« # 「共謀罪」をキーワードに含む落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートの記録 # | トップページ | # 「野村修習行ってない也先生」とも同業弁護士に揶揄される、テレビでおなじみの野村修也弁護士の業務停止一ヶ月の懲戒処分について # »

2018年7月19日 (木)

# 性行為の同意に関する高橋雄一郎弁護士のツイートとリツイート、北國銀行の顧問弁護士だった被告発人岡田進弁護士の対応とあわせて #


2018年07月16日16時46分の登録: #高橋雄一郎 @kamatatylaw#のツイート/2018-06-12_0648〜2018-07-16_1226/法務検察・石川県警察宛参考資料/記録作成措置実行日時:2018年07月16日16時46分 http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/07/kamatatylaw2018-06-1206482018-07.html>

 以下、上記のまとめ記事からの引用です。

35件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-06 22:28 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1015225871198707714>
{% tweet 1015225871198707714 %}
> 弁護士の間で意見が分かれる問題に対し、一方の立場から声明を出すのはやめてもらいたいね。強制加入団体なんだからね。

36件目 (リツイート): kamatatylaw(高橋雄一郎)|JFBAsns(日弁連) 日時:2018-07-06 22:26/2018-07-06 17:56 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1015225393450586115> <https://twitter.com/JFBAsns/status/1015157482807746560>
{% tweet 1015225393450586115 %}
> 7月6日、「死刑執行に強く抗議し、直ちに死刑執行を停止し、2020年までに死刑制度の廃止を目指すことを求める会長声明」を公表しました。https://t.co/YcmmDuP78L

37件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-06 07:25 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014998823045816320>
{% tweet 1014998823045816320 %}
> なにが楽しくて裁判所の判断を仰ごうとする人の足を引っ張るんだろうね。慰謝料合計は300万円で960人で割ると3000円ちょっとなのか、相場の一人頭5万円~30万円なのか、という裁判所の判断を待てばいいだけじゃん。

38件目 (リツイート): kamatatylaw(高橋雄一郎)|inotoru(猪野 亨) 日時:2018-07-06 07:21/2018-07-05 08:30 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014997618693271552> <https://twitter.com/inotoru/status/1014652820635545600>
{% tweet 1014997618693271552 %}
> 記者発表のときの動画を見たからですね。さらに大事な点は、請求されている額が近親者が10人から15人の死亡慰謝料に匹敵する額となっていることですね。それだけのダメージですか。慰謝料というものがどのようなものか勉強された方がいいですね。 https://t.co/gu3B4x2JB9

40件目 (リツイート): kamatatylaw(高橋雄一郎)|takehiroohya(Takehiro OHYA) 日時:2018-07-05 11:42/2018-07-05 10:43 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014700993684987904> <https://twitter.com/takehiroohya/status/1014686056958980096>
{% tweet 1014700993684987904 %}
> まあいろいろと興奮する人が業界に多いのはよくわかるのですがまだ事実関係もよくわからない段階であって、特捜が逮捕して起訴した時点で騒ぐとか、村木さん事件もあったことだしもう少し冷静になったらどうかとは思うところです。

41件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-05 09:44 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014671237740748801>
{% tweet 1014671237740748801 %}
> 文科省が局長を解任したのは逮捕されて職務の遂行に困難をきたすからであって,検察の事実認定が正しいから解任したのではないでしょうね。正式な懲戒がなされたらその事実認定に従うほかありませんが,現時点では正式な懲戒はなされていません。

42件目 (リツイート): kamatatylaw(高橋雄一郎)|tamai1961(玉井克哉(Katsuya TAMAI)) 日時:2018-07-05 09:40/2018-07-05 09:00 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014670398166712320> <https://twitter.com/tamai1961/status/1014660279550935041>
{% tweet 1014670398166712320 %}
> @kamatatylaw 刑事責任についてはお説の通りですが、文科省は検察の事実認定が正しいことを前提に局長を解任し、懲戒処分に向け動いていますね。正式な懲戒がなされたら、その事実認定に従うほかありません。

43件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-05 09:05 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014661546805325826>
{% tweet 1014661546805325826 %}
> 仮に司法取引がなされたとすれば,検察とすればおそらく第一号なので無罪判決で終わるわけにはいかず,相当にしっかりした証拠を積み上げているはずで,その事実認定は信用に値するという面は確かにあるかも。

44件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-05 08:21 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014650517878763520>
{% tweet 1014650517878763520 %}
> まだ逮捕されただけで、被疑者が事実を争うかも不明で、大学側の忖度の可能性も払拭できず、仮に司法取引がなされたなら冤罪の可能性もあり、現時点で有罪前提で論評するのはちょっと早くない?

47件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-05 07:35 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014638959249403904>
{% tweet 1014638959249403904 %}
> 大学教員の文科省に対する感情は弁護士の法テラスに対する感情に似ているね。

51件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-04 08:56 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014296914051850240>
{% tweet 1014296914051850240 %}
> 性行為をしたということ自体で男性の同意は認定されるのではないか。詳細は省略するが生物学的にみて男性の場合は望まない性行為はかなり難易度が高いからね。

52件目 (リツイート): kamatatylaw(高橋雄一郎)|rionaoki(rionaoki) 日時:2018-07-04 08:55/2018-07-04 07:45 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014296517060931586> <https://twitter.com/rionaoki/status/1014279094433804289>
{% tweet 1014296517060931586 %}
> これ訴えられたら、むしろ私が被害者で合意がないと相手を逆に訴えるのが正しい戦略だよね。よってどっちが合意を示すみたいな話は無意味ではなかろうか。

53件目 (リツイート): kamatatylaw(高橋雄一郎)|rionaoki(rionaoki) 日時:2018-07-04 08:55/2018-07-04 07:44 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014296498224263168> <https://twitter.com/rionaoki/status/1014278731534233600>
{% tweet 1014296498224263168 %}
> 性行為について合意がなかったと訴えると訴えられた側が合意を示す必要があるという話、性行為による被害者は女性で加害者は男性という前提があるように思えるんだけど気のせいかしら。

54件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-04 07:46 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014279319038726144>
{% tweet 1014279319038726144 %}
> 岡口Jのアカウントはまだ凍結されたままのようだね。なにが原因でどういう基準で凍結されているのかが不明なのが残念だが、Twitterは私企業の提供する無償サービスで規約上も自由に特定利用者へのサービス提供停止ができる以上、諦めるしかないのだろう。決して公的言論フォーラムではない。

55件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-03 19:26 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014093074253807616>
{% tweet 1014093074253807616 %}
> 性行為の「同意」に錯誤があった場合はどうかということが弁護士の間で議論されているが,錯誤があったということは現時点の女性の視点であのときの性行為すべきではなかったということだから「同意」はないことになる。「同意」というのは特定時点の意思的概念ではなく現時点からみた評価的概念だ。

56件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-03 19:21 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014091831057920000>
{% tweet 1014091831057920000 %}
> 性行為の「同意」というのは,性行為時点から現時点に至るまでの男性のすべての言動や立ち振る舞いを考慮し継続的に満足感を与えてきたことを女性の視点で評価した結果であって,「当初は同意があったのに後で同意がなかったと言われた」のなら「同意」はないんでしょう。

57件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-03 19:18 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014091118043004929>
{% tweet 1014091118043004929 %}
> 性行為というのは原則違法で「同意」によって違法阻却されるが,「同意」といっても性行為当時の意思が基準になるのではなく,現時点から振り返ってみてあのときの性行為はしないほうがよかったと感じれば「不同意」であり,してよかったと感じれば「同意」があるということだろう。

58件目 (リツイート): kamatatylaw(高橋雄一郎)|popohito(ぽぽひと@死して屍動けばゾンビ) 日時:2018-07-03 19:16/2018-07-03 15:01 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1014090489828556800> <https://twitter.com/popohito/status/1014026401266069504>
{% tweet 1014090489828556800 %}
> 誰も同意のない性交渉の正当化なんかしてないよ。当初は同意があったのに後で同意がなかったと言われたときの問題をどうするのかってことを話してんの。 \n それに対して「信頼できない相手と性交渉するのが悪い」って切って捨てるから、それって性犯… https://t.co/MJ3SlWWtJP

61件目 ツイート: kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時: 2018-07-03 08:57 URL: <https://twitter.com/kamatatylaw/status/1013934789114523649>
{% tweet 1013934789114523649 %}
> 余命日記によれば,神原先生ら,佐々木・北両先生及び小倉先生に対し,「個人情報の目的外利用」と「根拠のない金銭請求」による精神的苦痛に対する損害賠償請求として,717人が一人あたり1000万円を請求する訴訟を提起するらしい。印紙代は一人5万円で選定当事者制度を利用すると。本当か?

 時刻は、7月17日10時57分です。昨日の夕方は61件目のツイートまで引用し、それから外に出て買い物に行っていました。まず白山神社でポケモンGOをして、赤灯台でもポケモンGOをして、それから大棚木のシメノドラックに入ったのですが、聞き覚えのある音楽が流れていました。

 少しすると歌詞が聞こえてきたので、やはり思ったとおりの曲だと確認できたのですが、曲名は思い出すことがありませんでした。家に戻ってからネットで調べると倉木麻衣の「Kiss」という曲でしたが、2003年4月30日発売の曲とのことです。

 いま確認のためネットで調べたのですが、昨夜は平成18年の曲だと勘違いしていました。2003年は平成15年だと気がついたのですが、もっと後で2,3年後の曲だったような気がします。

 シメノドラックは、最近になって月に2,3回のペースで行くようになったのですが、それまでは半年に1回とかそんなペースだったので、音楽が流れること自体が珍しく感じたのですが、その場で、過去に似たようなことがあったことを思い出しました。

 調べると「Honey,feeling for me」という曲名だったのですが、シングルカットはされていなかったのか発売日の情報がみつかりません。2005年らしい情報はありました。

 宇出津新港のホームセンターで、この「Honey,feeling for me」の曲が流れていたのが、すごく印象的だったのですが、当時は「橋本ホームセンター」でした。同じ建物は現在「ホームセンタームサシ能登FC店」となっていますが、1年ほどホームセンターが不在の時期もありました。

 シメノドラックは現在、「マツモトキヨシ」となっていますが、店の看板や外装は以前のシメノドラックのままです。穴水町のシメノドラックは2年ほど前に店の外装も店名も「マツモトキヨシ」に変更されています。

 金沢まで行けば別にあると思いますが、能登のドラックストアは「くすりのアオキ」と「シメノドラック」がほとんどかと思います。羽咋市に住んでいた頃も、この2つがあって、そちらはよく買い物に行っていました。

 宇出津の大棚木にあるシメノドラックは、いつの間にか出来ていて、いつ頃出来たのかも知らないのですが、ほとんど店に入ることがなく、母親に頼まれて車で買い物に行った時も、外の車の中で待っていました。

 引用した高橋雄一郎弁護士のツイート、リツイートについても言及をしておきたかったのですが、今回は、ツイートの紹介にとどめたいと思います。今日は先ほど、高橋雄一郎弁護士と似たようなタイプの別の弁護士を再発見しました。向原栄大朗弁護士のタイムラインがきっかけです。

 高橋雄一郎弁護士は、知財や特許が専門分野と目されますが、次にご紹介する安井飛鳥弁護士は、社会福祉が専門のようです。それらしい知識は以前からあったのですが、改めて調べると、精神保健福祉士という資格もお持ちで、心療内科では医師に近い専門家という印象を持ちました。

 もっとも心療内科というのは、言葉として知っているだけで、実際に行ったことも見たこともない存在ですが、それらしいクリニックの個人医院は、平成5年頃、その院長による北國新聞のコラムとして見ていた記憶があります。

ドクター・ワッシーのよもやま話|いしぐろクリニック http://www.ishiguro-cli.com/blog/?bid=7>

 少し調べたのですが、上記のクリニックだと思います。「いしぐろ」に記憶が残っています。上記のページには金沢市以外の住所がないですが、私の記憶では円光寺辺りだったと思います。

 調べると住所は金沢市窪4丁目で、円光寺も近いですが、高尾一丁目のすぐ近くのようです。高尾台一丁目の方が近いですが、金沢市高尾と金沢市高尾台は隣接した別の町名らしいとわかりました。三馬や伏見台もすぐ近くに見えますが、地図を見ながら走る場所ではなかったです。



ドクターワッシー(理事長:石黒修三)の新刊発売

2016.04.30
ドクターワッシー(理事長:石黒修三)の新刊が発売されました。
ドクター・ワッシーの「あ・ら・カルテ」
Dr.ワッシー 石黒修三著
定価:1,111円+税

[source:] /引用元:/ ドクターワッシー(理事長:石黒修三)の新刊発売|お知らせ|いしぐろクリニック <http://www.ishiguro-cli.com/news/news_detail.php?news_id=10>



 書籍も出されているようです。数年前に一度、テレビのローカル番組で紹介されているのを見たような気もするのですが、別の病院だったかもしれず、記憶がはっきりしません。私が印象にあるのは、平成5年頃のことで、拘置所で購読していた北國新聞にコラムのようなコーナーがありました。

 「石川県金沢市の脳神経外科・整形外科・神経内科 リウマチ リハビリテーションのいしぐろクリニック」とあるので、町医者や個人医院としては、規模も大きそうです。よく見ると「整形外科」ともありますが、この組み合わせは他に見たことがありません。

 ちょっと横道にそれてしまったのですが、他に書いておきたかったこととも関連があるので、独立した項目としてそちらを取り上げておきたいと思います。

 いったん投稿したのですが、削除しました。岡田進弁護士について、書くことを忘れていたからです。岡田進弁護士が北國銀行の顧問弁護士と知ったのも、拘置所で購読していた北國新聞でした。平成4年の秋だったと思うのですが若い社員による横領事件があって、その記事に岡田進弁護士が出ていました。

 北國銀行は、石川県の地方銀行としては最も有名ではないかと思います。他に金沢市内では「金沢信用金庫」の店舗を見かけることも多かったですが、能登の方を含めると一番大きな地方銀行というイメージがあります。

 実際、どの程度の大きさの銀行なのか詳しくは知らないですが、石川県内で一番大きな銀行の顧問弁護士となると、普通に金融のスペシャリストというイメージが、岡田進弁護士に重なりました。弁護士としては比較的若いという印象も会った時に感じていましたが、それを含めてのことです。

 岡田進弁護士は国選弁護人でした。平成4年のことです。当時は国選弁護人や刑事裁判の知識はほとんどありませんでした。後になって国選弁護人の選任手続きなど多少、情報に触れる機会がありましたが、なぜ、北國銀行の顧問弁護士が、引き受けたのかずっと疑問に考えてきました。

 たぶん、岡田進弁護士が国選弁護人を引き受けた時点では、傷害事件だけの単純な事件だったのですが、準強姦が追起訴となり、予定されていた5月28日の初公判が延期になりました。単独の裁判官だった川口泰司という裁判官が、陪席となって3人の裁判官による合議制となりました。

 裁判長が、三宅俊一郎裁判官、もう一人の陪席裁判官が山田徹裁判官でした。裁判長は真ん中にいるのですぐにわかりましたが、陪席の裁判官の自己紹介はなかったと思うので、どちらというのは確証が持てなかったですが、Facebookで知った山田徹弁護士は、自分のイメージ通りの方でした。

 改めて考えると、岡田進弁護士も単純な傷害事件だけと思って引き受けたものが、見込み違いとなり、他の仕事のこともあり、あるいは焦りのようなものもあったのかもしれません。

 当初初公判が予定されていた平成4年5月28日に、私は金沢西警察署の留置場から金沢刑務所の中にある拘置所に移送されました。すでに国選弁護人に選任されていた岡田進弁護士が、接見に来たのは、その翌々日ぐらいだったと思います。

 今、calコマンドで調べると平成4年5月28日は木曜日でした。その翌々日となると土曜日です。土日祭日は免業日と呼ばれ、接見もなかったように思います。翌日の金曜日か6月1日の月曜日に岡田進弁護士が接見に来たと考えられます。

 他に記憶にあるのは、拘置所に入った時点で、私物の衣類も全て領置品扱いとなり、灰色だった受刑者の服を着用させられたことです。私本や差し入れも同じですが、領置されたものを仮下げという手続きで房内所持できるという流れでした。願箋の1つです。

 願箋という言葉自体、ネットで見かけることはないですが、刑務所や拘置所では日常のことでした。大型封筒の使用や書面に図を書くのも願箋が必要となりました。

 裁判所に出す上申書の作成も「認書作成願い」という許可が必要でした。平成4年の時は、「保安課長殿」となっていたと思いますが、その1年ほど後には「処遇首席殿」あるいは「首席処遇官殿」と変わりました。

 入浴時のひげ剃りのカミソリが、番号で各個人に決まったものとなったのも同じ頃だったと思います。肝炎の感染防止が理由だと聞きましたが、福井刑務所では肝炎専用の雑居房もありました。注射器で覚醒剤の回し打ちをして感染することが多いという話でしたが、外で見聞きする話ではなかったです。

 そういえば、ここ数ヶ月、肝炎の訴訟を宣伝にする弁護士も見かけなくなりましたが、半年ほど前はテレビのCMでも、ちょくちょく見かけていました。少し調べましたが、覚醒剤と関連付ける情報は見当たらず、別の原因による感染のようでした。

 時刻は、13時42分です。簡単に昼食を済ませていました。「弁護士 肝炎」とGoogleで検索すると、やはり宣伝のような情報が盛り沢山でした。この肝炎訴訟で注目したのは、能登町でも弁護士が肝炎で顧客を捜しているという情報に接したことでした。

 以前調べたところ、立法で肝炎救済の法律が施行され、弁護士の収入が確実となったようです。調べた上で、たまたま見つけたような情報でしたが、弁護士の政権批判というのも、このような弁護士にとって都合の良い、法律環境を目指すことが土台にあるのかと考えました。

 さきほど、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のTwitterタイムラインを見ていたところ、トレンドに野村修也弁護士の名前があって、リンクを開くと、一ヶ月の業務停止の処分が出たというニュースでした。問題は知っていましたが、かなり重く感じる処分です。

 それも6年前とか更に前に遡る問題に対する処分でした。深澤諭史弁護士と同じ第二東京弁護士会が出した懲戒処分というのも気になるところなので、予定を変更して、単独の項目を作成しておきたいと思います。






|

« # 「共謀罪」をキーワードに含む落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートの記録 # | トップページ | # 「野村修習行ってない也先生」とも同業弁護士に揶揄される、テレビでおなじみの野村修也弁護士の業務停止一ヶ月の懲戒処分について # »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 性行為の同意に関する高橋雄一郎弁護士のツイートとリツイート、北國銀行の顧問弁護士だった被告発人岡田進弁護士の対応とあわせて #:

« # 「共謀罪」をキーワードに含む落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートの記録 # | トップページ | # 「野村修習行ってない也先生」とも同業弁護士に揶揄される、テレビでおなじみの野村修也弁護士の業務停止一ヶ月の懲戒処分について # »