性は結構ありそう。)」という深澤諭史弁護士のツイート  

「JASRACの潜入捜査の件、二項詐欺になるかは、やや微妙だと思う(主婦とはっきり名乗っていたら、成立の可能性は結構ありそう。)」という深澤諭史弁護士のツイート  

:LOGBOOK:
   CLOCK: [2019-07-09 火 22:51]--[2019-07-09 火 23:18] =>  0:27   
:END:

>>>2019-07-09(火曜日)22:51_[これからの記述範囲の開始時刻]>>>

 昼前だったと思いますが、中断前に取り上げるつもりだった深澤諭史弁護士のJASRACの潜入捜査に詐欺罪成立を示唆した件です。高橋雄一郎弁護士のタイムラインでリツイートとして新たな発見となりました。

▷ リツイート→kamatatylaw(高橋雄一郎)>fukazawas(深澤諭史)|2019/07/09 07:10/2019/07/08 15:22|https://twitter.com/kamatatylaw/status/1148353684125827073 / https://twitter.com/fukazawas/status/1148115197015412739

RT @fukazawas: JASRACの潜入捜査の件、二項詐欺になるかは、やや微妙だと思う(主婦とはっきり名乗っていたら、成立の可能性は結構ありそう。)けれども、それより驚きなのが、この方法について、レピュテーションリスクはちゃんと検討したのかな? この手の事件、とくにJA…

 「二項詐欺」とあったので、やはり二項詐欺だったのかと思いながら、完全に深澤諭史弁護士のタイムラインで見落としていたツイートだと考えたのですが、レピュテーションリスクという言葉で、昨日の夕方、七尾市の和倉温泉から戻ってから最初の方に見たツイートだと気が付きました。


高橋雄一郎
@kamatatylaw
弁理士兼技術系の若手()弁護士(マイノリティ),ほぼ特許事件だけで生活しています。法律書を読むことと準備書面起案が趣味,ツイートは思考実験です。酒屋兼営のJSAソムリエ。東京弁護士会所属

東京都大田区蒲田
blogs.yahoo.co.jp/kamatatylaw
2009年3月に登録

高橋雄一郎(@kamatatylaw)さん | Twitter https://twitter.com/kamatatylaw

 上記が高橋雄一郎弁護士のTwitterアカウントのプロフィールの引用になります。かなり専門性の高い弁護士業務という印象でしたが、特許事件、弁理士というのも著作権には共通性がありそうです。その高橋雄一郎弁護士がリツイートした深澤諭史弁護士のツイートなのだと感心しました。

 まだ確認をしていませんが二項詐欺とは、詐欺罪の修正された構成要件として財物の交付ではなく、財産上の不法の利益を対象にしたものではなかったかと個人的に理解しています。

 この構成要件の厳格性というのは処罰範囲の限定や罪刑法定主義の要請として弁護士の社会正義の一環のように見てきたものでした。これに限らないことですが、深澤諭史弁護士とモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)には共通して、処罰範囲の拡大や一般に向けた恫喝性を強く感じてきました。

 JASRACの潜入捜査の件は、いくらか時間をあけてネット上の情報を読むことである程度の理解をしていました。そして、今日の午後のテレビ番組、ミヤネ屋でかなり詳細に取り上げられていたことで理解が進みました。本日は潜入捜査をした女性の証人喚問もあったようです。

 JASRACの潜入捜査の件は、昨日7月8日の夕方、深澤諭史弁護士のTwitterタイムラインで深澤諭史弁護士のツイートとして初めて知ったように思います。最初に目にしたのが上記の高橋雄一郎弁護士のリツイートになっているツイートであったとも思います。

 JASRACについては、音楽教室を著作権使用料から除外しないことで物議を醸していたことは、以前テレビの報道番組の特集で見ていて、いくらか記憶の片隅に残っていました。

 今日の午前中の早い段階だったと思いますが、次の深澤諭史弁護士のツイートを見たことで、これは取り上げておくと決めました。ただ、そのあとに他に気になる問題が出てきて後回しとしていました。なお、後回しのつもりが、そのまま手付かずで終わったことも多々あります。

 深澤諭史弁護士のタイムラインでツイートを探しながら気がついたのですが、私が問題に思ったのは、次の深澤諭史弁護士のツイートにある記事の内容であったと思います。個人的なツイートではなく、名のあるサイトのニュース記事となっていたので、いっそう問題性は高いと即座に感じました。

▶ ツイート%fukazawas(深澤諭史)%2019/07/08 21:04% https://twitter.com/fukazawas/status/1148201174773841922

「JASRAC職員、音楽教室に潜入調査」報道 証拠になる?合法性は?有識者の見解を聞く https://t.co/3koMrjWzFv @jcast_newsより

<<<2019-07-09(火曜日)23:18_[これまでの記述範囲の終了時刻]<<<

|

« ネットフェミニストの人たち炎上させてくんないかな。>神奈川逃走事件を招いた甘過ぎ「女性裁判官」の知られざる人物像(神奈川県弁護士会) | トップページ | 『JASRACは来るな』とは明示していません。ですから、詐欺罪などに問われる可能性は、ゼロではないものの低いと思います(J-CASTニュース:深澤諭史弁護士のコメント) »