« :更新)2015-10-31_0956:本年9月20日以降の告訴状作成の中断とパソコン環境の装備及び告訴状の編集と構造の今後の方針転換 | トップページ | :更新)2015-11-02_1835:この人は、「差別に苦しむ人、権力に虐げられている人、貧困に喘ぐ人」など日本にいないと思っているのかなあ。(小倉秀夫弁護士のツイート) »

2015年11月 2日 (月)

Facebookで知った動画記事「逮捕から7年・・・再審で無罪確定、なぜ えん罪は防げなかった?」、一審から担当という弁護人の映像

* Facebookで知った動画記事「逮捕から7年・・・再審で無罪確定、なぜ えん罪は防げなかった?」、一審から担当という弁護人の映像

2015-10-31 土曜日 10:15 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 まずこの動画記事ですが、今朝、Facebookで購読している岡口基一裁判官の投稿で知りました。Facebookはそれほど使っていないので、見落としているものが多いと思います。割と偶然で見ることが出来たと思いますし、存在を知らずに終わった可能性も高いかと思います。

「逮捕から7年・・・再審で無罪確定、なぜ えん罪は防げなかった?」 News i - TBSの動画ニュースサイト http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2624985.html

 この報道はなんどかテレビで見ているので、再生を始めた頃は既にテレビで見たものと同じ内容かと思っていたのですが、4分44秒の再生時間のうち3分19秒の辺りで「男性を1審から担当 西園寺泰弁護士」というのが出てきたのには驚きました。

 その前の再生中に、再審無罪が出たのが今月16日、というようなナレーションがありましたが、およそ半月ほど前のことです。初めに再生した時に10日以上前の配信なのかと思っていたところ、終わりの方に東住吉放火殺人事件で、刑務所から釈放された映像が出てきた時も驚きました。

【東住吉女児焼死再審】両元被告、20年ぶり釈放 和歌山と大分、再審開始決定で(1/2ページ) - 産経WEST http://www.sankei.com/west/news/151026/wst1510260050-n1.html

 上記の記事で確認をすると釈放されたのは26日のことでした。改めて動画記事のページを確認すると、わかりづらいですが「最終更新:2015年10月31日(土) 1時0分」という記載がありました。本日の未明に配信されたものであったようです。

 大阪の強姦再審事件に関しては、一年ほど前からテレビでも報道され、注目をしていた問題ですが、担当の弁護士は後藤貞人弁護士だという記憶がありました。すぐに調べたのですが、それらしい記事が見つかりました。一部引用をします。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.sankei.com/west/news/150227/wst1502270094-n1.html 【強姦事件 再審決定】「冤罪が明白な事件」と弁護人 専門家は「実体験に基づかない証言に矛盾点あるはず」 - 産経WEST

「冤罪(えんざい)が明白な事件。調べるべき証拠が調べられることなく有罪とされた」。男性の弁護人を務めた後藤貞人弁護士は大阪市内で記者会見し、裁判所の事実認定のあり方を批判した。

 後藤弁護士によると、被害を訴えた女性の関係者が捜査段階で「病院に行った」と証言。控訴審で診療記録の有無を問い合わせた弁護側に対し、検察側は「ない」と回答した。弁護側は関係者の証人出廷も求めたが、大阪高裁が却下した。控訴審判決は「少女が強姦(ごうかん)被害をでっち上げることは考えにくい」と年齢を理由に女性の証言を信用しており、後藤弁護士は「すべてが一方的な判断だった」と語気を強めた。

(引用終了)*

 後藤貞人弁護士といえば、かねて名前はしっており、刑事弁護の有能な弁護士であり、大阪の刑務官による殺人事件の無罪判決に尽力したことで、何度か目にしていた名前です。

 2015年9月21日以前の本件告訴状の下書き、においても他の弁護士とともに取り上げたことがあるかと思いますが、大阪の強姦再審事件に関しては後回しにすると書いたと記憶にあります。

超一流刑事弁護人に学ぶ、11の上手な「教え方」まとめ 【刑事弁護実務の講義ノート付き】 - 弁護士兼務取締役の独り言 http://d.hatena.ne.jp/fly-higher/20120827/1346032530

 その前回にも掲載したのが上記の記事です。改めて確認をすると2012年08月27日の投稿日になっています。Hatena::Diaryであることに改めて気が付きましたが、はてなダイヤリーは日記形式のブログなので、URLに日付が含まれていてわかりやすいです。

 この記事はもともと何年か前に読んだ記憶があり、それを今年に入ってからだと思いますが、数カ月前に再び見つけて、その時にタヌキのアイコンの、そうそうとTwitterでブロックされた弁護士アカウントのブログなのだと気がついたという経緯があります。

弁護士 井垣孝之(@igaki)さん | Twitter https://twitter.com/igaki

 あいかわらずブロックをされた状態でしたが、上記のタイムラインを確認しました。23日まで遡ったのですが、東住吉放火殺人事件の再審決定や釈放に関するツイートは見当たらず、ツイートの数も比較的少なめという感じでした。

 遡った23日には見覚えがありデータベースにも登録をしたツイートがありました。独り言のような感じのツイートですが、ご紹介をしておきます。

%igaki(弁護士 井垣孝之)のツイート%投稿日時%2015-10-23 19:03:00%ツイートのURL% https://twitter.com/igaki/status/657497440740839425 %
%igaki(弁護士 井垣孝之)のツイートの内容%
無事釈放された被疑者が、真っ先に公衆電話で電話をしてきてくれた。刑事弁護人として冥利につきる瞬間やね。
%データベースへの登録日時%2015-10-23 19:06:56%

%igaki(弁護士 井垣孝之)のツイート%投稿日時%2015-10-23 10:46:00%ツイートのURL% https://twitter.com/igaki/status/657372374900330499 %
%igaki(弁護士 井垣孝之)のツイートの内容%
否認事件の捜査弁護は、得意かどうかはわからないけど、好きやね。全力で国家権力と戦うことができるし、不起訴勝ち取ったときの喜びは大きいし。
今回は完全黙秘の方針でいったけど、被疑者は辛い取調べに耐えてよく頑張ってくれた。早い段階でマメに接見行って信頼関係を作れたのが成功の鍵かな。
%データベースへの登録日時%2015-10-23 12:34:07%

%igaki(弁護士 井垣孝之)のツイート%投稿日時%2015-10-23 10:10:00%ツイートのURL% https://twitter.com/igaki/status/657363319532163072 %
%igaki(弁護士 井垣孝之)のツイートの内容%
【速報】否認事件で処分保留釈放に成功(4回連続4回目)
%データベースへの登録日時%2015-10-23 12:34:07%

 ついでなので10月15日辺りまでタイムラインを遡りましたが、再審強姦事件の再審無罪判決にも言及したようなツイート、リツイートは見当たりませんでした。プロフィールには大阪の弁護士とも書いてあるので、地元だけに報道も全国ニュースより大きそうです。

 時刻は11月1日17時57分になっています。まる一日以上中断をしていたかと思います。昨日は夕方遅くに珠洲市の外浦の方に行き、夜中に戻って、未明にも海に出掛けていて、家に戻ったのは9時過ぎかと思います。その後もバタバタと片付けなどしていました。

 初めにうとうととしだした頃に、テレビのサンデージャポンに、大阪の東住吉の再審を取り上げていましたが、短い時間の簡潔な報道で、スタジオでの言及やコメントもなかったように思います。その後も少し眠ったり、目が覚めたりを繰り返していました。

 毎日のことですが、弁護士のツイートもチェックをしていました。とりたてて目を引くツイートがないのも日曜日らしい感じで、のんびり感があったのですが、小倉秀夫弁護士に関してはとても有用に思えるツイートがいくつかあったので、これも外さず取り上げる予定です。

 16時頃にはブルーレイレコーダーのハードディスク容量が少なくなっていると警告が出たので、録画していた情報報道番組で、必要外の部分消去などもしていました。

 ブルーレイレコーダーは、それでも面倒がありますが、パソコンからログインをして特に記録の必要を感じた番組の録画部分の番組名を編集しています。ネットにも情報が沢山ありますし、面倒もあるので普段は余りやらないことです。

 今回編集をやったのは次の番組です。途中から録画を始めたものや、まだしっかりと目を通していないものもあります。

15/10/27火 地上D 051 10:47 ワイド!スクランブル 大阪小6焼死 無実訴え続けた母ら20年ぶり釈放 落合洋司弁護士

15/10/27火 地上D 061 12:59 ひるおび! 無期懲役から一転再審へ 大阪女児死亡火災 20年ぶり釈放 木谷明弁護士

15/10/28水 地上D 041 13:57 情報ライブ ミヤネ屋[字] 異例初公判 元ボクサーの男 凶行の経緯は・・・ ”枝切りバサミ”局部切断なぜ

 なお、番組名は放送中の番組の画面上部のテロップなどを参考に、個人的にわかりやすい内容にしたものです。

 時刻は11月2日7時43分になっています。夜中に目が覚め、しばらく起きてテレビを見たり、弁護士のツイートを読んだりしていましたが、またテレビと電気をつけたまま寝てしまい起きたのが7時過ぎでした。

 この項目のタイトルというか見出し名を確認したのですが、見出しに対応した内容はほぼ書ききっているかと思いました。ニュース動画で気になる点が一つあったので、それを後の言及に関するからみとしてご紹介しておきたいと思います。

「逮捕から7年・・・再審で無罪確定、なぜ えん罪は防げなかった?」 News i - TBSの動画ニュースサイト http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2624985.html

 再掲になりますが上記動画ニュースにおける西園寺泰弁護士のインタビューに出たテロップの文言のことです。

 まずは再生3分32秒辺り、「弁護側でカルテを調べるからという話だが それを認めなかった 裁判所は」。

 次に再生3時40秒辺り、「(国賠で) どういうことがあったか 何とか明らかにするチャンスにしたい」。

 これは同じ大阪であった、証拠の目的外使用と検察による弁護士の懲戒請求の問題にも通じるところがありそうです。また、国賠で何かを明らかにするという目的や大義名分は、富山県氷見の強姦冤罪事件にも重なる部分があるかと考えています。国賠というのは国民の負担による後始末とも見ています。

 見出しを確認するまでは、後藤貞人弁護士をテーマに据えているのかと考えていたのですが、それでなくて手間が減り助かった気持ちになりました。

2015-11-02 月曜日 08:03 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<






|

« :更新)2015-10-31_0956:本年9月20日以降の告訴状作成の中断とパソコン環境の装備及び告訴状の編集と構造の今後の方針転換 | トップページ | :更新)2015-11-02_1835:この人は、「差別に苦しむ人、権力に虐げられている人、貧困に喘ぐ人」など日本にいないと思っているのかなあ。(小倉秀夫弁護士のツイート) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177043/62324584

この記事へのトラックバック一覧です: Facebookで知った動画記事「逮捕から7年・・・再審で無罪確定、なぜ えん罪は防げなかった?」、一審から担当という弁護人の映像:

« :更新)2015-10-31_0956:本年9月20日以降の告訴状作成の中断とパソコン環境の装備及び告訴状の編集と構造の今後の方針転換 | トップページ | :更新)2015-11-02_1835:この人は、「差別に苦しむ人、権力に虐げられている人、貧困に喘ぐ人」など日本にいないと思っているのかなあ。(小倉秀夫弁護士のツイート) »