« # 「こたんせ」という匿名弁護士のツイートから「弁護士 ひどい」の検索、2016年9月が気になって開いた記事 # | トップページ | # 東京高裁の「袴田事件」再審開始取り消し決定の弁護士らの反応と、コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」というドラマ # »

2018年6月 9日 (土)

# 郷原信郎弁護士と性犯罪事件、高畑裕太氏の強姦致傷事件とTOKIOの山口達也氏の強制わいせつ事件 #


 昨日から予定していました。内容は次の記事の続きにもなります。

2018年06月08日19時17分の登録: # 「こたんせ」という匿名弁護士のツイートから「弁護士 ひどい」の検索、2016年9月が気になって開いた記事 # http://hirono2017kk.blogspot.com/2018/06/20169.html>

 さきほど調べたところ高畑裕太氏の強姦致傷事件に関して郷原信郎弁護士のブログ記事が見つかりました。以前読んだものなのか思い出すことも出来なかったのですが、本文中に気になっていたことの回答があったので、その辺りを引用します。


私は、「示談の成否にかかわらず、起訴される可能性は低いだろう」と考えていた。そのことを、ブログで書こうかとも思ったが、重大な性犯罪で有罪になることを決めつける圧倒的な報道・放送の中で、それを否定する方向での意見を述べても理解されるとは思えない状況であったので、フジテレビのバイキングという討論番組に弁護士コメンテーターとして出演した際に、「強姦致傷といっても、様々な事案がある。まだ逮捕されただけの段階であり、起訴されるかどうかもわからないのだから、重大な犯罪を行ったとの前提で先走って話をすべきではない。」ということを繰り返し述べるにとどめた。

この件に関する同番組への3回目の出演となった8月30日、ある出演者が「これは凶悪犯罪」という発言をしたため、さすがに放置できないと考え、少し踏み込んだ発言をした。以下は、その時の発言内容である。

[source:] /引用元:/ 「推定無罪」を無視した高畑裕太氏事件を巡る報道・放送 | 郷原信郎が斬る <https://nobuogohara.com/2016/09/10/%E3%80%8C%E6%8E%A8%E5%AE%9A%E7%84%A1%E7%BD%AA%E3%80%8D%E3%82%92%E7%84%A1%E8%A6%96%E3%81%97%E3%81%9F%E9%AB%98%E7%95%91%E8%A3%95%E5%A4%AA%E6%B0%8F%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%82%92%E5%B7%A1%E3%82%8B%E5%A0%B1/>



 テレビで郷原信郎弁護士の姿を見たのもその時が2度目だったと思います。それも前回はずっと前のことで陸山会事件のことで出ていたように思います。一般客を招いたようなスタジアムっぽいスタジオ内で、郷原信郎弁護士が中央で立ち話をするように持論を披瀝していました。

 スタジオ内が異様な空気に包まれているようにも見えたので余計に印象的な場面でした。郷原信郎弁護士は笑顔を見せながら語っていました。法廷で検事や弁護士がそのような所作をするという話は聞いたり、ドラマでも見たような気がしますが、情報番組で見たのはその時だけです。

 前にも書いてきたと思いますが、バイキングというお昼の情報番組を見るようになったのは、それがきっかけのようなものでした。それまでにも見たことはあったと思いますが、芸能ネタ一色のバラエティ番組だというイメージが強かったように思います。ヒルナンデスに近い感じです。

 現在もヒルナンデスという番組は見ていません。「バイキング」か「ひるおび」を見ています。告発事件の参考になりうる要素もあるので、ひとつの勉強として見るようにしています。最近は特に疑問に思うことが多くなり、怪奇な社会現象にも感じています。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/「バイキング」の検索結果 - Twilog https://twilog.org/hirono_hideki/search?word=%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0&ao=a&order=allasc>

 Twilogから調べてみました。最初の「バイキング」のキーワードが2013年8月20日で、愛媛大学准教授の朝食バイキング食い逃げのニュースでした。リンクが自分のブログ記事でしたが、そちらの方で建造物侵入罪での逮捕だったと気が付きました。

* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2014/04/01 12:02%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/450830453269073920>

> 新番組のバイキング。本日スタートということでちょっと見ているけど、観客席が露天風呂みたいになっている。



 こういうツイートもしていたのかと、まるで他人事のように思いましたが、「観客席が露天風呂みたい」という表現を見ても、実際どんな場面であったのかさっぱり思い出すことはありません。なかなか凝った趣向で番組がスタートしたということはわかったような気はします。

* リツイート→hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>amneris84(Shoko Egawa)|2016/07/22 22:37/2016/07/19 15:16|<https://twitter.com/hirono_hideki/status/756483345261867008>/<https://twitter.com/amneris84/status/755285089127235584>

> 見た人に、考えたり判断したりする材料を提供するのが、テレビ番組の役割。それをどう受け止め、評価し、判断につなげるかは、視聴者1人ひとりがすればいい話。今日のバイキングは、そういう材料をちゃんとくれた、いい番組だったと思うよ。



 はじめ2016年の8月22日なのかと思ったのですが、よく見ると7月22日でした。私がリツイートしたジャーナリストの江川紹子さんのツイートのようですが、これだけ見ても思い出すことはないものの、バイキングに出演していたことをうかがわせる内容です。

* ツイート%shuntorigoe(鳥越 俊太郎)%2018/06/03 20:34%<https://twitter.com/shuntorigoe/status/1003238569845010433>



[link:] 奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/2016年07月22日 - Twilog <https://twilog.org/hirono_hideki/date-160722/allasc>

 2016年7月22日のツイートをみていると、鳥越俊太郎氏のTwitterアカウントが出てきました。そういえばあったような気もすると思ったものの、ずっと見かけていなかったので、アカウントの削除か放置状態と思ったのですが、一週間ほど前の6月3日にも更新があったようです。

 他にも当日のTwilogで、次の意外なツイートも発見しています。

* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2016/07/22 19:34%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/756437299978567680>

> プロフィールの名前を「奉納・社会汚染:弁護士泥棒神社\廣野秀樹」から「奉納\弁護士妖怪大泥棒神社\廣野秀樹」に変更しました。



 こういうのを書いておくことは、あとあと振り返って役に立つと考えていましたが、状況の推移の確認として役立ったと思います。それ以前の段階で「奉納」「社会汚染」「弁護士泥棒神社」というテーマ性は明確に打ち出されていたことになります。

 鳥越俊太郎氏のTwitterアカウントに返信ツイートをしていたこともすっかり忘れていましたが、その時点で「鳥越一向一揆」と鳥越俊太郎氏のイメージを結びつけて考えていたようです。もっと最近のことで2017年中かと思っていました。白山市を意識するようになったのもきっかけがあります。

* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2016/07/22 22:32%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/756481976660533249>

> 鳥越一向一揆まつり 白山市観光情報「うらら白山人」祭・イベント https://t.co/waPnFmW7yx



* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2016/07/22 22:34%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/756482647157727232>

> .@amneris84 相変わらずの検察批判かと思いますが。ちょびっとぐらい弁護士の有害性と破滅性に目を向けといてもどうかとは思いますね。ジャーナリストの真価を含め。



 上記はジャーナリストの江川紹子さんへの返信ツイートでした。これもほとんど記憶になかったです。似たような返信ツイートは他にも行っていたような気もしますが、リツイートや返信の数も多いアカウントなので、本人の目に触れる可能性は低いとも考えていました。

 もっとも、PC遠隔操作事件の頃はジャーナリストの江川紹子さんからの返信ツイートも何度かあって反応も早かったように思います。非常上告-最高検察庁御中_ツイッター(@s_hirono)のアカウントは、その返信ツイートでブロックをされました。今年になってからも解除は確認していません。

* リツイート→hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>amneris84(Shoko Egawa)|2016/07/22 22:38/2016/07/19 14:13|<https://twitter.com/hirono_hideki/status/756483435066044417>/<https://twitter.com/amneris84/status/755269311418109953>

> @kusaty 最初は「言ってません」って否定、続いて「記憶にない」、「よくなられてよかったじゃないですか」……最後に「これが選挙なんですよ、坂上さん」と。どっちが優位かは受け手それぞれでせう。ただ鳥越氏、小池氏、さらに間にいた増田氏と、それぞれの人柄が垣間見えた番組だったな、と



 他にも数件のリツイートがありますが、どうも上記のツイートが当日のバイキング出演に関するもののようです。これを見ると、鳥越俊太郎氏もバイキングに出演していた可能性がうかがえますが、私がバイキングで鳥越俊太郎氏の出演を見たという記憶はないと思います。忘れた可能性はありますが。

 当日は、次のテレビ番組のツイートも発見しました。

* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2016/07/22 00:21%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/756147191815737344>

> 所さんのニッポンの出番!2時間SP【京都の魔界スポットで最強ご利益!】2016年7月19日160719 https://t.co/0gYGeSP23p



 0時21分のツイートなので、日付が変わっていたと考えられますが、小木港にアジ釣りに行っていて見逃した番組だったかもしれません。それらしいタイトルの番組は見逃しをして残念に思ったのですが、すぐにYouTubeで視聴が出来たので、不思議なことにも思えたのです。

 貴船神社が丑の刻参りの場所だったという話もその番組で見たように思います。10日から2週間ほど前になりますか、こたんせ、が貴船神社や鞍馬寺で撮影した写真をツイートでアップしていたのも印象的でした。ミステリー性の高い弁護士とのマッチングコラボという感じです。

 時刻は12時31分です。しばらく手を止めていました。さきほど郷原信郎弁護士の高畑裕太氏の強姦致傷事件の記事を紹介しましたが、手短にざっと目を通したところ、割合正論を述べているようにも感じました。郷原信郎弁護士に関する情報全体が記憶として薄まっているのも要因かもしれません。

 郷原信郎弁護士には、新興系宗教の教祖や神主というイメージが強くあります。ご祈祷やお祓いと弁護活動がだぶって見えて来たからです。新興宗教という言葉も見かけなくなって久しいですが、あえて区別をしておくため「新興系」という言葉を使いました。

 今年の2月から4月の間ぐらいに思いますが、郷原信郎弁護士について調べていると、郷原信郎弁護士の法律事務所のホームページが見つかりました。単純にプロフィールのリンクになっていましたが、それまでに気がつくことがなかったのか、存在自体が以前はなかったのかわからない不思議な発見です。

 郷原信郎弁護士には、探検隊の隊長というイメージもあります。似たようなイメージを持った俳優がいたのですが、無人島でサバイバル生活に出演しているのをみたのでイメージになったのですが、プロフィールというか経歴に自衛隊の隊員だったという情報も大きかったと思います。

 いったん、この小項目の締めくくりのつもりでブログに投稿したのですが、タイトル名を確認してすぐに削除しました。TOKIOの山口達也氏の件についてまだ何も書いていなかったことに気がついたからです。

 昨日になると思いますが、検索で記事を見つけることが出来ず、スクリーンショットの検索から見つけ出すことが出来ました。次の検索方法とその実行結果です。


[7444] % pp -l|grep 郷原
2018-05-09-202111_これまで報じられている内容以上に悪質な行為があったと判断していたことになります」(元東京地検検事で弁護士の郷原信郎氏).jpg http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/05/2018051007572018-05-08-1605532018-05-10.html#20180509202111
2018-05-28-095514_郷原信郎: 残念ながら、これが、今の刑事司法の”現実”です。検察官の職にあった者として申し訳なく思います。美濃加茂市長事件、八田氏国賠訴訟な.jpg http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/05/2018052810012018-05-22-2207092018-05-28.html#20180528095514
2018-05-28-095544_郷原信郎さんがリツイート: 「愛媛県に報告はなく、なぜこのタイミングで発表したのか不可解だ」などと不信感示す、と。「不可解」とはかなり抑制し.jpg http://hirono2014sk.blogspot.com/2018/05/2018052810012018-05-22-2207092018-05-28.html#20180528095544



 スクリーンショットの日付からツイートで記事のリンクを含むツイートを発見しました。簡単には探せだせなかった記事ですが、一部を引用してご紹介します。


「山口が被害女性に近づき、キスをしようとしたのです。彼女は嫌がって顔を背けるんだけど、その際、山口の唇が彼女の頬に触れた。それをきっかけに山口は顔面を舐めまわし、さらに腕や腰、胸に触り、ソファに押し倒そうとしました。その間、“やらせろ”とか卑猥な言葉を投げ続けエスカレートしていたから、強姦寸前でした」(同)

 被害者は逃げ出し、母親に連絡。2人で麻布署に赴いて被害を報告し、舐められた顔面から山口の唾液が採取された。

 その後、山口が強制わいせつ容疑で書類送検されたのは4月20日のこと。この際に付された「厳重処分」という意見書こそが、“キスだけ”ではない山口の振る舞いを裏付ける材料になる。

「これは、“起訴されて当然だ”と警察が判断しているという意味です。したがって、少なくとも“キスをする”“顔を舐める”という、これまで報じられている内容以上に悪質な行為があったと判断していたことになります」(元東京地検検事で弁護士の郷原信郎氏)

 5月9日発売の週刊新潮ではさらに、山口の部屋に行かざるを得なかった被害女性の事情と併せ、事件を詳しく報じている。

「週刊新潮」2018年5月17日号 掲載

[source:] /引用元:/ 山口達也による強制わいせつ キス以上の行為だった可能性も - ライブドアニュース <http://news.livedoor.com/article/detail/14685309/>



 「2018年5月8日 17時0分 デイリー新潮」とありますが、長い間続いていた一連の報道がようやく沈静化したような時期に、この記事を目にしたように思います。特定のキーワードがないようなツイートで、たまたま発見できたような印象が残っていて、郷原信郎弁護士の名前を見て驚きました。

 あやふやな記憶のままであやふやなことも書きたくないので、当日のTwilogから調べてみたいと思います。痕跡が残っているかもしれません。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/2018年05月09日 - Twilog https://twilog.org/hirono_hideki/date-180509>

* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2018/05/09 20:20%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994175355089965056>

> 「これは、“起訴されて当然だ”と警察が判断しているという意味です。したがって、少なくとも“キスをする”“顔を舐める”という、これまで報じられている内容以上に悪質な行為があったと判断していたことになります」(元東京地検検事で弁護士の… https://t.co/8lr21CeuC9



* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2018/05/09 20:17%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994174630800736257>

> 山口達也による強制わいせつ キス以上の行為だった可能性も - ライブドアニュース https://t.co/OzQiHgnHuv



* リツイート→hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>BarlKarth(高島章(弁護士))|2018/05/09 16:33/2018/05/08 18:47|<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994118078026969089>/<https://twitter.com/BarlKarth/status/993789415624359936>
{% tweet 994118078026969089 %}
> @jogenji1527 西警察署は、食事も美味しく、留置管理官も親切な人が多いので被疑者の評判は良いです。悪いのは旧新潟東署(現 新潟警察署)。やくざ者が多いので、留置管理官も手荒です。

* リツイート→hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)|2018/05/09 14:57/2015/08/12 11:41|<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994094062293602305>/<https://twitter.com/hirono_hideki/status/631294512221028352>

> 七尾市に本当にある饅頭らしい。昔、娘を神様の人身御供の歴史があり、娘の代わりに饅頭にしたといういわれがあるという。 →  http://t.co/RuCUUBmT0v



* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2018/05/09 14:56%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994093823625052160>

> 「長雨が続きすぎだ。このままでは農作物がダメになってしまう。そうだ!若い娘たちを人柱にして神様の怒りを解こう!」「人柱なんてとんでもない。第一そんなことしたって長雨が収まる保障なんてあるまい」「なら、お前、対案だせよ。出せないんな… https://t.co/ogrsKwMWvn



* リツイート→hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)|2018/05/09 14:54/2015/08/12 12:03|<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994093330551078913>/<https://twitter.com/hirono_hideki/status/631300028368330754>
{% tweet 994093330551078913 %}
> 「七尾市最大の神社で 青柏祭や祇園祭などの七尾市中心部の祭の拠点である。」「明治15年(1882年)、山王社と祇園牛頭天王社(八坂神社から勧請)を統合し大地主神社と改称。」  http://t.co/DdElijfRQL

* リツイート→hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>FIFI_Egypt(フィフィ)|2018/05/09 14:40/2018/05/09 14:05|<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994089681552859136>/<https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/994080965453639680>

> 新潟の女児殺害で、演奏会の映像を繰り返し流す必要ってあるのかな。私もひとりの子の親として、女児の親の気持ちを察すると心が痛い。どんな子だったんだろうなんて知りたがる人間の心情に応える必要があるのかな。作る側の立場も分かるけど、興味を掻き立てるだけの報道には、嫌な気持ちしかしない。



* リツイート→hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>BarlKarth(高島章(弁護士))|2018/05/09 14:38/2010/03/31 00:24|<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994089152181350401>/<https://twitter.com/BarlKarth/status/11313275312>

> 誰か,「綺麗な金玉祭り」をやらないか?



* リツイート→hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>BarlKarth(高島章(弁護士))|2018/05/09 14:37/2010/04/29 22:19|<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994089054844186624>/<https://twitter.com/BarlKarth/status/13068102180>

> @littlemission



* リツイート→hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>BarlKarth(高島章(弁護士))|2018/05/09 14:37/2010/07/21 01:06|<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994088950972272641>/<https://twitter.com/BarlKarth/status/19004586540>

>  世間を敵に回すような弁護をしているのだが,世情思われているような嫌がらせは,一つもない。新潟県特有の風土かもしれません。



* リツイート→hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>ssk_ryo(ささきりょう)|2018/05/09 14:33/2018/04/25 17:53|<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994087971757404160>/<https://twitter.com/ssk_ryo/status/989064866525798403>

> 今回の不当懲戒請求に対する対応ついては、記者会見を開く予定です。興味のある記者の人は来てね(と、言いつつ、まだ記者クラブへ連絡していない)。



* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2018/05/09 14:28%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994086704926650369>

> 羽咋市でサルの目撃情報相次ぐ | NNNニュース https://t.co/VvwjTGCT07



* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2018/05/09 12:57%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/994063877242609664>

> 青木理さん 典型的な他人に守られていることを知らない知識人 麻疹は死ぬよ https://t.co/hsPS8piWRX



* ツイート%hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)%2018/05/09 07:17%<https://twitter.com/hirono_hideki/status/993978112512638976>

> 13件目 ツイート: yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時: 2018-05-08 22:17 URL: <https://t.co/sKYOSvFXaN>



 結果として、郷原信郎弁護士のコメントを含むデイリー新潮の記事につながる情報は見当たりませんでした。あれもこれもこの日のことだったのかという発見のオンパレードでしたが、次の落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートは新鮮な発見に感じました。

* ツイート%yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai)%2018/05/08 22:17%<https://twitter.com/yjochi/status/993842358797066240>

> ただ質問だけ繰り返して、放送で紹介するでもなく、ノーギャラの某テレビ局関係者は、そろそろ、アッコにおまかせの流れかな。笑



 「アッコにおまかせ」の件は落合洋司弁護士(東京弁護士会)にとって黒歴史というか不利益にしかならない情報なので拡散は本人の望むところではない、と漠然ながら考えていたのですが、自ら寝た子を起こすようなツイートをしていたようです。私の他に集中して軽く受け流していたのかもしれません。

 私の現在の記憶のまま書きますが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)のアッコにおまかせの件は、PC遠隔操作事件について取材を受け放送で採用されなかったということかと記憶します。ギャラについては前から不満があったようですが、不採用で怒りが爆発したという印象でした。

 なぜ「アッコにおまかせ」のスタッフというのか関係者が落合洋司弁護士(東京弁護士会)のコメントを不採用にしたのかわかりませんが、採用に疑問を感じる弁護士のコメントも多いので、珍しく良識のある番組ではないかと考えることもありました。

 今では知らない人が多いかもしれないですが、PC遠隔操作事件の真犯人が落合洋司弁護士(東京弁護士会)に何かを郵送したということで、落合洋司弁護士が注目を集めていました。結局、真犯人がえん罪を主張する被疑者・被告人だったのですが、思うところがあっての郵送だったのでしょう。

 当初、犯人の疑いがかかった段階で、当然まだ逮捕がなかったからできたことだと思いますが、猫カフェで報道陣が撮影した映像がテレビで繰り返し流れていました。放送は逮捕後であったと考えられます。ジャーナリストの青木理氏は、週刊誌に「ネコ男」と妖怪扱いのようにしていました。

 あのときも行き過ぎた取材として批判し、ストーカー扱いするような声もあったと記憶しますが、映像を見て本人が本当に取材されていることに気がついていないのか疑問に感じていました。

 その後、ネコ好きでツイートにネコ言葉のようなものまで使っていたジャーナリストの江川紹子さんを意識し、ネコ好きをアピールした作戦的な行動ではないのかと考えたこともあったのですが、同じように見る反応はネット上に確認することはありませんでした。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)ほど露骨ではなかったものの、PC遠隔操作事件の犯人がジャーナリストの江川紹子さんも同様に強い影響を受け、なんらかの動機が介在して世間を欺き警察を翻弄する一連の事件を起こした可能性はあるように思えました。誘引的な影響力です。

 ジャーナリストの江川紹子さんは、距離をおきながらもPC遠隔操作事件には強い関心を示し、プロとして取材活動を行っていたふしがあります。最終的には意見の相違で佐藤博史弁護士と対立し、民事裁判になったようですが、遠回しな事態の収拾として勘ぐりたくなる不可解さが伴いました。

 佐藤博史弁護士がジャーナリストの江川紹子さんを民事で訴えることになった記事は、コンセールのとの宇出津図書館で読みました。撮影した写真もあるはずです。週刊文春の記事だったと思いますが、その反応の乏しさの方が不思議に思えてなりませんでした。娯楽と割り切られているとも考えたり。

 以前よりジャーナリストの江川紹子さんは郷原信郎弁護士とタッグでも組むように検察を批判してきました。検察のあり方委員会というような調査のメンバーに揃ってなっていたこともあるかと思いますが、必要以上に問題を大きく不可解さを交えて世間に印象づけたという疑念が払拭されません。

 PC遠隔操作事件は、その検察・警察不信の風潮に、自ら体を張って立ち向かった冒険者のような一面があったような気がすることもあります。先ほども探検という言葉を使いましたが、勇者というのもそれらと同様に、法クラという連中が好んで使ってきたものでした。

 ともあれ、PC遠隔操作事件は日本のジャーナリストに対して根本的な疑問を考える機会となりました。あらためて郷原信郎弁護士がコメントを寄せたTOKIOの山口達也氏に対するデイリー新潮の記事に目を向け、この小項目を切り上げたいと思います。


キスくらいですべてを失うなんて、代償が大きすぎる――。ジャニーズ事務所を契約解除された山口達也(46)には、一部からこんな声も上がる。だが山口が被害女性に働いた強制わいせつは、“キスくらい”ではなかった。

 ***

 ジャニーズも把握していない被害者調書の中身に基づき、事件のあった2月12日の流れを解説するのは、さる捜査関係者だ。この日、朝の情報番組「ZIP!」(日テレ系)の出演を終えた山口は、日中からビールを飲み始め、被害女性に部屋に来るよう誘ったという。

「“1人で行ったら絶対に強姦される”と危険な空気を察知して、知人の少女に頼み込み、何とか付いてきてもらうことにしたんです」(捜査関係者)

[source:] /引用元:/ 山口達也による強制わいせつ キス以上の行為だった可能性も - ライブドアニュース <http://news.livedoor.com/article/detail/14685309/>



 そのまま事実という可能性は、報道以外の情報を持ち得ない以上否定しきれませんが、「捜査関係者」としながら架空に捏造した証言であったとすれば、大変な人権侵害ではないかと思います。そういう疑いを払拭するほど裏付けのある記事には思えないですが、郷原信郎弁護士が名を連ねています。

 こういう報道に対する疑いの目は、報道の情報を前提にしても、2016年の高畑裕太氏の強姦致傷事件の報道でいっきに花開くものとなりました。それこそ何年、何十年という積み重ねが一度に地上に姿を見せたような異様さが報道につきまとい、発生源が弁護士であることも明々白々でした。

 2016年の高畑裕太氏の強姦致傷事件で与えられた教訓は、示談という効力の絶対性でした。それこそ墓場まで持っていかなければならない秘匿の義務を背負うという話も見かけていました。弁護士が主宰した儀式、それが示談なのかとまざまざと思い知らされた時期でした。

 考えてみると、結婚も契約と言われることがあり、示談を執り行う弁護士というのは、結婚式の神父の役割に似ているのかもしれません。高畑裕太氏、高畑敦子さんの親子、家族が十分な判断をすることが出来なかったと思うのも、私自身が似たような状況を見たり、経験をしたからだと思います。

 いわば示談の絶対性というものを思い知らされた事件という一面があったのですが、TOKIOの山口達也氏の強制わいせつ事件では、それが見事に覆させられるような展開がありました。示談成立後の報道となったからです。

 加害者であるTOKIOの山口達也氏と被害者の少女が同じNHKの番組に出演していたということで、NHKの管理責任が優先されたような報道もあって、示談の効果や違約を問題視するのはわずかなものでした。

 2016年の高畑裕太氏の強姦致傷事件と2018年のTOKIOの山口達也氏の強制わいせつ事件に共通したのは発覚したことによる破滅的影響の大きさを知らしめ、比較的簡単に被害を訴えて奏功するような印象です。もっと深刻な被害に遭って救われない人は多そうな気がします。弁護士の欺瞞性です。

 その風潮はますます加速化しているように思います。ついにここまで来て、それが安直に通用するのかと驚愕させられたのが現在進行系の日大アメフトの悪質タックル問題です。簡単に否定できない問題を含むのは承知の上ですが、あまりにバランスを欠いているとしか思えない現実です。

 意図的に世間を欺き、警察・検察を翻弄したPC遠隔操作事件の犯人。それを手放しやそれに近いような関係性で支持あるいは放置した弁護士やジャーナリストも、まったく無反省なまま活動を続けています。警察が情報を公開していればと開き直るような態度も見たような記憶が残っています。

 郷原信郎弁護士は「前のめりのマスコミ報道」と批判めいたことを書いていますが、甘利氏の問題から始まった森友学園、加世学園の問題も出処が実に怪しい問題だと見ています。それこそ共同不法行為に加担し助長したとも思えるものですが、解き放ち率先したのも弁護士だと思えてなりません。

 その「前のめりのマスコミ報道」も、まともに食いつかなかったのが郷原信郎弁護士の主宰した「藤井美濃加茂市長事件」でした。上告棄却で有罪判決が確定した後は、事件の裁判の関与した同業者の弁護士を訴えたという小さいニュースもありましたが、テレビは相手にしていないようです。

 最近の郷原信郎弁護士ですが、「長崎の奇跡」というのを目にしました。詳しく具体的なことは郷原信郎弁護士の著書を読まないと知りようなないようでした。特別な有料宗教新聞のようなイメージも湧いたので、それも恐怖新聞の漫画のイメージと重なりました。

 不思議に思ったのは、郷原信郎弁護士がずっと批判してきた検事が女性検事であったと知ったタイミングですが、有罪確定後だったと思います。わかった女性検事の名前で検索すると、かなり以前から郷原信郎弁護士はその女性検事の実名をブログで書いていたようです。

 さきほど、郷原信郎弁護士の法律事務所のホームページのことを書いたまま書き忘れていたことに気が付きました。その法律事務所の住所が六本木ヒルズということです。六本木ヒルズの家賃の高さは、10年ほど前になりますが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)のブログの方で知ったことでした。

 もう一つおまけで紹介しておきたいと思います。つい最近見かけた郷原信郎弁護士のツイートで、トレンドな話題というか事件です。

* ツイート%nobuogohara(郷原信郎)%2018/06/07 09:32%<https://twitter.com/nobuogohara/status/1004521518703960064>

> 「紀州のドンファン」の話は、もうどうでもいい。殺人事件なのかどうか、警察捜査に任せておけばいい。日本の政治や社会の危機的現状を考えれば、そんなことに関心を向けている場合ではない。もっと重要なことが山ほどあるはず。



 郷原信郎弁護士のTwitterですが、タイムラインの最新が次のリツイートとなっていました。森友学園問題の報道で著名になった人物ですが、事務所とされているアカウントです。本人のアカウントは永久凍結され、一度復活していましたが、まもなく再凍結されていました。

* リツイート→nobuogohara(郷原信郎)>officeSugano(菅野完事務所)|2018/06/09 10:29/2018/06/09 09:12|<https://twitter.com/nobuogohara/status/1005260464815628289>/<https://twitter.com/officeSugano/status/1005241154747666433>

> 中村喜四郎も凄いがこの記事を書いた常井健一が何より凄い。



 郷原信郎弁護士のTwitterは更新が少ないのが特徴です。ブログの記事がずいぶん長いのも他にない特徴ですが、正直なところ負担も感じて読む気が失せてしまいがちです。だからリンクを開いていない記事も多いと思います。

 書き忘れていましたが、バイキングで郷原信郎弁護士を見たとき、同じくジャーナリスト江川紹子氏も同じ番組で初めてみたような記憶となっていました。ジャーナリストの江川紹子さんは、その後の放送で2,3度姿を見たように思いますが、郷原信郎弁護士はその時一度きりだったように思います。

 バイキングの放送でその後2,3度見たというのも、高畑裕太氏の強姦致傷事件から短くて一月、長くて半年ぐらいの間であったように思います。あくまで記憶なので確かなことではないですし、それほど欠かさずに番組を視聴してきたわけでもありません。

 高畑裕太氏の強姦致傷事件についてジャーナリストの江川紹子さんは、被害者の女性の立場を尊重、優先しそっとしておくべきと、過熱気味の報道をたしなめていました。これは何かのネットの記事にもなっていたと思います。これも一つ調べて記録にしておきたいと思います。

|

« # 「こたんせ」という匿名弁護士のツイートから「弁護士 ひどい」の検索、2016年9月が気になって開いた記事 # | トップページ | # 東京高裁の「袴田事件」再審開始取り消し決定の弁護士らの反応と、コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」というドラマ # »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: # 郷原信郎弁護士と性犯罪事件、高畑裕太氏の強姦致傷事件とTOKIOの山口達也氏の強制わいせつ事件 #:

« # 「こたんせ」という匿名弁護士のツイートから「弁護士 ひどい」の検索、2016年9月が気になって開いた記事 # | トップページ | # 東京高裁の「袴田事件」再審開始取り消し決定の弁護士らの反応と、コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」というドラマ # »