« 弁護士ドットコムの出口絢という平成生まれの女性記者からのいくつかの発見、記者と弁護士との関係についても考えたこと | トップページ | 東京新聞:性犯罪「司法判断おかしい」 相次ぐ無罪「刑法改正を」:社会(TOKYO Web) »

2019年5月14日 (火)

「岡山県の側溝に比べたら、大津の例の交差点はめちゃめちゃ安全。」というモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイート

「岡山県の側溝に比べたら、大津の例の交差点はめちゃめちゃ安全。」というモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイート

:LOGBOOK:
   CLOCK: [2019-05-14 火 11:03]--[2019-05-14 火 13:30] =>  2:27   
:END:

>>>2019-05-14(火曜日)11:03_[これからの記述範囲の開始時刻]>>>

▶ ツイート%motoken_tw(モトケン)%2019/05/13 16:16% https://twitter.com/motoken_tw/status/1127834875069812736

岡山県の側溝に比べたら、大津の例の交差点はめちゃめちゃ安全。 https://t.co/qDMXYc5oAe

 昨日の夕方、いったんこのファイルの編集を閉じて、別のファイル作成に移行しようとしていたところ、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインの更新で、上記の「岡山県の側溝」のツイートを見かけました。

 このファイルは、まだ説明を記述していませんが、岡山県と浜崎一検事をテーマのベースとしているので、妙なタイミングだと思いました。そのあと、出口絢記者か安倍志帆子記者のどちらかのタイムラインでも同じ記事をリンクにしたツイートを見かけました。

▶ ツイート%aya_deguchi(aya deguchi)%2019/05/13 16:12% https://twitter.com/aya_deguchi/status/1127833927010275328

記事写真の「住宅街側にある柵なしの用水路」車がすっぽり入るほどの幅ですごいな・・・ https://t.co/YO3kfPHO3B

▶ ツイート%YahooNewsTopics(Yahoo!ニュース)%2019/05/13 15:58% https://twitter.com/YahooNewsTopics/status/1127830401634816002

【側溝に転落1143件 岡山の事情】 https://t.co/7a8LD9jcC4

岡山県の用水路は道路と並行しているが、柵がないことが多く、車の転落や水没が頻発。転落死は2013-15年に79人、転落事故は全体で1143件に及ぶという。原因と対策を探った。

 昨夜調べたのですが、出口絢記者のツイートが16時12分、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートが4分後の16時16分となっていました。両者のフォロー関係は確認していませんが、偶然にしても気になるタイミングでした。


@motoken_twは、@aya_deguchiを、フォローしていません。

@aya_deguchiは、@motoken_twを、フォローしていません。

Twitterのユーザー関係チェッカー (他人同士のフォロー関係を調べよう) https://lab.syncer.jp/Tool/Twitter-Relationship-Checker/

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインで出口絢記者のツイートは見たことがなかったし、考えてみると、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が記者やジャーナリストのツイートをリツイートしたり、引用するのも見かけない気がしました。

 ジャーナリストの江川紹子氏に関しては過去にモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)がちょっかいをかけるようなツイートをやって、議論のような展開になっていたこともありました。PC遠隔操作事件の関係ではなかったかと思います。

 今まで気にかけていなかったのですが、出口絢記者のTwitterアカウントをみると、2019年5月14日11時25分頃の現時点で、ツイート数が3451,フォロー数が355,フォロワー数が609となっています。意外に少ないという印象を受けました。

 岡山県の側溝に関するツイートを探すのに、出口絢記者のタイムラインを遡っていると、けっこう大きな意外な発見がありました。前から気になっていた弁護士ドットコムの運営状況に関する情報です。同社が急成長していることも出口絢記者に注目している理由です。

出口絢の執筆記事一覧[PAGE1]|弁護士ドットコムニュース https://www.bengo4.com/topics/author/3/

 弁護士ドットコム関係者のTwitterアカウントというのは、他にも5件ぐらい見かけていると思いますが、記事に執筆視野の情報を見ているのは今のところ出口絢記者だけだと思いますし、上記の検索結果のようなページには85件の執筆記事があると表示されています。

 85件は記事の一覧になっており、1ページに30件が表示されているようです。いろいろと忙しくしているので、まだ見出しだけでも全部には目を通していないと思うのですが、すでに最も気になっていた裁判に関する記事を発見しています。国賠訴訟になるようですが秋田の弁護士殺害事件です。

 これは秋田県の秋田県警察と秋田県の県議会を当事者とした社会問題であって、石川県警察と石川県議会にも大いに参考にしていただきたいと、資料の製作を考え続けてきたものでした。

▶ ツイート%aya_deguchi(aya deguchi)%2019/05/14 09:01% https://twitter.com/aya_deguchi/status/1128087782138580997

弁護士ドットコム、売上が前期比35.1%増と大きく伸長 上場来5期連続で増収増益を達成  https://t.co/giMfzpwFgI

「2019年2月には、過去最高となる1,612万人のアクセス数を記録し、『弁護士ドットコ… https://t.co/zi6DYWZ58u

 リンクの記事はまだ読んでいません。別の箇所で取り上げたいとも考えます。時刻は11時45分ですが、つい先ほど、千葉県野田市の児童虐待死の事件がずいぶん久しぶりにニュースとなり、性的虐待を受けた可能性と、第三者委員会のことが内容となっていました。

 ふと思い出したのは、ジャーナリストの江川紹子氏がその千葉県野田市の児童虐待死の問題の第三者委員会のメンバーとなっていたことです。本人のツイートで見たように思いますが、ここ数日、ジャーナリストの江川紹子氏のツイート自体が少ないという傾向もありました。

 昨夜だったと思いますが、久しぶりに気になるとともに考えさせられるジャーナリストの江川紹子氏のツイートを目にしました。内容ははっきり思い出せないですが、タイムラインのツイートの数も少ないのですぐに見つかると思います。

 時刻は11時51分です。テレビの石川県内ニュースになりますが、これも久しぶりに見て思い出した事件の初公判で、白山市の用水路に公衆トイレで出産した子供を遺棄した事件の初公判でした。驚いたのは夫以外の交際相手の子供だったので、相談できなかったという話です。

 先日も、滋賀県高島市について検索で調べると、自衛隊の基地で集団生活していた女性が周囲に気づかれず出産をして遺棄したという事件があって自衛隊の訓練が出来ていたのかと考えたのですが、同居していたのであれば家事もするはずの主婦が妊娠を隠し通せていたのか不思議です。

 白山市の用水路に遺棄された嬰児は用水路の底にそのまま沈んでいる状態で発見されたというニュースもあったように思います。ローカルニュースということもあるかと思いますが、テレビの石川県内ニュース以外に情報を見たことはなく、すっかり忘れかけていました。

 時刻は12時07分です。テレビの前に戻ったタイミングで、金沢市の商店街などという声が聞こえ、防犯カメラの映像が出ていました。落書き行為のニュースでしたが、場所は竪町商店街となっていました。警察が器物損壊の容疑で捜査いるとのことです。

 石川県内ニュースで見ていなかったので不思議にも思いましたが、このところ金沢市では爆破予告などがニュースになっていたことを思い出しました。金沢工業大学でニュースになっていたように思いますが、未解決なのか逮捕されたというニュースは見かけていません。

【爆破予告】石川県金沢市の施設に爆破予告との情報「高性能爆弾40298個入手したナリ」「43044個仕掛けた」「300万回爆発するナリ」 : まとめダネ! https://matomedane.jp/page/28848

 テレビニュースでは見ていなかったのですが、語尾にナリをつける犯行声明は、唐澤貴洋弁護士に始まった社会現象のようなものでした。唐澤貴洋弁護士本人は全くの被害者ということでNHKのクローズアップ現代ぷらすにもスマイリーキクチ氏とともに出演していました。

 そういえば、前の前の日曜日、5月5日でしたが、たしかサンジャボことサンデージャポンに、ひろゆき氏が出るという情報をテレビ欄で見かけたので、録画予約をしたまま出掛けたのですが、まだ再生視聴しておらずすっかり忘れていました。

 ひろゆき氏というのは2ちゃんねるの創始者ともいわれ、多数の損害賠償裁判を起こされ、賠償の支払いを放置していたことで有名になっていましたが、ネットのテレビ番組で唐澤貴洋弁護士を畳み掛けていたのが印象的でした。地上波のテレビ出演は一度も見ていなかったと思います。

 12時26分です。テレビのバイキングでは木嶋佳苗死刑囚と記者との獄中結婚を取り上げています。もともと週刊誌の記事となっていたようですが、ネットで情報を見かけてからだいぶん経っており、テレビで取り上げているのを見たのは今回が初めてです。

 ”週刊新潮デスク”と見出しが出てきたので、記事にしたのはライバル関係にもある週刊文春だったのだと思います。どっちがどっちなのかは忘れていました。番組で出版社のデスクについての説明がありましたが、弁護士ドットコムの編集部のことも考えました。

 岡山の用水路の危険性は以前テレビで見て知っていたのですが、余り改善されていなかったというのも驚きでした。民法上は工作物の管理責任などもあるかと思います。


(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)

第717条
土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。
前項の規定は、竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する。
前二項の場合において、損害の原因について他にその責任を負う者があるときは、占有者又は所有者は、その者に対して求償権を行使することができる。

民法第717条 - Wikibooks https://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC717%E6%9D%A1

▶ ツイート%amneris84(Shoko Egawa)%2019/05/13 21:46% https://twitter.com/amneris84/status/1127918140069826560

適切な加罰がなされる、という観点からは、無罪判決を出した裁判所を非難したり法改正の前に、まずは検察の有罪立証のあり方を検証する必要があるでせう。なぜそういう声が報じられないの? →“性暴力”無罪判決受け 被害者団体が刑法見直しなど… https://t.co/0X3gLplqwG

 ジャーナリストの江川紹子氏については、証拠の目的外使用について本格的に取り上げておきたいところなのですが、10日ほど前になりますか、リンクを開いていくと、思いがけずそれに関する過去の記事に出会いました。品位を問われるべきは検察、という実質かと。

 この証拠の目的外使用の問題は、もうずいぶんと長い間、ネットで見かけたことがないのですが、私が再審請求から非常上告に切り替えた最大の理由でもあります。なぜなら刑訴法の条文に目的外の例外に、非常上告が列挙されていたからです。そもそも検事総長しか出来ない刑事手続なのに。

 昨夜は、テレビのNHKのニュース番組NEWS7、NEWS9。そしてテレビ朝日系の報道ステーションで、フラワーデモと性犯罪の無罪判決のことが取り上げられていました。その割に、ネット上の反応は私から見る範囲で静かなのですが、動向は常に注視していきたいところです。

 昨日だったと思いますが、Twitterの代表的な法クラのアカウントだった、こたんせ、のアカウントが削除されていることに気が付きました。TwitterAPIの検索をスプリクトで実行しましたが、言及したツイートは1件のみでした。このあと再度実行します。


ツイート数:7/1259 リツイート数:5/1259 トータル:86
こたんせ
ajx-all-user-mysql-REGEXP_blogger_hirono2014sk.rb "こたんせ"

 そういえば午前中、TwitterAPIの検索について調べたのですが、1週間以上前のツイートは取得できないとありました。私が前に取得できたツイートを調べたところ、10日ほど前の投稿時刻のツイートの取得は出来ていたようにも思うのですが、よく憶えていません。

 そういえば、昨夜になりますか時間は思い出せないですが、いや同じく朝だったと思いますが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のTwilogで「岡山」をキーワードに検索をしました。元同僚殺害の死刑判決や死刑執行については、それと思われるリツイートが1件のみ確認しました。

 そういえば、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインでは昨日辺りから、「AED」にこだわったツイートが多いのですが、これもたぶん大津市の保育園児死傷事故に端を発しているものと思われます。虚偽告訴や名誉毀損にも波及させています。

<<<2019-05-14(火曜日)13:30_[これまでの記述範囲の終了時刻]<<<

|

« 弁護士ドットコムの出口絢という平成生まれの女性記者からのいくつかの発見、記者と弁護士との関係についても考えたこと | トップページ | 東京新聞:性犯罪「司法判断おかしい」 相次ぐ無罪「刑法改正を」:社会(TOKYO Web) »