« # 「野村修習行ってない也先生」とも同業弁護士に揶揄される、テレビでおなじみの野村修也弁護士の業務停止一ヶ月の懲戒処分について # | トップページ | # 気がついたMarkdown記法のミスと、小項目のブログへの投稿について # »

2018年7月19日 (木)

# ジャーナリストの江川紹子氏とオウム真理教事件、清水潔氏と桶川ストーカー殺人事件に共通して考えること #


 特段、用意もせずに書いていきたいと思いますが、ずっと前から必須の事項として書くべき機会をうかがっていました。同じジャーナリストの江川紹子氏と清水潔氏との間に関係性は知らないですが、個人的な見方として両者の共通点を意識するようになり、一年は経っているように思います。

 オウム真理教の7人の死刑囚の死刑執行のニュースがあったのは、7月6日の午前中のことでした。当日は、平成17年ぐらいから7月の第一金土曜日となっている地元、宇出津のあばれ祭りの初日でもありましたし、全国的な集中豪雨の最中でもあったので、とりわけ印象に残る一日でした。

 ジャーナリストの江川紹子氏のTwitterは、ほぼ毎日欠かさずチェックをしているつもりですが、1つの記事の紹介があったぐらいで、特に目立ったオウム真理教関連のツイートというのは見ておらず、ツイートの頻度も少ないという印象です。

 ジャーナリストの清水潔氏のTwitterも、日に一度はチェックを心がけていますが、全体的に更新が少なくなっているという印象です。

2018年07月17日18時35分の登録: #清水 潔 @NOSUKE0607#のツイート/2018-06-06_1456〜2018-07-17_1351/法務検察・石川県警察宛参考資料/記録作成措置実行日時:2018年07月17日18時35分 http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/nosuke06072018-06-0614562018-07.html>

 上記が、最新というか直近のジャーナリスト清水潔氏のツイートの記録です。「2018-06-06 14:56から198件:最新2018-07-17 13:51という範囲(40日22時間55分)の取得」ということで、一月半ぐらいでしょうか、198件の最新ツイートの取得です。

 プログラムでは199件のツイートを取得するようにしているはずですが、198件しか取得できないことも多いようです。理由はわかりません。本来、一度のリクエストで200件のツイートを取得できるはずなのですが、199件のことが多かったので、予め決め打ちをしました。

 次にジャーナリストの江川紹子氏のツイートの記録ですが、「ツイートと返信」というタイムラインでないと表示されない挨拶のようなツイートがずいぶん多いという特徴もあるので、ツイートの頻度自体は少なくはないはずかと思います。

2018年07月12日14時52分の登録: #Shoko Egawa @amneris84#のツイート/2018-06-26_1319〜2018-07-12_1013/法務検察・石川県警察宛参考資料/記録作成措置実行日時:2018年07月12日14時52分 http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/shoko-egawaamneris842018-06-2613192018.html>

 5日前の7月12日が最新というか最終の記録となっていました。それだけ、目立ったツイートがないというのも要因かと思います。最近は、次のように基準となるツイートとアカウントとしての記録の処理を、1つのコマンドとして行うことが多くなっています。


bpost.py && ubpost.rb && notify-send 'jjj done'



 notify-sendというコマンドは、引数にした文字列を通知用のポップアップとして表示させるものです。jjjは全く適当な文字列ですが、コマンド履歴を使うときに重宝します。

 端末の標準出力に文字列を表示させるのは、UNIXの定番コマンドとしてエコーを意味するというechoコマンドになりますが、ポップアップとしてディスクトップの画面に表示させることで、メインの処理がエラーなく終わったことが確認できます。

 UNIXの作法として、コマンドが無事終了した場合、返却値として整数の0を返しますが、&&は、コマンドの処理をつなげるもので、左辺のコマンドがエラーを返さなかった場合のみ右辺のコマンドを実行するというものです。

 「ubpost.rb amneris84」というコマンドを新たに実行しました。この自作のコマンドは、引数にTwitterのユーザ名を指定した場合、そのアカウントのツイートを最大199件取得し、レイアウトを適用してブログに投稿します。

 引数の指定がない場合、クリップボードにあるツイートのURLからユーザ名になる部分文字列を抽出します。

2018年07月17日19時54分の登録: #Shoko Egawa @amneris84#のツイート/2018-07-01_0027〜2018-07-17_1029/法務検察・石川県警察宛参考資料/記録作成措置実行日時:2018年07月17日19時53分 http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/shoko-egawaamneris842018-07-0100272018.html>

 記事を開くと「2018-07-01 00:27から199件:最新2018-07-17 10:29という範囲(16日10時間2分)の取得」という情報が確認できました。これもプログラムの処理として独自に抽出したデータですが、丸きりの自作なので、正確性に心もとないところはあります。

 死刑執行があった当日、ジャーナリストの江川紹子氏はかねての約束で、NHKの番組に出演をしていたそうです。その後、NHKのニュース番組で短いコメントをする場面は見かけましたが、他の民放の番組でジャーナリストの江川紹子氏の登場も、名前も見ることはこれまでありませんでした。

 NHKは、これまでもニュース番組に落合洋司弁護士(東京弁護士会)を登場させコメントを報道してきましたが、民放とは異なる視点からの報道という印象はあるものの、真意を測りがたいとはかねて感じてきました。

 オウム真理教の事件ですが、当時、私は福井刑務所で服役中でした。金沢刑務所から福井刑務所に移送されたのが、平成6年3月17日だったと記憶しています。分類審査を受け、一工場で新入教育を受けるようになったのが、4月の初めだったと思います。

 分類審査の期間も同じくらいだったと思いますが、新入教育は2週間だったと思います。そのあと二工場に配役されました。南寮3階の306という雑居房に、その年、平成6年の11月の初め頃までいました。前に書いていると思いますが、民事裁判の提訴があり、書類を持ち込むため独居房に移りました。

 懲役刑の受刑者は、工場出役が原則となっています。分類審査で集団生活は不適合とされた場合などは、よほどの例外となるらしいですが、工場出役をすることで、舎房ではテレビの視聴が出来るようになりました。

 福井刑務所の場合、正月、ゴールドウィーク、お盆の連休は別にして、テレビの視聴は土日月の夜19時から20時55分ぐらいまでの時間でした。他に平日の週2回、映画か録画したテレビ番組の視聴がありました。南寮の4階は2級生の雑居房で、一日早く同じ番組の視聴がありました。

 私は2級生になっても北寮の3階の独居房にいたので、一日あとのテレビの視聴でした。再犯刑務所である金沢刑務所の場合は違っていましたが、福井刑務所では土日月のテレビの視聴は、自由にチャンネル変更が出来る自主チャンネルとなっていました。

 3,4級生の場合は、決められた番組の視聴となっていましたが、日曜日の場合は、NHKの大河ドラマの後、20時45分からのニュース番組の視聴が出来ました。19時からの決められた番組のことは思い出せないですが、2級生になってからは主に19時からのニュース番組を見ていました。

 私は一度懲罰を受けたので、一月か長くて3月、2級生への進級が遅れたのですが、通常は最低でも6か月遅れるという話を聞いていたので、思いの外、早い2級生の進級で、その後、懲罰を受けることもなかったので降級されることもありませんでした。

 まだ、雑居房にいた時のことだと割合鮮明に記憶にあるのですが、大河ドラマが終わったあとのNHKのニュース番組で、松本市での異臭事件が速報のように報道されていました。それがいわゆる松本サリン事件だったわけですが、当初は五里霧中のような報道が続いていたように思います。

 3,4級生の場合、テレビニュースを見る機会は少なかったと思いますが、福井刑務所の場合、夕食後にも舎房で読売新聞の閲覧が出来、レクと呼ばれるレクリエーションの時間もスポーツ紙の閲覧が出来たので、社会の出来事に対する情報量というのは残業の多い社会人より少なくはなかったとも思います。

 今、ネットで調べたところ松本サリン事件の発生は、1994年6月27日ということで、calコマンドで調べると当日は月曜日でした。これまで日曜日の大河ドラマが終わった直後とばかり思っていたのですが、放送を見たのは月曜日だったのかもしれません。

 平成6年の6月であれば、3,4級生であったことは確実ですが、月曜日にどの放送があったのか記憶にありません。記憶にあるのは、2級生となって自主チャンネルが出来るようになった前後のことで、それまでの長寿番組だった水戸黄門が終了し、「こちら第三社会部」というドラマが始まったことです。


『こちら第三社会部』(こちらだいさんしゃかいぶ)は、2001年10月8日から12月17日まで毎週月曜日20:00 - 20:54(JST)[1]に、TBS系の「ナショナル劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は渡辺謙[2]。

[source:] /引用元:/ こちら第三社会部 - Wikipedia <https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%E7%AC%AC%E4%B8%89%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E9%83%A8>



 確認のため調べたのですが、「こちら第三社会部」というドラマは、2001年の放送となっていました。平成13年かと思います。金沢刑務所での服役で5工場に降りたのが、その年の11月の初めだったと記憶にあるので、10月8日という番組の開始時期とも整合しません。

 さきほども書きましたが、再犯刑務所である金沢刑務所では、2級生でも自主チャンネルというものは一切ありませんでした。官と呼ばれた刑務官が、「こちら第三社会部」を視聴に選定していたとも考えにくいことですが、この番組のことは、食べ歩きの太ったタレントが主人公でよく憶えています。


「水戸黄門」「大岡越前」、古くは「江戸を斬る」などTBSが代々誇る時代劇枠に36年ぶりに現代劇が登場!という触れ込みでスタートした「こちら第三社会部」。
日本中央新聞社を舞台に、社内の掃き溜め・第三社会部に寄せ集められた落ちこぼれの記者たちが、熱血デスクの下様々な事件を通し奮闘、新聞記者として成長していく姿を 描いたドラマです。

[source:] /引用元:/ こちら第三社会部 <http://home1.tigers-net.com/yellows/gr1/kochi3.htm>



 上記の情報でも「2001年10月8日~12月17日」という記載があるので、私の記憶違いに間違いはなさそうです。触れ込みの部分も記憶にあるものなので、番組の内容自体に間違いはなさそうです。

 初回の放送から見たような記憶となっていましたが、10月8日となると、新入教育の期間ともずれがあります。11月の初めから2周間前という逆算です。通常は雑居房での集団生活でしたが、私は金沢地方検察庁への認書作成が認められ、独居房で書面の作成を行っていました。

 金沢刑務所での服役は、ずっと独居でした。工場出役のない受刑者は「昼夜独居」とも呼ばれていましたが、私の場合は「夜間独居」で、よほどいびきがひどくて周囲に迷惑をかけるとか、希望してもなかなか認められないという話も聞いていましたが、希望の確認もなくずっと独居でした。

 3階の舎房というか建物の3階の独居だったと思います。拘置所で生活している時は、チベットの仏教施設のように奇妙に見えると思っていたのですが、手前の1階から4階までの建物が一定の間隔で並んでいたので、敷地のはずれの拘置所からは、奇妙な風景に見えていたのだと受刑者となって納得でした。

 拘置所から手前の一階の建物は医務の建物だったように思いますが、その間は割合広く、向こうには藤棚のようなものが見えて、それも古代インドの宗教施設のように見えました。最近、Googleマップで確認したのですが、その間のスペースはなくなっていました。

 2階建ての建物は、分類審査のときと満期出所前の釈前の時に生活をしました。いずれも2階でしたが、独居房ばかりで、懲罰や昼夜独居にも使われていました。拘置所も同じですが、舎房には札があって、収容者の分類がありました。拘置所だと、控訴、上告、一審がすぐにわかりました。

 以前より、事細かく記録する癖があったのですが、「こちら第三社会部」のことで、大きな記憶違いの可能性に気が付き、やはり無駄かもしれないと思っても、正確な記録というのは必要なものだと再確認しました。割合自信のあった記憶だけに、いささかショックもあります。

 「「水戸黄門」「大岡越前」、古くは「江戸を斬る」などTBSが代々誇る時代劇枠に36年ぶりに現代劇が登場!」と先ほどの引用記事にありますが、月曜日の20時台として水戸黄門は納得ですが、「大岡越前」は、まったく意外でした。22時台の放送で、日曜日の可能性が高いとも考えていました。

 まだ、書いていないと思いますが、先日、俳優、加藤剛さんの訃報があって、その時、「大岡越前」が1970年から30年間も続いた長寿番組だったと初めて知りました。基本的に時代劇は好きでなかったのですが、「大岡越前」は、テーマの音楽が辛気臭く、まともに視聴した記憶がないものでした。

 「大岡越前」といえば、名奉行として知られ、現代で言えば理想的な裁判官像という知識はありましたが、「お白州」ということで、批判的な弁護士のツイートも見かけてきたということがありました。

 30年間も続いたという時代劇だったということを知り、それまでとは見方も違った状態となっていたのですが、テレビの西日本豪雨の避難所の場面で、楽しそうにしている小学生ぐらいの女の子の姿を目にした時、不意に「八百屋お七」のことが頭に浮かびました。

 奉行という現代の裁判官が、お七の火あぶりという極刑を回避するため、曖昧な戸籍から1つ年齢が若いことを含めて、繰り返し確認をしたところ、お七が受け入れず火あぶりの処刑となったという話を、以前、本で読んだことを思い出したのです。それも官本だったと思いますが、よくは憶えていません。

 「八百屋お七」についても、以前、気になって調べたことがあったのですが、「仙台高尾」のときと同じように神仏として祀られているという情報を初めて知りました。それも「奉納 南無八百屋於七地蔵尊」という幟旗の写真として見つけたもので、東京の文京区に白山という地名があることも知りました。

 東京大学の辺りに江戸時代、加賀藩の藩邸があったような話は少し知っていたのですが、東京大学も文京区とは思わず、千代田区だと考えていたように思います。その本郷とか東京大学の近くには、能都中学校の修学旅行で宿泊した思い出もあるのですが、大きな部屋の寺院のような旅館でした。

 東京に行ったのは、その能都中学校の修学旅行のときが初めてでした。記憶にあるのは羽田空港と東京タワーで、皇居に行く予定が、顔も名前も記憶のある2人がバスから空き缶を投げつけトラブルとなり、中止になったことが記憶に残っています。

 能都中学校の修学旅行は、4泊5日で、京都、奈良、箱根、東京と宿泊したはずですが、記憶に残るのは初日の京都のホテルと、最終日の東京の旅館だけでした。ホテルという名前だったかもしれないですが、とても大きな寺院に泊まったような記憶として残っています。東京大学の近くだと聞いていました。

 地蔵といえば、東京都葛飾区の「順子地蔵」のことがあります。観音寺橋のたもとのお地蔵さまのことについては、小倉秀夫弁護士のことで、昨年1月7日に書こうと決めていましたが、いまだ実現には至っていません。その前段階としての、「長坂のお地蔵さま」というテーマでもあります。

 奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)のツイートとして書いたことがあると思いますが、順子地蔵のことは、長い間、録画したままで未視聴とは気がつかなかった番組を再生したことで初めて知りました。

 同じ頃だったと思いますが、小倉秀夫弁護士のツイートで、小倉秀夫弁護士が住まいする葛飾区で地域に密着した活動を弁護士の団体として行ってきたことを初めて知りました。いずれもタイムラインでは見落としてきたツイートになるはずですが、その後も同じ関連のツイートは見ていません。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/「葛飾弁護士倶楽部」の検索結果 - Twilog https://twilog.org/hirono_hideki/search?word=%E8%91%9B%E9%A3%BE%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E5%80%B6%E6%A5%BD%E9%83%A8&ao=a>

 上記のTwilogの検索結果は、2017年12月9日に、小倉秀夫弁護士のツイートのリツイートが5件、私のツイートが1件。2014年8月27日の小倉秀夫弁護士のツイートのリツイートが1件と鳴っていますが、2014年のリツイートは、記憶に残っていなかったものと思います。

 2017年12月9日は、まだ1年経っていませんが、1,2日前に富岡八幡宮の刺殺事件があったように思います。ちょうど開戦記念日の頃で、それも日曜日の夜、22時頃に通り魔事件のような速報があって、事件の実態が明らかになるまでに時間があって、松本サリン事件の報道の時とも似ていました。

富岡八幡宮殺人事件 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%B2%A1%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6>

 12月7日の事件だと確認しましたが、wikipediaとしては、これまで見てきたものでも、ずいぶん情報量の少ないものです。数カ月、検索もしていないので新たな情報は見かけていませんが、前回調べた時は、一緒に自殺した妻の写真らしいものを目にしました。テレビで全く見なかった情報です。

 記憶の感覚として、一月も過ぎた頃かと思いますが、静岡県の浜松市で連れ去られ、藤枝市の山中で遺体が発見された看護師の女性の事件も、主犯とされた男性が新潟市のビジネスホテルで自殺で発見されたという報道がありましたが、名前の他、長岡市出身というぐらいの情報しかないままです。

 誘われて連れ去りを実行したという名古屋の男性の方が、顔写真で大々的に報道され、番組によっては父親が顔出しのままで報道されていたのも印象的な事件でしたが。その後、起訴されたのかどうか、続報のようなニュースも全く見かけてはいません。

 新潟市西区での女児の連れ去り殺害事件も似たようなもので、ぴたりと報道がなくなりました。最後にテレビで見た報道は、連れ去り目的で車で故意にぶつけたという自供でしたが、任意性のある自供なのかも含め問題視するような情報はまったく見かけていません。

 自殺した主犯とされた被疑者の名前を、芥川と思い出して、調べてみましたが、新しい情報は見つからず、犯行の動機を含め、まったく不可解なまま集結した事件のようです。被害者の顔写真が沢山報道されながら、遺族のコメントを全く見かけなかったことでも、気になる事件でした。

 遺族が活発な活動を行ったという印象があるのが、桶川ストーカー殺人事件でもありますが、私が見たものはネット上にある動画などのものばかりです。比較的最近になって気がついたことですが、事件は平成11年10月26日のことで、その年の9月の20日頃に、私は拘置所に移送されていました。

 この平成11年の事件の時は、金沢中警察署の留置場でも所持金が乏しく、拘置所に移送されてからも新聞の購読や週刊誌の購入をすることもなかったように思います。9月の20日頃というのは、翌年の平成12年に、判決が確定した時期のことだったかもしれません。

 はっきり憶えているのは、平成11年8月12日の夜、19時半から20時半ぐらいの間に、金沢市玉鉾の会社前で、待ち構えていた金沢中警察署の警察官に逮捕されたということです。金沢西警察署のときほど、留置場にいた日数は短かったようにも思うので、移送は9月10日頃かもしれません。

 桶川ストーカー殺人事件は、ストーカーの法律が出来たほどの大きな社会問題として、長い間に渡って報道を見かけていたという記憶もありますが、当時は、仕事やプログラムの勉強などに集中して、テレビを見ることが少なかったとも思います。平成13年12月31日の満期出所後のことです。

 前にも何度か書いていると思いますが、ストーカーという言葉が一般的になったのも、平成9年1月18日の福井刑務所の満期出所直後のことで、ストーカーをテーマにしたテレビドラマも放送されていました。ドラマ名はよく憶えていませんが、坂本龍一の作曲の「砂の果実」という主題歌が印象的でした。

 桶川ストーカー殺人事件のことは、事件の内容より、その数年後に山梨県内で裁判官がストーカー事件を起こし、その裁判官が桶川ストーカー殺人事件の公判で居眠りをしていたという話を何かで知ったことが、より強く印象に残っていました。事件の概要は知っていたとは思いますが。

 金沢刑務所の拘置所でも、ラジオ放送はありましたが、再犯刑務所ということもあってか、ニュースというのは少なかったように思います。合間の短いニュースというのはあったかと思いますが、ラジオ放送なので、情報番組のようなものはなく、記憶に残るのは「浪曲十八番」や野球放送ぐらいです。

 桶川ストーカー殺人事件はよく知っているつもりの事件でした。最近は、新潟の女児殺害事件や新幹線での無差別殺傷事件のように、一月も経たないぐらいで風化するような大事件も珍しくはないと思いますが、平成11年10月の事件が、平成14年以降も今日的だったというのは、よほどのことでしょう。

 その桶川ストーカー殺人事件と清水潔氏がとても深い関わりがあったことも、私は比較的最近になって知ったことです。やる気がなく隠ぺいすら企てた警察の不正を暴き、その警察官を退職にまで追い込んだというのは、現実離れをしたドラマや漫画のような活躍にも映るものです。

 そのジャーナリスト清水潔氏の桶川ストーカー殺人事件におけるご活躍を賞賛する声ばかり見かけてきましたが、その多くは清水潔氏のTwitterタイムラインにおけるリツイートだったという印象もあります。部外者に真実はわかりませんが、オウム真理教の一連の事件と似た構図を感じています。

 先程来、薄れた記憶を辿りながらくどくどと書いてきましたが、地下鉄サリン事件の発生した平成7年3月20日、私は福井刑務所に服役中でした。現在でも19時、20時台の情報番組、報道番組というのはほとんどないと思うのですが、その割には、多くの情報を見てきたような記憶となっています。

 私は、福井刑務所を出た後、その年つまり平成9年の7月の1,2日頃から逮捕された平成11年8月12日まで、被告発人被告発人大網健二に世話をされた金沢市北安江の借家で母親と二人で生活をしていましたが、テレビというのは、ほとんど見ない生活をしていました。

 仕事の時間も長めで休みは日曜日のみ、たまに日曜日に仕事に出ることもありましたが、パソコンと法律の勉強に明け暮れ、再審請求や安藤健次郎さんに郵送した書面の作成にも労力を注ぎ込んでいました。自分の部屋にはテレビも置いていなかったので、テレビは食事の合間ぐらいでした。

 それでも不思議なぐらいに、オウム真理教の事件といえば、ジャーナリストの江川紹子氏という認識が強固なものとして出来上がり、疑いを感じることもありませんでした。平成14年11月から平成21年3月まで続いた羽咋市の生活でも、ジャーナリストの江川紹子氏の記事を見ることはありました。

 ジャーナリストの江川紹子氏に疑問を抱くようになったのは、PC遠隔操作事件以降のことです。その前になると思いますが、郷原信郎弁護士と一緒に、検察のあり方委員会とかに参加している頃も、陸山会事件の検察批判とともに、疑問を感じることはあり、それが下地になっていたとは思います。

 名指しで明確化しておきますが、郷原信郎弁護士、落合洋司弁護士(東京弁護士会)、ジャーナリストの江川紹子氏のデタラメとしか思えない、検察、警察批判は、私や母親、告発事件の被害者である安藤文さんや安藤健次郎さんの家族にも、重大な悪影響を及ぼしたと考えています。

 私と石川県警察、金沢地方検察庁との関係にも多大の悪影響を与えてきたので、その点をまずは明確に記録化しておきたいとかねてより考えてきましたし、それが社会情勢の変化により、以前は確証も持てず、及ぶことの出来なかった状況に光明がさしこみ、望外の好条件が揃ったとも考えています。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の正体も白日のものとして晒され、記録化の作業も期待を遥かに超えた結果を残しています。時間を掛けすぎたという思いもありますが、努力と諸条件で期待以上の結果を残してきたという満足感もあるもので、満を持しての取り組みです。

 桶川ストーカー殺人事件についても、一時期集中的に取り組んで調べましたが、受け手の情報のみで検証に限界は感じたものの、とても大きな発見が1つありました。それが、井上嘉浩元死刑囚の立場とも共通性のあるもので、共謀共同正犯というキーワードです。

 私は、関係者の刑事責任を追求するため、共謀共同正犯や間接正犯という共犯論について、出来る範囲で徹底的に調べてきました。素人のことなので十分な理解も覚束ないとは前提に、まずまずのことは出来たと思いますし、それ以上のことは検察庁に任せるべきという考えで来ました。

 安直な警察、検察批判は問題外に許せないもので、徹底的な除去を図るためにさらなる努力を重ねてきました。それが弁護士脳汚染除去装置の開発でもあります。徹底的な記録は、準備のためのためのものでもあります。迎撃態勢に万全を期すために、ここまでやってきました。

 以前調べた記憶も薄れており、調べ直すのも時間がかかるので、ここでは記憶の範囲で簡単に書いておきますが、桶川ストーカー殺人事件の主犯格と目された人物は北海道で自殺し、他に共謀共同正犯として無期懲役になった受刑者がいることを知りました。

 弁護士脳の社会支配の目的が大きいのだと個人的に考えていますが、共謀罪でさんざん不安を煽った弁護士らは、正犯性について正しい理解を示すことがありません。漁師が仕掛けた罠にも思えるものです。それとセットになるのが、警察、検察にかける多大の負担です。

 時刻は、7月18日1時38分です。0時10分ぐらいから再生していた「健康で文化的な最低限度の生活 1話」を録画再生で視聴し終えたところです。テレビのドラマをまともに見たのも久しぶりですが、一番の感想として、「法テラス」の言葉の発音が気になりました。

 法というのは法律の一文字でもありますが、法事、仏法などと宗教的な意味合い、救済を連想させる文字でもあり、このドラマの趣旨を強調した発音というか言葉遣いのようにも感じました。

 録画再生でドラマを視聴しながら、気になった「法寺」について、まとめ記事を作成しておいたことを思い出しました。匿名の弁護士が、法テラスを侮蔑し、ありったけの不満をぶつけるように使われていた「法寺」という二文字でした。

 最近は見かけなくなっていますが、よりストレートに「法テラス」のことを「クソテラス」や、「ソクラテス」と「メソッド」の組み合わせにする弁護士のツイートをやたらと目にした時期もありました。


[10025] % dp -p|grep 法寺
2017年10月28日19時48分の登録: \向原総合法律事務所 弁護士向原 @harrier0516osk\「弁護士自治が大事だ!」\nその同じ口で\n「法テラスにご協力を」\nって、矛盾なのだよね。法寺の最大の問題は http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/harrier0516osk_26.html>

2017年10月29日01時12分の登録: REGEXP:”法寺(法テラス?)?”/データベース登録済みツイートの検索(2017-01-15〜2017-10-28/2017年10月29日01時12分の記録9件)
http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/regexp2017-01-152017-10-282017102901129.html>


2017年10月29日01時13分の登録: %@harrier0516osk 向原総合法律事務所 弁護士向原%法寺は高いやすいの問題じゃなく、僕らの業務の独立性に事実上の影響力を持って入り込んでくるからイヤなんです。こんなんで何が弁護士自治なもんかと思いますけどね http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/harrier0516osk_29.html>

2017年10月29日01時14分の登録: %@yiwapon いわぽん%怪FAX到達!扶助案件で疲弊し、協議会やら何やらで法寺の在り方について議論して大いに疲弊して絶望を覚えましたので、もはやツイートする元気も出ない昨今です(矛盾) http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/yiwapon_29.html>

2017年10月29日01時15分の登録: %@jikapan 自家製パンチェッタ%法寺や自治体相談も多いので。債務整理避けたら離婚等しか。あとは相続はいろいろなとこから。 http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/jikapan_29.html>

2017年10月29日01時16分の登録: %@harrier0516osk 向原総合法律事務所 弁護士向原%法寺の最大の問題は、報酬の高いやすいではなく、報酬を支配され、結果的に業務を支配されることにある。\n手 http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/harrier0516oskn.html>

2017年10月29日01時17分の登録: >@fukazawas 深澤諭史>RT @harrier0516osk: 法寺の最大の問題は、報酬の高いやすいではなく、報酬を支配され、結果的に業務を支配されることにある http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/fukazawasrtharrier0516osk_29.html>

2017年10月29日01時20分の登録: >@keita_adachi 弁護士あだちけいた㌠>RT @harrier0516osk: 法寺の最大の問題は、報酬の高いやすいではなく、報酬を支配され、結果的に業務を支 http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/keitaadachirtharrier0516osk.html>

2017年12月11日22時18分の登録: \弁護士あだちけいた㌠ @keita_adachi\ちな法寺案件だけど、感情を揺さぶられる案件は法寺でも普通に受けるで。損得抜きじゃい。 http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/12/keitaadachi_11.html>



 タイトル名に含める文字列の範囲選択に失敗したのかと、ツイートをブラウザで開いたのですが、間違いはなさそうでした。「ちな法寺案件」の意味が不明ですが、TwitterAPIで、そのツイートと、そこで引用されている同人のツイートを取得して掲載します。

* ツイート%keita_adachi(弁護士あだちけいた 自由飲酒党)%2017/12/11 22:11%<https://twitter.com/keita_adachi/status/940207491106816000 target="_blank">https://twitter.com/keita_adachi/status/940207491106816000>

> ちな法寺案件だけど、感情を揺さぶられる案件は法寺でも普通に受けるで。損得抜きじゃい。 https://t.co/D1bzE3mfRd



* ツイート%keita_adachi(弁護士あだちけいた 自由飲酒党)%2017/12/11 21:56%<https://twitter.com/keita_adachi/status/940203733962461184 target="_blank">https://twitter.com/keita_adachi/status/940203733962461184>

> 今日は二次会に出ず帰宅。



 さきほど録画で視聴した「健康で文化的な最低限度の生活」のドラマの余韻があるだけに、感慨深いツイートです。北海道を代表する四天王のような弁護士の一人ですが、ずっと前からブロックされています。正直、梅雨のない北海道で、近年水害が多いのも、神仏の怒りと相関があるのかと考えてきました。

 10年ほど前になるのかと思いますが、たまたま夕方のテレビで、訴訟で解決をはかるのが最も多い地域として開拓精神の名残りのある北海道、逆に最も少ないのが地縁、血縁の根強い沖縄県だとする報道番組か情報番組の特集を見ました。疑問の点も残りますが、そのこともずっと意識にありました。

 四天王の候補は4人より多いのですが、日本三大祭りなどと同じく、候補は複数あって良いのではと思います。あえて特定はしないことにしておきたいと思いますが、北海道警察の裏金疑惑やその他の不祥事もあって、特別な地域性もあるように考えてきました。

 えん罪を訴える弁護士らの活動も他の地域にはないものを感じていましたが、その代表格が恵庭OL殺害事件でしたが、再審請求が棄却されると、意外なほどぴったりと声を見かけなくなりました。似た地域に、志布志事件のあった鹿児島県がありますが、最近は、滋賀県の方が注目です。

 日付が変わって昨日になると思いますが、「日野町事件」についてGoogleで検索をしました。何日前になるのか正確に思い出せないですが、先日の再審請求の再審開始決定に、検察が即時抗告したとか、するという情報は見かけませんでした。

 昨年になるようにも思いますが、滋賀県では湖東記念病院の殺人事件での再審開始決定もありました。事件名が正しいのか確認のため調べたところ、再審請求の決定は大阪高裁が出したもので、検察が最高裁に特別抗告をしている段階だと状況を知ることが出来ました。地裁の決定と思っていました。


 日弁連による再審請求の支援は14件目。弁護団によると、日弁連は同病院を現地調査したほか、専門家に男性の死因について鑑定を依頼するなどした結果、冤罪(えんざい)と判断して支援を決めたという。

 井戸謙一弁護団長は「正当な判断をしてもらえた」と述べた。西山さんは「大変うれしい。無罪を勝ち取れるよう頑張りたい」と話した。

 事件をめぐっては昨年12月、2度目の再審請求の即時抗告審で大阪高裁が再審開始を認める決定を出し、大阪高検が決定を不服として最高裁に特別抗告している。

[source:] /引用元:/ 再審請求、日弁連が支援決定 滋賀・湖東記念病院の入院患者男性殺人  - 産経WEST <https://www.sankei.com/west/news/180329/wst1803290040-n1.html>



 上記の引用は、2018年3月29日10時36分というタイムスタンプがみられる記事です。日弁連の支持があって出た再審開始決定だと思っていたのですが、この記事を見ると、検察の特別抗告があってから、日弁連が支援を決定したようです。

 だいぶん前に、少し書いたように思いますが、記事に弁護団長とある井戸謙一という弁護士は、元裁判官で、確か名古屋高裁金沢支部の裁判官として、志賀原発の差し止めを認めるような判決をだした人物です。


「裁判官人生を振り返ってみると、僕なりに日和ってるんですよ」

元裁判官で、弁護士として福井原発訴訟弁護団長を務める井戸謙一(63歳)は、滋賀県彦根市の事務所でこう語った。

かつて井戸は、金沢地裁の裁判長として、2006年3月、北陸電力の志賀原発2号機(石川県)の運転差し止めを命じている。東日本大震災によって、東京電力福島第一原子力発電所が過酷事故に見舞われる5年前のことだ。

「裁判官になった以上、地裁の裁判長(部総括)にはなりたかった。いずれ重大な、社会的に意味のある事件を審理したいという思いはありましたから、自己規制もした。もちろん、裁判で判決を書くにあたって、自己規制したことはない。

しかし、司法のあるべき姿を議論する裁判官の自主的な運動に関わっていながら、目立つポジションを避けてきたんですね」

任官から23年目、48歳の時、井戸は、志賀原発の訴訟を担当する。

[source:] /引用元:/ 原発を止めると左遷…エリート裁判官たちが抱える「大苦悩」( 岩瀬 達哉) | 現代ビジネス | 講談社(1/4) <http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51720>



 上記の記事の引用は、確認のため調べたものですが、名古屋高裁金沢支部ではなく、金沢地方裁判所の裁判長とありました。数年前の記憶になっているとも思いますが、なぜか名古屋高裁金沢支部の裁判長として自分の記憶が変容していたようです。

 なぜ金沢地方裁判所と名古屋高裁金沢支部の裁判長を取り違えていたのか、自分でも理由はわかりませんが、このような確認の作業は必要だと改めて思いました。必要に迫られた時の後追いのため、スクリーンショットなどの記録もしっかり残すように心掛けています。

 地裁より高裁の方が、それに対応した検察の地検に対する高検の上級庁として、一般的に格上だと思いますが、平成17年頃になりますか、落合洋司弁護士(東京弁護士会)がブログで高検の検事のことを、廃棄物処理と蔑んでいたことを思い出します。それらしい情報は、以前、本でも見かけていました。

 似たようなものに検察庁の庁舎での酒盛りがありましたが、それも本で見た知識を、落合洋司弁護士(東京弁護士会)がブログで実体験を踏まえて事実だとしらしめたようなかたちでした。

 高検の検事が死刑執行の立ち会いをするというのも、本で見ていた知識でしたが、それも落合洋司弁護士(東京弁護士会)が事実とするような書き込みをブログで行っていました。それでも、高検の検事がなぜ廃棄物処理場とされたのか、その理由は情報がなく未だにわかりません。

 ブログがメインだった時代の落合洋司弁護士(東京弁護士会)は、異常性を感じさせる言動はありませんでした。異常性というか、はるかに理解を超える発言を目にするようになったのは、Twitterでツイートを見るようになってからだと思います。

 なにか北朝鮮の総連がからむ事件だったと記憶していますが、被告人となった元高検の検事長が、落合洋司弁護士(東京弁護士会)を弁護人に選任したという落合洋司弁護士(東京弁護士会)のブログ記事もありました。全国で8つの高検のトップの経験者が頼りにした弁護士ということで。

 最近は、落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートをリツイートするアカウントを見かけることも少なくなっていますが、ジャーナリストの江川紹子氏が落合洋司弁護士(東京弁護士会)に疑問を感じていないのも、不思議で仕方がないとずっと思ってきました。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)は、オウム真理教の一連の刑事裁判の捜査か取り調べに従事したことも、苦労話や経験談としてよくツイートしています。大きな事件の捜査の過程で、普通では知り得ないような情報もあったようですが、その思い描く事件像というのも、どうかという気はしています。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)の場合、功名心と自意識が強すぎて、それがお決まりの「しがない弁護士」という自己評価になっているのだと考えますが、時折みせる尊大さは、その性根、本音、本質をうかがわせるものです。「不遇をかこつ雌伏の大人物」というような漫画性です。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)のTwitterのフォロワー数が3万7千台をキープして横ばいなのも、とても不思議に思う現象の1つです。未知との遭遇のようなミステリー性を強く感じていますが、その謎は未だに未解明です。ブロックが多いことや選挙戦出馬の過程と結果に、その理由があります。

 地元広島からの出馬で、元検事や弁護士という肩書もあったので、あれほどの惨敗で落選するというのも私には予想外でしたが、その後の言動を輪をかけて上を行くもので、1つの指標としてのフォロワー数が横ばいというのは、不思議でたまりのない現象です。

 時刻は、10時9分です。久しぶりに外が明るくなるまで起きていたのですが、9時頃にわりあいすっきりと目が覚めました。「健康で文化的な最低限度の生活」のドラマの録画再生が終わったあと、パソコンの方に集中していると、自動的にテレビの画面が、NHKに切り替わりました。

 切り替わったタイミングで、朝ドラの「半分、青い。」の総集編のようなものをやっていましたが、その後、名前は聞いた覚えのある世界の名所が出てきて、世界一落差のある滝、などと説明されていました。惰性でそのままテレビを付けたままにしていると、岡村勲弁護士が出てきました。

 解散した「あすの会」について演説のような話をしていましたが、まるで政見放送を見るようでした。眠気もなく頭はすっきりしていたのですが、突然出てきたので起きながら夢を見ているような不思議な感覚になりました。これもテレビの画面をスマホで撮影しています。

 ちょうど、落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートをリツイートしたリストアカウントのリツイートのまとめ記事を作成しているタイミングではなかったかと思います。全部となると数も多く時間も掛かるので、今年の今月(7月)分、6月分、5月分のまとめ記事を作成しました。

2018年07月18日04時01分の登録: REGEXP:”^RT @yjochi: ”/データベース登録済みツイートの検索:2018-07-01〜2018-07-16/2018年07月18日04時00分の記録:ユーザ・投稿:32/76件 http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/regexprtyjochi2018-07-012018-07.html>

2018年07月18日04時15分の登録: REGEXP:”^RT @yjochi: ”/データベース登録済みツイートの検索:2018-06-01〜2018-06-29/2018年07月18日04時13分の記録:ユーザ・投稿:46/123件 http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/regexprtyjochi2018-06-012018-06.html>

2018年07月18日04時25分の登録: REGEXP:”^RT @yjochi: ”/データベース登録済みツイートの検索:2018-05-02〜2018-05-30/2018年07月18日04時22分の記録:ユーザ・投稿:75/191件 http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/regexprtyjochi2018-05-022018-05.html>

 リツイートのツイートというのは、普通見ることがありません。リツイートのURLを開くと強制的にリツイートした元のツイートが表示されます。しかし、TwitterAPIでリツイートのデータを取得すると、冒頭に「RT @yjochi:」という情報がついたツイートが取得されます。

 @は、一部でナルトなどと言われることもありますが、Twitterのユーザ名で、リツイートの本体のツイートには、このようにリツイートした元のツイートのユーザ名が付加されるのです。

 これは、登録が必要ですがログインしてダウンロードしたTwilogのデータも同じ形式になっています。1件のリツイートは、次のように保存されています。

"434246543827169280","140214 174338","RT @amneris84: (; ̄O ̄) RT @yjochi: 否認事件では、検察官請求証拠が全部同意になっても、被告人質問まで保釈が認められないことが時々ある。身代金払っても解放されない人質みたいな感じか。"

 表計算ソフトでも使えるCSV形式となっていますが、カンマで区切られダブルクオーテーションで囲まれた項目は3つしかなく、ツイートのID、投稿日時、ツイートの本体と3つです。

 調べて得た知識ではなく、個人的な利用で発見した仕組みなのですが、元のツイートとリツイートのツイートのIDはまったくの別物で、当初、アカウント毎にツイートのIDが割り振られていると思っていたものがツイートやリツイートのIDが、唯一無二のものとして振られていることに気が付きました。

 「https://twitter.com/(ユーザ名)/status/(ツイートのID)」という形式で、IDを使ってツイートを表示できるのですが、ユーザ名の部分は無関係になります。試してみたところ、エラーが出た存在しないアカウント名でも、元のツイートが表示されました。

 Twilogのダウンロードしたデータは、3項目しかありませんが、TwitterAPIを使うと1つのツイートでも、ずいぶんな量の情報が取得されます。項目は連想配列のようなかたちで読み込むことが出来ます。ハッシュとも呼ばれますが、文字列のキーを使ったデータの集まりです。

 「tweet.retweeted_status.text」が、元のツイートのデータになります。リツイートでないとこの項目は空になります。tweetの部分は、自分で定義したインスタンス名となりますが、APIで提供されたメソッドを使って特定の型のデータを取得しています。

 言葉で書くとすごくややこしいと思いますが、TwitterAPIを使って実際に行う処理は、案外単純なものです。irbを使うと次のようにデータを取得できます。


irb(main):008:0> tw_id='434246543827169280'
=> "434246543827169280"
irb(main):009:0> tweet = client.status(tw_id)
=> #
irb(main):010:0> tweet.class
=> Twitter::Tweet
irb(main):011:0> tweet.text
=> "RT @amneris84: (; ̄O ̄) RT @yjochi: 否認事件では、検察官請求証拠が全部同意になっても、被告人質問まで保釈が認められないことが時々ある。身代金払っても解放されない人質みたいな感じか。"
irb(main):012:0> tweet.user.name
=> "奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語"
irb(main):013:0>



 このTwitterのリツイートの仕組みについて、解説したものをネットで見たことはありません。テレビなど見ていても、リツイートのことを情報の複製、拡散のように説明するものがありました。リツイートした時刻と、元のツイートの投稿時刻も異なるものですが、普通に使っているとわかりません。

 以上、余計かもしれないことをご説明しましたが、私は弁護士という専門家同士のリツイートをとても重視しています。これをまとめ、視覚化するためにTwitterAPIを使って、あれこれとやってきました。労力もありますが、時間の投資も大きなものだったと思います。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートをリツイートした弁護士らのまとめ記事を見ていると、全部に目を通したわけではなかったのですが、日大アメフト部の危険タックルに関した情報が、ほとんどに近く見当たらないことに気が付きました。

 それで今度は、Twitterの高度な検索で、「日大」をキーワードに含む落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートを表示させ、そのページを保存してからツイートのURLを抜き出し、データベースに保存するというよくやる作業を行いました。すでにご紹介済みのようにも思います。

 ページを表示させるブラウザによっても、HTMLに違いがありますが、OSの環境によってもHTMLのコードに違いがあるかもしれません。自分の環境にあわせすり合わせを行ったものですが、次の一行コマンドで、保存したHTMLのファイルからツイートのURLを取得しています。


egrep -A 3 '' w.html |sed -ne 's# ~/l



 ツイートのURLが取得できれば、含まれるツイートのIDからTwitterAPIでツイートの情報を取得することが出来、それをデータベースに登録するという作業を、ほぼ自動的に行っています。

 これまでに何度も書いていますが、Twitterの高度な検索の精度が悪いので、取得できないツイートも出る可能性があります。Twilogの方が精度は高いのですが、対象のアカウントに登録が必要なことと、ツイートの数が増えると複数のページに分散されるという難点があります。

 ちょうど眠くなった時間だったので、日大をキーワードに含む落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートのデータベースへの登録は完了したものの、まだまとめ記事を作成していません。一個人のアカウントのまとめだと、処理も早くエラーが出て失敗することもないと思います。


[10007] % time ajx-user-mysql-REGEXP_blogger_hirono2014sk.rb yjochi '日大' '1000-01-01/3000-01-01'
SELECT * FROM tw_user_tweet WHERE tw_date BETWEEN '1000-01-01' AND '3000-01-01' AND (user LIKE "yjochi") AND tweet REGEXP "日大" ORDER BY tw_date ASC
REGEXP:”日大”/落合洋司 Yoji Ochiai(@yjochi)の検索(2011-05-23〜2018-06-30/2018年07月18日11時45分の記録25件)

real 0m8.783s
user 0m0.819s
sys 0m0.270s



 25件とツイートの数が少ない割に、10秒ほど時間が掛かったようですが、これはページを作成し、ブログへの投稿が完了するまでの時間です。

2018年07月18日11時45分の登録: REGEXP:”日大”/落合洋司 Yoji Ochiai(@yjochi)の検索(2011-05-23〜2018-06-30/2018年07月18日11時45分の記録25件)
http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/regexp-yoji-ochiaiyjochi2011-05-232018.html>

 比較のために、ツイートの数の多さが見込めた小倉秀夫弁護士がこだわりの「女性専用」でまとめ記事を作成したところ、13秒ぐらいでした。7万円のパソコンでこれだけ出来るので、CPUの性能を上げたり、メモリを多くすれば、さらに短時間の処理で終わるかもしれません。


[10011] % time ajx-user-mysql-REGEXP_blogger_hirono2014sk.rb Hideo_Ogura '女性専用' '1000-01-01/3000-01-01'
SELECT * FROM tw_user_tweet WHERE tw_date BETWEEN '1000-01-01' AND '3000-01-01' AND (user LIKE "Hideo_Ogura") AND tweet REGEXP "女性専用" ORDER BY tw_date ASC
REGEXP:”女性専用”/小倉秀夫(@Hideo_Ogura)の検索(2011-11-19〜2018-07-17/2018年07月18日11時52分の記録865件)

real 0m11.398s
user 0m0.946s
sys 0m0.158s



 落合洋司弁護士(東京弁護士会)の日大をキーワードにしたツイートのまとめは、まだページを開いていませんが、Twitterの高度な検索で、ゴールドラッシュのような大発見でした。業界の怪物性をまざまざと感じるものでしたが、昨夜は、深澤諭史弁護士も愉快なツイートをしていました。

 だいぶん前からですが、深澤諭史弁護士のツイートをみていると、テレビアニメ「怪物くん」のテーマ曲が、頭に浮かんでくることが多く、「怪物ランドのプリンスだい」の部分を、「弁護士ランドのプリンスだい」と自分の脳内で自動変換されます。

 時刻は、12時08分です。テレビのバイキングでは、今日も日大のアメフト問題を取り上げています。とりわけ田中理事長に対するこだわりが強いという印象ですが、半月ほど前でしょうか、Googleで検索したところ、バイキングの視聴率は好調で、2番手とか書いてありました。

 今日の午前中は、テレビを消していた時間帯もあるのですが、熱中病対策や歌舞伎座での長野県飯田市のキンツバの話題など、珍しく事件事故以外の話題ばかり見ていました。9時過ぎにテレビをつけたので、そういう時間帯になっていたのかもしれないですが、野村修也弁護士のことは一切見ていません。

 昨日のバイキングの放送でも、元裁判官という肩書もある清原博弁護士が、日大の件で、起訴する可能性が高まるとか、そんな話をしていました。今もそうですが、パソコンの方に集中しながらのながらでテレビをつけているので、部分的にしか番組の内容をわかっていません。

* ツイート%fukazawas(深澤諭史)%2018/07/17 17:53%<https://twitter.com/fukazawas/status/1019142955519508480>

> うまー(・∀・)



* ツイート%fukazawas(深澤諭史)%2018/07/17 17:25%<https://twitter.com/fukazawas/status/1019136066459131909>

> 日弁連非弁委員会の宴会うぃる(・∀・) https://t.co/VWsh5qMvmN



 昨日の清原博弁護士のバイキングでの発言が、記事になっていないか調べたのですが、その過程で、富山県の出身であることを初めて知りました。高岡高校卒業とあるので、比較的石川県に近いところで生まれ育ったという可能性もありそうです。

 富山県でも高岡市のあたりは、仕事で行くことが多かったので、独特のイントネーションの方言もよくしっているつもりですが、テレビで見た感じ、富山県の出身と聞いても、しっくりこないのが感想です。埼玉弁護士会の所属という情報もありました。

 時刻は、14時16分です。バイキングにおける清原博弁護士の発言に対する疑問の声などないものか、ざっと調べたのですが、とくにそれらしいものは見当たりませんでした。

 今日のバイキングでは、郷原信郎弁護士が出ていました。スタジオでの出演ではなく、ビデオレターのような映像で出ていましたが、時間を置いて2回、その場面を見ました。1回目は、台所で冷凍ちゃんぽんで、鍋に2分間という麺を入れたタイミングで、テレビから郷原弁護士という声が聞こえました。

 慌ててテレビの前に駆けつけ、スマホでぎりぎり画面の撮影が出来たのですが、短い時間のことで、何を話したのかもわかりませんでした。日本医科大学の裏口入学の問題のコーナーでしたが、司会者の坂上忍さんが、そのまま日大の問題と構図が当て嵌まるなどと、繰り返し話していました。

 2回目の郷原信郎弁護士の出演場面も、スマホの撮影が成功したと思いますが、その時はテレビの前にいて、だいたいの番組の流れがつかめていたのですが、過去の日本医科大学の医療事故を取り上げ、郷原信郎弁護士がその第三者委員会のメンバーだったと話していました。

 明け方にデータベース登録の作業を行った「日大」をキーワードの含む落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートでも、第三者委員会に対する痛烈な批判がいくつか散見されていました。落合洋司弁護士(東京弁護士会)らしい、痛烈どころではない強烈な批判です。

 自分は、他のうさんくさい第三者委員会を立ち上げ、食い物にする弁護士とは違うということを強調して印象づけたかったのかもしれませんが、他の刑事事件を起こした被疑者、被告人に対しても、まったく容赦のない、救いようが全くないツイートを目にしてきました。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)も似ていますが、打算もあるのか、一般のアカウントにちょっかいをだして、なぶりものにするという悪趣味も際立つ特徴の1つとして目にしてきました。落合洋司弁護士(東京弁護士会)の方が、個人的なつぶやきに近いという印象もあります。

 もっとも落合洋司弁護士(東京弁護士会)の場合、気にくわない返信ツイートがあると、すぐにブロックし、それの正当性を誇示するようなツイートも繰り返していたので、すでに耳障りな意見は目に触れない環境が出来上がっているので、他者との会話のようなものは成立の余地がないのかもしれません。


[10013] % dp -p|grep ブロック|grep yjochi
2017年10月10日23時35分の登録: %@yjochi 落合洋司(衆議院広島4区立候補者)%フォロワーが増えて来ると、馬鹿も増えて、ブロックするのが面倒。田んぼの草取り感覚。 http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/yjochi4.html>

2017年10月10日23時37分の登録: %@yjochi 落合洋司(衆議院広島4区立候補者)%ツイッターやブログに、くだらないコメントがつくので、田んぼの草取りのように、ブロックしたり削除したりしている。笑 http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/yjochi4_10.html>

2017年10月10日23時38分の登録: %@yjochi 落合洋司(衆議院広島4区立候補者)%田んぼの草取り感覚で、有象無象をブロック中。手がだるい。 1件の返信 2件のリツイート 0 いいね  http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/yjochi4-1-2-0.html>

2017年10月25日01時28分の登録: REGEXP:”田んぼ.*ブロック”/落合洋司弁護士(東京弁護士会)(@yjochi)の検索(2011-08-20〜2012-11-09/2017年10月25日01時27分の記録4件) http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/10/regexpyjochi2011-08-202012-11.html>

2017年11月22日03時25分の登録: %@yjochi 落合洋司 Yoji Ochiai%今は、ツイッターにFacebookで、入れ食い状態だし。こっちに寄ってきたら、即、ブロックしてるが。笑 http://hirono2014sk.blogspot.com/2017/11/yjochi-yoji-ochiaifacebook.html>



* ツイート%yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai)%2012/11/13 10:55%<https://twitter.com/yjochi/status/268170160920199169>

> フォロワーが増えて来ると、馬鹿も増えて、ブロックするのが面倒。田んぼの草取り感覚。



 昨年だったと思いますが、最低票で落選した総選挙の出馬で、それまでの発言と不整合を生じるツイートをかなりの数、削除したという情報もTwitterなどで乱れ飛んでいましたが、ブロックをキーワードに含む上記のツイートは、そのまま残っていたようです。

* ツイート%haya_rt(鳩屋)%2017/04/23 23:36%<https://twitter.com/haya_rt/status/856154873913421824>

> ツイートを読んでくださいの直後... https://t.co/OU4RCI21yB



 同じ弁護士と思われるアカウントで、確認すると現在も「固定されたツイート」として表示されていました。スクリーンショットの画像がメインの内容ですが、返信ツイートを受けた直後にブロックされたことを示しています。よほど釈然としないので、固定ツイートにしているのでしょう。

 どうもスクリーンショットに引用されているのと同じツイートが、Twitterの高度な検索で見つからないのですが、似たような内容のツイートは、出てきました。次のツイートです。

* ツイート%haya_rt(鳩屋)%2017/04/23 22:36%<https://twitter.com/haya_rt/status/856139781633220608>

> 自民党から出るくらいなら腹斬って死んだほうがマシとまて仰ってた方が自民党の公認を得て出馬しようとするなら、それは変節漢との誹りは免れないのでは。



 たまに見ることのある弁護士とおぼしきアカウントの1つですが、たまに見る度に、おや、と考えさせられるツイートやリツイートが多いということもありました。Twitterのカバー写真は、金閣寺となっていますし、灯籠の庭と重なるシルエットのようなアイコン画像も、独自性の強いものです。

* ツイート%haya_rt(鳩屋)%2018/07/18 13:59%<https://twitter.com/haya_rt/status/1019446459081478144>

> 悪魔合体...。すごい響き。 https://t.co/gsW0B5awiv



* ツイート%popohito(ぽぽひと@死して屍動けばゾンビ)%2018/07/18 13:28%<https://twitter.com/popohito/status/1019438707290529797>

> のむしゅーせんせの問題は、本人の思想信条と司法試験合格してないことが悪魔合体をした結果だと思う。



* リツイート→haya_rt(鳩屋)>sakamotomasayuk(坂本正幸)|2018/07/18 13:04/2018/07/18 09:29|<https://twitter.com/haya_rt/status/1019432581597523969>/<https://twitter.com/sakamotomasayuk/status/1019378510664613889>
{% tweet 1019432581597523969 %}
> 弁護士登録しても自分の専門ではないところはいろんな人に聞いたり調べたりしてやってる学者からの弁護士登録者もいるし、専門以外絶対に扱わない人もいる
> コンプライアンスが専門だという看板を掲げてたとしたら専門なんだけど、看板に意味はないという弁護士業務の一端を示してしまったとも読める

* リツイート→haya_rt(鳩屋)>1961kumachin(中村元弥)|2018/07/18 08:03/2018/07/18 02:12|<https://twitter.com/haya_rt/status/1019357070208847872>/<https://twitter.com/1961kumachin/status/1019268665366102016>

> 自由と正義の「ひと筆」は阪口徳雄弁護士。修習終了式のこの発言だけを理由に罷免され、弁護士としてのスタートが2年遅れた「司法の危機の時代」があったことを、若い人たちも是非知って欲しい



* リツイート→haya_rt(鳩屋)>take___five(中村剛(take-five))|2018/07/18 00:57/2018/07/17 21:30|<https://twitter.com/haya_rt/status/1019249616624054272>/<https://twitter.com/take___five/status/1019197698296016899>

> のむしゅー先生のアレは、正直労働法やってなくてもヤバいと思わなきゃいけないレベルだと思うし、懲戒はやむを得ないかなと思うけど、業務停止1月と言われるとちょっと重すぎるんじゃないかと思うし、溺れかけてる人を棒で叩くような真似はしないでもいいんじゃないかと思う者。



* ツイート%haya_rt(鳩屋)%2018/07/18 00:51%<https://twitter.com/haya_rt/status/1019248315282493441>

> 新しい刑事弁護ができそう(・∀・) https://t.co/fBKxk8fJQw



* ツイート%un_co_the2nd(うの字)%2018/07/17 22:27%<https://twitter.com/un_co_the2nd/status/1019212111832944640>

> え?



 引用されたうの字のツイートですが、プロフィールの名前を「うの字」に戻し、原点復帰をしたようです。

* ツイート%haya_rt(鳩屋)%2018/07/17 22:46%<https://twitter.com/haya_rt/status/1019216880727289856>

> そして弱者は泣き寝入りですかというお決まり文句... https://t.co/TC3DL3PR12



* ツイート%abcabcabc999666(ねこパスタ)%2018/07/17 20:06%<https://twitter.com/abcabcabc999666/status/1019176578306064384>

> 法的に無理



 この小項目は、ジャーナリストの江川紹子氏とジャーナリストの清水潔氏をメインにしております。ジャーナリストの江川紹子氏のTwitterは、昨日、今日も特に目立ったツイートはないのですが、引っ掛かりがあって、気になる江川紹子氏らしいツイートを紹介しておきましょう。

* ツイート%amneris84(Shoko Egawa)%2018/07/17 21:01%<https://twitter.com/amneris84/status/1019190346087948288>

> 誰も殺されませんように…… →【激動・朝鮮半島】金正恩氏が発電所など視察で「心から激怒」…進まぬ経済再建にいらだち爆発 https://t.co/8bF4KmOCYI @Sankei_newsより



 北朝鮮も謎の部分が多い国で、朝鮮戦争も終結はしていないらしいので、第二次世界大戦の傷痕を色濃く残しているような印象を持っています。こういう歴史問題は、検証が難しく正確に状況を知ることは不可能に近いのではと考えてきたのですが、従軍慰安婦問題についても江川紹子氏は・・・。

"従軍慰安婦" from:amneris84 - Twitter検索 https://twitter.com/search?l=&q=%22%E5%BE%93%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%22%20from%3Aamneris84&src=typd&lang=ja>

 まとめ記事を作成しておこうか迷ったのですが、まあ、いいか、と今回はやめにしておきます。

* ツイート%amneris84(Shoko Egawa)%2014/01/26 09:26%<https://twitter.com/amneris84/status/427236167465988096>

> こういう人を選んだ責任も問われる →<NHK>籾井会長、従軍慰安婦「どこの国にもあった」(毎日新聞) - Y!ニュース http://t.co/rRia1wjn98



 前に、従軍慰安婦問題について自分が書いた記事を、ツイートで紹介しているのを見て、その記事も一通り読んだような記憶があったのですが、「従軍慰安婦」のキーワードでは、それらしいツイートは見当たりませんでした。上記の短い内容のツイートだけでも、スタンスがよくわかると思います。

 一方のジャーナリスト清水潔氏も、南京事件の取材を行い本を出しているようです。清水潔氏のTwitterでは、桶川ストーカー殺人事件、北関東連続幼女誘拐殺害事件、そして南京事件に関する紹介のようなツイート、リツイートを見かけることが多いです。

 南京事件についても被害者の数があり得ない数字だとか、諸説が入り乱れているのを時折見かけてきたということがありますが、実際、その場にいたはずもなく、伝聞の情報も多いはずで、実際はもっと悪逆非道な行いがあったかもしれず、検証は困難であるとともに、歪曲の余地も排除しがたい気がします。

 とりわけ、清水潔氏は、過去に鳥越番組の鳥越俊太郎氏ともテレビ報道の仕事、現場でつながりがあったと知り、疑問が大きくなりました。鳥越俊太郎氏は、事件や刑事裁判を、ショービジネスのように濫用した大罪と、社会汚染の垂れ流しをしたように思えてならないです。

 昨日の朝にご紹介したと思う、井上嘉浩元死刑囚の記事ですが、受けた刑事裁判について、問題外のようにあきれた発言をするような部分がありました。死刑執行後になりますが、別にネットで見た記事では、弁護士のアドバイスを具体的な反論を控え、断念したようなことも書いてありました。

 私も、実際に不本意な刑事裁判を経験しているので、一般の人よりはその感覚を身近に感じられるような気もしました。拘置所にいると、そういう呆れ返ったような不満をあらわにした被告人の姿というのは、目にすることがありましたし、上訴の数もずいぶん多いと感じました。

 刑事裁判の上訴には、控訴と上告がありますが、逮捕されてから刑務所を出るまでの期間を考えると、やるだけ圧倒的に不利になるというのが現状だと思います。例外的に争って無罪となる事件は存在し、その数も増えているという印象は有りますが、個別に例外的な事情によるものだと考えます。

 最終的に裁判官を納得させることができれば、無罪を含め有利な判決を得る確率は高まるのだろうと考えます。元裁判官の弁護士や、岡口基一裁判官のような現職の裁判官でも、個性の強い刑事裁判に対する考えを表明、披瀝する人がいます。

 最近は見かけていませんが、意に反する判決や決定を出した裁判官に対して、ずいぶん攻撃的な批判をしたり、その前の段階で圧力を感じさせるような言動をしていたのもジャーナリストの江川紹子氏です。強固な信念を持った上でやっているようにも見えますが、疑問の方が大きいこともありました。

 ジャーナリストの江川紹子氏の場合、とくに際立って感じられましたが、他の弁護士らと同様、どんな冤罪事件も警察、検察、裁判所を批判し、追及をするだけで、弁護士らの対応については、無関心かだんまりを決め込んでいます。これは十年一日の如くどころではない、進歩発展のなさを感じるのみです。

 弁護士に対する考えや期待というのも、人それぞれなのだと思いますが、ほとんどの人は生涯関わりなく過ごすという話も聞いたことがあります。いざ弁護士を頼る他ない事態というのは、混乱のるつぼのような精神状態ということも多く、気づかずに過ぎてしまうこともあるのではと思います。

 7月6日の死刑執行の前、ネット上では、オウム真理教の事件を再検証する動きのようなものがあり、死刑囚に事実を語らせるというような声も出ていました。それに対する反論のようなジャーナリストの江川紹子氏の記事があり、それも読んだのですが、一連の刑事裁判を高く評価し根拠とするものでした。

 もう一つ気になっていたのは、ジャーナリストの江川紹子氏が井上嘉浩死刑囚のことを、命惜しさに検察に迎合したとか、著しく尊厳を貶めるような発言をしていたことです。私はもともと井上嘉浩死刑囚については詳しくはなかったのですが、そこまで断定的な評価を下せるものか疑問に思いました。

 受け売りの知識しか持ち合わせのない、私の受け取り方にも、問題がないとも限らないので、まとめ記事として客観的な資料を記録するように努めています。すでに作成したものがあると思います。

 時刻は、7月19日10時00分です。「井上」をキーワードにしたジャーナリストの江川紹子氏のツイートのまとめ記事は作成していなかったようです。そのあと作成して、そのあと宇出津新港に買い物に行っていました。

 この件は後回しにして、他のことを書いておきたいと思います。いずれ、桶川ストーカー殺人事件についても資料に基づいたことを踏み込んで書いておきたいと思っています。

|

« # 「野村修習行ってない也先生」とも同業弁護士に揶揄される、テレビでおなじみの野村修也弁護士の業務停止一ヶ月の懲戒処分について # | トップページ | # 気がついたMarkdown記法のミスと、小項目のブログへの投稿について # »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # ジャーナリストの江川紹子氏とオウム真理教事件、清水潔氏と桶川ストーカー殺人事件に共通して考えること #:

« # 「野村修習行ってない也先生」とも同業弁護士に揶揄される、テレビでおなじみの野村修也弁護士の業務停止一ヶ月の懲戒処分について # | トップページ | # 気がついたMarkdown記法のミスと、小項目のブログへの投稿について # »