« 参考資料: 「ストーカー」をキーワードに含む「深澤諭史弁護士(@fukazawas)」のツイート・リツイート(2015-05-18 18:06〜2016-02-18 11:15)「44」件 | トップページ | 参考資料: 「一子相伝」をキーワードに含む(法クラ・弁護士・ジャーナリスト関連)のツイート・リツイート(2アカウント、4件、 2013-08-05 01:50〜2015-12-16 15:38)「4」件 »

2016年3月27日 (日)

被害者AAさんの父親AKさんの立場で考える刑事再審制度における弁護士に対する不信感と悪魔性\墓場へ向かう弁護士鉄道・社会的告発

* 被害者AAさんの父親AKさんの立場で考える刑事再審制度における弁護士に対する不信感と悪魔性\墓場へ向かう弁護士鉄道・社会的告発

:CATEGORIES: 被害者AAさんの父親AKさん
:TAGS: 神山啓史弁護士,東電OL殺害事件,山口治夫弁護士,山口成良金沢大学教授

2016-03-05 土曜日 15:21 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

健やかな成長と幸せを願う、というひな祭りに思いを馳せる被害者AAさんとその家族の生活と人生と被告訴人弁護士らの犯罪性 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/aa-e881.html

 内容は上記ブログ記事の続きになります。ここ数日の流れの一つとして、まずは少し上流に位置するニュース記事を引用を交えてご紹介しておきたいと思います。弁護士の怪物性、社会汚染について深刻に考える要素の一つであります。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160229-00000054-jij-soci 検察官役に敏腕弁護士=記録膨大、準備7カ月―福島原発 (時事通信) - Yahoo!ニュース

東電旧経営陣の責任を追及する検察官役の指定弁護士には、刑事弁護に精通した弁護士らが就任した。
 これまでで最も多い5人が選任されたが、事件が複雑で記録も多いことから準備は難航。検察審査会の起訴議決公表から強制起訴まで7カ月を要した。
 指定弁護士に選任されたのは、再審で無罪が確定した東電女性社員殺害事件で弁護人を務めた石田省三郎(69)、神山啓史両弁護士(60)ら。当初は両弁護士と山内久光弁護士(52)の3人だったが、後に2人が追加された。

(引用終了)

 神山弁護士は再審無罪となった東電OL殺害事件の主任弁護人ともこの記事には書いてあります。3人だったように思いますが弁護団の一人だったことは知っていて、それだけに注目度の高い弁護士でしたが、主任弁護人であったことは、これまで知らないか不十分な認識でいました。

 これまで幾度かTwitterで取り上げてきた記事があるのですが、それをまず念頭の資料としてご紹介しておきたいと思います。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34136 東電OL殺人事件 テレビにも出ないしカネももらわない ゴビンダさんの弁護団 15年間の冤罪法廷で勝ち取ったもの  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

「私はいまでもゴビンダは真っクロだと思ってます。無罪判決は司法が世論におもねった結果だ。マスコミはゴビンダの好青年の部分ばかりを報じているが、彼には裏の顔もある。バイト先の店主が『あれは不良外人だ』と言っていた。捜査員は死に物狂いで捜査して、他にも容疑者がいる可能性を二重三重に検証した末に逮捕した。部下に辛い捜査をさせた私が、ゴビンダはクロ、という持論を捨て去るわけにはいかない」

 これは平田氏個人の見解ではない。警視庁はゴビンダさんの無罪が確定すると、龍一文・捜査一課長名でこんな声明を出した。

「司法の判断にコメントする立場ではないが、無罪判決が出たことは真摯に受け止め、今後の捜査にいかしていきたい」

 司法の判断に納得していない、という本音が行間から伝わってくる。

「あの事件では弁護人にものすごく捜査妨害された。ゴビンダを逮捕した晩、弁護人が接見した途端に完全黙秘になった。留置場から(取り調べに)出てこないこともあったが、それも弁護人の入れ知恵。神山、神田、佃の『カンカンツク』ですよ」(平田氏)

 当時、捜査一課の刑事たちはゴビンダについた神山啓史、神田安積、佃克彦の三弁護士を「カンカンツク」と呼んで忌み嫌っていた。このエピソードを聞き、「それはむしろ名誉なことですね」と語るのは、カンカンツクの一角をなした佃克彦弁護士(48歳)だ。

(引用終了)

 上記のネット記事は次のようにGoogleで検索しました。他との関連もあるので、スクリーンショットでご紹介したいと思います。検索結果の1ページ目ですが、3つのスクリーンショットになっています。 

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-05 15:37 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/706005772077916160 target="_blank">https://twitter.com/shirono/status/706005772077916160
2016-03-05-153743_神山弁護士 - Google 検索.jpg https://t.co/TCV9wCCMcR

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-05 15:37 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/706005650464083968 target="_blank">https://twitter.com/shirono/status/706005650464083968
2016-03-05-153714_神山弁護士 - Google 検索.jpg https://t.co/NuDtqxX8PB

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-05 15:36 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/706005370280370176 target="_blank">https://twitter.com/shirono/status/706005370280370176
2016-03-05-153607_神山弁護士 - Google 検索.jpg https://t.co/8CMgypNOA9

 この検索でまた一つ新たに思い出したのですが、神山啓史弁護士は桜丘法律事務所の所属のようです。「参考資料扱いにした告訴状の下書き」には説明を書いていると思いますが、同じ渋谷の法律事務所ということで着目した経緯もあります。

 名前が思い出せず、なぜか忘れやすい弁護士名なのですが、「手紙」をキーワードにlocate検索をすれば情報が見つかるはずです。locateはシステム管理者の権限がないと更新が出来なかったり、管理者以外には使えない対策をされることがあると聞いているので、findコマンドを使います。

NS:~/kk_hirono
[9955] % find . -name '手紙'
./資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.04.11_福井刑務所への母親の手紙.jpg
./資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.02.46_福井刑務所への母親の手紙.jpg
./資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.05.50_福井刑務所への母親の手紙.jpg
./資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.04.28_福井刑務所への母親の手紙.jpg
./資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.02.59_福井刑務所への母親の手紙.jpg
./資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.03.26_福井刑務所への母親の手紙.jpg
./一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙
./一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙01.jpg
./一件記録・写真/H12-07-31
山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙03.jpg
./一件記録・写真/H12-07-31
山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙04.jpg
./一件記録・写真/H12-07-31
山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙02.jpg
./一件記録・写真/H12-05-22
上告審国選弁護人山口治夫の手紙
./一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙01.jpg
./一件記録・写真/H12-05-22
上告審国選弁護人山口治夫の手紙/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙03.jpg
./一件記録・写真/H12-05-22
上告審国選弁護人山口治夫の手紙/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙02.jpg
./告訴状の内容に関連したスクリーンショット/2014年7月分/2014-07-03-232435
手紙は接見した国選弁護人が郵送しており、地検はこの男性弁護士について在宅のまま調べを進める。.jpg
./告訴状の内容に関連したスクリーンショット/2015年6月分/2015-06-26-202430_弁護士からの手紙や電話に対応するの,やめましょう。いろいろと,あとで,取り返し付かないことになります。(・∀・;).jpg

 「山口治夫弁護士」だと確認出来ました。私の被害者AAさんの父親AKさんに対する平成11年の傷害事件の上告審で、国選弁護人となった弁護士です。

 先ほどと同じく今度は「山口治夫弁護士」でGoogle検索し、3つのスクリーンショットとして画像を保存しました。同じくTwitterに画像付きツイートとして投稿したものをご紹介します。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-05 16:00 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/706011539287908352 target="_blank">https://twitter.com/shirono/status/706011539287908352
2016-03-05-160038_山口治夫弁護士 - Google 検索.jpg https://t.co/MABMQW0wyC

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-05 16:00 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/706011427106983938 target="_blank">https://twitter.com/shirono/status/706011427106983938
2016-03-05-160011_山口治夫弁護士 - Google 検索.jpg https://t.co/fazFb4YwZH

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-05 15:59 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/706011268209987584 target="_blank">https://twitter.com/shirono/status/706011268209987584
2016-03-05-155933_山口治夫弁護士 - Google 検索.jpg https://t.co/FWrExUm1yv

 今回の検索で新たな発見がありました。共著で刑事弁護の書籍を出していたようです。わりとありがちな名前とも思えるので、同じ弁護士として同姓同名の別人という可能性も排除はできないと思いますが、本人である可能性は高いと思います。

 ずい分前で1年以上は経過していると思いますが、これまでにも同じ検索はやっており、めぼしい情報は見た覚えがありません。書籍の情報は青林書院(2003/06発売)となっています。検索結果に見つけた次のページです。

刑事弁護の手続と技法 / 庭山 英雄/山口 治夫【編】 - 紀伊國屋書店ウェブストア https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784417013211

アルバム - Google+ https://plus.google.com/photos/117003214470411118615/album/5676958252778613761/5676958307861890114

 同じ検索結果のページから以前、私が公開した写真のページなど見ていました。あるはずと思っているものが見つからないのですが、上記の公開写真には記憶に残っていなかった文言の記載がありました。

 「手紙の中にーさんの理解と協力が必要条件であるとかいてありますが、ーあんは貴殿に対し厳罰にして下さいということを述べていることをご理解下さい。」という部分が新たな発見です。

 私の記憶に最も印象的に残っているのは、「それは国選弁護の範囲外です」というような文言で、示談交渉的な被害者AAさんの父親AKさんとの接触を断る内容のものでした。

 パソコンのシステム内の写真ファイルで確認をしてみたいと思います。ただでさえ読みづらい手書きの文字なので、鮮明に拡大して見る必要があります。

 確認が出来ました。思っていたよりずいぶんとひどい内容に思いましたが、それは客観的な感覚と思います。以前は他の弁護士に比べ、好意的であるとすら印象を受けていた覚えがあります。理解を得るための努力を続けていた時期ですが、弁護士幻覚という魔法にかけられていた気分です。

平成12年7月31日山口治夫弁護士(東京弁護士会)からの手紙 http://s-hirono.blogspot.jp/2011/11/12731.html

 上記のページある写真の手紙に間違いありませんでした。赤い色で被害者AAさんの父親AKさんの名前をマーキングしているため、私自身、今回初めに見た時は内容が理解できなかったようです。ここには次のように書いてあります。

「貴殿より(1)ーさんに送付して下さいということと(2)母親にお金の送金をして下さるよう依頼して下さいという2つのことを頼まれました。」

「しかしながら(1)については要請に応じかねますので送付されてきた書面をお返し致します。貴殿においてーさんに送ってよいかどうか判断して行って下さい。」

「(2)についてはこれもご要望に応じ兼ねます。いずれにしても国選弁護人としての活動範囲を越えるものであることをご了承下さい。」

 被害者AAさんの父親AKさんに同封した手紙を転送してくれと頼んだようですが、こんなのはすっかり忘れていましたし、前に写真を公開するのにマスキング等の作業をした時も、気に留めずにいました。他の考え事が多すぎて気の回らない状態だったものと考えられます。

 私はこれまで山口治夫弁護士に対して余り批判的なことを書いてはいないように思います。手紙で連絡をくれ見通しを示してくれただけでも、ずいぶんましな弁護士に見えていたからです。

 写真を貼り付けた上記ブログの記事は2011年11月21日の段階で公開されていたようです。他にも同じような公開をしたような憶えもあるのですが、定期的にまとめてそのような作業をやってきたので、何時頃どこでやったのかは、正直よく憶えていません。

 弁護士といえども送られてきた手紙を無断で公開することは批判の目を向けられることは覚悟のことでした。申し入れがあれば重大な必要性を指摘し対応するつもりでの公開でした。そのような申し入れを受けたことはこれまで一度もありません。小倉秀夫弁護士から少しあったぐらいです。

 平成11年の事件については「参考資料扱いにした過去の告訴状の下書き」で詳しいことは書いていないように思います。リアルタイムに近い事実関係は、先ごろプライベートモードから公開モードに切り替えたはてなダイアリーのブログに記事としていくつも書いてあるはずです。

 上告審の国選弁護人になった山口治夫弁護士のことを余り批判は出来ないと思いますが、そこにも刑事弁護の欺瞞性と有害性を深刻に感じるところです。平成11年の事件の基礎になっているのは平成4年の事件であり、一貫した共通性があります。

 被害者の言葉を額面通りにしか受け取らず、弁護士として都合のよい事実だけを漁るように選り分け、他は一切無視するという姿勢です。それと表裏の関係になるのが、再審や否認事件における弁護士の異常に熱心な取り組みと主張です。

 忘れていたように思いますが、本項目の冒頭に掲載した東電の強制起訴のネットニュースは、「事通信 2月29日(月)12時27分配信」となっています。

 他に支流の一つとしてご紹介しておきたい裁判のことがあるので、配信時間を明示しました。配信時間と投稿時間が同じかどうかはわかりませんが、そう時間差のあるものとは考えられません。

 その前に、被害者AAさんの父親AKさんとの関係と手紙のことで少し書いておきたいと思います。記憶も薄らいでいるので、だいたいのことしか書けませんが、平成4年4月1日に出頭逮捕された事件で、初公判が同年6月18日、次回公判が6月30日だったと思います。

 本人尋問というのか裁判らしい審理があったのは6月30日の公判だけで、それで結審とされ、その場で同年8月3日の公判が判決だと裁判長に言われたように記憶しています。

 衝撃的だったのは6月30日の公判が始まってすぐ、江村正之検察官から意識不明の状態だった被害者AAさんの意識が回復したという話を聞かされたことです。絶望的な状態だったので、この時はじめて希望と精神的活力を取り戻したのですが、その日のうちに裁判の審理は終わってしまいました。

 刑事裁判の仕組みや流れなど全く知りませんでしたが、裁判のことより被害者AAさんの容体の回復と被害者AAさんの父親AKさんら家族の理解を得ることが重要で、その関門さえ突破できれば、道は開けるという思いがありました。

 それで被害者AAさんの自宅に手紙を送るようになったと記憶しています。数回、手紙を送ったところで、刑務官から「受取人拒絶」あるいは「受取人拒否」と大書きされた送った封筒を渡されるようになりました。

 その拒絶で返信された封筒は20通から30通になっていたかもしれません。かなりまとまった数になっていました。私はその全部を、金沢大学附属病院精神科の閉鎖病棟の通路にある一般家庭にあるのと同じ大型サイズのゴミ箱に捨てたことを憶えています。

 金沢大学附属病院での鑑定留置の精神鑑定は平成5年の3月1日から同月31日までの一ヶ月間でした。控訴審の私選弁護人となった木梨松嗣弁護士が初めて接見に来たのが平成4年の8月の18日頃。9月の下旬か10月に入ってから控訴審の初公判があったはずです。

 次回の公判は初公判の一月ぐらい後だったと思いますが、裁判長が濱田武律というような名前の裁判官から小島裕史裁判長に代わりました。初めて傍聴席で被害者AAさんの父親AKさんの姿を見たのも、この裁判長が交代した2回目の公判の時であったと思います。

 傍聴席でなくても被害者AAさんの父親AKさんの姿を見たのは初めてでしたが、被害者AAさんと顔立ちが似ていて、こちらを見る目も尋常ではなかったので、すぐに父親だとわかりました。その時は隣に被害者AAさんの兄と思える若者の姿もありました。

 公判が終わって、裏手の通路の方に連行されているとき、その兄が「本当に反省しとるんか」というような声を上げ、飛びかかってくるような行動に出たので、私はすぐに刑務官らの抱えられるように足早に外に出されたのです。

 兄の姿を見たのはその時だけでしたが、その後の公判にも被害者AAさんの父親AKさんの姿があって、全部ではなかったようにも思うのですが、平成5年9月7日の判決より前の最後の審理となった公判には、被害者AAさんの父親AKさんとともに母親と思われる人の姿がありました。

 裁判官の席から見ると当時の金沢地方裁判所の法廷は右側が庁舎の通路で、左側が一階の被告人の待機室のような部屋に通じる通路になっていました。他の法廷は見たこともないので比較も出来ませんが、よくある学校の通路のような広さがありました。

 裁判長の席から見て右手の奥が、傍聴席の出入り口でしたが、被害者AAさんの父親AKさんが母親と一緒に来た時は、その出入り口に近い一番奥の端の方の席に座っていました。なぜそんな場所を選んだのかも、私は気になっていましたが、答えはわかりません。

 被害者AAさんの父親AKさんが兄と一緒に来た時は、中央に近い、最前列ではなかったように思いますが、2つ目か3つ目の列に座っていたという場面が記憶にあります。

 言うまでもなく、一審の金沢地方裁判所の公判に被害者AAさんの父親AKさんの姿はありませんでした。被害者の家族が傍聴に来るかもしれないということも、当時の私には知識としてありませんでしたし、傍聴席があるとか傍聴人がいるということも考えが及びませんでした。

 どの公判の時も傍聴席の人の数はまばらだったと思いますが、被害者AAさんの父親AKさんが母親と来た控訴審の公判の時だけは、いくらか人の数が多いように感じたことを憶えています。

 9月7日の判決前の最後の公判ですが、日付が確認できずにいます。6月中であったように思うのですが、7月の20日頃だったような気もしないではありません。山口成良金沢大学教授が精神鑑定の証人として出たときの公判だったと思います。

 その時の公判以外には考えられないのですが、映画の場面のような印象的なシーンがありました。法廷内に時計があったかどうかも記憶にないですが、法廷に入った時点で小島裕史裁判長ら3人の裁判官が席に座っていたようにも思います。

 裁判官の大きな机にはうず高く積み上げられた書面が置いてありました。私が郵送で提出してきた上申書だと思いました。30センチから40センチ近くあったのかもしれません。ずいぶんと目立っていたことははっきりしています。

 小島裕史裁判長は自分の席の左手に書面を置いていたと記憶にあります。外の通路の窓側の位置で、ちょうどその書面をめがけるように、颯爽な姿で木梨松嗣弁護士が入ってきて弁護人の席に座りました。特別な演出をやっているようにしか見えませんでした。

 普通でなかったことは木梨松嗣弁護士が後ろに白衣を着た医師らしい人物を従えていたことです。法廷は私が入った時から和やかな雰囲気で、被害者AAさんの父親AKさんの母親は俯いてすすり泣く様子でしたが、それも殺伐としたものではなく、父親もそれまでになく落ち着いて見えました。

 小島裕史裁判長の態度が和やかで上機嫌に見えていたので、法廷全体の空気がそのように見えていたのだと思います。遅刻かどうかは時計も見ていないのでわかりませんが、その時だけは少し遅れて木梨松嗣弁護士が入ってきたのです。

 木梨松嗣弁護士が従えた白衣の人物は、拘置所や刑務所内の医務の刑務官の姿とよく見ていました。背が高くマサイ族のような体型であったような印象もあるのですが、病院で見る医師の姿とはどこか違いがあるように感じました。

 異様に映ったのは、小島裕史裁判長がやたらと上機嫌で、申し訳程度に木梨松嗣弁護士に声を掛けて、白衣の同行者のことを尋ねていましたが、木梨松嗣弁護士だけはやたらと緊張したような面持ちで、体調が優れないので、というような手短な返事をしていました。

 そのときの小島裕史裁判長の姿が忘れられないのですが、上機嫌というより満足そうに見えるぐらいで、私はなにがどうなっているのか気になって仕方がありませんでしたが、拘束中の身でもあるので、真相は知りようもないと諦めました。

 木梨松嗣弁護士が被害者AAさんの父親AKさんと打ち合わせをして何かやっているのかとも考えましたが、話し相手もいないので、どれもこれも自分の頭の中だけでの堂々巡りでした。そういう注意を引きつけられたことで、見逃すことになった部分もありそうです。

 平成5年9月7日の判決公判に被害者AAさんの父親AKさんの姿はありませんでした。普通に考えれば判決こそ関心が強いはずですし、裁判そのものに無関心であれば、それまでの傍聴もなかったと考えるのが自然です。

 私は法廷の外からそのような立場になったことがないのでわかりませんが、公判の期日というのは検察官の方から被害者の家族に知らせることがある、ということは何かの本で見かけた憶えがあります。

 私は今までずっと、被害者AAさんの父親AKさんはアドバイスを受けたにせよ、納得した自らの意思で判決公判に姿を見せなかったと考えていました。

 何度も書きますが控訴審の判決公判は平成5年9月7日で、その期日の指定は、不意打ちのように拘置所にいる私に舞い込んだものでした。それで刑務官らとももめることになり、怒鳴りつけられることにもなったのです。

 「参考資料扱いにした告訴状の下書き」の部分になると思いますが、大掛かりな上申書を作成途中であったこと、手紙や電報で何度も頼んでも、木梨松嗣弁護士は接見に来ず、連絡を一切返さなかったことなどのより詳しい経過を書いていると思います。

 残念なことにこの点を私が重視するようになったのも比較的最近のことです。以前は他のことに意識が向きがちで十分な検証をすることが出来ませんでした。

 今、あらためて考えると被害者AAさんの父親AKさんは控訴審の判決期日を知らないで過ごしていたのかもしれません。そういうことすら確認することの出来ない、被害者AAさんの父親AKさんとの関係だったのです。

 被害者AAさんの父親AKさんが事件や裁判に無関心だったとは考えられず、平成9年1月18日に私が福井刑務所を出所してからは、部長職である再就職の仕事先に電話連絡することを許してもらい、平成11年の6月ころには、PHSの電話番号まで教えられて、連絡をするようになったのです。

 言うまでもなく、そういう事実、事情の一切は、どの弁護士にも無視されました。かすりもさせないほどの対応でした。

 平成9年の8月ぐらいから月に一度、あるいは2,3回は連絡を入れていました。電話での連絡でしたが、被害者AAさんの父親AKさんはずいぶんと私との間に距離を置き、慎重にことを進めようとする意思を感じていました。

 電話だけではなく平成9年の9月の20日ころには、一度、直接あっています。金沢市内の中心部、香林坊のアトリオと言いましたか旧大和デパートですが、その前で待ち合わせをして、歩いてすぐ近くの中央公園の中のベンチで話をしました。

 石川県庁や石川県警察本部の建物のあったすぐ近くでもありますが、鞍月への移転前であったかどうかも、私には思い出せません。調べればすぐにわかることで、鞍月への移転の時期は前にもネットの検索で調べたことがありますが、すっかり忘れています。

石川県庁舎 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E5%BA%81%E8%88%8E

 上記のページで確認しましたが、新庁舎の着工が平成11年11月で開庁が平成15年1月となっていました。建設中の鞍月の庁舎の建物を見た記憶がなかったのですが、平成11年8月12日に金沢中警察署に逮捕されているので、それもそうかと思いました。

 以上、ある程度のご理解に必要な程度の、私と被害者AAさんの父親AKさんの関係及び事実の経過は記述することが出来たと思います。大事なポイントは他にもいくつかありますし、一通りをなぞったわけでもありません。別の機会に書きたいと思います。

 23時56分です。買い物、夕食、銭湯と中断をしていました。Aコープ能都店では九州物語という半額になった駅弁と、580円だった輪島港というズワイガニを買ってきました。今まで見てきた中で一番安い値段とも思いましたが、カニはまだ少し動いている鮮度でした。

2016-03-05 土曜日 23:59 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



2016-03-06 日曜日 00:16 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 今、銭湯の脱衣場と家に戻ってから見た新・情報7daysニュースキャスターという番組を録画の早送りや巻き戻しをして確認したのですが、ニュースワードランキングというお馴染みのコーナーで1位が「認知症JR事故訴訟」となっています。

 何を基準にしたデータなのか今のところわかっていないのですが、「189万6262」というずいぶん大きな数字で1位になっています。

 先ほど2倍速ぐらいで録画を再生していましたが、認知症患者の家族に有利な最高裁判決が出て、ホッとしたという同じ問題を抱える人のとてもうれしそうな姿と声を紹介する場面がありました。1位の割に番組で取り上げた時間は短い感じでした。

 帰る前に銭湯の脱衣場で見た、水族館のラッコでラッコの生態などを紹介したコーナーの方が、ずいぶんと念入りで放送の時間も割いているように感じられました。なかなか特徴というかクセのある番組ではあります。

 弁護士の大々的な宣伝効果という意味では、久々のビッグニュースという今週の話題でした。最高裁判決なのでそれも当然かとは思っていましたが、同じ理屈の判断が適用されるケースがそれほど多いのかという疑問は感じていました。

 それと実に対照的な対極とも思える報道が今週にありました。日付が30分ほど前に変わって日曜日になっていますが、土日を週末、月曜日を週の初めということで、今週という言葉を使っています。

 3,4日前になると思いますが、曜日も思い出せないので、Twilogで調べる必要があります。その日は夜中の2時ぐらいという時間に目がさめて眠れないことになりました。コタツで寝ていて熱くなって目が覚めたのですが、明け方にはずいぶんと冷え込んできました。

 眠るのもあきらめて5時過ぎぐらいにテレビをつけたように思います。そのニュースを見たのは5時半ぐらいだったと思います。その後も6時台、7時台とテレビをつけてニュースの報道を見ていたのですが、何故か同じ報道はありませんでした。

 その報道のことはすぐにネットで調べて確認とTwitterでの記録をしています。2件ほどのネットのニュース記事でしたが、その後はテレビでもネットでも情報は一切、まったく目にしていません。

 怪奇現象と言っては大袈裟ですが、実に不可思議な体験でした。ネットのニュース記事で確認出来たのが精神的な安堵ですらありました。そうでなければ寝ぼけていたのかと自分自身の精神状態を疑いたくなるほどで、拘置所の独房で何度も経験させられた体験に似たものでした。

 調べて確認するのはこれからの作業です。私には検索でネットのニュースを調べて、それをツイートとして記録したという記憶しかありません。また、テレビの報道とネットの報道には違いがありました。それは前回に知った同じ問題の場面に連結するような偶然性があるものです。

 刑事裁判として歴史的と思える内容の報道でしたが、その報道については、少しだけ後回しにして、同じく偶然目にして知ることが出来た「認知症JR事故訴訟」に関する情報をご紹介しておきたいと思います。リツイートとして目にしましたが、リツイートのアカウントは思い出せません。

 元のツイートのアカウントの印象と注目度が強すぎたために、リツイートのアカウントのことが霞んでしまい、記憶に残らなかったのだと思います。元のツイートは「参考資料扱いにした過去の告訴状の下書き」で何度か取り上げた刑裁サイ太という匿名弁護士アカウントです。

 ブロックされていますが、深澤諭史弁護士と同じく参考となる有用な情報を得ることが多いアカウントです。刑事弁護の弁護士として独自の価値観や信念をお持ちの弁護士です。私とすれば病的な思考を有する存在で社会的害悪性も軽視できないと考えているのですが、病者の光学のような発見もあります。

 忘れかけていたコマンドを探しだして使い、次のように調べました。思ったより件数は多かったです。

NS:~/git/kk
hirono_2016
[9979] % h-benngosi_tweet-mysql-opt.rb --clipboard_search
%uwaaaa(サイ太)のツイート%投稿日時%2016-03-03 00:04:00%ツイートのURL% https://twitter.com/uwaaaa/status/705046174198181888 target="_blank">https://twitter.com/uwaaaa/status/705046174198181888 %
%uwaaaa(サイ太)のツイートの内容%
認知症JR訴訟の第1審で「被害者の遺産は預貯金だけで5000万円を下らなかった」という事実が認定されてるんですが、ここらへんが本件の陰のポイントですね。これがなければJRも提訴してなかったろうし、第1審からあさひ法律事務所もつかなかっただろうし。
%データベースへの登録日時%2016-03-03 08:22:38%

>1961kumachin(中村元弥)のリツイート>このリツイートの日時>2016-03-03 05:22:00> URL> https://twitter.com/1961kumachin/status/705126050431283200 target="_blank">https://twitter.com/1961kumachin/status/705126050431283200 >
>1961kumachin(中村元弥)>のツイートとしてのリツイートの内容>
RT @uwaaaa: 認知症JR訴訟の第1審で「被害者の遺産は預貯金だけで5000万円を下らなかった」という事実が認定されてるんですが、ここらへんが本件の陰のポイントですね。これがなければJRも提訴してなかったろうし、第1審からあさひ法律事務所もつかなかっただろうし。
>元のツイートの投稿日時>2016-03-03 00:04:00>元のツイートのURL> https://twitter.com/uwaaaa/status/705046174198181888 target="_blank">https://twitter.com/uwaaaa/status/705046174198181888
>データベースへの登録日時>2016-03-03 08:24:03>

>keita_adachi(弁護士あだちけいた)のリツイート>このリツイートの日時>2016-03-03 05:24:00> URL> https://twitter.com/keita_adachi/status/705126558814482432 target="_blank">https://twitter.com/keita_adachi/status/705126558814482432 >
>keita_adachi(弁護士あだちけいた)>のツイートとしてのリツイートの内容>
RT @uwaaaa: 認知症JR訴訟の第1審で「被害者の遺産は預貯金だけで5000万円を下らなかった」という事実が認定されてるんですが、ここらへんが本件の陰のポイントですね。これがなければJRも提訴してなかったろうし、第1審からあさひ法律事務所もつかなかっただろうし。
>元のツイートの投稿日時>2016-03-03 00:04:00>元のツイートのURL> https://twitter.com/uwaaaa/status/705046174198181888 target="_blank">https://twitter.com/uwaaaa/status/705046174198181888
>データベースへの登録日時>2016-03-03 08:21:42>

>satoshihamada(弁護士 浜ちゃん)のリツイート>このリツイートの日時>2016-03-03 20:11:00> URL> https://twitter.com/satoshihamada/status/705349992706236416 target="_blank">https://twitter.com/satoshihamada/status/705349992706236416 >
>satoshihamada(弁護士 浜ちゃん)>のツイートとしてのリツイートの内容>
RT @uwaaaa: 認知症JR訴訟の第1審で「被害者の遺産は預貯金だけで5000万円を下らなかった」という事実が認定されてるんですが、ここらへんが本件の陰のポイントですね。これがなければJRも提訴してなかったろうし、第1審からあさひ法律事務所もつかなかっただろうし。
>元のツイートの投稿日時>2016-03-03 00:04:00>元のツイートのURL> https://twitter.com/uwaaaa/status/705046174198181888 target="_blank">https://twitter.com/uwaaaa/status/705046174198181888
>データベースへの登録日時>2016-03-03 21:46:05>

SELECT * FROM tw_user_timeline WHERE tweet LIKE '%「被害者の遺産は預貯金だけで5000万円を下らなかった」%' ORDER BY tw_date ASC ;

 上記の通り、弁護士アカウントのリツイートは3件ですが、ブロックされていることを確認しておらず、今のところブロックの可能性は低いと考えているのは、元裁判官でもある旭川の中村元弥弁護士だけです。

 ブロックされていない弁護士アカウントは注目度が低くなるということもあるのですが、中村元弥弁護士のTwitterのタイムラインを開くことは少ないです。それでも時たま見ることがあって、ツイート数も多いほうだと思いますが、いわゆるリア充で愛妻家という印象が強い弁護士です。

 実際、他の弁護士とは違って、生活面でも余裕のある状態で悠々自適のような、弁護士活動をなされているという珍しく特異な存在とも思える弁護士です。とりわけて北海道の過疎地を例にした娘の売春や身売りにまで言及した小倉秀夫弁護士の一連のツイートとは極めて対蹠的です。

 おそらくは常人の想像を絶する理解困難な小倉秀夫弁護士の発言ツイートです。小倉秀夫弁護士の特異性に慣れている人には、またかという感じかとも思いますが、ちょっと探して一例を挙げておきたいと思います。

 関連するキーワードは「過疎地」や「離島」です。初めてになるかと思いますが、「売春」をキーワードに小倉秀夫弁護士のツイートをまとめておきたいと思います。

 「売春」をキーワードにしてデータベースに追加の作業をしましたが、ざっとみたところ9割ぐらいは新規の追加でした。弁護士での組み合わせでも新規の追加がいくつかあって、思った以上の取りこぼしというか見落としが記録の作業にあったことを確認しました。

 作業を完了し、次のブログ記事としてまとめました。

参考資料: 「売春」をキーワードに含む「小倉秀夫弁護士(@Hideo_Ogura)」のツイート・リツイート(2010-04-19 16:11〜2016-01-22 10:21)「100」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/hideo_ogura2010.html

 ちょうど100件というのは驚きましたが、たぶんまとめの作業として初めてのことだと思います。とりあえず1件だけ適当にみつくろって掲載し、ご紹介しておきます。もっと重要な論点や事実経過がある事柄なので、別途独立した項目して後日取り上げたいと思います。

[Hideo_Ogura__20160306_0130_34/100のツイート]
%Hideo_Ogura(小倉秀夫)のツイート%投稿日時%2013-11-04 00:59:00%ツイートのURL% https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/397030256625737728 target="_blank">https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/397030256625737728 %
%Hideo_Ogura(小倉秀夫)のツイートの内容%
つまり、北海道の過疎地に赴任することを義務づけられた弁護士は、おとなしく餓死すればいいと言うことでしょ?RT @rocket_bean: @Hideo_Ogura そこじゃないから問題点は。あなたが「娘を売春させる」と言った事が信用を失墜させたと言っているんです。
%データベースへの登録日時%2016-03-06 01:25:49%

 売春に関わる問題は韓国の慰安婦問題を含めた小倉秀夫弁護士独自の歴史認識に関連したテーマでもあります。弁護士にありがちな傾向性を、小倉秀夫弁護士がクローズアップしてくれているという一面もあって、小倉秀夫弁護士がまるで神様のお使いと見えることさえあるぐらいです。

2016-03-07 月曜日 11:25 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



2016-03-07 月曜日 11:26 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 しばらく中断をしていましたが、中断する前から決めていた内容で再開したいと思います。それは「舞鶴女子高校生殺害事件」のことです。

 事前の用意というのはほぼ毎日やっている作業です。Twitterのまとめとしてブログの記事にしていることがその一つですが、次のブログ記事から2つのツイートをご紹介します。

参考資料: 「舞鶴」をキーワードに含む(法クラ・弁護士・ジャーナリスト関連)のツイート・リツイート(16アカウント、30件、 2014-08-14 19:58〜2016-03-01 06:33)「30」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/1630-2014-08-14.html

[hirono_hideki__20160303_1600_29/30のツイート]
%hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜)のツイート%投稿日時%2016-03-01 06:33:00%ツイートのURL% https://twitter.com/hirono_hideki/status/704419266104262656 target="_blank">https://twitter.com/hirono_hideki/status/704419266104262656 %
%hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜)のツイートの内容%
殺人未遂で懲役25年求刑、大阪 舞鶴事件無罪確定の男 https://t.co/gHYWU7SRpP
%データベースへの登録日時%2016-03-03 15:59:22%

[hirono_hideki__20160303_1600_30/30のツイート]
%hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜)のツイート%投稿日時%2016-03-01 06:35:00%ツイートのURL% https://twitter.com/hirono_hideki/status/704419658250715137 target="_blank">https://twitter.com/hirono_hideki/status/704419658250715137 %
%hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜)のツイートの内容%
知人女性殺人未遂で懲役25年求刑 舞鶴事件無罪確定の中被告 https://t.co/CKfYI6AgZS
%データベースへの登録日時%2016-03-03 15:59:12%

 懲役25年の求刑というニュースは、弁護士や法クラで取り上げたものを確認していません。珍しいことではないのですが、そんな時でも大阪でわいせつ事件の刑事弁護を専門的に取り扱っているという奥村徹弁護士だけは、データベース的にツイートしていることが多かったです。

 法クラからの情報を得られなかったので私自身のツイートを登録し、ネットニュースのリンクを探し出せるようにしました。私のツイートは3月1日の朝6時半ころになっていますが、データベースへの登録時刻は3月3日の15時59分になっています。

 今、奥村徹弁護士のTwitterのタイムラインを遡って、舞鶴女子高校生殺害事件に関するものがないか調べていたのですが、まったくそれらしいものは見つからず、2月29日の見覚えのある次のツイートまで到達しました。

%okumuraosaka(TORU OKUMURA)のツイート%投稿日時%2016-03-01 05:10:00%ツイートのURL% https://twitter.com/okumuraosaka/status/704398286073901057 target="_blank">https://twitter.com/okumuraosaka/status/704398286073901057 %
%okumuraosaka(TORU OKUMURA)のツイートの内容%
海渡雄一弁護士は同日昼、指定弁護士の石田省三郎弁護士から起訴状を受け取り、「すごい証拠がある。(有罪で)いけると思う」東電強制起訴:告訴団「公正な判決を信じている」 - 毎日新聞 https://t.co/FZ1EQvMIoP
%データベースへの登録日時%2016-03-01 13:53:03%

 念を入れて2月27日の次のツイートのあたりまでタイムラインを遡りました。

T:okumuraosaka(TORU OKUMURA):2016/02/27 18:23: https://twitter.com/okumuraosaka/status/703510711939387393 target="_blank">https://twitter.com/okumuraosaka/status/703510711939387393 : 悪徳弁護士続々 必要な資質や矜持をベテラン弁護士が語る|ガジェット通信 https://t.co/k5oPj9z1Il @getnewsfeedさんから

T:okumuraosaka(TORU OKUMURA):2016/02/27 18:17: https://twitter.com/okumuraosaka/status/703509215613030401 target="_blank">https://twitter.com/okumuraosaka/status/703509215613030401 : 逮捕歴「忘れられる権利」認める ネットの検索結果削除、国内初 | 2016/2/27 - 共同通信 47NEWS https://t.co/wle1KqrQIG

 上記のツイートの情報は「k-line--api-twitter.rb」というスクリプトを使っています。-cというオプションを使うとクリップボードに保存したツイートのURLから遡って10件のツイートを上記の書式を適用して取得します。

 -uオプションを指定するとツイートのURLからアカウント名を取り出し、そのアカウントの最新のツイート10件を取得します。--countというオプションも作ってあって1から200件まで指定できるかと思います。

 ほとんど使っていませんがオフセットの指定も出来たかと思います。TwitterのAPIの仕様では16のオフセットを使えるという情報もあったのですが、当初は16で問題なかったものの最近は14ぐらいにしておかないとツイートが取得できないことがあります。

 一度で取得できるツイートが200件で指定できるオフセットが16だと最大3200件ということになります。別のスクリプトでこれをよく使っていたことがあるのですが、3200件というのはなく、3000から3100台で不定の数の取得数になっていました。

 これはTwitterAPIのtimelineというメソッドを使ったツイートの取得方法です。searchのような検索用のメソッドもあったかと思いますが、取得できる範囲に同じような制限があって、実用的でもないので最近は使っていません。

 奥村徹弁護士のTwitterアカウントは、昔、岡口基一裁判官がやっていた「ボツネタ」というブログにかなり似ています。事件事故裁判の速報リンク集のような運営スタイルです。

 見つかりにくいような情報も多数含まれています。今回もたくさんの発見がありました。有用な情報源でもありますが、私が奥村徹弁護士のタイムラインを開くことは多くありません。忘れた頃に開いたり、ブラウザのタブとして開いているときは観ているという感じでした。

 今日は朝早くというか夜中に近い事件に暑くて目がさめ、眠れずに起きていました。その早朝の時間帯に次のツイートのまとめを作成しました。ブログの記事としてのご紹介ですが、同じ内容はテキストファイルとして添付するDVDの記憶媒体に収録する予定です。

参考資料: 深澤諭史弁護士(@fukazawas)のツイート・リツイート(146件、 2016-03-01 18:52〜2016-03-07 00:04:2016-03-07の記録)「1-100/146」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/fukazawas146-20.html
参考資料: 深澤諭史弁護士(@fukazawas)のツイート・リツイート(146件、 2016-03-01 18:52〜2016-03-07 00:04:2016-03-07の記録)「101-146/146」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/fukazawas146--1.html
参考資料: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)(@motoken_tw)のツイート・リツイート(123件、 2016-03-04 20:18〜2016-03-07 00:16:2016-03-07の記録)「1-100/123」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/motoken_tw123-2.html
参考資料: モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)(@motoken_tw)のツイート・リツイート(123件、 2016-03-04 20:18〜2016-03-07 00:16:2016-03-07の記録)「101-123/123」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/motoken_tw123-1.html
参考資料: 小倉秀夫弁護士(@Hideo_Ogura)のツイート・リツイート(302件、 2016-03-02 10:35〜2016-03-07 02:24:2016-03-07の記録)「1-100/302」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/hideo_ogura302-.html
参考資料: 小倉秀夫弁護士(@Hideo_Ogura)のツイート・リツイート(302件、 2016-03-02 10:35〜2016-03-07 02:24:2016-03-07の記録)「101-200/302」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/hideo_ogura30-1.html
参考資料: 小倉秀夫弁護士(@Hideo_Ogura)のツイート・リツイート(302件、 2016-03-02 10:35〜2016-03-07 02:24:2016-03-07の記録)「201-300/302」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/hideo_ogura30-2.html
参考資料: 小倉秀夫弁護士(@Hideo_Ogura)のツイート・リツイート(302件、 2016-03-02 10:35〜2016-03-07 02:24:2016-03-07の記録)「301-302/302」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/hideo_ogura30-3.html
参考資料: 刑裁サイ太(匿名弁護士)(@uwaaaa)のツイート・リツイート(988件、 2010-02-24 13:52〜2016-03-04 21:04:2016-03-07の記録)「1-100/988」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/uwaaaa988-2010-.html
参考資料: 刑裁サイ太(匿名弁護士)(@uwaaaa)のツイート・リツイート(988件、 2010-02-24 13:52〜2016-03-04 21:04:2016-03-07の記録)「101-200/988」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/uwaaaa988-201-1.html
参考資料: 刑裁サイ太(匿名弁護士)(@uwaaaa)のツイート・リツイート(988件、 2010-02-24 13:52〜2016-03-04 21:04:2016-03-07の記録)「201-300/988」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/uwaaaa988-201-2.html
参考資料: 刑裁サイ太(匿名弁護士)(@uwaaaa)のツイート・リツイート(988件、 2010-02-24 13:52〜2016-03-04 21:04:2016-03-07の記録)「301-400/988」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/uwaaaa988-201-3.html
参考資料: 刑裁サイ太(匿名弁護士)(@uwaaaa)のツイート・リツイート(988件、 2010-02-24 13:52〜2016-03-04 21:04:2016-03-07の記録)「401-500/988」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/uwaaaa988-201-4.html
参考資料: 刑裁サイ太(匿名弁護士)(@uwaaaa)のツイート・リツイート(988件、 2010-02-24 13:52〜2016-03-04 21:04:2016-03-07の記録)「501-600/988」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/uwaaaa988-201-5.html
参考資料: 刑裁サイ太(匿名弁護士)(@uwaaaa)のツイート・リツイート(988件、 2010-02-24 13:52〜2016-03-04 21:04:2016-03-07の記録)「601-600/988」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/uwaaaa988-201-6.html
参考資料: 刑裁サイ太(匿名弁護士)(@uwaaaa)のツイート・リツイート(988件、 2010-02-24 13:52〜2016-03-04 21:04:2016-03-07の記録)「701-800/988」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/uwaaaa988-201-7.html
参考資料: 刑裁サイ太(匿名弁護士)(@uwaaaa)のツイート・リツイート(988件、 2010-02-24 13:52〜2016-03-04 21:04:2016-03-07の記録)「801-900/988」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/uwaaaa988-201-8.html
参考資料: 刑裁サイ太(匿名弁護士)(@uwaaaa)のツイート・リツイート(988件、 2010-02-24 13:52〜2016-03-04 21:04:2016-03-07の記録)「901-988/988」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/uwaaaa988-201-9.html

 刑裁サイ太についてまとめておこうと思ったのは小倉秀夫弁護士と共通していますが、「国選弁護」の制度の現状に対する資料としての価値が高いということです。肯定的な意味での価値ではなく、客観的な資料としての価値です。

 作業の終盤でしょうか「旗幟鮮明」という言葉を想い出しました。それはTwitterのプロフィールの名前やカバー写真の画像に文字情報を含めて表明しております。

 奥村徹弁護士のことで久しぶりに思い出したのですが、データベース登録済みか今から調べてみたいと思います。

精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。/(TORU OKUMURA) | 告発-金沢地方検察庁御中2015 http://bit.ly/1TCSPMa

 上記の検索で見つけたページからツイートのURLを得て調べたところ、すでに登録済みのようでした。

 次のようにデータベースで奥村徹弁護士のついて調べてみました。

[9958] % mysql -u root benngosi
twitter -e 'SELECT user FROM tw_user_timeline ORDER BY user ASC\G'|grep okumuraosaka|wc -l
9279

 上記は自動登録用のtw_user_timelineというテーブルのデータです。9279件となっています。最初は先ほどご説明に触れたオフセットを使って3200件に近いツイートを登録したように思います。

 次はtw_user_tweetというテーブルで同じように調べてみました。702件となっていて、これだと取り扱いに問題のない数かと思います。

[9959] % mysql -u root benngosi_twitter -e 'SELECT user FROM tw_user_tweet ORDER BY user ASC\G'|grep okumuraosaka|wc -l
702

 昨年中の「参考資料扱いにした過去の告訴状の下書き」には何度かご説明を書いていると思いますが、 tw_user_tweetというテーブルは基本的に、内容を読んだ上で記録の必要を判断し登録したツイートです。

 昨日あたりにもご説明を書いたように思いますが、最近はこの原則が崩れつつあります。深澤諭史弁護士とモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士のツイートは全件を記録するようにしました。

 作業としてはアカウント名(例:motoken_tw)を含んだツイートのURLをクリップボードに保存してから次のコマンドを実行しています。元は3つのコマンドを一つずつ実行していましたが、コマンドをつなげて一つのコマンドで実行するようになりました。

[9952] % k-line--api-twitter.rb -u --count=40 > t && cat t |sed -ne 's%^[T:|R:].[:|>][0-9]{4}/../.. ..:..[:|>] (https://twitter.com[^ ]+) [:|>].%\1%p' > l && for i in cat l; do k4-tweet-add-mysql-uniq-argv.rb $i; done

 元となるのはk-line--api-twitter.rb -u --count=40 > tというコマンドです。先ほどご説明したところ思いますが、ここでは40件の取得件数を指定しています。

 スクリプトではTwitterAPIからデータ取得する前に、データベースにツイートのURLが存在しないか確認しています。存在した場合は「既にデータが存在します。」というメッセージを出してAPIの処理をスキップするようにしています。

 奥村徹弁護士は性犯罪事件での被害者やその家族との示談交渉も多く手がけている様子で、過去にはとても考えさせられたり、衝撃的な内容の発言をツイートとしてやっていました。最近はそういう主観的な考えを述べるツイートは減っているような印象も受けています。

 昼食もまだですが、奥村徹弁護士のツイートも参考資料としての正確性を担保するため記録保存をしておこうと思います。

[9958] % bin/tw_user_tweet-sql-search-make-text-html.rb --full_sql="SELECT * FROM tw_user_tweet WHERE tw_date BETWEEN '1016-03-02 10:35' AND '3016-02-24' AND (user LIKE \"okumuraosaka\") ORDER BY tw_date ASC"|xsel -b

 上記のコマンドを実行しました。1016年から3016年というありえない期間を指定していますが、全件取得するための指定です。

 ブログに投稿してから一つずつ記事を開き、ページを開いた状態ではてなブックマークに登録していました。Twitterへの投稿を設定していて、長すぎる文字列をツイートの文字数の制限内にまとめてくれるので重宝しています。そのツイートとして掲載します。

T:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜):2016/03/07 13:56: https://twitter.com/hirono_hideki/status/706705021681799169 : “参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「70…” https://t.co/ojQXpGjjI6 #ココログ/金沢地検

T:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜):2016/03/07 13:55: https://twitter.com/hirono_hideki/status/706704830006325249 : “参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「60…” https://t.co/nojbiQBoCH #ココログ/金沢地検

T:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜):2016/03/07 13:54: https://twitter.com/hirono_hideki/status/706704640264372225 : “参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「50…” https://t.co/R6iQUAyiFl #ココログ/金沢地検

T:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜):2016/03/07 13:53: https://twitter.com/hirono_hideki/status/706704388539068416 : “参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「40…” https://t.co/wNa4259Xhr #ココログ/金沢地検

T:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜):2016/03/07 13:52: https://twitter.com/hirono_hideki/status/706704155268616192 : “参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「30…” https://t.co/pkHalWXP0J #ココログ/金沢地検

T:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜):2016/03/07 13:52: https://twitter.com/hirono_hideki/status/706704039904284673 : “参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「20…” https://t.co/9nSLGdoW2m #ココログ/金沢地検

T:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜):2016/03/07 13:51: https://twitter.com/hirono_hideki/status/706703912183529473 : “参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「10…” https://t.co/89eq8JdIVK #ココログ/金沢地検

T:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜):2016/03/07 13:51: https://twitter.com/hirono_hideki/status/706703741714497536 : “参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「1-…” https://t.co/90zHuoilWy #ココログ/金沢地検

 これではわかりづらくもあるので、やはりこれまでどおり、ブログのタイトルとURLを掲載しておきます。

参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「1-100/702」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/toru-okumuraoku.html
参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「101-200/702」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/toru-okumurao-1.html
参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「201-300/702」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/toru-okumurao-2.html
参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「301-400/702」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/toru-okumurao-3.html
参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「401-500/702」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/toru-okumurao-4.html
参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「501-600/702」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/toru-okumurao-5.html
参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「601-600/702」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/toru-okumurao-6.html
参考資料: TORU OKUMURA(@okumuraosaka)のツイート・リツイート(702件、 2009-09-04 17:55〜2016-03-06 23:31:2016-03-07の記録)「701-702/702」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/toru-okumurao-7.html

 ちょっと迷ったのですがTORU OKUMURAという奥村徹弁護士のTwitterのプロフィールの名前をそのまま使いました。重要度の高いアカウントはスクリプトの処理で、もっとわかりやすい特定した名前に変換しています。

 次がスクリプトというかプログラムで処理をしている部分です。

$sname = u.screen_name
case $sname
when "motoken_tw" then
$name = "モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)"
when "yjochi" then
$name = "落合洋司弁護士(東京弁護士会)"
when "fukazawas" then
$name = "深澤諭史弁護士"
when "Hideo_Ogura" then
$name = "小倉秀夫弁護士"
when "uwaaaa" then
$name = "刑裁サイ太(匿名弁護士)"
when "lawkus" then
$name = "ローカスこと実質実名弁護士"
when "amneris84" then
$name = "ジャーナリストの江川紹子さん"
when "nobuogohara" then
$name = "郷原信郎弁護士"
end

 それでは次に、奥村徹弁護士の精神鑑定に関するツイートを探しだしてご紹介したいと思います。たぶん、というか余り記憶に自信は持てないですが、「参考資料扱いにした過去の告訴状の下書き」には取り上げているかもしれません。それを探してみるのも目的です。

[okumuraosaka__20160307_1340_69/702のツイート]
%okumuraosaka(TORU OKUMURA)のツイート%投稿日時%2011-05-28 14:15:00%ツイートのURL% https://twitter.com/okumuraosaka/status/74342961147674624 %
%okumuraosaka(TORU OKUMURA)のツイートの内容%
精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。
%データベースへの登録日時%2015-10-07 20:59:43%

 DVDに収録予定のディレクトリ(ファルダ)は、今年つまり2016年になってからkk_hirono_2016というものにしました。それ以前は「kk_hirono」です。まずは現在の作業環境で調べてみます。

[9968] % grep -r 'とっぽどおかしい' ./
./kokuso_2016.org:精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。/(TORU OKUMURA) | 告発-金沢地方検察庁御中_2015 http://bit.ly/1TCSPMa
./kokuso_2016.org:精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。
./tweet-text_html_6.org:精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。
./tweet-text_html_6.org:



 次は過去の作業環境にディレクトリを移動して同じコマンドを実行しました。

[9971] % grep -r 'とっぽどおかしい' ./
.org
./index.org:RT @okumuraosaka: 精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。
./index.org:これは貴重なご意見です。再審請求の資料として援用させてもらいます。http://ow.ly/54Zy3 こちらが対象です。→http://ow.ly/i/caaq 四苦八苦です。 RT @okumuraosaka: 精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。
./index.org:精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。 http://s-hirono.blogspot.jp/2011/11/blog-post_5883.html
./index.org:さきほどご紹介した奥村徹弁護士の「精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。」という発言に通じるところがありますが、それが弁護士の刑事裁判の専門家としての見方なのでしょう。

 拡張子がorgというファイル名に対象を限定しました。すべてのファイルを対象にするとものすごい数のヒットで、端末の画面が文字列で埋め尽くされました。

 grepコマンドはUNIX環境でスタンダードな文字列検索のコマンドです。定番なのでオプションも豊富です。普通に使うとマッチした文字列がある一行だけが表示されます。前後の行数も合わせて表示するオプションがあります。たまにしか使わないので、ちょっと調べます。

 「grep --help」で調べました。普通は「-h」でもいけるはずですが、--helpにしてくれとメッセージが出ていました。この手のコマンドのヘルプオプションは英語表記が多いのですが、日本語になっていました。アップデートで変わったのかもしれません。

前後の表示に関する制御:
-B, --before-context=NUM 一致した前の NUM 行を表示する
-A, --after-context=NUM 一致した後の NUM 行を表示する
-C, --context=NUM 一致した前後 NUM 行を表示する

 -Cというオプションは初めて見たもので使ったことがない気がします。コマンドのオプションは、これまでネット検索で調べることが多く、理由は英語ばかりだとわかりづらく探しにくかったからです。

 さっそくですが、-Cオプションを使ってみたいと思います。

 検索結果をテキストで貼り付けても、何をやっているかわかりづらくなっているので、コマンドを実行した端末の画面をスクリーンショットとしてご紹介したいと思います。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-07 14:48 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/706718113014788097
2016-03-07-144817_% grep -r -C 2 ’とっぽどおかしい’ 。/*。org.jpg https://t.co/IGYe0nXqit

 簡単に昼食を済ませていましたが、その間に「懲役25年 舞鶴」でTwitter検索をやってみることが頭に浮かんできました。実行したものをスクリーンショットにしたところですが、思ったより数が少なく、3枚のスクリーンショットで事足りました。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-07 15:17 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/706725495962906625
2016-03-07-151738_懲役25年 舞鶴 - Twitter検索.jpg https://t.co/2WRLUybB9z

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-07 15:17 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/706725422126333952
2016-03-07-151721_懲役25年 舞鶴 - Twitter検索.jpg https://t.co/MbXJ8KMMyw

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-07 15:17 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/706725345232195584
2016-03-07-151702_懲役25年 舞鶴 - Twitter検索.jpg https://t.co/o65K4aQLXZ

 次は舞鶴女子高校生殺害事件に関する奥村徹弁護士のツイートのスクリーンショットです。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-07 15:26 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/706727800720347136
2016-03-07-152648_TORU OKUMURAさんはTwitterを使っています: ”最高裁第一小法廷平26。7。8決定 舞鶴女子高校生殺害事件 女子高校生に強い.jpg https://t.co/PtzgUcHETJ

 ツイートはWebページのタイトルとして取得したものを次に掲載します。

TORU OKUMURAさんはTwitterを使っています: "最高裁第一小法廷平26.7.8決定 舞鶴女子高校生殺害事件 女子高校生に強いてわいせつな行為をして殺害したとして起訴された事案につき" https://twitter.com/okumuraosaka/status/558404561950347265

 このツイートもデータベースへの登録を忘れていました。さきほど登録を実行したところ登録に成功したので、新規の登録だったことになります。

 この奥村徹弁護士のツイートはその内容より登録日時に注目したいです。スクリーンショットで確認できると思いますが「15:23 - 2015年1月22日」となっています。

 上記の奥村徹のツイートは私の見当違いでした。私のTwilogで符合する情報のツイートを探したところ一致するものがなく、別の日付のツイートして見つけることができました。次のツイートです。

廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜さんはTwitterを使っています: "東京新聞:大阪、わいせつ致傷罪に変更へ 女性刺傷事件:社会(TOKYO Web) http://t.co/DVyu3tukB5 中被告は京都府舞鶴市の女子高生殺害事件で逮捕、起訴され、今年7月に無罪が確定した。" https://twitter.com/hirono_hideki/status/542309283531325440

 ニュース記事はリンク切れになっていました。

 再び「"舞鶴" from:okumuraosaka - Twitter検索 http://bit.ly/1OXe82S 」で調べたのですが、「5:26 - 2014年12月9日」に近接するツイートはありませんでした。

 私の記憶では奥村徹弁護士のTwitterのタイムラインで舞鶴女子高校生殺害事件の過去の判例情報のようなツイートが目に入り、気になって舞鶴女子高校生殺害事件をGoogle検索で調べたところ、「わいせつ」で追起訴されたような情報を発見したのです。

 スクリプトを修正というか機能を追加しました。

[9956] % k-line--api-twitter.rb -y
ツイート:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜):2014/12/09 22:26: https://twitter.com/hirono_hideki/status/542309283531325440 : 東京新聞:大阪、わいせつ致傷罪に変更へ 女性刺傷事件:社会(TOKYO Web) http://t.co/DVyu3tukB5 中被告は京都府舞鶴市の女子高生殺害事件で逮捕、起訴され、今年7月に無罪が確定した。

 これで3200件より前の過去のツイートも投稿日を含めた情報でツイートの取得が出来るようになりました。2014年12月9日の投稿日になっています。

 16時23分になっていますが、今になってテレビのドラマ「白い巨塔」のことを思い出してチャンネルを変えました。録画予約を入れておくことも考えていたのですが、すっかりと忘れていました。

 テレビに「大阪市医師会館」というような看板が出てきました。「白い巨塔」のドラマの舞台が大阪だったとは意外で、大阪弁というのも聴いていない気がします。

 リメイクされた唐沢さんが財前教授役の白い巨塔の撮影、放映時期についてまだ医師と弁護士が最高峰のようなステータスの時代であったかもしれないと考えていたのですが、唐沢さんが携帯電話を手にする場面が出てきました。

 そういえば西田敏行のやっている役柄は大阪弁でした。もう一人の地位の高そうな人物も大阪弁でした。料亭の座敷のような場面でした。その後は、法律事務所での相談の場面で、無理だと軽く言われながら1万円の請求を受けていました。

 財前教授の総回診という場面が出てきました。1回や2回の場面ではなかったのかもしれません。訴訟委任状が出てきました。「関口」という弁護士の名前が見えました。

 リメイクされた白い巨塔について、ちょっと調べておきたいと思います。医療裁判のことはモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士の間でも論争のようになっていたことがあり、深澤諭史弁護士の医療に対する見方、考え方にも特異なものを感じています。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://bit.ly/1nqGWu4 白い巨塔 (2003年のテレビドラマ) - Wikipedia

山崎豊子原作の同名小説4度目のテレビドラマ化。近年のプライム枠の連続ドラマとしては珍しい半年間放送の大河ドラマ形式で、2003年10月9日から12月11日まで第一部が放送され、2004年1月8日から3月18日までは第二部が放送された。全21回(第一部全10回、第二部全11回)。本編総時間は約18時間45分で、DVDおよびVHSソフト化されている。

最終回の翌週の3月25日には特別編として、これまでのダイジェストと柳原弘のその後が描かれた。

また、2004年12月17日、12月24日、12月30日には3週連続で白い巨塔アンコール(総集編)が放送された。 その後BSフジやフジテレビCSHD、地上波「チャンネルα」(2009年10月-11月)、同「ドラマチックα」(2014年1月)で本来の姿といえるハイビジョン放送が行われた。また、フジテレビ721でも16:9レターボックス(画角情報は4:3)で再放送された。

原作での時代設定は1960年代となっているが、本作での時代設定では現代(放送当時の2003年)に置き換えている。

(引用終了)

(引用開始)
引用URL>>>>:http://bit.ly/1nqGWu4 白い巨塔 (2003年のテレビドラマ) - Wikipedia

各回、軒並み20%を超える高視聴率を記録し、最終回の視聴率は多くの地域で30%を超えるなど反響を呼んだドラマであった。

また、最終回の視聴率32.1%は、1978年の田宮二郎版の最終回31.4%を上回り、記録でも連続ドラマの歴史に名を残すことになった。

背景として、放送開始の数年前より次々と表沙汰となった医療過誤問題を取り扱っていることもあり、山崎自身も、執筆当時はフィクションとして書いたことが、現実として起こっている状況に驚きをもっていた(ただし執筆当時、山崎は医療過誤よりも大学病院医局内の封建制にも似た師弟関係や権力闘争に主眼を置いていた)。

また、原作に即して大阪の浪速大学を舞台にしているが、大阪でのロケは初回のわずかなシーンだけで、関西弁を話す登場人物も、財前又一(義父)や岩田重吉(医師会長)など極僅かである。

(引用終了)

 2箇所を部分引用しました。知らなかったことばかりですが、思っていた以上に人気というか反響のあったドラマのようです。「最終回の視聴率32.1%は、1978年の田宮二郎版の最終回31.4%を上回り」とあります。自分としては1978年のドラマしか記憶にありません。

 リメイクがあったことだけ知っていました。2003年10月から2004年3月18日といえば、平成15年から平成16年で羽咋市のアパートに住んでいた頃です。当時、テレビのドラマというのはほとんど見たことがなく、情報番組か報道番組ぐらいでした。

 そういえばここ一月ぐらいの間に、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が家にテレビがないというツイートをしていました。鹿児島大学で准教授をやっているという坂本正幸弁護士は、かなり前から何度かテレビを持っていないというツイートはしていました。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が法科大学院の特任教授であったことは、昨日あたりの小倉秀夫弁護士のツイートでも見かけていました。確認はしていませんが、2004年当時であればすでに特任教授であったという可能性もありそうです。

 私は大学どころか高校も卒業しておらず、大学とはまったく無縁で想像もつかない世界ですが、一つだけ縁があったといえば、平成9年の秋頃に受験した宅地建物取引主任の試験会場が石川郡野々市町(現在は野々市市)の金沢工業大学で、校舎のような教室に入ったことでした。

 奥村徹弁護士の話に戻します。2014年12月9日のツイートを奥村徹弁護士のTwilogから調べました。判例情報のことなど別の事件のことなど私に記憶の混同があったのかもしれません。それと思われるツイートを一つ発見することが出来ました。

ツイート:okumuraosaka(TORU OKUMURA):2014/12/09 23:42: https://twitter.com/okumuraosaka/status/542328430155407360 : 殺意はどこいったんや・・・・ 大阪の殺人未遂事件、わいせつ致傷に変更 http://t.co/b4hFHZUo5c @nikkansportscomさんから

 これもリンクのニュース記事がリンク切れになっているので確認できませんが、舞鶴女子高校生殺害事件で無罪になった元被告人のことだと思われます。ここでは訴因変更となっていますが、先日の求刑は殺人未遂も含められていたものと考えられます。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/227629 殺人未遂で懲役25年求刑、大阪 舞鶴事件無罪確定の男 - 西日本新聞

殺人未遂や強制わいせつ致傷などの罪に問われた無職中勝美被告(67)の裁判員裁判の論告求刑公判が29日、大阪地裁(長瀬敬昭裁判長)で開かれ、検察側は懲役25年を求刑した。弁護側は無罪を主張して結審した。判決は3月4日。

(引用終了)

 確認のためもう一度調べたのですが、ここで驚く発見がありました。上記に引用した部分ですが、判決が3月4日となっています。今日は3月7日の月曜日なので、先週のうちに判決が出ていることになります。テレビでも情報でもこの裁判の情報はまったく目にしていません。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.news24.jp/articles/2016/03/04/07324007.html 無罪確定の中勝美被告 別事件で懲役16年|日テレNEWS24

これまでの裁判員裁判で中被告は正当防衛だとして無罪を主張していたが、4日の判決で大阪地裁は、中被告の供述が「不自然、不合理で信用できない」として、正当防衛は成立せず、殺意があったと認定した。

 その上で「女性の人格を無視した身勝手極まりない犯行で全く反省がうかがえない」として中被告に懲役16年を言い渡した。

(引用終了)

 どうも上記のニュース記事には求刑のことは書いていないようです。懲役25年の求刑が懲役16年の判決になったというのも珍しい気がしますが、9年も減った理由が書いてなく「全く反省がうかがえない」としています。

 求刑のニュースを見た2,3日後に、すでに取り上げている三鷹ストーカー事件の差し戻し審の報道があって、ミヤネ屋という14時ころからの情報番組で、住田弁護士が求刑が異常に重すぎたとか、弁護側は懲役16年が妥当と主張しているとか解説をしていました。

 録画していたので油断してあまりよく見ていなかったのですが、録画した内容のことを忘れて他の番組と一緒にまとめて削除してしまいました。住田弁護士は法律の専門家として、被害者が一人の殺人では重すぎるとか異例とか言っていました。確認できなくなったのが残念です。

 今、手を休めて神戸の女児殺害事件の初公判の報道を見ていたのですが、殺人と死体遺棄を認めながらわいせつ目的を否認していると、これは他の番組でも見ていたのですが、弁護側はというようなアナウンスと同時にカメラを向けられた席が満席に近い状態でした。

 カメラが向けられたのは傍聴席から向かって左側で、これは通常、検察官の席が多いはずです。仮に検察官の席だとしてもあり得ないぐらいの人の数でした。まるで雛壇に並ぶようになっていて、刑事裁判でそれだけの数を見たのは、光市母子殺害事件の差し戻し審以来かと思いました。

 ちょうど弁護士というのはまるで死者の墓場をあさり食い物にする地獄絵図のようなものかとぼんやりと考えていたところなので、余計に驚きました。「仲良くなりたかっただけ」という主張は、今日になって何度も繰り返しテレビで見ていました。

 Googleで「神戸 初公判」で検索しました。リンクを開いた2つ目が次の記事です。初公判前の報道のようですが、遺族の心情など書いてあったので一部引用しておきたいと思います。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160307/k10010433931000.html 神戸 女児誘拐殺人事件 きょう初公判 NHKニュース

初公判を前に、殺害された女の子の母親が報道機関に談話を寄せました。
この中では「私たち遺族は、いまだに娘の死を受け入れることはできていません。娘が着ていた洋服、娘が気に入っていた人形は、そのまま置いてあります。何も悪いことをしていない娘がなぜ殺されなければならなかったのか、全く納得できていません」とつづっています。
そのうえで、遺族として裁判に参加することについて「裁判に参加するのは、何よりも真実が知りたいからです。娘がなぜ殺されなければならなかったのか、被告がなぜこのようなひどいことをしたのかを知りたいからです。被告には、自分のことばで真実を語ってほしいと思います」としています。

(引用終了)

 次が初公判後の報道です。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H26_X00C16A3CC0000/ 被告、わいせつ目的を否認 神戸女児殺害初公判  :日本経済新聞

冒頭陳述で検察側は、君野被告は犯行直前まで「幼い女児が登場するアダルトサイトなどを昼夜問わず見続けていた」と指摘。犯行時に飲酒していたとされる点については、「(飲酒が事件に)大きな影響は与えなかった」と述べた。

 一方、弁護側は「女児に声を掛けたのは、話し相手や友達になってほしかったからだ」と反論。「誘拐した時点でわいせつ目的があったと考えるのは無理がある」として未成年者誘拐罪にとどまると主張した。その上で「被告は当日朝から飲酒していた。犯行は計画的でなかった」と述べた。

(引用終了)

 「誘拐した時点でわいせつ目的があったと考えるのは無理がある」という弁護士の主張内容はテレビで見ていないと思います。この事件も被疑者が逮捕された頃は、連日の報道がありました。かなり猟奇的な事件で、同じ兵庫県で校門に被害者の生首を置いたという事件のことなど思い出した記憶があります。

 今日のテレビの報道といくつか見た主要ニュースでは記憶が喚起できず、確認のため調べて見つけたのが次に引用する部分です。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-00000528-san-soci 神戸小1女児殺害初公判 「わいせつ目的の記憶ありません」起訴内容の一部否認 神戸地裁 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

起訴状によると、君野被告は26年9月11日午後3時半ごろ、長田区の路上で女児に「絵のモデルになってほしい」などと声をかけて自宅に連れ込んだ後、首をロープで絞め、包丁で刺して殺害。同月16日までに女児の遺体を損壊し、ポリ袋に小分けして自宅近くの草むらに遺棄したとしている。

(引用終了)

 いわゆるバラバラ殺人で、どの程度かわかりませんが遺体を切り刻んだと考えられます。わいせつ行為の痕跡を立証するなど不可能に近いのかもしれません。無期刑と有期刑の分かれ目として少しでも言い逃れをしたい気持ちは理解できなくはないですが、弁護団らしき数の多さに圧倒されました。

 動画配信のネットニュースもありそうなので、それを探して法廷の様子を確認したいと思います。さきほどのテレビの報道では、傍聴席からみた右側の状況が確認できませんでした。

 とても短い時間で、一時停止ボタンを使うことで確認が出来ましたが、次のニュース記事のページにある動画の再生52秒あたりの場面です。右側は一列の机で全て空席という状況です。3人の裁判官も着席しているのに、これもなかなか異様な光景です。

「神戸・小1女児殺害 初公判、わいせつ目的は否認」 News i - TBSの動画ニュースサイト http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2720055.html

 ざっと数えたところ傍聴席から向かって左側の席は9人いるようです。さきほどテレビで見たものとは角度が違って、より正面に近い角度からの撮影でしたが、机が3壇になっていて、ギュウギュウ詰めではなかったですが、埋め尽くしに近い感じに見えました。

 次に見つけたニュース動画も短い時間ですが、再生41秒あたりで左側の席には一人しかいないことがわかりました。傍聴席の後ろから法廷全体を撮影した映像で、起立してから礼をした状況で始まり、着席したところまで映されています。人が重なって見える部分があるので、人数の確認は難しい。

 2,3日前に平成4年の事件の控訴審の法廷の状況のご説明をしたかと思います。控訴審なので名古屋高裁金沢支部ですが、法廷も含め金沢地方裁判所と同じ並びとつくりの法廷だったと思います。それと同じく、この神戸の法廷でも裁判官の席に向かって左側に出入り口が見えます。

 右側には出入り口が見当たりません。昔の金沢地方裁判所の庁舎では、右側がテニスコートのある中庭になっていて、そちらに面した法廷の右側は壁ではなく、被告人の連行用の通路との間もガラス窓のようになっていて、天気のよい日は、木漏れ日も入って法廷内が明るかったという記憶です。

 全体的にも古い西洋風のつくりの内装だったように思います。短編アニメ「ダム・キーパー」で、ブタの少年が放課後に一人で机に座る教室の場面があって、iTunes‎で購入したカバーにもなっていましたが、よく似た雰囲気のある窓だと思っています。

 法廷における検察官と弁護人の席は、2,3年ぐらい前にも法クラの間で議論になっていました。こたんせ、のツイートだけ記憶に残っています。それとは別に自分で何度か調べたことがあるのですが、唯一それらしいと納得出来る理由が、傍聴人の出入りする通路の側が検察官の席というものでした。

 それを私が細かく調べたのは理由があって、平成11年の被害者AAさんの父親AKさんの傷害事件での控訴審の公判において、国選弁護人だった小堀秀行弁護士が通路側の普通、検察官のいる席に座り、名前は忘れ声もほとんど記憶のない肩幅の広い立派な体格の検察官が窓側の席にいたのです。

 弁護人と検察官が示し合わせをしたとしか考えられない光景でした。どちらから持ちかけた話なのか、それも私にはわかりようがありません。

 小堀秀行弁護士に関しては「参考資料扱いにした過去の告訴状の下書き」に記憶にある一通りのことを書いたと思います。事件を起こす前に、法律相談に行った弁護士で相談料を支払ったのもその時だけで、30分の延長だったと思いますが、税込みで1万500円だったと思います。

 再審請求の相談をしたのですが、受任してもよいと言ったのも小堀秀行弁護士だけで、条件として着手金だけで100万円。その上で、土地の境界争いの話をされ、こだわりを捨てきれないモノ好きが世の中にはいるものだというような話をされたので、まともに相手にされたとは思えませんでした。

 時刻は19時49分になっています。テレビのチャンネルを変えるとオレオレ詐欺事件の公開捜査をやっていました。今日はテレビ欄の確認もやっておらず、夕食もまだです。お米を研いで炊飯の準備をし、昼食の洗い物を済ませて戻ったところです。

 改めて考えてみると、国選弁護人だった小堀秀行弁護士から席を変わろうともちかけるはずなどなく、名古屋高検金沢支部の検察官からの持ちかけであったと考えるのが自然です。

 高検の検察官は胸板の厚いごつい体型の人でした。名前は知らないというか憶えられないですが、北海道出身の年配の俳優で最近ではケンミンショーに北海道代表として見ることの多い人に体つきが似ていると思います。昔は、時代劇の殿様役で見ていた憶えのある俳優です。

 「ケンミンショー 北海道」で画像検索すれば、名前を見つけることが出来そうです。

 画像検索で食べ物ばかりが出てきたので、「俳優」をキーワードに追加しました。それでかろうじて見つかったという感じです。

伊吹吾郎 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%90%B9%E5%90%BE%E9%83%8E

 昔の時代劇で立派な服装の殿様役で見ていたという印象が強かったのですが、上記のページによると水戸黄門の角さん役を長くやっていたようです。

 その俳優の人と体格はよく似ていましたが、見た目の印象はまるで違っていました。フレームの厚い黒縁メガネで、体を丸めがちでいつも俯いていて、声も聞き取りにくい小声で言葉も少なかったという印象です。冴えない感じに見えたのですが、それが不自然な演出にも思えました。

 控訴審なので平成12年になっていたかと思いますが、当時の名古屋高裁金沢支部の法廷は、前原捷一郎裁判長の容姿が特徴的過ぎて、そちらに気を取られ、他に集中しづらかったということもあり、公判の内容はほとんど記憶になく、平成4年の事件と違って資料もほとんど残っていません。

 人の容姿をとにかく言うことはよくないことだとわかっていますが、それにしても強烈に印象的でした。前にも見た覚えがあるのと同じですが、次のページに前原捷一郎裁判長の写真があります。テレビの静止画のようです。

理不尽スクープ     : 前原捷一郎裁判長 http://bit.ly/1r7JnjD

 真正面からの撮影なのでそれほど奇抜には見えませんが、法廷で見ていた時はまるで七福神に出てくる置物のような頭のかたちに見えました。仙人にも見える人で、現実離れしている夢の世界に自分が迷い込んでいるような錯覚をおぼえる気分にもなったのです。

 頭の形の前原捷一郎裁判長の容姿だけではなく、法廷における態度を含めて私には理解に苦しむものがあったと記憶に刻まれています。裁判長の方が、私のことをすごく不思議な人間として見ているようにも思えました。

 Googleで検索をすると「七福神 頭が長い」とサジェストが出てきました。日本の神様と思い、どうかと思ったのですが仙人のようです。仙人といえば中国の昔話というイメージが個人的に強かったからです。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1299569507 七福神の一人は何故頭が長いんですか?http://im... - 一般教養 | Yahoo!知恵袋

福禄寿ですか。中国伝説の仙人です。無数の知恵を積み重ねていくうちに頭が大きくなったとか

(引用終了)

 私の公判の時、前原捷一郎裁判長は頭が混乱し、動揺しているように見えることもありました。同じ名古屋高裁金沢支部の裁判長であった小島裕史裁判長は、威圧や余裕の印象しか受けず、迷いのようなものは微塵も感じられなかったので、同じ高裁の裁判長でも対蹠的でした。

 小島裕史裁判長の年齢がわからないのですが、80代になってボケている可能性もあるのかと考えていましたが、まだ70代で見当識もしっかりしているのかもしれないと考えるようになってきました。本告訴状で殺人未遂の被告訴人にします。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.e-hoki.com/judge/1094.html?hb=1 裁判官検索:小島裕史 | 法律情報サイト e-hoki

所属



定年退官

異動履歴


H.14. 3. 9 定年退官
      ~ H.14. 3. 8  名古屋高裁

(引用終了)

 他に例のない中途半端な経歴になっていました。平成14年に名古屋高裁を退官したように読めますが、神奈川県で簡易裁判所の裁判官になったという情報を見た覚えがあります。あえて簡裁の判事になるのは定年を先延ばしにするのが目的とも、読んだ情報には書いてありました。

 久しぶりの検索で結果をちょっとだけ見たところですが、確か三菱トラックの大型車のタイヤが走行中にはずれて起きた死傷事故の裁判で、ネットに取り上げられていたと思います。

 古い情報ですが見つかりました。全部は読まなかったですが、具体的で詳しいことが書いてあります。死傷事故で簡裁というのも変だと思ったのですが、事故に関連した別の裁判だったようです。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/?no=230&m Because It's There 三菱ふそう元会長らに無罪判決(横浜簡裁平成18年12月13日判決)

 「三菱ふそう元会長ら無罪 虚偽報告踏み込まず 横浜簡裁
2006年12月13日13時23分

 三菱自動車製大型車の欠陥をめぐる道路運送車両法違反事件の13日の横浜簡裁判決で、小島裕史裁判官は、元三菱ふそうトラック・バス会長(当時、三菱自副社長)宇佐美隆被告(66)ら3人と法人としての三菱自をいずれも無罪とした理由について、同法に基づく国土交通相の報告要求が存在せず、犯罪は成立しないと説明した。検察側は控訴する方針。

 三菱自側の報告が虚偽の内容だったかどうかが焦点だったが、小島裁判官はこの部分の認定には踏み込まなかった。

(引用終了)

 2006年12月の記事と書いてあります。簡裁の裁判官の定年は65歳と前に見た情報には書いてあったような気がします。仮に2006年の時点で65歳だったとしても、今は2016年で75歳。実際は、それより2,3歳は若い可能性がありそうなので、これは真実追求の期待も幾分高まる朗報です。

 時刻は20時57分です。まだ炊飯器のスイッチも入れていません。夕食が遅くなりそうです。気がついてモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士のタイムラインを見たのですが、どちらも今日は更新の数がずいぶん少なそうです。

 時刻は23時10分になっています。さきほどつけたテレビでは「#保育園落ちたの私だ」という特集をやっていて、ちょうど今終わったところです。NEWS23という番組です。Twitterのハッシュタグで匿名に反発した人が声を上げ始めたとのことです。

 テレビで保育所問題の特集を見ているのと同じ時間、パソコンで落合洋司弁護士(東京弁護士会)のブログの記事を読んでいて、これも考えさせられました。落合洋司弁護士(東京弁護士会)のコメント部分を全て次に引用します。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20160304#p2 2016-03-04 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日

私は検事として被疑者、被告人を見た後に、弁護士として見るようになって、両面から見てきているのですが、勾留中で取り調べを受けている被疑者は、通常ではない心理状態になっていることが多く、自責の念が、「犯行に及んだこと」以外の面から出てくることもかなりあると感じるものがあります。捜査機関、取調官は、都合良く、表面的に、「犯行に及んだこと」から謝罪したり反省したりしたと捉えがちですが、そこは裁判所が慎重に見て、真にそうであるのかを見極める必要があるでしょう。

かつて接したことがある被疑者、被告人を思い出しながら、記事を読みそういったことを感じました。

(引用終了)*

 2,3日前にもご説明を書いたように思いますが、はてなダイアリーの設定はちょっと変わっていて「ブログモード」に設定していないと、Webページから記事のタイトルを取得できません。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)の上記引用した記事のタイトルは「[刑事事件]「殺害認めたものじゃない」=母への謝罪の手紙めぐり―栃木女児殺害公判」となっています。刑事事件とカギ括弧に括られている文字列は、これも独自の仕様でカテゴリの指定になっています。

 銭湯から戻ったのは10時57分ぐらいでした。テレビを観ていたので20分ぐらい遅れました。浴場から脱衣場に入ったところで、テレビに神社で二人の女性が深刻な話し合いをする場面を見て、それがきっかけで見入ったので、最後まで銭湯で観てきました。

 高台の神社の境内で、若い女性が受け取った一千万円の小切手を破り捨て、気が変わった一週間後に3千万円と条件を変え、それも破り捨てて、わかった自分の欲しかったのはお金じゃなかった、という台詞が印象的でした。兄と一緒に10年間辛酸を舐めてきたという話もしていました。

 途中からいきなり見たのでドラマの筋はさっぱりわかりませんでしたが、その後に大金の小切手を渡した若く見える年配の女性と揉みあいというか引っ張り合いになり、若い女性が神社の階段から転落して死亡したようです。

 その後、事件が解決して、夫婦が自宅のキッチンで手料理をこれから食べようとした時に、悪い予感があたって仕事の呼び出しがありましたが、夫婦はどちらも警察の刑事でした。キッチンの場面に変わって、漸く女優が誰かわかったのですが、NHK連続テレビ小説まれ、の一子の母親役でした。

 刑事夫婦の夫役は石黒という見覚えのある俳優で、どちらも脇役でしか見てこなかったと思ったので、そういう意味でも新鮮に思えたドラマでしたが、いつ呼び出しが掛かるかわからない警察官の仕事と生活の大変さと、弁護士のふっかける負担増にも改めて考える機会になりました。

 夕食はまだですが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートからブログの記事を読む前に、深澤諭史弁護士のタイムラインの更新をやったように思います。そこにもこれはと思う深澤諭史弁護士のリツイートを発見しました。こたんせ、という匿名弁護士のツイートです。

 夕食がまだなので手早く、ご紹介をしたいと思います。

 思い出しましたが、深澤諭史弁護士のTwitterのタイムラインは開いておらず、開いていたブラウザのタグに深澤諭史弁護士のタイムラインはなく、新たに深澤諭史弁護士のタイムラインをブックマークから読み込んだところで、目にしたツイートでした。

 手早く済ませるつもりでいましたが、テキストのコピペがしづらいので、ブログの記事として投稿しました。

参考資料: 深澤諭史弁護士(@fukazawas)のツイート・リツイート(15件、 2016-03-07 00:04〜2016-03-07 23:27:2016-03-07の記録)「15」件: 金沢地方検察庁御中 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/fukazawas15-201.html

 ブラウザで開いている上記のブログ記事のページからコピペで掲載します。

[fukazawas__20160307_2344_4/15のリツイート]
>fukazawas(深澤諭史)のリツイート>このリツイートの日時>2016-03-07 11:57:00> URL> https://twitter.com/fukazawas/status/706675175916326913 >
>fukazawas(深澤諭史)がリツイートしたnakanori930(弁護士 中村憲昭)のツイートの内容>
こういう人は、ツイッターで呟いていればどこかの誰か、それも野党以外の人が要望をすくい取ってくれると思っているのだろうか。#保育園落ちたけど政治利用されるのはごめんだ - Togetterまとめ https://t.co/ms2EvJEIIS @togetter_jpさんから
>元のツイートの投稿日時>2016-03-07 11:57:00>元のツイートのURL> https://twitter.com/nakanori930/status/706674985603993600
>データベースへの登録日時>2016-03-07 23:39:42>

[fukazawas__20160307_2344_6/15のリツイート]
>fukazawas(深澤諭史)のリツイート>このリツイートの日時>2016-03-07 15:19:00> URL> https://twitter.com/fukazawas/status/706725821914832896 >
>fukazawas(深澤諭史)がリツイートしたchildren_ymlaw(弁護士山下敏雅 : 子どもの法律ブログ)のツイートの内容>
今10代の皆さんには,最初からスマホとネットがありました。大人達が,その世界に子ども達を無防備に巻き込んでおきながら,トラブルが起きた途端,「撮らせたあなたが悪い」とその大人達が言うのは,フェアではない,卑怯だと,私は思います。https://t.co/0P4kokyHNX
>元のツイートの投稿日時>2016-03-07 15:11:00>元のツイートのURL> https://twitter.com/children_ymlaw/status/706723805419302912
>データベースへの登録日時>2016-03-07 23:39:39>

[fukazawas__20160307_2344_7/15のリツイート]
>fukazawas(深澤諭史)のリツイート>このリツイートの日時>2016-03-07 19:27:00> URL> https://twitter.com/fukazawas/status/706788465933885440 >
>fukazawas(深澤諭史)がリツイートしたkotadon(こたんせ~メンタルリセット)のツイートの内容>
何が真実であるかを弁護人が勝手に判断して対応することは冤罪を産みます。あなたの主張は、弁護人の役割を誤解しています。 https://t.co/FlcNNaXKEo
>元のツイートの投稿日時>2016-03-07 19:08:00>元のツイートのURL> https://twitter.com/kotadon/status/706783484484792320
>データベースへの登録日時>2016-03-07 23:39:37>

[fukazawas__20160307_2344_8/15のリツイート]
>fukazawas(深澤諭史)のリツイート>このリツイートの日時>2016-03-07 19:28:00> URL> https://twitter.com/fukazawas/status/706788645294907392 >
>fukazawas(深澤諭史)がリツイートしたkotadon(こたんせ~メンタルリセット)のツイートの内容>
弁護士に敵意を持っている人は、弁護士が無罪主張するのが気に食わないという傾向にあるけど、無罪主張するなら責任を取れというなら、刑事弁護やる人なんていなくなりますわな
>元のツイートの投稿日時>2016-03-07 19:11:00>元のツイートのURL> https://twitter.com/kotadon/status/706784231691714560
>データベースへの登録日時>2016-03-07 23:39:35>

[fukazawas__20160307_2344_9/15のリツイート]
>fukazawas(深澤諭史)のリツイート>このリツイートの日時>2016-03-07 20:47:00> URL> https://twitter.com/fukazawas/status/706808390467452928 >
>fukazawas(深澤諭史)がリツイートしたHideo_Ogura(小倉秀夫)のツイートの内容>
育ちこそ大事だという考えの人が多かったので、法科大学院制度誕生。RT @bwpotato: イマドキ言われる薄っぺらい「コミュ力」なんかより、知性の方が100万倍大切。育ちも本当に重要。
>元のツイートの投稿日時>2016-02-13 00:40:00>元のツイートのURL> https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/698169826317963267
>データベースへの登録日時>2016-03-07 23:39:34>

[fukazawas__20160307_2344_11/15のリツイート]
>fukazawas(深澤諭史)のリツイート>このリツイートの日時>2016-03-07 21:36:00> URL> https://twitter.com/fukazawas/status/706820778197544960 >
>fukazawas(深澤諭史)がリツイートしたjuns76(eternalwind)のツイートの内容>
例えば、アメリカでうつ病やADHDに対する研究が盛んで、膨大な国費が投じられてるのも、鬱病の人って、うつ病治れば意外と労働力で優秀だからだよね。
日本のばあい、健康な人をブラック労働でうつ病にして、うつ病になったら、福祉も与えず自殺に追い込んでるんだからそりゃ消耗するよ
>元のツイートの投稿日時>2016-03-07 20:57:00>元のツイートのURL> https://twitter.com/juns76/status/706810925211193346
>データベースへの登録日時>2016-03-07 23:39:30>

 午前中は深澤諭史弁護士のツイートも少なくてこれまでと違うと思っていたのですが、更新した15件のツイートも深澤諭史弁護士本人のツイートというのは1件もなく、全てリツイートのようです。

2016-03-08 火曜日 01:28 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



2016-03-08 火曜日 12:06 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 朝8時半ぐらいからテレビをつけ、チャンネルを変えたりしていましたが、どのチャンネルでも神戸の事件の初公判のことは取り上げているのは見ませんでした。同じ年頃の子どもを持つ母親など世間的に関心の高そうな事件だけに、どうなのだろうかと気になります。

 10時からのワイドスクランブルでも取り上げておらず、今見ている、ひるおび!という番組でも取り上げているのはテニスのシャラポワ選手のドーピング問題です。

 昨日、書き忘れていたことを思い出したのですが、朝の5時半ぐらいに一回だけみた懲役25年求刑の殺人未遂事件のことですが、テレビでは、わいせつ容疑について全く触れてはいなかったと思います。

 そればかりか被害者の女性の話として、被疑者がドアをこじ開けるように入ってきて、いきなり顔に刃物を切りつけた、という話を司会者のような男性が解説をしていました。5時半という時間帯にテレビを見ることは少なく、どのチャンネルの番組かも確認はしませんでした。

 被害者に対して、わいせつ行為を行っていたという報道は、たまたまネットで見たニュース記事で、その事件のテレビでの報道がすっかり終息したあとのことでした。

 昨日、掲載でご紹介した奥村徹弁護士のツイートも、ツイートの内容だけ見れば、舞鶴女子高校生殺害事件の関連などわかりようもないものでした。次に再掲します。

ツイート:okumuraosaka(TORU OKUMURA):2014/12/09 23:42: https://twitter.com/okumuraosaka/status/542328430155407360 : 殺意はどこいったんや・・・・ 大阪の殺人未遂事件、わいせつ致傷に変更 http://t.co/b4hFHZUo5c @nikkansportscomさんから

 朝になって目にしたものと思いますが、深澤諭史弁護士のTwitterのタイムラインに奥村徹弁護士のツイートのリツイートがあって、それが最新になっていました。今、見ると2件の更新があって、それも読み込むと2件ともリツートでした。

R:fukazawas(深澤諭史)>2016/03/08 10:48> https://twitter.com/fukazawas/status/707020755624538112 > okumuraosaka (TORU OKUMURA)> https://twitter.com/okumuraosaka/status/707020113824776192 > いただきました ありがとうございます https://t.co/diGJqqAWTe

 上記がそのリツイートです。そのあと奥村徹弁護士のTwitterのタイムラインにも同じツイートがあって、不適切な画像を含む可能性などと警告の画像を開くと、刑裁サイ太のコミケの雑誌の写真でした。大嘘判例とかいうものです。

 言葉では十分なご説明が出来ないのでスクリーンショットを撮っておきました。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-08 11:37 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/707032439919497216
2016-03-08-113719_これらの警告を表示したくない場合は、ログインして画像/動画の設定を変更してください。アカウントはこちらから登録できます。.jpg https://t.co/pjdTn7EJnL

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-08 11:36 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/707032319480057856
2016-03-08-113651_この画像/動画は不適切な内容を含んでいる可能性があります。.jpg https://t.co/DXSqzEOFlx

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-07 21:05 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/706813127640248320
2016-03-07-210551_金の話をするのと,依頼者のことを考えるのとは料率しますよね.jpg https://t.co/exGShdb9EN

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-07 21:04 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/706812820541669376
2016-03-07-210438_「金の話じゃないんです!」と意気込む人に高めの着手金を伝えるの,ほんとに有効なんですね.jpg https://t.co/7gDn8pwTMC

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-07 15:26 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/706727800720347136
2016-03-07-152648_TORU OKUMURAさんはTwitterを使っています: ”最高裁第一小法廷平26。7。8決定 舞鶴女子高校生殺害事件 女子高校生に強い.jpg https://t.co/PtzgUcHETJ

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-03-07 15:17 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/706725495962906625
2016-03-07-151738_懲役25年 舞鶴 - Twitter検索.jpg https://t.co/2WRLUybB9z

 他のものを含めて最新の6件を掲載しました。これは「h-api-twitter-user_timeline-format.rb s_hirono 6」という自作のコマンドを実行してEmacsにテキストを読み込んでいます。内容がはっきりわからなかったので、適当に6件にしたのです。

 「いただきました ありがとうございます」という奥村徹弁護士のツイートは、名宛をしていませんが、フォロー関係があって相手に伝わることを確信しつつ、関係を他にはしられたくないという配慮なのでしょう。

 深澤諭史弁護士が何を考えてリツートしたのかは不明ですが、あえてリツイートするということは、少なくとも深澤諭史弁護士から奥村徹弁護士への歩み寄りや関心を持っていることがうかがえるかと思います。

 6件の読み込みをやってから気がついたのですが、昨夜21時ころにやっていたスクリーンショットも刑裁サイ太のTwitterのタイムラインのスクリーンショットでした。

 確か2件の刑裁サイ太のツイートをデータベースに登録しようとしたところ2件ともエラーが出たので、スクリーンショットで記録をしたのです。ページの再読み込みをするとツイートは消えていました。20件ほどの更新を読み込んだ直後のことでした。

 削除されたツイートを記録するというのは非常識だとわかっていますが、私は現状の刑事弁護や弁護士の資質に致命的な欠陥や問題性を強く感じており、その問題性を検察庁や法務省に出来るだけ正確に伝え、記録する必要性を感じております。

 ツイートを削除したからと言って、削除する前は不特定多数の人の目に触れる機会があり、それが法律の素人を含め一般人に与える影響というのも軽視出来ないと考えています。プロフィールの情報を含め、日頃のツイートやリツイートも総合的な資料としています。

 例えば、奥村徹弁護士の次のツイートなどいかがなものでしょうか?

ツイート:okumuraosaka(TORU OKUMURA):2016/03/07 18:05: https://twitter.com/okumuraosaka/status/706767755106656256 : 他の弁護士が「バレないから自首しなくていい」と言って自首しなかった事件について、留置場から相談の手紙が来ていますよ。弁護士のせいにすんなよ

 深澤諭史弁護士のストーカーに対するツイートなどもそうなのですが、実質的な被疑者や犯罪者の社会的評価を実際以上に貶め、立場を悪くし、犯罪や社会不安そのものを助長しているように思えることがあるのです。その私の認識の根拠を示す資料でもあります。

 例外を大きく取り上げるという意味もありますが、深澤諭史弁護士や奥村徹弁護士より、テレビで法廷などに出ている弁護士の方が、より積極的に被疑者や被告人を都合よく利用しているように思えることもあるのです。まるで泥棒神社の神事のお供え物に見えることもありました。

2016-03-08 火曜日 23:52 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



2016-03-09 水曜日 21:24 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 夕食もまだです。昨日になりますが、久しぶりに小木港の隣の九十九湾まで行きアジ釣りをやってきましたが、記録的なぐらい釣れずに3匹だけの釣果でした。25、21、18センチです。25センチのアジも尻尾が大きくて美味そうには思えなかったので全部、干物にしました。

 九十九湾から家に戻ったのは21時半ぐらいになっていたかと思います。コンビニに昼前ぐらいに注文していたアマゾンの代金を支払いに行き、夕食も遅くなりました。0時ぐらいから録画をして出掛けたテレビドラマの白い巨塔を再生して視聴しました。

 今日もいろいろとあって、いやあり過ぎて何をどう取り上げるべきかと悩みました。一つは、アジ釣りに出かけている間に、更新されていた深澤諭史弁護士のツイートとリツイートのことです。

 昼過ぎにはミヤネ屋という情報番組だったと思いますが、何度目かの東京オリンピックの聖火台のことでの話題を見るにつけ、落合洋司弁護士(東京弁護士会)のこれまでの東京オリンピックに関するツイートを思い出し、それをまとめました。

 その落合洋司弁護士(東京弁護士会)の東京オリンピックに関連したツイートのまとめの作業をしているときに、東電に関するツイートが気になったり、テレビの速報では滋賀県大津の裁判所での高浜原発の稼働差し止めの仮処分の報道見たりで、同じように東電についてもまとめを作成しました。

 ミヤネ屋が終わってからは録画をしながらドラマ「白い巨塔」を視聴しました。改めて感じたことですが、裁判や医療事故がテーマになっていたとは、不思議なぐらいつい先日までまるで知らないでいました。

 田宮という白い巨塔の主演俳優のことは記憶にあって自殺したことも知ってはいたのですが、最終回の放送前で、自殺の報道の後に関心が高まり、視聴率が跳ね上がったことも初めて知りました。

 田宮という主演俳優の白い巨塔について調べたところ、どうも自分の記憶とはテレビ放送の時期が違っていました。自分の記憶の中で同じ頃に放送されていたのが「喜びも悲しみも幾歳月」という灯台守のドラマで、そのことからネットで検索をして調べたところ、新たな発見がありました。

 灯台守ということで私がテレビの放送と同時代ということで思い浮かべるのは能登半島の猿山岬の灯台です。昨年の10月に舳倉島に行った帰路のフェリーからもそれと思われる岬の景色が見えたことを思い出しました。

 舳倉島へは事前にインターネットで下調べをして出掛けましたが、益谷秀次の銅像があることは、舳倉島から帰って数日後に知りました。

 そんなこともあり宇出津出身の政治家、益谷秀次について改めて調べてみました。Googleで画像検索もやりましたが、本人の写真のようなものは一つだけ見つかり、記憶が定かではありませんが、顔写真は初めて見たような気がしました。

 さらに裁判官から弁護士になって、そのあとに政治家になったということを今夜初めて知り、とても意外に思いました。まずは今夜まで気が付かずに、あるいは情報を見落としていたことに驚いたのです。

 別の写真では同じ能登町出身の哲学者と取り違えそうになったことも、注意点として考えさせられました。少し若い頃の写真かとも思ったのですが、説明があったので、別人らしいとわかりました。

 今日はいろいろとあったのですが、次につなげるには選択と順序に迷うところもあります。とりあえずは、はてなダイアリーにメモのように記録した記事を一覧としてご紹介しておきたいと思います。

検察にとって「泥沼」と化した美濃加茂市長事件控訴審 | 郷原信郎が斬る http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160305/1457154745
2016-03-05 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日/被告「刑軽くなると言われ」 栃木女児殺害、供述変遷の理由 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160305/1457188053
2016-03-03 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日/ロシア人男性の拳銃所持 札幌地裁が再審決定 「おとり捜査は違法」 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160305/1457188335
2016-03-02 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日/GPS捜査、初の高裁判断「違法とは言えない」 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160305/1457188505
[Twitterのまとめ]2016年03月05日の「廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜」ツイート http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160306/1457190175
[Twitterのまとめ]2016年03月06日の「廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜」ツイート http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160307/1457276763
[Twitterのまとめ]2016年03月07日の「廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜」ツイート http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160308/1457363217
主任弁護人の岸田洋輔弁護士は「驚きを隠せず、残念な気持ちでいっぱい。請求人の一刻も早い名誉回復を目指したい」/札幌地検が即時抗告 ロシア人男性の再審開始決定受け http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160308/1457405036
勾留中で取り調べを受けている被疑者は、通常ではない心理状態になっていることが多く/2016-03-04 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160308/1457405134
京都府舞鶴市で起きた女子高校生殺人事件で、無罪が確定した/無罪確定の中勝美被告 別事件で懲役16年(日本テレビ系(NNN)) http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160308/1457405500
捜査機関の思いこみによって真犯人を逃がしてしまったのです。これでは被害者も浮かばれませんし、ご遺族もたまりません。/東電OL殺害事件 再審前にさらに無罪ダメ押しの新証拠 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160308/1457405928
警察は高層マンションから投げ落とされたとみて、軽犯罪法違反の疑いで捜査しています。/高層マンションから金網投下か - NHK 首都圏 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160308/1457416710
前年度まで勤務していた市内の別の小学校でPTA役員をしていた女性保護者とメールのやりとりをする中で、画像を送った。/校長、保護者に男性器画像…送ったことを認め退職の意向 愛知県 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160308/1457448878
[Twitterのまとめ]2016年03月08日の「廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜」ツイート http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457449328
遺体解剖の教授「殺害と遺棄現場、絶対違う」 自白との矛盾指摘 今市事件裁判(下野新聞) - goo ニュース http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457490735
取材に対し弁護士は「守秘義務があり、答えられない」と/内部告発者名、市に伝える 京都、通報窓口の弁護士 : 京都新聞 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457490879
城戸浩正弁護士は「3人が7人を代表し、無実を訴える。これが主張のメーン」/明倫中訴訟、遺族「事実は確定」強調 山形地裁口頭弁論|山形新聞 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457501283
「無実を証明するまで闘っていきたい」。被告の元少年(36)は口を開いた。事件発生から23年/明倫中訴訟、遺族「事実は確定」強調 山形地裁口頭弁論|山形新聞 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457501405
被告人Yが鹿児島市内の路上で被害者を強姦したとする強姦被告事件につき/2016-03-05 - 奥村徹弁護士の見解 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457502607
簡単に言うと2ちゃんねらーと、彼らに玩具にされた弁護士との戦いである/悪ふざけの”恒心教騒動”が一転、児童ポルノ禁止法の問題点を浮き彫りに http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457502868
元検察官の落合洋司弁護士は、「これを検察庁が扱うとして、私が公判部長なら少なくとも3人の検事を専従にする。それくらい難しい事件」という/原発事故で東電元会長ら強制起訴 だが本当に法廷で真相解明できるのか? http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457504903
刑事司法に関する報道で、被害者らの口を借りて「真相」「真実」という言葉を多用し、人々の期待を煽るのは、日本のマスメディアのよくないクセである。/原発事故で東電元会長ら強制起訴 だが本当に法廷で真相解明できるのか? http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457505133
そのためには、指定弁護士の報酬の限度額を大幅に増額するとか、検察事務官を派遣するとか、緊急に公的なバックアップを図らないとまずいのではないか。/原発事故で東電元会長ら強制起訴 だが本当に法廷で真相解明できるのか? http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457505514
(文=江川紹子/ジャーナリスト)/(3ページ目)原発事故で東電元会長ら強制起訴 だが本当に法廷で真相解明できるのか? | ビジネスジャーナル http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457505847
山崎さんは40の取材から1を生かすといわれる膨大な取材と資料をもとに作品が書かれているといわれる。/2013-10-01 山崎豊子 ドラマ 木村拓哉 盗作 大地の子 10月1日密葬 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457506622
参考とした資料をほとんど脚色せず作品に反映させたため、盗作との指摘を資料の執筆者から何度も指摘を受けている。/山崎豊子 - Wikipedia http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457510230
海を渡る福島ブランド 向山製作所の「生キャラメル」 パリのスイーツの祭典に初出品 |みんなの経済・企業|福島 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457511666
益谷秀次とは - goo Wikipedia (ウィキペディア) http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160309/1457524106

 どのあたりから初めようか迷いもありましたが、上記の掲載はここ数日のものばかりです。「検察にとって「泥沼」と化した美濃加茂市長事件控訴審 | 郷原信郎が斬る」をとりあえず切り出しとしておきました。政治や行政と裁判という関係でも考えさせられるところがあります。

 時刻は22時04分になっています。夕食もまだでテレビもつけていないのですが、22時を過ぎていてちょっと驚きました。ここ2,3日ツイート数が少なくなっていると気になっていたモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインの更新ツイートを読み込みました。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が私のタイムラインのツイートを見ているのかどうか確認は出来ませんが、ちょっと気になるツイートがありました。

ツイート:motoken_tw(モトケン):2016/03/09 21:27: https://twitter.com/motoken_tw/status/707543270730047488 : 大野病院事件の裁判官は起訴された医師に無罪判決をしてるんだけど。 https://t.co/6iBCZcNdQL

 考えてみると、白い巨塔の再放送は全国一律ではないのかもしれません。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が今頃、大野病院事件のツイートをしたのかわかりませんが、考えさせられるとともに、追求するための時間的労力的な限界も改めて感じました。

 一時停止で視聴を中断してから1時間以上は経つと思いますが、インターネットの発達の恩恵もあって、画質はよくないですが、次の動画の視聴をやっていました。今も一時停止中です。

昭和ドラマ▼田宮二郎TV版白い巨塔 01話rt低画質ノイズCM有 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=4QeocBPsfbk

 事前に調べたいた情報で知っていたのですが、ドラマの開腹手術の映像は、手術を受けた人などの同意を得た上での実際の映像ということで驚きというか衝撃すらありました。人体の内部に関してはこれまで目を背ける傾向が強かっただけに、幸い不鮮明な映像ではありますが、向き合いました。

 真っ先に思い出したのは落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートのことです。焼き肉と検索すれば見つかりそうですので、調べます。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2010/08/07 00:47: https://twitter.com/yjochi/status/20478788968 : 横浜地裁の裁判員は、死体写真見て吐いたそうだが、私は、若手検事の時、解剖の後、焼肉弁当食べていた。

 上記のツイートが見つかりました。落合洋司弁護士(東京弁護士会)は以前ブログで、本に埋もれて死ぬのなら本望とコメントしていたことがあったかと思います。実際にあった事故に対するコメントで、札幌市の書店で起った事故であったように記憶しています。

 旺盛な知的好奇心だともその時は考えましたが、その時に思い出したのが刑務所か拘置所の官本で見た司馬遼太郎の「胡蝶の夢」という本のことでした。江戸時代の末期の死体解剖のことなどが書いてありました。4巻ぐらいになっていたと思いますが、全ての取り揃えはなかったと思います。

 今日は、「オリンピック」と「東電」をキーワードに、落合洋司弁護士(東京弁護士会)という人物について、改めて考えた一日でもありました。

 ココログフリーのブログ記事としてのまとめの方も、ここ数日分を次に掲載してご紹介しておきたいと思います。

参考資料: 深澤諭史弁護士(@fukazawas)のツイート・リツイート(15件、 2016-03-07 00:04〜2016-03-07 23:27:2016-03-07の記録)「15」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/fukazawas15-201.html
参考資料: こたんせ~メンタルリセット(@kotadon)のツイート・リツイート(23件、 2016-03-07 08:25〜2016-03-09 08:13:2016-03-09の記録)「23」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/kotadon23-2016-.html
参考資料: 深澤諭史弁護士(@fukazawas)のツイート・リツイート(53件、 2016-03-07 00:00〜2016-03-09 11:07:2016-03-09の記録)「53」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/fukazawas53-201.html
参考資料: 「@hirono_hideki」をキーワードに含む「こたんせ~メンタルリセット(@kotadon)」のツイート・リツイート(2014-02-16 15:59〜2014-02-16 20:57)「2」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/hirono_hidekiko.html
参考資料: 「@hirono_hideki」をキーワードに含む「モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)(@motoken_tw)」のツイート・リツイート(2010-10-25 14:40〜2015-12-20 20:55)「54」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/hirono_hidekimo.html
参考資料: 「@hirono_hideki」をキーワードに含む「小倉秀夫弁護士(@Hideo_Ogura)」のツイート・リツイート(2010-05-06 13:48〜2015-12-24 20:30)「80」件 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/hirono_hidekihi.html

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)は政治に関する発言も多く、政治に対する関心の薄い私ですが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)を通して政治について考えさせられることは大きいです。

2016-03-15 火曜日 22:55 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



2016-03-15 火曜日 22:55 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

ツイート:kk_hirono(告発-金沢地方検察庁御中ツイッター):2016/03/09 22:37: https://twitter.com/kkhirono/status/707560951159984128 : 落合洋司弁護士(東京弁護士会)は政治に関する発言も多く、政治に対する関心の薄い私ですが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)を通して政治について考えさせられることは大きいです。

 上記ツイート投稿からの再開になるかと思います。3月9日9時22分ころからの中断でした。あらためて確認をしてみると、思っていたより長い中断になっていました。

告訴状2016年/金沢地方検察庁御中 https://hirono2016k.wordpress.com/

 本日つまり2016年3月15日のことですが、上記のWordPressのブログを新規に作成しました。ブログの作成は簡単ですが、ツイートをAPIで投稿してデータベースに登録するというスクリプトを新規に作成していて、これは思った以上に手間取りました。それでも本日中に概ね完成しました。

 本日は、テレビでも関心の強いニュースがいくつかありました。夕方暗くなってから宇出津新港のどんたく宇出津店に買い物に行ってきました。かなり寒かったというか、寒さを感じました。

 昨日のことになりますが、16時ころからテレビ金沢で始まる「となりのテレ金ちゃん」という番組で新たな発見がありました。テレビに出ていたのは輪島市の名舟の御陣乗太鼓、曽々木海岸での岩のり採りでした。

 番組を見ていて気になるところがあって調べたのですが、輪島市名舟の神社の名前は白山神社だと知り、それが名舟大祭とともに舳倉島の奥津比咩神社と歴史的な関連があると知りました。調べているうちに明治の頃は宇出津と輪島市が同じ鳳至郡だったと初めて知りました。

 細かいことはメモと記録を兼ねて廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜(@hirono_hideki)にツイートを投稿してあります。Twilogでもよりわかりやすく確認できると思います。

 昨日の3月14日は、夕方暗くなってからAコープ能都店に買い物に行ってきました。2割引きになった「ひなあられ」が売っていったので、それも買ってきました。3月3日の雛祭りの日には見当たらなかったので、思いがけない発見で迷わず買いました。

再生される前には弁護士が裁判員に対し、話の内容そのものではなく、あくまで被告が自分の意思で話しているかどうかを判断するためのものだと映像を流す目的について注意を促しました/今市事件 7時間以上の取り調べの録音録画 再生始 http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160315/1458049181
元検事の落合洋司弁護士は「検察は自白に頼った立証をせざるをえない状況になっていて、裁判官や裁判員に被告が任意で供述したと印象づけたいのではないか」と指摘しています/今市事件 7時間以上の取り調べの録音録画 再生始まる NHKニュース http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160315/1458049365
被告「優秀な弁護士だから、何とか無罪にしてくれるという思いが強かった」/栃木女児殺害公判 「抱えて刺した」「5回くらい」…勝又被告が殺害状況を供述する、検事取り調べ映像詳報 (産経新聞) http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160315/1458052097
被告「後は弁護士と話した後でいいか。弁護士に本当のことを話していないから。これ以上は話したくない」/被告「人の道の方が楽だと思った。もう逃げたくないと思った」/検事取り調べ映像詳報 (産経新聞) http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20160315/1458052305

 上記4件は、これから引用記事に特化した運用を考えているはてなダイアリーに投稿したエントリです。後の2件は、テレビのニュースZEROの報道を見てから、ネットで調べエントリーとして記録しました。女児が安らかに成仏して頂くために弁護士泥棒神社に奉納したいです。

 あらためて弁護士に対して、魂が震えるような憤りと強烈かつ鮮明な危機感・不信感を、この今市女児殺害事件で確認することが出来たと考えています。中断も無駄ではない、記録として絶妙なシャッターチャンスを得ることが出来たとも考えています。プラスマイナスのバランスを図った上で。

2016-03-17 木曜日 10:38 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



2016-03-18 金曜日 16:04 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 この項目のタイトルを「被害者AAさんの父親AKさんの立場で考える刑事再審制度における弁護士に対する不信感と悪魔性\墓場へ向かう弁護士鉄道・社会的告発」だと確認したところです。

 テーマを幅広く設定しすぎたと思います。本来メインに書くつもりでいた東電強制起訴のことも不十分で、再審の問題についてはまだ手を付けていないかもしれません。本当は札幌でのロシア人元船員の再審開始決定を軸に論旨を展開する予定でいました。

 再審制度に関する問題はここ最近になってニュースも増えておりますが、その他の事件や出来事においても考えさせられることが多く、情報を読みこんだり、ブログなどの記事として頭と作業の整理するだけでも時間と手間を取られていました。

2016-03-27 日曜日 14:05 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



2016-03-27 日曜日 14:06 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 3月18日以来の再開ということになりそうです。告訴状作成の方針、書面としての体系や構造など詰めの段階でいろいろと考えてきたのですが、取り扱う事実や問題の分量と時系列としての範囲も広すぎるので、散文調ではありますが、有機的関連をもたせる形でまとめていきたいと考えました。

 これから独立した項目の数が多くなりますが、脈絡や関連といったものはさほど重視せず、全体像との関係性や簡潔な結論を示しながら作り上げていきたいと思います。

2016-03-27 日曜日 14:24 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

|

« 参考資料: 「ストーカー」をキーワードに含む「深澤諭史弁護士(@fukazawas)」のツイート・リツイート(2015-05-18 18:06〜2016-02-18 11:15)「44」件 | トップページ | 参考資料: 「一子相伝」をキーワードに含む(法クラ・弁護士・ジャーナリスト関連)のツイート・リツイート(2アカウント、4件、 2013-08-05 01:50〜2015-12-16 15:38)「4」件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177043/64671381

この記事へのトラックバック一覧です: 被害者AAさんの父親AKさんの立場で考える刑事再審制度における弁護士に対する不信感と悪魔性\墓場へ向かう弁護士鉄道・社会的告発:

« 参考資料: 「ストーカー」をキーワードに含む「深澤諭史弁護士(@fukazawas)」のツイート・リツイート(2015-05-18 18:06〜2016-02-18 11:15)「44」件 | トップページ | 参考資料: 「一子相伝」をキーワードに含む(法クラ・弁護士・ジャーナリスト関連)のツイート・リツイート(2アカウント、4件、 2013-08-05 01:50〜2015-12-16 15:38)「4」件 »