« # Emacsによるテキストファイルの編集から振り返る、告訴・告発事件を含めた平成15年からの変遷 # | トップページ | # 「それでも麻原を治療して、語らせるべきだった…「オウム事件真相究明の会」森達也氏による、江川紹子氏への反論」という記事、ジャーナリストの江川紹子氏の反応 # »

2018年7月20日 (金)

# 「治療の機会と真相を語る機会を失わしめたのは江川さんでも死刑執行を決裁した法務大臣でもない。」というモトケンこと矢部善朗弁護士のツイートからの発見 #


2018年07月20日12時10分の登録: 2018年07月20日12:10記録\法務検察・石川県警察宛\スクリーンショット資料:2018-07-16-013745〜2018-07-20-113534:218件 http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/2018072012102018-07-16-0137452018-07-20.html>

 まずは、上記のスクリーンショットのまとめ記事を使って、昨夜の発見の経過をご紹介したいと思います。

2018-07-19-201834_モトケン(‏@motoken_tw):森監督は、批判する相手を間違えている。治療の機会と真相を語る機会を失わしめたのは江川さんでも死刑執行を.jpg http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/2018072012102018-07-16-0137452018-07-20.html#20180719201834>

2018-07-19-202406_それでも麻原を治療して、語らせるべきだった…「オウム事件真相究明の会」森達也氏による、江川紹子氏への反論 | ビジネスジャーナル.jpg http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/2018072012102018-07-16-0137452018-07-20.html#20180719202406>

2018-07-19-202937_ShokoEgawa(‏認証済みアカウント@amneris84):当時を知る者としていいますが、適切な喩えとは思えません。.jpg http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/2018072012102018-07-16-0137452018-07-20.html#20180719202937>

2018-07-19-205101_「パンとサーカス」の、次のサーカスなんだと思った。ワールドカップサッカーの次の。 あたしたちはもう狂っているのだ。 天も嘆いているように、記.jpg http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/2018072012102018-07-16-0137452018-07-20.html#20180719205101>

2018-07-19-205212_ShokoEgawa(‏認証済みアカウント@amneris84):「あたしたち」の「たち」を削除したらいいんじゃないかと思います。.jpg http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/2018072012102018-07-16-0137452018-07-20.html#20180719205212>

2018-07-19-232722_新発田女性死亡、喜納被告の無期確定へ 最高裁が上告棄却|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア.jpg http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/2018072012102018-07-16-0137452018-07-20.html#20180719232722>

 最初に掲示したスクリーンショットのモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートは、2つのアカウントに対する返信となっています。ツイートの返信ボタンを利用するだけで、会話の流れが表示されることが多いのですが、数が増えるとややこしくなることもあります。

 ちょっと確認すると、ツイートを個別に開くと「返信をツイート」という入力欄が表示されていました。たまにしか使わないので、よくわかっていませんでした。以前はボタン状のリンクがあったような気もするのですが、デザインを含め仕様変更が多いのもTwitterの特徴です。

 もう一度確認をすると、タイムラインに表示されているツイートでは、下に4つのアイコンが並んでいて、左端のものをクリックすると、返信の入力欄が出てきました。吹き出しのようになっていますが、ポップアップの説明も出てこないようなので、少しわかりづらくなっています。

 また、タイムラインのツイートだと会話が表示されないので、上部右端の日付や時刻が表示されている部分をクリックすることが、習慣化していますが、Twitterに慣れていない人は、さっぱり気づかない可能性もありそうです。

 ツイートの会話というのは、「返信先:」という表示があることで、わかることも多いかと思います。会話はタイムラインでは表示されないものですが、これを開くことで、やりとりの経過がわかったり、意外な発見となることもあります。

 最近は、検索の対象を避けたいのか、あえてキーワードが含まれていないと思えるツイートも見かけることが多くなった感じることがたびたびありました。特にその傾向が強いとも感じるのが、ジャーナリストの江川紹子氏のツイートです。

* ツイート%motoken_tw(モトケン)%2018/07/19 16:25%<https://twitter.com/motoken_tw/status/1019845775918956544>

> @MoriTatsuyaInfo @biz_journal 森監督は、批判する相手を間違えている。



* ツイート%MoriTatsuyaInfo(森達也(映画監督・作家))%2018/07/18 18:39%<https://twitter.com/MoriTatsuyaInfo/status/1019517088153530368>

> それでも麻原を治療して、語らせるべきだった…「オウム事件真相究明の会」森達也氏による、江川紹子氏への反論 https://t.co/QcIpeDoI9V @biz_journalさんから



 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)は、他のツイートのURLの引用というスタイルの方が多いような気もしていたのですが、しっかり返信でツイートしているので、直接意見を伝え、表明したかったのでしょう。

 「オウム事件真相究明の会」のことは、早い段階で知っていたように思います。初めに読んだツイートか記事が、立ち上げたばかりという印象を受けるものだったからです。その時期も、昨夜どこかで目にしたのですが、今年でしたが、思っていたよりは早い月でした。

 森達也という人物の名前も見かけていたと思いますが、映画監督や作家という情報も見かけていたようには思いますが、まだ調べることもしていないので、どのような作品を手がけられたのか、背景的な情報は知らないままです。

|

« # Emacsによるテキストファイルの編集から振り返る、告訴・告発事件を含めた平成15年からの変遷 # | トップページ | # 「それでも麻原を治療して、語らせるべきだった…「オウム事件真相究明の会」森達也氏による、江川紹子氏への反論」という記事、ジャーナリストの江川紹子氏の反応 # »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 「治療の機会と真相を語る機会を失わしめたのは江川さんでも死刑執行を決裁した法務大臣でもない。」というモトケンこと矢部善朗弁護士のツイートからの発見 #:

« # Emacsによるテキストファイルの編集から振り返る、告訴・告発事件を含めた平成15年からの変遷 # | トップページ | # 「それでも麻原を治療して、語らせるべきだった…「オウム事件真相究明の会」森達也氏による、江川紹子氏への反論」という記事、ジャーナリストの江川紹子氏の反応 # »