« 「近現代的な刑事司法の実現、被告人の人権保障と刑事弁護人の経済的な保障」等の主張する漫画家弁護士のツイート | トップページ | 「与野党攻防最大のヤマ場」というテレビのNHKニュースについて考える憲法問題と弁護士不信 »

2015年9月13日 (日)

「本邦初!?痴漢に間違われたら弁護士にすぐに連絡が取れる保険が登場 (ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース」という虚構新聞かと思った話

* 「本邦初!?痴漢に間違われたら弁護士にすぐに連絡が取れる保険が登場 (ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース」という虚構新聞かと思った話

2015-09-12 土曜日 11:16 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 昨日の午前中になるかと思いますが、次の匿名弁護士アカウントのツイートで知ったニュースです。

投稿者:nkaoguo(Kay) 日時:2015/09/11 11:35 ツイート: https://twitter.com/nkaoguo/status/642164636255584256
本邦初!?痴漢に間違われたら弁護士にすぐに連絡が取れる保険が登場 http://t.co/ratEZ7RXCm

 この弁護士アカウントは数日前からFirefoxのタブでタイムラインのページを開いたままにしていて、更新があったことを確認したので読み込んで出てきたのが上記のツイートです。投稿時刻が11時35分となっていて、私も午前中に読んだ覚えがあるので、更新された直後だったのかもしれません。

 すぐにリンクの記事を読んだとも思います。法クラが喜びそうなニュースかと思ったのですが、その後、弁護士アカウントのタイムラインでも一度も見ていません。ニュースに間違いはなさそうと思っていましたが、どうも虚構新聞のような気がして信じがたい話です。

 他に調べてもいませんが、 Yahoo!ニュースだとかなりの短期間で記事が削除されていることをみかけることが多いです。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150911-00010000-newswitch-bus_all 本邦初!?痴漢に間違われたら弁護士にすぐに連絡が取れる保険が登場 (ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース

保険料は月払いで590円、年払いで6400円。事件発生後48時間に発生した弁護士の相談料、接見費用も補償する。離婚問題、遺産相続、近隣問題、欠陥住宅など生活の悩みを弁護士に無料で相談することもできる。


(引用終了)*

 緊急時にスマホのボタンを押せば弁護士に連絡がとれると書いてあります。上記に料金の部分を引用しました。痴漢目的でこの保険に入る人は少ないように思えますので、無実の人が保険を利用する割合が高くなり、刑事弁護活動の成功率も高くなりそうです。

 Twitterで「痴漢 保険」で検索を始めたのですが、見覚えのあるアイコンとやはりプロフィールにジャーナリストと書いている人が、次のツイートをしていました。

投稿者:sasakitoshinao(佐々木俊尚) 日時:2015/09/12 08:06 ツイート: https://twitter.com/sasakitoshinao/status/642474282761781249
冗談みたいな話だけど、ラッシュ時電車乗る男性には必須かも。事前にスマホに利用画面を登録しておくと、緊急時にボタンを押すだけで対応可能な弁護士と連絡がとれる。月額590円。/本邦初!?痴漢に間違われたら弁護士にすぐに連絡が取れる保険 http://t.co/dgB434EjJ2

投稿者:matimura(町村泰貴) 日時:2015/09/10 20:27 ツイート: https://twitter.com/matimura/status/641936075527733248
痴漢冤罪用の弁護士費用保険ということだが、本当に痴漢をした場合も保険金は降りるのかとか、色々気になる。http://t.co/bHHS6vCWXa

投稿者:okaguchik(岡口基一) 日時:2015/09/10 08:36 ツイート: https://twitter.com/okaguchik/status/641757177305108480
「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険」の保険料は月払いで590円
http://t.co/AYy0uTXeqG

 ざっと検索結果のタイムラインを遡りましたが、法曹らしいアカウントは、上記の北海道大学の法学教授と岡口裁判官だけでした。見落としもあるのかもしれませんが、全体でもそう多い数ではないです。弁護士は見当たりません。

 時刻は9月13日10時56分になっています。昨日だったと思うのですが、yahooのブログを本格的に使うようになり、さきほど「弁護士らが加担、隠蔽した市場急配センターの組織犯罪の告発ブログ」というブログ名に変更をしました。

 そのブログ名の変更の後に深澤諭史弁護士のタイムラインで本人訴訟をキーワードに含むツイートとリツイートを見たのですが、内容的に実によいタイミングだと思いました。そのことについて新規項目でいろいろと掘り下げて書いておきたいと思いました。

2015-09-13 日曜日 11:01 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<








|

« 「近現代的な刑事司法の実現、被告人の人権保障と刑事弁護人の経済的な保障」等の主張する漫画家弁護士のツイート | トップページ | 「与野党攻防最大のヤマ場」というテレビのNHKニュースについて考える憲法問題と弁護士不信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「本邦初!?痴漢に間違われたら弁護士にすぐに連絡が取れる保険が登場 (ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース」という虚構新聞かと思った話 :

« 「近現代的な刑事司法の実現、被告人の人権保障と刑事弁護人の経済的な保障」等の主張する漫画家弁護士のツイート | トップページ | 「与野党攻防最大のヤマ場」というテレビのNHKニュースについて考える憲法問題と弁護士不信 »