« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の「ギャラリー」をキーワードにしたツイートで振り返るこれまでの道筋

モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の「ギャラリー」をキーワードにしたツイートで振り返るこれまでの道筋

2015-08-30 日曜日 22:03 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 夕方は銭湯に行ってから宇出津新港に買物に行ってきました。20時頃には家に戻っていたかと思います。銭湯では考え事をすることが多いですが、脱衣所で衣服を着ている時に、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のことで「ギャラリー」という言葉が久しぶりに思い浮かんでいました。

 いきなり話題が変わりますが、さきほど始まったところのMr.サンデーで、山一抗争の死亡者が25人だと知りました。2年間続いたという話もありましたが、事件の日付は昭和60年というものがありました。思っていたより抗争の時期が長く、死亡者の数も多かったようです。今頃初めて知りました。

 初めに出た山口組分裂の報道は意外に短い時間で、大阪の中1死体遺棄事件に移っていますが、死体遺棄事件二日後という千葉県の公園の防犯カメラの映像が出てきたのも驚きました。一緒にいたという元同僚の証言から防犯ビデオの映像を入手したようです。

 「しゃべる義務があると思いますよね」とMr.サンデーの司会者宮根さんは締めくくり、次の報道に移りました。卵かけごはんをおいしそうに食べる女性の映像が出て、25歳劇団女優の全裸殺害事件の被害者の生前の映像のようです。数日前から男女トラブルの報道があります。

 公開予定だった卵かけごはんを食べる映像だったとのことです。大阪の中1死体遺棄事件でも遠目でやや不鮮明な映像でありますが、一日にみたない何時間か前という生前の様子が、防犯ビデオの映像として繰り返しテレビに報道されてきました。事件報道も時代が変わったとあらためて思います。

 本項目の本筋に戻りますが、家に戻ってモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインで新着ツイートを読み込むと、たしか最新から2番目でしたが、「ギャラリー」という言葉を含むツイートが目につきました。ツイートの内容のデータは貼り付けるだけとして用意しています。

 けっこう意外だったのですが、「ツイッターの高度な検索」で検索を実行すると、予想の3,4倍はあると思われる数のツイートが検索結果に出てきました。プログラムで機械的に収集したものですが、数がずいぶんと多いことは承知していますが、その全てを次に掲載してご紹介します。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/30 19:48 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/637940043030507520
そんなことをあなたと私が言い合っても不毛の極め。ギャラリーがどう評価するかです。しかし、見事に予想通りのリプライw https://t.co/FLrNNu6PX7

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/04/18 23:07 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/589430091735674881
事件に関連するツイートはあまりしないほうがいいよ。代理人の戦略の幅を狭めてしまうおそれがあるからね。ギャラリー的には面白いのでどんどんつぶやいてほしいけどw https://t.co/KBr1nsoNa6

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/04/18 15:19 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/589312193507758080
どうして噛み合わない議論しかできないのだろう。私が指摘したのは樽の理論の適用なんですけど、ギャラリーの皆さんは理解されてますよね。だったらもうあの手の人に時間を使う必要はないです。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/04/11 10:09 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/586697472128483330
読解力なんてのは、文章の流れに従って普通に読めばどう読めるかという話なので、当事者同士が自己中だ超絶だと言っても仕方がないわけでw、いつも言ってるようにギャラリーの判断にお任せします。ただし、小倉弁護士は文章の流れとか文脈というものを無視する人だということは指摘しておきます。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/02/16 00:32 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/566983411953594369
圧倒的に自分が不利な問題について、いかにして論点をそらすか、という問題についての模範解答が今日の小倉弁護士のツイートです。論点からギャラリーの目を逸らして自分が優位に立ちたいと考えている人にとっては今日の小倉弁護士の論法は役に立つでしょう。それがどう評価されるかは自己責任ですがl

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/02/16 00:23 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/566981214553505794
多分、小倉弁護士は、ツイッターユーザーの平均的レベルを低く見積もりすぎていると思う。言い換えると、ギャラリーをバカにしているんですね。自己中心的な人が陥りやすい傾向です。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/02/11 15:42 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/565400503086223360
決めつけだというのなら、ちゃんと回答すればいいのに、と思いmRT @Hideo_Ogura: この人はこういう決めつけを行うことでギャラリー受けすることに長けていらっしゃいますね。RT @motoken_tw: 小倉弁護士は、自分に都合の悪い答をしないですます技術について…

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/01/26 21:37 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/559691543142219776
ギャラリーより相手を優先せざるを得ない気持ちにさせる某弁護士は、やはりそれなりに実力者だと思うけど(ご本人もギャラリーを無視しているようだが)、まあ、それだけの話しだな。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/01/26 21:13 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/559685468334600192
相手を論破しようとするだけでなく、ギャラリーに理解してもらうことを意識すれば、結果として実のある議論になるんじゃないかな、と思うやりとりをよく見る。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/11/02 23:28 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/528916489534210048
.@Hideo_Ogura そうですね。あなたと違ってギャラリーの多くは、認定される側の問題ではなくて認定する側の問題だということを理解しているようです。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/10/07 12:16 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/519325273397796864
こんなことを言ってる暇があったら自分のツイートの意味を明確に説明すればいいのに、しないというのはしたくない理由があるのだろう。RT @Hideo_Ogura: 独自の国文法を作りあげてまで、私を追及しているという形を作ってギャラリーに見せたいんですかね。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/10/04 18:22 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/518330201449955328
.@Hideo_Ogura いや、あなたが期待するような質の低いギャラリーには理解できないでしょう。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/08/20 11:49 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/501924019424493568
フォロワーまたはギャラリーは、メスのフェロモンに魅かれて集まってくるオスのようなもの。どんなオスが集まってくるかはメスの出すフェロモンによる。RT @mariscontact: 一部の例外を除き、気持ちの悪い人々ばかりが私のツイートを覗いているという事実。…

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/08/09 16:55 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/498014776619188224
それはギャラリーの評価にまかせます。では、今日はこのへんで。RT @Hideo_Ogura: そもそもがモトケンさんによる論点ずらしですからね。RT @motoken_tw: .@Hideo_Ogura そんな議論をするつもりはありません。論点ずらし乙です。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/08/03 12:41 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/495776568221114368
ギャラリーが楽しい、というのは無視できない要素www

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/05/06 16:38 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/463583478836391936
多分、議論に負けるのが一番嫌なのでしょう。RT @numachinomajo: @motoken_tw @herobridge @sarnin なぜごく普通に解釈しないのでしょうね。
議論するとかいう以前に言葉が通じないと言うのは....どうしたらいいのかなとギャラリーも思います

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/03/24 11:38 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/447925322949074944
私は、群馬の高橋先生 @herobridge や竹野内氏 @mariscontact からブロックされているのだが、私の発言について小倉弁護士が批判(かどうかはギャラリーの評価に委ねるがw)すると、二人ともそれをRTするし、ときどき反応してくる。二人の共通項として興味深い現象だ。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/03/22 10:40 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/447186142870261760
上手く切り返したつもりなのかな?RT @ahare_asayaka: ギャラリー各位が判断すればいいのでは? @motoken_tw 「だそうです。>ギャラリー各位」https://t.co/megV8IRrXX @Hideo_Ogura

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/03/01 21:57 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/439746294450380800
.@koba357 対象が、相手半分ギャラリー半分、場合によっては相手ゼロギャラリー100だから。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2014/02/17 23:59 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/435428185384050688
@paul4seigi @koume_nouka @mariscontact ギャラリーにも分かりやすい指摘をしてます。他の方法でも結果は同じでしょう。最初はもう少し穏便な指摘をしましたよ。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/08/18 11:26 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/368921724139474944
私は自分の正義を示そうとしているのではない。根拠のある批判をしてもらいたいと言っているだけ。私自身の発言に基づく批判は当然聞く耳を持ちます。RT @ifujimoto: @motoken_tw 先生、この場は先生のギャラリーに先生の正義を示す場ではありません。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/08/18 11:15 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/368919104893112321
私の記憶にはないし今のギャラリーの皆さんには分からない。多いと言うなら一つくらい指摘できるでしょう。RT @ifujimoto: @motoken_tw 前に一度指摘させて頂きましたよ。今から探す必要はないと思いますが。
いずれにせよ、僕は先生と何か争いたい訳でも、多数決を…

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/07/26 22:59 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/360761371471773696
ニューカマーもけっこういますよ。RT @arturo_ui: 双方の間で昔っから散々やり合ってきて、ギャラリーも含めて聞くまでもなく分かりきってるようなことまでしつこく再質問する理由にはならないと思いますよ。 @Hideo_Ogura @motoken_tw そもそも答えない

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/07/23 02:41 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/359367547948249088
あとは、ギャラリーの皆さんの論理と経験と感性に基づく批判に委ねましょう。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/07/23 02:08 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/359359394535845888
彼ら(複数形)はギャラリーをバカにし過ぎているのではなかろうか。私はあんな恥ずかしいことを書けない。あんな支離滅裂なツイートに納得するフォロワーはリムーブしてくれたほうがいいくらい。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/07/17 12:13 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/357337150712328193
昨日、夜更かししていなかったギャラリー向けに少し説明しましょう。
元々の私が批判の対象にしたツイートがこれ。 http://t.co/WBVloweloH
それに批判を被せた私のツイートがこれ。 http://t.co/tP3pKqUrWD
(続く)

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/07/10 20:23 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/354923733833621504
ギャラリーの評価に委ねましょう。RT @Hideo_Ogura: ご都合主義万歳ってことですね。RT @motoken_tw: 前提条件の違うものを同列に論ずるのはやめましょう、と最近言いませんでしたかね?

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/07/10 20:18 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/354922449336414208
根拠に基づく正当な評価ができる人を増やすと同時に一人一人がタフになるしかありませんね。RT @Hideo_Ogura: 匿名のお囃子組からよってたかって侮辱的な言葉を投げつけられることに耐えられる人って少数だと思いますよ。RT @motoken_tw: ギャラリーに理解されれば…

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/07/10 20:10 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/354920448833753089
ギャラリーに理解されればそれでいい。RT @hideo_ogura: 相手が匿名である場合、きちんとした批判をしても馬耳東風で終わることが少なくない。RT @motoken_tw: 批判または誹謗中傷に対して、相手が匿名であることを理由に反論するのは筋が違うと思う。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/04/19 09:07 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/325037798673506305
@ChazK3 期待はしてません。助言してるだけ。ギャラリーを含めて。参考にするしないはご自由に。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/04/10 09:51 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/321787475750187008
ギャラリーの中に、こういうこと(どっちの行為かはともかくw)をしちゃいけないんだな、と思う人が増えれば無意味とは言えない。RT @signortaki: お疲れ様ですw。ただ、個人的な経験では全く無意味であると付言しておきたいと思いますw。  @motoken_tw

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/03/30 22:53 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/317997983914418176
ギャラリーから見てそうでしょうね。フォロワーがだいぶ減りましたw RT @numachinomajo: @motoken_tw なんとなく眺めてましたが先ほどまでのお話のお相手は「ためにする批判」タイプに感じました。これって傍から見てるともどかしいですね。(笑

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/03/30 21:59 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/317984383942410241
なら、見解の相違。どっち妥当かギャラリーの評価に委ねる。RT @hidesu7777: @motoken_tw リアルレベルでは、はっきり、そうです。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/03/24 22:36 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/315819361174708224
明白な誤りを訂正しないでいて誠実に答えようとしてきたと言うのですか?RT @roarmihoko: まあそれで彼のギャラリーが喜ぶのならそれでいいのではないか。ツイッターの使い方やつきあいは人それぞれ。しかし私は今までできるだけ誠実に答えようとして来たつもりなので、…

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/03/13 20:50 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/311806442787188736
ギャラリーに支持を得られるような反論ができないことを自覚してるんですよ。RT @721_airport: 都合が悪いとブロックなんて敗北宣言ですよ RT @motoken_tw: つまり、反論できないからブロックしてるわけだ。どこがウヨなんだろう?

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2013/02/06 15:00 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/299034877561540608
そこそこ深刻なテーマで議論しいるときに、やたらと草を生やす人は、相手やギャラリーからどう見られるかちょっと考えたほうがいいと思うけどな。例えば、 @kazukazu721 さん。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2012/09/17 22:09 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/247683809494069248
それがギャラリーにわかれば成功。暇つぶしですけどw RT @tokai_yukiko: 自分で何を言っているのかわかってないのは明らかですよね。そこをしてきすると「どうでもいい」などと言いますし。理屈も言葉も通じない感じの人達 RT @motoken_tw リプの曖昧なところ

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2012/08/26 23:47 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/239735876102545409
ねこぱんちになったらギャラリーしか見ていないというかw RT @yutakioka: はい、議論の場合は特に、直接の対話者ではなくて、そのやり取りを見ている人に話しかけているつもりで考えますよね。RT  @motoken_tw @babycoco_tw やっぱり意識しますよね。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2012/08/05 13:44 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/231974043631382528
通じないときは相手と同じ勘違いをしているかも知れないギャラリーを意識します。 RT @sweets_street: @motoken_tw 話が通じない人と話すよりは、話が通じる人と話してみたいものです。何かを背負って議論する時は相手を選べないので辛いところですが

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2012/07/08 09:45 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/221766853746376705
ギャラリー向けに一言。@hKodama さんの指摘は、民事訴訟における弁護士の対応として通常のことなのですが、私の考えは、本件は通常でいいのか、ということです。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2012/03/05 09:29 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/176464509093937153
理解できたとしても、ソースなしで信じられる? RT @sara21math: 無視ではなく、理解できる人が理解出来ない人に分かり易く説明すればいいのでは? RT @motoken_tw: 理解できない人は無視か? @rubato6809: ギャラリーには理解できる人が十分存在する

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/09/18 23:56 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/115438991179915264
たぶん、あなが以外は。RT @kdxn: そうですか。ギャラリーもよくわかったことでしょう。RT @motoken_tw: 私は説明済みです。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/09/18 23:52 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/115438150091935744
つまり自分は無知でもいいと?それならそれで次行きますか。RT @kdxn: 「ギャラリーに説明すべき」と言っているのもあなたであり、「どう説明していいのかわからない」のもあなた。すべてあなた一人の問題であって、こちらには無関係。RT @motoken_tw:

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/09/18 23:36 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/115433912603389952
わかってない人が一人でも多くわかるようになればいいということ。早く説明してみて。RT @kdxn: 「付加価値」ってなんですか? あなたは私が説明すべき理由として「ギャラリー」を挙げたのでしょう? それは後付の理由だったということ? RT @motoken_tw: 付加価値。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/09/18 23:33 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/115433377418588160
ギャラリーは付加価値。説明できるのなら説明してみてください。RT @kdxn: 「ギャラリーに説明する必要がある」と考えているあなたが説明しないということが、なぜ私が「説明できない」という話になるんでしょう? RT @motoken_tw: つまりあなたは説明できないのですね。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/09/18 23:31 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/115432701003177984
つまりあなたは説明できないのですね。それで不当逮捕がどうのとよく言えますね。RT @kdxn: 「わかってないギャラリーも多い」とあなたが考えるなら、あなたが説明すればよい話。RT @motoken_tw: わかってるなら説明してみて。わかってないギャラリーも多いですよ。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/09/17 12:09 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/114898854045958144
@Yquem1973 ギャラリー向けですw

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/09/11 01:25 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/112562306512207872
ギャラリーに対して、こいつはバカなことを言っている、ということを明確に理解させるという技術は、裁判員裁判で必要だと思われます。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/08/28 23:09 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/107817018002124802
だそうです。RT @herobridge: 残念。今日は貴方の負けで終わりました。また明日お越し下さい。頑張れー!RT @motoken_tw: ところで君が聞いているのは認識か理由か?もう一度質問されたし。ギャラリーが退屈しそうだから答えてあげるよ。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/08/28 00:53 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/107480865730330624
そうそう。RT @t_iori: この手のネットバトルは相手に言うこと聞かせようと思うんじゃなくて、ギャラリーに布教しようって言うショーだと思っといた方が良いです RT @Peace_Love74:@motoken_tw そうなんですね、ブロックされたら その時点で話すことはもう

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/08/27 23:23 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/107458252077404160
ならば、無視すればいい。あなたの対応と私に対する評価はあなた自身とギャラリーがすればいい。RT @nobuyoyagi: 批判の水準に達しないことで、いつまでもしつこく絡むのは、ただのみっともない粘着だと思いますが。RT @motoken_tw: 意見を表明した以上、批判を受け…

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/08/27 22:47 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/107449103402803200
経緯知らないギャラリー向けw RT @kuribom: もちろんあれを踏まえましたwRT @motoken_tw: 名前欄に名前書かないと信頼性弱者と言われたw RT @kuribom: …分かり易く言えば…「プロフに書くか名前欄に書くか」「アイコンはどうか」と…

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2011/02/04 22:06 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/33511703660466176
というか、私は常にギャラリーを意識してます(キリッ RT @tohrusan1018: と言う割にうがやさん相手に呟かれてますね(笑) RT @motoken_tw: @tohrusan1018 ブロックされる相手によります(^^;

 性能にはいくらか不満のあるノートパソコンですが、それでもコピペは一瞬で終わってしまいます。ツイートのURLの部分を告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)にツイートしながら思ったことですが、予想の3,4倍どころではなく10倍近い数かもしれません。

 ギャラリーという言葉を含むツイートはモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)以外には、ほとんど見かけた覚えもなかったのですが、これほどの数とは全く思っていなかったです。一つ二つでも性向がうかがい知れる幾らか特異なキーワードかと思いますが、これほどの数にあらためて驚きです。

 ギャラリーとは日本語で観客とか観衆という意味だと思います。あえて検索で調べてはいない段階での私の認識ですが、これはそれだけ自身の発言の影響力を意識し、さらには影響力を及ぼすことを期待したものだと考える外はないでしょう。

 直近の確認はしていませんがモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)はずっと前からツイログの登録もやっています。ツイログに登録していない深澤諭史弁護士や小倉秀夫弁護士のツイートは、その場その時の場当たり式な発言かと思えることがありますが、より確信的で計算したツイートに見えます。

 また14件ほど新着ツイートが更新になっていたモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインを読み込みました。その最新から3番目が次のツイートですが、これもなかなか考えさせられる深いことが書いてあるツイートです。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/30 22:20 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/637978238757769216
我々法律家や法学者にとっては、法案が違憲かどうかはかなり重要な問題。法案に反対する人たちにとっては、法案が違憲だという学者の意見はとても心強く、その意見に基づき法案の廃案は当然だと主張する。この主張は廃案以外の修正案を排除するほど強い。しかし、(続く

 深澤諭史弁護士の方はいくらか私のツイートを読んでいてそれを意識したタイムラインの変化も感じることがあるのですが、名誉毀損で刑事告訴するとまでネットで公言をされているモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)には、そういう反応は感じられません。割と長い中断は時々あります。

 中断と沈黙というのは実質的にはまるで違うものですが、形式的にも外観的にも外からは見分けのつけようもなくどちらとも判断のつけにくいものであり、再開した後のツイートの内容で推し量ることが出来るぐらいかと思います。

 確認のため調べたのですが、「閑話休題」の用法が間違っていたようです。それはさておき、とか、ところで、という言葉と同じく、本題から外れた余談から本題に復帰する時に使う言葉のようです。では、ちょっと本題から外れます。

 今、録画していた夕方のバンキシャ!という情報番組をレコーダーの再生で観ているのですが、数日前から決まって見かけるようになった統計で9月1日が最も子どもの自殺が多いという問題に関連して、フリースクールの生活が映像で紹介されています。

 80人がいるフリースクールということですが、一部に例外があるのもの殆どの人が顔出しで出ています。アップでコメントをしているのも少年で15歳と年齢も出ていますが実名も「いじめを受けていた」という活字とともに字幕に出ています。

 法律的には判断力が十分ではないとされる年齢かとも思いますが、本人の意志と承諾でこのような映像が放送される時代にもなったようです。なにか時代の最前線のようなものも感じました。現状を変えようとする時代の動きも感じられます。

 同じ録画の番組で、国会を取り巻いたという安保法案反対の集会の様子も見て、民主党の党首だったか忘れましたが岡田とか言う人物の姿も見かけました。いろいろと考えるところがあったのですが、その少しあとに小倉秀夫弁護士のツイートを見て、自分の感覚で2,3週間ぶりにレスを入れました。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/30 19:06 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/637929411891720194
まあ、若い男たちから真っ先に前線に送られるんでしょうね。RT @MDCtoGO: @Hideo_Ogura @nobuyoyagi 前線に行きそうな人ってどんな人なんですかね笑?

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/31 00:17 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/638007729009786880
@Hideo_Ogura @MDCtoGO @nobuyoyagi 小倉秀夫弁護士のような上面を引っ掻き回すような発言を軽く見て放置しておくことが、なによりも戦争や天災以外での不幸せへの最短経路になりそうです。無害化するか、毒をもって毒を制すで弁護士業界の打撃を期待するか。

 本文を告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)にAPIで投稿したので、そちらもメンションが届けられそうです。ブロックされていれば届かないでしょうが。内容が同じでも廣野秀樹(@hirono_hideki)とはタイムラインの流れが違います。

 廣野秀樹(@hirono_hideki)のフォロワー数は、また幾らか減っていて、現時点で4,974となっています。星の数ほどあるTwitterのアカウントかと思いますが、それも現実の一面だと受け止めていますし、フォロワーが減るような要因が自動投稿にあるとも考えています。

 久しぶりの返信ツイートだったこともあり、先頭にに.(半角ピリオド)をつけることを忘れてしまいました。何度か説明を書いていると思いますが、これをつけないと通常のタイムラインにそのツイートは流れず、「ツイートと返信 」のタイムラインを開かないと目にとまらないことになります。

 録画のバンキシャ!、再生を再開してまもなく、およそ10万人に拡散されました、というナレーションとともに画面には「93,883 リツイート」というツイートの映像か写真が出てきました。日本語のツイートでこれだけのリツイート数を見たのは初めてかと思いました。

 「自殺の誘発も考え、一時はツイートの削除も検討。図書館の役割を考え、削除しないことに」とのことです。弁護士会の役割についてもあらためて考えが浮かびましたが、弁護士会のツイッターアカウントというのは群馬、広島などいくつか見ているものの認証済みはまだ一つも見ていません。

 弁護士のツイッターの認証済みアカウントを見たのは、はっきり思い出せるのは元行列のできる法律相談所のメンバーで国会議員になった丸山弁護士ぐらいですが、他にも1つ、もしかすると2つあったかもしれません。でも全く思い出せないので、丸山弁護士だけかもしれません。

 弁護士の社会的な影響力、発言力の低下というのも右肩上りで感じるところですが、それと相対をなすように私も迷いと圧迫感が軽くなり、霧が晴れたように視界が広がってきた気分でいます。安田好弘弁護士の光市母子殺害事件の刑事弁護で、致命的に深い痛手を負ったとも考える業界でもあります。

 時刻は8月31日8時49分になっています。また電気とテレビをつけたまま寝ていました。今タイトルを確認すると、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)について振り返る、とありました。

 「ギャラリー」をキーワードにしたツイートは、Twitterの高度な検索からプログラムを使って機械的に収集したものです。

 最新の投稿日時を確認すると「2015/08/30 19:48」、その一つ前を見ると「2015/04/18 23:07」となっているので4ヶ月以上の間があるようです。私の中では銭湯の脱衣場で思い出した直後に目にした最新ツイートだったので、運命的なひきあわせも考えてしまいました。

 最も古いものを確認すると「2011/02/04 22:06」となっていて、「2008年12月に登録」という事実と照らし合わせると、比較的最近になって使い始めた言葉らしいということもデータをまとめたことでわかってきました。

 私の場合、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)との関係はTwitterよりは、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が開設していたブログのコメント欄でのことが大きく、精神的にもネットの情報公開で救済を求めるという活動にも、大変な打撃を受けたという経緯があります。

 Twitterでもこれまで、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)との間に衝突のようなやりとりは何度かあり、そのつどブロックをされても来ましたが、すべてはモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログ主時代のことに起因があるものです。

 Twitterでのモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の私に対する対応はすこぶる攻撃的でもありましたが、それが彼の言うギャラリーの存在を意識したものということは、迷惑を受けているようにも振る舞い自己の正当性を強調するとともに私の社会的な評価の低下を狙ったものと言えます。

 小倉秀夫弁護士にも共通するかと思いますが、なんのためにネットで事件の情報まで公開しているのか、という私や被害者AAさん家族の事情や立場をまったく顧みず、被害妄想やストーカーと示唆したことは一月ちょっと前の7月23日頃のこととして記録もしてあります。

 日付のことは確かな記憶の自信がないですが、その場の状況もモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログのコメント欄での仕打ちまで遡って初めて本来の意味が見えてくるものです。元検事の正統な弁護士を売り物にするプロフィールという姿勢も全く変わりがありません。

 ただ、私としても自分の抱える問題や立場を十分に理解してもらえるだけの説明をしてきたかとなると不十分さは否めず、それに向かうところでモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に足元をすくわれ、出る杭を打たれたという一面があるかと思います。

 最近になって私は本書で被告訴人安田繁克や被告訴人安田敏、被告訴人多田敏明のこと、被害者AAさんとの事実関係を本書に記述するとともにネットでリアルタイムに情報を公開するようになりました。これは本来、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログの時代にやっていたことです。

 元検事の弁護士ということを売り物にして信者のような支持者、常連のコメンテーターを多数抱えていたのがブログ主とも称していたモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)です。

 私はそのブログのコメント欄で長い間、無視をされた挙句、些細なことをきっかけに常連のコメンテーターらに集中砲火のような攻撃を受け、ブログ主がいないときに限ってなどと出てきたモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)にとどめのような全否定とともに引導を渡されました。

 私がモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログのコメント欄に固執をして発言を繰り返したというのも事実ですが、刑事司法や刑事弁護に対する不信感や問題意識を理由にしたもので、法的救済という出口を探し求めるあがきもあって、疑問をストレートにぶつけていました。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)にはコメント欄で、「私怨をまきちらすな」というようなことも言われたと強く記憶に刻まれていますが、そのコメントは比較的早い段階に削除されたのか、探しまわっても見つかりませんでした。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログのコメント欄でしめだしを受けた時期ですが、年はすぐに忘れてしまいます。そのつど確認するのに探す情報は、秋葉原無差別殺傷事件のことです。事件があった月の中頃のことで、月は6月だとはっきり憶えています。

 今、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインの最新状況を確認したのですが、リツイートばかり15件並んでいて、その前の本人のツイートは「2時間前」となっていました。安保法案の国会前デモ関連のリツイートがほとんどになっています。

 秋葉原無差別殺傷事件は2008年6月8日と確認しました。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログのことは、7年以上前の記憶をたぐることにもなるので手間が掛かりそうです。

 今日の朝、テレビの画面を見ていて思い出したこともあるのですが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の悪影響の深刻性を浮き彫りにするためにも、被害者AAさんの父親AKとの関係について先に書いておきたいと思います。

2015-08-31 月曜日 10:20 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

金沢セクハラ裁判にみる市場急配センター(石川県金沢市)の組織的犯罪活動とそれを事実上隠蔽した複数の金沢弁護士会所属弁護士の法的責任 2015-08-30 日曜日 21:33 <<

* 金沢セクハラ裁判にみる市場急配センター(石川県金沢市)の組織的犯罪活動とそれを事実上隠蔽した複数の金沢弁護士会所属弁護士の法的責任 2015-08-30 日曜日 21:33 <<

2015-08-30 日曜日 12:34 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

深澤諭史弁護士のストーカーに関するツイートと照らし合わせて振り返る、本件告訴及び非常上告事件に関与した金沢弁護士会所属の弁護士たちの対応と姿 2015-08-30 日曜日 11:13 << : 金沢地方検察庁御中 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/2015-08-301113-.html

 引用資料というのを3つ貼り付けてからタイトルを決めました。タイトルとは内容が離れた末のことになりますが、上記のブログ記事として投稿した項目から枝分かれ的に派生したものとして本項目を新設しました。

 ネットで検索をしたところ思ったより情報が乏しく探しづらくもあったのですが、とりあえず次の3つを参考資料として収集しました。「セクハラ 輪島」ではヒット数もわずかでしたが、金沢セクハラ事件などというタイトル名で扱われることが多いようです。そういえばと思いだしました。

引用資料1
(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.mykomon.biz/harassment/hanrei_sekuhara/hanrei03.html セクハラの判例-3|社長のための労働相談マニュアル

金沢セクシャルハラスメント(建設会社)事件 上告審 最高裁 平成11.7.16、控訴審 名古屋高裁 平成8.10.30、金沢地裁輪島支部 平成.6.5.26

概要

原告は家政婦として勤務。社長(土木会社経営)が「ちょっと背中を流してくれ」「5,000円あげるからやらせてよ」といったり、スラックスを下着もろとも引きずり下ろし 性交渉しようとしたこともあった。

原告が性的関係を拒否すると、社長は嫌がらせ行為(反抗的な態度に対し平手で殴ったり、ボーナスを無支給とした)を繰り返した。原告はこれに抗議する意味で、「みだらな行為を仕掛けた」と言いふらしたため、社長は原告を解雇した。

これに対し、慰謝料500万円と弁護士費用を請求。

判決

金沢地裁は、社長及び会社に対し、慰謝料80万円の支払いを命じた。ただし、原告の仕事ぶりなどから解雇は有効とした。

控訴審の名古屋高裁は、第一審より多い慰謝料120万円、及び弁護士代18万円の支払いを命じた。

ただし、ボーナスの不支給及び解雇は、勤務成績・態度等から仕方がないこととして、この違法性を否定した。

企業側はこれを不服として上告したが、最高裁はこれを棄却し、原告勝訴。

出典・参考:セクシュアル・ハラスメント法律相談ガイドブック(第二東京弁護士会)、職場のトラブル解決の手引き-個別労働関係紛争判例集-(日本労働研究機構編)

(引用終了)

引用資料2
(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.waseda-hm.com/article/13797771.html セクハラ行為(金沢セクシュアル・ハラスメント事件) ~最高裁第二小法廷判決 H11/7/16~

事実の経緯
XはY社の代表取締役Y2の下で家政婦として働いていた。Y2はXに対して執拗に性交渉を迫り、また日常の中で性的言動を継続させていた。これに対してXは明確に拒絶をした。その後、Y2は仕事の仕方を注意するなどしていき、お互いに不信感を募らせていった。あるときY2はXの行動について非難したところ、Xが反抗的態度をとったため、Y2は激怒してXを殴打した。また、他の従業員に支払っていた賞与を支給しなかった。(ただし、Y社に賞与支給の規定はない)Xは賞与支給に関してしつこく抗議を繰り返した。Y2が解雇予告手当を提示しXを解雇すると、解雇は違法だとして、Y社に対して損害賠償を請求した。


判決の骨子
職場で男性上司が女性部下に対して地位を利用して女性の意に反する性的言動を行った場合、行為の様子、男性の職務上の地位、年齢、被害女性の年齢、婚姻歴の有無、両者のそれまでの関係、言動の場所、繰り返しの有無、被害女性の対応などを総合的にみて、社会的に許されない程度であれば、性的自由や人の尊厳を傷つける違法行為である。本件では、Xに性行為を迫るY2の強制猥褻行為は違法であり、性的言動も社会的に許されず、Xの尊厳を損なう違法行為である。また殴打も違法行為である。しかし、Xが拒絶をして示して以降、Y2がXに仕事の仕方を注意したことは業務上の対応であり違法ではない。また、賞与は明確な支給規定が無いため具体的権利を有しない。そして、本件解雇については、雇い主との信頼関係が要求される家政婦の職務内容とXの家政婦としての能力に疑問があり違法とはいえない。


ポイント解説
セクハラ行為者と被害者の関係は、人間的関係から生じるのであり、当事者の関係性を考察するべきということを示唆した。

(引用終了)

引用資料3
(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.jil.go.jp/hanrei/conts/091.html (91)【女性労働】セクハラとは何か|労働政策研究・研修機構(JILPT)

モデル裁判例の事例は最高裁判所として初めて、高等裁判所が示したセクシュアル・ハラスメント(以下S.H.)の結論を支持し、間接的にS.H.の判断枠組みを承認したという意味で極めて重要である。

地方裁判所や高等裁判所の判決は、性的自由や人間の尊厳あるいは良好な職場環境で労働者を働かせるという使用者の義務を設定した上で、契約違反や行為の違法性を認めてS.H.の行為者とその会社に法的責任を負わせ、被害者の損害賠償請求を認めるという方法をとっている。損害賠償責任が認められる条件は、契約違反(債務不履行)か権利侵害(人格権侵害)又は注意義務違反(使用者の良好な職場環境を整える義務違反)が認められることである。

職場のS.H.の行為者と被害者の関係は、職務に関連した男女の関係であり、S.H.は、労働者と会社の契約関係よりも、より人間的な関係から生じる。すると、S.H.が人間の尊厳を傷つけたり、良好な職場環境で働かせる使用者の義務に反しているかを判断するに当たっては、幅広く当事者の関係性を考察することが必要となる。

したがってモデル裁判例は、のちの別の事件において労働者の権利の侵害や会社の義務違反の有無を判断するに当たって非常に重要な意味を持つ。

なお、会社側の法的責任を裁判で立証するため、労働者は会社や関係機関が有している当該事件に係る資料を収集する必要がある場合が多い。このような事件のため、民事訴訟法には文書提出命令申立制度が設けられている(民訴法220条)。しかし、S.H.に係る文書提出申立について裁判所は、文書を開示することによる個人のプライバシー侵害など文書を所持する側にとって大きな不利益の招来が懸念されることなどを理由に申立を退けている(A社(文書提出命令申立)事件 神戸地尼崎支決平17.1.5 労判902-166)。

(引用終了)

 私の記憶にある情報では、原告が輪島市在住の女性、被告が鳳至郡能都町宇出津(現在は鳳珠郡能登町)の建設会社社長(土木会社とも)で、どちらも金沢地方裁判所輪島支部の管轄になるものと思われますし、一審の判決も輪島支部で出ているようです。

 金沢地方裁判所輪島支部なので、金沢セクシャルハラスメント事件などという名前になるのかと思いますが、金沢弁護士会の複数の弁護士が関与しているので裁判の実質をみるとそうなるのかとも考えます。裁判当時は輪島市に弁護士がいなかった可能性も高いはずかと思います。

 やはり思ったより情報が乏しいようです。数年前には同じGoogleの検索でも情報量が多かったと思いますが、年月の経過のためか、あるいはセクハラに対する世間の関心が薄れたためもあるのかずいぶん情報量が少なくなっています。

 私が以前調べたというのも、まだ羽咋市のアパートに住んでいる頃のことで7年ぐらいは前になるのかとも思います。今回、関与した弁護士の氏名を探しまわったのですが見つからず、それらしい記憶のあった弁護士の名前で調べると、それらしいものが見つかりました。次の引用です。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://knzwls.w3.kanazawa-u.ac.jp/staff/profprofile2.html 担当教員の紹介|金沢大学 法科大学院 Kanazawa University Law School

氏  名 西村 依子
現  職 弁護士
担当科目 紛争とその法的解決II
最終学歴・取得学位 名古屋大学法学部
弁護士登録年月 1985年4月
所属弁護士会・所属事務所名 金沢弁護士会・あおぞら共同法律事務所
主な取扱事件,公職等(最近5年間の主なもの) 金沢家庭裁判所 家事調停委員
石川県いじめ問題対策特別委員会委員
石川県 要保護児童対策協議会専門家チーム委員
法務省人権擁護委員、同連合会金沢協議会長
金沢市男女共同参画苦情処理委員

一般民事、刑事、家事事件、債務整理、破産等
・対西日本ジェイアールバス株式会社 の年休裁判
 (名古屋高裁金沢支部 平成10年3月16日判決)
・奥能登セクハラ事件(最高裁 平成11年7月16日判決)
・星稜高校セクハラ事件(金沢地裁 平成14年6月11日判決)

(引用終了)*

 現在は金沢弁護士会の会長にもなっている西村依子弁護士のプロフィール紹介のような情報です。初めて見たものですが、「奥能登セクハラ事件」となっていて平成11年の最高裁判決という時期をみても、輪島支部の裁判に間違いはなさそうです。

 ここで一つ気になったことがあります。ここでもセクハラ事件となっていることですが、私はこれまで事件というのは刑事事件や警察で扱われた問題のことを指すものと考えていました。事案という言葉も見かけることがありますが、より悪質なものと誤解の与えそうな表現にも思えます。

 私が忘れていただけと思いますが、今日になってこのセクハラ問題を調べたことで、最高裁まで行ったのかと思いました。自分自身が経験したことでもあるので調べもして知っているのですが、民事裁判の控訴や上告は、手続きだけでも金銭的な負担が大きいと聞きます。

 泥仕合や水掛け論の様相もうかがえる裁判ですが、被告の社長もよほど納得がいかない裁判だったのかとあらためて考えました。数年前に故人になられたとは聞いています。近所ではないですが、家のある場所も知っています。地元では他に民事裁判に巻き込まれたという話はほとんど聞きません。

 西村依子弁護士とは面識があるというほどではないですが、一度、法律相談を受けているので、私の方はよく憶えています。平成9年の秋のことかと思いますが、詳細は「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」か、本書の作成の初めの方に書いていると思います。

 上記に3つの引用資料をご用意しましたが、ざっと目を通すにもそう多くはない分量かと思います。前に読んだ時から時間が経ちすぎているということもあるかと思いますが、初めて知ったように感じるような事実というか事実の主張あるいは事実の認定がいくつかありました。

 被告側の弁護士に関しては未だに情報を見たことがないのでわかりませんが、本人訴訟で弁護士をつけていないとも聞いていないので、一人ぐらいは代理人として弁護士をつけていたと考えられます。それにしても被告側の具体的な反論というのも見た記憶はありません。

 これも今日、調べて気づいたことですが、この裁判はセクハラ事件として最高裁が初めて判断を出した裁判のようです。判決とあるので最高裁では異例と聞くことの多い口頭弁論も開かれた可能性があるようです。

 実態に踏み込んだ具体的な情報が見つからず残念ですが、さきほど作業の合間に深澤諭史弁護士のタイムラインを再読み込みしたところ、取り上げたかった趣旨として関連のありそうなツイートを見つけたので、そちらを掲載してご紹介したいと思います。趣旨のテーマは利権です。

 コピペの作業に取り掛かろうとしたのですが、微妙に関係がありそうなリツイートが2件増えていました。画像のグラフで基本的欲求、成長欲求などと書いたものもあります。そういえば基本的人権という言葉があることを思い出しましたが、見かけることが少なくなっている感じです。

 基本的欲求というリツイートですが、APIで取得したデータには見当たらず、もしやと思い先に見ていたブラウザのページを再読み込みしたところ、リツイートされていたツイートが消えていました。どうもリツイートの取り消しをしたようです。元のツイートのアカウントは見覚えるある。

 リツイートやお気に入りはあとでいつでも取り消しができるので、こういうことは他にもありうることです。取り消されたリツイートは最新から2番目のものだったので、深澤諭史弁護士はすぐに気が変わるようなこともあるようです。数日前にも一つツイートの削除を見ています。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/30 13:11 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637839984402128896
RT @meow164: 平和を口にすると左翼野郎と罵られ、
情熱を口にすると暑苦しいと笑われ
環境を口にすると偽善だと攻撃され、
理想を口にすると現実は甘くないと、
博愛を口にすると狂っているのかと、
救済を口にすると自己責任だからと、
一蹴されるのが日本のスタンダード。
ど…
元のツイート)→ 投稿者:meow164(とみ) 日時:2015/08/30 11:54 ツイート: https://twitter.com/meow164/status/637820693325811712
平和を口にすると左翼野郎と罵られ、
情熱を口にすると暑苦しいと笑われ
環境を口にすると偽善だと攻撃され、
理想を口にすると現実は甘くないと、
博愛を口にすると狂っているのかと、
救済を口にすると自己責任だからと、
一蹴されるのが日本のスタンダード。
どんだけこじらせてるんだ。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/30 12:12 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637825314698104834
RT @lawyerhotaro: 死ぬほど仕事に行きたくないときは東弁図書館行くといいです。マジで。こんな本あるんだ~とか、こんな分野で頑張ってる人いるんだ~とか、知的好奇心くすぐられて何となくやる気がでます。上の階で意味なく昔の新聞を見るのも気晴らしになります。さすがに一日…
元のツイート)→ 投稿者:lawyerhotaro(ほうたろう) 日時:2015/08/30 12:09 ツイート: https://twitter.com/lawyerhotaro/status/637824415200231424
死ぬほど仕事に行きたくないときは東弁図書館行くといいです。マジで。こんな本あるんだ~とか、こんな分野で頑張ってる人いるんだ~とか、知的好奇心くすぐられて何となくやる気がでます。上の階で意味なく昔の新聞を見るのも気晴らしになります。さすがに一日いると事務所から怒られますが。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/30 11:32 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637815087491747840
RT @seikoito: 「今日から赤ずきんちゃんは狼を食ったという話にする」「いやそうは読めない」「そう書いてあると確信する!」「話が変だし」「私にまかせろ」「あんただから心配なんだ」「食わないと攻めてくる、狼が」「だからって話の解釈を変える権利は」「ある。採決します!」
元のツイート)→ 投稿者:seikoito(いとうせいこう) 日時:2015/07/17 20:09 ツイート: https://twitter.com/seikoito/status/622000041159360512
「今日から赤ずきんちゃんは狼を食ったという話にする」「いやそうは読めない」「そう書いてあると確信する!」「話が変だし」「私にまかせろ」「あんただから心配なんだ」「食わないと攻めてくる、狼が」「だからって話の解釈を変える権利は」「ある。採決します!」

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/30 10:51 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637804829050433537
>RT
利権と面子って、いつだって問題をややこしくするな。
まあ、今日に始まったことではないが。
(・∀・;)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/30 10:50 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637804662142316544
RT @lawkus: 今後司法試験制度ってどのようになって行くと思いますか?
また、ローカスさんはどのような制度である事が望ましいと… — 誰でも受けられる制度が望ましいので、LS卒を受験要件から外して予備試験を撤廃するのが理想ですが、利権もあること… http://t.co
元のツイート)→ 投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/30 10:48 ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/637804053041414144
今後司法試験制度ってどのようになって行くと思いますか?
また、ローカスさんはどのような制度である事が望ましいと… — 誰でも受けられる制度が望ましいので、LS卒を受験要件から外して予備試験を撤廃するのが理想ですが、利権もあること… http://t.co/x7oUckFt1s

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/30 10:34 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637800573857755137
私個人は法科大学院の授業には、学費分以上の価値があったと思う。
制度が面子と利権で迷走を続けて、関係者に多大な迷惑をかけているのは事実だけれども、いいところはいいとおもう。
(・∀・)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/30 10:33 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637800189886005249
RT @shine_sann: 私は法科大学院は学費払うだけの価値なかった、返せと本気で思っていますが、法科大学院が給費制廃止に異議を唱えなかったのは「給費制維持ならその分だけ法科大学院の補助金削るからそこんとこよく考えて発言せえよ」と脅されたせいなので、そこを責める気は無いで…
元のツイート)→ 投稿者:shine_sann(しゃうと) 日時:2015/08/30 10:29 ツイート: https://twitter.com/shine_sann/status/637799170485583872
私は法科大学院は学費払うだけの価値なかった、返せと本気で思っていますが、法科大学院が給費制廃止に異議を唱えなかったのは「給費制維持ならその分だけ法科大学院の補助金削るからそこんとこよく考えて発言せえよ」と脅されたせいなので、そこを責める気は無いです。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/30 10:23 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637797803972890624
(^ω^)お前ら成仏、俺天下り♪
(^ω^)お前ら借金、俺達補助金♪
(^ω^)俺達が給料もらえるのは当然だが、お前らは食っていけると思うなよ(笑)
・・・・
(;^ω^)志願者激減の原因について一緒に考えて欲しいお
(・∀・)つ鏡

司法改革コント


リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/30 10:19 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637796679253520386
RT @Hideo_Ogura: 司法修習の給費制維持に反対した法科大学院の先生方は、それが法曹への道へのハードルを高くし、法科大学院進学志望者を減少させることに繋がるとどうして気がつかなかったのだろう。
元のツイート)→ 投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2014/04/09 01:28 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/453570073228095489
司法修習の給費制維持に反対した法科大学院の先生方は、それが法曹への道へのハードルを高くし、法科大学院進学志望者を減少させることに繋がるとどうして気がつかなかったのだろう。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/29 21:03 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637596549749436416
RT @kasumi_shiro: 小さな支部でDV夫に保護命令を出したら 裁判官もグルだと言われ、その後に担当した離婚訴訟では忌避の申立てをされるは、脅迫的言動をされるはで、大変だった。http://t.co/AMB1nys2Xw
元のツイート)→ 投稿者:kasumi_shiro(霞 司郎) 日時:2015/08/29 11:56 ツイート: https://twitter.com/kasumi_shiro/status/637458758927413248
小さな支部でDV夫に保護命令を出したら 裁判官もグルだと言われ、その後に担当した離婚訴訟では忌避の申立てをされるは、脅迫的言動をされるはで、大変だった。http://t.co/AMB1nys2Xw

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/29 20:56 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637594654439944192
>RT
DVとかストーカー事案であるある、ですな汗

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/29 20:55 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637594499267465216
RT @kmuramatsu: ああ。もうね。>RT
元のツイート)→ 投稿者:kmuramatsu(nsʇɐɯɐɹnɯʞ) 日時:2015/08/29 20:54 ツイート: https://twitter.com/kmuramatsu/status/637594235101839360
ああ。もうね。>RT

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/29 20:55 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637594406560751616
RT @kasumi_shiro: かつて、自分はDV冤罪被害者だと訴える当事者(本人訴訟)を見たが、思考や行動は真のDV加害者のそれであった。
元のツイート)→ 投稿者:kasumi_shiro(霞 司郎) 日時:2015/08/29 15:01 ツイート: https://twitter.com/kasumi_shiro/status/637505416524468224
かつて、自分はDV冤罪被害者だと訴える当事者(本人訴訟)を見たが、思考や行動は真のDV加害者のそれであった。

 ストーカーの関連するものですが昨夜に読んだ深澤諭史弁護士のツイートまで遡ることになりました。

 司法制度改革への不満を利権と決めつけているのも相変わらずです。ちょうどセクハラという社会問題も弁護士界が利権獲得のための新規開拓分野として世の中に広めたのではないかと考えていたところでした。比較の上で北海道は新の意味での開拓精神の土地だと思います。

 今朝の情報番組だったと思いますが、東京オリンピックについてケチがつきまくっているというような発言を耳にしました。私は今の社会のあらゆる場面で弁護士が暗躍的に、あらゆる問題にケチをつけまくり、火事場泥棒的な利権を狙っているようにも見ています。これも弁護士泥棒神社の定義の一つです。

 ここ数日、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートのことはほとんど意識しないでいたのですが、今しがた、タイムラインの更新ツイートを見ると、久しぶりに本書への掲載という触手を動かされるものがありました。

 関連したツイートやリツイート含めると数が多くなるので、おさえて2つに絞っておきます。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/30 09:40 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/637787001836716032
言論の自由の範囲内かどうかという問題と、ある発言をした人間がどういう評価を受けるという問題は、別問題である、ということを理解してない人が多そう。「あべしね」も「ブタ左翼皆殺し」も似たようなもの。参考意見として。> @kazumyagu

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/30 09:00 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/637776948178108416
佐野研二郎とその作品の評価は地に堕ちた。エンブレムを見るたびに日本の文化水準の低さを世界に晒しているようで恥ずかしくなる。こんなエンブレムを使う企業がいるのだろうか?オリンピックという大舞台でこんなことをする佐野は業界から抹殺すべき。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が取り上げるテーマや問題はだいたい定型化していて、以前は原発や放射能問題が多く、最近は安保法案をめぐる政権批判、安倍首相批判も増えています。徴兵制問題では小倉秀夫弁護士ともかぶって、バトルもやっていたかと思います。

 弁護士が時事問題に首を突っ込み主義主張をするなとは全く思いませんが、やたらと扇情的に焚きつけることで意図的に人心や政情を不安定化させているように思えます。彼が理解という言葉を使う時も、自分は疑いのない確かな答えを持っているという前提にしていると見えることが多いです。

 別の見方をすれば、自由な言論とかいいながら不純物を大量に拾い集めては巻き込んで混濁化させ、不自由で見通しの悪い世の中にさせていると感じるのも弁護士にありがちな傾向性であり、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)はある意味、それに特化している好例に見えます。

 そういえば昨日は、直前の項目において、このままモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログのコメント欄から閉めだされた当時のことを書き連ねて行こうかと迷いました。時間が経っているので骨の折れる作業にもなりそうでためらいがちです。

 本書(告訴状)の完成までやり残していることはまだまだ沢山あるので、できるだけ効率的に作業を進め目鼻立ちをはっきりとさせていきたいという意識も日毎に強くなっています。夜を日についで、残っていることを少しでも減らすように頑張りたいです。残っていることはだいたい把握できています。

 さて、本筋に戻したいと思います。引用資料3になりますが、「注意義務違反(使用者の良好な職場環境を整える義務違反」という記載が目にとまりました。これが本項目のタイトル名に影響しています。

 私は民法の本格的な勉強も平成10年辺りからしていないので、新しい権利概念も増え判例で確立したようなものもあるのかと思いますが、職場環境を良好に整える使用者の義務というのは初めて見ました。

 職場における使用者の義務といえば債務不履行の一つにもなる「安全配慮義務違反」のことは以前勉強をしていた頃から知っていましたが、これほど抽象的であやふやに見える法的義務を見たのも初めてのことで、いささか驚いています。それもセクハラ問題にからめているようです。

 そういえば何度か欠かしながら「エイジハラスメント」とかいうドラマを何度か視聴していますが、誇張が目につくドラマの中の世界でも、これほどあやふやな法的義務は出てきていないように思います。ドラマは弁護士業界の広告塔のようなものかと思いつつ視聴しています。

 このドラマは21時の放送枠で同じ曜日の22時枠には別のチャンネルか忘れましたが、「探偵の探偵」というような題名のドラマが、確か同じ日からスタートしていました。「探偵の探偵」の方は初めの1回だけ見て、非現実的な女性による暴力シーンが多いのにうんざりして視聴をやめました。

 その「探偵の探偵」というドラマのなかに一つだけ印象的で記憶に残る場面がありました。年々も前に流行した「別れさせ屋」の話で、「依頼だけ受けて何もしない。男と女は何分の一かの確率で必ず別れる。何もしないでもその確率で成功報酬が転がり込む」というような台詞です。

 「何分の一」というのはドラマのなかで3分の1か4分の1という具体的な数字になっていたと思いますが、はっきりと聞き取れず数字を記憶に残すことが出来なかったので「何分の一」としておきました。これは本当に弁護士の仕事に通じそうな話だと感心しました。

 時刻は16時49分になっています。今日は珍しく昼前から一度もテレビをつけていないのですが、外は真夜中のように静かです。日曜日ということもあると思いますが、昼間がこんなに静かなものかと久しぶりに思いました。昼ごろに降っていた雨はあがっているようです。

 私は過去に法律の勉強をしているので使用者責任のこともだいたいは理解できているつもりです。民事訴訟の構造上、判決はケースバイケースで参考にもならないものがほとんどかと考えています。

 ただ、2,3日前のことですがテレビで久しぶりに使用者責任という言葉を聞いたところでした。最近になって大きな関心事となっている山口組の分裂と抗争勃発の不安ですが、それに関連してテレビの解説者が、数年前の暴対法の改正で、組長の使用者責任が明文化されたと説明していたことです。

 久しぶりに製造物責任法(PL法)のことも思い出してさきほど調べてみたのですが、思っていたより早くから成立、施工された法律でした。テレビで見かけることは全くといってないので、どうなっているのかと思いましたが、法律が廃止されたということはまず聞かない話です。

 廃止されたといえば尊属殺人の規定ぐらいで、歴史を大きく遡れば姦通罪や治安維持法などもそれにあたるのかもしれません。

 製造物責任法というのはちょうど私が熱心に法律の勉強をしている頃の問題で、現在の安保法案や幾らか前の秘密保護法が注目されたのといくらか状況が似ていそうです。製造物責任法の頃はインターネットの普及もなかったと思いますので、別の違いもありそうです。

 別の違いの最たるところは、SNSでの弁護士の積極的な発言があります。ついつい自分の経験を基準に考えてしまいますが、私は2010年の4月2日からTwitterを始めており、それ以前のこととなるとほとんどわかりませんし、Twitterを始めた動機もアプリを試してみたという偶然です。

 さきほど新着で読み込んだ落合洋司弁護士(東京弁護士会)のタイムラインに気になるツイートがありました。意図したものなのかリンクがヤフーのトップページになっていて、それらしい記事のリンクも一覧には見当たらなかったです。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/30 11:58 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/637821595344486400
神戸山口組と大阪維新の会。→<橋下新党>11月までに結成 維新から20人弱合流 http://t.co/I4YjcKVGOI

 大阪府知事や大阪市長(たぶん現役?)だった橋下徹弁護士が日本最大の暴力団といわれる山口組の構成員とともに新たな政治政党を結成し立ち上げる、と読めるようなツイートになっています。落合洋司弁護士(東京弁護士会)は何を考えているのかますますわかりづらくなってきました。

 いくらなんでも、反社会的勢力として特別な法律の規制の対象にされるような団体と、国政の一翼を担う政治政党が一体化し、国民の支持を集め選挙で議席を獲得できるとは考えられないことで、漫画にも出てこないような発想ですが、それを弁護士の立場で・・・、どうにも理解できないです。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)の現在のTwitterのプロフィールには「平成元年検事任官。東京地検公安部等に勤務し平成12年退官。」という記載もあります。公安部の検事をしていたというのも、初めてブログを見た2005年の11月頃から一貫して売り物にしているようです。

 弁護士の広告が全面禁止になっていた時代からは全く考えられないことです。今でもそういう時代があったことを知る人の方がわずかとも思いますが、私もその時期を忘れ、思い出す度に調べなおしています。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://kounomaki.blog84.fc2.com/?mode=m&no=60 元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記 「弁護士広告」解禁論議が残したもの

テレビで弁護士のCМが普通に流れている時代、いまやかつて弁護士の広告が規制されていたことを知らない人も多くなりました。もちろん、弁護士だって事業主なのだから、普通の商店のように、広告はうつだろう、と市民が思っていても、不思議なことではありません。

 しかし、以前にも書きましたが(「悩ましい『弁護士広告』」 )、1987年に「原則禁止・一部解禁」になるまで、弁護士の広告は全面的に禁止され、2000年にようやく全面自由化された経緯があります。

 当時、弁護士が広告の解禁に舵を切ったのは、彼ら自身がその業務上の必要性、つまりビジネス上の必要性にかられて、これを求めた結果、というわけでは必ずしもなかったと思います。当時の弁護士は、解禁賛成派も含めて、その多くは、広告自体には消極的でした。それが証拠に、解禁後、われもわれもとメディアに広告を出したわけではなかったのです。

(引用終了)

 上記の引用ですが調べてみると意外なことが見つかりました。「1987年に「原則禁止・一部解禁」になるまで、弁護士の広告は全面的に禁止され、2000年にようやく全面自由化された経緯」という部分です。

 昭和62年に一部解禁と読めますが、私が法律の勉強をしていた平成6年〜平成10年ぐらいの頃でも、広告はすべて禁止のような話になっていて、得意分野を明示することも出来ないことになっているという話でした。

 時刻は21時30分です。ちょっと寄り道をしたくなったので、しばらく記述の対象ははそちらの新規項目に移りたいと思います。寄り道と行っても気まぐれや、閑話休題のようなものではないです。緊急的に独立して取り上げておく必要を感じた最先端の事柄です。

2015-08-30 日曜日 21:33 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深澤諭史弁護士のストーカーに関するツイートと照らし合わせて振り返る、本件告訴及び非常上告事件に関与した金沢弁護士会所属の弁護士たちの対応と姿 2015-08-30 日曜日 11:13 <<

* 深澤諭史弁護士のストーカーに関するツイートと照らし合わせて振り返る、本件告訴及び非常上告事件に関与した金沢弁護士会所属の弁護士たちの対応と姿 2015-08-30 日曜日 11:13 <<

2015-08-28 金曜日 22:32 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 まずは「ストーカー」をキーワードに含む深澤諭史弁護士のついーとを掲載してご紹介しますが、これは「Twitterの高度な検索」の検索結果からツイートのURLを取得したプログラムによる自動処理で集めたツイートです。

 私の経験上、「Twitterの高度な検索」は検索結果の精度に疑問があり、取りこぼしがあるように思います。ツイログの方が精度に信頼がおけるのですが、深澤諭史弁護士はツイログに登録をしていないので、過去の遡ったツイログのデータの利用は出来ません。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/28 22:39 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/637258110059417600
2015-08-28-223903_このユーザーはTwilogに登録されていません(深澤諭史弁護士).jpg http://t.co/GKNwYBQE5q

 説明を補うのと確かな記録のため上記のようにスクリーンショットを撮りましたが、メッセージが出ているように最新の200件しかツイートを取得することが出来ないようです。

 効率よく過去に遡って検索をするには、「Twitterの高度な検索」を使うしかないのですが、過去に遡った検索が出来るようになったのはTwitterの仕様変更で、かなり最近のことという情報も見かけています。

 プログラムの処理と言っても何をしているのかさっぱり見当もつかない人が多いと思うので、どういう感じでやっているのかを次にコマンドの実行としてご紹介しておきたいと思います。実践的な応用ですが、シェルつまりコマンドラインの基本機能を使っています。

% grep 'a href="https://twitter.com/fukazawas/status/' w.html |sed -ne 's# l

 上記のコマンド処理では保存した、「Twitterの高度な検索」の検索結果のページから各ツイートのURLを取得し、その一覧をテキストとしてlというファイルに保存しています。

% for l in cat l; do h-api-twitter-tweet_id-format.rb $l >> f.txt; echo -e "\n" >> f.txt; done

 上記のコマンド処理は繰り返しの処理を行っています。lというファイルの各行からツイートをURLを取得し、それを引数としてAPIを使ったスクリプトからツイートのデータを取得し、その書式を加工したデータを1件ずつ空行となる改行をつけてf.txtというファイルに追加保存しています。

 何度も繰り返しますが、私の経験上、「Twitterの高度な検索」の検索結果には含まれているはずのものが含まれていないことが何度かあるので、取りこぼしのある可能性があります。また、キーワードを含まない前後の流れとしてのツイートも当然ながら取得は出来ません。

 先ほども書いたようにツイログに登録のないアカウントのツイートは最新の200件までしか取得できないとあり、個人差と日々の変動は当然にありますが、これまで見てきた深澤諭史弁護士のツイートのペースだと平均的に5日分程度かと思います。

 最近では処理を効率化する将来的な対策として、弁護士アカウントのツイートをAPIで200件ずつ記録するようにしています。完全自動に近い処理もやる気になれば出来るかと思いますが、今のところは手動でコマンドを実行し保存するようにしています。弁護士の監視こそ社会的重大事と心得ます。

 深澤諭史弁護士の場合、現在のところ次のファイルとして保存を行っています。「Twitterの高度な検索」の検索結果に信頼性が持てれば、余り必要のない記録かとも思いますが、取りこぼしを未然に防ぐための対策であり、削除によって失われるデータの保存にもつとめています。

 とにかく私の20年以上の失われた、奪われた時間と社会生活で思い知ることですが、「弁護士を見たら泥棒と思え」というのが子々孫々にも伝承したい格言です。これも弁護士泥棒神社というテーマ、社会的告発の構想をかたちづくる重要な要素の一つでもあります。

 保存したテキストファイルの内容は、「cat テキストファイル名 | xsel -b」というコマンドでクリップボードに保存してから貼り付けることが多いので、手違いが起こる可能性も少ないと思いますが、なにぶんプログラムの自動処理というのは便利なだけに確認や注意が必要と考えています。

 いくらかぼんやりとテレビを観ていましたが、JTのCMに「振り返るのは前に進んできた証拠」というメッセージがありました。

 たまたまこの項目のタイトルを考えながら、なんとなく「振り返る」という言葉を含めただけに、感慨が深くもあります。

 時刻を見ると8月29日の0時8分ということで日付が変わっていました。それでは保存してある「ストーカー」をキーワードにした深澤諭史弁護士のツイートの内容を次に掲載したいと思います。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/28 12:15 ツイート:
https://twitter.com/fukazawas/status/637101287033540608
被害者は,加害者の厳重処罰よりも隔離を強く求める傾向があるが,それは再被害を怖れているから。
逆に加害者は,自分は悪くない(逆恨みから事実すら認めないことも)から,被害者が感じる再犯の恐怖は大きい。
ストーカーに限らず,薬物等も,処罰だけでなく治療の発想があっていいと思う。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/28 12:15 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/637101193227952128
ストーカー再犯防止 警察官と医師が連携へ
https://t.co/LWlm1SUuLc

「警察庁はこうした加害者の再犯を防ごうと、警察官が専門の医師と連携して加害者に受診を促す新たな取り組みを始める方針を固めました。」


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/27 12:05 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/636736360758378496
ストーカー事件の裁判例で,不合理弁解と判断されたものには「アイツが俺の思い通りになれば,俺はこんな事件を起こさずに済んだ」→「だから俺は悪くない」→「悪くないからやっていない」
という心理の流れを感じる。この種事案に限らないが。

https://t.co/6mJC75lMMv


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/26 12:02 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/636373014221750273
ストーカーは、自己愛と自意識が異常に肥大化していて、「そんなことしても相手や周囲の理解は得られない」行為を反復する傾向もある。
「話せばわかる」「問答無用」が,ほとんど同居しており,そういう相手に「理性」を期待するのは余りに危険。

https://t.co/CpQUigcouz


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/25 12:12 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/636013227810250753

ストーカー:付き合って
被害者:嫌です

ス:話し合って真意を確かめたい
被:話し合っても私の真意は「お断り」です。

ス:なんだと!じゃあ暴力と嫌がらせをしてやる!

3の段階で「話合い」名目なので二人きりだと危険。

https://t.co/CpQUigcouz


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/24 12:36 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/635657004455866368
ストーカーも被害者も「話し合えばわかる」という点で「一致」してしまうのが,そもそもの悲劇の始まり。
世の中には,話し合うべきことと,そうでないこと,どちらもある。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/24 12:31 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/635655708696973313
メディアの取材とかで,よく「ストーカー犯罪の被害に遭わないためには?」と聞かれるが,ストーカーにはいろいろ類型があるのが,これ!というものはない。

が,必ず言っているのは,「断っているのに,話し合いたいだの,真意を確かめたいだの,言ってくる人には会ってはいけない」ということ。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/24 12:27 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/635654534841298944
しつこいラブレター、41歳男をストーカー容疑で逮捕 「当然だ」「これで逮捕は早すぎる」
http://t.co/rHyZIihh3z

賛否両論あるが,ストーカーは,真意を確認・話し合いたいアピールから,傷害,強姦,放火といった凶悪化までの「豹変」リスクがあるから難しいところ。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 11:24 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634189287211204609
>RT
これは気をつけないと。嫌がらせを繰り返し続ければ,自分の思い通りになるかも知れないと思い込んでいる可能性もあるし,そうであれば完全にストーカーの心理状態。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 09:17 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632707822199767041
ストーカーからの凶悪犯罪(傷害、殺人、強姦、放火など)で一番多いと思われるパターンがこれ。
交際を拒絶されると、「真意を確かめたい」「話し合いたい」名目で食い下がり、思い通りにならないと、凶暴化して凶行に走り、「自分は話し合いたいだけだったから悪くない」というように開き直る。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 09:15 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632707257713594368
「高齢者ストーカー」の2つのタイプを識者が指摘 夕刊アメーバニュース http://t.co/iL4QZpJJkC #news

「拒絶されても『そんなはずはない、自分が拒絶されるはずはない』としつこく食い下がり、本当に迷惑がられていることが分かると逆上するんです」


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/07/24 20:54 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/624548176960159744
オレオレ詐欺について「被害に遭わないように」という広報がよくされていますが,
ストーカー犯罪についても「被害に遭わないように」という広報がされてもいいと思います。
基本的に,概ね,凶行に及ぶ前に共通の兆候というようなものがありますので。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/07/14 11:51 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/620787626237280256
「受領拒否されたので職場に訴状を送る」って,恐ろしい発想だな。

交際を断られたし,会ってももらえないので,職場や自宅に押しかけるストーカーみたいだ。
(・∀・;)


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/06/25 18:02 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/613995676632920064
これってある意味,ストーカー的発想の典型なんですよね。
「相手は嫌がっているが,俺と交際すべきだ」「交際するための『話合い』に応じるべきだ」「応じないのは『おかしい』」
ストーカーだと話合いからあっという間に,傷害・放火・強姦といった凶悪犯罪に結びつきかねないところが危険ですが。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/06/20 14:22 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/612128407627784193
>RT
これもストーカーがよく持つ心理だな。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/06/13 12:23 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/609561826167144448
「私が相手を好きと思う気持ちはメチャクチャ神聖」
これ,ストーカーの心理なんだよな。まじで。
>RT


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/05/30 08:37 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/604431456580935680
http://t.co/NVZdUtGLjF

ニコニコ動画でストーカーが扱われていますね。

動画と直接関係ないですが,ストーカーの,相手に拒絶の意思を伝えられているのにも関わらず,「真意を確かめたい」「本当の気持ちを確かめたい」「話し合いたい」という率は非常に高いです。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/05/23 11:46 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/601942165246214144
それはそうなんだけれど,本当に弁護士にもっとストーカー,労働事件,高齢化や貧困化に伴う事件について法的支援をさせたいのであれば,経費が償える水準の法律扶助,償還免除をもっと拡大しないといけない。


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/05/23 11:44 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/601941683152883712
社説:法曹養成 人数より将来像を示せ - 毎日新聞 http://t.co/d0DITo2g66
「高齢化や貧困化に伴って、法的な支援が必要な分野は広がるとみられる。労働トラブルやストーカー事件といった今日的な課題もある。」


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/05/18 18:06 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/600225922260697088
>RT
性犯罪とか,ストーカー犯罪とか,年齢だけでなく,罪質によっても,保護処分的な配慮は必要だなって思うことがしばしばある。

特に,ストーカー犯罪は,病的なものも少なくないので,後見的・治療的な配慮は必要。

 まずは意図に反して空行が2行になっていました。深澤諭史弁護士のツイートは改行や空行が多いので、ツイートを並べるとただでさえ読みづらいので、こちらの方が見やすいかとも思いました。

 色々と考えさせられることの多い深澤諭史弁護士のツイートですが、私の言及ツイートやブログへの記事としてのまとめに対する否定的な意味での反応をやっているのかと考えることがあり、確認は難しいかもしれませんが、その可能性というのは常に意識し、念頭に置いています。

 深澤諭史弁護士のツイートを読んで感じるのは、平成4年以来、私の事件や裁判に関わってきた弁護士や裁判官に共通する認識や態度です。私は今その根本的な原因を岡田進弁護士や木梨松嗣弁護士のでたらめな刑事弁護や犯罪的の所産として検証をやっているつもりですが、拒絶は冷ややか以前に見えます。

 私はこれら弁護士の歴史的制度的に継承されてきた認知・行動パターンや精神構造にも踏み込んで検証をやるべきと考えています。放置すべきではない狂信性が垣間見えるし、これを捨象しては正しい理解は到底望めないと考えるからです。

 深澤諭史弁護士や小倉秀夫弁護士、モトケンこと矢部善朗弁護士に象徴されているとも感じますが、同業者の社会的背信行為や深刻な被害に目もくれず、弁護士として正当性や利益の追求にのみ救急とする姿は、狂信的な社会的脅威として化物とさえ映ります。これを封印するのも弁護士泥棒神社の意義。

 別の見方をすれば、木梨松嗣弁護士らの悪質で人権の破壊的な危険性を包含する刑事弁護を、同じ弁護士の業界として事実上の容認をし、社会の人々の無理解や無反応を期待し、警察や検察においてもおざなりな対応を期待しているとしか考えられないものとなっています。

 ここであらためて次の記事をご紹介したいと思います。私の記録としてのブログの記事です。今では関連したニュースや情報を頑張って探しだすのも困難かと思われる状況ですし、すこぶる一過性の問題として首尾よくやり過ごすことが出来た刑事司法の歴史的事実とも捉えています。

 ツイートとして公開してきた時期と経過の意味合いもあるので、廣野秀樹(@hirono_hideki)のツイートとして掲載しご紹介をしたいと思います。同じようなコマンド操作ですが、空行を一つにするため、次のようにコマンドを実行しました。見当でやってみたのですがうまく行きました。

% for l in cat l; do h-api-twitter-tweet_id-format.rb $l >> f.txt; echo -e >> f.txt; done

 次がその結果のツイートの内容です。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2014/11/26 22:48 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/537603681970307072
冤罪を生んだ責任の99・9%は捜査機関に <今村元・富山弁護士会会長声明 ・2008年頃>- 日暮れて途遠し(過去記事の転載から) | 告発-金沢地方検察庁御中2014 http://t.co/DMdCE9LJSy ← 改めて歴史的意義を感じる弁護士界の一面です。

投稿者:hirono
hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2013/05/10 00:07 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/332512060552409088
冤罪を生んだ責任の99・9%は捜査機関に<今村元・富山弁護士会会長声明・ 2008年頃> | 非常上告-最高検察庁御中Blogger http://t.co/oCTj35m8m1 何度見てもふざけた話です。

投稿者:hirono
hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2013/04/07 11:20 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/320722733027692545
冤罪を生んだ責任の99・9%は捜査機関に <今村元・富山弁護士会会長声明 ・2008年頃>- 日暮れて途遠し(過去記事の転載から) at 告発-金沢地方検察庁御中2013-WordPress http://t.co/ECaK1BIopH

投稿者:hirono
hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2011/06/03 01:26 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/76323890586062848
ご存じかもしれないですが。こういうのもあります。→  今村元・会長は「冤罪を生んだ責任の99・9%は捜査機関にあり、弁護士の処分や注意は行わない」と述べた。http://ow.ly/58FPK RT @nyanmayu: @nosaibaninko 捜査機関・裁判所など批判すべき

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2010/05/08 23:38 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/13611376145
富山えん罪事件についての報告書 by 富山県弁護士会 http://goo.gl/rGyl 当時の国選弁護人の責任には言及せず、記者会見を開いた今村元・会長は「冤罪を生んだ責任の99・9%は捜査機関にあり、弁護士の処分や注意は行わない」と述べた。(引用)

 いずれもブログ記事のリンクを含んだツイートですが、2010年の5月まで遡ったのはいくらか意外でした、7月の5日辺りにデータベース捜査の手違いで読み込みを不能にしてしまったブログのURLも含まれているかもしれません。いずれも短縮URLとなっているようです。

冤罪を生んだ責任の99・9%は捜査機関に <今村元・富山弁護士会会長声明 ・2008年頃>- 日暮れて途遠し(過去記事の転載から) | 告発-金沢地方検察庁御中2014 http://bit.ly/1KSiA1f

 上記のブログ記事は問題なく読み込めることを確認しました。

冤罪を生んだ責任の99・9% - Google 検索 http://bit.ly/1NErRQB

 上記のキーワード検索をすると、意外なことに私のブログ以外のリンクも出てきました。「毎日新聞 2008年3月29日 地方版 」という情報も見ることが出来ましたが、もう7年半近くも前のニュース記事ということになるようです。この歳月は月見を思い起こさせる遠い世界の出来事のようです。

 この冤罪ではどこかのコメント欄に、この人は警察の言いなりになって冤罪の被害を受け、次は弁護士らの言いなりとなってりようされるのか、というような趣旨のコメントを見たのも印象的でした。当初は弁護士に対する不信感によるのか非協力的な印象がありましたが、戦士のようになられたようです。

 弁護士界の神輿のように担がれ国賠の訴訟とともに、冤罪被害の戦士のように映るようになったことも、私はその経過を含め感慨深く見てきました。国賠で中心的な活動をした弁護士の一人は奥村回という名前だったと思いますが、当時の金沢弁護士会の会長であったとも記憶にあります。

 ろくな刑事弁護もせずに決定的な冤罪を生み出しておきながら、冤罪の発覚も警察の真犯人と名乗りでた被疑者取り調べや、それに対する警察の原状回復的な対応にあったのに、99.9%という具体的な確率を示して警察に責任をおっかぶせ国賠に血道を上げた姿も人間ではない化物さながらに見えました。

 国賠に参加した弁護士の数を調べていたのですが、私が初めて知る事実があって、それも他人事とは思えないので、次に含む部分を引用してご紹介したいと思います。

****
(引用開始)*****
引用URL>>>>:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E8%A6%8B%E4%BA%8B%E4%BB%B6 氷見事件 - Wikipedia

当時の富山県警安村隆司本部長は「結果においては誤認逮捕になりましたけれども、当時の捜査幹部の指揮あるいは捜査員の捜査手法、それを一つ一つをあげつらって捜査の懈怠があった、あるいは、そこに捜査のミスがあったという事で処分に該当するものだというふうに判断できるのか、どうかと言う事になると、当時の捜査状況をつぶさに検証した立場からして(処分を)ちゅうちょせざるを得ない。」として富山県警は誰一人処分されなかった[2]。

さらに、長勢甚遠法務大臣(当時)が再審前の2007年1月26日に柳原に対し謝罪した際、柳原が述べた自白の強要については違法性が無いと述べ、当時の捜査員に対して処分は行わないことを決定している。その上、長勢法相が感情を抑えきれずに声を出して笑う場面も報じられており、批判を集めている。

なお、柳原の父親は逮捕当時入院中で、柳原の逮捕は知らされず服役中に亡くなっている。

柳原は出所後、地元富山県で再就職活動をしたが25社で不採用になり、2009年に国家賠償訴訟を提訴したことにより、兄、姉からこれ以上、家の姓を汚すなと兄、姉とは断絶状態。柳原は家の姓を元に戻すためとして2015年3月以降に予定されている判決以降に断絶状態を解消したい考えである[2]。

柳原は現在[いつ?]、取調べで受けた威嚇のPTSDで就職をドクターストップされ、2年余り服役した補償として国から約1000万円を受け取ったが、生活費や弁護士費用で底を尽き[2]、都内杉並区在住で生活保護を受けている。

警察・検察の捜査機関が「カメラがあると容疑者が話しにくくなり真実が見えなくなる」と全面可視化に抵抗している事に対して、2014年4月22日に法務省法制審議会要請共同行動として、柳原ら冤罪被害者は全面可視化を要請[2]。

*****(引用終了)*****

 とりわけて印象的なのが「柳原は出所後、地元富山県で再就職活動をしたが25社で不採用になり、2009年に国家賠償訴訟を提訴したことにより、兄、姉からこれ以上、家の姓を汚すなと兄、姉とは断絶状態。」という部分。

 「柳原は現在[いつ?]、取調べで受けた威嚇のPTSDで就職をドクターストップされ、2年余り服役した補償として国から約1000万円を受け取ったが、生活費や弁護士費用で底を尽き[2]、都内杉並区在住で生活保護を受けている。」という部分です。

 絶縁状態という部分は、そういえば読んだことがあるような気もしましたが、生活費や弁護士費用で底を尽き都内で生活保護を受けている、というのは初めて見たように思います。印象的というより衝撃的なものですが、弁護士の有利にはならないためか、まともな報道もされていないようです。

 次のような私にとっての新情報も見つけました。精神安定剤の服用と通院とあるので精神科への通院ということになるのかとも思われます。これも初めて知ったかと思います。

*****(引用開始)*****
引用URL>>>>:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question
detail/q12131915922 富山県氷見市の冤罪事件 TVドキュメンタリー真犯人が見つかって... - Yahoo!知恵袋

富山県氷見市の冤罪事件 TVドキュメンタリー

真犯人が見つかって、国家賠償(一千万円・・・弁護士費用と生活費に消えた)も勝ち取って疑いは晴れたのに、就職は25社応募して全部断られたそうです。

にぎやかだった大きな家は空き家となり、家族も離散、断絶は解消されておらず、今は東京で就職もできずアパートで孤独に生活保護で暮らしているという。外出はスーパーの食料買出しのみという。

国家賠償は被害の大きさに対してあまりにも安い。

国民として、冤罪被害者にあまりにも冷たいと思いませんか。

事件の弁護士は、裁判で全部「はい」と答えろと、一切信用しなかったと。

取調べの時の刑事の恐ろしい様子が浮かんできて、通院と精神安定剤が離せない状態。


(引用終了)

 引き続き探していますが、富山の強姦冤罪事件の国賠訴訟に参加した弁護士の数の情報がまだ見つかりません。私の記憶では数百人という弁護士の数で、安田好弘弁護士の刑事事件の弁護に名を連ねた弁護士の数に近いものがあったと思うのですが、はっきりと確認をしておきたいです。

 次の記事の内容が正しければ、私の記憶に勘違いがあったようです。不確かなことは書かないということで控えていましたが、少なくとも200人というのが私の記憶の中の弁護士の数でした。次の記事では途中経過のように読めますが120人という数字で出ています。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://tamutamu2011.kuronowish.com/toyamaennzai.htm 富山冤罪事件

柳原浩さん(41)と弁護団は09年5月8日、金沢市で会見し、国と県などに約1億円の損害賠償を求める訴訟を、14日に富山地裁に起こした。柳原さんは、富山県警と富山地検が虚偽の自白を強要し、証拠を隠匿するなど違法な取り調べをした、と主張。国と県、さらに当時取り調べを担当した警察官と検察官1人ずつが連帯して約1億400万円を支払うよう請求する。柳原さんは「厳しい闘いになるが、最後まで真相解明を求めていく」と話した。弁護団は全国から約120人が参加する予定だ。

(引用終了)

 自分の記憶にいささか自信が持てなくなったということもあり、安田好弘弁護士の弁護団の数も調べてみましたが、こちらはすんなりと情報が見つかり、その数は多くて500人程度だったかなという私の記憶をはるかに超えた約1200人の弁護人という数でした。

(引用開始)
引用URL>>>>:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E5%A5%BD%E5%BC%98 安田好弘 - Wikipedia

主任代理人を努めていたオウム真理教事件公判中である1998年12月5日、安田は、1993年3月から1996年9月までの間に任意整理を受任した不動産会社「スンーズコーポレーション東京リミテッド」の代表取締役(懲役1年6月執行猶予3年確定)らと共謀し、差押えの強制執行を逃れることを目的として、同社が所有する賃貸ビル2棟のテナントから、賃貸料名目で休眠会社への約2億円の口座振込みを指示して、当然差押え執行がなされるべき財産を隠匿したとする強制執行妨害の被疑事実により逮捕され、約10ヶ月間勾留された後に、右被疑事実を公訴事実として起訴された。この事件は俗に「安田事件」と呼ばれることもある。

安田の逮捕・勾留に際しては、全国から安田の弁護をしようという弁護士が集い、約1200人が弁護人となった。約3000名が抗議デモを行い、日本弁護士連合会やアムネスティ・インターナショナルなどの団体から、警察やマスメディアに対し抗議声明が発表された。

(引用終了)

 改行までが長くいくらかややこしい文章になっていますが、安田好弘弁護士が強制執行妨害の容疑で逮捕されたのは1998年12月5日のようです。平成10年ということになるのだと思いますが、これは私が思っていたよりはずいぶんと前の事件であったようです。

 最終的に最高裁で罰金刑が確定したのは、2011年12月8日という情報も出ていますが、これは逆に信じられないぐらい最近のことになります。裁判自体がざっと13年ぐらいは続いたことになりそうです。強制執行妨害は法定刑も軽かったと思いますが、それほどまでに長引いたとは驚きの発見です。

 今では安田好弘弁護士の名前を見ることもすっかりなくなりました。2,3年ぐらい前になるような感覚でいますが、その頃は「死刑弁護人」とかいうタイトルの映画でいくらか話題になることがあったようです。

 映画の内容は知りませんが、安田好弘弁護士という人物には個人的に「死神」というイメージが強烈に焼き付いています。一見弁護をしているように見えるのかと思いますが、延命という効果はあるのかもしれませんが、死刑判決という結果に導いているとしか思えない挑発と反社会的言動が目に付きます。

 自らの主張のために「刑事司法は死んだ」などとのたまうのも安田好弘弁護士の行動パターンだったと記憶に残っています。こんな弁護士を祭りあげていれば、それこそ社会の人の不信と反感を買って、業界自体が衰退していくとしか思えなかったですが、その方向には進んでいるように思えます。

 安田好弘弁護士といえば、いわゆる和歌山カレー事件の再審請求にも関わっていたと思います。まだ羽咋市に住んでいた頃のことで6年以上も前のことになりそうな気がしますが、ネットで公開されていた再審請求書を読んだことがありました。

 なによりも印象的だったのは捜査対象から外されたか、あるいは微罪での処分で終わった死刑囚の夫が、ヒ素とかいう猛毒の扱いに余りに熟知し手馴れているという印象を受けたことで、合理的とは思えない理由で自ら人体実験のようにヒ素の毒性を試したようなくだりあったことです。

 あまり具体的で詳細なことは思いだせませんが、まあ、夫婦げんかの解消として自らヒ素の致死量を計算して体内に取り込んだような話になっていたかと思います。その理屈の説明の分量や論理の強引さは、PC遠隔操作事件における佐藤博史弁護士の弁護でもよく似ているある種の天才性は感じました。

 それは全く人間離れをした天才性でもあって、超絶的で人知の理解を超えた神がかりな祈祷の類として、これも弁護士泥棒神社という私の発想や論理性の構築につながった要因の一つであり、システム的な構成の要素であります。社会防衛として未だにただで済ませていることが不思議でなりません。

 見落としそうになりましたが、富山の強姦冤罪事件では次の点も参考にしていただきたく引用をしておきます。石川県や石川県議会としての対応として、また、石川県警察としての対応としての参考です。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://tamutamu2011.kuronowish.com/toyamaennzai.htm 富山冤罪事件

なお、県警や富山地検はそれぞれ「故意または重過失ではない」「職務上の義務に反したわけではない」と、当時の捜査関係者を処分しない方針を示している。



富山県警安村隆司本部長は07年3月28日、3月定例富山県議会の会派代表質問で山辺美嗣(自民)、湊谷道夫(社民)両議員の質問に答え、「重大な人権侵害であり、大変申し訳ない。関係者や県民に深くおわびするとともに、二度とこのような事案を起こさぬよう、職員一丸となって適正捜査の徹底に努めたい」と述べ、県警トップとして謝罪した。また、本部長は、今回の問題の原因について「客観的証拠を得るという裏付け捜査が不十分だった。被疑者の供述があった場合でも、裏付け捜査で供述の信用性を十分吟味し、慎重かつ適正に運用するという基本を徹底せねばならない」と説明。男性に対しては「誠心誠意、組織をもってバックアップし報いたい。(同問題について調査中の)県弁護士会と面談したいとの希望があれば、サポートしたい」と述べた。
 

一方、当時の捜査担当者らの処分については「問題は、必要な裏付け捜査を欠いたという誤りにあり、厳しく注意、指導を行っている」などとして、行わない方針をこれまで通り示した。



このほか、取り調べ時の可視化や録画、録音の実施を求める質問に対し、安村本部長は「(取調官と被疑者との)人間関係の構築や、任意の供述を得ることが困難になる。被害者のプライバシーに関する情報が不必要に公判でさらされることにもなり、慎重な検討が必要だ」と、否定的な考えを述べた(07年03月01日付『毎日新聞』)。



(引用終了)

 次は安田好弘弁護士と和歌山カレー事件との関わりについて確認のために調べたものですが、今年の3月の記事となっているようです。一部を引用してご紹介します。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.rollingstonejapan.com/politics/yoshihiro-yasuda/ 和歌山毒物カレー事件の深層:林 眞須美主任弁護人、安田好弘インタヴュー | Rolling Stone(ローリングストーン) 日本版

1998年に起きた和歌山毒物カレー事件の犯人として死刑が確定している林 眞須美は、当時ワイドショーなどを大いに賑わせ、今も記憶に残る人も多いだろう。
だが、林 眞須美は実はえん罪だとして、安田好弘を中心とした弁護団が再審請求をしている事実を知る人はどのくらいいるのだろうか。
こうした主張を多くの人に伝えるため、安田は毎年大阪で「報告集会」を開催し、今年3月14日(土)には初となる東京での開催を控えている。
林 眞須美はなぜえん罪なのか。主任弁護人を務める安田好弘に、その深層についてメールインタヴューを行った。

(引用終了)

 和歌山カレー事件も平成10年に起った事件であったようです。当時は金沢市北安江の借家で、2階の自分の部屋にはパソコンだけでテレビを置いていなかったので、テレビを見る機会は少なかったと思うのですが、この事件の被疑者段階の報道はテレビで繰り返し見たという記憶が残っています。

 和歌山カレー事件の特徴として、一審で徹底的な黙秘を貫いていた被告人が、控訴審になってから積極的に否認をするようになったという印象が残っています。完全黙秘といえば大阪中1男女死体遺棄事件ですが、日付は変わっていますが、昨日の報道は少なかったとも思います。

 私は必ずしも死刑囚となっている和歌山カレー事件の被疑者が真犯人と決めつけているわけではありません。仮に無実であれば弁護士の社会を舐め腐った態度や宣伝を信用し頼りにしたために、申し開きのための貴重な機会と時間を逸してしまった気の毒な人と見ることも出来るかと考えています。

 そういう見方は、自らの体験として事実を知る身として刑事裁判というものを実際に受けたという経験によるところも大きいと思います。経験ではなく想像の領域としては、死刑や無期懲役の可能性が高いとなると、その精神的な不安や動揺も理解を超えたものになるだろうという想像です。

 寝ても醒めても独居房での生活というのを丸々1年以上、2回は経験をしていますが、それが未決から死刑囚として死ぬまで続くと考えると、それは想像を超えるものがありますし、ただでさえ警戒心の強い刑務官の対応もさらに厳しいものになるであろうと想像されます。

 冤罪とかで弁護士を頼りにする人は、それも私の想像を超えて多いと考えています。実際に弁護人が役に立つと考えている受刑者がすごく少なく外部との連絡役以外の利用価値がないと考えている受刑者がほとんどだということも私は経験していますが、いずれも初めての経験はきついはずです。

 弁護士を付けて役に立つといえば保釈ぐらいかとも思えることがありますが、その保釈についても最近は宣伝する弁護士のツイートを余り見かけなくなっています。法律事務所のホームページの弁護費用でみても、保釈というのは成功するとけっこうな額になるようです。

 刑事弁護に熱心な弁護士のツイートや発言をみていると、ケースバイケースの割り振りや切り替えがほとんど全くと言って感じられない傾向があります。期待を持たせて報酬をもらってなんぼという感覚しか伝わってこないことが殆どで、それが刑事弁護の実態であると考えています。

 冤罪からの救済もそうですが、そのハードルを極点に高くして途方もなく現実離れした値打ちをつけているのも、弁護士らの構築してきた歴史的な装置であると、私は見ています。人間として最低極まりのない連中が多いと見ていますし、それを裏付ける不祥事の数も多く、その割に報道は極小です。

 人間の理解を超えた化物というのが、私が20年以上の月日と取り返しのつかないものを失って得た、開眼であるとも考えています。迷いも準備もありましたが、一度完全に焼け野原の根絶やしにするべき業種、業界であると私は見ています。

 以前は懲役5年以下という業務上過失致死傷罪の適用しかなかった交通事故を、殺人罪に匹敵し場合によればそれ以上の罰則の適用へと相場を引き上げたのも、社会の反感と敵愾心を煽った弁護士らの所産ではないかと私は見ています。

 一人でも多くの社会の構成員が弁護士らの言動と沈黙の意味するところ重視をして常に監視を怠らないで欲しいと思います。長い間、小倉秀夫弁護士のツイートを見ているうちに、不幸や紛争の種をばらまき撒き散らすことが、弁護士らの狙いであって、害虫的存在以外の何物でもないと見えてきました。

 今もタイムラインで更新されたツイートを読み込んだところですが、ここ数日の小倉秀夫弁護士のツイートの更新頻度はものすごい数になっていて、本業をこなしているとはますます考えにくいものとなってきました。自業自得という考えが全くないのも弁護士に共通した特徴かと思います。

 刺激のある餌に見えるものをばらまき撒き餌のように撒き散らして、判断力の弱い状態にある獲物を漁っているように見えてならないのも小倉秀夫弁護士の特徴ですが、そんなことを続けていれば、ますます信用を失って商売にもマイナスが増えるだけではないかと考えてきました。

 小倉秀夫弁護士本人が言うには実績や能力もあるようなので、実際のところは想像の域を出ませんが、弁護士業界の斜陽や衰退、あるいは破滅を並外れた馬力で牽引している弁護士鉄道の暴走特急にも思えてなりません。

 そういう小倉秀夫弁護士やうの字のツイートをリツイートしている同業者の深澤諭史弁護士でもありますが、ストーカーに対する独自の見識も、本来ならば取り上げるのも馬鹿らしいものです。知能はあるのでしょうが、偏りすぎて平衡感覚があるとは思えない発言が多いです。

 日頃の発言として小倉秀夫弁護士のツイートよりは現実性と論理性が伴ってはいるので、弁護士というものを考える上では、ぜひとも参考にしてもらいたい天然記念物的な素材でもあります。否応なく弁護士と関わりを持つ前に、考えてもらいたい問題性が非常にわかりやすく出ていると思います。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/27 09:55 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/636703473380237312
◯昔
(^ω^)法科大学院で豊かな人間性を育てるお!
◯今
(#^ω^)法科大学院生が起こした事件をネタに制度批判をするのは,おかしいお!
(;・∀・)そりゃそうだけど,豊かな人間性を育てるとか,はしゃいでいたのは,どこのどちらさんでしたっけ?

司法改革コント


 上記は、これ一つでも法曹に必要な最低限の人間性とはなにかと考えさせられる深澤諭史弁護士のツイートかと思います。法曹とは判決を下す裁判官になったり、起訴不起訴を決める検察官になったりもする資格を得た人であり、弁護士もそうですが人の人生を決める立場の職業です。

 これも一つの例示かと思いますが、一つの事件を見る目にも根本的なずれがあるように思えてなりません。ネタという事件は弁護士の性器の切断事件のことでしょう。勢いでやってしまった人や、被害者になった人や家族に思いを致せば茶化した発言で司法制度改革の不満に結びつけることはないと思えます。

 自覚がないから出来る発言なのでしょうが、前に掲載して紹介した同業者の弁護士の不祥事を、自らの司法制度改革への不満に結びつけたとしか見えないツイートによく似たところがあると思います。ちょっと手間がかかるかもしれないですが、再掲をしたいです。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/07/22 18:49 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/623791961539919873
>RT
自由競争とか,市場原理とか,無邪気にいっている先生,特に佐藤幸治先生とかには,百回くらい読んで頂きたい記事ですね。
(#・∀・)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/07/22 18:48 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/623791767637225472
RT @yukihirosasamo: さっきのと同一人物ですか……。開いた口が塞がらないよ……。
脳機能障害を負った少女の一家から着服 「示談不成立」とウソ #ldnews http://t.co/BW3bqtjmAW
元のツイート)→ 投稿者:yukihirosasamo(ささもたん@赤腹魔王) 日時:2015/07/22 18:46 ツイート: https://twitter.com/yukihirosasamo/status/623791245568012288
さっきのと同一人物ですか……。開いた口が塞がらないよ……。
脳機能障害を負った少女の一家から着服 「示談不成立」とウソ #ldnews http://t.co/BW3bqtjmAW

 見つけました上記のリツイートとツイートで、直前のリツイートに対する言及を>RTとやるのも、深澤諭史弁護士のお決まりのスタイルです。意図的なのかわかりませんが、タイムラインではなく個別のツイートだと、どのツイートを指した言及なのかも全く追えなくなります。

 自己中心的な考えに凝り固まった深澤諭史弁護士のような人間が弁護士をやっているのも重ね重ねの驚きですが、岡田進弁護士や木梨松嗣弁護士、長谷川紘之弁護士らにも似たような傾向性があったのだろうと思うと納得にさせてもらえます。制度自体の欠陥性を証明していると見えますが、主客の転倒です。

 司法制度改革以前の状況に戻すべきというのは、小倉秀夫弁護士にも強く感じる深澤諭史弁護士との共通点ですが、70年以上も前の戦前や戦中の時代との見境がつかないという点でも、両者は共通しており、生きた教材として博物館にでも展示して方が社会のためだとも思わせるものです。

 インターネットの発達もありますし、社会を取り巻く環境は大きな変化を遂げており、その変化に応じた司法制度改革の模索もあって当然かと思いますが、自由競争と市場原理のみを理由に、具体的な影響や問題点もろくに指摘せず、批判のみを決めつけているというのも尋常なる人の姿とは思えません。

 思い込みというよりは決めつけの激しい一直線の短絡思考、ストーカー気質の人間がストーカーを語っているとも見えますが、そこにも重大な危険性が見え隠れてしているように思えてなりません。不見識な刺激で病的状態にある加害者の危険性を亢進させる可能性も見え隠れするからです。

 すべからくストーカーの被疑者を病人と決めつけ、医療問題としての解決を単純に考えているようにも見えますし、糞と味噌の区別や適切な対応が出来る能力や判断力を持ち合わせているとは到底考えにくいからです。弁護士としての資格を与えてしまった社会の責任という観点が必要かと思えます。

 深澤諭史弁護士のりツイートだけではわかりづらいかと思って、リンクを開いてみたのですが、そういえば都合で削除されたとか書いてある記事でした。引用すると次の内容になっています。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://news.livedoor.com/article/detail/10375064/ 脳機能障害を負った少女の一家から着服 「示談不成立」とウソ - ライブドアニュース

脳機能障害を負った少女の一家を標的にした、着服弁護士について報じている
「示談不成立」と嘘をつき、5千万円以上の示談金を着服していたという
母親は、弁護士への不信感から賠償請求に踏み出せないことを明かした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

(引用終了)

 わかりづらい内容なので、別の記事を探して引用で掲載とご紹介をしておきたいと思います。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.sankei.com/west/news/150721/wst1507210084-n1.html 「弱者」も標的にした着服弁護士 脳障害少女の一家、5千万円超被害に(1/2ページ) - 産経WEST

 平成18年1月、当時10代の長女が自転車で帰宅途中、自宅近くの交差点でトラックにはねられた。一時は意識不明の重体となりながら一命を取りとめたが、脳機能障害が残った。母親は仕事を辞め、長女の介護に専念することにした。

 入院費用や生活費の捻出に苦しむ一家の支えとなったのが、知人に紹介された久保田被告だった。「苦しい経済状況にも熱心に耳を傾けてくれ、信用できる先生だと安心した」。母親は事故の相手側との示談交渉を久保田被告に一任し、被告から提示された書類にも言われるがままに署名、捺印(なついん)した。

「示談不成立」とウソ 9年たってわかった事実

 その後数回、示談成立前の一時金名目で入金があった。「私が説得して送金させましたから」。仕事ぶりを誇示する久保田被告への信頼はいっそう深まった。実際は「交渉途中」と説明されていた22年春の段階ですでに示談が成立。振り込まれたのは示談金の一部に過ぎなかった。

(引用終了)

 前にもご紹介をした事件かとも思うところがありますが、脳機能障害の後遺症というのは、私の平成4年の事件とも深刻に共通する事実です。家族が付ききりで介護をしているという話も聞いていましたが、それは金沢西警察署にいる時で、谷内孝志警部補から聞いた話だったと思います。

 国選弁護人となった岡田進弁護士の非情で無責任な対応は、おそらく余人の想像を絶するものであると思いますが、深澤諭史弁護士のこの同じ事件のニュースを見た対応を見ても、弁護士ならでは狂信性として頷ける類似性がうかがえるものです。

 深澤諭史弁護士に限らず弁護士という職業の厚かましさと独善性、デタラメぶりに広く共通するものがあるとも考えます。人間が人間を理解するという意味での人間性が大きな穴のように欠落したいわば化物、魑魅魍魎の悪質妖怪というのがいかにもふさわしい弁護士のイメージです。

 そこにまで気がつくのは私も20年以上の月日を費やしましたが、一気に花開く開眼へと導いてもらったのは、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)や小倉秀夫弁護士、深澤諭史弁護士などインターネット上の弁護士らの不可解で身勝手、時には攻撃的な対応があってのことです。

 手前勝手な見立てや解釈が、神の如き許され権能やた立場と思い込んで、人や世の中を見ているのが彼らの共通点であって、その大きなずれが、受け入れがたく理解しがたい負担となって、社会を覆い悩まし奉るのも思い上がって、もともと無理のある難所に立つ弁護士らしい特徴かと思います。

 無理のある難所に立つ、という表現が考えているうちに浮かんできましたが、あえてその立ち位置を放擲するような市川寛弁護士のブログでの発言も数日前に読んだかと思うので、探して引用します。

 市川寛弁護士の言い分をしっかりストレートに伝えるため、全文の引用にしました。

 Twitterではツイートの削除もしばしば目につく市川寛弁護士ですが、公開で発言した内容の影響力を旬な状態での一時的効果だけで、あとかたもなく消去するというのは経歴をフル活用した立場上許されるべきでないと判断します。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://ameblo.jp/ichikawa42/entry-12058905265.html 日本版司法取引の問題点|検事失格 弁護士 市川寛のブログ

2015-08-06 20:19:49
テーマ:検察
 かねてから議論されてきた日本版「司法取引制度」がどうやら国会で成立する見込みとなったようです。

 この制度については、多くの実務家、研究者、ジャーナリストから「新たな冤罪を生む制度だ」との批判がなされています。


 導入されようとしている制度をごくかいつまんで説明しますと

 組織的な犯罪に関わっていると思われる被疑者・被告人が、自分ではなく、他人(例えば犯罪組織の上位の者)の犯罪に関する話を検察官にすることによって、検察官から、不起訴などの有利な処分の恩典を受けられる

というものです。


 組織犯罪を撲滅するためには、下っ端をいくら捕まえたり処罰しても根本的な解決にはなりません。
 できることなら、組織の上位、とくにトップにいる悪党を懲らしめて犯罪組織を潰したいところです。

 ですが、人間というものは、目の前に「報酬」をぶら下げられれば、その「報酬」ほしさに、苦し紛れに嘘をつきかねないものです。
 過去の裁判例をみても、例えば取調の場で「認めたら有利な取り扱いをしてやる」という「利益誘導」によって虚偽の自白がなされ、結果、無罪となったケースがあります。

 
 私自身、検事時代に無罪判決をもらった共犯事件の公判をやっていた途中で、服役を終えた実行犯の事情聴取をしてみると

 「警察が『Xさんと一緒にやっただろう』とわぁわぁうるさく言うので、面倒くさくなって、『はい、そうです』と話してしまったんですよ」

と驚くべきことを聞いた経験があります(拙著にも書いています)。


 検察官が被疑者・被告人に不起訴などの有利な処分をちらつかせれば、それを目当てに全く無関係の第三者が共犯者だと嘘をついてしまう危険があるのは、多くの方々が指摘するとおりです。



 私は、こうした批判に加えて、日本版司法取引には別の観点からの大きな問題があると懸念しています。

 報道では、日本版司法取引が行われるときは、「弁護人が取引に関与するから、被疑者・被告人が無実の人を罪に引きずり込むおそれはない」と言われています。
 なるほど、司法取引のためには弁護人の同意が必要とされるので、みなさんも「弁護士がOKだと言うのなら、間違いは起きないだろう」と思われるでしょう。

 しかし、ここでいう「弁護人」は、取引をする被疑者・被告人の弁護人です。
 被疑者・被告人が取引の際に「Xさんから命令されてやりました」と語るところのXさんの弁護人ではありません。
 もし、Xさんが全く無関係だったとして、果たして弁護人はそれを見抜くことができるでしょうか。

 取引を持ちかけるであろう検察官は、目の前の被疑者・被告人の話を聞くだけでなく、そのほかの証拠も見ています。
 ですが、弁護人は検察官から証拠を見せてもらえません。
 もっぱら被疑者・被告人の話だけで、その話が「無実のXさんを引きずり込む嘘かどうか」を見抜き、その上で取引に合意しろ、という制度なのです。
 
 そもそも、取引を持ちかける検察官ですら、被疑者・被告人の「Xさんから命令されました」という話を聞いた後、それが本当かどうかの裏付け捜査をして初めて、話が真実かどうかがわかるはずです。
 なのに、弁護人は裏付け捜査の前の時点で、被疑者・被告人の話が真実かを判断しなければならないのです。
 「無茶を言うな」、が弁護士の本音でしょう。私もそう思います。


 さらに、日本版司法取引には、弁護人の職務のあり方を巧妙に利用した罠が仕掛けられていると私は思います。

 弁護人は、自分の依頼者ができるだけ有利になるように努めなければなりません。
 無実の依頼者ならば当然に不起訴や無罪を得るよう活動します。
 仮に罪を犯している依頼者なら、できるだけその処分や刑が軽くなるように活動する義務があります。

 ここで日本版司法取引をもう一度見てみましょう。

 被疑者・被告人は、とにもかくにも「Xさんから命令されました」と言えば、不起訴になったり求刑を軽くしてもらえます。これは言うまでもなく有利な結果です。
 ですから、弁護人としては、自分の依頼者たる被疑者・被告人を「弁護」するためには、取引に応じるのが最も好ましい弁護方針になるのです。

 しかし、先に述べたように、そもそも弁護人は被疑者・被告人の話が真実かどうかを知る術が全くありません。
 それでも、自分の依頼者を「弁護」して有利な成果をあげなければならないのです。
 しかし、自分の依頼者を「弁護」するために、無実かもしれないXさんを罪に引きずり込むことになるかもしれないのです。
 Xさんは弁護人の依頼者ではありません。となれば、弁護人はXさんを引きずり込んでも、それによって自分の依頼者を「弁護」することになるのなら、嘘を言わせてもやむを得ない、と判断することになるのでしょうか...


 弁護人が取引に同意した後、実は被疑者・被告人の話が嘘だったとわかったとします。
 そうなると、当然のことながら、無実の罪に引きずり込まれたXさんは、怒りの矛先を被疑者・被告人のみならず、その弁護人にも向けるでしょう。

 「お前、プロの弁護士のくせに、どうして嘘を見抜けずに取引したんだ?!」

 弁護人はXさんからこうして訴えられる危険があるわけです。

 では、弁護人は「私はXさんが命令したと確信が持てないから、取引には応じない」と依頼者たる被疑者・被告人に言えるでしょうか。
 繰り返しますが、弁護人の職務は、依頼者を「弁護」することです。
 もし、弁護人が取引を拒んだ場合、今度は依頼者たる被疑者・被告人から

 「あなたは私の弁護人でしょう。それなのに、なぜ私が不起訴になる取引に応じないのですか?!」

 こう訴えられてしまう危険があります。


 回りくどくなりましたが、日本版司法取引は、弁護人が「自分の依頼者が有利になるよう活動する義務」を負っているのをいいことに、むしろこの義務を利用、否、悪用して、弁護人だけが危険を冒して取引に応じるよう迫っている制度と言えるのです。


 取引に応じたら、将来、嘘だとバレてXさんから責められる。
 取引を拒んだら、自分の依頼者から「弁護してくれない」と責められる。

 弁護人には立つ瀬がありません。
 乱暴な表現で言えば、日本版司法取引は、今のままでは「弁護人殺し」の制度だと思います。
 弁護人が責任を持って取引に応じられるためには、せめて、取引に際しては検察官がほかの証拠も見せるべきでしょう。
 
 「弁護士が関与しているから大丈夫」という見出しに惑わされないでください。
 
 


(引用終了)

 告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)への引用内容のツイートは出来ませんが、「弁護人には立つ瀬がありません。 乱暴な表現で言えば、日本版司法取引は、今のままでは「弁護人殺し」の制度だと思います。」などというのもポイントとして指摘しておきます。

 全面可視化とか証拠の開示とか言う弁護士がいて、ジャーナリストの江川紹子さんもそれを強く後押ししていますが、私が裁判をやってきた経験からも、そういう弁護士のあれは、いいとこどりのつまみ食いをさせろ、というぶっ飛んで厚かましい性格による発想としか考えにくいです。

 私のこの告訴状もとんでもない情報量になっているかと思いますが、ここまでの負担を強いられるようになったのも、岡田進弁護士や木梨松嗣弁護士などの弁護士が大きな時間や機会を奪ってくれたための負担でもあると考えています。拘束期間は約4年10ヶ月に及び、その後の波及効果も押し寄せました。

 「弁護人が「自分の依頼者が有利になるよう活動する義務」を負っているのをいいことに、むしろこの義務を利用、否、悪用して、弁護人だけが危険を冒して取引に応じるよう迫っている制度と言えるのです。」というのもプロとしての知見や判断力を放擲しているとしか思えません。

 都合次第では有罪の立証責任は検察にあると、これでもかというぐらいに強調するのも弁護士の特性です。黙秘権と同じく法律に根拠のあることなので間違いを言っているわけではないでしょうが、恣意的な運用にしか見えません。立証責任の理屈なら弁護人に真相を見極める如き過大の負担はないはず。

 私の平成4年の事件も同じです。私は長い間、大した報酬も払えないのに弁護士に過大の負担をかけるのも申し訳ないような気持ちでいました。そのうちおかしいいなと考えるようになって、弁護士がすべきであったことは、警察の見立てや捜査の方向性の誤りを指摘するだけで良かったはずです。

 木梨松嗣弁護士らの対応を長いスパンで見ると、警察や検察の落ち度を最大限に利用しようとした形跡もうかがえ、関係者への利益の供与というどちらでも利益が転がり込むという一挙両得の狙いや保険という全く信じがたい強欲さがうかがえてくる対応でした。

 警察や検察が不利になりそうなことは、極力隠蔽してくれるという期待感も相まって、盤石の基盤から勝負を掛けたと見るべき、行動の軌跡が実に明確なものとなって現存しています。小島裕史裁判長も馬鹿だと利用されたのかもしれませんが、利益の供与で買収的な振る舞いをやった可能性もあります。

 見落としがあったとも考えにくですが、ほとんど私が提出した上申書に目を通していなかったという可能性は大いにあると思われます。

 木梨松嗣弁護士は裁判官の面前で話したことと同じ効果があるからと、力強く上申書の書面での提出をすすめていましたが、それ自体が弁護人が後押ししない被告人の上申書など見向きもせずに放置するものだという実情を知った上での罠とも考えることは、十分な合理性があるとの見えてきます。

 いずれにしたところ木梨松嗣弁護士や岡田進弁護士の刑事弁護は、根底から刑事弁護精度への国民の信頼を揺るがし崩壊させうるものです。それを放置し、耳目を塞ぎツイッターでブロックをしてる弁護士なども、同じく社会のゴミとして廃棄処理をすべきかと考える次第ですし、方向で進めています。

 私の事件が他の冤罪事件や誤判の事件とは違うのは、なによりも被害者家族の正当な権利、利益を蹂躙して踏みにじったままに23年以上も放置し続けているという全く途方もない加害性が継続しているという事実です。

 何でも警察、検察のせいにして国民を納得させることが出来るという驕りがごく自然なものとして弁護士の精神、気質に脈々と受け継がれていると見ることが出来、そのクーロンや典型がツイッターにはごろごろと転がっていると思えてならない弁護士の業界です。

 ただでさえ辛酸や不利益を与え続けられてきた弁護士の業界には、おそれやためらいもありました。そうこうするうちに平成4年当時27歳という年齢だったのが50歳を超えることになり、これは背水の陣、不退転の決意で臨むしかないと腹を括りました。

 そうやって前を見据えるようになり、事実の記録も蓄積してきたなかで、新たに見えてきたことは、長谷川紘之弁護士やその意向を汲んだ不当な民事裁判の判決を出した古川龍一元裁判官らの行為も明らかな犯罪行為という見方です。

 殆どの犯罪は公訴時効ですが、判決の遡及効に鑑みれば、それに見合った判断が必要不可欠です。法律上の無効は過去に遡って元からなかったことにするというものだと勉強しました。全ての権利関係が平成4年当時に遡ってなかったことにされるのであれば、当然ながら時効の進行もないことです。

 長谷川紘之弁護士や古川龍一元裁判官の所業も、実情を知り得べき立場にありながら漫然と放置し、立場と機会を利用して殺人未遂の刑事事件の隠蔽工作を容易にならしめたという関与から幇助犯としての罪責を問う方向で、捜査を進めて頂きたいところです。

 もっとも刑訴法の再審の条文には裁判官の不正な関与を想定したような次の条文があって、裁判官が罪を犯した確定判決が必要と読めるような部分があります。

第四百三十五条 七
原判決に関与した裁判官、原判決の証拠となつた証拠書類の作成に関与した裁判官又は原判決の証拠となつた書面を作成し若しくは供述をした検察官、検察事務官若しくは司法警察職員が被告事件について職務に関する罪を犯したことが確定判決により証明されたとき。但し、原判決をする前に裁判官、検察官、検察事務官又は司法警察職員に対して公訴の提起があつた場合には、原判決をした裁判所がその事実を知らなかつたときに限る。

 「被告事件について職務に関する罪を犯したことが確定判決により証明されたとき」とあるので、職務に密接に関わる文書の偽造変造や職権の濫用の類を想定したものと考えることができるかと思います。殺人未遂罪の事後共犯や片面的共犯としての幇助となれば、想定の範囲外とするのが妥当と思料します。

 ここ数年でも大きな重大事件がいくつもありました。例えば山口県での複数人への殺傷事件があって、マスコミは「平成の八つ墓村事件」とも称して大々的な報道をしていました。その事件も死刑判決が出てかと思いますが、ニュースでの扱いはごく小さいものだという印象でした。

 年月の経過とともに大事件であっても社会の関心は薄れるものだと思われる事件が他にも沢山あるかと思います。川崎の少年の殺人事件も千葉の船橋の少女の生き埋め殺人事件も衝撃的なニュースでしたが、裁判がどこまで進んでいるのか情報を見ることが全くなくなっています。

 そういうことを考えると、平成4年4月1日の事件から同じ年の8月3日の原判決、そして求刑通り懲役4年の実刑判決で平成9年1月18日に満期出所するまでの、約4年10ヶ月という期間を奪った木梨松嗣弁護士らの所業は、全く前例もなく国民の刑事司法への信頼を利用した悪質重大なものです。

 ここで今一度、深澤諭史弁護士の「司法への逆恨み」ツイートを掲載してご紹介しておきたいと思います。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 17:07 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628839794517225473
具体的な被害者がいるので難しいけれど,ストーカー犯罪も覚醒剤のドラッグコートみたいな議論があってもいいかもしれないですね。
一般予防のみならず特別予防も考慮しないと,被害者や処罰,司法を逆恨みしたり,再犯を誘発するおそれもあります。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 17:01 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628838299021389824
【男と女の事件簿】見えないストーカーの恐怖 男友達が心配そうに声を掛けてきて… - ZAKZAK http://t.co/kJHgjJBVVV @zakdeskさんから

ストーカー犯罪の恐怖は,行為そのもののだけでなく,およそ正気とは思えない異常行動,予測不可能性がありますね。

 あらためて見ると、これもストーカーをキーワードに含むツイートでした。異常行動というのも確かにあるでしょうが、特殊な事例と一般的な事例を同列にあるいは逆転させて印象付けているのも、深澤諭史弁護士らしいトリックを感じさせ、まるで天変地異の制御不能とも不安をかきたてるものです。

 一般予防というのは刑事政策の考えで、一般的、全体的な犯罪の抑止を目的と知るもので、特別予防は特定の犯罪者を対象に犯罪の抑止を講じるものだと思います。精神病者を社会に不要なものだとして殺処分をしていたという旧ドイツのナチスを思い起こさせるような発言にも見えます。

 今、深澤諭史弁護士がリンクを入れているストーカーの記事を開いてみたのですが、初めて見た内容で、前振りのような部分だけで、つづく、となっていました。もう一つ関連記事を開き、前の続きのような内容ですが、それも短い内容で、つづく、になっていて、その先が見当たりません。

【男と女の事件簿】見えないストーカーの恐怖 常に真後ろから視線を感じ… - 政治・社会 - ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150804/dms1508041530001-n1.htm

 上記がふたつ目と思われる記事です。ストーカーというよりはまだ正体もわかっていない段階で、ホラー小説のような描き方になっていて、具体的な危険性など見当たらず、深澤諭史弁護士がどうしてそこまで敷衍できたのかも不思議です。

 このような深澤諭史弁護士の先走った極端で強引な理解こそ、空恐ろしい不気味さを感じさせるものです。まともに事実をみて判断することが出来ないという点では、岡田進弁護士や木梨松嗣弁護士らにも共通するところで、儲けになりそうな事件を貪る強欲な弁護士としての職業病にも見えてきます。

 弁護士というだけで、ストーカーを語る資格があるのかと思える深澤諭史弁護士のツイートですが、性懲りもなくまたストーカーの話題をどこからか掘り出してきて取り上げることもあるのかと、しばし観察をしておきたいとも考えます。

 そういえば私はモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)にストーカー扱いをするようなツイートを受け、はっきり確認をする返信も送ったのですが、否定するものではないような畳み掛ける内容のツイートも受けました。その夜以来の返信はないです。何事もなかったようにツイッターを続けています。

 「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」にも書いたように思いますが、私がストーカーという言葉を知ったのは、たぶん福井刑務所を出てすぐのことで、女神の天秤と同じ頃に、女性のストーカーをテーマにしたテレビドラマをやっていました。

 そのストーカーのドラマの主題歌は「砂の器」という坂本龍一が作曲の曲だったと思うのですが、その確認もあって当時のストーカーのドラマを調べていたところ、平成8年の秋にもストーカーをテーマにした別のドラマが始まっていたような情報を見かけたことがありました。

 私がテレビでストーカーのドラマを見るようになったのは平成9年の2月か3月頃だったと思いますが、当時に見ていたドラマとして印象に残っているのは、そのストーカーのドラマと、ドラマとは違うドキュメンタリーの再現ドラマのような趣向の番組で先程の女神の天秤です。

 テレビのドラマとしてストーカーが取り上げられていましたが、深刻な社会問題としてニュース番組などで事件を見かけるようになったのは、それよりずいぶんと後のことで、金沢刑務所を満期出所した平成13年12月31日よりも、さらに後になってからだったように思います。

 まだセクハラなどの言葉を社会問題としてニュースで見かけていた時期だったようにも思いますが、ストーカーという言葉についてことさらに意識するようなこともなかったように思いますし、社会的な認知も低い言葉であったような気もします。

 ストーカーという言葉が私にとって特別で身近なものとなったのは、能登半島地震の前年の秋のことで、平成18年の10月の上旬のことです。「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」には書いているかとおもいますが、金沢中警察署の山出警部補のことです。

 被害者AAさんの自宅に訪問したことで、山出警部補にストーカー扱いされ、ストーカーとして逮捕できるなどとも言われながら、屈辱の誓約書を書かされたときのことです。山出警部補の真意はわかりませんが、私として決して許すことの出来ない運命的な大失態となったことは厳然たる事実です。

 私は翌年の平成19年3月31日いっぱいで、殺人未遂事件での公訴時効を迎えることから、金沢地方検察庁の遠塚さんに直接、告訴状を手渡すとともに、その後の電話であったかもしれませんが、AKさんの理解と協力を得るために、直接自宅に訪問すると伝えていたのです。

 AKさんは被害者AAさんの父親です。自宅の電話番号が電話帳でも番号案内でも未登録になったいたので、直接、自宅を訪問するしか連絡の方法はなくなっていました。

 その当時私は仕事中に指を機械に挟まれ、指の先が潰れて仕事を休んでいました。2週間ぐらい仕事を休んだと思いますが、告訴状を提出に金沢地方検察庁に行ったのも、AKさんの自宅を訪問したのも休みの初めの方だったと思います。具体的な日時も調べればわかることです。

 電話も出来ないのでいきなり夜に訪問をしましたが、インターホン越しに対応に出たのは、言語障害の被害者AAさんと思われる女性の声でした。しばらくすると玄関からAKさんが出てきて、今度日時を決めて会うので連絡をすると言われたのです。形態の電話番号もその時伝えました。

 5日ぐらい日をおいたように思いますが、全く連絡がないので、もう一度、AKの自宅を訪問することにし、その時は夕方の16時ぐらいか、明るく早い時間に自宅に行きました。すると自宅の手前にパトカーが止まっていて、山出警部補にパトカーに乗せられて金沢中警察署に連れて行かれました。

 金沢中警察署では廊下を挟んで、外に窓のある部屋の並びと窓のない部屋の並びがあって、私は窓のない圧迫感の強い取調室に入れられたので、これでは冷静に話も出来ないと山出警部補に訴えたのですが、それも無視されて窓のない部屋で取り調べを受けました。

 山出警部補は2年前の4月から月に一度はAKさんの自宅を訪問しお前のことで膝を突き合わせて話をしていると話、理解を示すようにお前が松平社長や堂野のことをどうこう言っていることはホームページも保存しているのでよくわかっているとも言っていました。

 とにかくそれが自分の仕事のように、AKさんの自宅の近くには今後近づかないという誓約書を書かされ、まだ明るい時間に、金沢中警察署の前の駐車場から開放されました。山出警部補は若い部下とともに満足ような様子で、「任務完了 完全撃破」という漫画のような感じに見えました。

 「任務完了 完全撃破」というのはパチスロ機エヴァンゲリオンのボーナス確定の時に出てくる演出を伴った大きな字幕のパターンの一つでした。AKさんとの連絡や関係も私の方からそれ以来断ち切っています。山出警部補は定年退職をしているかと思いますが、ずっと煮えくり返る気持ちが続きました。

 警察の責任を求めるような行動に出れば、不利になるという考えもあったのですが、いろいろな考えの間で悶々としながら告訴状のこともまともには手がつかなくなり、それに追い打ちをかけるような対応を受けたのが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログでの締め出しでした。

 15年の公訴時効の年は、同じ3月で能登半島地震のあった年だと記憶しています。さきほどもそれで調べて平成19年の3月と確認したことから前年の10月のことを平成18年だと割り出しました。

 時刻は8月30日8時9分になっています。中断をしていました。昨日になりますが、夕方には柳田植物公園の「星空コンサート」というイベントを見に行っていました。

 行こうかどうか迷いがあったのですが、B級グルメの出店に五平餅があるという情報を見かけ、それが決定の動機になりました。五平餅は長距離トラックの仕事をしている頃、中央自動車道などのパーキングエリアで、たまに食べることがありました。

 軽く23年以上ぶりになりますが、懐かしくもなったので五平餅を食べに行きたいと思いました。中央自動車道をよく走ったのは、昭和60年のことで、一時期、広島県の福山市の佐川急便から長野市と新潟県の上越市まで定期便をやっていた頃のことかと思います。

 五平餅といえば、同じ「ごへい」という読み方で「御幣」があって、宇出津の近辺の祭りでは聞くこともないのですが、輪島大祭では初日の海士町のお祭り以外は、松明神事があって、火がついた松明が倒れた時に御幣を奪い合うという話を聞いていて、今年初めて実際に見ました。

 金沢市場輸送の時、一緒に長距離トラックの仕事をしていた輪島のHが、その御幣をとったことがあると話していましたが、それ以外の祭りの話というのは記憶に残っていません。奪い合いで怪我人が出るのは当たり前で、不具者になるような大怪我をする人も珍しくないという話でした。

 輪島大祭の松明神事の御幣のことは、同じ能登でも宇出津の周辺では知らない人がほとんどではないかと思われ、話題として聞いた覚えも余りありません。能登の祭りによくあるのは体にきつくて危険が伴うということと思いますが、奪い合うというのは石川県全体でも聞いたことがないです。

 実際に輪島大祭を見に行ってわかったことですが、松明神事の火は、太くて大きな藁の縄のようなものに火をつけ、神社から火をつけた縄を道路にひきずって松明まで向かうようです。

 能登の輪島というのは北前船の歴史があると聞いています。門前町や今は羽咋郡志賀町になった富来の福浦港なども北前船の歴史があるとテレビなどで見たことがありますし、金沢港も北前船の豪商などの歴史的な話を聞くことがあります。

 同じ能登半島でも宇出津の周辺は内浦とも呼ばれますが、北前船の歴史というのは全く聞いたことがありません。輪島や門前町の海岸線は外浦と呼ばれますが、内浦とは比較にならないほど海が荒れ、波も風も強いです。

 ぼんやりと聞いていたテレビの石川県内ニュースでも、冬場の輪島港では一月に1回しか出漁することが出来ていません、というような話を聞いたことがあります。港湾の整備された現代でもそれぐらいなのに、江戸時代の北前船の時代はどうだったのかと考えてしまいます。

 同じ能登半島でも私が生まれ育った宇出津は内浦ですが、富山湾に面していて全国的にも珍しいぐらい海が穏やかなのかもしれないと考えることがあります。気圧の関係もあるのか冬場は海が荒れることも多いですが、外浦は風の強さも全然違います。連続テレビ小説まれ、の間垣はその象徴です。

 実際に冬場に行ったことはまだないのですが、間垣のある輪島市大沢のあたりでは、雪が積もらないと聞いています。強い風に吹き飛ばされるので積もることがないそうです。同じ外浦の珠洲市の馬緤海岸のあたりには雪の降る12月に魚釣り行ったことがありますが、同じ感じでした。

 内浦でも珠洲市の方は砂浜が広くひろがっている地形が多いのですが、宇出津や小木の周辺はリアス式で湾や入江が多くなっています。宇出津と小木に共通して思うのは、川が少なく川が小さいということです。

 宇出津の町には2本の川がありますが、私の家の近所の昭和町の川は、川というよりは小川で、都会の用水路にも近いのではないかと想像されるような川幅です。川らしい川は梶川だけですが、それでも川幅は10メートルもないように見えます。

 拘置所や刑務所で生活している頃は、官本という施設備え付けの本で、歴史物から色々な本を読んだのですが、そのなかで江戸時代は各地で川の水をめぐる争いが多かったという話を聞いたことがあります。そういう話を聞くと思い出すのが「我田引水」というおなじみの四文字熟語です。

 また、本で読んだのかテレビで聞いたのか思い出せませんが、人間は先祖の辛苦や強烈な体験を遺伝子として引き継ぐことがある、という話を見たことがありました。祭りや神事というものは目に見えるかたちで引き継いでいるのだと思いますが、それも実生活や体験の反映という要素もありそうです。

 輪島では御陣乗太鼓が有名ですが、上杉謙信の能登攻めに地元の人が命がけで知恵を絞って鬼が太鼓を叩いている演出をしたといういわれになっています。

 宇出津にも少し似た話は残っていて、籠城戦で水があると見せかけるために川に米を流したと言います。遠島山公園にありまして小学生の頃、学校から行って先生に説明を受けたような記憶も残っています。遠島山公園は棚木城の城址です。

 私の記憶も曖昧なので、ちょっと調べてみました。水に見せかけて米を流したという話ですが、カラスが集まってバレたという話も聞いたように思います。遠島山公園は今もカラスが多いです。隼を見たという話も聞いたことがあります。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://zyousai.sakura.ne.jp/mysite1/noto/tanaki.html 棚木城 -能登の城ー

棚木城は奥能登内浦に突き出した半島状の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上) 現在、城址は遠島山公園に整備され公園の入口部分には馬洗池祉が残っています。(写真右上) この部分は城址の北西端に位置し、外郭部分だったのでしょう。でっ、さらに進むと「米流し坂」と呼ばれる竪堀があります。(写真左・左下)  天正5(1577)年の上杉侵攻の際、籠城方はこの坂に米を流して水が充分にあるとカモフラージュしたと伝えられます。ま~~~、七尾城にも同様の伝承があることから、後世の創作なのでしょう。
月見御殿(写真右下)
城内最東端に位置する平場。説明板によると城主の愛姫が屋敷を設け、十五夜の満月には城兵を集めて月見の宴を開いたとされます。

(引用終了)

 内容のことはあまり憶えていないのですが、官本で「能登怪異譚」という本を読んだことがありました。比較的薄い本だったので、昼の午睡の時間の前後に一気に読み終えたような記憶も残っています。風が心地よい季節で、穏やかな日和でした。

 この「能登怪異譚」という本には面妖という言葉がよく出てくるのですがルビに「もっしょい」と書いてありました。年配者に多いですが宇出津でも使う方言です。私の感覚では訝しいとか怪しいとか、納得できないという意味で使われることが多いという気がします。

 怪しいとか胡散臭いという意味では「しったくさい」という言葉が多かったのですが今では聞かなくなりました。昔は少しでも納得が出来ないとすぐに気持ちを表に出して、そういう言葉を使っていたと思いますし、そういう横につながるようなコミニュケーションがあったかと思います。

 ちょっと似た言葉に「はんかくさい」というのがあるのですが、これは馬鹿とか阿呆の類いの意味です。北海道の方言でもあるようです。今年の春に小木港でアジ釣りをしているとき輪島から来た人と話をしていたのですが、輪島の方では使わない言葉だと言っていました。

 宇出津の近くの小木は昔から遠洋業が中心の港ですが、つい最近になってネットだったと思いますが、小木は能登半島で唯一、地形的に定置網の漁が出来なかったので、外に出て遠洋漁業をするようになったという話がありました。遠洋と言っても北洋なので北海道の寄港が多いと聞いています。

 同級生の母親も北海道から来た人が多いと聞いていました。小木が珠洲郡内浦町だったころから宇出津と同じ能都町だった姫も遠洋漁業ですが、昭和30年代か40年代になってから地域が一丸となって遠洋漁業に進出したという情報を見かけたことがあります。

Page 1 Page 2 我女が調査を行っ た奥能登の姫 と い う 部'落 ... http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/2297/4787/1/KJ00004189651.pdf

 しばらく中断をして上記の資料を読んでいました。ホームページではなくPDFファイルになっています。たまたま見つけたものですが、興味深い内容でした。

 初めて知ることばかりでしたが、確かに姫には川がなく、水には想像を超えるような苦労があったようです。また、北海道との歴史的な関わりがすごく強いことも知りました。昭和60年に発表された資料のようです。

 女性の生活史としての研究資料のようです。そういう面でも興味深い資料でしたが、前から書いておこうと思っていたことの一つに輪島のセクハラ裁判がありました。日本で初めてのセクハラ裁判での勝訴と聞いたように思います。訴えられたのは宇出津の建設会社の社長です。

 今の私の記憶では平成の初め頃のことであったと思いますが、いずれにせよ私は宇出津に生活をしていない時期だったので、社会問題化している時期には直接話を聞くことはなかったですが、後日談としては商売敵にはめられた、というような話は小耳にはさんでいます。

 今からネットで調べて、部分的な引用でご紹介したいと思います。原告の女性が輪島市の在住だったと記憶していますが、輪島の支部での裁判であったものの、金沢の弁護士が集まって躍起になって盛り上げたお祭りのような裁判だったようです。

 これは独立した項目として取り扱いをしたいと思います。既に脱線しているのはわかっていますが、またここに戻ってくる予定です。

2015-08-30 日曜日 11:13 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

「この事件をめぐる「警察・検察の闇」が明らかになるという、重大なリスクを抱え込むことになった。」という郷原信郎弁護士の発言を見て思う刑事弁護人に対する社会的不信感と控訴審のあり方

* 「この事件をめぐる「警察・検察の闇」が明らかになるという、重大なリスクを抱え込むことになった。」という郷原信郎弁護士の発言を見て思う刑事弁護人に対する社会的不信感と控訴審のあり方

2015-08-27 木曜日 09:49 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 まずは、昨夜見たと思う市川寛弁護士のツイートの内容を次に掲載してご紹介するところから始めたいと思います。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/26 14:41 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/636413181817024512
検察官控訴の無法地帯ぶりはなんとかしないといかんね。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/26 14:40 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/636412757680648192
常識のある検事なら、こういうみっともない立証活動はとてもできない。「いや、これはまずいでしょう」と言えた検事もいただろう。仮にそうだとしても「やかましい!とにかく撃てる弾は全部撃て!」と命じたエライさんがいたのではないか。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/26 14:36 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/636411820337577984
一審で弁護人が請求した証人尋問に反対しておきながら、無罪になるや、臆面もなくその証人尋問を請求。いい度胸してるなぁ(嘆息

リツイート)→  投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/26 14:34 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/636411305730007040
RT @nobuogohara: 【美濃加茂市長事件控訴審、事実審理開始で重大なリスクを抱え込むことになった検察】と題して、ブログ「郷原信郎が斬る」を更新しました。⇒ https://t.co/rvMqZtN4oz
元のツイート)→ 投稿者:nobuogohara(郷原信郎) 日時:2015/08/26 14:30 ツイート: https://twitter.com/nobuogohara/status/636410453099327489
【美濃加茂市長事件控訴審、事実審理開始で重大なリスクを抱え込むことになった検察】と題して、ブログ「郷原信郎が斬る」を更新しました。⇒ https://t.co/rvMqZtN4oz

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/25 21:14 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/636149668527734784
「美濃加茂市長VS検察」名古屋高裁で「二審」がスタート http://t.co/eiggFR4fYK #bengo4topics @bengo4topics 些末な証拠ばかりという印象。こういう悪あがきができる検察官控訴自体をやめさせないといけない。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/25 21:10 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/636148650956029952
「美濃加茂市長VS検察」名古屋高裁で「二審」がスタート http://t.co/eiggFR4fYK #bengo4topics @bengo4topics 取調官の証人尋問もムダだなぁ。可視化が常識となるべき今日では、時代遅れの立証としか言いようがない。メンツだけでやってますな

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/25 21:09 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/636148292049506305
「美濃加茂市長VS検察」名古屋高裁で「二審」がスタート http://t.co/eiggFR4fYK #bengo4topics @bengo4topics 取調メモを出すのは普通は嫌がるのに、数打ちゃ当たるですかね。こりゃ後から作ったと言われてもしょうがない。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/25 20:55 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/636144947956084736
ブログを更新しました。 『その1』
http://t.co/xk8ajNl6ni

 やはり市川寛弁護士のりツイートで郷原信郎弁護士のブログ記事のリンクを含んだツイートは、昨夜のうちに見ていたようですが、ブログの記事の方は今朝になって、連続テレビ小説まれ、の視聴の前後に分けて読了しました。

 今朝は、テレビと電気をつけたままいつの間にか眠っていて、目がさめてテレビの表示設定している時刻を見ると4時58分でした。木曜日は北陸中日新聞に週に一度の釣り情報があるので、それを見るために軽く新聞に目を通しました。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/27 10:38 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/636714422602366976
2015-08-27_05.51.37_北陸中日新聞・加賀ぐず焼きまつり.jpg http://t.co/Z0c8czYsv9

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/27 10:38 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/636714306755690496
2015-08-27_05.50.09_北陸中日新聞・横行する「ネット私刑」.jpg http://t.co/bVMHhX8Grh

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/27 10:34 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/636713247576469504
2015-08-27_05.01.39_北陸中日新聞・輪島大祭フィナーレ.jpg http://t.co/KMGdb0nkOa

 スマホで撮影した写真です。デジカメとは違ってファイル名に含まれる撮影時間に狂いはないものと考えています。4時58分と思っていたのですが、目が覚めたのは4時48分の間違いかもしれません。新聞を開くまではもう少し時間があったように思うからです。

 25日の夜にあったお祭りが27日の朝刊に出るというのも意外に感じました。竹キリコとタイの張り子と呼ばれることも初めて知りました。担ぐところが竹で出来ているらしいことは出かける前の下調べの情報で知っていましたが、キリコと竹という組み合わせも意外なものでした。

 同じく下調べの情報によると竹キリコはエビをかたどっているようです。魚の方は日本海を代表する高級魚ノドグロかとも考えたのですが、鯛のようです。新聞によると竹キリコを20歳前後の若者、タイの張り子を中高生が練り回すようです。

 同じ奥能登に住んでいて輪島大祭を見に行ったのは今年が初めてのことで、昨年も昼の間に少しだけは見ていたのですが、今年は2日目の河井町、3日目の鳳至町、4日目の輪島崎町のお祭りを3日続けて見に行きました。1日目は海士町のお祭りでしたが、ござれ祭りを見に行っていました。

 輪島の祭りはいずれも神輿が大きく絢爛豪華です。先導役のような人々が裃姿なのも特徴なのですが、宇出津の周辺では見たことがなく、テレビの時代劇以外で本物の裃姿を見たのも初めてかもしれないと思えました。輪島崎のお祭りでは伝統なのか裃姿に裸足といういでたちでした。

 竹キリコとタイの張り子の若者はラフなシャツの姿で運動会のような雰囲気でもあり、テレビの野球場でしか見たことのない大きな風船を見物客が飛ばすという特徴もありました。運動会のような賑やかなお祭りで、港では大漁旗を棚引かせる漁船が煌々とライトアップし、海の中まで照らしていました。

 YouTubeの動画ではこれまで何度か見ていた輪島大祭ですが、事前でネットで調べても十分な情報を得ることが出来ず、実際に行ってみて知ったこと、わかったことが沢山ありました。バイクで距離を測ると宇出津から40キロ程度ということで、文化の違いとは裏腹にずいぶん近くに感じました。

 私は長距離トラックの運転手をやっていたこともあり地域のの距離感というのはある方かと思いますが、輪島というのは小さい頃のイメージが強いためか、ずいぶんと遠いところだと思ってきました。

 今年は連続テレビ小説まれ、の舞台となったこともあり、今までになく輪島のことを考え意識するようになったと思いますが、前にも書いたとおり、私の中では昭和58年の夏に普通免許を取得して車を運転するようになった頃の思い出が強い場所でした。

 夏の終わりの8月の最終日か9月の初めの頃からは、金沢市観音堂の被告訴人安田敏のたまり場になっていたアパートに居候をするようになりましたが、輪島の暴走族のたまり場にも遊びに行き、集団暴走にも被告訴人安田敏と一緒に参加することがありました。

 私は1年と2ヶ月ほど高校に行って中退し、16歳の昭和56年の6月の下旬ぐらいから金沢に出て仕事をするようになったのですが、仕事も長続きせず、遊びまわっていました。同級生は昭和58年の3月頃に高校を卒業して大半は金沢に働きに出ましたが、私は半年ほど免許の取得が遅れていました。

 前にも書いていると思いますが自動二輪の免許で1年間の取り消しを受けていたからです。ほとんどの同級生は高校の卒業前に免許を取り、4月から働き始めた頃、あるいはその前から車を買って乗り回していました。私は7月の20日頃だったので、数カ月出遅れたことになります。

 自分で車に乗るようになった昭和58年の夏から行動範囲も視野も大きく開けたように思います。考えてみると昭和59年の1月の中頃から金沢市場輸送で長距離トラックの仕事をするようになったので、夏から半年ほど後ということになりそうです。

 今回、輪島大祭に行って初めてわかったことの一つに、輪島の市役所の建物は2つの川が合流する中洲に建っていて、面前の道路を挟んだ前には三角州と呼ばれる広場があるということで、それが3日目の鳳至町のお祭りのメインの場所になっていました。

 輪島の市役所が大きな川の側にあることは昭和56年の秋に防水工事の仕事で輪島に行った時から知っていたと記憶にあります。

 市役所と言えば思い出すのが、この項目のメインテーマである藤井美濃加茂市長事件でもあります。輪島市と岐阜県美濃加茂市は以前調べたところ人口も同じぐらいの規模だったと思います。ただ、美濃加茂市は岐阜市とも隣接しているかと思うので、単純な比較は出来ないかとも思います。

 現職の市長が逮捕されたという事件は他にもあるのだと思いますが、私の記憶にはなく、記憶にあるのは平成に入った頃のことで県知事の逮捕が2つほど続き、大きな社会問題になっていたという記憶は残っています。

 どこの県知事が逮捕されたのか確認のため調べようと思ったのですが、ウィンドウの切り替えをすると深澤諭史弁護士のタイムラインが出て、更新が2件と出ていたように思うのですが、更新をクリックするとずいぶんな数のツイートが出てきて、20件を空目していたのかと思いました。

 調べる前の私の記憶だと、たしか、茨城県知事と福島県知事だったと思います。福島県知事は違った時代にも刑事事件で問題になっていたような記憶があり、大野病院事件の頃は関連した情報をモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログで見ていたような記憶もあります。

 調べてみました。福島県知事の逮捕は別物で、他のはいわゆるゼネコン汚職事件という社会問題の一環だったようです。平成5年という時期も意外でした。平成2年頃かとなんとなく思っていたからです。平成5年はまるまる一年間、控訴審で拘置所の独居房で生活していた時期です。

 直接のリンクではなく廣野秀樹(@hirono_hideki)のツイートとしてメモを兼ねたものを参考としてご紹介しておきます。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/27 15:32 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/636788283494825984
ブログ更新: 寝屋川の事件、凄まじい量の情報が捜査機関から報道機関に提供されている。開示を求めても弁護人側には全く捜査情報は開示されないのに。 アリバイ工作だとかいう細かい被疑者の動きだとか、どういう根拠で公開すべきだと判断して... http://t.co/JMkdImr2eC

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/27 15:31 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/636788125633748992
ブログ更新: あくまで私見だが、自分を真に客観視できる人はメンタルどころか人間そのものが逞しい。真に客観視できる人は必ずしも多くないと思う。人間はあらゆる側面において弱いものだろう。/(弁護士 市川 寛) http://t.co/pH61ncMLsK

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/27 15:31 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/636788125558308864
ブログ更新: 裁判所からまた訳の分からない書面を出せと言われたよ。 破産案件で,子が破産するに当たって,親の収入があるならなぜ援助を受けることが出来ないのか,上申しろと。/(深澤諭史弁護士のリツイート) http://t.co/GbIwTv3ylH

 なんか変だと思ったら、自動で投稿されたものが3件出てきたようです。Emacsでコマンドの実行結果を読み込み、最新の3件の投稿だと思っていたのですが、自動投稿で順番が違っていました。今度はコマンドの実行結果から貼り付けます。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/27 15:31 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/636788125398867968
ブログ更新: 弁護士会は人権擁護活動をしていますって、アピールするけど、「一部」の会員の犠牲の下に成り立っているんですよ。法務省から予算を引っ張って来られないし、内部でも一部の弁護士のみに負担を強いる。こんな組織って何なんでしょ... http://t.co/JzA1bravaF

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/27 15:31 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/636788125067554816
ブログ更新: 客観視する一つの方法は、その結果を書き留めることだと思う。名文はもとより、きれいな文章を書く必要もない。とにかく書いてみる。すると、その言葉が自分と離れて対象化できる。書き留めることによって四六時中客観視の結果を背... http://t.co/Jt9UqIWqte

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/27 15:27 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/636787212206645248
ゼネコン各社から中央政界や地方政界に多額の賄賂が送られている実態が判明する。東京地検特捜部は1993年から1994年にかけ、建設相、宮城県知事、茨城県知事、仙台市長が逮捕される事態に発展した。(引用→)  http://t.co/7ogV93hPKp

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/27 15:26 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/636786820391530496
佐藤氏は、06年10月、木戸ダム建設工事に絡んで、ゼネコンの前田建設工業、サブコンの水谷建設から賄賂を受け取ったという収賄罪で逮捕起訴され、一審で有罪判決を受け、控訴したものの覆らなかった。(引用→)  http://t.co/eZO4dHWPXD

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/27 15:23 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/636786180948951040
数多くのビッグプロジェクトを手掛け、手腕を振るってきた竹内藤男知事が1993(平成5)年7月23日、収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。5期18年にわたり県勢発展に力を…(引用→)  http://t.co/mt7oHEsLns

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/27 14:31 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/636772985634988032
ブログ更新: メンタルが弱い人や犯罪を犯してしまった人の話を聞いていると、自分の現状について、過去の自分の境遇や周りの人がとった行動のせいにしてしまって、そこで思考が止まってしまっていることが多い気がする。自分の行動と認知に問題... http://t.co/sQ1DdrbwlI

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/27 13:32 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/636758154747977728
ブログ更新: ストーカー事件の裁判例で,不合理弁解と判断されたものには「アイツが俺の思い通りになれば,俺はこんな事件を起こさずに済んだ」→「だから俺は悪くない」→「悪くないからやっていない」 という心理の流れを感じる。この種事案... http://t.co/VaYB94TT4i

 手違いのついでに、前後のツイートも一緒に掲載しました。「ブログ更新: 」という接頭辞で始まっているものは、はてなダイアリーからの新着記事の自動投稿です。APIからの投稿であっても自動投稿をするようになっていますが、6月ぐらいから有効になったという感じです。

 ツイッターの文字数制限に引っかかるような記事のタイトル名は自動でカットをするようです。元のタイトルとURLは次のようになります。

ストーカー事件の裁判例で,不合理弁解と判断されたものには「アイツが俺の思い通りになれば,俺はこんな事件を起こさずに済んだ」→「だから俺は悪くない」→「悪くないからやっていない」 という心理の流れを感じる。この種事案に限らないが。 https://t.co/6mJC75lMMv/(深澤諭史) - 日暮れて途遠し2011 http://d.hatena.ne.jp/hirono2011/20150827/1440646424

 URLを含めると226文字だとAPIの自作スクリプトからエラーが出ました。ツイートの本文の末尾がURLアドレスだと、その後の文字列とくっついて無効なURLリンクとなってしまうこともあるようです。

 今日は深澤諭史弁護士のツイート、リツイートが多いですが、もしかして私の投稿を意識して別の方向に誘導するためにストーカーとか何とか刺激するようなツイートをやっているのかとも思えてきました。

 さきほど調べていて気がついたことですが、福島県知事だった佐藤氏という人物が逮捕されたのは2006年10月のようです。2006年といえば平成18年だと思いますが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログの全盛期とも重なりそうです。

 その福島県知事だった佐藤氏という人物が福島原発に反対をしていて、それがために国策捜査で不当な逮捕をされた、陥れられたという話はちょこちょこと目にしていたと思いますし、そういえば国策捜査という言葉が目につくようになったのも同じ頃かと思います。事件は他にもありましたが。

 国策捜査については本書に収録予定のファイルでも言及したことがあり、その時は青木理というジャーナリストについてい言及をしたかと思います。思い出しましたが、図書館の予約で借りた青木理氏の本のことでした。

 今朝のことですが、北陸中日新聞の釣り情報を見るのに新聞の中を開いていたところ気になった記事が目に付き、一通り読んだ後、後になってスマホで記事を撮影しました。他の写真と3つあわせて、既に掲載をしたと思いますが、次の写真付きツイートです。

投稿者:s
hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/27 10:38 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/636714306755690496
2015-08-27_05.50.09_北陸中日新聞・横行する「ネット私刑」.jpg http://t.co/bVMHhX8Grh

 これまでに何度か説明を書いてきたことかと思いますが、中日新聞というのは東京新聞と同じ系列だそうです。そういうこともあるのか、社会的に突っ込んだような記事を見かけることはままあります。今日はここの紙面で青木理氏の名前を目にしました。

 テレビ欄の裏からもう一枚めくった紙面の右側の記事です。今確認したところ「こちら特報部」というコーナーのようです。何度も書いていることですが、私は新聞を開かないことが多く、ポストに3日分ためたこともあります。中を開いてもテレビ欄の裏の事件面ぐらいです。

 ネットがあるので本当は新聞など必要ないという考えなのですが、スーパーの広告チラシを見て買物の予定を立てるのに使っています。ポストから新聞を持ってくるときは表紙の1面にはざっと目を通すようにはしていますが、雨の日はナイロン袋に入ったまま、そのままにしてしまうこともあります。

 せっかく購読しているのでもっと新聞に目を通すようにしようとは思っているのですが、習慣として続きません。いずれにせよ、今日、新聞で青木理氏と水島宏明氏の名前を見かけたことは意外なことで、今までとはちょっと違った印象を受けたという気もしました。

 水島宏明氏はブロゴスとでも言いましたが、名前は定かに記憶に無いですが、ブログの記事の紹介をするサービスの記事で、何度か見かけたことのある名前で、なにか気になることが書いてあったので、名前の方も記憶にありました。だいぶん前のことなので記事の内容は思いだせません。

 気になったのでツイログで調べたところ、意外なことに次のツイートが見つかりました。Yahooの記事のリンクがあって、どうせリンク切れだろうと思いながら開いてみたところ、リンク切れにはなっていませんでした。ニュース記事とは扱いが違うのかもしれません。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/03/11 17:38 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/575576517763272704
強姦事件「盗撮ビデオ」で示談を迫った弁護士 「許せない」と怒りの声上がる(水島宏明) - 個人 - Yahoo!ニュース http://t.co/mHpm0Zt4Do 盗撮行為を行ないながら(それ自体、A子さんの同意を得ていない犯罪行為である)、「このビデオを出してほしくなければ

強姦事件「盗撮ビデオ」で示談を迫った弁護士 「許せない」と怒りの声上がる(水島宏明) - 個人 - Yahoo!ニュース http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20150308-00043642/

 上記の記事ですが、ツイートに記事のタイトルとリンクを載せているぐらいですから、私は記事に目を通しているはずです。後で読む的なリンクだけということもたまにはありますが、韓信の強い事件だけに記事を読まずに放置したとは考えられないです。

 いずれにせよ、先ほど記事にざっと目を通して目新しく感じたことは、記事を書いている水島宏明氏と懲戒請求をしたNPO法人の代表者が旧知の間柄であったということです。あらためて気がついたことは、示談交渉の被害者は、どうやら警察よりも先に弁護士に相談していたらしいということ。

 水島宏明氏の記事として私の印象に残っていたのは、これではなく、スポンサーの降板が相次ぐなどして問題化したドラマに関する記事のことで、私は否定的な見方として水島宏明氏の記事を読んでいたように思います。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2014/03/15 15:25 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/444720967164899328
『明日、ママがいない』を「最後まで見てほしい」と言ったアナタへ 最後まで見たけど分からないのですが…(水島宏明) - 個人 - Yahoo!ニュース http://t.co/yA7LSWlf4w
水島宏明
法政大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2014/01/23 08:44 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/426138231684730880
【速報】日テレ「明日、ママがいない」で異変!第2話は提供スポンサーの字幕がなかった。隠した?降りた?(水島宏明) - 個人 - Yahoo!ニュース - http://t.co/yndSTCLRfG http://t.co/4B6rUTXGFD よく見ている人がいるものです

 時間もかかるので過去の記事を読み返すようなこともしませんが、ドラマへの批判の価値観やスタンスが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に似ているとも感じ、それで割と強く記憶に残ったのだとわかりましたが、感じた対象がなんであったかは今日まで忘れていました。

 今日、もう一つ久しぶりに思い出したことは、東電OL殺人事件の被害者も東電の社員でありながら原発に批判的な活動をしていたため、売春婦という汚名とともに抹殺されたという話を、ネットで何度か見かけていたことです。それも権力による国策捜査のような話であったように思います。

 Googleで「東電OL 原発」と検索するとぞろぞろと情報が関係者の実名や役職混じりで出てきました。信ぴょう性ははかりかねますが、袴田事件の真犯人説に似た具体性がある話のようです。

 袴田事件の場合は、再審開始の決定と同時に出た異例の拘置の執行停止で袴田巌さんが釈放されたのとほぼ同時に、真犯人と噂されていた人物が死んだというニュースがありましたが、死因も警察は公表しないまま立ち消えになった感があります。

 報道ではまだ60代となっていたように突然死の可能性も低いと考えられ、自殺の公算が高いと思われる出来事でしたが、それがなければ真犯人説というのもさほど信ぴょう性は感じられていなかったようにも思われます。

 地元ではほとんどの人が真犯人に疑いを持っていないという情報を見かけましたが、再審に向けた弁護士らの活動とは、本来は同じ対象の事実であるはずなのに、まるで別世界の話のように思えて仕方がありませんでした。

 死因のことが気になったので、警察発表などの情報が出ていないものか調べてみます。

 検索をすると意外な内容の情報が見つかりました。警察が口封じのために殺した可能性を示唆しているようです。同時に暴力団に始末されたともいいたげな感じです。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13126787988 袴田事件、再審決定の翌日、長女が死を選んだ理由は? - 長女が真犯人という考... - Yahoo!知恵袋

真犯人かどうかは分かりませんが、口封じに警察から殺された可能性がありますね。
ただ、暴力団員と懇意にしていたという情報はありますね。

警察の上層部と暴力団に癒着があるのは有名ですが、警察は真犯人を隠蔽する為に、袴田さんに
「自分が犯人であると思いこませろ」と言っていたそうです。(←昨日のテレビから)

(引用終了)

 一頃の時代、国策捜査とかが猛威をふるい、もてはやされていた時代の空気を思い出しました。その中心の目の一つが郷原信郎弁護士だったとも思います。にわかに否定できないような重みも当時は感じていましたが、安っぽいカラクリのように感じさせれてくれたのも藤井美濃加茂市長事件の弁護活動です。

 検索結果の他の記事ですが、そちらも一部を次に引用します。尾ひれがつけられたとも思えますが、伝播の過程で増幅する参考例なのかもしれず、私の主観はさておき、引用でご紹介します。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://wadain.seesaa.net/article/393099664.html 袴田事件・橋本昌子死去!警察「殺しても病気で死んだと報告すればそれまで」: 話題のニュース・トピックス

犯人とする決定を下した以降は、袴田巌さんを強盗殺人、放火、窃盗容疑で逮捕して、朝昼晩、深夜までも棍棒で殴る蹴る、睡眠時も酒浸りの泥酔者の隣の部屋にわざと収容させ、その泥酔者にわざと大声を上げさせる、トイレにも行かせず、取調べ室にバケツを持ち込み取調官の前で垂れ流しにさせるなど、肉体的にも精神的にも徹底的に痛めつける拷問の末、勾留期限3日前に袴田巌さんを自供に追い込み、シナリオ通り、犯人に仕立て上げました。 

~ここまで袴田事件の事件概要                 


そして、検察当局は面子のためだけに冤罪を生み出しただけでは飽き足らず、今度は面子のためだけに静岡地裁が決定した再審開始決定の取り消しを求めて即時抗告する方針だそうです。

ひとりの人間の人生と、その家族の人生を奪っても何も変わらないのですね。。。

ここまでくると、面子のために犯罪・犯人をでっち上げる集団というよりも、面子のために犯罪を犯す集団と言った方が相応と思われます。


そして、静岡地裁が再審開始を決め、袴田巌さん(78歳)が釈放された3月27日の翌日、3月28日というタイミングで、被害者の長女・橋本昌子さん(67歳)が亡くなりました。


(引用終了)

 もう一つ、正確性を期すため長めの引用になりますが、郷原信郎弁護士がよく提唱している検察のメンツ(面子)にも通じるところがありますので、掲載します。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://wadain.seesaa.net/article/393099664.html 袴田事件・橋本昌子死去!警察「殺しても病気で死んだと報告すればそれまで」: 話題のニュース・トピックス

警察は死因を発表しなければ、世間が「自分で命を絶ったのだ、だから死因の発表を控えているのだ」と勝手に判断してくれる、報道も自粛されると考えているようです。

しかし、仮に、橋本昌子さんが、袴田巌さんを犯人だと思い込んでいるご遺族だとしたら、死んでいる場合じゃない、戦おうと考えるのではないかと思えます。

また、真犯人につながる重要な真実を握っていながら、48年もの間ひた隠していたのだとしたら、拘束され続け苦しんでいる冤罪被害者の存在を知りながら、それだけ長きに渡り、真実を隠し通すような神経の持ち主が自ら命を絶つとは思えません。


東京拘置所で拘束されていた袴田巌さんは、十数年前から精神を病み、家族、支援者との面会もほとんど出来ない状態でしたが、袴田巌さんが書いた獄中書簡があり、その中に 警察が早々に事件性は無いと発表した今回の事件・橋本昌子さんの事件 のヒントがあるようです。


袴田巌さんが書いた獄中書簡

「……殺しても病気で死んだと報告すればそれまでだ、といっておどし罵声をあびせ棍棒で殴った。そして、連日二人一組になり三人一組のときもあった。午前、午後、晩から一一時、引続いて午前二時まで交替で蹴ったり殴った。それが取調べであった。……息子よ、……必ず証明してあげよう。お前のチャンは決して人を殺していないし、一番それをよく知っているのが警察であって、一番申し訳なく思っているのが裁判官であることを。チャンはこの鉄鎖を断ち切ってお前のいる所に帰っていくよ。」(1983年2月8日)


警察、、、検察、、、

「どうせ真実が暴かれるとしても、また半世紀後だし、真実は 何をやってでも とことん隠蔽しよう!」ということで、またやってしまったのか。。。

とっくに潰れている面子のために、そこまで、そんなことまで やってしまったのか。

(引用終了)

 告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)には投稿できないのでポイントを挙げると、「警察は死因を発表しなければ、世間が「自分で命を絶ったのだ、だから死因の発表を控えているのだ」と勝手に判断してくれる、報道も自粛されると考えているようです。」。

 「警察、、、検察、、、」「「どうせ真実が暴かれるとしても、また半世紀後だし、真実は 何をやってでも とことん隠蔽しよう!」ということで、またやってしまったのか。。。」「とっくに潰れている面子のために、そこまで、そんなことまで やってしまったのか。」 ←引用

 前にも書いたように思いますが、袴田事件の弁護団は、袴田巌さんが消火活動を一緒にやったという同僚からの聞き取りもせず、何十年も経ってから検察側に開示させた資料の中に、そのような同僚の供述調書があったと、手柄を立てて再審請求のダメ押しにするような会見をやっていました。

 刑事訴訟法か何かの法律で、弁護人の接見交通権は完全に保証されているはずです。まともな聞き取りをしていれば、犯行時刻の行動として消火活動を同僚とやっていたということはわかっていたかと思いますが、私が弁護士の接見がどいうものか経験しているだけにうなずけるところもあるのです。

 勝手に解釈、勝手に行動、不要な情報は目もくれず、というのは刑事弁護人にありがちな認知・行動パターンかと思います。主義主張と商売繁盛の宣伝のために、利用して祭り上げた神社の神輿にされるというのも、歴史的にありがちなことかと分析しています。奪うものさながら泥棒神社です。

 時刻は8月28日9時501分になっています。昨日の朝、郷原信郎弁護士のブログを見ながら、神主と宮司の違いについて調べたくなったこと、調べた結果について書くつもりでいたのですが、先ほど気になることが一つ増えたので、その問題を先にしたいと思います。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)のブログで藤井美濃加茂市長事件の控訴審について取り上げたエントリのことですが、昨夜のうちにブラウザのタブでページを開いていたものの、先ほど本文に目を通したところです。

 伝統的とも言えそうな裁判所批判が暗に込められているような内容で、これを是非、引用してご紹介したいと考えたのですが、引用の範囲について全文とすることに問題がないのか調べてみました。

 文章の内容にもよりますが、全文でないと書いている人の考え、態度が正確に伝わらないのではないか、というのも私の考えです。これはモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の理解に対する批判の仕方に影響を受けたものでもあります。

 一部だけ引用されては正しく理解が出来ない、伝わらないなどとモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)は批判をしていました。

 ともあれ、著作権や引用について調べたところ、とても参考になることが書いてあったので、次に引用をさせていただきます。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.pressnet.or.jp/statement/copyright/971106_86.html ネットワーク上の著作権について|新聞著作権に関する見解等|声明・見解|日本新聞協会

著作権法第32条は「公表された著作物は、引用して利用することができる」としています。この規定に基づく引用は広く行われていますが、中には、記事をまるごと転載したあと、「○年○月○日の□□新聞朝刊社会面から引用」などとして、これに対する自分の意見を付けているケースも見受けられます。また、記事全文を使えば「転載」(複製)だが一部だけなら「引用」だ、と考えている人も多いように思われます。

 しかし、著作権法第32条は、「この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものでなければならない」という枠をはめています。

 この規定に当てはめると、引用には、報道、批評、研究その他の目的に照らして、対象となった著作物を引用する必然性があり、引用の範囲にも合理性や必然性があることが必要で、必要最低限の範囲を超えて引用することは認められません。また、通常は質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という主従の関係にあるという条件を満たしていなければいけないとされています。つまり、まず自らの創作性をもった著作物があることが前提条件であり、そこに補強材料として原典を引用してきている、という質的な問題の主従関係と、分量としても引用部分の方が地の分より少ないという関係にないといけません。

 表記の方法としては、引用部分を「」(カギかっこ)でくくるなど、本文と引用部分が区別できるようにすることが必要です。引用に際しては、原文のまま取り込むことが必要であり、書き換えたり、削ったりすると同一性保持権を侵害する可能性があります。また著作権法第48条は「著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない」と定めています。新聞記事の場合、「○年○月○日の□□新聞朝刊」などの記載が必要です。

(引用終了)

 「報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内」と書いてあります。私の場合、警察、検察に参考にしてもらいたいという意識が強く、その権力を監視するメディアや影響を受ける一般の人にも、全く同じ内容を閲覧しうる状況を保証する、というのが私の考えです。

 それでは次に落合洋司弁護士(東京弁護士会)のエントリの内容を次に引用しますが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)によるニュース記事の引用部分を除き、落合洋司弁護士(東京弁護士会)の発言をそのまま全て引用します。これは削るのが相当でないものと判断します。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20150826#p2 2015-08-26 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日

検察官控訴事件で、こういった検察補充立証が高裁で認められた場合、

・高裁が、検察官控訴を認める方向で検討している

という見方と、

・高裁は控訴棄却方向で考えているが、検察の「顔を立てる」ために、やらせるだけやらせている

という見方の、両方の見方が可能です。

刑事裁判官、特に高裁の裁判官は、どこの馬の骨かもわからない弁護士の顔を立てるという発想は皆無ですが、検察に対しては、例えば、検察立証をさせずに検察にネガティブな判断を示すと「あの裁判官はおかしい」といった評判を立てられ、それが回り回って最高裁の耳に入り、寂しげなところに飛ばされたり冷や飯食いになるのは避けたいという心理が微妙に働いて、「顔を立てる」ということはありがちです。刑事裁判というのは、そういう、いびつな面を持っているものです。

その意味で、検察は、上記のような経緯から、これは行けるかしれないと期待し、被告人、弁護人としては、後者であろうと確信しつつも一抹の不安を感じざるを得ない、というところでしょうか。

この種の事件で、「収」側が全面否認していると、結局のところ、認めている「贈」の供述が信用できるかどうかが結論を左右し、裁判官の胸先三寸ということになりやすいものです。地裁の裁判官は信用できないと見ても、高裁の裁判官が信用できると見る可能性は、あくまで可能性としてはあるわけで、その際に、上記の補充立証が信用性肯定の材料として使われることは大いにあり得ることです。

私自身としては、1審の認定状況から、検察逆転は難しかろうと見ているのですが、

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20150306#p2

高裁が検察の救世主になる、というのは、刑事司法の世界にありがちなパターンですから、予断を許さないものはあると感じています。

(引用終了)*

 これははてなダイアリーの特徴ですが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)は設定で日記モードにしているらしく、個別の記事のタイトルが取得できていません。日付単位のものとなっています。私もはてなダイアリーを使っていますが、ブログモードに設定をしているので、このような問題は出ません。

 はてな、というサービスにはかなり後発ですが、「はてなのブログ」というサービスがあります。はてなダイアリーの方は、日記ということを強く意識した作り方になっているようで、一般のブログとはけっこう違いがあるのですが、実際に使ってみないとわかりづらくもあるかと思います。

 ずい分前になりますが、はてなダイアリーでは個別の記事を、記事ではなくエントリーと呼ぶべきというようなことを見た憶えがあります。深く考えなければブログの記事でも良いと思いますが、各記事にはツイッターへの投稿ボタンがあって、それを利用するとタイトルが習得できます。

 次が実際にその機能を使って自動で取得された情報をそのままツイートしたものになります。はてなダイアリーのサービスなので、ブロックに関係なく利用できます。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/28 09:45 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/637063334668337156
美濃加茂事件の控訴審始まる 検察側証人の採用認める - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 日々是好日 (id:yjochi / @yjochi) http://t.co/7CwCPwj90V

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)は11年ほどの検察官経験とそのあとの弁護士としての経歴をうりにしているかと思います。プロフィールにもそれらしいことが書いてあると思いますし、しばしば経歴や経験に言及しているのも見かけます。

 最新の確認はしていませんが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)には早い段階で3つのツイッターアカウントをすべてブロックされています。リツイートすることも出来ませんし、なにかと不便がつきまといます。

 そういえば昨日、ブロックについて言及したツイートがあって、小倉秀夫弁護士のツイートだったように思いますが、深澤諭史弁護士がリツイートしたものであったかもしれません。確認をしますが、できれば深澤諭史弁護士のりツイートとして掲載、ご紹介をしておきたいと思います。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/27 10:28 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/636711863317762048
そういや,私も,法学系の人には多分ブロックされたことが(ほぼ)ないと思う。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/27 10:27 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/636711664495263744
RT @Hideo_Ogura: 基本的に法学系の人って、ある問題についてのあらゆる学説を収集・整理した上で自説を述べる作法に慣れているので、自分に批判的な人をブロックするって珍しいですけどね。
元のツイート)→ 投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/27 08:59 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/636689510617616384
基本的に法学系の人って、ある問題についてのあらゆる学説を収集・整理した上で自説を述べる作法に慣れているので、自分に批判的な人をブロックするって珍しいですけどね。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/27 10:27 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/636711652029788160
RT @Hideo_Ogura: ブロックするというのは「お前の文章は読まない」というだけのことだから、「俺の見解について、お前が批判しても、俺はそれを読まない、反論もしない」ということなので、それは、研究者としては一種の敗北宣言だと思うんだな。
元のツイート)→ 投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/27 08:55 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/636688531616743424
ブロックするというのは「お前の文章は読まない」というだけのことだから、「俺の見解について、お前が批判しても、俺はそれを読まない、反論もしない」ということなので、それは、研究者としては一種の敗北宣言だと思うんだな。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/27 10:27 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/636711644329066496
RT @Hideo_Ogura: 「俺はお前をブロックしたのだから、お前は俺のツイートを批判するな」というのはおかしいんだよね。むしろ、再反論の機会を自ら放棄したというべきなんだ。
元のツイート)→ 投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/27 08:53 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/636687913523150852
「俺はお前をブロックしたのだから、お前は俺のツイートを批判するな」というのはおかしいんだよね。むしろ、再反論の機会を自ら放棄したというべきなんだ。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/27 09:55 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/636703473380237312
◯昔
(^ω^)法科大学院で豊かな人間性を育てるお!
◯今
(#^ω^)法科大学院生が起こした事件をネタに制度批判をするのは,おかしいお!
(;・∀・)そりゃそうだけど,豊かな人間性を育てるとか,はしゃいでいたのは,どこのどちらさんでしたっけ?

司法改革コント


 ブロックされていてもTwitterにログインしていなければタイムラインが普通に読めますし、ログインした状態でも個別のツイートや検索結果のツイートは普通に読むことが出来るかと思います。

 研究者といえば坂本正幸弁護士のことがまっさきに頭に浮かんできますが、坂本正幸弁護士にもブロックされており、それも3つのアカウントのすべてだったように思います。ちょっと確認をしてみます。

 スクリーンショットを撮りました。ログアウトとログインを3つのアカウントで繰り返しています。最後のはログインしていない状態で坂本正幸弁護士のタイムラインを開いたものです。やはり3つともブロックされていました。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/28 10:49 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/637079592579104768
2015-08-28-104941_坂本正幸(@sakamotomasayuk)さん | Twitter .jpg http://t.co/AQ35AYRD6d

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/28 10:48 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/637079282615869440
2015-08-28-104827_ブロックされているため、@sakamotomasayukさんをフォローしたり、@sakamotomasayukさんのツイートを見ることができ.jpg http://t.co/tVnSWKpWTM

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/28 10:47 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/637078966277267456
2015-08-28-104712_ブロックされているため、@sakamotomasayukさんをフォローしたり、@sakamotomasayukさんのツイートを見ることができ.jpg http://t.co/yyExoXbZGw

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/28 10:46 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/637078689776205825
2015-08-28-104604_ブロックされているため、@sakamotomasayukさんをフォローしたり、@sakamotomasayukさんのツイートを見ることができ.jpg http://t.co/fN8pHCowIq

 ログインの切り替えの時、検索の部分をくりっくすると「美濃加茂」というのが候補の一つにあったので、それをクリックしてタイムラインを少し遡ると次の記事へのリンクが見つかりました。これがブログの紹介ブログのようなサービス、ブロゴスかと思います。

美濃加茂市長事件控訴審、事実審理開始で重大なリスクを抱え込むことになった検察 http://blogos.com/article/130273/

 取得したタイトルにはブロゴスらしい名前が含まれていませんが、URLにはblogos.comとドメインがあります。

 内容は郷原信郎弁護士のブログの記事と全く同じだと思いますし、文末に「この記事を筆者のサイトで読む」というリンクがあるのも、このブロゴスというサービスの特徴です。

 あらためて記事を読む気にもなれませんが、控訴審の構造として参考になることが書いてありました。それについて言及をするつもりでいたのですが、私の控訴審の状況、成り行きと比較の上、参考にして頂ければと思います。個別に言及をしていくと記述量が膨れ上がってしまいます。

 今テレビに、「山田容疑者 完全黙秘 元刑事2人が斬る真相究明の壁」というタイトルで、大阪中1男女死体遺棄事件を取り上げています。郷原信郎弁護士のブログのタイトルも「斬る」とあったかと思います。

郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。 https://nobuogohara.wordpress.com/

 ブログのトップページでタイトルを取得すると|で区切ってサブタイトルも表示されるようです。私も同じwordpress.comのサービスを使っていますが、これは気が付きませんでした。

 トップページのスクリーンショットを撮りました。前から気になっているのがカバー写真のような位置にあるいくらか幾科学的な模様です。昨日の朝は、これをみていてお宮とか宮司というイメージが浮かんできました。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/28 11:27 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/637089013053067264
2015-08-28-112707_郷原信郎が斬る | 組織をめぐるあらゆる問題を、「社会の要請に応える」というコンプライアンスの視点から考えます。.jpg http://t.co/YIlHVuZ2b1

 私は藤井美濃加茂市長事件で藤井市長の嫌疑がどうのと考えているのではなく、その藤井市長の立場を二の次にしているとも思える郷原信郎弁護士の尋常ではない検察批判を問題視しています。司法制度に対する不信や不安を過剰に煽るものであって、その根拠も頗る軽薄という見解です。

 先ほどの「山田容疑者 完全黙秘 元刑事2人が斬る真相究明の壁」というタイトルですが、もう一度出てきたのを見ると「真相究明の壁」ではなく「真相究明の鍵」のようです。確認中にCMに入って字幕消えてしまったので、確認が不十分でした。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)の藤井美濃加茂市長事件の控訴審に対する見立てですが、なるほどと思わせるものの、結論を裁判所と検察庁の慣れないもしくは蜜月関係のように印象づけるのは、いかにもいやらしいとともにいかにも弁護士らしいところの、両転びを思わせます。

 事件や裁判の内容について踏み込むととても長くなってしまうので、必要に応じて調べるなり補って頂きたいのですが、この事件の一審では、郷原信郎弁護士が贈賄者を刑事告発するようなこともあったようです。

 便宜供与とか贈賄者と検察の癒着や結託を強く印象づける主張を展開していて、贈賄者をこれでもかというぐらいに攻撃、批判し貶めているかに見えます。私はたまたま細かい情報を何かで見たのですが、贈賄者はもともと大きな病院で経理を任されるだけの社会的信用や立場もあった人物のようです。

 雪だるま式に犯罪を重ねていったものと考えられますが、その個人的な立場としての責任と美濃加茂市の市長としての立場や責任を同じように天秤にのせ、被害額の大きさで立場や責任を軽く見せている印象もあって、常識的にもどうかと思いますし、コンプライアンスの専門家という立場でもあるようです。

 ちょっと調べると次の記事が見つかりました。具体的なことを書いてある部分を次に引用します。同じ郷原信郎弁護士のブログです。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://bit.ly/1Jps1HB 5700万円融資詐欺不起訴の陰に「贈賄供述者の企み」 | 郷原信郎が斬る

藤井浩人美濃加茂市長の事件、今月24日の最終公判期日での弁論の準備に忙殺されているところに、名古屋地方検察庁から、処分通知書が届いた。藤井弁護団が同地検に10月24日に提出していた贈賄供述者の詐欺事件の告発ついて「不起訴」の処分を通知してきたものだった。

【美濃加茂市長事件、「検察の迷走」を象徴する実質審理の幕切れ】でも書いたように、我々藤井弁護団が告発していた4000万円の融資詐欺の事実で、10月20日、名古屋地検は、贈賄供述者中林を、有印公文書偽造・同行使、詐欺の罪名で追起訴した。中林が自白していた融資詐欺の大部分について、立件すらしていなかった検察は、藤井弁護団の告発によって、有印公文書偽造・同行使、詐欺という悪質な犯罪についての起訴不起訴の判断を覆したが、弁護人は、10月24日に、同種の5700万円の融資詐欺の事実について追加告発し、11月7日に開かれた中林の公判では、4000万円の融資詐欺の追起訴分の検察官立証が行われた上、さらに、追加告発分の捜査・処理のために1ヶ月先の12月10日に次回公判が指定されとのことで、追加告発についても起訴は必至だろうと思われた。

ところが、12月10日の公判期日までに追起訴は行われず、その日で中林の公判は、検察官が、懲役4年6月の求刑を行って結審、判決は来年1月16日と指定された。

(引用終了)

 記事のURLが日本語のエンコードを含んだとても長いものになっていたので、短縮URLに置き換えました。私はEmacsで特別な設定でプログラムを実行しているので、URLの一部にカーソルがある状態で「無変換キー」を押し下げた直後にbを打つことで、短縮URLに置き換えています。

 詐欺の罪を軽く扱ってやる見返りに、藤井美濃加茂市長に不利な供述をさせて贈収賄事件での有罪判決に持ち込むというのが検察の目的だということで、無罪判決に全力を傾注しているのが郷原信郎弁護士の姿勢かと思われます。

 事実の前後関係が詳らかではありませんが、それだけ沢山の融資詐欺を繰り返していた人物であれば、それなりの徴候があったとも考えられ、市長という立場で変な関わりを持ってしまったことに対して、合理的な説明があったとも思えないところに、身勝手すぎる独壇場に見えてしまいます。

 郷原信郎弁護士が過去の激烈な支持と擁護をやった人物には小沢一郎という政治家がいました。陸山会事件で一躍注目を集め、共犯者とされた部下は有罪になったのに、無罪判決になった裁判です。その後の政治家としての小沢氏をみても、刑事弁護の代償は大きすぎたのではと思われることがあります。

 有罪とならなかった結果が大きいといえば確かに大きいかと思いますし、それが目的と期待として需要と供給の関係で現状の刑事弁護という制度を支えているのであればのこと、であるのかもしれません。ただ、5年前のその状況とは変化もあるのではと思います。

 私にとっても刑事弁護に対する意識を大きく変えてくれたのは、いわゆるPC遠隔操作事件の顛末でした。社会全体に与えた意識の変化も潜在的なものを含め小さくはないと思いますし、マスコミというかメディアの対応にも違いが出てきたように思います。

 そのPC遠隔操作事件の顛末として気になった一つに、佐藤博史弁護士がジャーナリストの江川紹子さんを提訴したという問題がありました。民事の裁判ですが、その後のことはわかりませんし、情報も見かけていません。当初より周囲の関心の低さの方が気になるぐらいのことでした。

 久しぶりに思い出して、そういえばどうなっているのかと調べてみました。次の方法です。

"佐藤弁護士" from:amneris84 - Twitter検索 http://bit.ly/1Jpu9iF

 143文字と3文字オーバーだったのですが、やむなく短縮URLを使いました。最新のもので3月とか出ていましたが、ジャーナリストの江川紹子さんの刑事弁護に対する考えや人なりもよく現れているような内容なので、最新のものからいくつか掲載してご紹介します。

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/03/17 08:37 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/577614615653150720
今日は、オウム裁判の前に、わらし自身の裁判に行ってこよ~(^^)/ 佐藤弁護士に訴えられたやつですにゃん。わらしの代理人弁護団がりっぱな答弁書を書いてくらさって、それを提出したらすぐ、先方から怒り満載の準備書面が出てきた由。はてさて、第一回口頭弁論はどうなりますことやら…

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/02/12 19:21 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/565817950037241856
発売中の週刊文春に、PC遠隔操作事件の判決を受けての拙稿が掲載された。それに関して佐藤弁護士がわらしを訴えた由。文藝春秋社は対象とせず、被告は江川のみ、と。裁判沙汰は、オウム、ライフスペース、そして今度で3件目。現時点のコメントは、「訴状が届いてから、適切に対応したい」ってことに

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2014/06/07 10:41 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/475090087198224385
佐藤弁護士にも、広報の仕方など反省されるべき点はあるのではないかと思いますが、少なくとも無罪を主張して戦われたことについては、「責任はゼロ」と強調しておきたいと思います。おわり @cormuu

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2014/06/07 10:38 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/475089351248838657
佐藤弁護士は、片山氏を100%無罪だと信じていましたね。でも、100%信じてなくても、弁護人を引き受けた以上、無実を訴えていれば、被告人の無罪のために力を尽くすのが弁護人。もし、怪しいからと手抜きすれば、その弁護人は懲戒もの @cormuu

 キーワードを佐藤弁護士から佐藤博史弁護士に変えてみたところ、最新のものが次のツイートでした。ジャーナリストの江川紹子さんの刑事弁護に対する考えがよく現れていると思います。

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2014/06/07 10:23 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/475085570675191808
今朝の朝日が佐藤博史弁護士のロングインタビューをやっているが、このインタビュアーが酷い。「スマホを埋めるところを捜査員が目撃していなければ、このまま裁判が進み」「無罪判決になっていたら、弁護人としての責任を果たしたことになりましたか」だと。有実の者が無罪になったら弁護人の責任?

 私は弁護士のTwitterのタイムラインをいろいろと見ていてブックマークもしていますが、ジャーナリストで見ることがあるのはジャーナリストの江川紹子さんぐらいです。探せば他にも刑事弁護や刑事裁判について言及をしているジャーナリストはいるのかもしれませんが目につくことが少ないです。

 時刻は15時41分になっています。宇出津新港に買物に行ったりして中断をしていたかと思います。ジャーナリストの江川紹子さんは郷原信郎弁護士も支持しているようですが、控訴審で検察の証拠採用を裁判所が認めたことについてのツイートは見ていないように思います。

 佐藤博史弁護士と郷原信郎弁護士にも積極果敢な弁護活動など共通点が見られますが方向性が違うと考えています。郷原信郎弁護士の場合、検察を批判し危機感を煽る著作もけっこうな数出しているようで、元裁判官との共著もあるようです。一種のマーケットではという印象があるぐらいです。

 郷原信郎弁護士の主張によると裁判所が、検察の証人採用を認めなかった場合、即日結審で控訴棄却となっていたという見通しのようです。手続きに則って法律審としての審理が行われるはずなので、それは確かにそのとおりなのだろうと思いました。

 私が素人ながらに気になるのは控訴審での裁判官の数ですが、控訴審の裁判官が単独というのは聞いたことがなく3人の裁判官による合議制になるのではと考えられます。確かなことは確認していませんが無罪判決を出した一審の方は単独審理の可能性が高いのではないかと私は考えています。

 調べてみたところ藤井美濃加茂市長事件は一審も3人の裁判官による合議制だったようです。郷原信郎弁護士が鵜飼裁判長という言葉を使っていたので単独ではないと思いましたが、画像検索をすると一人の女性を含む3人の裁判官の写真がありました。

 裁判官にプレッシャーを与えるという手法も郷原信郎弁護士やジャーナリストの江川紹子さんに強く感じる傾向性です。探している間に、無罪判決が出た時の郷原信郎弁護士のブログの記述が見つかり、有罪となる可能性も覚悟があってその理由らしいことも書いてありました。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://bit.ly/1JBmtv9 美濃加茂市長無罪判決 ~極めて当然だが決して容易ではない司法判断~ | 郷原信郎が斬る

今回の判決について、この最初のブログでは、判決を私がどのような思いで迎えたのか、そして、言い渡された判決が、日本の刑事司法においてどのような意味を持つものなのかについて述べたいと思う。

まず、判決言渡しの直前の私の率直な心境を述べておきたい。

藤井市長が潔白であり、現金を受け取った事実などなく、警察、検察の逮捕・起訴、そして、公判が全くデタラメなものであることは、昨年6月末の市長逮捕以来、私が、ツイッター、ブログ、インターネット番組等で繰り返し述べてきたとおりである。

しかも、9月中旬から始まった公判において、裁判所の事実解明への積極的な姿勢が示され、検察の捜査・立証の杜撰さが、次々と明らかになっていった。鵜飼裁判長の訴訟指揮の方向性、証人尋問、被告人質問での裁判所の質問事項などからしても、裁判所が無罪の心証であることは疑いの余地がないように思えた。

昨年12月24日の第9回公判期日、弁護人が行った11万字に及ぶ膨大な弁論は、論告での検察の主張を完全に崩壊させることができたと手応えを感じたし、無罪は間違いないとの確証を持ったことは、年末のブログ【美濃加茂市長事件結審、揺るがぬ潔白への確信】でも詳細に述べた。(同ブログに、弁論全文を掲載した私の法律事務所HPを引用している)

藤井市長逮捕から結審までの約半年、弁護人としてやれることはすべてやり尽くした。私としては無罪判決を確信し、自信を持って判決言渡しに臨むつもりだった。

しかし、判決が近づくと、私の胸中は次第に穏やかではなくなっていった。

我々弁護人が、公判で立証し、弁論で明らかにしたことを、そのまま裁判所が認めるとすると、検察の面子は丸つぶれであり、このような事件で現職市長を起訴して有罪論告を行ったことについて、組織内外で重大な責任を問われかねない。

これまでの日本の刑事裁判における検察と裁判所の関係、とりわけ、今回のような社会的、政治的に極めて重大な影響を及ぼす事件に対する裁判所の一般的姿勢からして、本当にそのようなことができるのだろうか、結審から判決までの間に、裁判所が変節してしまう可能性はないだろうか、そのような不安が次第に大きくなっていった。

今年1月、私と元裁判官の森炎弁護士との対談本【「虚構の法治国家」(講談社)】が出版された。その中で、森氏は、刑事裁判官の「検察の言いなりになる、というより、積極的に、検察にもたれかかりたいという精神性」「根深い依存意識」を指摘し、その「検察にもたれ込む裁判所」が刑事司法の虚構の構図の中心だと、いみじくも述べている。

同書の最後の4章「美濃加茂市長事件から考える裁判所と検察」のあとの「あとがき」で、「一連の検察不祥事を経て、検察は変わったのか、戦前から長らく検察にもたれかかってきた裁判所の姿勢が、司法制度改革を機にどのように変わるのか。それらを占うためにも、美濃加茂市長事件の今後の展開に注目していただきたい。」と書いて、本を締めくくったが、森炎氏が言うように絶望的とも言える日本の刑事裁判官の一般的な姿勢の中で、名古屋地裁刑事6部だけは特別だと、本当に期待して良いのだろうか。

しかも、マスコミ等を通じて伝わってくる検察側の感触は、「判決には全く心配していない」というものだった。あれだけ、弁論で論告がコテンパンにやられているのに、それでもめげないというのは、裁判所が検察の意に反する判決を出すことはないという確たる見通しでもあるのだろうか。

そういう懸念が、いくら打ち消そうとしても、頭から離れなかった。

藤井市長逮捕から公判が結審するまでの半年間、全精力を傾けて、この弁護に取り組んできただけに、万が一、予想外の判決だった場合には、私にとっても打撃は計り知れない。

判決の数日前に、数年ぶりのひどい風邪を引き、声が出しづらい状態になったのも、そういう複雑な心境が影響していたのかもしれない。

そして迎えた判決言渡し。

「主文、被告人は無罪。」という鵜飼裁判長の言葉を聞いて、感無量だった。

裁判の経過からも、我々弁護人が主張・立証してきたことからも、当然の無罪判決である。しかし、その「当然の無罪判決」を出すことが、裁判所にとって、いかに大変なことか。とりわけ今回の事件のように、検察が組織を挙げて取組み、面子にかけて有罪判決を得ようとしている事件において、いかに困難なことか。現職検事としての23年間を含め、これまで刑事司法に関わってきた私が十分過ぎるぐらいに認識していることだった。

そういう意味で、今回の、鵜飼裁判長以下の名古屋地裁刑事6部によって、藤井市長無罪という公正な判断が示されたことに、心から敬意を表したい。

しかし、この判決の本当の意義は、「無罪」という主文だけではない。その結論を導いた理由に極めて大きな意味がある。

(引用終了)

 引用の範囲には区切りをつけましたが、そのあとの部分に少し目を通すと、検察が贈賄者と入念な打ち合わせをしたことがうかがわれる、というようなことを供述の信用性を否定する方向に判断したようなことが書かれていました。

 郷原信郎弁護士は検察をデタラメと決めつけ、無罪判決を勝ち取ったことを完全勝利のように讃えておりますが、検察を貶め挑発し、引っ掻き回すことに主眼を置いているとも見えるものです。控訴の可能性がある段階かと思いますが、検察控訴への牽制という度をはるかに越したものとしか見えません。

 締めくくりでは次のように述べています。ごく一部の被告人には光明をもたらし弁護士の宣伝と利益になるのは理解できますが、刑事司法全体としてはむしろ暗黒時代への突入のように思えてならないものであって、同じ刑事司法の問題を抱える立場としても看過しがたいものです。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://bit.ly/1JBmtv9 美濃加茂市長無罪判決 ~極めて当然だが決して容易ではない司法判断~ | 郷原信郎が斬る

今回の判決は、裁判所が、弁護人が本件での贈賄供述の信用性に関して強く訴えてきたことを正面から受け止め、「意図的な虚偽供述が疑われる場合の信用性」について適切な判断を示したところに、極めて重要な意味があるのである。

それは、検察が設定した刑事事件の判断の枠組みそのものに対して判断するということであり、元裁判官の森炎氏が対談本で言うところの「検察にもたれかかる裁判所」であれば、このような判断は到底行い得なかったはずだ。

これまでの刑事裁判での裁判所の判断は、基本的に、検察官が設定した土俵の上で、検察の判断の枠組みの下で行われてきた。それが、99.9%を超える高い有罪率につながり、無実を訴える被告人にとっては絶望的な状況が続いてきた。今回の判決は、検察の土俵・枠組みの中での判断ではなく、裁判官自身の、そして世の中の常識に沿った判断枠組みの下での、公正な判断を示したものといえる。

その意味で、今回の判決は、「極めて当然だが、決して容易ではない司法判断」だった。

それを行い得る裁判体によって市長の事件が裁かれたことは、市長逮捕以来8か月余、不当な捜査・公判で大きな損失を受けてきた美濃加茂市民、市役所職員など、市長の潔白を信じて支えてきた人達にとって、最大の幸運であった。

そして、それは、日本の刑事司法に一筋の光明をもたらしたものと言えよう。

(引用終了)

 細かい裁判の事実関係については、だいぶん前に読んだものなので記憶も薄れていますが、郷原信郎弁護士の無罪に向けた情報公開は具体的な事実を含んでいて、それがむしろ藤井市長にとって不利に映るのではないかと思えるものが散見されました。この点もPC遠隔操作事件の刑事弁護に似ていると感じました。

 「美濃加茂」をキーワードに含んだジャーナリストの江川紹子さんのツイートは次が最新のもののようです。これは見覚えのあるツイートです。

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/03/21 10:37 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/579094543733149696
美濃加茂市議会が市長に対して、反省を求める文書を送った、と。「逮捕、起訴以来約9ヶ月にわたり市長が刑事被告人の状況で市政運営を余儀なくされ」「控訴により、今後市政への影響が続くことになった」等々と。逮捕、起訴、控訴したのは警察や検察。出す相手を間違ってるんじゃないか?

 ジャーナリストの江川紹子さんは週刊誌で佐藤博史弁護士のPC遠隔操作事件における終盤の刑事弁護を批判する記事を書き、それで佐藤博史弁護士に民事裁判を起こされたようです。週刊誌の記事の内容は宇出津の図書館で読みました。

佐藤 江川 裁判 - Google 検索 https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%E4%BD%90%E8%97%A4%E3%80%80%E6%B1%9F%E5%B7%9D%E3%80%80%E8%A3%81%E5%88%A4

 どちらも日本によくある姓だと思いますが、3つのキーワードで検索をすると意図したものが集まりました。ただ、最近の情報は全くない様子で、関心の低さもあらためて感じました。おそらくは佐藤博史弁護士への関心もほとんどなくなっているのでしょう。

 ジャーナリストの江川紹子さんの可視化についてちょっと調べると、次のツイートが見つかりました。前に見たような気もしますが、国会に参考人として召喚されたようです。落合洋司弁護士(東京弁護士会)も同じようなことをツイートしていた時期がありました。

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/07/05 19:55 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/617647867365163008
衆議院事務局から、資料がどっさり送られてきた。安保関連法案ばかりが注目されてるけど、法務委員会では可視化や日本版司法取引導入など刑訴法等の改正が審議中。なのに、ほとんど報じられていない(>_<) わらしは裁判員法改正の時に続いて、参考人として話をさせてもらうことに。

 いずれにせよ、ジャーナリストの江川紹子さんや郷原信郎弁護士、落合洋司弁護士(東京弁護士会)などが刑事司法を反権力の立場からリードしていること、市民社会に影響を与えていることは間違いないと思います。

 警察、検察に闇が全くないとは思いませんが、多くの部分は彼らが作り上げてきた印象操作によるところ恣意的な誇張によるところが大きいのではと私は考えています。そういう考えに至るには切実な問題だと捉え、それこそ6年も7年以上も彼らの発言等に注視し続けてきた成果だと考えています。

 とんでもない道草を食わされてきたとも思いますが、今後の悪影響を断ち切る予防線を張る上でも、しっかりした基盤として思うところを具体的に指摘し書いてきました。本当は自分が受けた裁判と引き合わせて問題を浮き彫りにしたいとも考えていたのですが、今回は対象を広げ過ぎないことにしました。

 次は深澤諭史弁護士のストーカーに関する見方、考え方に対して、私の具体的な経験や警察との関係を交えて意見を書きたいと思います。ちょうど次のような深澤諭史弁護士のツイートも見かけたところです。先輩弁護士を一般市民に置き換えて意見を書いてやろうと思いますが、馬耳東風になりそうです。

2015-08-28 金曜日 17:47 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<




 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

超一流刑事弁護人とも評される後藤貞人弁護士(大阪弁護士会)・神山啓史弁護士(第二東京弁護士会)にみる刑事弁護に対する歴史的・社会的不信感 2015-08-27 木曜日 09:37 <<

* 超一流刑事弁護人とも評される後藤貞人弁護士(大阪弁護士会)・神山啓史弁護士(第二東京弁護士会)にみる刑事弁護に対する歴史的・社会的不信感 2015-08-27 木曜日 09:37 <<

2015-08-22 土曜日 07:34 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 見出しに含めた所属弁護士会の情報は次のホームページを参考にしました。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://d.hatena.ne.jp/fly-higher/20120827/1346032530 超一流刑事弁護人に学ぶ、11の上手な「教え方」まとめ 【刑事弁護実務の講義ノート付き】 - 弁護士兼務取締役の独り言

このたび、後藤貞人弁護士(大阪弁護士会)・神山啓史弁護士(第二東京弁護士会)・遠山大輔弁護士(京都弁護士会)・陳愛弁護士(大阪弁護士会)という日本屈指の刑事弁護人のもとで刑事弁護実務の基本を学ぶ機会をいただきました。

後藤貞人弁護士は「後藤先生で無罪判決取れなかったら仕方ない」と他の弁護士に言わしめるほどのプロ中のプロです。陳愛弁護士は後藤貞人法律事務所で一緒に刑事弁護をしておられます。神山啓史弁護士は足利事件(無罪確定)等の著名な再審請求にたずさわっておられます。遠山大輔弁護士は、Winny事件や舞鶴女子高生殺害事件を担当されました。

このような大阪・京都・東京のトップクラスの刑事弁護人に直接刑事弁護を教えてもらえる機会はなかなかないと思います。

5日間の集中講義(90分×14コマ)でしたが、逮捕直後から最終弁論まで、刑事弁護の基本を徹底的に叩きこんでいただきました。その内容をiPadでノートにまとめましたので、刑事弁護をより広く知っていただくという趣旨から公開いたします。弁護士が逮捕→勾留→起訴→公判という刑事手続の流れの中で何をするのか、なぜそのようなことをするのかについての超一流刑事弁護人のエッセンスが詰まっています。刑事弁護に興味ある方はぜひご覧ください。

(引用終了)

 きっかけは次のツイートでした。APIで情報を取得するので、投稿日時も確認できると思います。

投稿者:okinahimeji(櫻井光政) 日時:2015/08/21 14:17 ツイート: https://twitter.com/okinahimeji/status/634595222249320448
当事務所の神山啓史弁護士が東電幹部に対する強制起訴事件の検察官役指定弁護士に選任されました。・・・ http://t.co/6l0Dlw9zIL target="_blank">http://t.co/6l0Dlw9zIL

 櫻井光政弁護士のTwitterのプロフィールは次のようになっています。

(引用開始)
引用URL>>>>:https://twitter.com/okinahimeji/with_replies 櫻井光政(@okinahimeji)さん | Twitterからの返信付きツイート

渋谷・桜丘法律事務所の所長弁護士。認証保育所「きらきら保育園」理事長。会計人コース/中央経済社と季刊刑事弁護/現代人文社にコラムを連載中。季刊刑事弁護のコラムをまとめた単行本「刑事弁護プラクティス」,好評発売中。

(引用終了)

 たぶん「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」のころから、中途半端に何度か取り上げてきた弁護士で、あまちゃん、に対する批判的なコメントがきっかけで、私にNHK連続テレビ小説を視聴する習慣のきっかけを作ってくれた人にもなります。

 前にも書いたかと思いますが、櫻井光政弁護士に注目するようになったのは明確な理由があって、平成11年の傷害事件の上告審の国選弁護人の法律事務所の住所が、同じ東京都渋谷区桜丘になっていたからです。

 国選弁護人の名前はいますぐ思い出せなくなっていますが、「locate 手紙」とコマンドを実行すれば、すぐに情報が見つかるかと思います。

 コマンドの実行結果は次のようになりました。思ったより数が多く、重複した内容のものもあるのかと思われます。ディレクトリがkk_hirono以下のファイルは全て、DVDに収録して提出する資料です。

/mnt/win97G/kk_hirono/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙
/mnt/win97G/kk_hirono/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙
/mnt/win97G/kk_hirono/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙01.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙02.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙03.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/album_id.txt
/mnt/win97G/kk_hirono/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/album_photos_list.txt
/mnt/win97G/kk_hirono/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/url.txt
/mnt/win97G/kk_hirono/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙01.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙02.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙03.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙04.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/album_id.txt
/mnt/win97G/kk_hirono/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/album_photos_list.txt
/mnt/win97G/kk_hirono/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/url.txt
/mnt/win97G/kk_hirono/告訴状の内容に関連したスクリーンショット/2014年7月分/2014-07-03-232435_手紙は接見した国選弁護人が郵送しており、地検はこの男性弁護士について在宅のまま調べを進める。.jpg
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙01.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono-2015/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙02.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono-2015/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙03.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono-2015/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/album_id.txt
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/album_photos_list.txt
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/一件記録・写真/H12-05-22_上告審国選弁護人山口治夫の手紙/url.txt
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙01.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono-2015/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙02.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono-2015/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙03.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono-2015/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙04.jpg
/mnt/win97G/kk
hirono-2015/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/album_id.txt
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/album_photos_list.txt
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/一件記録・写真/H12-07-31_山口治夫弁護士からの手紙/url.txt
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/告訴状の内容に関連したスクリーンショット/2014年7月分/2014-07-03-232435_手紙は接見した国選弁護人が郵送しており、地検はこの男性弁護士について在宅のまま調べを進める。.jpg
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/告訴状の内容に関連したスクリーンショット/2015年6月分/2015-06-26-202430_弁護士からの手紙や電話に対応するの,やめましょう。いろいろと,あとで,取り返し付かないことになります。(・∀・;).jpg
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.02.46_福井刑務所への母親の手紙.jpg
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.02.59_福井刑務所への母親の手紙.jpg
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.03.26_福井刑務所への母親の手紙.jpg
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.04.11_福井刑務所への母親の手紙.jpg
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.04.28_福井刑務所への母親の手紙.jpg
/mnt/win97G/kk_hirono-2015/資料写真/2015年8月14日に見つけた裁判資料/2015-08-14_11.05.50_福井刑務所への母親の手紙.jpg

 ネットで少し検索をしたのですが、山口治夫弁護士は「南渋谷法律事務所」となっていて、見覚えのある名称です。たぶん平成12年当時と同じかと思います。

 櫻井光政弁護士のツイートに「当事務所の神山啓史弁護士が東電幹部に対する強制起訴事件の検察官役指定弁護士に選任されました。」とあるのを見た時、どこかで見覚えのある弁護士名だと思いすぐに検索を掛けました。

 時刻は10時23分になっています。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の気になるツイートもあって、どうしたものかと考えこんでいました。今回は、この項目と共通点もあるので、ここで取り上げておくことにしたいと思います。その前に、神山啓史弁護士の検索結果のことです。

 順番がおかしくなりますが、次のページを開いてみたところです。平易な事件と、こみいった事件という分け方になっていて、これも参考になりました。大抵はこみいった事件事件になりそうな気がしますが、着手金、成功報酬ともに50万から、ということのようです。

刑事弁護の桜丘法律事務所 | 弁護士費用 http://keiji.sakuragaoka.gr.jp/fee/

 探したのは次のページですが、いちおうニュース記事ということになるのではと思います。いかにも週刊誌の記事っぽい内容でもありますが、ずいぶんと前から知っている、読んだことのある記事です。一部引用してご紹介します。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34136 東電OL殺人事件 テレビにも出ないしカネももらわない ゴビンダさんの弁護団 15年間の冤罪法廷で勝ち取ったもの  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

だが一方で、無辜のネパール人に手錠をかけ、身体を拘束し、犯罪者の汚名を着せた当事者たちに、反省の色は見えない。

 ゴビンダさんが強盗殺人容疑で逮捕された'97年当時、警視庁の捜査一課長だった平田富彦氏は、本誌の取材にこうまくし立てた。

「私はいまでもゴビンダは真っクロだと思ってます。無罪判決は司法が世論におもねった結果だ。マスコミはゴビンダの好青年の部分ばかりを報じているが、彼には裏の顔もある。バイト先の店主が『あれは不良外人だ』と言っていた。捜査員は死に物狂いで捜査して、他にも容疑者がいる可能性を二重三重に検証した末に逮捕した。部下に辛い捜査をさせた私が、ゴビンダはクロ、という持論を捨て去るわけにはいかない」

 これは平田氏個人の見解ではない。警視庁はゴビンダさんの無罪が確定すると、龍一文・捜査一課長名でこんな声明を出した。

「司法の判断にコメントする立場ではないが、無罪判決が出たことは真摯に受け止め、今後の捜査にいかしていきたい」

 司法の判断に納得していない、という本音が行間から伝わってくる。

「あの事件では弁護人にものすごく捜査妨害された。ゴビンダを逮捕した晩、弁護人が接見した途端に完全黙秘になった。留置場から(取り調べに)出てこないこともあったが、それも弁護人の入れ知恵。神山、神田、佃の『カンカンツク』ですよ」(平田氏)

 当時、捜査一課の刑事たちはゴビンダについた神山啓史、神田安積、佃克彦の三弁護士を「カンカンツク」と呼んで忌み嫌っていた。このエピソードを聞き、「それはむしろ名誉なことですね」と語るのは、カンカンツクの一角をなした佃克彦弁護士(48歳)だ。

(引用終了)

 昨日のGoogleの検索結果では1ページ目に出ていたように思うのですが、先ほど検索すると1ページ目には見当たらず、2ページ目の中ほどに見つかりました。現代ビジネスとあるので、週刊現代に関係があるのかと思いますが、講談社という有名は社名も入っています。

 さきほど、深澤諭史弁護士のタイムラインの新着で、深澤諭史弁護士のりツイートとして気になるツイートを見つけたので、それも参考にしてもらうために、掲載しておきます。少数者の権利を守るのが弁護士の使命とか言う話は時折見かけるものです。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/22 10:25 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634899080439685120
RT @Noooooooorth: 弁護士が少数者の権利という概念に馴染みやすいのはもちろん憲法を勉強したことや日々の事件で接する依頼者の影響が大きいことはもちろんだろうが、弁護士になる人は変人が多かったので自分自身も学生時代等に少数派であったことが多いという点もある気がする。
元のツイート)→ 投稿者:Noooooooorth(マッドノースライム) 日時:2015/08/22 10:22 ツイート: https://twitter.com/Noooooooorth/status/634898521968128000
弁護士が少数者の権利という概念に馴染みやすいのはもちろん憲法を勉強したことや日々の事件で接する依頼者の影響が大きいことはもちろんだろうが、弁護士になる人は変人が多かったので自分自身も学生時代等に少数派であったことが多いという点もある気がする。

 神山啓史弁護士に関しては、関連がありそうと思える弁護士のツイートが昨夜からいくつか目に付いているので、私の頭の中も整理が出来ておりませんが、なるべくそのままのものをお伝えしておきたいと思います。同業者であるだけに参考になるものです。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/21 21:17 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/634700729282760704
神山先生は、半ば神の領域ですので、凡人にはまねできません。RT @ojdgaasf: @Hideo_Ogura 弁護士って年収200万あれば生活できるそうですね! https://t.co/s248HjhgPX

投稿者:leplusallez(浜木綿弁右衛門) 日時:2015/08/21 11:59 ツイート: https://twitter.com/leplusallez/status/634560424919195649
これはすごいな…なお費用

リツイート)→  投稿者:leplusallez(浜木綿弁右衛門) 日時:2015/08/21 11:57 ツイート: https://twitter.com/leplusallez/status/634560027144024064
RT @oguchilaw: 原発事故の「検察官役の指定弁護士に、いずれも第二東京弁護士会所属の石田省三郎、神山啓史、山内久光の3弁護士を指定した」
原発事故で強制起訴、検察官役の弁護士3人指定 東京地裁 - 産経ニュース http://t.co/4BuiiPibSB target="_blank">http://t.co/4BuiiPibSB @San…
元のツイート)→ 投稿者:oguchilaw(弁護士 小口 幸人) 日時:2015/08/21 11:49 ツイート: https://twitter.com/oguchilaw/status/634558015895527424
原発事故の「検察官役の指定弁護士に、いずれも第二東京弁護士会所属の石田省三郎、神山啓史、山内久光の3弁護士を指定した」
原発事故で強制起訴、検察官役の弁護士3人指定 東京地裁 - 産経ニュース http://t.co/4BuiiPibSB target="_blank">http://t.co/4BuiiPibSB @Sankei_newsさんから

 次は「やぎ」という匿名弁護士の一連のツイートですが、私にちょっと勘違いがあったようで、強く印象に残っていたのは神山啓史弁護士の関するものより、その前のものです。たぶんこのツイートだけを見ても意味はわからないと思いますので、説明をします。

投稿者:ora3298(やぎ) 日時:2015/08/21 21:18 ツイート: https://twitter.com/ora3298/status/634701102273826816
司法制度改革でこんな変態が大量に増えると思ったのかね

リツイート)→  投稿者:ora3298(やぎ) 日時:2015/08/21 21:12 ツイート: https://twitter.com/ora3298/status/634699477534683136
RT @legalnews_jp: 【東電旧経営陣強制起訴】指定弁護士に選任された石田省三郎、神山啓史、山内久光、各先生方の情報まとめhttp://t.co/evGTb3NNII target="_blank">http://t.co/evGTb3NNII 神山弁護士をよく知る法曹「『俺は年間200万円あれば生きていける』と言っていた。相手が司法修習生で…
元のツイート)→ 投稿者:legalnews_jp(Legal News(リーガルニュース)) 日時:2015/08/21 20:34 ツイート: https://twitter.com/legalnews_jp/status/634689926290771968
【東電旧経営陣強制起訴】指定弁護士に選任された石田省三郎、神山啓史、山内久光、各先生方の情報まとめhttp://t.co/evGTb3NNII target="_blank">http://t.co/evGTb3NNII 神山弁護士をよく知る法曹「『俺は年間200万円あれば生きていける』と言っていた。相手が司法修習生でも遠慮なくおごってもらうらしい(笑)」

投稿者:ora3298(やぎ) 日時:2015/08/21 21:09 ツイート: https://twitter.com/ora3298/status/634698793410150400
【衝撃事件の核心】「肉体的、精神的に限界迎えた」 精神疾患の41歳長女殺害、81歳父に異例の猶予判決 傍聴席からもすすり泣く声
http://t.co/0TiTYKokVF target="_blank">http://t.co/0TiTYKokVF

この記事のように、殺人でも匿名で報道されればいい

投稿者:ora3298(やぎ) 日時:2015/08/21 20:07 ツイート: https://twitter.com/ora3298/status/634683327807512576
同業者が捕まったとして,お宅に頼むことがあると思うのか

投稿者:ora3298(やぎ) 日時:2015/08/21 20:07 ツイート: https://twitter.com/ora3298/status/634683138321465344
別に「反社会勢力」に限った話ではなくてな,何も知らない素人だからこそその値段設定でできてるんだろうが。

投稿者:ora3298(やぎ) 日時:2015/08/21 20:05 ツイート: https://twitter.com/ora3298/status/634682665346555905
刑事弁護の中身を分かってる依頼者が,そこに頼むかよ。

投稿者:ora3298(やぎ) 日時:2015/08/21 18:29 ツイート: https://twitter.com/ora3298/status/634658631552663552
一方にマイナスの説明をするわけではないが他方にプラスの説明をすることが、相対的に見れば一方にマイナスの説明になるというのは、黙秘権と似たような、、、

 いや、貼り付けたものを見てみると、私の印象にも間違いはありませんでした。ツイートのつながりがわかりにくい投稿スタイルですが、神山啓史弁護士に関するリツイートの直後に、「司法制度改革でこんな変態が大量に増えると思ったのかね」という発言をしています。

 神などと持ち上げた小倉秀夫弁護士のツイートも皮肉交じりに思えましたが、こちらの方はよりストレートに「変態」とまで評価しているようです。

 「同業者が捕まったとして,お宅に頼むことがあると思うのか」というひと続きと思われるツイートですが、これはたまたまその前に別の弁護士アカウントのタイムラインを見ていたので、すぐに理解が出来たのですが、昨夜のことですが、そのアカウントのことを思い出せなくなっています。

 それというアカウントを一つ見つけたのですが、他にもあったように思います。いや、これのようです。リツイートの元のツイートが見覚えのある大手法律事務所の代表弁護士のアカウントになっているからです。

投稿者:un_co__yokohama(ムキムキプリンを性的に消費するうの字) 日時:2015/08/21 20:09 ツイート: https://twitter.com/un_co__yokohama/status/634683742389321728
経験者なら、200万円〜のところにはまず行かんやろ>RT

リツイート)→  投稿者:un_co__yokohama(ムキムキプリンを性的に消費するうの字) 日時:2015/08/21 20:08 ツイート: https://twitter.com/un_co__yokohama/status/634683483483275264
RT @atombengo: >反社会的勢力の方はまず相談に来ない
この点は本当によく誤解されるんだよなあ。別に国選だったら暴力団の人でも弁護するわけだから、相談に来たら相談に来たで対応するんだけど、まず来ない。どうやら、もっと料金が安くで動きのよい(ギリギリのことをしてくれる…
元のツイート)→ 投稿者:atombengo(岡野武志) 日時:2015/08/21 19:49 ツイート: https://twitter.com/atombengo/status/634678810164658176
>反社会的勢力の方はまず相談に来ない
この点は本当によく誤解されるんだよなあ。別に国選だったら暴力団の人でも弁護するわけだから、相談に来たら相談に来たで対応するんだけど、まず来ない。どうやら、もっと料金が安くで動きのよい(ギリギリのことをしてくれる)弁護士を捕まえている様子。

 昨夜のことですが、うの字のタイムラインだったとは、けっこう意外に感じました。読み込む情報量が多く、テレビなども見ているので、しっかり頭に入っていなかったのかもしれません。先ほど調べている過程で見つかったものも参考として掲載しておきます。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/04/02 19:56 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/583583698299133952
詰まり、望まれている弁護士像に近いのは、アディーレであり、アトムであるんですよ。RT @Noooooooorth: マーケティングに力を入れれば入れるほど実際の事件を担当する時間は短くなるんだから、マーケティング力と弁護士としての実力を両立するのは難しいよね。

投稿者:ora3298(やぎ) 日時:2015/07/11 15:37 ツイート: https://twitter.com/ora3298/status/619757414187859968
多少後ろめたい気持ちがしたときに、アトムのホームページ見ると罪悪感なくなるのでとてもいいですよ

 うの字のツイートを見ていると刑事弁護の費用が200万円以上だと思ったのですが、ネットで調べて確認をしてみました。次のページです。

刑事事件の裁判 法律訴訟/アトムの弁護士費用 http://www.atombengo.com/fee.html target="_blank">http://www.atombengo.com/fee.html

 複雑な刑事事件の着手金が80万円+税となっていますが、成功報酬が無罪判決で200万円まで、実刑の場合、求刑の8割以下が40万円まで、8割超えが0円無料となっています。不透明なのは不起訴や執行猶予の場合、「事件の性質に応じた一定の金額」となっていることです。

 最近は弁護士報酬に関する情報は不思議と見かけなくなっていますが、数年前は弁護士会の規定の改正で、事実上制限なし、つまり青天井になっているという話は、ちょくちょくと見かけていました。

 アトム法律事務所のホームページを見たのも久しぶりですが、次のトップページの写真を見ると何十人と思われる数の弁護士が勢揃いをしていて、規模の大きさをうかがわせます。数年前から刑事専門の大型法律事務所として知られていました。

刑事事件の弁護士費用を無料相談|アトム弁護士法人 http://www.atombengo.com/

 需要があればこそビジネスとして成立しているのでしょう。漁業にたとえるならば、小型船に対して大型魚船の船団ということにもなるのかと思われます。

 時刻は14時38分になっています。昼食を済ませて片付けをして、ネットを見たりテレビをみていました。現代ビジネスの記事にもあらためて全てに目を通しましたが、神山啓史弁護士と奥村徹弁護士、そして市川寛弁護士をmozcに単語登録しました。

 どういうわけか、市川寛弁護士を変換候補とした学習機能が不十分で、時々、市原なのかと勘違いしそうになることがあります。そこでタイムラインを開いて市川であることを確認をしたのですが、次のツイートが目に入りました。18時間前のようです。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/21 20:58 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/634696154060460032
逮捕したらしい。またまた世間にテキトーな予断を植えつける垂れ流し報道が始まる。

 昨夜の20時58分だと18時間前になるようです。この手の市川寛弁護士のツイートは一日立たないうちに削除されていることがちょくちょくありました。ページを読み込んですぐだったので、大丈夫かと思いましたが、削除されているとAPIでエラーが出ます。

 寝屋川市の中1女子、男子の殺害事件のことを言っているのだと思いますし、昨夜のことですからそれ以外はあり得ないでしょう。またまた、というのは他にも沢山ありそうな言い方ですが、どの事件のことを指しているのか思い浮かびません。

 それらしいものはちょくちょくと見かけてきたような気がしますが、理解の出来る具体性のあるような批判というのも見かけた覚えがないので、記憶にも残っていないのかと思います。藤井美濃加茂市長事件でも批判的なことは言っていたとは思います。

 午前中ですが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が似たようなトーンのツイートをやっていました。相手は警察ではなくマスコミです。これも記録をしておきましょう。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/22 08:53 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/634876037726359552
マスコミというのは、昔から無神経の塊だ。

リツイート)→  投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/22 08:51 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/634875483495141376
RT @mollichane: 一番多感な時期に友人が惨殺されてまだ日が浅い。精神的に立ち直れてるわけがない。そういう子供からお前いったい何を聞こうとしたんだよ。自分のやってること本当にわかってるか。 @tv_asahi_news http://t.co/e0YMrbZEA2 target="_blank">http://t.co/e0YMrbZEA2
元のツイート)→ 投稿者:mollichane(mollichane@次チャネの番な) 日時:2015/08/21 21:55 ツイート: https://twitter.com/mollichane/status/634710483627433984
一番多感な時期に友人が惨殺されてまだ日が浅い。精神的に立ち直れてるわけがない。そういう子供からお前いったい何を聞こうとしたんだよ。自分のやってること本当にわかってるか。 @tv_asahi_news http://t.co/e0YMrbZEA2 target="_blank">http://t.co/e0YMrbZEA2

 昨夜に見たモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のりツイートも同じような趣旨かと思いますので、そちらも掲載します。

リツイート)→  投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/22 00:31 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/634749713712062464
RT @izumillion: 子供を殺された親が誰にも責められる事なく悲しむ権利が与えられずに責められる社会は怖い。
元のツイート)→ 投稿者:izumillion(栗原泉(シエスタ中)) 日時:2015/08/22 00:26 ツイート: https://twitter.com/izumillion/status/634748347799224321
子供を殺された親が誰にも責められる事なく悲しむ権利が与えられずに責められる社会は怖い。

 昨夜といっても0時31分のリツイートで、日付は変わっていたようです。もっと早い時間に見たように思っていたのですが、そうではなかったようです。

 今朝は、落合洋司弁護士(東京弁護士会)にも、大丈夫かと思えるツイートがありました。ちょっと気がついてリツイートの数を遡って見てみたのですが、ほとんどが0になっていました。不思議とフォロワー数にさほどの変動はないらしく3万3千台でした。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/22 10:54 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/634906425001512960
幼稚園児でも、ちゃんとしなければいけない場面でヤジ飛ばすのやめなさい、と言われればやめるだろう。お前は幼稚園児以下か。笑

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/22 10:49 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/634905115158147072
安倍ちゃん程度が日本の首相、というのも、先人の努力で日本が平和だから。そういう内閣で、苦労して築き上げられてきた平和な仕組みが破壊されようとしているのも皮肉なものだが、歴史というのはそういうものなのかも。

 市川寛弁護士とモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と落合洋司弁護士(東京弁護士会)の共通点は元検事ということで、市川寛弁護士は組織の被害者であること、あとの二人は10年程度の経歴を最大限うりにしているという感じです。

 3者ともに墓穴を掘って、いよいよ評価を落とすだけという道を突き進んでいるようにも見えるのですが、揺るぎのないスタンスが、批判の対象を求めてやまないのかと思われます。一見時流にも乗って迎合をしているようにも見えますが、それは局所的なものかと思われます。

 あらためて現代ビジネスのの記事を確認すると「2012年11月29日(木) 週刊現代」という記載がありました。2年半ほど前になるのかと思います。PC遠隔操作事件もまだ真犯人が判明しておらず、冤罪事件として担ぎ回されたお祭り的な時代だったかと思います。

 今日になって初めて知ったというか、気がついたことだと思いますが、東電OL殺害事件で名を馳せた神山啓史弁護士は、足利事件の主任弁護人として社会の注目を集めた佐藤博史弁護士の弁護団の一員でもあったようです。

 PC遠隔操作事件の被告人が保釈中に工作をやって再収監、自供したのも、どれぐらい前のことかとなると思い出せなくなっています。2年までは経過していないと思いますが、1年以上は経っているような気もします。これは調べておきましょう。

【速報】"自ら送信"との報道を受け会見…片山祐輔被告は姿を見せず(BLOGOS編集部) - BLOGOS(ブロゴス) http://lite.blogos.com/article/86688/?axis=&p=1

 上記の記事は2014年5月19日という日付になっていました。他にも調べている時に断片的な情報を見かけていましたが、どうやら判決が出たのは今年の2月だったようです。そう言えば2月の上旬で、日付を勘違いしていたので、判決が出たというニュースに驚いたということがありました。

 藤井美濃加茂市長事件の無罪判決が出たのが3月の上旬だったと思います。郷原信郎弁護士のツイッターを見ていると、裁判官に丸投げしてなかば諦めているような印象を受けていたのですが、無罪判決が出ると俄然勢いよく検察、警察批判を再燃させたのでそれも印象的でした。

 PC遠隔操作事件の判決が出てからは佐藤博史弁護士の名前もすっかり目にすることがなくなりました。一時は中部地方の服役を終えた男性の再審請求ということで、NHKのニュース番組にも出演していましたが、さっぱり情報を見なくなっています。たしか性犯罪だったと思います。

 佐藤博史弁護士と言えば、決まって思い出すのはジャーナリストの江川紹子さんですが、あれだけ再審請求事件などに熱心だったジャーナリストの江川紹子さんですが、先日の大阪の強姦再審事件に関するツイートは見当たりませんでした。

 時刻は8月23日10時27分になっています。昨日の夕方は、能登町役場前からシャトルバスにのって、旧柳田村の「やなぎだ植物公園」が会場の「ござれ祭り」というイベントに行ってきました。シャトルバスというのを使ったのは今回が初めてです。

 帰りも「北鉄バス奥能登」のシャトルバスに乗って帰ってきました。スマホの写真で確認すると能登町役場前で降りたのが21時51分でした。朝のネットの天気予報では夕方に小雨になっていたのですが、雨も降らず、思ったほど肌寒くもなりませんでした。

 出かける時も、長袖のシャツにしようかと迷いました。半袖シャツで出かけましたが、柳田村の方は山の上になるのでけっこう記憶が下がります。冬などは雪の量が倍以上違うという感じです。僅かな標高差なのだと思いますが、体感的な違いは生活体験によるものです。

 柳田に出かける前になるかと思いますが、ジャーナリストの江川紹子さんの気になるツイートがあったので、それを掲載でご紹介しておきたいと思います。ジャーナリストとしての体験など業界の体質を含めて集積されたものの投影もあるのかと考えます。

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/08/21 23:16 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/634730876971016193
@1401anzai 警察がそのようにして、記者クラブがそれを受けているという現状

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/08/21 22:58 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/634726244844568577
@choizare レポートしている人が署で取材した情報ではなく、県警本部か本部の関係者に取材した別の記者からの情報を、伝えているのでせう

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/08/21 22:52 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/634724647456509952
警察署の中で、記者は取材ができなくなっているという現状は、あんまり知られずにいるらしい…

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/08/21 22:45 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/634722915057930240
容疑者逮捕直後の報道で必要なのは、警察が何を根拠に逮捕したか、被疑者がどういう人物か、被害者とどういう接点があったか等で、それがよく分かっていないなら、他の大事なニュースを犠牲にして、ダラダラ伝える必要はないと思う。逮捕の事実を報じて、「詳細は来週まとめて」でいいのではないか。

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/08/21 22:37 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/634720916400766976
こういう注目される事件のテレビ報道でいつも思うんだけど、所轄の警察前には、記者会見が開かれた直後とか、容疑者が出入りした直後とか以外は、「最新の情報」なんて入って来ないと思うんですが…。今みたいに、警察署での取材ができなくなってる状況ではなおのこと。

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/08/21 22:29 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/634719095246602240
ひどすぎる事件だからこそ、きっちり可視化して、万一にも間違うことがないよう、慎重な調べをして欲しい。

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/08/21 21:53 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/634709796868878336
あぢゃ~(><) だめでしたか……。かわいそうに……。いったいなんのために……?! →<大阪中1殺害>40代男を逮捕 不明の少年遺体を発見(毎日新聞) http://t.co/1XYw1NLGhO target="_blank">http://t.co/1XYw1NLGhO

投稿者:amneris84(Shoko Egawa) 日時:2015/08/21 19:58 ツイート: https://twitter.com/amneris84/status/634680916326027264
またやったのか…( ゚д゚) →「いいじゃん、そんなこと」=安倍首相再びやじ、すぐ撤回―参院特別委(時事通信) - Yahoo!ニュース http://t.co/pWsk1Mndij target="_blank">http://t.co/pWsk1Mndij

 よく見ると昨日の22日ではなく、その前日の21時台のツイートだったようです。ジャーナリストの江川紹子さんのタイムラインは気がついた時に見るようにしていますが、頻度は少ないです。弁護士のように更新が多すぎるということもないので、チェックはしやすいです。

 ジャーナリストとしてのプロの目線から事件を見ているとあらためて感じました。独立したフリーのジャーナリストとして活動されているようなので、それだけの厳しさもあるのでしょう。人間的に疑問を感じるような部分もありますが、その辺りも含め参考になります。

 相変わらずだと思ったのは、取り調べや可視化に対する考え方です。一部の弁護士の考えをジャーナリストとしてしっかり体現しているという印象をかねてから持っていて、それだけに注目をしています。これだけ弁護士との関係性の強い弁護士以外の人も他には見ないです。

 昨日は夕方からの情報番組やニュース番組を複数録画していて、さきほど消去しながら全て目を通したところです。早送りなどもやっているので、全てを見ているわけではありません。寝屋川市の中1女子殺害事件の被疑者は、不合理な弁解で否認をしているようです。

 他に車に同乗していた第三者がいてそちらが犯行に及んだという話しらしいですが、思い出すのは金沢市でのNHK委託カメラマンの殺人事件のことです。逮捕される前に自殺未遂もやっていて、その時点で精神に異常を来していたのかとも思える事件でした。

 時刻は12時12分です。昼前にAコープ能都店に買物に行きました。ちょうどAコープ能都店の駐車場を歩き始めた頃に12時の音楽が聞こえ出しました。

 Aコープ能都店の側には「鉄道緑地広場」という場所があって、10時からなにかイベントがあることは、告知放送で聞いていました。「お祭り」とも言っていたように思います。子供の姿が見えましたが、あらためて子供の数が少なくなったと感じました。

 340円の弁当を買ってきました。自分でご飯を詰める惣菜コーナーの弁当です。家に戻ってから弁当を食べ、テレビで24時間テレビを観ています。昨日だったと思いますが、深澤諭史弁護士のりツイートのことが、しきりに頭に浮かんできます。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/22 11:53 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634921214893408256
RT @yukin
done: ヨダレ垂らした芸能人どもがめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせに、これ以上貧乏人から金巻きあげんな。チャリティーっていうくらいならお前ら全員ノーギャラで出ろよ!
(24時間テレビ への出演オファーに対してのビートたけしの言葉) http://t.co/
元のツイート)→ 投稿者:yukin_done(ゆうきん) 日時:2015/08/22 10:32 ツイート: https://twitter.com/yukin_done/status/634900889279401984
ヨダレ垂らした芸能人どもがめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせに、これ以上貧乏人から金巻きあげんな。チャリティーっていうくらいならお前ら全員ノーギャラで出ろよ!
(24時間テレビ への出演オファーに対してのビートたけしの言葉) http://t.co/W0bIwkUau3

 寝屋川市の中1女子、中1男子の殺害事件の報道を見ていて、花を手向け、手を合わせて涙を流す人たちの姿と重なって見えるところがあって、いろいろと考えることがあります。

 今、気がついたのですが、端末での出力結果のテキストを貼り付けたところ、端末での折り返しとしての改行が、実際の改行として貼り付けたテキストに含まれていました。今までは気が付きませんでしたが、これからは気をつけて修正をするようにしたいと思います。

 深澤諭史弁護士はプロ意識の高い弁護士らしく、法律相談にも独自の考えを持っているようです。無料が何とかで店先の泥棒扱いをされているようで、不快どころではないのですが、真剣に向き合うべき問題かと思っています。それ故に弁護士業界が、泥棒神社に見えてくるのです。

 小倉秀夫弁護士にも同じような傾向があって、以前は「市場原理」という言葉を多用していました。仮に小倉秀夫弁護士や深澤諭史弁護士が満足するだけの報酬を国の制度として支給したとして、それに見合う問題解決をしてくれるだけの能力があるとは到底思えないところも大問題なのです。

 次に深澤諭史弁護士の法律相談とかに関係のありそうなツイートを掲載してご紹介します。リツイートも含め、全て一続きの一連のツイートとなっています。ざっと目を通すと、新たな発見として参考になりそうなものもありました。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/21 14:56 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634605022521638914
@kotadon
自分の手には負えないから相談に来ているわけで,
相談を聞いただけでは手に負えないので,繰り返し来るわけで,
さらに助力が必要だからメール相談もくるわけで,

となると,すべきアドバイスは,「代理人弁護士を選任すべき」ということになるんでないですか?
(・∀・)

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/21 13:21 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634581043106844672
無料相談だからって適当なことを言っちゃダメなんだよね。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/21 13:16 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634579796379373568
RT @kireinajoushi: 健全な精神は健全な職場に宿る
元のツイート)→ 投稿者:kireinajoushi(きれいな上司) 日時:2015/08/21 13:15 ツイート: https://twitter.com/kireinajoushi/status/634579665861001216
健全な精神は健全な職場に宿る

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/21 13:11 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634578593322954753
RT @kiwi250r: 違う意見を改めさせるか排除しなければ気がすまない弁護士は案外多いかも。
元のツイート)→ 投稿者:kiwi250r(飛鳥@いつだって旅の途中) 日時:2015/08/21 13:11 ツイート: https://twitter.com/kiwi250r/status/634578482161291264
違う意見を改めさせるか排除しなければ気がすまない弁護士は案外多いかも。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/21 12:58 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634575252119425024
RT @tofuka01: ゲーリングは「国民はつねに指導者のいいなりになるように仕向けられます。 国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです。このやりかたはどんな国でも有効ですよ。」と言った。「中国…
元のツイート)→ 投稿者:tofuka01(深草 徹) 日時:2015/08/21 12:01 ツイート: https://twitter.com/tofuka01/status/634560804948348928
ゲーリングは「国民はつねに指導者のいいなりになるように仕向けられます。 国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです。このやりかたはどんな国でも有効ですよ。」と言った。「中国の脅威」、「反日」。なるほど。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/21 11:28 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634552714962186240
RT @goshiben: 法テラスと弁護士増員によって、仕事のない弁護士が多数の法テラス案件を抱え、そのうち真面目な弁護士は精神的に病み、そうでない弁護士は依頼者をごまかして仕事をこなす、という法の光に満ち溢れた未来が見える。
元のツイート)→ 投稿者:goshiben(ゴシベン) 日時:2015/08/21 10:16 ツイート: https://twitter.com/goshiben/status/634534514308595713
法テラスと弁護士増員によって、仕事のない弁護士が多数の法テラス案件を抱え、そのうち真面目な弁護士は精神的に病み、そうでない弁護士は依頼者をごまかして仕事をこなす、という法の光に満ち溢れた未来が見える。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/21 11:14 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634549129612390400
ほんこれ。先生の仰るとおり。
「普通の町弁」の何を知っている,というのか(・∀・) https://t.co/BvEz6xs0JV

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/21 10:11 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634533281673932801
◯法テラスの報酬基準の問題点
弁護士を「信用」する→安くても赤字でも,努力するほど損をする報酬体系でもちゃんと仕事してくれますよね!信用してます!
弁護士を信用しない→疎明資料だせ,書記官にチェックさせるぞ!
介入しない形式的判断→報酬上げませんよ。
実質的判断→報酬下げますね。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/21 09:52 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634528558329798657
@nan5o @unknownBar
(・∀・)つ「弁護士不利解釈の原則」

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 22:02 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634349769096204288
@ban0416
ほんとそうですね・・。
「見えているものが全て」みたいな狭い了見があると思うんですよ。
(・∀・;)

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 21:56 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634348296119578625
@nodahayato
(;・∀・)(しばらくしたら消しておこう。)

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 21:54 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634347847131918337
@nodahayato
(#・∀・)ダマレ!

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 21:52 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634347335141593088
結構な人数のロー生に、私のTwitterが読まれていることを再認識。
(・∀・;)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 21:51 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634347130476363780
RT @xmcnp1: さかなクンの話で印象深いのは
「魚は広い海の中ならお互い助け合うのに狭い水槽に入れて育てるとイジメが発生するんです、イジメをする人は生きてる世界が狭いんですね」
という凄まじい説得力を持った話でした。
元のツイート)→ 投稿者:xmcnp1(けんたろ) 日時:2015/08/19 10:17 ツイート: https://twitter.com/xmcnp1/status/633809997713965056
さかなクンの話で印象深いのは
「魚は広い海の中ならお互い助け合うのに狭い水槽に入れて育てるとイジメが発生するんです、イジメをする人は生きてる世界が狭いんですね」
という凄まじい説得力を持った話でした。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 21:40 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634344246720393216
RT @popohito: 甘いです。クソテラスで、離婚訴訟係属後に口頭弁論期日に相手方から、和解離婚ではなく協議離婚をしてから取り下げをして欲しいと言われたので応じたら、交渉事件扱いにされましたよ。口頭弁論調書を提出しても無駄でした。 https://t.co/y0hx7J9
元のツイート)→ 投稿者:popohito(ぽぽひと) 日時:2015/08/20 21:33 ツイート: https://twitter.com/popohito/status/634342390661165056
甘いです。クソテラスで、離婚訴訟係属後に口頭弁論期日に相手方から、和解離婚ではなく協議離婚をしてから取り下げをして欲しいと言われたので応じたら、交渉事件扱いにされましたよ。口頭弁論調書を提出しても無駄でした。 https://t.co/y0hx7J9q2w

 上記は深澤諭史弁護士の2015/08/20 21:40のりツイートから2015/08/21 14:56までの一連のツイートになります。探していたものは含まれていませんでした、もっと遡る必要がありそうです。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 13:04 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634214390787502084
RT @igaki: 最近は交通事故の事件が増えてきたなあ。自分が通っていた整形外科のお医者さん経由の紹介とかはとてもやりやすくていいね。
交通事故は弁護士に依頼した方が得になることがとても多いので、事故ったらぜひご相談を。
元のツイート)→ 投稿者:igaki(弁護士 井垣孝之) 日時:2015/08/20 13:02 ツイート: https://twitter.com/igaki/status/634213870991736832 target="_blank">https://twitter.com/igaki/status/634213870991736832
最近は交通事故の事件が増えてきたなあ。自分が通っていた整形外科のお医者さん経由の紹介とかはとてもやりやすくていいね。
交通事故は弁護士に依頼した方が得になることがとても多いので、事故ったらぜひご相談を。

 上記のツイートは目的のものを探している時に目についたものです。vimで「相談」をキーワードに検索をしていました。井垣孝之弁護士のツイートを深澤諭史弁護士がリツイートしたようですが、これも気が付かなかったかすぐに忘れていたようです。この弁護士のこともあとで取り上げます。

 次が探していた目的のツイートです。法理相談とレストランを同じように扱っているのも、喩え話の当否を差し引いても、どうかと思える興味深いものになっていて、ストーカーに対する独自の理解の披瀝のようなツイートも近接していました。いくらか通じるところもありそうです。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 12:09 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634200676873035776
>RT
「あいつが俺がの思うとおりにならなかったから,俺はこんなこと(犯罪)をすることになったんだ!アイツが最初から,俺の言うとおりにしてくれたら,あんなこと(犯罪)はしなくて済んだ。だから,おれは,あんなことをやっていない!」
っていう心理ですね。恐ろしい。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 12:08 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634200287054434304
RT @miyake_yukiko35: 昨日、ストーカーに詳しい人から、話を聞いた。ストーカ―の特徴は、「自分は正義」「自分は被害者」と思いこんでいることらしい。ストーキングしたことないので全く心境はわからない。日曜、嫌がらせをやめるように注意をした人は、なんと逆に加害者に警…
元のツイート)→ 投稿者:miyake_yukiko35(三宅雪子(政治とは生活である)) 日時:2015/08/14 17:20 ツイート: https://twitter.com/miyake_yukiko35/status/632104612980371460
昨日、ストーカーに詳しい人から、話を聞いた。ストーカ―の特徴は、「自分は正義」「自分は被害者」と思いこんでいることらしい。ストーキングしたことないので全く心境はわからない。日曜、嫌がらせをやめるように注意をした人は、なんと逆に加害者に警察を呼ばれたそう。なるほど。勉強になった。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 12:06 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634199713927970816
レストランに行って,メニューに「XXコース 5000円」って書いてあるのに,それを指さして,「これ,無料で出来ませんか?」なんて聞く人は滅多にいないし,非常識の誹りは免れないだろう。

でも,これがレストランでなくて,法律事務所,コースでなくて法律相談なら,いくらでもある不思議。

 相談料を値切られたことを不快に思っての発言なのかとも推測をしますが、ことさらに都合よく誇張しているとも思え、それがストーカー問題に対する認識や、冤罪問題にも通じていて、いかにも弁護士らしい傾向性だと思います。都合の良さそうなものだけに食いつき、社会を引っ掻き回す。

 再掲になるかと思いますが、次の司法の逆恨み、というツイートもあわせてご紹介しておきます。問題に直視もせず軽々しく逆恨みなどと決めつけていることに、理不尽な仕打ちを弁護士に受けた人にとばっちりとして取り返しのつかない被害を受ける人がいるかもしれないことや、出てくることを考えます。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 17:07 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628839794517225473
具体的な被害者がいるので難しいけれど,ストーカー犯罪も覚醒剤のドラッグコートみたいな議論があってもいいかもしれないですね。
一般予防のみならず特別予防も考慮しないと,被害者や処罰,司法を逆恨みしたり,再犯を誘発するおそれもあります。

 今日は更新が少ない深澤諭史弁護士のタイムラインですが、先ほど更新になっていた1件は、小倉秀夫弁護士のツイートのリツイートでした。時間的なこともあるので、最新の3件をAPIで取得しました。次に掲載します。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/23 14:03 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/635316498416857088
RT @Hideo_Ogura: どちらも、無謀な太平洋戦争を仕掛けたせいでそうなったとすら言えますよね。RT @takurou7: @Hideo_Ogura 大体、現状進行形で北方領土やら竹島も侵略されてるし、尖閣にも挑戦されていて何を言ってるんですかね。
元のツイート)→ 投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/23 13:55 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/635314467689988096
どちらも、無謀な太平洋戦争を仕掛けたせいでそうなったとすら言えますよね。RT @takurou7: @Hideo_Ogura 大体、現状進行形で北方領土やら竹島も侵略されてるし、尖閣にも挑戦されていて何を言ってるんですかね。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/23 09:45 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/635251595626737664
RT @o2441: スライム洋一先生はぶっちゃけ裁判員制度はうぜえ!と思いますか? — うざいというか、重い刑事事件に限っている意味が分かりません。誰のための制度かよくわからないですね。民意の反映というなら行政訴訟で取り入れればいいと思います。 http://t.co/rdh…
元のツイート)→ 投稿者:o2441(弁護士大西洋一) 日時:2015/08/23 09:42 ツイート: https://twitter.com/o2441/status/635250692345741313
スライム洋一先生はぶっちゃけ裁判員制度はうぜえ!と思いますか? — うざいというか、重い刑事事件に限っている意味が分かりません。誰のための制度かよくわからないですね。民意の反映というなら行政訴訟で取り入れればいいと思います。 http://t.co/rdhUu0gVSG

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/22 22:22 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/635079716081307648
RT @yukihirosasamo: アスパラと椎茸の天ぷら! http://t.co/MS4KcgUNZ0
元のツイート)→ 投稿者:yukihirosasamo(ささもたん@赤腹魔王) 日時:2015/08/22 20:23 ツイート: https://twitter.com/yukihirosasamo/status/635049575842103296
アスパラと椎茸の天ぷら! http://t.co/MS4KcgUNZ0

 深澤諭史弁護士もそうですが、裁判員制度をこころよく思っていないと感じる弁護士の発言は多いです。相対的な知識、能力、判断力の絶対差をものすごく大きいものだと思い込んでいる傾向性もうかがえます。いいとこばかりのつまみ食いで、気ままな批判をしている連中かと思います。

 けっこう長い間、中断をしていたと思います。洗濯物を干したりしていたのですが、戻ると「現在は完全黙秘・・・山田容疑者の卑劣手口 徹底分析」というタイトルでワイド!スクランブルが大阪の中1遺棄事件を取り上げています。黙秘されてからはほとんど進展がないようです。

 何ヶ月ほど前になりますが、日弁連が日弁連会長声明として、黙秘の大々的な推奨をやっていたかと思います。なかば犯罪の推奨でブラックジョークかと思える内容でした。検索で探せば見つかるかと思います。会長声明として出したものを引っ込めたり、取り消すことはなさそうです。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.sankei.com/premium/news/141122/prm1411220006-n1.html 【日本の議論】「黙秘」は正義か、合理的か…可視化時代「黙秘は武器になる」という日弁連戦術は本当か(1/4ページ) - 産経ニュース

「黙秘します」-。容疑者の取り調べを描いたテレビドラマや映画で目にすることもあるシーンだが、現実の取調室でもそんな光景が増えそうだ。刑事事件での取り調べの録音・録画(可視化)が拡大する中、「黙秘権」を積極的に活用しようとする動きが弁護士の間で広まっている。日本弁護士連合会(日弁連)は、弁護士に黙秘の効果的な使い方をレクチャーする研修を全国で開催。歩調を合わせるかのように、司法雑誌も黙秘に関する特集を組んだ。ただ、検察側はこうした動きを懸念。識者は弁護・検察側の相互理解の必要性を訴える。“トレンド化”しつつある黙秘戦術は司法をどう変えてゆくのか-。(小野田雄一

(引用終了)

 私は弁護士アカウントのツイートのリンクで会長声明そのものを読んだような気がするのですが、そういえばこのような記事も読んでいたような気がしていました。上記で引用したものではないかもしれません。ツイログで調べれば確認は出来そうですが、そこまではやりません。

 このたびの大阪の中1遺棄事件であらためて考えさせられたことは、現段階では死体遺棄事件であることと、否認と黙秘は完全な別物ということです。どちらも殺人罪の立証には大きな意味を持つもので、立証が不十分であれば殺人罪は成立しないし、起訴そのものを断念する他ないことにもなりうるのかと。

 少年を狙った犯罪者の矯正は難しい、といいながら「犯罪に特化してしまう認知の歪み」というようなことをテレビで解説しているコメンテーターがいました。「認知の歪み」というのは、なるほどわかりやすい説明だと思いました。

 昨日になるかと思いますが、深澤諭史弁護士がストーカーに対して自説をツイートを投稿し、それを何人かの弁護士アカウントがリツイートをしていました。深澤諭史弁護士のツイートとしては、見たことのないぐらい沢山のリツイート数にもなっていました。

 有名女優と有名男優が結婚したニュースで男性俳優からストーカーまがいのアプローチがあったことでも、ストーカーのことがツイッターで関心を集め話題になっていたようです。弁護士の物の見方、考え方を知る上でも参考になりましたが、取り上げるには整理も必要かと考えています。

 この項目ではストーカーの問題ではなく、 後藤貞人弁護士と神山啓史弁護士のことを中心に取り上げています。櫻井光政弁護士のツイートがきっかけで、神山啓史弁護士のことをGoogleの検索で調べたことは、この項目のはじめの方で書いたかと思います。

 今、Emacsの方でページ内検索を掛けて確認をしたのですが、引用はまだしていないようです。後藤貞人弁護士と神山啓史弁護士をタイトルでセットにしたのは、次に一部の引用をする記事を、検索を掛けてすぐに見つけたからです。なお、この記事はだいぶん前に見た覚えがありました。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://d.hatena.ne.jp/fly-higher/20120827/1346032530 超一流刑事弁護人に学ぶ、11の上手な「教え方」まとめ 【刑事弁護実務の講義ノート付き】 - 弁護士兼務取締役の独り言

このたび、後藤貞人弁護士(大阪弁護士会)・神山啓史弁護士(第二東京弁護士会)・遠山大輔弁護士(京都弁護士会)・陳愛弁護士(大阪弁護士会)という日本屈指の刑事弁護人のもとで刑事弁護実務の基本を学ぶ機会をいただきました。

後藤貞人弁護士は「後藤先生で無罪判決取れなかったら仕方ない」と他の弁護士に言わしめるほどのプロ中のプロです。陳愛弁護士は後藤貞人法律事務所で一緒に刑事弁護をしておられます。神山啓史弁護士は足利事件(無罪確定)等の著名な再審請求にたずさわっておられます。遠山大輔弁護士は、Winny事件や舞鶴女子高生殺害事件を担当されました。

このような大阪・京都・東京のトップクラスの刑事弁護人に直接刑事弁護を教えてもらえる機会はなかなかないと思います。

5日間の集中講義(90分×14コマ)でしたが、逮捕直後から最終弁論まで、刑事弁護の基本を徹底的に叩きこんでいただきました。その内容をiPadでノートにまとめましたので、刑事弁護をより広く知っていただくという趣旨から公開いたします。弁護士が逮捕→勾留→起訴→公判という刑事手続の流れの中で何をするのか、なぜそのようなことをするのかについての超一流刑事弁護人のエッセンスが詰まっています。刑事弁護に興味ある方はぜひご覧ください。

(引用終了)

 今テレビのニュースで「大阪 中1男女遺棄事件」という表記を見たので、本書では当面の間、同じように表記をしたいと思います。これまでは殺害事件とも表記していたかと思いますが、それは改める必要がありそうですし、被害者が二人いることも明確にしておく必要性を感じました。

 引用した記事ですが、ずっかり忘れるぐらいかなり前に見かけた記事でした。今から投稿の日付の方を確認してみます。

 2012年08月27日、となっていたので、思っていた以上に相当前の記事です。自分が目にした時期も思い出せませんが、この手のものだとタイトルとURLをツイートでメモするようにしているので、ツイログからタイトル名の一部分を使って探しだすことが出来るかと思います。これから実行します。

 最も古い、記事のことを取り上げたツイートとしては最初のものが、次のツイートになります。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2013/06/16 08:51 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/346052295563284481
超一流刑事弁護人に学ぶ、11の上手な「教え方」まとめ 【刑事弁護実務の講義ノート付き】 - 修習生兼務取締役の独り言(※最高裁兼業許可済) http://t.co/y3LoLxuQvV

 最も新しい、記事のことを取り上げたツイートしては最新のものが、次のツイートになります。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/21 14:25 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/634597106913812480
超一流刑事弁護人に学ぶ、11の上手な「教え方」まとめ 【刑事弁護実務の講義ノート付き】 - 弁護士兼務取締役の独り言 http://t.co/WD1qPaul5r

 よく見ると記事のタイトルに違っている部分があって、過去のものには、 (※最高裁兼業許可済)、という但し書きのようなものが付いているようです。はてなダイアリーのようですが、どのブログでもタイトル名の修正というのも編集で簡単に出来ることです。

 8月21日の14時25分という時間の少し前に、神山啓史弁護士の検索結果でこの記事を見つけたことになるかと思いますが、おや、と思ったのは見覚えがあるタヌキをモチーフにしたアイコンでした。このアイコンはかなり前から見覚えがあり、ブロックされた実名弁護士アカウントと同じです。

 今確認するとはてなダイアリーでは、次のプロフィールの掲載になっていて、実名は出ていないようですが、やはり見覚えのあるのと同じTwitterアカウントのリンクがあります。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://d.hatena.ne.jp/fly-higher/about ブログ情報 - 弁護士兼務取締役の独り言

一行紹介

経営や人間について考えたこと,これから挑戦しようとしていることなどについて綴っていきます。
自己紹介

大阪で働く弁護士です。

NPO法人GeniusRoots代表理事 https://www.facebook.com/geniusroots

ウィズダムバンク株式会社代表取締役 http://www.wisdombank.co.jp/

その他複数の会社の経営もしています。

新しい時代のワークスタイルと組織構造について研究中です。

Twitterは毎日やってます。

http://twitter.com/igaki

もし連絡が取りたいという方がいらっしゃいましたら、こちらまで。

(引用終了)

 次がプロフィールにあるTwitterアカウントです。廣野秀樹(@hirono_hideki)でブロックされているので、ログインしている状態だとタイムラインのツイートが読み込めません。

弁護士 井垣孝之(@igaki)さん | Twitter https://twitter.com/igaki

 次のコマンドを実行したところ結果は40件でした。データベースからの検索になります。

% h-mysql-python-2014k-query-all.py |grep 井垣孝之|wc -l

 このコマンドの実行は、ブログに投稿した記事のタイトルとURLの一覧ですが、タイトルに内容を含めているものの読みづらいのが難点です。気になるツイートの記事を一つ見つけたので、ツイートの内容を探しだして、そちらの方を次に掲載します。

投稿者:igaki(弁護士 井垣孝之) 日時:2014/04/04 09:03 ツイート: https://twitter.com/igaki/status/451872695072727040
ところで最近ロースクール関係で佐藤幸治先生のお名前をまったく聞きませんが、結局何も責任も取らずにフェードアウトなさったんですかね。

 深澤諭史弁護士がよく取り上げている成仏理論の提唱者のことかと思います。その先生が提唱した司法制度改革で大変な迷惑をこうむり責任を取るべきという考えのようですが、それも深澤諭史弁護士と全く同じ考えのようで、まさに戦犯扱いという感じです。

 私が見てきたところ「成仏理論」という正式名称があるわけではなさそうで、何かの講演の際にでも「成仏」という言葉を使って説明をしたところ、それを受けての側で「成仏理論」と名付け、侮蔑と嘲笑の標的としたようです。

 あらためて、ブログ情報 - 弁護士兼務取締役の独り言 http://d.hatena.ne.jp/fly-higher/about にあるタヌキのアイコンを見てみると、どんぐりをのせた天秤を持っていることと、頭に葉っぱが一枚のっていることに気が付きました。

 一見すると可愛いタヌキの絵ですが、計算高く物事を化かす力への意思のようなものを感じます。都合よく化かしてもらうがわにすればご利益のある神社のようなものかもしれません。

 そういえば時期的な違いもあるのか最近はタヌキの姿を見かけませんが、以前、家の近くで猛スピードの車とすれ違った後、道路に倒れて痙攣を起こすタヌキの姿があって、道路の端まで移動させるのに動かした時に息を引き取ったということがありました。

 他の動物でも同じですが、道路上で死んだまま放置されていると、あとの車に轢かれて内蔵が飛び出るなど悲惨な状況になります。時間の経ったものは虫が湧いているかもしれず触る気にはならないですが、まだ虫の息の状態だったので、移動させました。

 後日、ネットでタヌキなどは病原菌を持っている可能性が高いので、触らないほうがよいという情報を見かけました。意外に足が遅いのもタヌキの特徴かと思います。自分から横道のない小木と姫の間のトンネルの中に逃げ込んで全力疾走している姿も見かけたことがあります。

 今はほとんど見かけなくなった気もしますが、昔はタヌキといえば悪賢く騙すというイメージが強い動物になっていました。40年近く前の頃ですが、当時はタヌキやキツネを実際に見たという話は聞いたことがありませんでした。日本昔ばなし、というアニメの影響もあったのかもしれません。

講師紹介 | ロースクール・ポラリス http://www.wisdombank.co.jp/teacher

 会社の代表をしているということも書いてあってホームページをリンクしていったところ、上記のページに井垣孝之弁護士の顔写真がありました。これは初めて見たように思いますし、Twitterによく見かけていたフレームワークの意味もなんとなくわかりました。

 私の場合、フレームワークといえばRailsでWebアプリの構造、骨組みというイメージが強かったのですが、どうも法学の理論的セミナーと言った感じです。次のページも見つけました。理念と書いてあります。ざっと目を通しましたが、なかなか興味深い内容です。私の弁護士鉄道との比較の上でも。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.wisdombank.co.jp/idea 理念 | ロースクール・ポラリス

多様な人材を法曹にするという司法制度改革の理念のもと、2004年に法科大学院制度がスタートしました。
現在、法科大学院は、その理念を体現できているでしょうか。
そして、法曹を目指す人たちは、法曹になるために必要な勉強に迷いなく打ち込めているのでしょうか。

周知のとおり、法曹界の未来は、合格すれば安泰というわけではありません。
法曹人口が増加し、弁護士業界では競争原理が働くようになりました。
そのためか、司法試験の志願者のみならず、法学部の志願者までもが減少しています。

しかし、私たちは、法曹資格が社会に必要とされる魅力的なものであることを信じています。
混迷を極める法曹界において「生き延びる」ためには、道しるべや羅針盤となるような教育が必要です。
ロースクール・ポラリスは、そんな新時代の教育を切り拓くために生まれました。

ポラリスとは、北極星のことです。
夜空でひとつだけ動かない北極星は、昔から迷える旅人の道しるべとなってきました。
私たちは、「ロースクール・ポラリス」という名前に、法曹界で生き延びるための道しるべなりたいという想いを託しました。

ウィズダムバンク株式会社
代表取締役 井垣孝之(弁護士)
同   伊藤 たける

(引用終了)*

 私の「弁護士鉄道」は理論的なものではなく叙情的なものとも考えてきましたが、こういうのも参考になりそうです。鉄道を社会インフラつまり社会基盤として捉えて考えることはやってきました。

 時刻は8月27日9時2分です。けっこう長い時間中断をしていたかと思います。告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)のツイートで、どれぐらい中断していたのか確認してみます。

投稿者:kk_hirono(告発-金沢地方検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/25 18:46 ツイート: https://twitter.com/kkhirono/status/636112330607079424
私の「弁護士鉄道」は理論的なものではなく叙情的なものとも考えてきましたが、こういうのも参考になりそうです。鉄道を社会インフラつまり社会基盤として捉えて考えることはやってきました。

 8月25日18時46分となっていますが、これは輪島大祭4日目の輪島前神社のお祭りを見に出かけるところでした。台風の影響で雨風が強かったのですが、お祭りが中止になるようなことはないと考えて出掛けました。

 昨日の26日は記述を再開するつもりでいたのですが、次の深澤諭史弁護士の告知のようなツイートが気になって、もうしばらく様子見をすることにしました。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/25 20:44 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/636142133292863488
面白い、というか是非話したい、という内容で講師をやることに・・!
詳細が決まったら告知しますね(・∀・*)
2時間枠で話します!

 時間を見ると、輪島崎町のお祭りから家に戻ってから見たツイートのようです。出かける前に見ていたような記憶になっていたのですが、記憶違いになっていたようです。

 深澤諭史弁護士に関してはストーカー関連の問題でがっつりと取り上げておきたいと考えており、データの蓄積も必要十分な段階かというところです。この項目で取り上げている神山啓史弁護士についてもまだ書くことがあって、保留中です。

 昨日のうちに少しは見かけていたのですが、次のブログ記事になっている刑事裁判の問題について先に独立した項目として取り上げておきたいと思います。郷原信郎弁護士にスポットを当てることになります。

美濃加茂市長事件控訴審、事実審理開始で重大なリスクを抱え込むことになった検察 | 郷原信郎が斬る http://bit.ly/1EXoSe4

2015-08-27 木曜日 09:37 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

被害者AAさんとの関係/平成3年11月25日/「全然大丈夫や」と言われた夜の電話のこと、に至るまでの状況について

* 被害者AAさんとの関係/平成3年11月25日/「全然大丈夫や」と言われた夜の電話のこと、に至るまでの状況について

2015-08-18 火曜日 07:43 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 この夜の電話のことは特に強く記憶に残っている事実の一つですが、電話をかけるまでの当日の行動などは現在思い出せません。なんとなく憶えていることは、それまでの電話をかける時とは違って、迷いや心理的な負担も少なかったということです。

 会社での被害者AAさんとの関係もいい感じになっていて、長い時間を掛けて様子を見ていましたが、いよいよ満を持して電話を掛けたという感じでした。期待を持ちながらも痛い目にあってきたので、その時も慎重さは強く意識していました。結果的にはそれも悪かったのかとも思います。

 11月に入ってからの電話は25日が2回目か3回目だったと思います。前回の時はいずれもいい感じの会話ではなく、長い会話でもなく、一方的に、あきらめる、と言って切ったような記憶が残っています。同じようなことが2回あったように思うのですが、その一つの時は前妻から電話がありました。

 前妻からの電話連絡も2,3回はあったと思います。11月中の最後の時は突き放すように、もう掛けてくるな、と言って一方的に切りました。それまでの前妻の性格から怒ってすぐに掛け直してくることも予想したのですが、それっきり掛かることはありませんでした。

 11月中の前回の電話の時は、復縁を強く望むような気持ちが伝わってくるもので、会話をつなげるように積極的に話してきて、神戸市内で青果市場の仕事をしていて、湊川神社の近くに住んでいるとも話していました。

 神戸市内に住んでいると聞いて、そのすぐ後に私は神戸に行く運行がありました。そして神戸から戻ってきた直後にも前妻から電話が掛かり、ちょうど神戸に行ってきたところだと話した記憶があります。神戸に行った後に、湊川神社の近くに住んでいると聞いたのではないと思います。

 これだけで3回の電話が前妻からあったことになりますが、全て11月に入ってからのことで、10月中にはなかったように思っています。なぜ10月中にはなかったのか、自分がなぜそのように記憶しているのか、ということも気になるところではあります。

 今あらためて考えると、この神戸への運行とそれを挟んだような前妻からの電話連絡も偶然ではなく、仕組まれたものであった可能性があるように思えていました。その前に電話があったのも10月12日のことで、何日か前に書いたと思いますが、被害者AAさんとの関係の要所にのみ連絡があったと。

 神戸に行った運行というのは、珍しい運行だったのでその部分のことはよく憶えています。馬鈴薯を積んでいったように思いますが、行き先は大阪府の高槻市の市場でした。

 その出発と思われる当日の状況も印象的に記憶に残る事実の一つです。その日は、9月の中頃に被害者AAさんがフィルム貼りを手伝ってくれた日と、会社の状況がよく似ていました。その日も水曜日で中央市場が休みの日だったと思います。

 時刻は8月19日8時30分になっています。中断をしていました。昨日は夕方の早い時間に小木港までアジ釣りに行っていました。小木港に行ったのもアジ釣りをしたのも久しぶりです。家に戻ったのは20時40分ぐらいだったかと思います。

 21時からNHKのニュース番組、22時頃から報道ステーション、23時ぐらいからニュースZEROをテレビで観ていました。深夜番組をなにか観ていたような覚えはあるのですが、テレビと電気をつけたまま目が覚めたのは5時半ぐらいだったと思います。

 昨夜になりますが、山形マット死事件について調べていました。山形の弁護士の業務停止6ヶ月のことで調べていましたが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が検事時代に主任検事をしていたという事件ということもあり、これを機に色々確認をしておきたいと思いました。

 起きてからだと思いますが、今度は直説にモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイログで、「山形マット死」をキーワードで検索しました。該当したツイートは1件のみでしたが、その投稿日でツイートの前後の流れを追ってみました。

 時刻は16時07分になっています。主にテレビを見ていて中断をしていました。大阪・寝屋川市 中1女子殺害男子不明の事件のことが気になります。トラックの駐車場に発見されることをわかった上で、遺体を放置していたということです。

 午前中にモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイログやツイートをスクリーンキャストで動画保存し、いつの模様にYouTubeに動画をアップロードしました。

 今は録画をしていたミヤネ屋で中1女子殺害事件の報道をみています。録画中の時間は別のチャンネルで同じ情報番組のグッディを観ていました。この事件は被害者の身元がわかった時点で、遺体の発見現場が高槻市と知ったことでも気になっています。

 今、録画していたミヤネ屋を見ながら、ようやく理解が出来たのですが、トラックの運転手の乗用車の下に遺体が置いてあり、その運転手は乗用車を移動させた場所にトラックをバックで駐車しようとしたところ、トラックのバックモニターで遺体に気がついたとのことです。

 初めの頃の報道でなんどかバックモニターという言葉が耳に入っていたのですが、その時はよく理解できずにいました。真っ暗な駐車場に大型トラックを駐車させるということは、実際によくやったことのある経験なので、なおさら不思議に思える事件です。

 この項目の主題について書いていたのは大阪府高槻市の市場に行ったあたりでした。高槻市の市場に向かって会社を出発したのは夕方の16時頃でした。その日は平日だけど中央市場が休みの日でした。天気も会社の雰囲気も9月のフィルム貼りの日によく似ていました。

 これは11月ではなく10月中だったと思われますが、10月の何時頃だったのかは特定できません。既に新車の大型ウイング車3068号に乗務をしていたと思うので、それならが10月12日の土曜日より後ということになります。

 その日も私は暇を持て余しながら午前中から会社にいました。この時も外でフィルム貼りをしていたように思いますが、被害者AAさんは手伝いに来てくれませんでした。軽四のフィルム貼りは終わっていたはずなので、トラックつまり3068号のフィルム貼りだったのかもしれません。

 その午前中も2階の事務所にいるのは被害者AAさんと被告訴人池田宏美の二人だけで、普段とはまるで違った感じで仕事をしていました。中央市場が休みだと、周囲も静かですし人の姿もほとんどなくなります。市内配達もほとんどが休みのはずです。

 同じ日だったと思いますが、私は2,3日前に買っていた10色入りぐらいの油性のペンを被害者AAさんにあげました。何に使ったのか憶えていませんが、油性のカラーペンを彼女に借りてけっこう使っていたからです。

 そのカラーペンは王様の本・入江店で買ったような記憶も残っています。子供が使うようなもので500円程度ではなかったかと思います。

 そのあと印象的に記憶に残っていることは、午後になって被告訴人東渡好信など主だった大型運転手が集まってきて、16時ぐらいにいきなり解散という話になって、一斉に車に乗って帰っていったことです。

 17時より前に事務所を閉めたというのも珍しかったのですが、一斉に解散したというのも他に記憶がありません。集まった時間は思い出せませんが、それも珍しいような集まり方であったような印象も残っています。

 もっとも印象的だったのは車に乗り込み、解散するときの被告訴人東渡好信と被告訴人池田宏美の姿でした。たまたま偶然で視界に入って目が止まったのですが、二人とも何かを企んでいて、それがうまく行ったことを確認し合うような表情を一瞬見せていました。

 被告訴人東渡好信が被告訴人池田宏美の乗用車に乗り込んだような気もするのですが、これも現在は記憶がはっきりしなくなっています。とにかく印象的だったので記憶が鮮明な時期に、このことも繰り返し細かい上記今日を、上申書など裁判の記録に書いてきたはずです。

 時刻は8月20日の10時27分になっています。中断をしていました。昨日の夕方は宇出津新港の堤防にアジ釣りに行ったのですがアジは一匹も釣れず、小さいフグが2匹針に掛かってきました。これまでに経験したことがないほどフグの活性が高くワームがすぐに食いちぎられました。

 今までの経験だといくらか薄暗くなってくるとフグはいなくなるはずなのですが、昨日は完全に暗くなる寸前までフグがひどかったです。カマスの幼魚でも塊になっているかとも考えましたが、カマスは小さくとも口が大きいので針掛かりがしそうです。これからはカマスが釣れ出す時期です。

 カマスは歯が鋭いので、これもワームを食いちぎりますが、幼魚だと喰いちぎるだけの力もなさそうです。やはりフグ以外には考えにくいのですが、いままださんざんワームでアジ釣りをやってきて、まったくないような経験でした。

 前の日、小木港で小アジを4匹釣って午前中に潮汁にした25センチのキジハタと一緒に下処理をしていたので、それにいくらか小アジを追加して、録画したキューピー3分クッキングでみた「小あじの揚げ煮」というのを作る予定でいました。4匹は夜、塩焼きにしました。

 夕食の前に銭湯に行きました。その銭湯に出かける前だったと思いますが、小倉秀夫弁護士の気になるツイートを見て、それがきっかけでGoogleニュースでニュース記事を確認したところ、思わぬ発見がありました。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/19 20:15 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/633960368474312704
検察が無罪論告し謝罪=強姦再審が結審—大阪地裁 http://t.co/fkLJPTn0ns

 20時15分の投稿になっていました。家に戻ったのが20時半ぐらいかと思っていたので、けっこう勘違いをしていたようです。この大阪の強姦再審事件も、私の平成4年の事件といくらか共通点があると考えるので、独立した項目として取り上げておきたいと考えています。

 昨夜は他にも気になるツイートが沢山ありました。ちょっと収拾がつかなくなったぐらいです。昨日はよく眠れていなかったためか、頭もすっきりしませんでした。あれもこれもと取り上げるのも無理があります。

 昨夜は裁判員精度を揶揄するような弁護士のツイートも目に付き、主なものが今回は、深澤諭史弁護士のりツイートでした。なぜ今頃という気もしたのですが、関連するようなニュース記事はリンクを含め見かけることはありませんでした。

 今朝になって深澤諭史弁護士のタイムラインに、また裁判員制度を揶揄するものがリツイートされ、元のツイートの弁護士は、宮崎の示談強要の問題のことで印象的な発言をしていた福岡の弁護士だったので、あらためて調べてみました。

 ツイログの登録があったので、今年の1月の17日頃のツイートでしたがスムースに調べることが出来ました。宮崎の示談強要の問題も刑事弁護のありかたとして非常に考えさせられるものがあり、しっかりと取り上げておきたいと前々から引っかかりがつきまとっていました。

 昨日はモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の山形マット死のことでも独立の項目として取り上げておくことを決めたので、これで宿題が3つたまったことになります。

 この項目の本線では、夕方16時頃に一斉解散したところまで書きました。とにかく、その場の状況で目撃した被告訴人東渡好信と被告訴人池田宏美の姿はとても印象的なもので、ずっと引っ掛かっていましたが、平成4年になると次第に、その感覚も薄れていったようには思います。

 高槻市の市場に行った運行は、馬鈴薯を積んでいたと思いますが、たぶん馬鈴薯を積み込んだのは前日の午後だったと思います。現在はかなりその辺りの状況も様変わりしているようですが、中央市場の裏門の道路を挟んで向かい辺りにバナナセンターがあり、その奥に倉庫がありました。

 バナナというのは温度調整など特別な保管が必要ならしいですが、昭和59年当時は運ぶ時も毛布を掛けていた記憶があります。その後、バナナは特別なトラックに装備がないと運べないことになったような記憶もあります。

 たしかバナナセンターと呼ばれていたと思いますが、その倉庫におろすのはレモン、オレンジ、キウィなど外国から運ばれてきた果物全般で、これを外果(がいか)と呼んでいました。

 時刻は15時31分になっています。昼前には宇出津新港まで買物に出掛けていました。戻ってから深澤諭史弁護士のタイムラインを見ると、また、黙っていられないようなツイートが増えていました。

 高槻の市場で荷物をおろしてからは、神戸に向かいました。あらかじめ帰りの荷物が決まっていたのだと思います。関西で、かつらぎ町のミカン以外の帰り荷があったのは珍しいことだったと思いますが、同じ10月頃には、泉佐野市辺りの泉北という大きな倉庫から外果を積んできたこともありました。

 金沢市場輸送での最後の運行も神戸でしたが、空車で戻ってきました。かつらぎ町の仕事は、既に書いていると思いますが被告訴人東渡好信が取り持った七尾市の丸一運送の仕事です。平成3年の年内はミカンばかりでしたが、年が明けてしばらくするとミカンはなくなって八朔かそんな果物に変わりました。

 かつらぎ町の仕事は1月一杯ぐらいだったように思います。2月の前半もあったかもしれませんが、かつらぎ町の仕事がなくなると、運行も関東方面に集中するようになったかと思います。

 高槻の市場から向かったのは神戸の港島(ポートアイランド)です。昭和59年に金沢市場輸送の4トン車でよく行ったのと同じ、エルヨンという倉庫でした。L4だと思いますが、エルヨンと呼ばれていました。外果の倉庫です。

 港島には中西水産輸送の4トン車に乗務していた頃、前妻を同乗させていて、夜に九州方面から国道43号線を走って向かった場面の記憶が割と強く残っていました。中西運輸商では九州と広島、岡山方面の運行がほとんどでしたが、神戸に行ったのは珍しくもあったので、印象に残っています。

 神戸ではL4の他にも市場の近くらしいあたりに、外果の倉庫があって、バナナセンターと呼ばれていたような気もします。神戸の市場というのはその近くを通ったことがある程度か、荷降ろしも一度はしたような気もするのですが、市場にはほとんど行くことがなかったと思います。

 その神戸のバナナセンターには中西運輸商の仕事でも行った憶えがあるのですが、金沢市場輸送で大型車に乗務してからも行くことがありました。2回ぐらい行ったような気がしますが、はっきり憶えているのは、そこに神戸で生活をしていた被告訴人OKNと落ち合ったことです。

 「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」には書いたように思いますが、宮崎県の都城市で積んだ特殊車両用の大きなタイヤを、神戸の魚崎埠頭辺りに降ろし、その帰り荷でバナナセンターに行ったようにも思うのです。
寝ないで神戸に行けば遊びに行くようなことも電話で話していたように思います。何度か神戸の被告訴人OKNのところに遊びに行くような話はしていましたが、実際に行くようなことはなかったです。5月頃の筍の時期には、淡路島へのフェリー乗り場から何度か電話をしていました。

 徳島の市場にはスイカを積んで行くこともあったかと思います。明石市だったか須磨区だったか忘れましたが、フェリーで淡路島に渡って、淡路島から徳島の方は大きな橋が掛かっていたように思います。

 エルヨンに行った時はすごく懐かしいとも思いました。レモンやオレンジのような外果を積んだのだと思いますが、荷物の卸先は富山県の高岡市の市場でした。それも休日の午前中に荷降ろしをしたという記憶が残っています。

 昼過ぎには金沢に戻ってきて、それから金沢市大場町東の家に住んでいた被告訴人OKNの家に遊びに行きました。家に行ったところまではよく憶えているのですが、その先のことは現在思い出せなくなっています。

 大場町東の被告訴人OKNの家には、一度だけ泊まりに行ったこともありましたが、それは平成4年の2月頃ではなかったかと思います。平成3年の春に引っ越しを手伝ってから全部で、5,6回も行ったでしょうか。夜に行ったのも9月を除けば泊まりに行った時だけだったように思います。

 9月というのは被告訴人OKNの兄である被告訴人OSNの結婚祝いの飲み会のことです。9月の20日頃だったと思いますが、私は被告訴人KYNと二人で彼の車に同乗をして向かい、帰りも夜のうちに彼の車に同乗をして帰ってきました。

 トラックに巾着袋を忘れ、そのことで一度、自宅に戻ってから会社に電話を掛け、被害者AAさんと話をしたのもその夕方のことであったと思います。以前はもっと日付や時期の特定もできていたはずですが、今は記憶にあるままに書いています。

 既に書いたことかと思いますが、被告訴人OKNに被害者AAさんのことを相談したのは12月に入ってからだと思います。10月や11月の時点では、仕事も違う被告訴人OKNが被害者AAさんとの関係や問題を知るとは、まったく考えていなかったように思います。

 前妻と離婚したことは早いうちから話をしていて、特に印象に残っているのは夕方の早い時間、明るい時間に被告訴人OKNと被告訴人OKNの妻と長女もいたように思いますが、4人で、ジャスコ若宮店の中にあるスガキヤというラーメン屋でラーメンを食べたことです。よくある飲食コーナーの場所です。

 同じ頃には、被告訴人OKNに誘われて東インターの近くにあったルネス金沢の温水プールに行ったことです。スガキヤの時も私はすごく落ち込んでいたので、気を遣って慰めてくれるように見えていました。

 休日の午後に、被告訴人OKNの3人家族と一緒に野々市のジャスコに行ったこともありました。野々市は現在の野々市市ですが、当時のジャスコ野々市店は中央市場の近くの若宮店よりはるかに大きな店舗で、ちょっとした高層ビルのような建物になっていました。

 被告訴人OKNが大場町東に住んでいたことを考えると、大場町東は河北郡に近く、野々市は石川郡だったので、全くの逆方向でかなり離れています。なぜ野々市のジャスコに行ったのかも不思議な気もしますが、彼の長女のことでもなにか印象に残る場面がありました。

 当時はサティもアル・プラザ平和堂もなかったので、郊外で大きな店となると野々市のジャスコが選択肢になったのかもしれません。中村町にはサンテラスユニーというデパートもありました。私は家族とサンテラスで買物をすることが多かったです。

 高槻の市場と言えば忘れられないのは、9月の中頃の被害者AAさんのフィルム貼りの時、午前中の9時から10時頃だったと思いますが、初めに被害者AAさんが2階から降りてきてフィルム貼りの手伝いを始めた時、その場にいたのが被告訴人多田敏明と津幡の山下君の二人のことです。

 その時、被告訴人多田敏明と津幡の山下君の二人は、今から大阪の高槻の市場に馬鈴薯を持っていく、日帰りで帰ってくると話、しばらく話をしながらフィルム貼りを手伝った後、4トンウィング車に乗って出発をしていきました。

 大阪府の高槻市というのは昭和59年の頃にはよく行っていました。京都市内から神戸市に向かう国道171号線の通過点として走っていたぐらいです。ただ、平成3年の秋に市場急配センターのトラックで市場に行った時には、以前にも来たことのある市場だと思いました。

 10月中の運行として他に印象にあるのは、静岡県の浜松市と静岡市の中間辺りに行ったことです。荷物をおろしてから急いで金沢に戻り、17時前には会社に戻ってきました。持っていった荷物は、河北郡津幡町の山の上にある日本専売公社の荷物でタバコのフィルターでした。

 当時は日本専売公社と呼ばれていたように思います。西金沢の近くにも倉庫のようなところがあって、そこにも何度か荷物を積みに行ったことがありましたが、金沢市場輸送のときだと思います。

 ついでに書くと、金沢市場輸送では一時期、静岡県の焼津市にある東洋水産にカップ麺を積みに行くことが度々ありました。マルちゃんでお馴染みのカップ麺です。卸先は松任市の外れか野々市町の外れか、金沢のの外れなのか微妙な場所にある小さな倉庫でした。

 本日書いた泉北の倉庫でも、市場急配センターの会社に電話を掛け、被害者AAさんとの間に印象的な会話があったのですが、今はそれもどういう内容だったのか思い出せなくなっています。

 神戸のL4も泉北の倉庫も積んだのは外果の果物でした。泉北ではキウィが多かったような記憶も残っています。泉北からの荷物は金沢の中央市場の裏側の倉庫で荷降ろしをしました。

 9月と10月は、東京の晴海埠頭と有明の倉庫から外果を積んでくる仕事もよくありました。中央市場の裏門からウロコ運送の方向にいくらか行ったところの道路沿いに、新しい倉庫ができていてそこで荷降ろしをしていたような記憶も残っています。

 一度、荷降ろしの作業をしているときに、被害者AAさんが歩いて連絡を伝えに来たこともありました。河野さんがなんとかと行っていたような記憶も少しだけ残っています。その時の彼女は不機嫌そうで、怒っているようにも見えたかもしれません。

 10月5日の電話のことは、これまでにも触れたことがありますが、節目という意味でも独立した項目として取り扱っておきたいと考えています。その夜の電話で私は初めて彼女に交際を申し込んだのですが、好きな人がいると言って、断られました。

 その10月5日の時点においても、彼女が言う好きな人とは私以外には考えにくく、断っておきながら会社では、それまで以上に親しく話しかけてくれるようになり、戸惑いながら無視をするような態度をすると、悲しそうな顔で涙を流しているようにも見えることがありました。

 そういう気になることが多かったので、私は彼女の自宅にも何度か電話を掛け、話をしました。彼女の方からつないでくれたので会話が続いたのですが、この前のこと考えなおしてくれ、とか、友達からでも、というと彼女は明るい感じですぐに断るという繰り返しでした。

 相談する度に、「あきらめや」「しつこいな」「あの子だって同じ会社やし、気まずくなりたくないだけやろ」などと否定的なことを、逆なでするように繰り替えていていたのも被告訴人安田敏でした。

 時刻は20時2分です。中断していました。Aコープ能都店にも少し買物に出かけていました。

 先ほどですが、次のツイートをTwitterにログインしているFirefoxのブラウザでリツイートしようと思ったところ、このツイートの匿名弁護士アカウントにブロックされていることに気が付きました。比較的最近のブロック化とも思われます。ツイートの内容も考えさせられるところが大です。

投稿者:Noooooooorth(マッドノースライム) 日時:2015/08/19 13:11 ツイート: https://twitter.com/Noooooooorth/status/633853789888380928
弁護士に対する「敷居の高さ」とは結局のところ「費用に対する不安感」の面が大きいと思われるので、弁護士費用保険が本当に広く行き渡ったとしたら、いわゆる「弁護士の敷居の高さ」についてはほぼ消滅するのではないかと思っている。

 大阪の強姦再審事件に対する弁護士アカウントのツイートがないものかと探していたところでした。昨夜は元裁判官の旭川の弁護士の言及ツイートも見つけましたが、今夜はまだ見つけていませんし、ありそうもない感じです。以前はミヤネ屋でも取り上げていたと思いますが、テレビでも観ていません。

 気になってので調べてみましたが、次の画像付きツイートによると、今月つまり8月の15日の時点ではブロックはされていなかったようです。次のスクリーンショット付きのツイートになります。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/15 01:50 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/632232784862425088
2015-08-15-015012_マッドノースライム(@Noooooooorth)さん | Twitter.jpg http://t.co/gjhRk0stiG

 前回が8月15日になるのだと思いますが、異様な印象を受けて気になったカバー写真は現在もそのままになっているようです。昨夜も、前に言及したうの字という匿名弁護士アカウントが、パワーアップの様相を呈していたので、これもどうなのかと考えていたところです。

 プロフィールの名前が次のように変わっていました。

”うんこバースト”うの字(@un_co__yokohama)さん | Twitter https://twitter.com/un_co__yokohama

 これに気がついたのは次のローカスこと実質実名弁護士のURLを含む言及ツイートを目にしたからです。

投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/19 18:25 ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/633932708889034752
これはそのとおりで、それどころか社会的地位のある人ほどダメージは大きいとも言えるわけで。だからこそ「反対利益との比較衡量」という観点を持ち出さない限り正当化は困難と考えています。知る権利にどこまでの重みを認めるかの問題。 https://t.co/YzXK7S8vwO

 日付は19日で昨日のツイートになりますが、これは探しだすのに結構手間取りました。自分のスクリプトのAPIでローカスこと実質実名弁護士の最新のツイートを200件取得したところ、初めのものは8月18日の日付になっていました。うの字で検索しても見つからず、もっと前のものかとも。

 探しだしてツイートを見てみると、含まれているはうの字のツイートのURLだけでした。気がついたのですが、un_co__yokohamaというアカウント名が含まれているはずのURLが、t.coのツイッターの短縮URLに置き換わっていました。これだと探しだすのは一層困難です。

 社会人の常識としてどうかと思う、うの字のアカウントをで、弁護士法の品位を形骸化しているようにも思えるのですが、同業者でもあるローカスこと実質実名弁護士は気にすることもなく対応をやっているようです。同業者で同じ関東の弁護士のようです。

関東弁護士会連合会ブログ「調子に乗って勘弁れん」 | 関東弁護士会連合会 http://www.kanto-ba.org/column/

 ちょっと思い出したことがあるので調べてみたのが、上記のホームページです。刑裁サイ太がやっているコミケの類いの団体かと思っていたのですが、どうやらもっと正式な公益性もありそうな団体のようです。

 ホームページの一部を次に引用しますが、これは意外と言うより驚きです。ずいぶんと本格的な団体であるようです。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.kanto-ba.org/about/ 関弁連とは? | 関東弁護士会連合会

関弁連って何の略ですか?

 関弁連というのは,関東弁護士「会」連合会のことで,東京高等裁判所管内の13の弁護士会によって構成されています。東京の三弁護士会(東京,第一東京,第二東京)と,関東地方の弁護士会(横浜,埼玉,千葉県,茨城県,栃木県,群馬)のほか,甲信越の弁護士会(山梨県,長野県,新潟県)及び静岡県の弁護士会が連合した組織です。

 関弁連に所属する弁護士の数は約2万人で,日本の弁護士の約60%が関弁連に属しています。

 全国には,「弁護士会連合会」(弁連)が,関弁連の他に,全国の高等裁判所に対応して,北から北海道,東北,中部,近畿,中国,四国,九州に設けられています。
 また,全国組織である「日本弁護士連合会」(日弁連)は,全国52の弁護士会及びそこに所属する弁護士・弁護士法人を構成員(会員)としています。つまり,52弁護士会は,日弁連の会員であると同時に,各地の弁連の構成員でもあるわけです。

 日弁連は,国家機関から監督を受けない「弁護士自治」を有し,この自治権の下に,弁護士会及び弁護士等の指導及び監督を行い,また,全国レベルで憲法,人権,災害支援,刑事司法と民事司法の改革,法曹養成,裁判員制度,男女共同参画等といった重要な諸課題について市民の視点から取り組んでいます。

 関弁連を始めとする各地の弁連は,各地で日弁連のこういった活動のサポートを務める一方,地域における諸課題に取り組むと共に,構成する弁護士会の連携・交流を図るための諸活動を展開しています。

(引用終了)

 このなかには、「”うんこバースト”うの字(@un_co__yokohama)さん」も弁護士会の会員の一人として含まれ、名を連ねていることになりそうです。うの字は、横浜弁護士会あらため神奈川県弁護士会所属の弁護士である可能性が高いです。

 「うんこバースト」というのをツイッターのプロフィールの名前に含めること自体、理解を超えていますが、これほどの下劣さは一般人でも珍しいのではないかと思えます。バーストというのは車のタイヤの破裂を思い起こさせますが、ウンコに爆竹でも破裂させたようなイメージです。

 昨夜のローカスこと実質実名弁護士のツイートのは他にも取り上げておきたくなるものがあったかと思いますが、「うんこバースト」に仲間意識でもあるように思えたので、そちらの方が理解に苦しみ頭を抱え込みたくなりました。

 私が少年時代の鉄道というのは、友達に聞いた話によると、トイレから糞尿を撒き散らしながら走っているとのことでした。衝撃的で信じ難くもあったのですが、そう言えば線路にはウンコやしいものや便所紙らしいものが落ちていました。トイレの構造もそのまま落下させる感じでした。

 私が言う「弁護士鉄道」というのは、社会に汚物を撒き散らしながら人の迷惑も顧みず、走っている暴走特急というイメージも含まれています。

 家のすぐ近くでもあったので、子供の頃はよく線路で遊んでいました。糞尿を撒き散らしながら走っているという話は、高校に入って電車通学を始めてからだったような気がします。ただ、線路で遊んでいてもウンコの臭がしたという思い出はありません。

 気になったので、今夜初めてネットで調べてみました。するとすぐに次のページが見つかりましたが、30年ぐらいまではやはり撒き散らしで、便器から線路が見えたとも言います。複数の切れ目の入った黒いゴムのようなものが落ちるところにあったことは記憶に残っています。

電車でウンコをすると線路に撒き散らすのですか? - 今はタンクにためて車両基地... - Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411985719

 ずいぶんと乱暴な時代であったとも思いますが、当時は問題視されるような情報を聞いたことがなく、ごくごく身近な友達関係の中で話を聞いたもので、正直、半信半疑でした。走行中はともかく、駅に停車中だとそのまま下の線路に落ちることになりそうです。

 深澤諭史弁護士のタイムラインに10件ほど更新があったので、読み込んだところ、うの字のツイートのリツイートがありました。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/20 20:37 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/634328508613853184
RT @un_co__yokohama: 某寺事件は、とりあえず申立書を送って事件番号付けてから交渉を開始するという生活の知恵。
元のツイート)→ 投稿者:un_co__yokohama(”うんこバースト”うの字) 日時:2015/08/20 20:37 ツイート: https://twitter.com/un_co__yokohama/status/634328340040515585
某寺事件は、とりあえず申立書を送って事件番号付けてから交渉を開始するという生活の知恵。

 某寺事件というのは、いまのところ見当も付きません。弁護士らしい内容のうの字のツイートですが、深澤諭史弁護士もまったく同業者としての抵抗はないようです。これまでも、うの字のツイートのリツイートは、ときどき目にしています。

 深澤諭史弁護士が想定する対象の顧客層が、うの字のそれにも重なる部分があるのかとも考えることがあります。長期的にみれば、深澤諭史弁護士の場合、実名も出しているのでどうかのかと思いますが、本人がそれを承知でツイートをしているのでしょう。価値観の違いというのも幾らかありそうです。

 深澤諭史弁護士のリツイートを見ていると、そのままのAPIの処理ではエラーを起こす機種依存文字が目立つようになってきました。

 別の項目を作ってから書くつもりでいた内容を、この平成3年11月の事実関係の項目に書いてしまいました。私は深澤諭史弁護士などの弁護士らのネット上での反応も重視しているので、それはそれで意味のあることとも考えていますし、全体を読んでいただくことを重視しています。

 今日の午前中か昼には、過去の落合洋司弁護士(東京弁護士会)のブログに私がコメント投稿した内容を検索で調べていました。裁判員制度の遺体写真についての私のコメントを探したのですが、それは見つからなかったものの、思っていた以上に多く積極的なコメントがあったことを知りました。

 時刻は8月21日14時41分です。いろいろと考え事をしながら中断をしていました。先程になりますが、東京の渋谷区の弁護士のツイートがきっかけで、意外な発見がありました。めくるめく展開で5分ほどの短時間で、既に取り上げる予定の大阪の強姦再審事件に結びつきました。

 昨夜のうちか今朝になって、この項目名を「11月25日の電話までの状況」に改め、11月25日当日のことと切り離すことを考えていました。問題は、この項目の締めくくりを付けて、次の項目に移るかどうかということです。次の項目は刑事弁護が大きなテーマになります。

 ここ数日は、刑事弁護に関する材料が集まりすぎて、どうやってさばこうかと頭を悩ましていたところでもあります。さらなる材料が加わったことで、より充実したことが書けそうです。

 刑事弁護のテーマはシリーズ化することを考えています。私がこれまで長い間、考え続けてきた刑事弁護のありよう、評価の集大成にもできそうです。

 この項目で書くことは、残りとして多くはないと思います。というか正直なところ細かいことがあまり思い出せなくなっていると自覚しています。記憶の場面はいずれも断片的です。23年以上という月日の重みも感じています。

 11月25日に一番近かったこととして記憶にあるのは、天気の良い日の午後のことでした。16時過ぎぐらいだったとも思います。外に出ていた被害者AAさんが2階の事務所に戻ってきました。事務所は2階にしかないので市場急配センターの事務所といえば2階のことです。

 事務所には被害者AAさんが来て3人になったところであったと思います。被害者AAさんの姿を見ると、被告訴人池田宏美が、「このケーキ。広野さんがアヤちゃんのために買ってきてくれてんよ。食べなさいアヤちゃん。」と言ったのです。

 私も驚いたのですが、被害者AAさんはとてもうれしそうな顔をしていました。今思い出したところですが、そのケーキというのは銀行の通帳を被害者AAさんに作ってきてもらったことで、私が買ってきたものでした。ジャスコ若宮店の中のケーキ屋だったと思います。

 たしか、給料を銀行の振込にするために通帳を作ることになりました。報告を受けたのは午前中だったように思うのですが、被告訴人池田宏美に「あの子に行ってきてもらったし。あの子、なんでか30万円と3万円と別々に入れたみたいやけど」などと言われました。

 これは北國銀行中央市場支店で作られた通帳のはずです。2月14日に被告訴人安田敏の保証人になった借金を会社に返すときにも、私は中央市場支店でまとまったお金を降ろしたことを憶えています。ATMだったと思いますが、20万円かあるいは30万円です。25万円だったかもしれません。

 いきなり私の方から会社の事務員に通帳を作ってきてくれと頼むわけはないのですが、長距離の運行のでがけに被告訴人池田宏美に通帳を作る必要性の説明を受け、よかったら作ってきてあがるし、と言われたように憶えています。振込の手続きのついでという感じでした。

 30万円と3万を別々に入れたと言われたのですが、私が33万円の現金を被告訴人池田宏美に手渡したということはまずないはずです。本来の給料の入金の時に33万円というお金が出てきたのだと思います。

 当時の私の市場急配センターでの給料ですが、他の大型運転手と同じく固定の50万円ということになっていました。ただ、手取りでは40万円を超えたことは一度もありませんでした。これはよく憶えています。

 給料の計算システムは、歩合制でもあった金沢市場輸送の方が複雑でわかりづらくなっていましたが、手取りで40万円を超えることは普通にあって、一番多い時で43万でした。しかし、総額では50万円を超えたというのは見た覚えがなかったのです。

 ここですごく大事なことですが、私はずっと30万円と3万円が別々に振り込まれたということを憶えていて、上申書など裁判の書面に繰り返し書いてきたはずです。通帳は福井刑務所にいるとき、他のものと一緒に母親から郵送で差し入れてもらったことが考えられます。

 いずれにせよ、通帳で30万円と3万円が別々に振り込まれたという事実は確認が出来なかったと思います。もっと印象的に記憶にあるのは、出所後の平成9年の夏、直接、北國銀行中央市場支店に行って、銀行の人に調べてもらったことです。自分の記憶とは裏腹に事実の確認は出来ませんでした。

 その時は、さすがに北國銀行が依頼を受けて通帳の記録を改ざんしたとまでは考えなかったのですが、どう考えても納得のいかない結果で、銀行の人にもいくらか八つ当たりをするような態度にもなったかと思います。

 いたずれに疑惑を大きくするつもりはありませんが、岡田進弁護士が北國銀行の顧問弁護士であることは知っていました。ある事件の新聞記事でたまたま知ったことです。

 それは若い行員による横領事件でした。500万円程度とかそういう金額で、最近は余り見かけませんが石川県内でも横領事件の報道というのは結構あって、被害金額が1千万円に観たなかったというのは、あとにも先にもその事件だけで、その意味でも印象に残る事件でした。

 その事件の北國新聞の記事で、岡田進弁護士が顧問弁護士であるということと、なにか対応策のコメントのような記載もありました。その被疑者とは拘置所の運動の時にも顔を合わせていたので、そういうことでもいくらか身近に感じる事件でした。

 銀行のことですが、私は北國銀行中央市場支店で通帳を作る前は、「きんしん」こと金沢信用金庫の通帳を持っていたような憶えがあります。平成3年に市場急配センターで市内配達の仕事を始めた後に、ジャスコ若宮店のの何十メートルか手前にあるATMでお金を引き出していた記憶があるからです。

 ただ、それ以外に、金沢市内の金沢信用金庫の店舗で振込などの手続きをやったという記憶はなく、思い出すことが出来ません。もっと遡ると昭和60年当時は、加州相互銀行の松村支店によく行っていました。

 初めてATMのカードを作ったのもその時で、初っ端に福岡市内の銀行でカードを使い引き落としをしようとしたところ、暗証番号を間違って入力し、3回ぐらい間違えたので引き落としが出来なくなってしまって、とても困ったことがありました。

 ATMのカードが出来る前は、営業時間に銀行に行って窓口に並ぶという方法しかお金を降ろす方法もありませんでした。それだけ銀行に行く回数も多かったのだと思います。

 その後、結婚をして長距離の仕事をするようになってからは、パチンコやパチスロに散財をしたこともあり、どんなに不便でも銀行のカードは持ち歩かないようにしていました。持ち歩く前にカードは作っていなかったのかもしれません。

 離婚するまでお金のことは前妻に任せていたので、あるいは銀行の通帳自体を私は持っていないか、ほとんど使っていなかったのかもしれません。離婚届を妻の実家に行き父親に渡したのは、お盆休みに入ってすぐのことで、たぶん平成3年8月12日になるかと思っています。

 離婚したことはお盆休みが終わってすぐに被告訴人池田宏美に話したと思います。側には被害者AAさんもいたので、当然、話は聞いていると思いました。社会保険のことが頭にあったので、経理をする事務の被告訴人池田宏美にはすぐに報告をしたのです。

 さきほど書いた、金沢市場輸送と市場急配センターでの給料の手取りの違いですが、これも妻帯者であった金沢市場輸送の時と、独身となった市場急配センターの時とで違いが出ているのだろうとは考えていました。税金が全然違ってくるとは、聞いていましたが、具体的な違いまではしりませんでした。

 その保険のことだったように思いますが、自宅のアパートに金沢南郵便局まで郵便物を取りに来いという葉書が来ていました。自分の住む東力が南郵便局の管轄というのも意外だったのですが、経験のないことだったので、会社に被告訴人池田宏美に尋ねてみました。

 すると、被告訴人池田宏美の向かいの席で仕事をしていた被害者AAさんが顔を上げ、慌てたような感じで「あ、それ私の家の近く、私、行ってきてあげる。」と言ったのです。被告訴人池田宏美はやんわりと受け止め、「本人じゃないといけんよ。」と軽くたしなめていました。

 これも8月中のことであったように記憶しています。他にも細かいことはあったのですが、8月中から私は被害者AAさんのことを意識するようになっていて、まさかという思いや、気を遣っているだけかと考えながら、その金沢南郵便局の話の時は、なにかありそうだという予感がありました。

 予感や予兆が現実的なものとなったのが、9月中頃のフィルム貼りの手伝いを被害者AAさんがやってくれた時のことですが、これと10月5日のことは、事実関係の節目であるので、独立した項目として取り扱う予定でいます。

 もう一つ11月25日より前のこととして書いておきたいことがあります。それもある日の午後のことだったと思います。午後と言っても早い時間であったような気がします。市内配達が終わった運転手が集まりだすのは16時ぐらいだったと思いますが、それとは違った時間だったと思います。

 そういう時間でしたが市場急配センターの1階の休憩室には、わりと人の姿がありました。その時の私の記憶の中の状況では、外から休憩室を見て右側の方に机があったような気がするのですが、他にはその場所に机があったような記憶がないので、いくらか不思議に思っています。

 私の記憶の中の状況では、外から入って右側の端に、私は中央市場の方向を見て座っていたことになります。机があったように思えるのもそのためですが、私の右手の方には津幡の山下君が座っていました。彼は入り口の方に正面を向いて座っていたことになります。

 山下君がその早い時間に会社にいたことも私に話しかけてきたことも珍しかったのですが、彼が私に、最近見ないけど子供どうしとる?、というように話しかけてきました。私は歯切れの悪い対応をして離婚したことをなんとかごまかそうとしていたのですが、入り口から被告訴人東渡好信が入って来ました。

 現在、細かい会話の内容はこれも思い出せなくなっていますが、被告訴人東渡好信が、「もう、必要ないもんな。」と私に言ったことはよく憶えています。子供にプレゼントを買うか、遊びに連れて行くという話題になっていたときであったと思います。

 その時もやけに被告訴人東渡好信の登場のタイミングが良すぎるとは思っていたのですが、長い間、偶然だろうと思ってきました。当時は被告訴人東渡好信に対しても会社で都合のいい仕事をやりたいだけ、という思いがあったので、深く考えることはせず、他に見落としもあったのかと思えます。

 津幡の山下君には妻と男の小さい子どもがいました。妻は同級生とも聞いたことがありましたが、家庭優先で必要以外は会社にいないというイメージがありました。それだけ姿を見ることも少なかったのですが、たまには例外もありまして、それはまた別のことで書く予定です。

 津幡の山下君の妻子の姿は、1,2度市場急配センターの駐車場で見かけることがありました。奥さんの方は髪が長めで横や下を向いていたところだったので、顔の方も確認はしませんでしたが、それと思われる女の人の姿を見かけることは他にありませんでした。

 津幡の山下君のことは、市場急配センターの事務所がなくまだ金沢市場輸送にいた頃、会議室にあるような長いテーブルで、いつも沢山の伝票の整理を長い時間を掛けてやっている姿を見かけることが多かったという印象があります。たまたまなのか市場急配センターでは見かけませんでした。

 姫のNKさんもそうですが、ずいぶんと長い時間を掛けて伝票の整理をやっていたので、よほど手間の掛かる大変な作業なのかと思っていたのですが、実際にやってみると思ったほどの作業ではなく、責任感から丁寧にやっていたのかもしれませんが、とにかく時間を掛けて見るように見えました。

 市内配達では、津幡の山下君はずっと近江町市場の辺りを担当していたように思います。金沢市民の台所とも呼ばれ、今年は特に北陸新幹線の開通で注目の場所にもなっていますが、近江町の担当だと荷物もそれだけ多かったのではとも考えられます。

 被告訴人東渡好信ならば当時でも、あちこちに盗聴器でも仕掛けて、情報を集め、分析をしたり、利用をしていたことも考えられるのではないかと思います。見るからに胡散臭いところのある人物でしたが、そのように見せること、思わせることも計算ずくのようなところが垣間見られました。

 被告訴人東渡好信に子供のことでいやみったらしいことを言われだしたので、私はすぐに外に出ました。2階の事務所に向かったようにも思いますが、階段を登る前に、外から来た被害者AAさんと鉢合わせになって、声を掛けられたような記憶もあります。

 なにか報告を受けたような気がするのですが、あるいは銀行に行って手続きを済ませてきた、という話だったかと思います。

 被告訴人池田宏美にもほとんど同じような場所で同じタイミングで、30万円と3万円の話を聞かされたように思います。それは昼過ぎか、昼前の午前中だったような気もします。「あの子に銀行いってきてもらったけど、」というような言い方でした。

 確か、市場急配センターの階段は民家の非常口のようなドアで、正面からの出入り口と、休憩室の前のスペースの横の方から階段に登る出入り口があったと思います。一度外に出てから正面からの出入り口を使うことは少ないので、2階への行き来は横の方から階段に登ることが多かったと思います。

 ついでに書いておくと、市場急配センターの一階はただの物置のような状態でした。私が市内配達を始めた頃は、朝、30分ほど早めに会社に来て、そこで長野県から4トン車で積んできた桃やブドウの仕分けをやっていました。マルエーの店舗ごとの仕分け作業だったと思います。

 4トン車で長野から桃屋ブドウを運んでくるのは、被告訴人梅野博之か大倉さんがほとんどだったと思います。大倉さんは、被告訴人安田敏が平成14年以降になって私に、群馬県の国道18号線高崎市の辺りで、夜中に事故を起こし、死んだと言った人物です。

 同じ時、被告訴人安田敏は金沢市場輸送では他に、一人の運転手が東名高速の愛知県内で事故を起こして死に、自衛隊にいたという運転手は、石巻港で泊まりの時、どこか近くの公園で首吊り自殺をしたとも話していました。これも会話を録音して、金沢地方裁判所に提出してあるかと思います。

 大倉さんは被告訴人松平日出男の友達という感じで、年も同じぐらい。4トン車の持ち込み運転手をしていました。保冷車ではなかったようにも思うのですが、4トン車にしてはけっこう大きな荷台の箱で、中西運輸商のファミーというポンコツのトラックにも似ていました。昔のスーパーの名前かと。

 そういえば大倉さんも金沢市場輸送の麻雀の常連でした。休憩室が出来たばかりのころだったと思いますが、なにか私に金沢市内の泉ヶ丘か泉野あたりにあるという、麻雀荘に電話をしてくれなどと、よく意味のわからない頼みごとを言い出したことがありました。

 時刻は19時28分になっています。NHKの19時のニュース番組もそろそろ終わりの時間かと思いますが、この番組が始まる直前に、チャンネルをNHKに変えたところで、大きなニュースが字幕で飛び込んできました。高槻市の死体遺棄事件で逮捕状が出たというニュースです。

 弁護士のツイッターアカウントの反応を見るため、奥村徹弁護士のタイムラインを見ていたのですが、遡って行くとリツイートから、次の記事を知ることになりました。

悪質な「さおだけ屋」3本で13万円、切ったら返品ダメ・・・立ち向かう方法は?|弁護士ドットコムニュース http://www.bengo4.com/shohishahigai/1080/n_3578/

 いずれ独立した項目で取り上げる予定の事実の一部ですが、平成11年の1月の20日頃、被告訴人OKNはリフォームの営業の仕事の話を私に持ちかけてきた時、夕方に、駅西本町の本陣不動産株式会社の事務所に私を招き入れて仕事の話をしました。

 私は宅地建物取引主任者の資格の勉強もしていたので知っていたのですが、不動産会社の事務所に赴いて成立した売買契約は、クーリングオフの対象外になっていたはずです。記事を読んでそのことを久しぶりに思い出したので、忘れないうちに書いておきます。

 19時58分です。まだ20時前というのは少し意外に感じました。今見つけた刑裁サイ太のツイートも、理解を超えていて弁護士の頭の中はどうなっているのかと、またしても考えさせられました。

投稿者:uwaaaa(サイ太) 日時:2015/08/21 17:51 ツイート: https://twitter.com/uwaaaa/status/634648989674029056
死亡事故を専門に扱う事務所の保留音「帰ってきたヨッパライ」

 こういう刑裁サイ太のような弁護士が、いっぱしに刑事弁護や国選弁護について語ってるのは、司法鮮度についてあらためて真剣に見つめて考える共有財産だと考えました。

 2時間程度の時間差があるようですが、次のようなツイートも刑裁サイ太はやっていました。プロボノ活動についてはなんとなく理解をしているつもりですが、あらためて調べておく必要性を感じました。

投稿者:uwaaaa(サイ太) 日時:2015/08/21 16:07 ツイート: https://twitter.com/uwaaaa/status/634622879452172288
プロボノ活動の一環である法律扶助のせいで報酬相場が下がる業界の人って…

弁護士 プロボノ活動 - Google 検索 https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E3%80%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%8E%E6%B4%BB%E5%8B%95

 とりあえず上記のキーワードでGoogleの検索をやったところですが、検索結果の要約の中に「社会貢献」という言葉が見えました。弁護士法には「社会正義の実現」とあるはずですが、社会貢献の身近なイメージはゴミ掃除、弁護士は社会に汚物を撒き散らすイメージが強く真逆です。

 ここ数日、自重するようにもなったと思っていた落合洋司弁護士(東京弁護士会)のタイムラインでも、最新のツイートとして、自分の見方が全く外れていたと確認されてくれるようなものが出ていました。次のツイートです。相変わらずの「ちゃん」付です。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/21 19:08 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/634668432600858624
安倍ちゃんが終戦時の首相だったら、日本は滅亡してたな。

 リンクの記事は今から読むところですが、次のツイートの内容に関連がありそうです。テレビでも一つだけごく短いものでしたが、それらしいニュースを見かけていました。何とか議員ことかと思います。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/21 19:07 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/634668142023675904
またか。いい加減やめたら。→安保法案審議中に安倍首相が不規則発言 委員長の注意受け撤回 http://t.co/pZsC5jq5nt

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)のリンクが個別の記事のURLではなかったですが、時間的に近接していたのでそれらしい記事のリンクを見つけることが出来ました。次がその記事の引用です。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150821-00000770-fnn-pol 安保法案審議中に安倍首相が不規則発言 委員長の注意受け撤回(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース

安全保障関連法案を審議している参議院の特別委員会で、21日、安倍首相のヤジで、審議がストップする場面があった。
民主党の蓮舫代表代行は、「良くないですよ!」、「総理は、『そんなことどうでもいいじゃん』と、どういうことでしょうか」とただした。
安倍首相は「わたしは、『どうでもいい』などと、言ったわけではなくてですね。いずれにしましても、わたしの自席からの発言を撤回させていただきます」と述べた。
民主党の蓮舫議員の質問中、安倍首相が、不規則発言を行い、審議が紛糾、一時ストップした。
安倍首相は、鴻池委員長の注意を受け、発言を撤回した。

最終更新:8月21日(金)18時29分

Fuji News Network


(引用終了)

 「そんなことどうでもいいじゃん」というのはずいぶんとくだけた物言いですが、あえてそのような対応をするだけの強いメッセージ的な示唆や意思表示があるように感じられていました。落合洋司弁護士(東京弁護士会)はその撒き餌に食いついてきた雑魚にも見えます。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)は数カ月前になるかと思いますが、ブロックした数を手柄のように自慢するようなツイートもやっていました。反論などを侮辱のように決めつけ、即座にブロックをしているようです。独裁的で民主主義の精神とは真逆とも思えるのですが、基本のスタンスは相変わらずです。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と同様に、検事をしていたという肩書は一生涯、最大限に利用していくつもりかと思います。まともな法律家と思っていた頃は、本当に詐欺被害にあったようなもので、時間を取り戻して欲しいと思うぐらいですが、それはかなわぬことでしょう。

 具体的な経済的な被害が出ていない以上、詐欺罪は成立しないという構成要件を知っているからでもありますが、実質的な被害というのは強く大きく感じています。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のように直接、被害の訴えが出来ないのが残念無念でもあります。

 過去は取り戻すことが出来ませんが、将来的未来的な間接的な被害を被ることは、ずっと前から想定し、それだけに記録という対応と牽制もやってきたつもりでいます。政治家に色目を使った発言が多くなったという印象も受けておりますが、今でもたまに刑事事件の言及をやっています。

 ここ最近はテレビで見ていませんが、テレビでのコメントなどを見ていると、必要以上に慎重に控えめなコメントだと感じることがほとんどでもありました。極端な多重性を感じさせる弁護士でもあります。落合洋司弁護士(東京弁護士会)のことです。

 政治的な面でも、本当に大事なことを見えにくくさせてくれていると感じることの多い落合洋司弁護士(東京弁護士会)ですが、それは弁護士全般に共通して感じられることで、刑事裁判や刑務所での生活を経験してるだけに、感じること考えることも多いです。

 20時46分です。今、テレビのNHKのニュース速報で「逮捕状の40代男 身柄確保」という速報が出ました。ツイッターを見ながら、警察署で任意の取り調べを受けているのではと考えていたのですが、警察署の取調室にいた場合に、身柄の確保とは言わないような気がしました。

 どうも警察はこれまで以上に細かい段階を踏んで、・・・と書き始めたところで、逮捕という字幕での速報です。

 逮捕する方針ですという現場からのリポートが終わった直後に、字幕でもあるように逮捕しましたというアナウンスがありました。現場の中継より速報が先を行ったようです。こういう報道を見たのも今回が初めてかと思います。逮捕されたということはまもなく名前も出そうです。

 今日の昼の報道で警察は防犯カメラの分析から被疑者を特定しつつある、追い込んでいるという印象は受けていたのですが、想像を超えた急展開になっています。

 ネットのニュース記事でみたようにも思いますが、防犯カメラの役割の大きさは、これまでとは違ったこれからの刑事弁護のあり方にも大きな変化を与えそうだと考えていました。

 大阪府の高槻市や寝屋川市というのは、昔、長距離トラックの仕事で行っていたのである程度の土地勘もあるのですが、京都府に近く大阪府では北部ということになるのかと思います。弁護士があげつらう大阪府警の不祥事というのは、大阪府でも堺市など南部に集中している印象もあります。

 21時のNHKのニュース番組が始まってすぐ、不明の男子生徒も遺体で発見されたという報道を目にしました。まだ、逮捕されたという40代男性の名前は出ていません。これもずいぶんと久しぶりのことかと思います。精神障害の疑いのありそうな事件でも、逮捕とほぼ同時に名前が報道されていました。

 NHKでは、立ち回り先を調べたところ見つからず、そのあと走行中の車を発見したので慎重に追跡、逮捕したとあるので、防犯カメラの映像だけでは証拠として不十分と考え、いまのところ実名の報道を控えているのかと考えたりしています。

 45歳の男ということですが、帽子を被って俯いていたものの実名より先に、捜査車両で連行される後部席の被疑者の姿を見たのも、おそらく初めての経験です。メキシコをイメージさせるような、田舎ではまず見ることのない帽子を被っていました。

 次の速報では名前も出そうに思いますが、今夜のこの事件報道では警察の存在意義を強く感じさせられるとともに、相対的な弁護士の影の薄さ、無用論も感じさせてくれました。ネットでは存在している次のニュースも、なぜかテレビでは全く報道を見ていません。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.jiji.com/jc/zc?k=201508/2015082100678&g=soc 時事ドットコム:「淡々と仕事こなす」=指定弁護士が会見-東電事故

一緒に選任された神山啓史弁護士は「大変な事件を受けたと思っている。全力を尽くしてやりたい」とだけ述べた。
 起訴議決をした東京第5検察審査会で審査補助員を務めた山内久光弁護士は「審査員が真摯に検討して出した結論を大事に、刑事訴訟法などに従って忠実にやりたい」と話した。
 3人は今後、必要ならば関係者の事情聴取など補充捜査をし、勝俣元会長らを強制起訴する。起訴の時期などについて、石田弁護士は「守秘義務違反になる」と話し、言及を避けた。(2015/08/21-17:10)

(引用終了)*

 続きは新規の項目として書きたいと思います。11月25日の電話の前の状況ですが、また、思い出すことがあれば、別のところで書きたいと思います。その時は、10月5日からの前後の状況として具体的な事実を書くことになるかと思います。

2015-08-21 金曜日 21:27 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

「守るべきものが人権か否か,対立当事者が権力か否かで分けていて,犯罪者ではなく,刑事司法システムを守るためだと考えて」という同業者の、深澤諭史弁護士のりツイート

「守るべきものが人権か否か,対立当事者が権力か否かで分けていて,犯罪者ではなく,刑事司法システムを守るためだと考えて」という同業者の、深澤諭史弁護士のりツイート

2015-08-17 月曜日 20:43 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 関連のありそうなものとなさそうなものがありますが、近接した深澤諭史弁護士のリツイート・ツイートをまとめて掲載します。広い意味ではずべて関連があるのですが、できるだけ高所で広い見地から参考にしていただきたいということです。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/17 17:27 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/633193445012566016
RT @housaka1: 予備試験を目指すような人間は心が貧しいという名言を残した法科大学院関係者がいましたが法科大学院の学生があんな事件を起こしたことについてはどういうコメントをするのでしょうか。
元のツイート)→ 投稿者:housaka1(法坂一広(筆名)) 日時:2015/08/15 16:12 ツイート: https://twitter.com/housaka1/status/632449857450434560
予備試験を目指すような人間は心が貧しいという名言を残した法科大学院関係者がいましたが法科大学院の学生があんな事件を起こしたことについてはどういうコメントをするのでしょうか。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/17 17:27 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/633193388251086848
RT @ryuji24guchi: 法科大学院が開講して10年にもなるのに、まともに受験指導できない学者が多いことに辟易してきた。今まで何を学んできたのだろうか。複数名の優秀な先生から受験指導の方法を教えてくれと言われたことがあります。先生方は優秀で私如きが講釈を垂れることなど…
元のツイート)→ 投稿者:ryuji24guchi(西口竜司(弁護士/辰已専任講師)) 日時:2015/08/16 11:28 ツイート: https://twitter.com/ryuji24guchi/status/632740715848581120
法科大学院が開講して10年にもなるのに、まともに受験指導できない学者が多いことに辟易してきた。今まで何を学んできたのだろうか。複数名の優秀な先生から受験指導の方法を教えてくれと言われたことがあります。先生方は優秀で私如きが講釈を垂れることなど無理ですが、真摯な姿勢が凄いですよ。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/17 15:45 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/633167697392480256
RT @mackckckck: 弁「『人権擁護』なんて自分の生活もままならないのにやってられるか」
弁「あくまで俺たちビジネスマンだし」
弁「昔はプロボノ中心にしても食えてたけどね。時代だね。」
民訴法学者T「僕以外は成仏してくれないとダメだよー。お金稼がずに人権擁護でしょー。…
元のツイート)→ 投稿者:mackckckck(弁護士バビロン) 日時:2015/08/17 15:43 ツイート: https://twitter.com/mackckckck/status/633167317463994368
弁「『人権擁護』なんて自分の生活もままならないのにやってられるか」
弁「あくまで俺たちビジネスマンだし」
弁「昔はプロボノ中心にしても食えてたけどね。時代だね。」
民訴法学者T「僕以外は成仏してくれないとダメだよー。お金稼がずに人権擁護でしょー。何のために弁護士なったのー。」

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/17 15:31 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/633164151922102272
>RT
これ,洒落にならないひどさの有名な事件です。
「あってはならないこと」が起きたときに,認識を歪ませて「なかったこと」にして,余計「あってはならないこと」を引き起こすって,今の日本でも,たびたびありませんか?
(・∀・;)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/17 15:29 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/633163810405150720
RT @rgroop: 6.ミッドウェーの情報漏えいはともかく、海軍乙号事件の漏えいは本当にヒドい。空襲怖かったゼ。原爆ヒドイゼ。って、海軍乙号事件で航空戦力と配置、生産拠点がバレせいで、敵の空襲が正確、かつ激化。こんなアホな士官が戦後も生き延びているのに、ほとんどの人がそれを…
元のツイート)→ 投稿者:rgroop(R・グループ) 日時:2015/08/17 15:25 ツイート: https://twitter.com/rgroop/status/633162761564913664
6.ミッドウェーの情報漏えいはともかく、海軍乙号事件の漏えいは本当にヒドい。空襲怖かったゼ。原爆ヒドイゼ。って、海軍乙号事件で航空戦力と配置、生産拠点がバレせいで、敵の空襲が正確、かつ激化。こんなアホな士官が戦後も生き延びているのに、ほとんどの人がそれを知らない。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/17 15:25 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/633162632778813440
RT @nakanori930: 私は,民事は自分が共感出来る場合しか受任しないが,刑事国選はとにかく被告人の代弁者に徹する。この違いは,守るべきものが人権か否か,対立当事者が権力か否かで分けていて,犯罪者ではなく,刑事司法システムを守るためだと考えているんだけど,世間から見た…
元のツイート)→ 投稿者:nakanori930(弁護士 中村憲昭) 日時:2015/08/17 10:01 ツイート: https://twitter.com/nakanori930/status/633081191717928960
私は,民事は自分が共感出来る場合しか受任しないが,刑事国選はとにかく被告人の代弁者に徹する。この違いは,守るべきものが人権か否か,対立当事者が権力か否かで分けていて,犯罪者ではなく,刑事司法システムを守るためだと考えているんだけど,世間から見たら「悪い人の味方」なんだろうか。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/17 15:15 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/633160215790153728
RT @MasaoKoori: 伊豆極楽園苑さん到着!
歓迎されている!! http://t.co/PqVqN16ssE
元のツイート)→ 投稿者:MasaoKoori(コーリーと戦闘兵器ゴティックメード) 日時:2015/08/17 15:05 ツイート: https://twitter.com/MasaoKoori/status/633157625387966464
伊豆極楽園苑さん到着!
歓迎されている!! http://t.co/PqVqN16ssE

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/17 13:07 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/633127980118573056
RT @ikuyamimioyaika: @nakanori930 「手続的正義」が世間一般の人にとっては殆ど理解されていないのは、光市母子殺害事件における騒動等で十分わかります。
刑事弁護人という割の合わない仕事を引き受けてくださる弁護士の先生方には、本当に頭が下がります。
元のツイート)→ 投稿者:ikuyamimioyaika(流 ヨコヒロ) 日時:2015/08/17 10:50 ツイート: https://twitter.com/ikuyamimioyaika/status/633093563165753344
@nakanori930 「手続的正義」が世間一般の人にとっては殆ど理解されていないのは、光市母子殺害事件における騒動等で十分わかります。
刑事弁護人という割の合わない仕事を引き受けてくださる弁護士の先生方には、本当に頭が下がります。

 本当に無関係と思われるものも目に付きまいしたが、連続的な流れとして一続きのものをまるごと掲載しました。APIで取得したデータです。もしも時間的なずれで削除をされていたならば、そのツイートは含まれなくなると思いますが、ざっと見て問題はなさそうです。

 リツイートもリツイートを取り消すという機能があります。全てはAPIの実行時に存在したデータということになると思います。

 深澤諭史弁護士のツイートやリツイートの内容を読んでいると、ずい分前にはよく見かけていたけど、最近はめっくり見かけることがなくなったと思える意見やコメントの類が多くあります。深澤諭史弁護士の場合、問題の提起型と思えるリツイートはなく、同調型と思えるものばかりです。

 リツイートのスタイルも人それぞれの考えや個性があると思いますが、私も以前は問題の提起型としてリツイートをすることが多くありました。最近はそれでも誤解を受けそうだとリツイートは控える傾向がありますが、ツイログでの記録・メモを目的にリツイートをすることはあります。

 ドラマのコメントなどでは、さほど深く考えずにリツイートをすることもありますが、法律問題などのツイートのリツイートは、私自身が偏った特異な体験をしているためもあってか、同調型のリツイートというのはほとんどないと思います。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/17 20:57 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/633246151651692544
非弁レーダーに強烈な反応が

 このあとにリツイートが一つありますが、深澤諭史弁護士のツイートとしては上記が最新のものです。相変わらず非弁の問題について強い関心を持ち、チェックもやっているようです。

 話題を変えます。夕食もまだなのですが、つけているテレビの21時台のNHKのニュース番組で、昨夜の東京の繁華街での死傷事故のことを取り上げています。昨夜観ていたMr.サンデーでは速報扱いで、危険ドラッグの使用での事故の疑いが高いような報じ方をしていました。

 被疑者が医師であることも今日になってから知ったと思いますが、午前中か昼ごろの報道では居眠り事故のような話になっていました。夕方の民放の番組では、事故直後に被疑者が暴れ、横たわっている事故の被害者を蹴り飛ばそうとするような行動もあったというような報じ方をしていました。

 その後、19時台のNHKのニュース番組では、一時停止をしてから急発進で人混みに突っ込んでい行ったという複数の証言のあることを報じるようになり、故意による殺傷事件であることを示唆する内容に変わっていますが、容疑は未だ過失致傷となっているようです。

 自重する傾向が強いという印象があるNHKの報道なので、民放の報道となるともっと突っ込んだ内容になりそうに思っています。故意による殺人罪ということになれば、本人が過失の主張をしている以上、法律的に問題点をはらみそうな事件です。

 深澤諭史弁護士をはじめ、今のところ弁護士アカウントのこの事件に関する言及ツイートは見かけておらず、今後のことがいっそう注目される事件です。父親の命日に起こした事故だったという報道も見かけていましたが、民放のニュースだったような気がします。

 今、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインに更新のツイートが7件になっていました。20時間ほど中断していた割には、通常運航という感じのモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)らしいツイートです。気になったものを一つ掲載しておきます。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/17 21:21 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/633252199280308224
いわゆるブーメランを投げる人というのは、ブーメランだと指摘されても理解できないからブーメランを投げ続けるんだな。当然の話ではある。

 この「ブーメラン」というのもモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)がよく使う他では余り見かけない言葉です。他に「藁人形論法」というものもありますが、なんとなく意味はつかめるものの、想像を超えた意味やニュアンスもありそうな用語です。

 ブーメランというのは、相手に向けた批判が自分の不利や低評価につながる結果、というような意味かと思います。

 私の個人的な感覚では堤防の先端で投釣りをしているとき、浮きやラインが、ずいぶんと遠くにあるのに、仕掛けが手前に巻き込まれて根がかりをするという忌まわしき現象を思い起こします。潮の流れで手前に巻き込まれて起こる現象と思われますが、まさにブーメランという感じです。

 ウキ釣りの場合は、ウキ止めが潮の流れの強さでずれて、巻き込まれていくのではと考えています。ウキ止めが動かなければウキ止めの下の長さが変わることは理論上あり得ないからです。

 ウキ止めまでの長さはその都度調整をしますが、15メートルから17メートルぐらいにすることが多いです。潮の流れが早いとラインが斜めになって15メートルのつもりの水深が横に流れた分短くなって11メートル程度かと想像することもありますが、海の中は見えないので、あくまで想像です。

 海の中は想像の世界です。11メートル程度の水深であれば底まで見えることもありますが、ほとんどの場合、想像と手応えでやることになります。魚やイカが海面近くまで追いかけてきて姿を見ることもありますが、弁護士の業界も見えない部分が多いと考えながら時々上がってくる情報を見ています。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートは抽象的で周りも見えにくいものが多いのですが、プロフィールの内容をウリに効果的に営業収益に結びつけることを狙っているのかと、考えることがあります。ときどき素人あいてに、触手のようなちょっかいを掛けているようです。

 最近は見かけることも少なくはなってきていますが、ツイッターを中心にしているらしいネット利用の基本的なスタンスは変わりがないという感じです。更新が長い時間とまるたびに、私に対して悔悟の念でも出てきたのかと考えることも繰り返してきましたが、性格的な問題も他にありそうです。

 「かって三越があったビルの隣の建物」とか「50メートル」とも「7,80キロは出ていた。止まる気は全くない。」というような情報が出ている。報道ステーションをテレビで見ているところです。

 報道ステーションのお馴染みの司会者はコメントもなく、さて、と言って次のニュースに進みました。桜島の噴火の危険性が高まってきているという関連のニュースのようです。自然現象の災害も大事なニュースだとは思いますが、特攻の体当たりをすら思わせる事故で、あっさりすぎる気がします。

 医師という職業では、これまでに見たこともないようなタイプの事件でもあり、考えさせられることが多く、秋葉原無差別殺傷事件のことも思い起こしました。その頃は、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)も医療問題を取り上げることが多く、議論というものを活発にやっていました。

 ブログをやっていた頃のモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)は活発で具体的な意見が多く、私塾の講義をやっているように見えたのも、今となると遠い昔に思えます。ツイッターでもその傾向を印象づける時期がありましたが、抑制なのか商売勘定的打算なのかと考えさせられます。

 深澤諭史弁護士のツイートもだんだんと変化のようなものは時折感じておりますが、個別に言及するような気力もなくなってきました。紙面と時間を無駄にしてしまったような嫌な気持ちにさせてくれるのも、いつものことです。ただ現実を知る上でも、その無駄な投資に意味があるとも思っています。

 あらためて深澤諭史弁護士のタイムラインをさかのぼって眺めましたが、リツイートというのがほとんどないようです。まさに独り言のつぶやき状態という感じですが、コメント欄を開放し活況を呈していたモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログ名は「元検弁護士のつぶやき」でした。

 思えば、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログの時の後悔と反動で、深澤諭史弁護士に対して過剰な反応をしているのかもしれません。当時の時代を彷彿とさせてくれるリツイートやツイートも多いのですが、自重を考えながらついつい関わり過ぎてしまう自覚もあって複雑です。

 深澤諭史弁護士にしてみれば、ちょっとでも知名度が上がり、仕事と収入が増えて、本が売れれば満足なのかもしれないと考えることもあります。

2015-08-17 月曜日 23:42 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉秀夫弁護士のツイートで知った「賠償請求、無断で取り下げ 山形の弁護士懲戒処分」というネットニュース

* 小倉秀夫弁護士のツイートで知った「賠償請求、無断で取り下げ 山形の弁護士懲戒処分」というネットニュース

2015-08-17 月曜日 18:59 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

被害者AAさんとの関係/平成4年12月/ティファニーのネックレスのこと http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/aa412-1fe9.html

 全体の流れは、上記のブログの記事にまとめた続きになります。深澤諭史弁護士について取り上げるつもりでいましたが、合間に目に入った小倉秀夫弁護士のツイートだったので、こちらを先に取り上げておきます。

 よくある弁護士の不祥事ですが、小倉秀夫弁護士のツイートがなければ知らないまま終わっていたかもしれません。殆どの場合、弁護士がどんな不祥事を起こし人様に迷惑を掛けようと、テレビや新聞が取り上げることは殆どなく、ネットのニュースの扱いもごく一部であることが多いです。

 次の小倉秀夫弁護士のツイートが問題を知るきっかけになりました。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/17 17:51 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/633199534810660864
不思議な事件ですね。http://t.co/YXhD2APal9 この人は、山形マット死事件で元生徒側の弁護団長を努めていたっぽいのだけど。

 よくないことかもしれませんが、公益的な観点と本件の問題との共通点もうかがえるので有用な参考資料として、記事の全文を次に引用します。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.sankei.com/affairs/news/150817/afr1508170026-n1.html 賠償請求、無断で取り下げ 山形の弁護士懲戒処分 - 産経ニュース

山形県弁護士会は17日、損害賠償請求事件の訴訟を依頼人に無断で取り下げたとして、植田裕弁護士(63)を業務停止6カ月の懲戒処分にしたと発表した。発効は6日付。

 弁護士会によると、植田弁護士は平成11年12月ごろ、県内に住む夫婦から、長男に対する医療行為にミスがあったとする損害賠償訴訟の依頼を受け、山形地裁に提訴。しかし、23年5月に訴えを取り下げ、少なくとも25年5月ごろまで訴訟が進んでいるように見せかけたとしている。

 県弁護士会は「極めて遺憾で再発防止に努める」としている。植田弁護士が担当する他の事件については、相談窓口を設けて対応するという。

(引用終了)

 記事の日付は「2015.8.17 15:23」となっているようです。本日の15時23分の配信と思われます。テレビでは見ておりませんし、この程度のことでテレビが取り上げるとも思えません。弁護士の不祥事はごく自然な現象ともなっています。

 小倉秀夫弁護士は他人のツイートの一部を引用しておいて、リンクをなくし元のツイートを辿れないようなツイートの仕方がデフォルトでもあるので、これも初めはそうかと思いました。

 後段の「この人は、山形マット死事件で元生徒側の弁護団長を努めていたっぽいのだけど。」の部分が他者のツイートの部分引用かと思ったのです。

 リンクのニュース記事を読んでから、再び小倉秀夫弁護士のツイートを読み直すとRTの文字も見当たらなかったので、これはまるごと小倉秀夫弁護士のツイートの内容かと考えなおしました。

 ここ数日、小倉秀夫弁護士のツイッターのタイムラインも更新の数が少ないようですし、深澤諭史弁護士も少なめという印象でいます。落合洋司弁護士(東京弁護士会)も少なくなっていますが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)は19時間更新が止まっています。

 小倉秀夫弁護士のタイムラインに更新があったので、更新を読み込んだのですが、初めに目を引いたのは「山形マット死事件」でした。論敵とも言えるモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が検察官時代、担当をしていたという事件です。モトケンのことがまず頭に浮かびました。

 前に一度取り上げたような憶えもあるのですが、記事の引用まではしていなかったかもしれません。今回も検索するとすぐに見つかりました。記事そのものではなく記事を取り上げたものと思われますが、2004年の3月のようです。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/819.html <山形マット死事件>「捜査は不十分だった」 検事が心情明かす(毎日新聞)[3月4日6時37分更新] まさちゃん

山形県新庄市立明倫中学校のマット死事件(93年1月)で、当時、山形地検で主任検察官として捜査にかかわった矢部善朗弁護士(48)=京都弁護士会所属=が取材に応じ「取り調べ時間が10日しかなく、捜査は到底十分とは言えなかった」と初めて心情を明かした。逮捕・補導された7少年が事件に関与したか否かの判断は、少年審判とその抗告審で割れ、捜査の不備や少年審判の事実認定の不安定さが指摘されていた。

 矢部さんによると、7少年(当時14~12歳)のうち、逮捕・送検された14歳の3人を取り調べた。3人とも警察で容疑を認めていたが、10日間の身柄拘束中、1人は否認に転じるなど供述に食い違いが生じた。矢部さんは10日間の延長を望んだが、少年の保護・育成の観点から地検内で同意を得られなかったという。

 矢部さんは「(嫌疑をかけられた少年が)7人おり、否認もいた。成人なら10日間なんてあり得ない。20日間取り調べられなかったことが最後まで尾を引いている」と語った。だが一方で、その後の追加捜査が抗告審で「7人全員関与」の判断を導いたとの考えも示した。【山根真紀】

(毎日新聞)[3月4日6時37分更新]

(引用終了)*

 上記の記事を読んだのはこれで2回目か3回目だと思いますが、不思議と以前は気が付かなかったことが見えてきました。少年事件ということもあり勾留延長が地検内の同意を得ることが出来ず、出来なかったという話です。普通は同意というより決済ではないかとも思われますが・・・。

 事件の問題性や社会の関心が高かったので、決済官の決済の前に会議が行われていたとも想像はされますが、否認などとなればほとんどが10日の延長になっていたかと思います。少年事件という特殊性はあったのでしょうが、不可解な後味の悪さと初期対応の問題を感じさせます。

 山形マット死事件は、刑事事件と民事裁判でも判断が分かれ、上訴が繰り返されるなどの紛糾を招いたことでも特異な事件でした。また、弁護士の介入後に少年らが強硬な否認に転じるなど、刑事弁護の問題性を強く感じさせる事件でもありました。

 もう一つ前に読んだ時に不思議と気が付かなかったことはモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の年齢です。2004年3月の時点かいくらか前の取材の時点だと思われますが、48歳だったようです。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)は三席の立場で退官したような話も。

 小倉秀夫弁護士のおかげで知ることが出来た記事の内容ですが、「23年5月に訴えを取り下げ、少なくとも25年5月ごろまで訴訟が進んでいるように見せかけた」というくだりがあります。少なくともでまる2年間ごまかしをやっていたことになるようです。

 いわゆる足利事件の再審無罪で一躍名を上げた佐藤博史弁護士も、熱心な刑事弁護の担い手というイメージが一般化されているように思いますが、事件放置で懲戒処分を受けたという事実もあるようです。紹介処分も軽いものであったと思いますが、山形の件は業務停止6ヶ月とのこと。

 調べて確認はしませんが、弁護士の懲戒処分の業務停止では最長の期間かと思われます。本来ならば刑事事件になるような性質のものを、あえて軽く見せかけるような処分にも思えなくはありません。警察か検察がメスを入れない限り、具体的な内容の公表も期待は出来そうにないです。

 受任した裁判が継続中であることを装うために、文書の偽造罪をやらかしていた可能性もありそうですが、そういう偽造罪の不祥事というのも、割とよく見かけるものです。ネットの界隈の片隅に流れる程度なので、知らない人もほとんどのことでしょう。

 小倉秀夫弁護士が山形マット死事件との関連でツイートをしていなければ、そのニュース記事を見かけただけでは、私もまたかという感じでさほど注目もしていなかったと考えます。山形マット死の事件は弁護士の暗躍を強くうかがわせる事件だけに大きく注目しました。

 ここで20時間前の最終更新となっている次のモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートの内容についても、いろいろと思いを巡らすことになりました。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/17 00:13 ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/632933291297902592
これが高橋氏の友達というものの理解なのか。なるほどなあ。 https://t.co/xCbqAJn4jE

 もう10年近く前になるのかと思いますが、一頃、弁護士から判検交流というものが、しきりに批判となっていた時期がありました。不思議と全く取り上げられることもなく批判の対象にもなっていなかったのが、弁護士と検事、弁護士と判事の交流です。

 検事と地元の弁護士がお友達の感覚でゲストハウスでのパーティのお招きなど受けつつ親交を深めていたならどうなるのかと、あらためて考える機会になりました。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が不正をやったと示唆しているわけではなく、一般論の問題として考える契機です。

 もともと法曹というのは司法修習生として同じ釜の飯を食った間柄とも聞いておりますし、太平洋戦争の集結以降、同期という言葉を使う業界も法曹以外にはまず見ることがないという稀有な世界です。小倉秀夫弁護士は異端児というイメージも強い特異な存在感もあります。

 業界のことは間接的にうかがい知ることしか出来ませんが、そういう意味でも注目し考えさせられることが多いのが、業界や業界以外のアカウントのリツイートも多い深澤諭史弁護士のタイムラインです。

 それでは予定通り、本日の深澤諭史弁護士のりツイート・ツイートを取り上げ、ご紹介とともにいくらか言及をしておきたいと思います。

2015-08-17 月曜日 20:23 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<


| | コメント (0) | トラックバック (0)

被害者AAさんとの関係/平成4年12月/ティファニーのネックレスのこと

被害者AAさんとの関係/平成4年12月/ティファニーのネックレスのこと

2015-08-16 日曜日 16:35 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 編集の流れとしても内容的なつながりとしても、次のブログ記事としてまとめた続きをこれから書くことになります。

被告訴人安田敏の関与/平成4年2月/レストラン十字において聞かされた。河野秀美さんに被害者AAさんと付き合っているのかと訊かれたという話<<2015-08-16 日曜日 15:57 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/42aa2015-08-161.html

 これから本格的に事実関係の整理をしながら被害者AAさんのプライバシーにも踏み込むことになるかと思います。私は事実を体験した記憶のとおりに書きますが、これは被害者AAさんに対して性犯罪の加害者という立場にされている私しか知らない被害者AAさんの姿であり、本心でもあると思います。

 先立って、このところ大注目をしている深澤諭史弁護士が、今日もストーカーというキーワードを含め、プライバシーや名誉毀損についてネット上の発言をやっていました。ニュース記事に識者とも紹介されていたぐらいなので、社会的な信用も深澤諭史弁護士が上になるのでしょう。

 ともあれ専門家の深澤諭史弁護士の見解であり、公にされた発言であることは間違いのないことです。また、それが法規範の原則、基本なのかもしれませんが、それが絶対的なものでないということも、同じ弁護士らから人生を奪われ壊された私の立場から書いておかなければならないことがあります。

 深澤諭史弁護士が私がツイッターやブログで名指しにして、検察、警察に向けた告訴状という書面を作成しながら公開しているという事実を承知の上で、今日のツイート、リツイートをやっているのであれば、それは挑戦的な態度として受け止め、立場から社会に理解を求めなければならないこともあります。

 深澤諭史弁護士に関しては、これまでも特別な存在として本書で取り上げ扱いをしてきています。具体的な被害者AAさんとの関係の事実を書くことは、ストーカーとは似て非なるケースの実証でもあるわけですが、深澤諭史弁護士のような多くの弁護士には関心もなさそうです。

 この項目の主題である被害者AAさんとの事実関係を記述しながら、深澤諭史弁護士にみる弁護士実務の実態についても掛け持ちのようなかたちで、説明を同時進行で書いていこうかと思います。

 私と被害者AAさんとの関係には光と影のような部分があり、被告訴人ら関係者によって計画的に作り上げられた影の部分が、木梨松嗣弁護士らの立場と権限の悪用によって、魂を吹きこまれた人形のように一人歩きを始めました。被害者本人の立場や気持ちがどれほどまでに切り捨てられたかも映ります。

2015-08-16 日曜日 17:04 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<


2015-08-16 日曜日 22:51 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 ブログ記事としては次のエントリを書き上げて、再びこちらに戻ってきました。

ストーカーから凶悪犯罪で一番多いと思われるパターンがこれ、というところから遡る深澤諭史弁護士の直近ツイートの考察 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-fe1a.html

 12月のネックレスのプレゼントのことは、本書に収録予定のファイルで、これまでいくらか書いてきたと思います。収録予定と書いているのは、全体量がすごく多くなっているので、気をつけないと何かの手違いで、収録漏れの可能性が出ることを危惧しているからです。

 12月に中旬になってからだと思いますが、被告訴人安田敏と被告訴人OKNに別々に相談をして、どちらからもいいようなことを言われたので、ネックレスのプレゼントをすることに決めました。

 ティファニーというのは最近めっきり名前を聞かなくなったので、現在もあるのかどうかわかりませんが、当時はよく耳にしていたブランド品のメーカー名自体、テレビでも耳にすることがほとんどなくなっているので、当時とは時代背景もずいぶんと違っていると思います。

 ティファニーは金沢駅前に近い大きなビルの一階にあった装飾品のチェーン店のような店で、金沢では進出で出来たばかりの店だとも被告訴人安田敏と被告訴人OKNのどちらか、あるいは両方から話を聞かされていました。彼らのアドバイスがなければ、知ることのなかった店だと思います。

 貴金属店と書いたほうが正しいのかもしれませんが、よくわからないまま店に行って買い物をしたので、そのままの認識で書いておきます。午前中に店に行って買い物をしたことも憶えているのですが、あらためて考えると21日の当日ではないかと思われます。

 買ったものを一度でも自宅アパートに持って帰ったという記憶はありませんし、トラックの中かアルトワークスの軽四の中に保管をしていたという記憶もありません。6万4千円ぐらいの買い物だったと記憶にあるので、いい加減な保管はしていなかったはずです。

 デザインは自分で選んで被害者AAさんさんに身につけて欲しいと思うものを選びました。当時はけっこうお金に余裕もあったので、6万円というのも高い買い物とは思わなかったのですが、それ以上の金額の品物になると彼女に余計な負担を与えそうに考え、値段も決めました。

 午前中に金沢駅前まで買い物に行きましたが、会社に向かう前だったかもしれません。前日が運行のあがりではなかったというような記憶も薄っすらと残っていて、あがりでもないのに、ちょっと無理をして早い時間に起きて向かったという思いもなんとなく記憶に残っています。

 当日は積み置きだということも運行の指示を受けわかっていたのかと思います。クリスマスの少し前でしたが、私はとても良いタイミングで買い物をすることが出来たともよろこんでいました。

 当時の運行の状況も現在はずいぶんと記憶が薄れてしまっていますが、とても印象に残ることが一つありました。12月21日の2,3日前だったので18日あたりかと思いますが、正確な日付は現在、特定できません。

 その日も午前中だったと思います。市場急配センターの2階の事務所に、被告訴人東渡好信が珍しくその時間に机に座っていました。被害者AAさんの机の隣だったので、被告訴人梅野博之の席だったと思います。

 私はその机の席に座る被告訴人東渡好信の左横に立っていたと思います。すると被告訴人東渡好信が何かもったいをつけたような意味有りげな態度で、12月24日のクリスマスイブ当日の私の運行について指示をだしたのです。

 別に驚くような指示でもなかったのですが、被告訴人東渡好信の隣、私からは向こう側にいた被害者AAさんが、長い髪を振りかざすようにがっくりと首をうなだれた姿が見えて、それが何を意味するのか私はすごく気になりました。

 何日か前に書いた、被告訴人安田敏から手編みの編み物の話を聞いた後だったと思います。被害者AAさんはその時、なにか覚悟を決めていて、その予定が被告訴人東渡好信の一言でダメになったので、それにショックを受けたように見えました。

 時刻は8月17日16時4分になっています。昨夜からけっこうな時間を中断をしていました。朝は8時30分ぐらいから起きていましたが、テレビを観たり、午後にはコンビニに用事があったので、そのあと宇出津新港に行ってどんたく宇出津店で買物をしてきました。

 午前中は昨夜録画した戦争ドラマを観ていたのですが、停止にしているのでまだ最後までは観ていません。戦争ドラマを観たのはずいぶんとひさしぶりで数年ぶりになるかと思います。ソ連軍の洗車に向けた特攻攻撃で亡くなった夫婦の物語です。実話とのことでした。

 長谷川紘之弁護士については、まだこれから書くことがあるのですが、印象的だったのは訴状に「夫々」という漢字を使っていたことです。夫婦とか夫人を思わせる言葉ですが、刑務所の中で調べたので意味を簡単に調べることが出来なかったような記憶も残っています。

 深澤諭史弁護士は今日も気になるツイートやリツイートをやっています。リツイートだったと思いますが、光市母子殺害事件に関するものもあるので、これも独立した項目として取り上げておきたいと考えています。

 しばらくこの項目のまま続けますが、ティファニーのネックレスのことの前後のつながりについても、事実の経過と説明を書いておきたいと思います。余り細かく書き過ぎると紙面が増えるばかりなので、加減を考えながら書いています。

 昨日は大豆田大橋の辺りでトラックを一時駐車していたことまで書いたと思います。そのあと金石街道に出て会社に向かったのですが、大豆田大橋のたもとの交差点を左折したのなら金石街道を中橋の交差点で左折したことになるかと思います。

 御影大橋の近くまで行っていたのなら元車の交差点を左折し、金沢駅にも近い六枚の交差点を左折することで金石街道に出たことのなります。中橋の交差点まで行かず、長田の方から金石街道に出た可能性の方が高いかとも思います。私が通勤によく通る道でもありました。

〒920-0053 石川県金沢市若宮町 ow.ly/QYFln

 Googleマップを見ると金石街道の若宮町交差点というのをいつも右折して市場急配センターの会社に向かっていたことになります。上記のGoogleマップで確認をしたのですが、若宮町というのはずいぶんと歪なかたちをした場所になっていて、少しだけが金石街道に面しています。

 金石街道沿いのジャスコも確か若宮店となっていたと記憶しているので、いくらか若宮町に近いのかと思っていたのですが、けっこう離れていました。

 若宮大橋というのも場所が離れていると思っていたのですが、Googleマップの赤い線によると若宮大橋のたもとだけが、けっこう離れた飛び地となっているようです。若宮大橋は平成4年当時はなかったもので、平成9年の4月頃には出来ていました。この橋を歩いて渡りノートパソコンを買いました。

 Googleマップの地図を見ながら考えてみると、犀川沿いの道路にトラックをとめて被害者AAさんと話をしたのは、出雲町より先でちょうど若宮大橋の辺りではないかと思われますが、当時は工事などもまったくやっていなかったと思います。

 金沢市内に住んでいて通勤にも通っていた若宮町ですが、前々からややこしいと思いながら、Googleマップの地図を見て納得しました。

石川県 金沢市 若宮 - 住所でポン! ネットの電話帳 2000年版 http://jpon.xyz/2000/32/31/1326.html

 ジャスコの店舗名が本当に若宮店だったのか気になってきたので調べたところ、上記のページが見つかり、これを見るとスガキヤのラーメン店などジャスコ内の店舗と思われる住所が若宮町となっていました。

 ジャスコ若宮店があったと思われる場所がマックスバリュ金沢駅西本町店となっていて、住所が駅西本町となっています。どうも市場急配センターの住所が二口町から駅西本町に変わったのと同じく、町名が変わったものと思われます。ネットではたいていのことが調べられるので納得もできます。

 被害者AAさんが仕事中で年末で事務の仕事がとても忙しいこともわかっていたので、若宮の交差点から右折して会社に戻ろうとしていました。その右折するつもりの交差点の手前で、被害者AAさんが思いつめた表情で、「私の気持ちかわらんし」と一言いったのです。

 私は衝撃を受け頭が混乱しました。交差点を右折せずに直進し、藤江の陸橋下から8号線バイパスに向かいました。右折してまもなく、バイパスの本線に入る側道を走りながら、プレゼントのネックレスを紙袋ごとか箱ごと、運転席の窓から外に投げ捨てました。

 それをみた被害者AAさんはいっそう張りつめた表情になり、咎めるような口調で「最初に言ってきたん。あんたの方やしね。」と言いました。他の会話は余り正確に思い出せなくなっていますし、省略をします。

 一度8号線バイパスに出て、いくらか遠回りになりましたが、市場急配センターの会社の裏駐車場に戻りました。トラックを降りる時も彼女は一言、「私の気持ちかわらんし」と言っていたように思います。この別れ際の一言は1月21日の夜も同じでした。

 1月21日の時のほうが程度はひどかったと思いますが、私も彼女も神経が張りつめたような状態になっていました。興奮といえば興奮なのですが、たんなる感情の高ぶりではなく、張りつめた緊張感がありました。

 被害者AAさんには彼女なりの立場もあったのだと思いますが、当時の私にはどうにも理解の出来ない部分があり、性格の問題だと考える傾向が強かったと思います。素直に普通に考えれば、彼女の言う好きな人も彼氏も私のことだったはずなのですが、被告訴人安田敏の揺さぶりも効果をあげていました。

 このあたりも深澤諭史弁護士のストーカーに対する理解や発言に似たようなものを感じるところです。思い込みや自己暗示が強いのは被告訴人安田敏の方だと思うのですが、自覚もなく天然自然なふるまいを見せていたことが、効果的な影響を与えてくれたと考えられます。

 被告訴人安田敏は詐欺師に向いたような性格もしていました。「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」では詳しく書いたように思いますが、社会問題化していた消火器販売で、相当の実績をあげていたのも裏付ける事実かと思います。

 少なくとも平成3年の12月の段階では私はそのように考えていたかと思いますが、平成4年に入ってしばらくすると、被告訴人安田敏にはより強い計画性のようなものが感じられるようにもなってきました。最終的に印象的だったのは階段のところで、私にベルトを手渡そうとしたときのことでした。

 被告訴人安田敏のことは、いずれ被告訴人安田敏の特集として書くようにしたいと思います。2月14日よりあとは、ほとんど私の方から無視をするような関係になっていました。私が保証人になった会社への借金もまともに返済しないのに、150万円という新車の車を購入したからです。

 12月21日に被害者AAさんと会ったことが、1月21日にはもっとひどい状況になりました。私は自分の短気さもよくよく考慮に入れましたが、何を言い出すかわからない彼女には直接会うことの危険性を次第に強く意識するようになりました。

 彼女と直接会って、比較的長い時間、話をしたのは4月1日の事件当日を含め3回だったと思います。この3つの話し合いは、私の中で強くつながっているものがありました。1月21日のことをややこしくしたのは、その前の夜に、私の前妻がアパートを訪ねてきていたからです。

 12月21日のことで大きな転換点となったのは11月25日の夜の電話でのことでした。その夜の電話での会話が、その後の展開に大きな意味を持っています。裏駐車場での被害者AAさんの駐車が始まったきっかけでもあると考えられるので、4月1日の事件とは直接のつながりもあります。

 「被害者AAさんとの関係」については、このあと11月25日の電話のことを中心に取り上げたいと予定します。その前に、今日の深澤諭史弁護士の気になるツイート・リツイートを取り上げ、言及をしておきたいと思います。

2015-08-17 月曜日 18:27 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

ストーカーから凶悪犯罪で一番多いと思われるパターンがこれ、というところから遡る深澤諭史弁護士の直近ツイートの考察

* ストーカーから凶悪犯罪で一番多いと思われるパターンがこれ、というところから遡る深澤諭史弁護士の直近ツイートの考察

2015-08-16 日曜日 20:34 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 数が多いですが、歴史的ドキュメントという意味で取り上げているので、数が多くリツイートにも雑多な情報が含まれていることをご理解願います。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 19:52 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632867646703202305
盗用された米デザイナーが佐野氏に挑戦状(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース http://t.co/0yhwfcVZDI target="_blank">http://t.co/0yhwfcVZDI

『「私は正直、公正さ、競争のオリンピック精神に基づき、佐野氏に新しい五輪ロゴで挑戦します」』
『「さあ、ゲームの始まりです!」』

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 19:47 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632866179560812544
@goshiben おなじく(T∀T)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 19:46 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632865887725359104
RT @student_opinion: 70年前の今日は・・・政府が「新型爆弾(原子爆弾)は怖くない。逃げずに初期消火を頑張れ」と国民に指示した日です。広島・長崎に投下された原爆の被害実態は詳しく報道されず、「安全神話」が流されたのです。 http://t.co/OeF07Y target="_blank">http://t.co/OeF07Y…
元のツイート)→ 投稿者:student_opinion(考える高校生) 日時:2015/08/14 11:57 ツイート: https://twitter.com/student_opinion/status/632023245483438080
70年前の今日は・・・政府が「新型爆弾(原子爆弾)は怖くない。逃げずに初期消火を頑張れ」と国民に指示した日です。広島・長崎に投下された原爆の被害実態は詳しく報道されず、「安全神話」が流されたのです。 http://t.co/OeF07Y target="_blank">http://t.co/OeF07YMGyr

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 19:31 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632862360584122368
RT @o_thiassos: 空想と現実の区別がつかない時期(小3くらいまで)にファンタジー作品にたくさん触れることで育つ何かって、あると思いますね。

「実在しない生き物が子供の心に椅子を作り、それらが去った後に実在する大切な人を座らせることができる」っていう美しい言葉が…
元のツイート)→ 投稿者:o_thiassos(γ-GTP250) 日時:2014/03/24 20:44 ツイート: https://twitter.com/o_thiassos/status/448062752557264896
空想と現実の区別がつかない時期(小3くらいまで)にファンタジー作品にたくさん触れることで育つ何かって、あると思いますね。

「実在しない生き物が子供の心に椅子を作り、それらが去った後に実在する大切な人を座らせることができる」っていう美しい言葉があって、感動した。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 19:16 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632858479267483649
@goshiben ナカーマ(・∀・)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 19:16 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632858444484050944
RT @goshiben: 霜降り肉は最早見るだけで気持ち悪くなるレベル。肉は赤身しか食えん。
元のツイート)→ 投稿者:goshiben(ゴシベン) 日時:2015/08/16 19:13 ツイート: https://twitter.com/goshiben/status/632857789337989120
霜降り肉は最早見るだけで気持ち悪くなるレベル。肉は赤身しか食えん。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 19:12 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632857573247422464
RT @tanusaku7: 法科大学院、受験1万人割る 募集停止が影響:朝日新聞デジタル

一刻も早く法科大学院制度を廃止しないと、法曹の質が保てない💦 http://t.co/jvRlz5HoTx target="_blank">http://t.co/jvRlz5HoTx
元のツイート)→ 投稿者:tanusaku7(たぬ作) 日時:2015/08/16 18:56 ツイート: https://twitter.com/tanusaku7/status/632853427626766336
法科大学院、受験1万人割る 募集停止が影響:朝日新聞デジタル

一刻も早く法科大学院制度を廃止しないと、法曹の質が保てない💦 http://t.co/jvRlz5HoTx target="_blank">http://t.co/jvRlz5HoTx

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 18:28 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632846316960256001
RT @gakihouse: プロのロー生に近づくべく、まずは形から入ろうと思いまして、ロースクールの神であるピロシの成仏理論を自習室の机に貼りました。
元のツイート)→ 投稿者:gakihouse(世紀末試験を過ぎれば熱さを忘るるゆまま。) 日時:2015/08/11 10:22 ツイート: https://twitter.com/gakihouse/status/630912048122040320
プロのロー生に近づくべく、まずは形から入ろうと思いまして、ロースクールの神であるピロシの成仏理論を自習室の机に貼りました。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 18:26 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632845797676089344
RT @o2441: ああ、わかる。薬物犯罪者を刑務所に送るだけの現状に疑問を覚えている法曹は多いはず。

薬物中毒もスマホ依存も原因は同じ 多くの人が間違えている、中毒者への正しい接し方とは http://t.co/pwOROKodpN target="_blank">http://t.co/pwOROKodpN @logmijpさんから
元のツイート)→ 投稿者:o2441(弁護士大西洋一) 日時:2015/08/16 18:19 ツイート: https://twitter.com/o2441/status/632844181963194368
ああ、わかる。薬物犯罪者を刑務所に送るだけの現状に疑問を覚えている法曹は多いはず。

薬物中毒もスマホ依存も原因は同じ 多くの人が間違えている、中毒者への正しい接し方とは http://t.co/pwOROKodpN target="_blank">http://t.co/pwOROKodpN @logmijpさんから

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 18:19 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632844177747767296
RT @taketake1w: NHKスペシャル「カラーでみる太平洋戦争」。映像を前にして唖然。こんな惨禍をもたらす戦にどんな正当な理屈や大義もないと思う。これからあるかもしれない戦にどういう態度を取るかが今の世代に問われている。再放送8月19日(水)0時10〜 http://
元のツイート)→ 投稿者:taketake1w(たけたけ) 日時:2015/08/15 21:15 ツイート: https://twitter.com/taketake1w/status/632526128268226560
NHKスペシャル「カラーでみる太平洋戦争」。映像を前にして唖然。こんな惨禍をもたらす戦にどんな正当な理屈や大義もないと思う。これからあるかもしれない戦にどういう態度を取るかが今の世代に問われている。再放送8月19日(水)0時10〜 http://t.co/X3AFQqnIvR

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 18:18 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632843798054240257
いろいろうれしいな
(*・∀・)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 18:18 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632843740906819584
RT @a0350a: 鳥飼重和監修「その『つぶやき』は犯罪です」を読み始めました。
元のツイート)→ 投稿者:a0350a(a0350a) 日時:2015/08/16 15:47 ツイート: https://twitter.com/a0350a/status/632805833466757121
鳥飼重和監修「その『つぶやき』は犯罪です」を読み始めました。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 18:17 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632843736288923649
RT @a0350a: 図書館で本借りてきました。下村敦史「叛徒」、須磨久善「タッチ・ユア・ハート」、鳥飼重和監修「その『つぶやき』は犯罪です」、東川篤哉「探偵少女アリサの事件簿」。
元のツイート)→ 投稿者:a0350a(a0350a) 日時:2015/08/16 15:16 ツイート: https://twitter.com/a0350a/status/632798023555219457
図書館で本借りてきました。下村敦史「叛徒」、須磨久善「タッチ・ユア・ハート」、鳥飼重和監修「その『つぶやき』は犯罪です」、東川篤哉「探偵少女アリサの事件簿」。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 18:17 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632843719226425344
RT @mrjambal: 『その「つぶやき」は犯罪です』ネットリテラシーを法律から学ぶ http://t.co/W3YKVEXnVC
元のツイート)→ 投稿者:mrjambal(たたら一踏) 日時:2015/08/15 14:31 ツイート: https://twitter.com/mrjambal/status/632424327959306240
『その「つぶやき」は犯罪です』ネットリテラシーを法律から学ぶ http://t.co/W3YKVEXnVC

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 18:17 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632843714272956416
RT @K7_T_: 読書感想文に「そのつぶやきは犯罪です」って本をチョイスした
元のツイート)→ 投稿者:K7_T_(彼方) 日時:2015/08/11 20:41 ツイート: https://twitter.com/K7_T_/status/631068038595350528
読書感想文に「そのつぶやきは犯罪です」って本をチョイスした

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 18:07 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632841109794779136
RT @goshiben: 起案は夜に限る。
昼は昼というだけで起案意欲が8割以上減殺される。
電話がならない夜、静かな闇につつまれた落ち着いた夜は起案に最適な環境。
願わくば、山奥の旅館の和室で、窓を開け放し、虫の声をききながら一人懸案事項の起案をしたい。
元のツイート)→ 投稿者:goshiben(ゴシベン) 日時:2015/08/15 11:30 ツイート: https://twitter.com/goshiben/status/632378805491904512
起案は夜に限る。
昼は昼というだけで起案意欲が8割以上減殺される。
電話がならない夜、静かな闇につつまれた落ち着いた夜は起案に最適な環境。
願わくば、山奥の旅館の和室で、窓を開け放し、虫の声をききながら一人懸案事項の起案をしたい。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 17:31 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632832153173127168
>RT
そういえば、以前、「申立手数料って、担当裁判官の手当になるの?」
って、聞かれた覚えがあるような。

立法論としてはおもしろい(ぉぃ
(・∀・)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 17:30 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632831796317581312
RT @bluebuggle: そう言えば、どう考えても中身は商事調停なのに、申立手数料節約のために、むりやり親族を相手方当事者にして家事調停にし、会社が利害関係人として参加したケースもあったり…
元のツイート)→ 投稿者:bluebuggle(probatio diabolica) 日時:2015/08/16 17:30 ツイート: https://twitter.com/bluebuggle/status/632831702071574528
そう言えば、どう考えても中身は商事調停なのに、申立手数料節約のために、むりやり親族を相手方当事者にして家事調停にし、会社が利害関係人として参加したケースもあったり…

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 15:38 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632803666840260608
RT @value_investors: ごっこ遊びは否定しませんが、よく某神社で肥えたおじさんが軍服着て満足そうに歩いたりしてますが、実際の戦争時の日本兵なんてこんな感じだったわけですよ。戦争法案賛成!って言ってる人は自分がこうなるかもしれないという想像力を働かせましょう。 …
元のツイート)→ 投稿者:value_investors(名もなき投資家❤️) 日時:2015/08/16 14:52 ツイート: https://twitter.com/value_investors/status/632791962211364864
ごっこ遊びは否定しませんが、よく某神社で肥えたおじさんが軍服着て満足そうに歩いたりしてますが、実際の戦争時の日本兵なんてこんな感じだったわけですよ。戦争法案賛成!って言ってる人は自分がこうなるかもしれないという想像力を働かせましょう。 http://t.co/gOFF2JuxAG

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 13:38 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632773419600248832
RT @WelcomeON: なんかコミケのキッチリ整理された列・移動を、「統率された軍隊」みたいに言う人いるけど、どっちかって言うとこっちの方が近い気がする。 http://t.co/z26L6bvBnf
元のツイート)→ 投稿者:WelcomeON(ミキティ@次回WFも不参加しかし…) 日時:2015/08/16 09:53 ツイート: https://twitter.com/WelcomeON/status/632716862074191872
なんかコミケのキッチリ整理された列・移動を、「統率された軍隊」みたいに言う人いるけど、どっちかって言うとこっちの方が近い気がする。 http://t.co/z26L6bvBnf

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 13:22 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632769498320273408
RT @kotadon: うぇーい http://t.co/bkg6O6Hcnd
元のツイート)→ 投稿者:kotadon(cotance~レシピテロリスト) 日時:2015/08/16 13:21 ツイート: https://twitter.com/kotadon/status/632769216815370240
うぇーい http://t.co/bkg6O6Hcnd

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 12:42 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632759370233737216
少しコメントしました。

岩手・いじめ自殺:ネット界「制裁」暴走 識者の話 - 毎日新聞 http://t.co/uDxUVHGGxJ

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 12:20 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632753752294866944
RT @kamatatylaw: 某リーディング大学院の学生をみてて感じるのは,新規性も顕著性もないプレゼンであっても,まるでスティープジョブスのようにジョークを交えつつ上手にこなすこと。グローバルエリートにとって必須のスキルだと思うね。
元のツイート)→ 投稿者:kamatatylaw(高橋雄一郎) 日時:2015/08/16 12:18 ツイート: https://twitter.com/kamatatylaw/status/632753244767260672
某リーディング大学院の学生をみてて感じるのは,新規性も顕著性もないプレゼンであっても,まるでスティープジョブスのようにジョークを交えつつ上手にこなすこと。グローバルエリートにとって必須のスキルだと思うね。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 12:07 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632750515030364161
RT @alicewonder113: そもそも自己都合退職で失業手当に空白が出るリスクがあるなら、ブラック企業を止めようという人がどんどん出てこないじゃない。ブラック企業対策したいなら、国はまずこの制度を変えたらいいのにと思う。
元のツイート)→ 投稿者:alicewonder113(ありす) 日時:2015/08/16 11:07 ツイート: https://twitter.com/alicewonder113/status/632735405801140229
そもそも自己都合退職で失業手当に空白が出るリスクがあるなら、ブラック企業を止めようという人がどんどん出てこないじゃない。ブラック企業対策したいなら、国はまずこの制度を変えたらいいのにと思う。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 12:01 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632749056993787904
RT @Hideo_Ogura: 「ネット上の怪しげな情報に飛びついてこれを信じ込む」ということを綺麗に表現すると「マスコミや教育の洗脳に流されない」と言うことになるんですかね。RT @green_tea_ocya: 右の方って「サヨク以外」「無関心層」以外の一般人で、マスコミ…
元のツイート)→ 投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/16 11:58 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632748241080029184
「ネット上の怪しげな情報に飛びついてこれを信じ込む」ということを綺麗に表現すると「マスコミや教育の洗脳に流されない」と言うことになるんですかね。RT @green_tea_ocya: 右の方って「サヨク以外」「無関心層」以外の一般人で、マスコミや教育の洗脳に流されない人達のことで

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 11:11 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632736519338397696
RT @imaloser15: 【自作写真コーナー】2000年撮影。佐賀。 http://t.co/237Gqlnq8G
元のツイート)→ 投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/16 11:11 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/632736455731712001
【自作写真コーナー】2000年撮影。佐賀。 http://t.co/237Gqlnq8G

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 10:15 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632722202320744448
全く同じ(・∀・) https://t.co/S9HqtDNvTn

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 10:07 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632720225817903105
RT @UenoZooGardens: 72年前の今日(昭和18年8月16日)、東京都長官から上野動物園に猛獣処分の命令が出され、翌日から9月23日の間に、アジアゾウ3頭を含む14種27頭の動物たちが処分されました。上野動物園の悲しい歴史の1日です。
元のツイート)→ 投稿者:UenoZooGardens(上野動物園[公式]) 日時:2015/08/16 09:29 ツイート: https://twitter.com/UenoZooGardens/status/632710798591180800
72年前の今日(昭和18年8月16日)、東京都長官から上野動物園に猛獣処分の命令が出され、翌日から9月23日の間に、アジアゾウ3頭を含む14種27頭の動物たちが処分されました。上野動物園の悲しい歴史の1日です。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 09:30 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632711096172834816
RT @totsugekinissi: 自己評価が高すぎるんですね。 https://t.co/uaoHkym3nt
元のツイート)→ 投稿者:totsugekinissi(破死竜) 日時:2015/08/16 09:23 ツイート: https://twitter.com/totsugekinissi/status/632709185524731904
自己評価が高すぎるんですね。 https://t.co/uaoHkym3nt

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 09:18 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632707867296960512
RT @K_masafumi: 加害者や被害者の実名報道をすべきでないという弁護士もいるけど、最近ワイドショーで話題になっている事件に巻き込まれた弁護士(被害者)の情報を拡散している法曹関係者もたくさんいる気がする。マスコミはそんな俗的な好奇心に応えているだけということなのだろ…
元のツイート)→ 投稿者:K_masafumi(川村真文(弁護士)) 日時:2015/08/16 09:17 ツイート: https://twitter.com/K_masafumi/status/632707734194929665
加害者や被害者の実名報道をすべきでないという弁護士もいるけど、最近ワイドショーで話題になっている事件に巻き込まれた弁護士(被害者)の情報を拡散している法曹関係者もたくさんいる気がする。マスコミはそんな俗的な好奇心に応えているだけということなのだろう。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 09:17 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632707822199767041
ストーカーからの凶悪犯罪(傷害、殺人、強姦、放火など)で一番多いと思われるパターンがこれ。
交際を拒絶されると、「真意を確かめたい」「話し合いたい」名目で食い下がり、思い通りにならないと、凶暴化して凶行に走り、「自分は話し合いたいだけだったから悪くない」というように開き直る。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/16 09:15 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632707257713594368
「高齢者ストーカー」の2つのタイプを識者が指摘 夕刊アメーバニュース http://t.co/iL4QZpJJkC #news

「拒絶されても『そんなはずはない、自分が拒絶されるはずはない』としつこく食い下がり、本当に迷惑がられていることが分かると逆上するんです」

 特に目を引いた4件のツイートとリツイートを告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)にAPIで投稿しました。リツイートは小倉秀夫弁護士のツイートをリツイートしたものです。

 余り長い時間をかけて言及や説明をしたくないのですが、ざっと目を通して頂くだけでも、とても参考になることが色々と書いてあると思います。ストーカーに関してはモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)にそれらしい指摘を受けてからまだ日の浅いところでもあります。

 そのモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)ですが、ツイッターの更新も少なくなっているようです。お盆休みで出かけたり、他のことをやっているのかもしれませんが、私に記録されるのを嫌がっているのか、めぼしいツイートがめっきり少なくなっています。

 今日は、夕方に外の草むしりと溝さらいをやって、ずいぶんと汚れてから銭湯に行ってきました。外に草むしりなど薄暗くなりかけた時間にやっていると、ずいぶんと蚊に刺されてかゆい思いもしました。溝の泥がずいぶんと多かったのですが、土のう袋があって助かりました。

 一斉清掃のとき、町内から配られる1枚の土のう袋ですが、今回溝さらいをやって、土のう袋の意味とありがたさが初めてわかりました。土のう袋と言えば、平成11年の夏、災害復旧現場の河川での仕事が多かったので、これでもかというぐらい土のうを作って並べていました。

 深澤諭史弁護士のツイートは、私にとって法曹界の溝さらいにも似たところのあるものです。考えさせられる問題点が多々あって、この情報を是非、共有して頂きたいところであって、社会のできるだけ多くの人にも目を通し、考えてもらいたい共有財産です。

 汚泥のような弁護士らのツイートをさらいあげ、少しでも浄化することができれば、気持ちも世の中もすっきり出来そうです。過去に拘泥させて迷いの道に彷徨わせ続けるのも、弁護士らにありがちな傾向性の一つかと思います。汚い掃除をするときは思い切った行動が必要かと思います。

 深澤諭史弁護士がツイートで紹介しているニュース記事のコメントも引用して掲載しておきます。不思議なほど記事全体が短すぎるので、余りやりたくはない全文引用になるかと思います。重要と思われる記事の投稿時刻も含めておきます。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://mainichi.jp/shimen/news/20150814ddm041040041000c.html 岩手・いじめ自殺:ネット界「制裁」暴走 識者の話 - 毎日新聞

岩手・いじめ自殺:ネット界「制裁」暴走 識者の話

毎日新聞 2015年08月14日 東京朝刊
 ◇これこそいじめ ネット上の中傷問題に詳しい深澤諭史弁護士の話

 いじめへの憤りがあるのだろうが、やっていることは集団で誰かを攻撃する「いじめ」そのもの。書き込む側はその凶悪性に気付いていない。個人情報をさらす行為は、プライバシー侵害や名誉毀損(きそん)に当たり、刑事責任を問われる可能性もある。法的に危うい行為だと繰り返し周知し、書き込みに責任が伴う仕組み作りが求められる。

(引用終了)*

 引用の作業のため、記事にあらためて目を向けると、どうやら毎日新聞の朝刊の記事の一部分ではないかと思われます。落合洋司弁護士(東京弁護士会)のコメントを掲載するマスコミも多いので、そういうものかと現実を受け止めるほかはありません。

 簡潔で明らかに間違ったことを書いているとは思いませんが、過剰な独善性を感じさせるのは、深澤諭史弁護士らしくいつものことです。言及するストーカー問題も実に皮相で浅薄に見えて仕方ありませんが、それだけに個人的、社会的な危機感も感じさせてくれます。

 刑事政策における特別予防と一般予防の概念にも似ていますが、そういえば深澤諭史弁護士も割と近い最近に、一般予防に触れた言及をやっていたかと思います。そんなに前のツイートではないので、私の記録からも探し出せそうです。

 見つけました、次のツイートですが、これが私自身の危機感を高め、過去のつらい体験の記憶を呼び起こしてくれました。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 17:07 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628839794517225473
具体的な被害者がいるので難しいけれど,ストーカー犯罪も覚醒剤のドラッグコートみたいな議論があってもいいかもしれ
ないですね。
一般予防のみならず特別予防も考慮しないと,被害者や処罰,司法を逆恨みしたり,再犯を誘発するおそれもあります。

 司法の逆恨みと弁護士の営業妨害を全く同じように考える傾向が、深澤諭史弁護士に限らず、多くの弁護士に共通すると考えてきたところですが、深澤諭史弁護士の発言はわかりやすくて、ありがたい気持ちにもなることがあります。

 夕方は銭湯でゆっくりと体をきれいにしていました。ゆったりとしながら深澤諭史弁護士のことを考えていると、宇宙のことが頭に浮かんできて、そういえば宇宙のファンタジーを題材にした映画で、観た記憶があるのは「猿の惑星」ぐらいだと思いました。

 金沢刑務所だったと思いますが刑務所のテレビで観ました。テレビ番組の録画ではなくビデオ放送だったと思います。小さい頃に大ヒットしていた有名な映画だったので、子供の頃にも見たような気がしたのですが、刑務所で観た時も物語は理解できず、筋は記憶に残っていません。

 この世界には弁護士の惑星というのもあるのかな、と深澤諭史弁護士のツイートを思い起こしながら考えていました。そういえば、深澤諭史弁護士の今のツイッターのアイコンも謎の人物で宇宙人にも見えなくはありません。前の神社の狛犬みたいのがもっとはまって見えただけに少々残念でもあります。

 とにかく弁護士の実態というのは理解を超えている、その辺りのギャップの大きさを紐解いていかなければ、世間の人の問題に対する理解も難しいのかもしれないとも、考えることになりました。

 弁護士による社会汚染ということは前々から考えてきたことで、久しぶりにiTunes‎でダム・キーパーの短編アニメを視聴したい気持ちにもなったのですが、弁護士というのはこの社会において病原菌のような汚染とともに、妨げとなって濁流を招く汚泥のような存在だとも思えてきました。

 ストーカー問題にせよ、深澤諭史弁護士が考え、決めつけるような単純な問題ばかりなのかと、毎度毎度のこととなっていますが、改めて考えました。最悪の状況こそ、短絡的無自覚に誘発しているのではないかと、想像することも多いです。

 中国の天津市では先日、大爆発事故があったばかりですが、駆けつけた消防隊が、水を掛けてはならない危険な薬品に水を掛けたことが大惨事の重大な結果につながったという見方が、報道で繰り返し伝えられているところでもあります。

 消防署には救急車もありますが、救急車と言えば、個人的な体験からブルーハーツの「心の救急車」という曲を思い出すことが多いです。何度か書いてきたと思いますが、1月12日の深夜、池袋駅前に到着した頃、その曲を聴いていたことが、不思議なぐらい強く印象に残っています。

 当時は被告訴人安田敏のことを考えることも多かったのですが、深澤諭史弁護士には被告訴人安田敏とどこか似たようなところを感じることがあります。被告訴人安田敏は人一倍勉強が苦手だったはずで、処世術は逞しさも感じることがあったので、むしろ正反対のタイプにも思えるのですが。

 まだ、私自身の分析が不十分でしっかりした結果を出すことができませんが、無神経、甘えという辺りも深澤諭史弁護士と被告訴人安田敏に共通する要素のように思えることがあります。被告訴人安田敏はその特性を利用されたという見方と、積極的に特性を発揮したという見方が出来ます。

 この項目は次のブログ記事のまとめ、の続きになります。深澤諭史弁護士のことはこの辺りでいったん区切りをつけ、元の位置に戻ろうかと思います。

被害者AAさんとの関係/平成4年12月/ティファニーのネックレスのこと<<2015-08-16 日曜日 17:04 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/aa4122015-08-16.html

2015-08-16 日曜日 22:19 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



| | コメント (0) | トラックバック (0)

被害者AAさんとの関係/平成4年12月/ティファニーのネックレスのこと<<2015-08-16 日曜日 17:04

被害者AAさんとの関係/平成4年12月/ティファニーのネックレスのこと<<2015-08-16 日曜日 17:04

2015-08-16 日曜日 16:35 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 編集の流れとしても内容的なつながりとしても、次のブログ記事としてまとめた続きをこれから書くことになります。

被告訴人安田敏の関与/平成4年2月/レストラン十字において聞かされた。河野秀美さんに被害者AAさんと付き合っているのかと訊かれたという話<<2015-08-16 日曜日 15:57 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/42aa2015-08-161.html

 これから本格的に事実関係の整理をしながら被害者AAさんのプライバシーにも踏み込むことになるかと思います。私は事実を体験した記憶のとおりに書きますが、これは被害者AAさんに対して性犯罪の加害者という立場にされている私しか知らない被害者AAさんの姿であり、本心でもあると思います。

 先立って、このところ大注目をしている深澤諭史弁護士が、今日もストーカーというキーワードを含め、プライバシーや名誉毀損についてネット上の発言をやっていました。ニュース記事に識者とも紹介されていたぐらいなので、社会的な信用も深澤諭史弁護士が上になるのでしょう。

 ともあれ専門家の深澤諭史弁護士の見解であり、公にされた発言であることは間違いのないことです。また、それが法規範の原則、基本なのかもしれませんが、それが絶対的なものでないということも、同じ弁護士らから人生を奪われ壊された私の立場から書いておかなければならないことがあります。

 深澤諭史弁護士が私がツイッターやブログで名指しにして、検察、警察に向けた告訴状という書面を作成しながら公開しているという事実を承知の上で、今日のツイート、リツイートをやっているのであれば、それは挑戦的な態度として受け止め、立場から社会に理解を求めなければならないこともあります。

 深澤諭史弁護士に関しては、これまでも特別な存在として本書で取り上げ扱いをしてきています。具体的な被害者AAさんとの関係の事実を書くことは、ストーカーとは似て非なるケースの実証でもあるわけですが、深澤諭史弁護士のような多くの弁護士には関心もなさそうです。

 この項目の主題である被害者AAさんとの事実関係を記述しながら、深澤諭史弁護士にみる弁護士実務の実態についても掛け持ちのようなかたちで、説明を同時進行で書いていこうかと思います。

 私と被害者AAさんとの関係には光と影のような部分があり、被告訴人ら関係者によって計画的に作り上げられた影の部分が、木梨松嗣弁護士らの立場と権限の悪用によって、魂を吹きこまれた人形のように一人歩きを始めました。被害者本人の立場や気持ちがどれほどまでに切り捨てられたかも映ります。

2015-08-16 日曜日 17:04 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被告訴人安田敏の関与/平成4年2月/レストラン十字において聞かされた。河野秀美さんに被害者AAさんと付き合っているのかと訊かれたという話<<2015-08-16 日曜日 15:57

被告訴人安田敏の関与/平成4年2月/レストラン十字において聞かされた。河野秀美さんに被害者AAさんと付き合っているのかと訊かれたという話<<2015-08-16 日曜日 15:57

2015-08-16 日曜日 14:35 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

ココログフリーのブログへの項目の投稿と、org-modeでの一時的な各項目のデータとしての取り扱い方法について http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/org-mode-14dd.html

 上記記事にまとめた本書の作成・編集方針の変更ですが、さっそく実践をやったみました。「2015-08-16_ysn_被告訴人安田敏の関与.org」というファイルを作成し、「告訴事件における被告訴人安田敏の関与」という3階層目の見出しを作成しました。

 今から書く事実は、これまでも時々思い出していたことではありますが、昨日の午前中、輪島に出かける前に食事や片付けの支度をしながら思い出し、これまでとは違った重要性を感じたので、忘れることはないと思いながら、早めに取り上げて書いておくことにします。

 2月11日の祭日と思われる日のことです。その日、中央市場は休みのような状態であったと記憶にあります。祭日が市場の休みの日であったかどうかも現在では正確に思い出せなくなっているのですが、その日が2月11日の祭日であったことは間違いないと考えています。

 もう10日ほど経ったでしょうか。被告訴人HTNの自宅アパートに昼間に行き、食事をごちそうになったことやもずくのような海藻の味噌汁が出てきて珍しかったことなど書いたと思いますが、それと同じ日のことと記憶にあります。

 被告訴人HTNと一緒にいて、中央市場の石川丸果の売り場で、豊橋から荷物を積んできた被告訴人安田敏の姿を見たことも書いたと思います。そのあと夕方になって被告訴人安田敏と二人で話をするようになり、二人でレストラン十字に食事に行きました。

 レストラン十字は会社からも比較的近い場所にあり、歩いて行くことはなかったですが、金石街道沿いのジャスコというデパートの前にありました。ジャスコの関連の店舗は現在イオンになっているものと思います。ジャスコ若宮店という名前だったと思います。

その時、何を注文して食べたのか、どんな話をしていたかもほとんど思い出せなくなっているのですが、たぶん最も印象的だった河野秀美さんの話だけは今も記憶に残っています。

どれぐらいの時間店にいたのかも思い出せませんが、4月1日の事件当日とよく似た状況で、外はすっかり暗くなり、周りには私達以外の客の姿がなかった、あるいは肝心の話の時点でなくなっていたという印象が残っています。

その時被告訴人安田敏は、別の話をしながらさりげなく話題を変え、「そういえばこの前、河野のとうちゃんに変なこと言われたぞいや。お前、アヤちゃんと付き合っていたんか? と。」などと言い出しました。

私はすぐに同じ安田という名前なので、被告訴人安田繁克と被告訴人安田敏を取り違えて勘違いしたのかと考えましたが、つじつまをあわせた作り話のようにも考えました。河野さんは早い段階で、私と被害者AAさんの関係に興味を見せていたからです。

11月でも中旬かあるいは上旬という早い段階で、一緒に宇出津のAコープ能都店にミカンを運んだ時、河野秀美さんは、さりげなく、「この前、家の近くのレンタルビデオ店に行った時、アヤちゃんとその女友達の姿を見た。」などと言い出したことがありました。

 慎重に様子をうかがいながら水を向けてきたという感じも受けました。11月中であったことは間違いないと思います。その時点では、被告訴人多田敏明にも被害者AAさんのことは相談をしていなかったはずなので、被告訴人池田宏美が話さない限り知らないだろうという思いもありました。

 もう一つ印象に残っているのは12月21日の夕方のことで、私が七尾市まで荷物を積みに行き、会社に戻って二階にあがったときだったと思います。事務所の奥の方に河野秀美さんがいて、にやにやと意味ありげに笑っていたのですが、それは当日の私と被害者AAさんの関係のことだと思いました。

 まだ詳しくは書いていないと思いますが、私は昼過ぎに、被告訴人安田敏に被害者AAさんを呼び出してもらい、裏駐車場にとめていた大型トラックの運転席に待っていて、彼女が来て、はずかしそうに「なんやあ?」と言ってので、助手席に乗ってもらい大型トラックを走らせたのです。

 8号線バイパスから出雲町の土手沿いのような道路を走り、大豆田大橋の方まで行ったという記憶があります。停車中の会話というのは僅かだったと思いますが、30分以上小一時間は彼女を連れだしていました。ちょうど年末で事務の仕事がとても忙しいという時期でした。

 無断で仕事中の彼女を連れだしたことになるのですが、帰ってから仕事のことで2階の事務所に顔を出すと、被告訴人松平日出男社長が、気を遣ったようににこにこと笑っていました。張りつめた表情になっていたのは被害者AAさんでした。私も目に見えて興奮していたと思います。

 その時なにがあったのか一部始終を書くと長くなりますし、現在では記憶が薄れ思い出せなくなっている部分もあるかと思います。

 金沢市内には浅野川と犀川という大きく有名な川があって、全国的に見れば話しにならないほど小さい川でもあるのですが、金沢市内で川らしい川といえばこの2つぐらいで、伏見川のような比較的小さい川も犀川の支流のようなものであったと思います。

 観光的には東の茶屋街に近く友禅流しの伝統もあるらしい浅野川の方が有名かと思われますが、片町という金沢市内の中心部、繁華街の近くを流れるのは犀川です。片町の近くには犀川大橋という橋があって、海に向かってその一つ下が御影大橋、その次が大豆田大橋だったと思います。

 大豆田大橋のいくらか手前でトラックをとめ、少しだけ話をしました。ネックレスを渡そうとした時と、その場面だけはトラックを駐車していた記憶があります。

 自宅の電話に出なくなった理由について、そこで尋ねたのです。すると彼女は、「寝とったんじゃないか。私、最近早く寝るし。」と、真面目に少しふざけたような感じで言いました。

 私が、「お前の家の人、でかけとるっていいとったぞ。」というと、「じゃ、そんときはでかけとったんじゃないか。」と彼女は言いました。

 私は、主に長距離の仕事の出先から19時、19時半、20時、20時半と3,4回ぐらい電話をすることが多かったと思います。11月25日の夜の電話で、自宅に電話をすることの許可を彼女にもらった、すぐあとの行動だったので、電話に出ない彼女の行動が理解できず、それだけ電話を掛けました。

 金沢西警察署の谷内孝志警部補の取り調べでは、ざっと数えて50回ぐらい電話をしたと答えたように思いますし、そのとおりの記録が供述調書にもなされていたように思います。実際は、そう細かく憶えていたわけではありません。実際以上に多くは感じていたように思います。

 また、いつものクセで、項目名の内容からだんだんと外れ、主客が逆転しそうな気配も出てきました。あちこちに書いて分散させるのも、重複が多くなり非効率なので、被害者AAさんのことでも3階層目の見出しの作って、そちらのファイルに書くようにしたいと思います。

2015-08-16 日曜日 15:57 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログフリーのブログへの項目の投稿と、org-modeでの一時的な各項目のデータとしての取り扱い方法について

ココログフリーのブログへの項目の投稿と、org-modeでの一時的な各項目のデータとしての取り扱い方法について

2015-08-16 日曜日 11:02 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 作成中の本書は「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」と同様にEmacsというテキストエディタのorg-modeという機能を使って編集をしています。

 本書の文章としての構造は4段階の見出しの階層を基本としております。このような文章の構造は幹や枝、葉として表現されているかと思いますが、末端の葉の部分を独立した項目の内容として取り扱い、ブログに記事として投稿するようにしています。

 なにか簡潔にうまく説明ができないものかと調べたのですが、次のページが参考になりました。ここにテキストノードとあるのが、私のいう独立した項目でブログ投稿への記事の単位となるものです。

JavaScriptプログラミング講座【テキストノードについて(Text)】 http://hakuhin.jp/js/text_node.html#TEXT_NODE_00

 ブログへの投稿はすでにどこかで書いたと思いますが、プログラムで自動処理にしているので、キーボードからCapsキーを押した直後に;(セミコロン)を押し下げするだけで、カーソルのあるorg-modeの項目全体が、項目名をタイトルとしてブログに投稿されるようにしています。

 ブログへ投稿した記事のリストはrssを利用した自作のプログラムで取得するようにしていますが、凝ったことをしていないので、一度に取得できるのは最新の20件のみです。

 これだと20件分しか枠がないので追加する度に古いものが取得できません。なので、手作業になりますが、新規に追加された分を既存のファイルに加えていくことにしました。記録を始める以前のものは取得できていませんが、記録を始めてからのものは次のリストになります。

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/本人訴訟では,代理人の誹謗中傷を並べ立てて裁判所に注意されるのが,もはや様式美となっている、という小倉秀夫弁護士ツイートに言及した深澤諭史弁護士 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-ab02.html
(原告訴訟代理人)長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)と(裁判官)古川龍一元判事が結託した八百長判決の疑惑と、それがもたらした影響/告訴状・金沢弁護士会編/序幕 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-0afb.html
告訴状・金沢弁護士会編/ブログ更新: 能登町と金沢弁護士会は、11日、高齢者や障害者が無料で弁護士に法律相談をできるなどとした協定の調印式を行いました。 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-8449.html
警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/「個々の弁護士が、無償で、あるいは報酬が少ないなか、情や使命感などを支えにして、苦しみながら一所懸命仕事を」という深澤諭史弁護士のりツイート http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-e912.html
警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/「>RT これが本当だったら,もはや「裁判」ではないな。」という深澤諭史弁護士のツイートと直前のリツイート http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-71cb.html
告訴状・金沢弁護士会編/社会的記録と問題提起を重視した新たな書面の構成と、その他の問題との関連及び位置づけについて http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-99d5.html
警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/弁護士業界による深刻な権利侵害と深澤諭史弁護士のツイート・被害者AAさんの家族への23年以上放置され続けている権利侵害の実態の参考、導入編 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/aa23-c203.html
警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/深澤諭史弁護士のりツイートがきっかけで思い出した奥村徹弁護士の精神鑑定を受けるのはとっぽどおかしいという発言 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-1e41.html
警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/深澤諭史弁護士/自力救済は逆に金を払うことになりそうですが、というツイートと世紀末の世界観。 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-e620.html
警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/司法取引に関する深澤諭史弁護士と市川寛弁護士のツイートと被告訴人らの組織犯罪性 *続きます http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-fd5e.html
警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/深澤諭史弁護士/少年法の年齢引き下げ 刑法学者が反対声明 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-c036.html
名誉毀損で刑事告訴するモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に関して/モトケン先生もこんなあれなのに粘着されて本当にかわいそうだ、通報でブロックと言われたこと http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-8bdf.html
被告訴人安田敏の組織的犯罪計画への関与をうかがわせる事実/平成4年2月14日バレンタインデー当日の言動と愛知県内での白菜散乱の話 ****続きを記載予定**** http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/4214-1106.html
名誉毀損で刑事告訴するモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に関して/親告罪の時効問題もクリアしたかと思われる2015年7月23日のツイートについて http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/2015723-efad.html
平成3年12月に被告訴人安田敏から聞かされた金沢市場輸送の女性事務員と被害者AAさんの話_好きな人のために習いながら作っているという編み物のこと http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/312aa-2840.html
被告訴人安田繁克の組織的犯罪計画への関与を伺わせる事実/平成4年2月1日の夜のこと/出会いから市場急配センター休憩室での会話まで http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/421-a6b2.html
被告訴人安田繁克と被告訴人多田敏明の組織的犯罪計画への関与を伺わせる事実/平成4年2月1日の夜のこと/信号待ちでの声かけから http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/421-b0f6.html
被告訴人安田繁克の組織的犯罪計画への関与を伺わせる事実:平成4年2月1日の夜のこと:周辺事実を含み裏駐車場での車の目撃まで http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/421-c2e4.html
被告訴人安田繁克の組織的犯罪計画への関与を伺わせる事実:平成4年2月1日の夜のこと http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/421-d2ee.html
木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)によって踏みにじられた憲法上の裁判を受ける権利と、その価値を社会に問うための供述調書の実名公開 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-909d.html
控訴審の私選弁護人であった木梨松嗣弁護士の連絡対応拒否と上告審で郵送された関係者の供述調書 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-e006.html
社会生活上の危機感における被告発人・被告訴人らの実名公開について http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-6267.html
被告訴人UHK、被告訴人YSK、被告訴人TTKの甲号供述調書のココログフリーのブログにおける再掲公開について http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/uhkyskttk-3c2a.html
ココログフリーのブログのアクセス数詳細 2015年7月1日〜7月17日 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/201571717-7646.html
ココログフリーのブログと珠洲警察署への電話について。これからの始まり。 http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-7b46.html
【写真資料】一件記録・写真/2014年作成/被告訴人梅野博之の供述調書縮小版(2014年9月21日撮影) http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/20142014921-560.html
【写真資料】一件記録・写真/2014年作成/被告訴人安田繁克の供述調書縮小版(2014年9月21日撮影) http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/20142014921-34b.html
【写真資料】一件記録・写真/2014年作成/被告訴人多田敏明の供述調書縮小版(2014年9月21日撮影) http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/20142014921-562.html

 ほとんどが140文字の文字数オーバーになるので、告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)には投稿しませんでした。タイトルに続きを書くという断りのあるものがありますが、これは次に編集した時点でまた新たな記事として投稿する予定です。

 Webページのタイトル名とURLの取得は、ブラウザで該当するページを開いてから情報を取得することが多いのですが、これだと手間もページ読み込みの負担もかかります。rssだとコマンド操作は一瞬で終わります。そこで取得したタイトル名とURLをナビゲーションとして活用します。

 ブログのタイトル名にもなる項目名のつけかたは、いろいろと悩ましいところがあり、試行錯誤の段階でもあります。

 各項目は親見出しのカテゴリで、独立したファイルとして編集をしています。一つのファイルとして文字情報が多くなり過ぎると、日本語の文字変換にも時間がかかり、変換候補が出るまでに2,3秒という馬鹿にならない時間がかかることもあるからです。

 Emacsではブックマーク管理の機能も充実しているので、複数のファイルを同時に管理するのも比較的やりやすく助かります。Word2013で同じような機能を探したのですが見つからず、とても不便を感じました。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/16 11:46 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/632745126595461120
2015-08-16-114559_Emacsでのブックマーク管理の状況.jpg http://t.co/5rjYalQEwS

 私の拙い説明で書いていると余計にわかりづらいかとも思いますので、上記、スクリーンショットを用意しました。

 Emacsのブックマーク管理は、C-x r mでブックマークを設定します。キーワードを求められるのでmtなどと登録をします。日本語でも大丈夫かと思いますが、自分でわかりやすい英字の組み合わせにしています。

 ブックマークを開くにはC-x r bで登録したキーワードを指定します。キーワードの一覧はC-x r lで行います。スクリーンショットはそれを実行したところのものです。

 私の調べ方も悪かったのか、Word2013では見出し項目名の部分にしかブックマークの設定ができないようでした。Emacsだとファイル内のどこにでも設定が出来ますし、カーソルの位置は常に情報を持っています。

 余談になりますがEmacsのカーソルの位置情報は(pointo)という関数で取得することが出来ます。通常はこれを使って位置情報の記録をしたりするのですが、テキスト情報は5778 (#o13222, #x1692, ?ᚒ)、という感じになっています。

 この位置情報を使って特定の場所から特定の場所までの範囲で、テキストデータを取得し、それをブログの投稿に使ったりしています。見出しの部分を投稿するブログのタイトル名に使っているのも同じです。

 プログラムで機械的に処理をしていることもありますが、org-modeのテキストノードとしての項目名とブログの記事名は編集中であるとか特別な事情がない限り、完全対応しているはずです。org-modeは単なるテキストファイルなので、外部コマンドからの検索も出来ます。

 たとえば、「% grep -r '/司法取引に関する深澤諭史弁護士と市川寛弁護士のツイートと被告訴人らの組織犯罪性' *」というコマンドで、広範囲から探し出すことも出来ます。

 中断をしていました。食事を作り後片付けをするだけでもけっこうな時間がかかるものです。使いやすいキッチンで皿も新しいものであれば、汚れの落ちも早そうですが、いろいろと条件もよくないので余計に時間がかかってしまいます。

 また、深澤諭史弁護士の気になるツイートがいくつか目にとまっていますが、過度に関わるのも時間の無駄になるというジレンマがつきまといます。しかし、識者と紹介され、ネットの仕組みづくりが必要と公言もしているようなので、これも軽く見て捨ておくわけにはいきません。

 本題の項目とブログ投稿の話ですが、理想としては一日に5件から10件の投稿をやりたいと考えています。小さい単位で見出しをつけておくことで、既に書いたことの確認もしやすくなると考えるからです。

 編集用のファイルの管理ですが、これもテーマや対象という区分けではなく、より細かな単位に細分化をして、関連する部分において、行きつ戻りつをしながら、分割と関連性の両立を目指していければと考えます。

2015-08-16 日曜日 14:22 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/本人訴訟では,代理人の誹謗中傷を並べ立てて裁判所に注意されるのが,もはや様式美となっている、という小倉秀夫弁護士ツイートに言及した深澤諭史弁護士

* 警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/本人訴訟では,代理人の誹謗中傷を並べ立てて裁判所に注意されるのが,もはや様式美となっている、という小倉秀夫弁護士ツイートに言及した深澤諭史弁護士

2015-08-15 土曜日 21:03 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/15 18:37 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632486238797217792
>RT
本人訴訟では,代理人の誹謗中傷を並べ立てて裁判所に注意されるのが,もはや様式美となっている件。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/15 18:36 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632486018977890305
RT @Hideo_Ogura: 相手方の準備書面には、代理人である私がカルト宗教のメンバーであるという情報が寄せられているとまで書いてあるのだけど、誰だよ、そんなデマを相手方に送った奴は!って感じ。私のツイートを見れば、とことん宗教を信じていないことがわかりそうなものだけど。
元のツイート)→ 投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/15 11:17 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632375418436214785
相手方の準備書面には、代理人である私がカルト宗教のメンバーであるという情報が寄せられているとまで書いてあるのだけど、誰だよ、そんなデマを相手方に送った奴は!って感じ。私のツイートを見れば、とことん宗教を信じていないことがわかりそうなものだけど。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/15 18:36 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632485985217998848
RT @Hideo_Ogura: あの種の人たちと民事訴訟をすると、あの種の人たちって、準備書面等でも、いつものレッテル貼り論法を使うので凄いなと思いますね。訴訟代理人を根拠なく朝鮮人だと決めつけたところで、訴訟が有利に運ぶとは思わないんだけど。
元のツイート)→ 投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/15 11:08 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632373368369475588
あの種の人たちと民事訴訟をすると、あの種の人たちって、準備書面等でも、いつものレッテル貼り論法を使うので凄いなと思いますね。訴訟代理人を根拠なく朝鮮人だと決めつけたところで、訴訟が有利に運ぶとは思わないんだけど。

 非弁同様に本人訴訟についてもこれまで批判的なツイートを散見してきた深澤諭史弁護士ですが、今回は小倉秀夫弁護士のツイートに対する独自のRTスタイルでの言及らしく、取り上げておきたいと思いました。

 実際に法律事務をやっている弁護士でなければわかりようのない体験や実態があるのかもしれませんが、それをやたらと強調しすぎていると思うのは、深澤諭史弁護士の奥村徹弁護士のリツイートにおいても、しばしば感じて来たところです。例外を一般論にすり替えているような印象です。

 最近に見たので印象に残っているだけでも次のようなリツイートがあります。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 16:01 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631359892058550272
RT @okumuraosaka: 性犯罪被害者に、被告人が「なけなしの数十万を払いたい」というので、そういう連絡をしたら「そんなはした金で示談なんてできません」と言
われた。示談なんて言ってないのに。まあ、それくらいお怒りだということで、謝罪なしで、罰金刑で終わり。その数十万は…
元のツイート)→ 投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/12 15:59 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/631359341749141504
性犯罪被害者に、被告人が「なけなしの数十万を払いたい」というので、そういう連絡をしたら「そんなはした金で示談なんてできません」と言われた。示談なんて
言ってないのに。まあ、それくらいお怒りだということで、謝罪なしで、罰金刑で終わり。その数十万は被告人の手元に残っちゃった。

 これはTwitterの高度な検索で調べたほうが手っ取り早いかもしれません。

 残念ながらリツイートに絞って検索をすることは出来ませんでした。深澤諭史弁護士がツイログに登録をしていれば簡単に調べ出すことも出来そうなのですが、通常の方法だと不可能にも近いのかもしれません。私の記録にある範囲で調べたものを掲載します。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/06 12:22 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629130372312227840
RT @okumuraosaka: 一生刑務所に入れて下さいと言う割には、相場より多めの弁償金を受け取ったりしていて、そういう矛
盾点を指摘した判決もある。
元のツイート)→ 投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/06 11:37 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/629119050694561792
一生刑務所に入れて下さいと言う割には、相場より多めの弁償金を受け取ったりしていて、そういう矛盾点を指摘した判決
もある。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/06 12:22 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629130359372840960
RT @okumuraosaka: 電車内痴漢(強制わいせつ罪)で被害者が「一生刑務所に入れて下さい」と意見陳述しても「強制わい
せつ罪にしても軽微な事件なので、実刑はあり得ない。実刑求刑は重すぎる」として懲役1年6月執行猶予3年とした事案
 横浜地裁
元のツイート)→ 投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/06 11:35 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/629118503912501248
電車内痴漢(強制わいせつ罪)で被害者が「一生刑務所に入れて下さい」と意見陳述しても「強制わいせつ罪にしても軽微
な事件なので、実刑はあり得ない。実刑求刑は重すぎる」として懲役1年6月執行猶予3年とした事案 横浜地裁

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/07/11 17:45 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/619789478916288512
RT @okumuraosaka: ストーカーの被疑者がよく言ってますよ「きっとA子も俺の気持ちがわかってくれると思うので弁護士
さんからもお願いして下さい」って。   RT @twinews2: 【政】 みんなと合流、諦めぬ=「身を引いてでも」−橋下氏 >(時事通信):... h…
元のツイート)→ 投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2013/01/28 12:54 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/295741594995392512
ストーカーの被疑者がよく言ってますよ「きっとA子も俺の気持ちがわかってくれると思うので弁護士さんからもお願いし
て下さい」って。   RT @twinews2: 【政】 みんなと合流、諦めぬ=「身を引いてでも」−橋下氏 (時事通信):... http://t.co/XLWfXmtP

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/07/02 16:50 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/616514336584892416
RT @okumuraosaka: 福祉犯は金銭賠償がなじまないことがあるのに高額の示談をして、控訴審で減軽されなかったという判
決をまたみた。数百万円の無駄遣いなんだ。控訴する前に相談して欲しかった
元のツイート)→ 投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/07/02 16:44 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/616512784558374912
福祉犯は金銭賠償がなじまないことがあるのに高額の示談をして、控訴審で減軽されなかったという判決をまたみた。数百
万円の無駄遣いなんだ。控訴する前に相談して欲しかった

 深澤諭史弁護士のツイートも数が多いので今年つまり2015年の6月19日までしか遡れていません。プロの弁護士としての考え方は色々とあると思いますが、それがとてつもない自由奔放なものであることも、私はずっとまえからつくづくと承知をしているつもりです。あくまで参考です。

 各自の弁護士が自分の判断で許容されるべき範囲という考えから、発言や行動をしているものと考えます。発言というのは記録にも残せるものであるので、いくらかは公然性の保証も担保されていると考えることが出来るのかもしれません。行動の部分は見えない部分が多く、不透明です。

 ことに弁護士には守秘義務という伝家の宝刀があります。正しい判断の材料すら与えないもので、絶対無比の権限のごとくと思料されます。それが弁護士という業務の歴史と資質の核心であり、本領であるとも私は考え、自分なりの分析や研究をしてまいりました。

 本日、奥村徹弁護士のタイムラインのツイートで、一つ気になるものを発見しました。リンクの記事があって、それが今年の3月の記事ということで、なおさら気になりました。プライバシーに関する記事です。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/14 23:01 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/632190198923694081
犯罪被害者のプライバシー尊重を求める会長声明|横浜弁護士会 http://t.co/eh1GvfJ77i

 確認すると正確には昨日の14日23時1分のツイートのようです。昨夜も今朝も、私は奥村徹弁護士のタイムラインを見てはいなかったようです。今夜になってから見つけました。ツイートにあるのは次の記事になります。まるまる同じページタイトルになるのかもしれません。

犯罪被害者のプライバシー尊重を求める会長声明|横浜弁護士会 http://www.yokoben.or.jp/profile/gaiyou/statement/2014/post-207.html

 短縮URLと元のURLという違いはありますが、ページタイトルはやはり同じでした。横浜弁護士会の会長声明ということなので、公益性も高い問題で、いちぶのすきもない記録が必要なので、内容の全文引用を次に掲載しておきます。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.yokoben.or.jp/profile/gaiyou/statement/2014/post-207.html 犯罪被害者のプライバシー尊重を求める会長声明|横浜弁護士会

犯罪被害者のプライバシー尊重を求める会長声明

2015年03月27日更新

なぜ、犯罪の被害に遭うと、被害者や遺族は実名や顔写真をさらされなければならないのでしょうか。

今年の2月、川崎市で中学1年生の男子が殺害される事件が起きました。ご遺体が発見された直後から、新聞やテレビで被害者の名前や写真がたくさん流れています。週刊誌の中には、被害者の家族構成や生活状況について書き立てたものもありました。遺族の個人的つきあいまで書かれているものもあります。さらに、インターネットでの書き込みには凄まじいものがあります。

プライバシーの権利とは、自分についての情報を適切にコントロールする権利と理解されています。「知られたくないことは知られない権利」「放っておかれる権利」といってもいいでしょう。

それなのに、なぜ、被害者は同意なしに実名や顔写真をさらされるのでしょうか。なぜ、遺族は同意なしに家族構成や生活状況を書き立てられるのでしょうか。なぜ、望んでもいないのにコメントを出すよう求められるのでしょうか。なぜ、お通夜や告別式の様子を写真やビデオに撮られるのでしょうか。
被害者や遺族は、自分についての情報を適切にコントロールすることが許されないのですか。知られたくないことは知られたくないと、放っておかれることは許されないのですか。

私たちは、今回の事件をめぐる新聞やテレビやネットの状況は問題があると考えています。記事を書く人、ネットに書き込む人、それを見たり読んだりする人たちにも、この問題に気づいてもらいたいです。

横浜弁護士会は、報道機関や社会の人たちすべてに、被害者や遺族のプライバシーを尊重するよう求めます。

2015(平成27)年3月26日

横浜弁護士会     

 会長 小野  毅 



(引用終了)*

 これは被害者AAさんやその家族の法的利益が、岡田進弁護士や木梨松嗣弁護士、長谷川紘之弁護士や古川龍一元裁判官ら法律の専門家によって、甚大で開腹が困難かもしれない権利侵害をもたらしたという私の告発の前提としても、ぜひ参考にして頂きたい現状の一つです。

 プライバシーの名のもとにプライバシーを悪用したと断ぜざる他はない問題です。自分の情報を適切にコントールとか言っていますが、その情報を奪い、みかけだけの不適切な情報を与えて誤解に導いたのも、弁護士らの行動です。それを互いに容認し合うような共謀性もうかがえるところです。

 都合の悪いものは一切無視する、排除するというのも弁護士らの習わしであり、共通した認識であるともうかがえます。彼らは国民を市民を欺いているとも見えます。それ以外の解釈など成り立つ余地がないと思えます。とにかく無視と排除という行動がまずは大きな問題の提起です。

2015-08-15 土曜日 22:02 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<




| | コメント (0) | トラックバック (0)

(原告訴訟代理人)長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)と(裁判官)古川龍一元判事が結託した八百長判決の疑惑と、それがもたらした影響/告訴状・金沢弁護士会編/序幕

(原告訴訟代理人)長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)と(裁判官)古川龍一元判事が結託した八百長判決の疑惑と、それがもたらした影響/告訴状・金沢弁護士会編/序幕

2015-08-14 金曜日 09:48 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 今しがた、長谷川紘之弁護士が現在も弁護士をやっていることを確認するため、Googleで検索をしたのですが、検索結果で目に飛び込んできたのは、私自身の次の記事でした。まだ目を通していませんが、こういうのを書いていたのかと意外に感じました。

原告訴訟代理人長谷川紘之弁護士(金沢弁護士会)による犯罪的関与の真相解明と社会的責任追及の必要性について 2014年9月13日 | 告発-金沢地方検察庁御中2013 https://hirono2013k.wordpress.com/2014/11/10/%E5%8E%9F%E5%91%8A%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E4%BB%A3%E7%90%86%E4%BA%BA%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E7%B4%98%E4%B9%8B%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%EF%BC%88%E9%87%91%E6%B2%A2%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB-12/

 このリンクを開いて大きな発見があって驚き、対処にしばらく迷っていました。このWordPressの記事には、Bloggerのブログへのリンクになっていて、そちらには訴状の写真があったのですが、編集しないまま原告の住所も名前も出ていました。

 画像を編集して差し替えるつもりで作業に取り掛かろうとしたのですが、考えを変えました。私の思い違いか手違いがあったのだと思いますが、それがそのままの状態で公開され続けてきたことにも大きな意味があると考えたからです。とりあえず現状保存にしておきます。

 WordPressの記事を見ると投稿したのは2014年11月10日ですが、記事のタイトル名には2014年9月13日という日付が入っています。この記事のタイトルは「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」の項目名だと思います。

 Bloggerの記事は2014年9月13日の投稿になっていますし、本文に含まれる非常上告-最高検察庁御中
ツイッター(@s_hirono)の写真付きツイートの投稿日時も同じく2014年9月13日になっています。

 請求額が3810万7254円ということで、3800万円を超えていたこともすっかり忘れ、記憶の変容があったらしく判決と同じ3600円台だと理解するようになっていました。やはり正確な資料が必要なかとも思いました。

 あらためて写真資料を用意するつもりはなかったのですが、既に公開されている資料を探しだして取り上げるつもりもありませんでした。自分の現在の記憶と感覚だけで書くつもりでいたのですが、ひょんなことで検索結果から記事のリンクが見つかりました。

 WordPressの記事はざっと内容に目を通しました。特に発見もなかったですが、独居房に移された日の夜のテレビ放送の言及はなかったようです。それはテレビ番組の録画ではなくビデオでの映画の放送であったようにも思います。

 たぶん、独居への転房とともに持ち込みが許可された裁判の資料に目を通していたのだと思うのですが、テレビはつけていたもののほとんど見ていませんでした。日本の映画であったことは間違いないと思います。

 映画でないものはよくあるテレビの2時間ドラマの録画です。昔はよくサスペンスドラマなどと呼ばれていたものが多かったと思います。映画でもテレビ番組の録画だとCMが入ります。当時は録画機器も発達していなかったのかと思いますが、CMがカットされることはなかったです。

 その夜にやっていた映画は、高校生とも思える若い数人の男女が、どこか無人島のようなところで生活をするような内容のものでした。無人島ではなかったようにも思いますが、小笠原とかその辺りの海であったとも記憶には残っています。

 WordPressには金沢地方裁判所のA係のことも書いてありました。本当にそんな係があるのかというのもいぶかしかったのですが、弁護士など専門家であればわかることかもしれません。B係があるとも思えなかったので、私の事件のためだけの係かと考えました。

 しばらく中断をして家の中で探しものをしていました。A係と書いた金沢地方裁判所民事部の大型封筒を探し始めたのですが、それは見つからず、しかし、より多くの発見がありました。

 A係のことは他の書面で確認が出来ましたが、書面の雛形に係と印刷をした記入欄があったので、特に変わったことではなさそうです。Aというのはやはりどうかとは思います。アルファベットだと26文字ありますが、一部しか使わないにせよ、識別がしにくそうです。

 それと、私は民事裁判を起こされたことを平成6年の11月に入ってから知らされたものとばかり思ってきたのですが、それにも疑問を抱かせるような資料がいくつか出てきました。スマホで撮影をしました。その写真も管理の作業が必要です。

 いつものことですが中断をしていました。時刻は20時15分です。今、深澤諭史弁護士の気になるツイートとリツイートを発見したので、記録の資料とし次に掲載しておきます。日本国の未来を考える上でも、過去を振り返る上でもとても参考になるものです。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/14 19:10 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632132166504153088
市川先生のたとえが容赦ない(・∀・)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/14 19:10 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632132076620263424
RT @kotadon: 市川先生の表現がすごいよく分かる
元のツイート)→ 投稿者:kotadon(cotance~レシピテロリスト) 日時:2015/08/14 19:08 ツイート: https://twitter.com/kotadon/status/632131567998009344
市川先生の表現がすごいよく分かる

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/14 19:09 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632132016452952064
RT @imaloser15: 談話を本当に書いた人(たち)、検事に例えたら、分からず屋の決裁官が束になって襲ってきて、しかも毎日直されて、ふらふらになりながら起案したんだろうな。お疲れ様です。
元のツイート)→ 投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/14 18:36 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/632123630042812416
談話を本当に書いた人(たち)、検事に例えたら、分からず屋の決裁官が束になって襲ってきて、しかも毎日直されて、ふらふらになりながら起案したんだろうな。お疲れ様です。

 このツイートとリツイートは、深澤諭史弁護士、こたんせ、市川寛弁護士という法律家3名によるものです。最新の確認はしませんが、この3名とも私のアカウントをブロックしていて、とりわけ徹底を即座の反応を見たのが、元検事でもある市川寛弁護士です。

 今日は、テレビをつけたまま夕方にうとうととしていた時間もあったのですが、起きてからしばらくして戦後70年の首相談話を聴き、それから父親の墓参りに行って、そのあと宇出津新港のアルプに買い物に行ってきました。

 市川寛弁護士は、検察の歴史を考える上でも特別な人物だと見ています。本格的に取り上げるかどうかは、今のところ未定で、深澤諭史弁護士に司法制度の近未来を見ることを優先しているところでもありますが、元検事というのもやはり大きいところがあるかとは考えています。

 本日に談話があることは数日前からのニュースで知っていましたが、特に全文を聴くという予定はありませんでした。民放の番組で見ていました。チャンネルは確認していませんでしたが、Twitterのツイートでは、全文を放送したのはNHKと民放の放送局一つの2つだけという情報も見かけました。

 テレビをつけていてもチャンネルが違っていれば見ていなかった可能性が高そうです。談話はこれまでにも見たことがないぐらい長く感じ、25分から30分ぐらいあったように思います。アルプで見た19時のNHKニュースでは3千文字ほどと言っていました。これまでの倍近くとも解説がありました。

 記述していないことがまだまだ沢山ありますが、今日は私自身の平成4年4月1日についても、反省や謝罪について改めて考える一日でもありました。明日8月15日の終戦記念日は昭和45年の被害者AAさんの誕生日でもあります。

 今、落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイッターのタイムラインをみたところ、戦後70年談話に関すると思われるツイートが一つだけ確認しました。次のツイートです。いろいろと見方があるものだとも思いましたが、参考になります。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 19:09 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632131922219499520
戦後70年談話は、アメリカの添削がしっかり入ってる感じ。

 かねて独自の歴史観をTwitterで披瀝し続けている小倉秀夫弁護士のツイートも、掲載しておきたいと思います。世界や国家、それと個人的な問題という違いもありますが、弁護士というのは紛争のプロフェッショナルでもあるはずで、広く長く参考にして頂きたいところです。

 NHKの21時のニュース番組をテレビで見ているところですが、安倍首相が生出演らしく驚きました。「「戦後70年談話」発表 安倍首相に問う」というタイトルになっています。小倉秀夫弁護士のツイートの掲載は次です。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/14 19:31 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632137524568195072
それで良く跳び箱が跳べましたね。RT @lemon_kitune: まあ今は他人のキーボード触るくらいは平気だけど、他人のiPhoneはあまり触りたくないし他人のカバンの持ち手もそんなには触りたくないし、電車のつり革を持たない癖がいつまで経っても治らない

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/14 19:29 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632137061219201024
9条を廃止したらロシアと戦争して北方領土を奪還する気なんじゃないですかね。RT @ssk_ryo: こういう人は、逆に、武力で北方領土が取り返せるとでも思っているのだろうか?>RT

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/14 19:16 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632133740941066244
若い頃に浮気をしてばれてしまって未だに配偶者に頭が上がらない人は「家庭内秩序の挑戦者になってしまった過去」という表現を用いるといいね。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/14 19:15 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632133331673440257
きっとロシアを敵に回したいんですよ。RT @ssk_ryo: しかし、よく分からんが、日露戦争をあんだけ誇らしげに談話に入れるのって、これまでにないよね?

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/14 18:59 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632129478597066755
今後は「国内秩序への挑戦者になってしまった過去」という表現で、過去の法的な過ちを美化する表現がはやるのではなかろうか。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/14 18:57 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632128889402200065
大東亜共栄圏の再構築では?RT @ssk_ryo: 憲法9条が消極的平和主義だとすれば、積極的平和主義は・・・。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/14 18:56 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632128759005450240
「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」とされる「戦争に関わりのない世代」に、安倍首相自身を含めているのでしょうね。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/14 17:13 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632102697173291008
ガンダムヲタなら、余裕で「ジオン公国の建国記念日」とかいえそうだし。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/14 17:12 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632102585420242944
「8月15日は何の日?」という質問については複数の正解があることに気がつかない人には困りものですね。RT @izumillion: ニュースで10代の子達つかまえて「8/15は何の日?」って聞いて珍回答引き出してひたすら流すの、

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/14 16:36 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/632093432530386944
ピカピカした男性が、とでも?RT @izumillion: 私のTLには頭がキラキラした女子がいない分、おや、宅配便が。

 私は、私個人の問題として私の過去の反省と謝罪のためにも、小倉秀夫弁護士を名誉毀損で経緯時告訴をするものです。ここ最近も何度か小倉秀夫弁護士にメンションを飛ばしていますが、反応はありません。それを取り上げるかどうかも未定です。さほど重視するような反応でもないと考えるからです。

 本書で取り上げるのは初めてになるかと思いますが、昨日の2015年8月13日は、弁護士界あるいは法曹界において歴史的な出来事、事件があった一日でもありました。いくつかのニュース記事でご紹介をしておきたいと思います。

「男性弁護士の局部を切断、容疑の大学院生の男を逮捕」 News i - TBSの動画ニュースサイト http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2562110.html

自分の妻が勤務する弁護士事務所の弁護士の局部を切断しトイレに流す事件が発生:ハムスター速報 http://hamusoku.com/archives/8930528.html

自分の妻が勤務する弁護士事務所の弁護士の局部を切断しトイレに流す事件が発生:ハムスター速報 http://hamusoku.com/archives/8930528.html

 被疑者の実名がタイトルに含まれているものは避けましたが、ネット上では当日のうち数時間後の早い段階から被害者の弁護士の実名も出回っています。珍しくモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)もこの事件には少し言及したツイートを行っていました。

 いろいろな見方や考え方があると思いますが、弁護士というのは紛争解決のプロフェッショナルで、相応の高額な対価も報酬として得ているはずですが、歴史的にもこれほど最悪な事態に発展したというのも、加害者が法曹志望の法科大学院生だったということを含め、考えさせられる事件です。

 事件というのは個人の資質や環境だけではなく、様々な要因が絡みあるものであると思いますので、軽々な評価は出来ないですが、本来ならば個人間の問題解決に向けリードする立場であり、その能力も法曹の養成として受けているはずの人の問題として、改めて考えさせられるところがありました。

 ここ数日の私自身の記述も全てを正確に記憶しているという自信はありませんが、その事件の報道を見たのも、同じ法曹の長谷川紘之弁護士と古川龍一元裁判官の関与を、犯罪行為による権利侵害として捉え直し、公式表明に至ったあとのことであったと思います。

 司法最大の汚点ともマスコミは報じていたという記憶のある古川龍一元裁判官の問題ですが、本人ではなく妻のストーカー事件が発端という問題でした。法曹と男女間のトラブルという意味でも共通性のある事件であって、滅多にないということも含め10年以上の歳月を経ても繋がったとも思える事件です。

 ここで今見た落合洋司弁護士(東京弁護士会)のりイートも掲載でご紹介をしておきたいと思います。あえて11件の取得としました。最後の天津が11件にした目的です。中国大陸の侵略という問題においても、同じ中国で多数の犠牲者が出たことでも考えさせられるツイートです。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 21:42 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632170443600826369
まだ安倍ちゃんが首相か、と思うだけで暑苦しい。笑

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 21:37 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632169170751242240
今夜の国営放送は、安倍ちゃん言い訳特集だな。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 21:35 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632168709784670208
安倍ちゃんに安心してほしいと言われると、ますます不安になる。笑

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 21:33 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632168162096578561
特定の政治的見解ばかり流すのは、放送法違反では。笑

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 21:30 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632167441498374148
ネットの動画で見てもらえない分、国営放送で独演会か。笑

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 21:29 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632167115277996032
俺がルールブックだ、というのが安倍ちゃんの本音だろう。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 21:26 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632166412329422848
さすが国営放送で、安倍ちゃんの言い訳が長い。笑

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 21:24 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632165846589136896
自分としては、かなり危惧していた談話だったが、なんとかまともなラインで踏みとどまった感じかな。安倍ちゃんも、支持率が低下してきて焦りがあったのだろう。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 21:08 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632161769918562304
安倍内閣としては反省もお詫びもしないけど、引き継いではいるからヨロシクね!ということだろうな。安倍ちゃんらしい。笑

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 21:03 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632160558775570432
おー、安倍ちゃんがNHKに登場。さすがの国営放送。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/14 20:06 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/632146240407375873
天津、というと天津飯が思い浮かぶ程度だったが、今後は、爆発が思い浮かびそう。

 政治的な発言が多くなっている落合洋司弁護士(東京弁護士会)で、日本を救うために自らが政治家になりたいというような発言も、しがない弁護士がという相反する発言と織り交ぜてやってきたという経緯があります。そんなことより私が注視をするのは、かっての苛烈な警察、検察批判のことです。

 21時のNHKのニュース番組をみたあとは、報道ステーションをみています。「”戦後70年談話” 保阪正康氏に聞く」というタイトルでやっていますが色々な考えや批判があるものだと改めて考えさせられます。今は時間的な余裕も持てているので、警察、検察批判についても聞いてみたいところです。

 昨夜も同じことを思ったのですが、報道ステーションという番組はみていてとても不快な思いになることが多いです。感情的な問題だけではなく、偏向と独断や思いあがりを感じさせるからです。それでも見ているのはバランス感覚を養うためでもありますが、視聴率にはプラスで貢献というジレンマ。

 そういえば昨夜の報道ステーション、録画しながら見ていたのですが、少しテレビから離れることもあったと思います。それでしっかりした確認は出来ていないのですが、昨日の弁護士が被害にあった事件のことも取り上げてはいなかったように思います。あとで録画で確認します。

 昨日はNHKでも夜の番組では、弁護士が被害にあった事件の報道があったことを確認しませんでした。下半身の問題というイメージが強いので避けたのかとも考えましたが、離婚問題など弁護士が世の中の不幸や諍いを私利私欲の追求のために扇動しているも思える昨今なのでどうかとう観点です。

 戦争責任を含む戦後70年談話のこともありますが、紛争解決のプロフェッショナルの一人であり、元検事を売りにする落合洋司弁護士(東京弁護士会)が、どのようなよりよい対応を示せるものか、これまでの発言を注視していれば、良い方向では考えられないことですが、共通するものを感じます。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、市川寛弁護士、郷原信郎弁護士は全てが元検事であり、それを売りにしていることでも共通しています。検察の過去と未来を考える上でも、深刻かつ重大に注視して頂きたい面々です。そのための記録でもあります。

 私欲はともかく私利を優先しその自覚すらないという点でも、 落合洋司弁護士(東京弁護士会)、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、市川寛弁護士、郷原信郎弁護士は共通していると思います。元検事四天王とでも名付けたいぐらいです。漫画的に呆れた存在として。

 この元検事四天王は、これまでの警察、検察批判がどれほど正当で偏りがないものか、歴史的な記録と検証が必要なものと私は考えてきましたし、それを記録する行動として実践をしてきました。その趣旨の最前線が非常上告-最高検察庁御中ツイッター(@shirono)です。

 市川寛弁護士について少し書いておきますが、彼は陸山会事件の小沢裁判で痛烈な検察批判をTwitterのアカウントでやっていました。そのアカウントが忽然と消滅したのは、小沢裁判の無罪判決が出てから一月ぐらい経った頃であったと思います。

 それから月日が流れ、ふとしたことから再び市川寛弁護士のツイッターアカウントを発見しました。深澤諭史弁護士のりツイートがきっかけであったような記憶もありますが、こまかく正確なことは私のツイログで調べることが出来るかと思います。

 再び見た市川寛弁護士のツイッターアカウントは実名と弁護士であることが明記されたものでした。現在のものとたぶん変わっていないのではと思っています。

 深澤諭史弁護士のりツイートとして見たように思いますが、冤罪に関して次のようなツイートも行っています。次のツイートですが、あえて@をつけておきましょう。

投稿者: @imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/14 14:27 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/632060969741496320
冤罪は、事件または被疑者逮捕直後に捜査機関が流した筋にみんなが飛びつくところから始まる。

 これ一つを見ても、冤罪はともかく誤判や不当判決の被害者としては黙っていられないものがあります。

 新しい市川寛弁護士のアカウントを見つけた時、リツイートをやりまくりましたが、翌朝あるいは未明にはブロックされていました。特に印象的だったのが秋葉原無差別殺傷事件の犯人の兄弟が将来を悲観し、自殺したということを市川寛弁護士のツイートで知ったということです。

 リツイートのなりますが、深澤諭史弁護士のりツイートですごく考えさせられるものがあったので、掲載でと紹介します。私は取り返しのつかない過ちを犯し、それでずっと思い悩んだ時期がありました。主に何も出来なかった拘置所での生活です。謝罪や弁解のプロでもあるはずの弁護士の見方として。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/14 22:39 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/632184822861967364
RT @akishmz: 遅ればせながら帰宅してようやく首相談話を読みましたけど、つまり現在の日本国家からの「お詫び」はないし今後もするつもりはないと宣言もしたということだと思いますけど、で、何、NHKはこれをお詫びしたと報道したというの、どういう読解力? http://t.c
元のツイート)→ 投稿者:akishmz(SHIMIZU Akiko(清水晶子)) 日時:2015/08/14 20:41 ツイート: https://twitter.com/akishmz/status/632154954933768192
遅ればせながら帰宅してようやく首相談話を読みましたけど、つまり現在の日本国家からの「お詫び」はないし今後もするつもりはないと宣言もしたということだと思いますけど、で、何、NHKはこれをお詫びしたと報道したというの、どういう読解力? http://t.co/lDTuyBDpqL

 ここ数日、ツイートの数がずいぶんと減っているとも思いながら見ていた深澤諭史弁護士のツイッターのタイムラインです。弁護士の業界としての検証や反省はあり得ないのだろうとも思われてくれます。ペヤングなどの食品問題での社会的責任とのバランスの上でも深刻に考える弁護士業界です。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログで、まだコメント欄からの締め出しを受けていない時だったと思いますが、忘れられないコメントがモトケンから私に向けてありました。「私はバランスをとらなければなりませんかね」というような内容だと記憶にあります。

 今気がついたのですが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)の一連の戦後70年談話に関するツイートに対するリツイートが少なく、半分近くは0にも見えて、他のリツイートの数は1,2,3のみでした。フォロワーの数が多めなので変動は確認しづらいですが、そちらの影響はずっと前から感じていません。

 テレビではニュースZEROを見ていますが、今回の戦後70年談話は約3000文字だったということで、比較の村山談話は1200文字とのことです。3000文字といえば、旧司法試験の論文問題が1500文字ということになっていたかと思います。

 3000文字と聞くと大した量ではないと思っていたのですが、談話を直にテレビで見ていたので、実に長い時間だと感じていました。あとになってからアルプのテレビで約3000文字と知ったのですが、単純計算では1分に100文字ということになるのかと思われました。

 ツイートの140文字という文字制限より短いです。この計算だと10のツイートを読み上げるのに30分もかかることになるのかと考えました。書く時間と読む時間、読み上げる時間はそれぞれ違いがあると思いますが、これも考えさせられるところです。

 今日は次のニュース関連もテレビで繰り返し報道をみました。東京オリンピックのロゴマークをデザインした人物の盗用疑惑の問題です。これも色々と考えさせられるの多い問題です。禍福は糾える縄の如しとも言いますが、急展開の大きさをこれほど見せつけられたのはSTAP細胞以来です。

サントリービール「トートバッグ」配布中止!佐野研二郎デザインまたそっくり : J-CASTテレビウォッチ http://www.j-cast.com/tv/2015/08/14242701.html

 項目名を変更しました。「/序幕」という言葉を追加しただけです。長くなるので区切りを付けたいと思います。今日は久しぶりに写真資料をPicasaウェブアルバムにアップロードし、ブログの記事も作成しました。そちらの説明すらまだ始めていないと思います。

 今日は早めに寝るつもりでいたのですが、0時21分と日付も変わっているのに夕食も済ませていません。考えていることも多いですが、記述をしているのはその一部です。

2015-08-15 土曜日 00:23 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

告訴状・金沢弁護士会編/ブログ更新: 能登町と金沢弁護士会は、11日、高齢者や障害者が無料で弁護士に法律相談をできるなどとした協定の調印式を行いました。

* 告訴状・金沢弁護士会編/ブログ更新: 能登町と金沢弁護士会は、11日、高齢者や障害者が無料で弁護士に法律相談をできるなどとした協定の調印式を行いました。

2015-08-12 水曜日 23:43 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 タイトルは、ブログの記事にしたもののHatena::DiaryのブログのからのTwitterへの通知の内容です。廣野秀樹(@hirono_hideki)への通知になります。設定で自動に投稿されるものですが、次のツイートがそれになります。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 11:31 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631291973186494464
ブログ更新: 能登町と金沢弁護士会は、11日、高齢者や障害者が無料で弁護士に法律相談をできるなどとした協定の調印式を行いました。 http://t.co/opLK0Qd5Oh

 同じ内容を繰り返し書くことになるので、次もツイートを掲載しますが、7時47分ころのNHKの石川県内ニュースで知ったものです。今日は朝の5時50分ころから起きています。起きる時間が遅かったら、今でも知らずに終わっていた可能性が大きいです。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 07:48 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631235757747929088
金沢弁護士会と能登町の法律相談の協定、というNHKの石川県内ニュース

 本当はすぐに新規の項目を作って書き始めるつもりでいたのですが、久しぶりにココログフリーのアクセス解析のページを開いたところ、いつまで経ってもページの読み込みが終わらず、時間をおいて同じページを開こうとしたところ、間違ってブラウザのFacebookのタブを開いてしまいました。

 前から購読をしているFacebookページがあって、その投稿がちょうど目に止まりました。それがきっかけで知ることが出来たのが、次のネットニュース記事になりますが、時間的な記録も参考になるので、Twitterのツイートを次に掲載します。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 07:37 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631232989125550080
暴行事件公判:ビデオ差し押さえ要求…宮崎地検が上申書 - 毎日新聞 http://t.co/rfOz1rwQTQ

 話題を切り替えるつもりでいたのですが、さきほど2015年8月11日の北陸中日新聞の朝刊を開いて調べたところ、「能登」という紙面に記事がありました。ちなみに他には「金沢」という紙面と「石川総合」という紙面があります。ここに目を通すことは稀です。

 この北陸中日新聞の記事で確認をしましたが金沢弁護士会と能登町の調印式は2015年8月11日となっていました。他にテレビではなかった内容として、電話やファックスによる無料対応、ということと、奥能登では輪島市に次いで2例目ということが書いてありました。

 「暴行事件公判:ビデオ差し押さえ要求…宮崎地検が上申書 」については独立した項目として取り上げたいとも考えたのですが、分類分けで面倒を感じています。この記事でも新たな発見があり、いくらか疑問を解消することも出来ました。

 ツイッターでは全く確認していない問題ですが、奥村徹弁護士のツイートならば、探せばあるかもしれません。性犯罪を専門のようにしていることもあってか、ご自身の記録も考えておられるのか、この手の記事は他の弁護士とは違って、ツイートするという傾向性がうかがえています。

 見当たらないと思いながら奥村徹弁護士のタイムラインのツイートを遡っていて、記事の配信時間まで遡ろうと確認をしたところ、ずいぶんと数日前の記事らしく驚きました。 → 毎日新聞 2015年08月06日 21時16分(最終更新 08月06日 23時22分)

 見覚えのあるツイートが多いと思いながら奥村徹弁護士のタイムラインを遡っていたのですが、期待は外れず、関連ツイートを発見しました。しかし、本当にきれいに見落としていたものです。なにか教訓を得たような気がします。次のツイートです。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/08 07:54 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/629787785038200832
被告の弁護士は「(原本は被告の)防御にとって最も重要な客観証拠」と主張。裁判所が差し押さえを執行する場合は「刑事訴訟法に基づき押収拒絶権を行使する」とした。被告も意見陳述し「(女性たちは)そもそも自分から店に来ている」と無罪を主張 毎日新聞

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/08 07:50 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/629786648016846848
宮崎・暴行事件:ビデオ差し押さえ要求 地検が上申書提出
2015.08.07  毎日

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/08 07:49 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/629786423206371329
ビデオ差し押さえ申し立て マッサージ店事件公判で検察側 /宮崎県
2015.08.07 朝日新聞

 たまたまですが、別の問題で参考になるツイートを見つけました。次のツイートです。宮崎の強姦事件の求刑が懲役13年という比較の上で傍目からにはなりますが、参考になると思います。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/08 02:42 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/629709194891931648
多数回の児童強姦事件が懲役10年になるとして、それに児童ポルノ製造を併合すると、懲役11年になる。保護法益が不明確なので、それくらいの評価だ。




投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2013/05/09 01:48 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/332175121294958592
「長雨が続きすぎだ。このままでは農作物がダメになってしまう。そうだ!若い娘たちを人柱にして神様の怒りを解こう!」「人柱なんてとんでもない。第一そんなことしたって長雨が収まる保障なんてあるまい」「なら、お前、対案だせよ。出せないんなら、お前のところの18歳になる娘、人柱にするぞ」

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 11:56 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631298255406522368
RT @Hideo_Ogura: 自民党のシンパのお上手なところは、とにかく民主党をdisることを徹底したことですね。で、多くのインテリが、その誘惑に乗って民主党たたきに乗ったわけですよ。インテリさんは、他人をたたくの大好きですから。で、「受け皿ない論」→「何をされても自民党政…
元のツイート)→ 投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/12 11:53 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/631297541343031296
自民党のシンパのお上手なところは、とにかく民主党をdisることを徹底したことですね。で、多くのインテリが、その誘惑に乗って民主党たたきに乗ったわけですよ。インテリさんは、他人をたたくの大好きですから。で、「受け皿ない論」→「何をされても自民党政権」論につながったわけで。




(引用開始)
引用URL>>>>:http://mainichi.jp/select/news/20150807k0000m040093000c.html 暴行事件公判:ビデオ差し押さえ要求…宮崎地検が上申書 - 毎日新聞

地検は懲役13年とビデオ原本の没収を求刑しており、地裁も提出を求めていたが、公判で被告側は応じない意向を示した。ビデオの複製は既に証拠採用されている。検察側は「今後も原本が提出される可能性は低く、差し押さえを阻止するために隠匿する可能性も高い。被害者への精神的苦痛は明白で、没収の執行を担保するため速やかに差し押さえられることを強く求める」との上申書を提出した。

 これに対し、被告の弁護士は「(原本は被告の)防御にとって最も重要な客観証拠」と主張。裁判所が差し押さえを執行する場合は「刑事訴訟法に基づき押収拒絶権を行使する」とした。被告も意見陳述し「(女性たちは)そもそも自分から店に来ている」と無罪を主張。ビデオの撮影は「トラブル対策」が目的とし「女性はうそをつかないと信じる警察や検察に驚く」と述べた。

(引用終了)

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/07/21 19:29 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/623439589886181376
左派って、基本的に、基本的人権が手厚く保障されている状態を好ましいものと考えるので、自分たちの社会がそうあることに関心があるのですよね。だから、どうしても、日本国内の基本的人権の保障度を高めることに関心が向かってしまう。

 次のツイートも参考になりますが、見覚えのあるツイートです。リンクの記事は開いていなかったのですが、今開いて軽く目を通しました。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/07 21:36 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/629632125533196288
「もっと厳しく…」法務省による“性犯罪の厳罰化”検討に、それでも甘いという声が多数 http://t.co/hKpvHahU3n @IRORIO_JPさんから

 もう一月以上前になるかと思うのですが、NHKのニュース番組で、同じようなテーマを取り上げていて、幼女の時代に親戚から受けた性被害について、数千万円という損害賠償を認める判決が出たとも紹介していたと思います。後で調べるつもりでいたのですが、他に見かけることなく過ぎてしまいました。

 21時台のNHKのニュース番組だったと思いますが、テレビで取り上げていたのはそれだけでした。特定のキーワドが見つけづらいので、探しだすのは困難かもしれません。試みてみようとは思います。

 意外にたやすく見つけることが出来ました。消滅時効に対する裁判所の判断としてもすごく参考になることが書いてあるので、少し長くなりますが、部分引用をします。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.bengo4.com/saiban/1137/n_3441/ 幼少期の「性的虐待」40代女性が損害賠償を勝ち取る――請求が認められた理由は?|弁護士ドットコムニュース

幼少期にうけた性的虐待で、心的外傷後ストレス障害(PTSD)とうつ病などを発症した40代の女性が、加害者である叔父を相手取って裁判を起こし、損害賠償を求めていた。裁判は最高裁まで争われたが、最高裁第2小法廷は、叔父側の上告を棄却する決定を出した(7月8日付け)。これにより、叔父に約3000万円の損害賠償を命じた2審の札幌高裁判決が確定した。

女性は1978〜83年、3歳から8歳にかけて叔父から複数回の性的虐待を受け、PTSDの症状が出ていた。2006年には新たにうつ病の症状も発症。PTSDとうつ病の2つの病名を診断された2011年に提訴した。

問題は、性的虐待を受けてから、20年以上が経過していたことだ。民法上、不法行為があっても20年がたつと、「除斥期間」が経過したということで、被害者は損害賠償の請求ができなくなってしまうのだ。

1審の釧路地裁は、提訴時点で除斥期間が経過していたとして、女性の請求を棄却した。しかし、2審はうつ病発症の2006年を「起算点」とすることで、除斥期間はまだ経過していないと判断。男性に損害賠償を命じた。最高裁も2審の判断を支持した。

性的虐待にかぎらず、幼いころに虐待にあっても、その事実を周囲に表明できない人は少なくないだろう。そんな被害者にとって、今回の判決はどんな意義があるのだろう。虐待の問題に詳しい野田隼人弁護士に聞いた。

(引用終了)

 引用はしませんが、回答者の弁護士の名前には見覚えがあります。Twitterをやっていると思いますし、早い段階で廣野秀樹(@hirono_hideki)にフォローをしてきた弁護士アカウントかと思います。リムーブは確認していません。

 ちなみに、相手に知られずにリムーブ(フォローの解除)をする裏技として、一時的にブロックをしてすぐに解除をするという方法があるそうです。やったことはありませんが、やられた可能性が高いと思ったことはあります。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と関連のある人です。

 いずれ取り上げる予定でいますが、現役の警察官のツイッターアカウントらしく、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログの常連アカウントと同一人物と思われます。北九州の人らしいですが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)は所属などもしっていると発言していました。

 予告編のようになりますが、もっとも私に影響を与えたのが、次のツイートです。いずれ削除されるかとしれないと思っていましたが、削除というのも確認はしていません。探すのも半年ぶりぐらいになるのかな、と思っています。

投稿者:thermalpaper00(感熱紙(木星帰りの男)) 日時:2010/07/12 18:11 ツイート: https://twitter.com/thermalpaper00/status/18341637684
私のTL上に、自身が関係する刑事事件の調書等の証拠を再審請求のためと称して延々とHPにアップしている人がいる。今後取調べ可視化が実施された場合、上記のような事態を想定しておかなければ、自分の知らない所でプライバシーが垂れ流しとなる危険性がある。

 無事、ツイートの内容をAPIから取得出来ました。スクリーンショットなど記録が多数あるので、削除されても対処は出来たのですが、そのまま残っているのはなによりです。私はこの人、個人ではなく、日本の警察全体として内容を重く受け止めました。相乗効果もありますがその後の影響も大きいです。

 ツイッターのアカウントを見つけてまもなくだったと思いますが、向こうからフォローをしてきたのでフォローを返しました。その後、フォローが外れていることに気が付きました。私は定期的に、時間的に短い間隔でリムーブしたアカウントを確認し、リムーブのお返しを心掛けています。

 話題を変えますが、日付が変わっているので一昨日で11日になるかと思います、それまではTwitterの検索で「NHK まれ」としていたのですが、#まれ というハッシュタグでタイムラインを開くようになりました。ドラマの反応で参考になる情報が格段に増えました。

 1時20分ということで日付が変わっているので昨日の放送になりますが、ミステリーのようなドラマの展開になって、これまでになく続きが気になり、この先が読みづらいところがあります。ネタバレ情報も少しは見かけているので、方向性はつかめていますが、それでも見えづらくなっています。

 ハッシュタグのタイムラインでも話題になっていましたが、「ぺ」という落書きがありました。そのことでドリフターズのメンバーのブログで、タイトルに「ちゃんぺ」という文字があることに気が付きました。

 Twitterの画像は縦横比を無視してサムネイルが縮小されるので、「ちゃんぺ」という文字だけが、目に飛び込みました。そのことがきっかけで検索を始めたのですが、何かに導かれるように次々と新たな発見がありました。改めて説明するとわかりにくくなりそうなので一連のツイートを掲載します。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 12:31 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631307024341594113
ブログ更新: えっ?!「加トちゃんペ」をやったら刑務所行き?日本人の知らないタブー | 「マイナビウーマン」 - "=========== Meta ============ "StrID : 37081 "Title : えっ... http://t.co/ogkAHJSqV8

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 12:27 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631305977577517056
事故機の機長の娘、CAになっているという。ボイスレコーダーが発見。最後の交信と思われる。「父の最後の仕事の記録だと思っています。」という。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 12:23 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631305029799047168
「問い続けた30年 日航機事故の医事たち」という番組がNHKで始まっている。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 12:03 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631300028368330754
「七尾市最大の神社で 青柏祭や祇園祭などの七尾市中心部の祭の拠点である。」「明治15年(1882年)、山王社と祇園牛頭天王社(八坂神社から勧請)を統合し大地主神社と改称。」  http://t.co/DdElijfRQL

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 11:51 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631296906338168832
岐阜の米焼酎。酒名は、岐阜の方言で「父ちゃん」の意。 http://t.co/klBVGHDXWj

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 11:49 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631296495250243584
若者やネオナチの間で広まっているサインがこの「加トちゃんぺ」。鼻下に指をあてて、ヒトラーのチョビひげを象徴するジェスチャー。 http://t.co/wkPbuCCQPX

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 11:44 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631295036559388672
「長雨が続きすぎだ。このままでは農作物がダメになってしまう。そうだ!若い娘たちを人柱にして神様の怒りを解こう!」「人柱なんてとんでもない。第一そんなことしたって http://t.co/Yadt6ylxMR

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 11:41 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631294512221028352
七尾市に本当にある饅頭らしい。昔、娘を神様の人身御供の歴史があり、娘の代わりに饅頭にしたといういわれがあるという。 →  http://t.co/RuCUUBmT0v

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 11:35 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631292964451524609
石川県で「ちゃんぺ」がどういう意味の方言か理解されているのか大きな疑問。→  http://t.co/lHifG8MJfs

リツイート)→  投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/12 11:31 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/631291992975081472
RT @tomoda_san: ”ぺ”と言えば・・・
(絶対関連性がないという自信あり)
#まれ http://t.co/xF3SHpq271
元のツイート)→ 投稿者:tomoda_san(TOMO) 日時:2015/08/12 11:18 ツイート: https://twitter.com/tomoda_san/status/631288708382064640
”ぺ”と言えば・・・
(絶対関連性がないという自信あり)
#まれ http://t.co/xF3SHpq271

 「ちゃんぺ」について調べたところ、福井県を確認しましたが、たぶん富山県も同じで、北陸三県で共通の方言かと思います。最近は耳にすることもない言葉になっていますが、調べたところ、女性器を指すというというだけで、性行為を指すという情報は見かけませんでした。

 この「ちゃんぺ」という方言は、使う人は頻繁に連呼するという特徴がありました。その一人が被告訴人多田敏明でした。1月の終わり頃には、和田君と二人、私と被害者AAさんが二人でいた2階事務所に入ってきて、「チャンペの匂いがする」と喜んでいました。

 船凍イカの積み替えを手伝ってきたという話でした。市場急配センターの仕事とは考えにくいので、金沢市場輸送の仕事と思われました。さらに可能性が高いと思われたのは、金沢市場輸送が輪島屋鮮冷から頼まれた中継の仕事ということです。

 「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」でも書いたか、書いていないかはっきり思い出せないのですが、これは比較的重要な事実を含みます。今では事実の確認も難しいかと思いますが、平成4年の裁判では、早い段階から書面に繰り返し書いてきた事実の一つのはずです。

 それは、被告訴人安田敏が輪島屋鮮冷で4トン車の長距離のしていた頃という話で、北陸道の朝日インターのあたりで、彼が居眠り運転をしていたところ、それを避けた大型トラックが、高速道路の本線から飛び出し、崖下を転がり落ちたということを、私に語っていました。

 崖下に落ちた運転手は怪我をしなかったとか、弁償とかの話もなく許してくれたとか、実に軽い話の語り口でしたが、これは聞いた時からおかしな話だと思い半信半疑でした。

 被告訴人安田敏は船凍イカを積みこむのに急いで、小木港に向かっていたとも話していました。朝日インターで高速を降りたとも話していたような気がするのですが、急いでいるのに朝日インターに降りるのは、通行止めでもない限りありえないことです。

 朝日インターは新潟県から富山県に入って初めてのインターでもあり、能登に向かうのであれば、降りるインターは滑川か小杉の二択だと思います。時間帯にもよりますが、小杉の方はいくらか遠回りになる気がしていたので、どちらが早いのか悩ましいところでもありました。

 それに4トン車に船凍イカを積むというのも聞いたことのない話でした。当時の輪島屋鮮冷ならば満載で8トン以上を積んでいたのかもしれませんが4トン車で小木港まで行って船凍イカを積んだという話は聞いたことがありませんでした。小木のトラックでも4トン車というのは見かけた覚えがありません。

 小木港のトラックで見かけたいたのは10トン車か6トン車でした。6トン車は昭和59年当時には金沢市場輸送でも2台いました。宇出津の漁運会のトラックでも6トン車が多かったと思います。そう言えば、一時期被告訴人OKNが漁運会のトラックに乗っていると話していましたが、あれも6トン車。

 私も小木港の船凍イカは、小口では積んで運ぶことがありましたが、小木港まで積みに行ったことは一度もありませんでした。被告訴人安田敏が小木港に向かっていたとウソをついたとも考えにくいところですが、それよりも朝日インターの大型車転落そのものが事実なのかは、大きな疑問です。

 大型車の転落の話は、内浦町新保のKOから聞いた新潟運輸の関越自動車道の横転事故のことを彷彿とさせました。「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」には書いたと思いますが、私より1つ年上の松波中学校の有力相撲部員の自殺の話です。

 それはないだろうと思いますが、仮にそのような事故や自殺の事実がなかったとすれば、金沢市場輸送の闇は、いっそう深く大きなものとなってきます。それが平成3年以降の計画的な演出の動機や目的につながっていたという可能性も、軽視することが許されない問題となります。

 何時頃に内浦町新保のKOから聞いた話なのかも正確には思いだせませんが、被告訴人東渡好信と輪島の浜上さんが一緒に金沢市場輸送に入ってきた平成2年の秋よりあとであった可能性もあります。そこを区切りにすれば、後であったという可能性のほうが高いという記憶の感覚があります。

 この事実も早い段階から繰り返し裁判の書面に書いた来たはずです。金沢地方検察庁であれば、事実の確認も捜査の権限で、実に簡単に出来たことと思います。自殺したとされる松波の人の名前は、今でも憶えています。

 それといくらか似たような話もありました。12月の年末のことで、12月の22日の日曜日の夜です。前日の21日の昼にトラックの窓から外に投げ捨てていたプレゼントのネックレスを持って、被告訴人安田敏の花里のアパートに行き、被害者AAさんに渡してくれることを頼んでいました。

 意外にすんなりと私の頼みをきいてくれるような態度で、手渡すプレゼントも受け取ったくれたのですが、そのあと、被告訴人安田敏に電話が掛かり、今から豊橋に走ることになったという話でした。

 被告訴人東渡好信からの電話だと被告訴人安田敏は言っていたように思いますが、被告訴人松平日出男からの電話とも思えるような話しぶりで、もったいをつけて揺さぶりを掛けているようにも、なにかを伝えるため暗号を送っているようにも思えるような不自然さの感じられる電話での対応でした。

 なによりも不自然に思えたのは、終始、私が訪ねてきた時から被告訴人安田敏がすこぶるご機嫌だったということです。電話がかかって来た時間は22時か22時半頃、あるいは23時頃だったかもしれません。

 日曜日の夜ですから休みであったのだと思いますが、これから寝るような時間に会社の者から電話がかかって来て、いきなり豊橋に走れと言われれば、普通は考えこむか、いくらかは不機嫌になるはずではないかと思いました。その前から珍しく機嫌がよかったので、その流れなのかとも考えましたが。

 電話を終えた被告訴人安田敏は、今から豊橋に走ることになったと言い、その理由として、津幡の山下君が、東インターの近くで運転中のトラブルでケンカになり、道路に頭を打ち付けて、しばらく気を失っていたという話でした。

 私は被告訴人安田敏の話を聞きながら、怪我の程度は軽いのだろうという印象を受けましたが、被告訴人安田敏の対応があまりにすいすいと進んだので、これは初めから知っていた。示し合わせての物語なのではないかとも考えました。

 その夜はもう一つ大きな変化がありました。「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」には書いたと思いますが、それまで絶対に顔を見せようとはせず、同じ部屋にいても別途でずっと毛布を頭からかぶり続けていた被告訴人安田敏の彼女が初めて私に顔を見せたのです。

 それも出産予定日の直前でした。被告訴人安田敏は12月25日が誕生日といい、生まれてくる子供の出産予定日がそれとごく近いので、誕生日が同じ日になるかもしれないと話していました。実際に出産をしたのも、その夜から2,3日後と聞いたように思います。

 そればかりでなく、被告訴人安田敏の彼女は、マタニティの服ではなく、高校生やその先生が部活で着るような地味なジャージの姿で、上着のファスナーも開けていたように思います。とにかく大きくなったお腹がとても目立っていました。その時は彼女もとても穏やかで機嫌もよく見えました。

 彼女と書きましたが、いつ入籍したのかは知らず、出産の数日前となれば、その頃には入籍も済ませていた可能性が高いので妻と書くべきかと思いましたが、顔見せをずっと拒絶してきた経緯があるので、その平成3年の7月頃からの一連の流れとして、彼女と書きました。

 被告訴人安田敏の妻についてはまた書く機会もあるかと思います。「ちゃんぺ饅頭」でいくら検索をしても七尾市の神社には辿りつけなかったのですが、その前にラジオニュースのYouTubeで詳細は聞いていました。

 娘を人身御供に差し出す代わりに、女性器をかたどった饅頭をお供えにするという話でしたが、これは能登に住んでいても初めて聞く話で、「ちゃんぺ饅頭」という言葉を見た時は、何事なのかと本当に驚きました。ドリフターズのメンバーのことで検索をした時に出てきたのだと思います。

 これで真っ先に思い浮かんだのが、片時も忘れることはない小倉秀夫弁護士のツイートのひとつです。それが次のツイートです。本書に収録予定のファイルでも、初めての掲載ではないようにも思えます。まさに、神様になったような弁護士のツイートです。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2013/05/09 01:48 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/332175121294958592
「長雨が続きすぎだ。このままでは農作物がダメになってしまう。そうだ!若い娘たちを人柱にして神様の怒りを解こう!」「人柱なんてとんでもない。第一そんなことしたって長雨が収まる保障なんてあるまい」「なら、お前、対案だせよ。出せないんなら、お前のところの18歳になる娘、人柱にするぞ」

 このツイートの内容はいろいろな私の経験や被害者AAさん家族との関係とも結びついて大きな意味をもつものです。要素の一つが「伝説の巫女」であり、複合的に発展して「泥棒神社」を思いつくに至りました。ツイログで初めに出た時期を調べてみたいのですが、まだ実行はしていません。

 泥棒かどうかは別にして、神様でも疫病神としか思えない弁護士が多いです。饅頭の七尾市の神社が大きな神社で、青柏祭と祇園祭の神社というのも初めて知りました。地元では青柏祭が有名です。祇園祭のことは私も最近になってネットで知ったのですが、宇出津のあばれ祭りに似ているようです。

 宇出津の八坂神社と同じく牛頭天王が祀られているというのも初めて知りました。宇出津のあばれ祭りの由来では、「泥棒風」と呼ばれる疫病が流行り、神霊の化した青蜂が人々を救ったという言い伝えになっているようです。なぜ「泥棒風」と呼ばれたのかはわかりませんが、ずっと引っ掛かっていました。

 私は金沢刑務所の拘置所にいるとき、官本で「能登怪異譚」という比較的薄い本を読んだのですが、なかなか昔話でもミステリアスな内容でした。最近はいくらか抑制されているようにも思いますが、小倉秀夫弁護士のツイートも歴史物語以上にわかりやすくもありミステリアスです。

 時刻は3時18分になっています。眠くもならなかったので続けて書いていましたが、けっこう書きたかった内容は一通り書くことが出来たようにも思います。なにか忘れているものもあるような気がしているのですが、駆け足で書いたので、それもそうかと思います。また思い出すこともあるでしょう。

 金沢弁護士会と能登町の高齢者と障害者を対象にした無料法律相談の調印式があったのと、同じ2015年8月11日に、なにも知らずに、金沢弁護士会を大々的な歴史的ドキュメントの記録として取り上げることを宣言したのでありますから、奇遇でもあり、偶然ではないものがあるようにも感じています。

 救済に訪れた神々のようにも見える金沢弁護士会であり、そうみるのが素直な見方なのかとも考えますが、なにか引っかかるようなものも感じ、木梨松嗣弁護士らのこともあるので、手放しで歓迎することなどとても出来ません。進行中の連続テレビ小説まれ、のドラマの展開にも似た不穏さえも。

 そろそろこの項目の締めくくりをしたいと思いますが、伝説の巫女の情報を一部、引用で掲載したいと思います。私が羽咋市から宇出津に戻ってきた頃に、その頃はまだあった宇出津の町のパチンコ店のスロット機で、よく見ていた物語のようなお話です。

(引用開始)
引用URL>>>>:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%AD%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E5%B7%AB%E5%A5%B3 パチスロ伝説の巫女 - Wikipedia

ストーリー

今もまた古(いにしえ)の頃、九九九年前。四方を海に囲まれ、異国文化と交わる事の無い島国が、悪霊妖怪によって壊滅状態に陥った。多くの犠牲者の魂が、島の中心に位置する神社の境内に集結し、巨大な神火となった。その炎の中から、一人の戦士が現れる。彼女の名は、炎の巫女戦士。人々の希望と哀しみを正義の炎に変え、悪霊妖怪達を封印した。

時は流れ、伝説は再び繰り返される。島の中心に位置する村民のシンボル、『もののけ神社』の占拠を足がかりに、島国の独占を謀る愚霊斗武者率いる悪霊妖怪軍団。彼らの陰謀を阻止すべく、かえでとその仲間達は立ち上がる。

(引用終了)*

 この物語は、パチスロ機が放置されている状態の液晶画面に流れていました。パチンコ機の方にはなかったと思います。パチスロ機では3つのビックボーナスのパターンがあって、流れる曲も違っていましたが、その一つには「愛娘」という曲もありました。演出を見ていると輪島の海を思い出しました。

2015-08-13 木曜日 03:41 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/「個々の弁護士が、無償で、あるいは報酬が少ないなか、情や使命感などを支えにして、苦しみながら一所懸命仕事を」という深澤諭史弁護士のりツイート

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/「個々の弁護士が、無償で、あるいは報酬が少ないなか、情や使命感などを支えにして、苦しみながら一所懸命仕事を」という深澤諭史弁護士のりツイート

2015-08-12 水曜日 23:08 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 タイムラインの流れというのも意味のある情報なので、前後に一連した流れの深澤諭史弁護士のりツイートあるいはツイートを次に掲載します。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 22:58 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631464659573346304
RT @yanoken2014: 丁度30年前の今日は御巣鷹の日航機墜落事故です。画像は事故直後に発売されたコロコロコミックでの被害者の追悼記事です。「現場にはドラえもんやパーマンの本がバラバラになっていた」というのが悲惨さを物語っています。当時の被害者の皆様に黙祷。 http…
元のツイート)→ 投稿者:yanoken2014(矢野けんご) 日時:2015/08/12 08:10 ツイート: https://twitter.com/yanoken2014/status/631241367050555396
丁度30年前の今日は御巣鷹の日航機墜落事故です。画像は事故直後に発売されたコロコロコミックでの被害者の追悼記事です。「現場にはドラえもんやパーマンの本がバラバラになっていた」というのが悲惨さを物語っています。当時の被害者の皆様に黙祷。 http://t.co/B9Te7fhZ6D

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 22:48 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631462356296425473
RT @YangWen_li: 正しい判断は、正しい情報と正しい分析の上に、はじめて成立する
元のツイート)→ 投稿者:YangWen_li(ヤン・ウェンリー) 日時:2015/08/12 09:39 ツイート: https://twitter.com/YangWen_li/status/631263725048041472
正しい判断は、正しい情報と正しい分析の上に、はじめて成立する

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 21:47 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631446996201508864
RT @guchirubuka: 小学生「ばーかばーか、はいタッチバリアーww」

リクルート出身で世界を飛び回る経営者「ばか。おまえばか。ブロック」
元のツイート)→ 投稿者:guchirubuka(部下) 日時:2015/08/12 21:35 ツイート: https://twitter.com/guchirubuka/status/631443982648672256
小学生「ばーかばーか、はいタッチバリアーww」

リクルート出身で世界を飛び回る経営者「ばか。おまえばか。ブロック」

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 21:31 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631442931379892224
RT @eeyy888777: @take___five 思っているでしょうね。責任はとらないでしょうが。しかし弁護士のそういう仕事を経験すれば、成仏理論なんて口がさけても言えないと思います。社会のため、などと言葉で言うのは簡単ですが、一つ一つの事件に当たってみれば、それがどれ…
元のツイート)→ 投稿者:eeyy888777(シリウス) 日時:2015/08/10 23:47 ツイート: https://twitter.com/eeyy888777/status/630752278790549505
@take___five 思っているでしょうね。責任はとらないでしょうが。しかし弁護士のそういう仕事を経験すれば、成仏理論なんて口がさけても言えないと思います。社会のため、などと言葉で言うのは簡単ですが、一つ一つの事件に当たってみれば、それがどれだけ難しいことかわかると思います。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 21:31 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631442918071373824
RT @take___five: @eeyy888777 むしろ「自分は公務員として薄給で法曹界を盛り上げるために尽力してきた。弁護士以上に無償で頑張ってる」くらい思ってるかもしれません。
元のツイート)→ 投稿者:take___five(take-five) 日時:2015/08/10 23:38 ツイート: https://twitter.com/take___five/status/630750066836307968
@eeyy888777 むしろ「自分は公務員として薄給で法曹界を盛り上げるために尽力してきた。弁護士以上に無償で頑張ってる」くらい思ってるかもしれません。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 21:31 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631442906516033536
RT @eeyy888777: @take___five 個々の弁護士が、無償で、あるいは報酬が少ないなか、情や使命感などを支えにして、苦しみながら一所懸命仕事をしているのを理解していないのは、自分がそのような仕事をしたことがないからでしょうね。
元のツイート)→ 投稿者:eeyy888777(シリウス) 日時:2015/08/10 23:34 ツイート: https://twitter.com/eeyy888777/status/630749049117741056
@take___five 個々の弁護士が、無償で、あるいは報酬が少ないなか、情や使命感などを支えにして、苦しみながら一所懸命仕事をしているのを理解していないのは、自分がそのような仕事をしたことがないからでしょうね。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 21:31 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631442891433381888
RT @take___five: 成仏理論に腹が立つ理由の一つはそれじゃないかと思ってる。「弁護士が手弁当でやらなきゃいけないこともあるけど、そのような活動が日本を支えてきた」という感じではなく、「稼ごうというのがそもそも間違い。むしろ無償でやれ」という感じがするのに腹がたつ。…
元のツイート)→ 投稿者:take___five(take-five) 日時:2015/08/10 23:21 ツイート: https://twitter.com/take___five/status/630745915351961600
成仏理論に腹が立つ理由の一つはそれじゃないかと思ってる。「弁護士が手弁当でやらなきゃいけないこともあるけど、そのような活動が日本を支えてきた」という感じではなく、「稼ごうというのがそもそも間違い。むしろ無償でやれ」という感じがするのに腹がたつ。しかも自分は実践してないから余計に。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 21:29 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631442257833373696
>RT
これが本当だったら,もはや「裁判」ではないな。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 21:20 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631440083879485440
RT @hKodama: これが本当の話であるとすれば、とんでもないことであるが、被告人が創作できるような話でもなさそうなのである。 http://t.co/1o3E4yn7Qz
元のツイート)→ 投稿者:hKodama(HRK) 日時:2015/08/12 21:17 ツイート: https://twitter.com/hKodama/status/631439432894144512
これが本当の話であるとすれば、とんでもないことであるが、被告人が創作できるような話でもなさそうなのである。 http://t.co/1o3E4yn7Qz

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 21:14 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631438688430350336
過払い金については詳しくないですが,一々突っ込むのもめんどうなものがTLにながれてきましたね。
(・∀・;)ベンキョウシテカラツブヤコウ

 APIでのデータの取得になりますが、デフォルトでは直近の10件のツイート・リツイートになるかと思います。この項目のピンポイントになるものだけ、URLを含む部分を告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)にAPIでツイートします。

 ほぼ毎日、チェックをしている深澤諭史弁護士のタイムラインですが、リツイートのほとんど全部は、賛同型と思っています。人によって受け取り方は異なるかもしれないので、あくまで私個人の感覚です。

 ずいぶんと前から時折見かけてきた弁護士若しくは弁護士と思われるアカウントのブログの記事やツイートと同趣旨で、踏襲している伝統的な弁護士界の認知・思考パターンの典型の一つかと思います。そういう意味で掲載をしました。是非、参考にしていただきたいところです。

 何度も同じ事しか書けないですが、深澤諭史弁護士が私のツイッターアカウントのタイムラインでツイートを読んでいるか、読んでいないかは確認が出来ません。ツイッターにはそのような確認の出来る機能もないかと思いますし、今後の機能の追加も期待は出来ないでしょう。残念ですが限界があります。

 確かなことは今現在の時点でも、廣野秀樹(@hirono_hideki)のアカウントが深澤諭史弁護士のアカウントにブロックされているということです。定期的にやっていることですが、次がスクリーンショットの記録になります。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/12 23:22 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/631470937255186432
2015-08-12-232252_ブロックされているため、@fukazawasさんをフォローしたり、@fukazawasさんのツイートを見ることができません。詳しくはこちら.jpg http://t.co/Ulv9i8GVx6

 告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)のアカウントは前に確認をした時点でもブロックはされていませんでした。半月は経っていないように思います。そのブロックされていないアカウントから深澤諭史弁護士のアカウントにメンションを飛ばしてことになるかと思います。

 今日、予定していたことは明日への繰り越しになるかと思います。ちょっとは書いておきたいとも思っていますので、実行にするかはもうしばらく考えます。

2015-08-12 水曜日 23:29 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<








| | コメント (0) | トラックバック (0)

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/「>RT これが本当だったら,もはや「裁判」ではないな。」という深澤諭史弁護士のツイートと直前のリツイート

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/「>RT これが本当だったら,もはや「裁判」ではないな。」という深澤諭史弁護士のツイートと直前のリツイート

2015-08-12 水曜日 22:46 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 本日は午前中から、本書の編集・作成の予定が狂いっぱなしで、書くべきことが増えっぱなしで困っていたのですが、この直近に見た。深澤諭史弁護士のツイートについて、まずは取り上げて記録にしておきたいと思います。次にいつもの通りツイートの内容を掲載します。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 21:29 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631442257833373696
>RT
これが本当だったら,もはや「裁判」ではないな。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 21:20 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631440083879485440
RT @hKodama: これが本当の話であるとすれば、とんでもないことであるが、被告人が創作できるような話でもなさそうなのである。 http://t.co/1o3E4yn7Qz
元のツイート)→ 投稿者:hKodama(HRK) 日時:2015/08/12 21:17 ツイート: https://twitter.com/hKodama/status/631439432894144512
これが本当の話であるとすれば、とんでもないことであるが、被告人が創作できるような話でもなさそうなのである。 http://t.co/1o3E4yn7Qz

 深澤諭史弁護士の「これが本当だったら,もはや「裁判」ではないな。」というツイートの発言が、まるでモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の発言によくあるスタイルに見えて、新味も感じました。新たなステージへの移行も感じさせてくれるものです。

 元のツイートのアカウントですが、国道54号線という道路標識をアイコンに使っています。私がツイッターを初めて間もない頃から見ていた記憶があるのですが、ブロックされたような記憶もあって、改めて確認をしたところタイムラインが普通に表示されたので、ブロック中ではなさそうでした。

 私自身が昨日のツイートで、岡田進弁護士と木梨松嗣弁護士によってもたらされた確定判決のことを、裁判ではなく明らかな犯罪というような趣旨の宣言をしたかと思いますが、今日はそのツイートのひと纏りである項目をブログの記事として投稿したところでもありました。次の記事です。

告訴状・金沢弁護士会編/社会的記録と問題提起を重視した新たな書面の構成と、その他の問題との関連及び位置づけについて http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-99d5.html

 先に読んでいたのは、深澤諭史弁護士のタイムラインでのその後のリツイートですが、その内容があればこそ、一層引き立つ、この深澤諭史弁護士のツイートとリツイートです。そのその後のリツイートは、この後の項目で取り上げます。

2015-08-12 水曜日 23:00 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

告訴状・金沢弁護士会編/社会的記録と問題提起を重視した新たな書面の構成と、その他の問題との関連及び位置づけについて

* 告訴状・金沢弁護士会編/社会的記録と問題提起を重視した新たな書面の構成と、その他の問題との関連及び位置づけについて

2015-08-11 火曜日 16:33 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 ややこしいタイトルをつけましたが、目的と趣旨を明確にするため、これまでとは違った記述をしたいと考えるようになりました。本書は、社会的ドキュメンタリ性、記録資料をこれまで以上に意識して構成を組み立てます。

 石川県警察とは違い、この問題について金沢弁護士会に連絡をする予定はありません。社会的なメッセージとして記録し問題の提起を行うものですが、それに対して、この情報化社会に対して同会がどのような対応をとるかを、記録的資料とするものであります。

 タイトルの文字列が長すぎると取り扱いにも支障が出ますので、この項目の一つ親の項目名において、(以下「告訴状・金沢弁護士会編」と表記)という断り書きを入れました。

 問題の大きな切り分けとして、金沢弁護士会のこれまでの対応と、金沢弁護士会のこれからの対応があると考えます。これは検察や裁判所を相手にしたいわゆる国賠の問題と、石川県警察を監督する立場にあると思われる自治体としての石川県などとの将来的な法的問題の解決を前提にした対処です。

 私はこれまで木梨松嗣弁護士のことや裁判の問題を再審請求という方法で、およそ20年ほどの間、解決する方途を模索してきました。時間の経過とともに吹っ切れた部分もあったり、時間の投資で確認できたことも多々あろうとかと思います。

 現在は、木梨松嗣弁護士に対する殺人未遂容疑での刑事告訴の手続きを金沢地方検察庁に進めているところであって、本書はその告訴状です。本来ならば告訴事件の事実関係に絞って告訴状を作成すべきかと思いますが、進めているうちに新たな問題が見えてきました。

 告訴事件は、まず検察庁の受理という関門があって、その先には起訴と不起訴の判断という大きな分かれ目があります。起訴されれば刑事裁判になりますが、判決の確定までとなると、まったく予想もつかない年月の経過が見込まれるところであります。

 基本的には木梨松嗣弁護士が控訴審の私選弁護人となった平成4年の8月を起点と考えておりますが、となるとそれだけで23年の年月が経過したことになります。当然、初めから被害や深刻な権利侵害を受けているという自覚はありませんでした。

 そのような考える機会も与えないほどに、木梨松嗣弁護士は強引かつ一方的に刑事裁判の手続きを進め、精神鑑定を受けたという結果を残し、事実上判決を確定させました。

 これはもはや刑事裁判などではなく、弁護士として弁護人としての権限と立場を利用しただけの明らかな犯罪行為です。本来、検察官には裁判を監督するという法律で決められた役割があると聞きますが、当事者主義が刑事裁判の原則でもあります。

 刑事裁判以前の金沢西警察署の捜査や取り調べにも問題はあったとうかがわれます。そういう問題性は、一審の国選弁護人になった岡田進弁護士の段階で吹き飛ばされ、法律の素人をいいことに事態が事情が飲み込めないままに結審させ判決に至らしめました。

 もっとも「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」に書いたと思いますが、一審の初公判が始まる前の段階で、木梨松嗣弁護士と岡田進弁護士の間で、共謀形成のごとき示し合わせがあったということも考えられるので、岡田進も刑事事件関与の対象として捜査する必要があります。

 平成4年の傷害・準強姦被告事件は、平成9年1月の福井刑務所の満期出所後も、私と被害者AAさん家族の間に、大きな影を落とし、関係がこじれて平成11年8月の被害者AAさんの実の父親AKさんに対する傷害事件にまで発展しました。

 本当は、こじれたとかそういう簡単な言葉でくくれるような経過ではないのですが、「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」でもこの点はまだ詳しくは記述をしていないかと思います。

 その前の、私が福井刑務所に服役中の段階で、約3600万円の損害賠償を求める民事裁判を被害者AAさんの名義として長谷川紘之弁護士が原告訴訟代理人となって起こされました。

 本書に収録予定のファイルにも既に書いたように思いますが、訴訟関係の記録がほぼ同時に差し入れられたことから、この民事裁判には木梨松嗣弁護士も一枚噛んでいた形跡がうかがえるところです。

 今初めて考えた新たな可能性ですが、長谷川紘之弁護士は自作の狂言強盗をでっちあげて、大きなひと芝居を打ったという可能性すらあるように思えてきました。少なくとも古川龍一裁判官を巻き込んで正当性と信用を与えたことは確かです。

 「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」では詳しく書いたと思いますが、担当裁判官だった古川龍一裁判官は、私が平成11年の傷害事件で金沢刑務所に服役しているときに、司法最大の汚点とか言われる大問題を起こし、弾劾裁判にもなったという記憶があります。

 なぜ長谷川紘之弁護士が原告訴訟代理人になったのか、その経緯や被害者AAさん家族との関係については、これまで一切話を聞いたことがなく、何もしりません。

 訴状には弁護士費用の250万というのも請求の内訳として書いたあったと思います。民事裁判はほとんど原告の請求通りで、僅かな減額はあったと思いますが、それでも3600万円以上の認容額であったと思います。

2015-08-11 火曜日 17:53 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<


2015-08-12 水曜日 12:10 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 主にテレビでのことですが、今日は朝からいろいろあったので、予定を変更した記述になります。本当は長谷川紘之弁護士と古川龍一元裁判官にスポットをあてて取り上げる予定でいました。抱き合わせも考えたのですが、どちらも独立した項目にするつもりです。

 この項目では、金沢弁護士会と石川県、石川県警察と石川県について、もう少し詳しく具体的に書くつもりでいたのですが、前者の方は石川県の各自治体と金沢弁護士会、という関係で取り上げるネタをテレビで知ることになりました。NHKで7時47分ぐらいの放送でした。

 次に書く項目では、「金沢弁護士会と能登町の法律相談の協定、というNHKの石川県内ニュース」を中心に、高齢者の法律問題やストーカー問題、法律相談等を取り上げます。今朝見つけた宮崎の強姦事件示談交渉の弁護士の問題も抱き合わせて言及したいと考えています。新たな発見がありました。

2015-08-12 水曜日 13:53 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<




投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2013/05/09 01:48 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/332175121294958592
「長雨が続きすぎだ。このままでは農作物がダメになってしまう。そうだ!若い娘たちを人柱にして神様の怒りを解こう!」「人柱なんてとんでもない。第一そんなことしたって長雨が収まる保障なんてあるまい」「なら、お前、対案だせよ。出せないんなら、お前のところの18歳になる娘、人柱にするぞ」

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/12 11:56 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/631298255406522368
RT @Hideo_Ogura: 自民党のシンパのお上手なところは、とにかく民主党をdisることを徹底したことですね。で、多くのインテリが、その誘惑に乗って民主党たたきに乗ったわけですよ。インテリさんは、他人をたたくの大好きですから。で、「受け皿ない論」→「何をされても自民党政…
元のツイート)→ 投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/12 11:53 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/631297541343031296
自民党のシンパのお上手なところは、とにかく民主党をdisることを徹底したことですね。で、多くのインテリが、その誘惑に乗って民主党たたきに乗ったわけですよ。インテリさんは、他人をたたくの大好きですから。で、「受け皿ない論」→「何をされても自民党政権」論につながったわけで。




(引用開始)
引用URL>>>>:http://mainichi.jp/select/news/20150807k0000m040093000c.html 暴行事件公判:ビデオ差し押さえ要求…宮崎地検が上申書 - 毎日新聞

地検は懲役13年とビデオ原本の没収を求刑しており、地裁も提出を求めていたが、公判で被告側は応じない意向を示した。ビデオの複製は既に証拠採用されている。検察側は「今後も原本が提出される可能性は低く、差し押さえを阻止するために隠匿する可能性も高い。被害者への精神的苦痛は明白で、没収の執行を担保するため速やかに差し押さえられることを強く求める」との上申書を提出した。

 これに対し、被告の弁護士は「(原本は被告の)防御にとって最も重要な客観証拠」と主張。裁判所が差し押さえを執行する場合は「刑事訴訟法に基づき押収拒絶権を行使する」とした。被告も意見陳述し「(女性たちは)そもそも自分から店に来ている」と無罪を主張。ビデオの撮影は「トラブル対策」が目的とし「女性はうそをつかないと信じる警察や検察に驚く」と述べた。

(引用終了)*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/弁護士業界による深刻な権利侵害と深澤諭史弁護士のツイート・被害者AAさんの家族への23年以上放置され続けている権利侵害の実態の参考、導入編

* 警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/弁護士業界による深刻な権利侵害と深澤諭史弁護士のツイート・被害者AAさんの家族への23年以上放置され続けている権利侵害の実態の参考、導入編

2015-08-10 月曜日 10:58 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 さっそくですが、深澤諭史弁護士のツイートをさきほど探しだしていたところ、一つ勘違いしていたところがありました。その都度、本書に盛り込んで記録をしておかないと、あとで探しだすのも面倒なことになるとあらためて実感しました。

 ツイログに登録されていれば飛躍的に軽減できる手間でもあるのですが、深澤諭史弁護士や小倉秀夫弁護士はツイログに登録をしていないので、個人的にファイルなどに記録をしても探しだすのが大変な手間になってしまいます。なお、登録されていない場合、ツイログに表示されるのは最新の200件のみ。

 とにかく探しだしたツイートを次に掲載します。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/07/23 11:33  ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/624044678606798852
悪徳弁護士は淘汰されるから,大丈夫なんじゃなかったっけ?
(・∀・)

<成年後見>着服事件相次ぐ 弁護士にも監督人(毎日新聞) - Yahoo!ニュース http://t.co/LFIQkEYZA6

 弁護士の不祥事に対するコメントとしての意味はあるのですが、深澤諭史弁護士が取り上げたニュース記事の内容が思っていたものとは違っていました。

 これは深澤諭史弁護士のツイートの記録より、私のツイログから(廣野秀樹(@hirono_hideki))、調べたほうが早いかと思われます。調べる方法としての手順も、参考としてご紹介したいと思います。

廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜(@hirono_hideki)/「着服」の検索結果 - Twilog http://twilog.org/hirono_hideki/search?word=%E7%9D%80%E6%9C%8D&ao=a

 まず、上記のキーワードで検索しました。「脳機能障害」を次のキーワードとして辿っていけば、探しものに近づいていけそうです。この件に関する私の初めてのツイートは次のものだということもツイログのおかげで確認できました。時間的な絞り込みも出来ます。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/07/22 19:12  ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/623797702887895040
脳機能障害を負った少女の一家から着服 「示談不成立」とウソ - ライブドアニュース http://t.co/GixhNUe2aN

 まずは端末で次のように調べました。先日、穴水の100満ボルトで買ってきたUSBメモリを使っています。

 さきほど輪島の担当者の人の訪問があり、しばらく話をしていました。ちょっと前に変えられたところです。本書を作成中のこと、石川県、金沢市との関係性についても、あらためて少し説明をしました。

 次が端末でのコマンド操作です。

[10015]  % ls
fukazawas_20150623-20150619.txt  fukazawas_20150712-20150706.txt  fukazawas_20150801-20150728.txt
fukazawas_20150628-20150623.txt  fukazawas_20150718-20150712.txt  fukazawas_20150808-20150801.txt
fukazawas_20150702-20150628.txt  fukazawas_20150723-20150718.txt
fukazawas_20150706-20150702.txt  fukazawas_20150728-20150723.txt
NS:/media/a66/SP UFD U2/tweet-log/fukazawas
[10016]  % grep '脳機能障害' ./
.txt
./fukazawas_20150723-20150718.txt:脳機能障害を負った少女の一家から着服 「示談不成立」とウソ #ldnews http://t.co/BW3bqtjmAW
./fukazawas_20150723-20150718.txt:脳機能障害を負った少女の一家から着服 「示談不成立」とウソ #ldnews http://t.co/BW3bqtjmAW

 ファイル名がわかってからは、viewコマンドでファイルを開き、脳機能障害で検索をしました。それで見つけたのが次に2件です。思っていたのとはちょっと違っていましたが、思っていた以上の内容のあるもので、見つけ出した達成感もありました。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/07/22 18:49  ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/623791961539919873
>RT
自由競争とか,市場原理とか,無邪気にいっている先生,特に佐藤幸治先生とかには,百回くらい読んで頂きたい記事です
ね。
(#・∀・)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/07/22 18:48  ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/623791767637225472
RT @yukihirosasamo: さっきのと同一人物ですか……。開いた口が塞がらないよ……。
脳機能障害を負った少女の一家から着服 「示談不成立」とウソ #ldnews http://t.co/BW3bqtjmAW
元のツイート)→ 投稿者:yukihirosasamo(ささもたん@赤腹魔王) 日時:2015/07/22 18:46  ツイート: https://twitter.com/yukihirosasamo/status/623791245568012288
さっきのと同一人物ですか……。開いた口が塞がらないよ……。
脳機能障害を負った少女の一家から着服 「示談不成立」とウソ #ldnews http://t.co/BW3bqtjmAW

 時刻は18時04分になっています。古いノートパソコンでBluetoothのマウスを使うようにしていたのですが、ログイン時にマウスで操作できる仮想キーボードを使えるようにしていたところ、また、何度もシステムの起動に失敗するようになってしまいました。

 何かシステムに変更を加えるとしばらくの間、おかしくなるようです。前にも書きましたが、本体のキーボードは使えなくなっていて、他にも動作に不安定なところがありますが、使えるうちは最後まで使おうと思っています。一応現状の復帰はできましたが、また、余計なことで時間を無駄に。

 掲載した深澤諭史弁護士のツイートですが、「>RT」とあるのは、直前のリツイートへの言及という意味のようです。Twitterの言及や返信のスタイルというのはいくつかあるようですが、最も使う人が少なくつながりの不明確と思われる方法を深澤諭史弁護士は使っています。

 佐藤幸治先生というのは法クラ界隈では有名な人物らしく、成仏理論の提唱者として批判と嘲りの的になっている人物のようです。私自身、これまで法クラのツイートで名前などを見てきただけで、個別に調べたことはまだないかと思います。

 深澤諭史弁護士のいう自由競争とか市場原理というのは、平成の司法制度のことのようです。法クラのなかでも小倉秀夫弁護士が特に痛烈な批判を繰り返してきました。小倉秀夫弁護士を法クラに含めるかどうかも、異論はあるかもしれません。一線を画するところが私もあるかと思っています。

 Googleで「佐藤幸治 司法制度改革」というキーワードで調べてみました。同姓同名の多そうな名前なので、注意も必要かと思いますが、憲法学者らしい情報も出てきました。

佐藤幸治 (憲法学者) - Wikipedia http://bit.ly/1Pg6kMi

 長いので飛ばし飛ばしざっと記事に目を通しました。京都大学の関係者というのも初めて知ることで意外でしたが、裁判員制度と司法制度改革の導入に関わった人物のようです。「成仏理論」という記載は見当たりませんでしたが、提唱したのはこの法学者に間違いはなさそうです。

 裁判員制度の導入にも関わっていたというのは意外でした。名前を憶えていないだけで積極的に裁判員制度の導入に尽力した学者のことは、何度か過去に記事などを読んでいるので、たぶん名前の方もみていたのだと思いますが、同姓同名が多そうな名前なので、記憶にも残りにくかったようです。

 深澤諭史弁護士が「百回くらい読んで頂きたい記事です」と言っているのが、これから紹介する事件です。どうも私は、この深澤諭史弁護士のツイートのおかげで、この事件のことを知ることが出来たように思います。ツイートであったことは間違いないです。テレビでも新聞でも全く見てはいません。

 ブロックされている法クラのタイムラインでツイートを読んでいると、断片的なことのみが書いてあったりすることがあるのですが、後でテレビのニュースや情報番組の報道を見ていて、この問題ことを言っていたのかと理解することがよくあります。

 2015/07/22 18:49 、という投稿時刻になっている深澤諭史弁護士のツイートですが、このツイートだけを単独でみても、なんの事件のニュース記事を指しているのか、まったくわかりようもありません。

 時刻は21時55分です。19時半過ぎぐらいに銭湯に行ったのですが、若者の数が多くてびっくりしました。驚いていたので、説明してくれたと思うのですが、テニスの大会で民宿に宿泊し、なごみという入浴施設が月曜日で休みなので、来たというような話でした。

 余りに人が一杯だったので、しばらく銭湯の人と外で話をしていました。物心ついた頃から、おそらくは生まれた頃から行っている銭湯ですが、いろいろと昔の話を聞くことも出来ました。小学校の時の女の先生の話など。

 銭湯に行く前に19時のNHKニュースを見ていたところ、安倍内閣の支持率がずいぶんと落ちたようなことを言っていました。

 先ほどからタイムラインで見ているモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートでは、久しぶりに医療問題も原発問題と絡めて取り上げていて、大野事件というのも出てきて、なつかしく思いました。私がモトケンこと矢部善朗弁護士のブログを初めてみた頃が大野事件のテーマのエントリ。

 割り込みのようになりますが、これも掲載で紹介をしておきたいと思います。ずいぶんとまともなことを言っているので、肩書との相乗効果で信頼をもつ新たな人も出てきそうです。必ずしも信頼のおけない人部とというつもりはないですが、問題のある人物で、きっぱり白黒をつける必要があるから。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/10 22:01  ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/630725580380635136
まさか、自転車は飲酒運転してもいいと思ってないよね。RT @herobridge: 今週は夏期休暇。
今日は熊谷まで片道50㎞、往復100㎞のロングライドに行ってきました。こりゃ、東京まで行けそうだな。
誰か、都内で飲むときには呼んでください。
自転車で行きます。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/10 21:51  ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/630723233294237696
絶対安全を求める、ということと、絶対に事故を起こさない覚悟を求める、ということは全然違うんだけどな。前者は不可能。後者は経営姿勢の問題。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/10 21:47  ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/630722212279025665
@GFoyle1 ひまわりさんとの議論を見てなかったのかな?

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/10 21:47  ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/630722078984040448
.@GFoyle1 今度原発が事故ったら、深刻な不利益を受けるのは、国民であり、原子力政策であり、電力会社であり、環境です。政府の不利益はしったこっちゃないです。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/10 21:45  ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/630721542608003072
.@GFoyle1 今度福一並みの事故が起こったら、日本の原発は、少なくとも政策的に維持できないと思うから。私が求めるというより、国民が原発を拒否するようになるだろうと思うから。

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/10 21:38  ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/630719911606812672
大方の予想取り、10:15にずれ込んだw

投稿者:motoken_tw(モトケン) 日時:2015/08/10 21:30  ツイート: https://twitter.com/motoken_tw/status/630717822352687104
他人の意見がテンプレに見える場合というのは、他人の意見がテンプレである場合と、自分の理解力がテンプレである場合が考えられる。後者の場合、自分ではなかなか自覚できない。

 偽善者だと決めつけることも出来ませんが、このモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)は、自分と同じ弁護士業界の不祥事や問題性については、おくびにも取り上げようとはしません。あえて取り上げる義務があるとも思いませんが、ずいぶんとバランスを欠くとは思い。それ以上の要注意。

 言及もないので知っているのか知らないのかもわかりませんが、意識的に不都合になることは全て視界から遠ざけているのではと、考えることはあります。そのくせ、言うことはでかく、落合洋司弁護士(東京弁護士会)程ではないにせよ。天下国家的なので、不誠実ではないかとも思います。

 さて、次が深澤諭史弁護士がリツイートして取り上げ、関連の確認できない次のツイートで司法制度改革改革に対する不満というか怨嗟と絡めていた問題に含まれていた記事とURLです。Yahooニュースなら既に削除された時期かもしれません。

脳機能障害を負った少女の一家から着服 「示談不成立」とウソ - ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/10375064/

 先日、深澤諭史弁護士のツイートを探す過程で、見つけた同じ問題の関連記事があって、日時もかなり後であったように思いますが、すごく参考になり、考えさせられる記事があったので、これからそれを探してご紹介します。自分のツイログから探します。脳機能障害でも出てきそうです。

 次の作業に移ろうかと思ったのですが、ちょっと記事に目を通しておこうと思って、ページをスクロールさせたところ記事の内容が見当たらない、ページにトップに戻ると今まで見たことのない断り書きがあったので、記念をかねてスクリーンショットを撮りました。次です。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/10 22:33  ツイート: https://twitter.com/shirono/status/630733814713552896
2015-08-10-223347_提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。→ 脳機能障害を負った少女の一家から着服 「示談不成立」とウソ - ライブドア.jpg http://t.co/US7Rp2X1j0

 「提供者の都合により、削除されまたいた。」という文言ですが、こういうのを見たのも初めてです。弁護士業界から圧力が掛かったこともうかがわせるものです。原発とか安保法制、秘密保護法や共謀罪には容赦無い厳しいのに、もみ消しを図ったなら、国民と天下国家をなめすぎています。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)が、ブロックに対するツイートで、田んぼの草刈り感覚、という表現をしていましたが、我々一般市民の人生や権利など、漁場の獲物に過ぎず、よらしむべし知らしむべからず、なのかと改めて考えてしまいます。どのみち長くはないでしょう弁護士業界。

 また割り込みのようになりますが、ローカスこと実質実名弁護士の新着ツイートの数がずいぶんと多かったので、クリックで読み込んだところ、娘のことをテーマに気になる参考に思うツイートがあったので、最新のたぶん10件を次に掲載でご紹介しておきます。

投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/10 22:40  ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/630735489662865408
弁護士なのにゆっちとの合コンに来る時点でお察し、とか言うとTLの法クラに無駄に石を投げることになるから言わない。  http://t.co/xKs7l4tdka

投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/10 22:37  ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/630734777180647424
@osahune01 今自称されることについては全く文句はない件w

投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/10 22:34  ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/630733911002345472
特段反対しませんが、俺の娘に好かれたならば、非モテの王を自称するのは金輪際やめてもらいたいですね。 http://t.co/9FofFEbWWn

投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/10 22:31  ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/630733232649203712
娘に罵詈雑言吐いて人格否定しまくって育てておきながら、娘の結婚相手の話になると「娘を大事にしてくれる人に」との美名のもとあれこれ注文つけるクソ親の話って身近な範囲でも結構聞くので、娘の結婚相手にあれこれ注文つけるのが愛情の証みたいな都合の良い話は微塵も信用してない。

投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/10 22:27  ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/630732294194601984
娘の結婚相手についてあくまで娘の意思尊重が原則で、例外的にDV男であるような場合nのみ俺が反対するだろうと思うのは、DV等のある場合は娘が自由な意思決定を困難にされていると合理的に判断できるためである、と説明できるから、意思尊重原則からの統一的な説明は可能だな。

投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/10 22:24  ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/630731324769345536
てらやさんは仕方ないですね。理屈の問題ではありません。 http://t.co/LNLfWdO2AU

リツイート)→  投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/10 22:23  ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/630731179348635648
RT @al_hayat: ちょっ、ちょっ、ちょっ。。。(´・) <a href=https://t.co/JgSyuOsbky target="_blank">https://t.co/JgSyuOsbky</a><br /> 元のツイート)→ 投稿者:al_hayat(はやっと) 日時:2015/08/10 22:22  ツイート: <a href=https://twitter.com/al_hayat/status/630731010678722560 target="_blank">https://twitter.com/al_hayat/status/630731010678722560</a><br /> ちょっ、ちょっ、ちょっ。。。(´・_・) https://t.co/JgSyuOsbky

投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/10 22:21  ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/630730690737360896
はやっとさんを殺害します。とか言いたいところですが、真面目な回答としては、誰であっても娘に暴力振るったり暴言吐いたりしないなら頭ごなしに反対はしないと思います。 http://t.co/9AgqEcZiPr

投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/10 22:18  ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/630730034697883648
@m1err 便秘とトイレ以外への脱糞を比較するのはおかしいのでは。便秘でなくてもトイレにすれば済む話では(マジレス)

リツイート)→  投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/08/10 22:17  ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/630729767604645888
RT @lemon
kitune: 以前たぬたぬと2人で、互いのことを「長澤まさみ」「篠原涼子」と呼び合うという無意味な遊びをしていて、LINEで「まさみ、またCMに出るんでしょ?」「そうたぬ。撮影で忙しい中おへんじしてるのよ。ああ忙しいたぬ忙しいたぬ」とかいう会話をしてたの、…
元のツイート)→ 投稿者:lemon_kitune(きつね) 日時:2015/08/10 21:57  ツイート: https://twitter.com/lemon_kitune/status/630724761325207552
以前たぬたぬと2人で、互いのことを「長澤まさみ」「篠原涼子」と呼び合うという無意味な遊びをしていて、LINEで「まさみ、またCMに出るんでしょ?」「そうたぬ。撮影で忙しい中おへんじしてるのよ。ああ忙しいたぬ忙しいたぬ」とかいう会話をしてたの、完全に虚しさしかなかった

 ここに「てらやさん」というTwitterアカウントがありますが、ブタさんのアイコンのことで印象も比較的強いアカウントでした。最近になって実名でブログをやっている比較的若いと思われる女性弁護士だということを知りました。

 なにか考えがあってのことか、Twitterのアカウントの方では、ブログの記事のこともリンクも紹介はしていないようでした。直近のことは確認もしていないのでわかりません。あれもこれもというわけにも行かないですが、あるいはまた取り上げることがあるかもしれません。

 ブックマークはしていたようなしていないようなはっきりとしませんが、次のコマンドでもけっこうな数の記録のデータが出てきました。→ % h-mysql-python-2014k-query-all.py |grep てらやさん

 比較的若いと思われる女性弁護士といえば、まっさきに頭に浮かぶのは、こたんせ、ですが、てらやさん、というのはブログの方では実名とともに自分の顔の写真も掲載しているようです。熱心に刑事弁護に取り組んでいる様子であることも、こたんせ、と共通しています。

 ローカスこと実質実名弁護士ですが、ツイログの登録があるのかとなると、答えが思い浮かびません。これもまだ、確認はしていないのかもしれません。できれば、「脳機能障害」で検索をしてみたいところです。

 日付が変わっています。月曜から夜ふかし、という番組をつけながらところどころ見たあと、銭湯に行くので録画していた「戦後70年「一番電車が走った」という番組を見ています。昭和59年に初めて広島に言った頃のことも思い出されます。昭和60年はもっと広島に行くことが多かったです。

 意外なことに自分のツイログでは見つけにくかったですが、ニュース記事をリツイートから見つけることが出来ました。次のニュース記事です。歴史的なものとしてご紹介したいです。弁護士業界がどれほど腐れて切った外道かということを含め、直訴的な気持ちとともに、許しはしない時代ということも。

 ご理解頂ければと思います。→ 【衝撃事件の核心】5億円ネコババ弁護士の〝裏の顔〟 脳障害少女の家族も食い物に はぎ取られた「弱者の味方」の仮面(1/4ページ) - 産経WEST http://www.sankei.com/west/news/150730/wst1507300004-n1.html

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/10 15:33  ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/630627959955521536
無料で受けてる事件もあるんだが、裁判官が「弁護費用はどうしたんだ?」って聞きよった。そんなこと聞いてどうすんねん。法令適用間違うなよ

 しばらく中断をしていたのですが、目についた奥村徹弁護士のツイートを掲載しました。非常に奥深く考えさせられるツイートだと思いましたし、この項目のコンセプトとしても非常に参考になるものです。

 以下がニュース記事からの引用になります。ピンポイントに絞りました。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.sankei.com/west/news/150730/wst1507300004-n2.html 【衝撃事件の核心】5億円ネコババ弁護士の〝裏の顔〟 脳障害少女の家族も食い物に はぎ取られた「弱者の味方」の仮面(2/4ページ) - 産経WEST

こうした背信行為の中でも、特に目を引くのが交通事故で脳障害を負った少女一家の被害だった。

 当時10代だった一家の長女は平成18年1月、自転車で帰宅途中、自宅近くの交差点で出合い頭にトラックと衝突。一時は意識不明の重体となり、脳機能障害が残った。母親が知人の紹介を受け、事故の相手側への示談金請求業務を委任したのが久保田被告だった。

(引用終了)

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.sankei.com/west/news/150730/wst1507300004-n3.html 【衝撃事件の核心】5億円ネコババ弁護士の〝裏の顔〟 脳障害少女の家族も食い物に はぎ取られた「弱者の味方」の仮面(3/4ページ) - 産経WEST

数回にわたり、示談成立前の一時金名目で入金があったが、実は「交渉途中」と説明していた22年春の段階で示談が成立していた。本来の示談金は約9200万円だったが、振り込まれたのは一部に過ぎなかった。被告が着服した総額は約5400万円に上った。

 示談成立から3年余り後、久保田被告は「示談が不成立になった」との虚偽の事実を母親に告げた。「最近は自転車側の過失も重視されるようになった。訴訟を起こしても勝ち目はない」と説得。結局、母親は交渉継続を断念した。

 障害者向けの作業所に就職した長女は、記憶力の低下や激しい感情の起伏もあり、事故以前の生活に戻ることはできない。「法のプロなら大丈夫、と全面的に信用していた」。母親は憤りを隠さない。

(引用終了)

 この記事にはもう一つとても気になる点がありました。それも次に引用します。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.sankei.com/west/news/150730/wst1507300004-n4.html 【衝撃事件の核心】5億円ネコババ弁護士の〝裏の顔〟 脳障害少女の家族も食い物に はぎ取られた「弱者の味方」の仮面(4/4ページ) - 産経WEST

最高裁によると、弁護士や司法書士ら専門職による着服などの不正は、調査を始めた22年6月から26年末までの4年半で、全国で少なくとも62件、約11億2000万円に上った。

(引用終了)

 この手の記事には執筆者の名前が最後に書いてあることが多い、という気もするのですが、この記事には見当たりませんでした。

 引用部分ですが、「弁護士や司法書士ら専門職による着服などの不正は、調査を始めた22年6月から26年末までの4年半で、全国で少なくとも62件、約11億2000万円」と書いてあります。簡潔に書いてありますが、かけ離れて矮小化されている印象を受けました。

 執筆者自身がご存知ではない可能性も十分にあると思いますが、岡山と福岡のたった二人の弁護士による被害金額を合わせただけでも、11億円ははるかに超えているはずだからです。最高裁の発表に間違いがないにせよ。片手落ちであるとともに、意図的な情報操作を疑いたくもなります。

 岡山の弁護士と福岡の弁護士のケースをこれからネットで調べ出します。岡山の方は割と詳細な情報を読んだ覚えがあるのですが、福岡の方はそれより過去の事件であったためか、被害金額と判決の量刑ぐらいの情報しか見ていないかもしれません。どちらも記録的な量刑となっています。

 Googleの予想入力候補のような機能のおかげで、意外にすんなり情報を探し出すことが出来ました。「福岡 弁護士 横領 高橋」というのが、自動で出てきた入力候補です。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://ib-specialist.jp/2012/10/14-1011-ymh-1.html 元弁護士高橋浩文被告に懲役14年判決~詐欺・横領罪で福岡地裁|株式会社データ・マックスのスペシャリストのスペシャリスト(弁護士・税理士・社労士・司法書士・経営コンサルタント・公認会計士)企業経営ネット|スペシャリスト(専門家)の力が企業経営を支える!

判決によると、高橋被告人は依頼者らから総額4億3,920万円をだまし取ったほか、依頼者1人から預かり金3,000万円を横領したとされる。高橋被告人は、起訴事実を認めている。
 高橋被告人は破産し、9月10日に第1回債権者集会が開かれたが、めぼしい財産はなく債権者への配当の見込みは立っていない。

 判決後、被害にあった福岡市の女性(42)は取材に対し「高橋元弁護士は反省しているようにみえない。14年では納得できない」と話した。別の被害者(40)は「去年の年末に弁護士業務をやめさせていれば、被害にあわないで済んだ。なぜここまで被害が拡大したのか、真実が明らかになっていない。なぜ未然に防げなかったのか。県弁護士会は市民の苦情をなぜ放置していたのか説明してほしい」と語った。福岡市の男性(63)は「だまし取ったお金がどこに流れたか明らかになっていない」と述べ、事件の解明と被害弁償の実現を求めた。
【山本 弘之】

(引用終了)

 私の記憶よりは被害金額が少ないという印象もあるのですが、総額4億3,920万円の詐欺と3,000万円の横領とのことです。検察が立件を諦めた被害というのももしかするとあるのかもしれません。

 数年前の刑法の改正で刑の上限が10年から15年になったものがあったと思いますが、詐欺罪がどうかは、私の記憶も曖昧になっているので、調べ直す必要があります。10年ぐらい前は詐欺罪も上限が10年だったと思いますが、正確なことを調べておきます。

 調べたのですが詐欺罪は10年以下の懲役ということで変わりはないようです。15年以下の懲役に引き上げられたのは傷害罪で、調べると平成17年1月1日が改正法の施行とのことでした。気がつくと平成17年はちょうど10年前になります。

 素人考えで間違っているかもしれませんが、詐欺や横領などの併合罪であれば懲役15年が判決の上限になるのではと思われるので、14年というのはそれに近いものです。過去に同じぐらいの量刑の詐欺の判決というのは見た覚えがありますが、数百億から数千億のような被害総額であったかもしれません。

 次に調べ直す岡山の弁護士の事件も同じですが、事件や裁判の報道はテレビや新聞で見たことが全く一切ありませんでした。ネット上だけの情報です。全国ニュースにはならなかったというだけの話かもしれませんが、「よらしむべし知らしむべからず」としか考えられない弁護士業界の体質です。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/34981480.html 高橋浩文元弁護士の詐欺横領被害者が福岡県弁護士会を提訴した1回目の裁判 ( 事件 ) - 弁護士と闘う! - Yahoo!ブログ

http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20140905-OYS1T50000.html?from=sycont_top_txt

福岡県弁護士会に所属していた元男性弁護士(53)による詐欺事件で、同県の企業2社と不動産業の男性が、弁護士会を相手取り、被害金など計約2億3000万円の損害賠償を求めて福岡地裁に提訴した。4日に第1回口頭弁論があり、「弁護士会が指導監督を怠った」という原告側の主張に対し、弁護士会側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

 元弁護士は2008~12年、原告を含む4社と6人から計4億6920万円を詐取したなどとして、12年に同地裁で懲役14年の判決を受けて服役中。同5月には自己破産が確定した。
 原告側は、弁護士会は10年夏以降、元弁護士について、「預けた金を返してくれない」といった複数の苦情を受けながら詳しい調査をせず、12年3月になって懲戒手続きを始めた、と主張。「早期に調査、懲戒手続きを行えば被害を防げた」と訴えている。(読売新聞)

(引用終了)

 上記の引用記事ですが、Firefoxの私のブラウザでは検索結果の中でリンクが、既に開いたもののようにカラー表示されていました。記事の日付が2014年9月5日となっています。そう言えば1年ぐらい前に一度は見たような記事ですが、訪問済みの情報が残っているのは意外でした。

 パソコンのシステム環境は半年に一度はまるごと入れ替えています。OSのクリーンインストールですが、Firefoxの設定情報はディレクトリごと、引き継いでいるので、それでリンクを開いたという情報が残っていたのかと思いますが、他にはほとんど経験もなく意識したこともなかったことです。

 計4億6920万円の詐欺事件でも自己破産が出来るようです。詐欺罪で自己破産というのも聞いたことのない話で、考えることもなかったように思います。録画で見ることになった今朝の連続テレビ小説まれ、でも自己破産のことが出てきて、不穏な雲行きで終わっていました。

 長くなってきたので、実質的な続きは別の項目として書くことにしたいと思います。

 「・被害者AAさんの家族への23年以上放置され続けている権利侵害の実態」という問題を併せて記述する予定でいたのですが、抱合せの問題として取り上げたい、という趣旨は変わりません。ちょっとタイトルというか項目名に小細工をしておきます。

2015-08-11 火曜日 12:13 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/深澤諭史弁護士のりツイートがきっかけで思い出した奥村徹弁護士の精神鑑定を受けるのはとっぽどおかしいという発言

* 警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/深澤諭史弁護士のりツイートがきっかけで思い出した奥村徹弁護士の精神鑑定を受けるのはとっぽどおかしいという発言

2015-08-07 金曜日 16:14 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 今日になってしばらく忘れていたことを思い出すきっかけになったのは、次の2つの深澤諭史弁護士のりツイートです。元のツイートはいずれも奥村徹弁護士のツイートです。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/06 12:22 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629130372312227840
RT @okumuraosaka: 一生刑務所に入れて下さいと言う割には、相場より多めの弁償金を受け取ったりしていて、そういう矛盾点を指摘した判決もある。
元のツイート)→ 投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/06 11:37 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/629119050694561792
一生刑務所に入れて下さいと言う割には、相場より多めの弁償金を受け取ったりしていて、そういう矛盾点を指摘した判決もある。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/06 12:22 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629130359372840960
RT @okumuraosaka: 電車内痴漢(強制わいせつ罪)で被害者が「一生刑務所に入れて下さい」と意見陳述しても「強制わいせつ罪にしても軽微な事件なので、実刑は
あり得ない。実刑求刑は重すぎる」として懲役1年6月執行猶予3年とした事案 横浜地裁
元のツイート)→ 投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/06 11:35 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/629118503912501248
電車内痴漢(強制わいせつ罪)で被害者が「一生刑務所に入れて下さい」と意見陳述しても「強制わいせつ罪にしても軽微な事件なので、実刑はあり得ない。実刑求
刑は重すぎる」として懲役1年6月執行猶予3年とした事案 横浜地裁

 あらためてよく見ると深澤諭史弁護士のりツイートは2件ともほぼ同時刻で昨日の12時22分となっています。病院への用事のついでに穴水町に行くのに出かける前に、読んでいたものだと思います。

 最近は余り見ることもなくなっていた奥村徹弁護士のツイートですが、これまでも性犯罪の刑事弁護で、被害者やその家族と示談交渉したような話は、ちょくちょく見ていました。

 いずれも被害者側に特異な傾向や人間的な問題をうかがわせるものが多いのも特徴で、これは本来刑事弁護をやっている弁護士のツイートにおいて、被疑者や被告人のどうにもならない特異性を強調的に印象づける発言と、実によく似てものを感じるところです。

 私と被害者AAさんやその家族との関係というのも、木梨松嗣弁護士によってずたずたにされました。一審の国選弁護人だった岡田進弁護士など更に問題外とも思えるもので、かすりもさせないような態度で実に簡単な事件として確定した判決を出してくれました。

 刑事裁判を受けて争った経験がなければ、法律の勉強の経験でもない限り知らない人が多いと思いますが、三審制と言われながら、一審と控訴審、上告審はまるで内容や条件が違ったものとなっています。一審は事実審とも呼ばれ、事実関係の判断はほぼ決まりになるという構造になっています。

 私の平成4年の事件は4月1日に事件を起し、そのまま金沢西警察署に自首出頭で逮捕、勾留。5月28日には金沢刑務所の拘置所に移送され、6月18日に初公判、6月30日にも公判があって、8月3日には前の公判の終わりの時の期日指定通りに判決が出ました。

 とっても単純簡単でしたが、岡田進弁護士に被告人の話をまともに聞くような態度はさらさらなく、一度だけの短い時間の接見では、畳み掛けるように突き放したうえ、さらに睨めつけながら立ち去って行きました。

 平成4年の6月からは23年の歳月が経過していますが、ここ一年ほど前になってから、本当に岡田進弁護士は事件の記録などまるで読まずに、接見や公判に臨んだのではないかと考えるようになりました。委細や特別な事情など頭から切り捨てているのです。

 そこで問題になるのが警察の捜査や取り調べですが、弁護士らが社会に強烈に印象づけてきた社会通念によれば、それを検証し批判するのが役割であり特権のようになっているのです。それが見せかけのデタラメとなると、国民社会全体を弁護士らは欺き、社会を引っ掻き回しているものと見えてきます。

 現代の刑事裁判は弾劾主義、わかりやすそうな言葉では当事者主義とも言われています。専門書によると、被告人と補佐する弁護人は、国及び公益の代表者として訴追をした検察官とは対等な当事者として、証拠による主張と攻撃防御をくり広げて、裁判官による判断を受ける、ということになっているはず。

 裁判官による判断には判決と決定があって、口頭弁論を経た上での裁判所の判断のことを判決と言い、口頭弁論を経ていないものを決定というはずです。控訴審も口頭弁論をすることが一般的になっていると思います。

 しかし、これは拘置所で生活したからこそ、よくわかることですが、控訴審の公判期日の通知には被告人の出頭義務がありません。刑事訴訟法の改正がなければ、被告人には裁判官に言い分を聞いてもらうため自ら陳述する権利もなく、手続き上は弁護人を通してのみの裁判をすることしか出来ないはず。

 控訴審は事後審とも法律審とも呼ばれているはずですが、これは刑訴法の条文に決まった手続きに従って、主張をしなければならないことになります。その一つに「重大な事実の誤認」というのがあるので、控訴審でも事実関係の争いは出来ることにはなっていますが、上告審ではそれもなくなります。

 ごくごく例外的に上告審でも事実誤認の主張を受け容れ事実誤認で判決を覆すこともあるようですが、その場合のお決まりは、「これを破棄しなければ著しく正義に反する。」という文言になっているはずかと思います。ネットではこれも一度も見たことのない文言かと思います。

 別の言い方をすると、控訴審では被告人と弁護人における力関係が弁護人に著しく強いものとなっているはずです。これもネットでは片鱗も見かけたことのない話です。法律審ということで法律の専門家である弁護人の立場を強化しているのでしょう。別の見方をすれば事実は二の次です。

 あらためてこのように見てくると、控訴審における木梨松嗣弁護士の特別な立場と、それを利用した悪辣さが浮かび上がってきます。とにかく木梨松嗣弁護士がやったこと、それが心神耗弱若しくは心神喪失による減刑という主張であって、その前提としての私の精神鑑定の実施でした。

 中断していました。時刻は8月8日23時55分になっています。もう少しで日付も変わります。今日はいろいろと沢山ありすぎて、結局何も書けずにいました。

 ぎりぎり日付が変わっていないので今日の午前中ですが、次のコマンドを実行しました。

for i in {1..10}; do h-api-twitter-user_timeline-format.rb fukazawas 200 $i > ./fukazawas_$i; sleep 3; done

 深澤諭史弁護士のツイートの本格的な記録です。エラー防止のため次のコマンドの繰り返しに3秒間の待をいれていますが、1分ほどの処理です。

 正確に確認していませんが、これで直近の深澤諭史弁護士のツイートを200X10なので、2000件取得したことになりそうです。ネット上の情報では100までというのもあったのですが、200との結果の違いも実行前に確認しました。

 2000千件のツイートというのはあらためてすごい数だと思いますが、それでも今年つまり2015年の6月19日までしか遡ることが出来なかったようです。深澤諭史弁護士のツイートは改行がやたらと多い特徴があるので、その点でも正確な計算が難しいです。

 あるツイートの発見のためにやったことですが、これが本当に大収穫でした。これは特別に項目を設えて取り上げるつもりです。発見に手間取りましたが、取得が間に合ったようで本当に良かったです。

 ツイログに登録をしない深澤諭史弁護士も流石に一日に1000件、2000件のツイートは無理でしょう。完全自動化での記録も考えたのですが、そこまで時間と手間をかける気には、現時点でなれませんでした。やれば出来るとは思っています。

2015-08-09 日曜日 00:13 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



2015-08-09 日曜日 00:13 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 日付も変わったので、いったん記述範囲の時刻を切り替えました。この項目では奥村徹弁護士のツイートと精神鑑定について書く予定ですが、他に優先したいことが色々と出てきて、迷っています。

 日付が変わる頃、たまたまHootSuiteのリストでみつけた以前ブロックされたジャーナリストのツイートとその相手のやりとりを見ていたのですが、その内容の一部と関係のありそうなツイートを小倉秀夫弁護士がやっているので、掲載しておきます。何かと参考になるツイートです。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/09 00:57 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/630045207912824832
高校の情報の授業では、SNSへの接し方についてどう教えているんだろうね。実名出すなという以前に、他人を攻撃するな、侮辱するな、煽るなって教えていないのかなあ。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/08/09 01:01 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/630046171071819776
高校の授業では実名でSNSをやらないように教えているんだという人たちはいるんだけど、匿名の影に隠れることで気が大きくなって他人を罵ったり揶揄したりすることを推奨する教科書とかって、ちょっと想像しにくいんだよね。

 できれば本書で言及しておきたいところですが、今夜はNHKで次の番組を見たことで、あらためてこれまでの小倉秀夫弁護士のツイートについても、社会の将来や教育的な観点から考えていたことでした。記録もかねて私のツイートです。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/08/08 22:12 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/630003625545334785
NHKスペシャル「特攻~なぜ拡大したのか~」 2015年8月8日(土) 22時00分~22時50分 の放送内容  http://t.co/z0r6uGSdrl

 私は昭和39年の生まれなので、当然ながら直接の戦争経験はありません。小倉秀夫弁護士は昭和43年生まれという情報を見たことがあります。割と年は近いようですが、これまで何度か「君、」という扱いも受けています。年下で、そんなことが他に気になった記憶もないぐらいですが。

 これも面倒もあるので余り言及する気にはなれないのですが、戦争のことは他の弁護士らもよく取り上げ、自説、持論を繰り広げています。私自身は戦争経験もないので、間接的に受けた情報以外は反論のしようもないのですが、刑事弁護について歴史の生き証人としての告発も併せています。

 小倉秀夫弁護士は、生き別れの子どもたちやいるかもしれない新たしい家族のために、石川県警察に名誉毀損で刑事告訴し、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)もろとも、法律家としての息の根を止め、世海の藻屑といたしたいです。これ→ @Hideo_Ogura

 時刻は8月9日8時49分になっています。また、余り意識しない間にテレビと電気をつけたまま寝ていたのですが、目がさめてテレビの時刻表示をみると7時58分でした。

 テレビでサンデーモーニングという番組を見ていたのですが、いろいろと考えさせられる内容でした。細かいことは書きませんが、政治家あるいは国会議員と言いながら劣化がひどくなったと言い、どうしてと首をひねるような仕草がみられたのも印象的でした。

 寝る前からKonquerorのブラウザではウィンドウを2つ起動していて、追加のウィンドウには小倉秀夫弁護士と刑裁サイ太のTwitterのタイムラインをそれぞれタブとして開いていました。

 刑裁サイ太のタイムラインで、昨夜見ていたところよりいくらか遡ったところで、次のツイートを見つけまいした。弁護士の歴史や世代交代を考える上で、実にわかりやすく参考になる資料だと思いましたので、早速ですが、記録を兼ねた掲載をします。

投稿者:uwaaaa(サイ太) 日時:2015/08/06 23:38 ツイート: https://twitter.com/uwaaaa/status/629300490203860992
ベテランに言わせれば「これまで払ってきた会費の額は莫大」ってことなんだろうけど、ろくに競争もなかった時代に濡れ手に粟で稼ぎまくってた世代の感覚を押し付けないで欲しいよね。

 民主党のような言葉尻を捕らえ引っ掻き回すような批判の真似になるようなことはしたくないのですが、「競争もなく濡れ手に粟で稼ぎまくった業界」を目指して司法試験合格という切符を手に入れたのに、この違いは何なんだ、という不満、被害感情の発露にも読めてしまいます。

 今、しばらく手を停めて久しぶりに奥村徹弁護士のタイムラインを見ていたのですが、いくつか発見がありました。掲載するほどのことはないと判断しましたが、いつものようにブログにhsコマンドで投稿をしました。

 簡単な説明にしようと思ったのですが、私がへたに文章を考えるとかえって説明が長くなりそうなので、一つだけ奥村徹弁護士のツイートを掲載でご紹介します。まだ、問題が進行中ということをこのツイートで確認できました。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2015/08/08 07:49 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/629786423206371329
ビデオ差し押さえ申し立て マッサージ店事件公判で検察側 /宮崎県
2015.08.07 朝日新聞

 本当は、この項目の記述範囲の時刻をいったん締めて、深澤諭史弁護士の昨日の午前中に手間を掛けて探しだしたツイートの言及を新規の項目でやりたいと考えていたのですが、どうしたものかと迷っています。

 中断をしていました。「もえあく先行!追う服部! 死闘! 炎天下 豚骨ラーメン」「新爆食女王襲名戦 決勝戦」というのを、ちょっと前からテレビをつけてみているのですが、本当に死人が出たらどうなるのかという感じの番組です。

 「5代目爆食女王 もえのあずき」。もう少しで21杯完食でした。34度の炎天下での食事、場所はフィリピンです。爆食女王というタイトル自体初めて知りましたが、体調不良にならないのか、日頃どのような食生活をしているのか、不思議です。まるでびっくり人間コンテスト。

 70年前は飢餓で苦しむ日本兵が沢山いたと思われるフィリピンで、撮影の時期は違っているのかもしれませんが、終戦記念日も近づいているのに、いろいろな意味で大丈夫なのかと考えさせられる番組の企画でした。

 テレビをつけたらやっていて、それも終わりの方だったのでよくわからないのですが、女王という称号だけをかけた対決だったのか気になります。決戦は本来3人のところが同点で4人になったとも言っていました。まるで拷問のようにも見えました。

 大食いの若い女性というのはたまに見かけていますが、対決のような企画はずいぶんと久しぶりに見たような気もします。ずいぶんと前になるかと思いますが、一頃は大人気の企画になっていたようですが、番組に抗議が来ているというような情報も見かけていました。

 この番組を見る直前になるかと思いますが、比較の上でも気になるような落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートを見かけていました。次のツイートです。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/09 14:23 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/630248131137945600
ネズミやイタチの頭の中はお花畑か。→ディズニー公式、8月9日に「なんでもない日おめでとう」と投稿し物議 http://t.co/I4YjcKVGOI

 そういえば、戦争ということで次のツイートもいくらか関連性がありそうです。落合洋司弁護士(東京弁護士会)は政治の問題にも結びつけ、政権崩壊のメルトダウンという言葉も、ツイート全体の中に含まれています。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/09 08:27 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/630158422327980032
負けそうだから取りやめという利己主義も戦後教育の弊害なのでは。陸軍刑法では敵前逃亡は死刑。→日刊ゲンダイ|岩手知事選は敵前逃亡 安倍自民党のメルトダウンが始まった http://t.co/XwDa48fM8l

 リンクの記事は読んでいません。安倍ちゃんを連呼してきた落合洋司弁護士(東京弁護士会)の思惑通りの結末が、リンクの記事のタイトルには含まれているように感じられます。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)ですが、昨夜にも気になるツイートをみかけていました。他にも2,3日前にあったかもしれません。次に掲載してご紹介しておきます。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/08 20:14 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/629973864794030081
落合コメントあり。→新たな捜査手法に期待 求められる慎重な運用 刑事司法改革法案衆院通過 http://t.co/n4CNTFfABc

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/07 23:22 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/629658955849973760
日弁連刑事法制委員会夏合宿、に誘われても、しがない弁護士にはあまりにも敷居が高すぎ行こうという気も起きない。笑

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/06 20:19 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/629250533522452480
安倍ちゃん一派に丸め込まれている日本の国営放送に比べ、さすがBBCだと思った。

 最後の3つ目のツイート、一派とか国営放送というツイートは、今初めて見たような気がしました。未だにマスコミ対応の取材も少なくはないようです。しがない弁護士、というのも相変わらずです。時運に恵まれず不遇をかこつ大人物だと自分を過大評価しているようにしか思えません。

 この項目の本題ですが、何時間か前、目的のツイートを探したところ、全く意外な発見がいくつかありました。最も意外だったのはこれまで削除されたものとばかり思っていたツイートが、削除されたものではなかったということです。

 初めは奥村徹弁護士のツイログで調べました。意外にも感じたのですがツイログに登録されていました。意外に感じたのは登録がなされていたことではなく、私がこれまでツイログで調べたことがなかったと思われたことです。

 削除されたと思い込んでいたツイートを見つけることが出来ました。ツイートの日付は私が持っている情報から調べることができていました。削除されたものと思いながら、その前後のツイートの流れを確認する目的で始めたことでした。

 具体的には次のURLです。TwilogのURLに日付の情報を付加しています。

TORU OKUMURA(@okumuraosaka)/2011年05月28日 - Twilog http://twilog.org/okumuraosaka/date-110528

 本来の対象のツイートであり、削除されたものと思い込んでいたのは次のツイートです。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2011/05/28 14:15 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/74342961147674624
精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。

 あとで気がついたのですが、私がツイートを削除されたと思ったのは、おそらくですが、私のツイログでツイートの投稿日時のリンクを開いた時、ツイートが存在しないというエラーが出ていたからです。

 ツイログの各ツイートにはツイート本体へのリンクが2つあり、右上には何分前、あるいは何月何日というリンクになっていて、一番下には「retweeted at 21:53:21」というようなリンクがあります。

 本当にリンクになっているのは時分秒の部分ですが、ツイログは年月日単位でツイートが並べられます。

 ツイッターのリツイートの仕組みのややこしいところですが、リツイートのURLと元のツイートのURLは別になっています。リツイートのURLはリツイートしたアカウント名がURLに含まれていますが、通常はリンクを開くと、元のツイートが開かれます。

 Webアプリにはリダイレクトという自動的に別のURLに飛ばす仕組みがありますが、自動というよりは強制的です。具体的な違いは次のURLを比較すればわかりやすいと思います。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/07 00:02 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629306468244664320
RT @f_hizikata: 戦後教育を批判して成仏理論を確立した法学界は偉大だ(白目)
元のツイート)→ 投稿者:f_hizikata(柚ししゃも) 日時:2015/08/01 13:46 ツイート: https://twitter.com/f_hizikata/status/627339508535554051
戦後教育を批判して成仏理論を確立した法学界は偉大だ(白目)

 リツイートの方のfukazawasとアカウント名が含まれているURLを開いても、表示されるのは元のツイートのURLです。

 ツイログでは、あるアカウントにブロックされても、それ以前にリツイートしていたものはそのまま残っています。ただ、ブロックされた時点で、時分のリツイートからは元のツイートを開くことができなくなり、存在しないというエラーが出るようです。

 これを私は元のツイートが削除されたものと勘違いしていました。存在しないというエラーが出た画面と、元のツイートのもともとのURLが表示された画面を、それぞれスクリーンショットにしています。次の2つがそれになります。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/09 12:42 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/630222600774356992
2015-08-09-124227_TORU OKUMURAさんはTwitterを使っています: ”精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。”.jpg http://t.co/1SlEtNnSSX

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2015/08/09 12:35 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/630220812851679233
2015-08-09-123520_このページは存在しません。→ 精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。.jpg http://t.co/EZTA84N1Zt

 私はこれまで、私のメンション付きツイートに奥村徹弁護士が反応して、「精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。」というツイートをやったものと考えていたのですが、そういうやり取りのような形跡は、私の当日のツイートを含め確認は出来ませんでした。

 もっとも確認したのは廣野秀樹(@hirono_hideki)のアカウントだけです。

 告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)と非常上告-最高検察庁御中ツイッター(@shirono)も調べてみました。次のリツイートが一つあっただけでした。

リツイート)→  投稿者:kk_hirono(告発-金沢地方検察庁御中ツイッター) 日時:2011/05/28 15:23 ツイート: https://twitter.com/kkhirono/status/74360222990336000
RT @hirono_hideki: これは貴重なご意見です。再審請求の資料として援用させてもらいます。http://ow.ly/54Zy3 こちらが対象です。→http://ow.ly/i/caaq 四苦八苦です。 RT @okumuraosaka: 精神鑑定ってさあ ...
元のツイート)→ 投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2011/05/28 15:22 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/74359942219436032
これは貴重なご意見です。再審請求の資料として援用させてもらいます。http://ow.ly/54Zy3 こちらが対象です。→http://ow.ly/i/caaq 四苦八苦です。 RT @okumuraosaka: 精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。

 HootSuiteの短縮URLが2つ含まれていますが、一つはデーターベース接続エラーと出ています。既に書いたように思いますが、宇出津のあばれ祭りが終わった翌日ぐらいに、スパムコメントを直接データーベースの操作でまとめて削除したところ、リンクの情報まで失われ壊れてしまいました。

 スパムというのはそのようなミスも誘発する攻撃なのだと再認識しましたが、後で考えると全く基本的なミスでした。WordPressは特にデーターベースのテーブル間のリレーションシップが複雑になっています。

 エントリーのテーブルのデータはそのまま残っています。時間を掛けて調べればなんとかなりそうな気もしていますが、取り掛かって時間をかける気にもなれませんでした。

 ところで、2011年5月28日の奥村徹弁護士のツイログに登録されたツイートですが、ずいぶんな数がありました。思わぬ発見だったのは、ずっと気になっていたもう一つのツイートも同じ日のツイートだったということです。それは次のツイートです。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2011/05/28 15:41 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/74364610177810433
国選事件の被告人って、証拠みせてもらわないでやってるだろ。みせるとややこしいからか。

 これは15時41分の投稿になっています。再掲になりますが、精神鑑定に関するツイートは、次の投稿時刻です。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2011/05/28 14:15 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/74342961147674624
精神鑑定ってさあ、とっぽどおかしい場合じゃないと採用されない。

 ご覧の通り14時15分ですが、この直前に意外なツイートを発見しました。何かの会場のようなのですが、同じ会場の中に奥村徹弁護士と落合洋司弁護士(東京弁護士会)が一緒にいるようなのです。関連のありそうなツイートをいくつか掲示します。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2011/05/28 14:14 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/74342744805482496
落合先生が、最前列最右翼に着席

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2011/05/28 12:22 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/74314681468190721
地下みたいなホールなので、電波が細い。スタックANTほしい

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2011/05/28 05:58 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/74218044053921792
刑法学会へ

 どうも相模原敵とか地名もありました。時間の順序が上記とは違うことになりますが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)との会話のようなメンションを含む次のツイートもあります。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2011/05/28 14:28 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/74346260735340544
羊の群れのように後ろの方に固まってるんですが、隣が部長だったりするのでかえって恐い。 RT @yjochi: 座るところがなかったので。皆が後ろに寄って座ってるんですよね。 RT @okumuraosaka: 落合先生が、最前列最右翼に着席

 メンションを含んだやりとりというのは、これまでにも見たことがあるように思いましたが、現実社会で顔を合わせる面識があったとは、不思議といままで気が付かなかったのか、当時はまだブロックもされておらず、それほど気にかけてもいなかったのかもしれません。

 私に対する当て擦りとばかり思っていた奥村徹弁護士のツイートが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)と時と場所を同じくする刑法学会の会場から投稿されていたものだとわかったのも大発見。まさに木を見て森を見ず、という状態で2011年の5月28日から4年以上過ごしてきたことになりそうです。

 本当を言うと、私との間に脈絡や接点があったとも思えるのです。あのツイートただ一つだけを見て、今まで関連付けて思い込んできたというのも考えにくいことであり、それらの一点に釘付けになったから、周辺のツイートも頭に入らなかったのかもしれません。

 私の勘違いという可能性も否定は出来ませんが、だからこそ、しっかりとして記録の必要性をあらためて感じました。私から奥村徹弁護士に飛ばしたメンションもツイログで一通りは目を通しました。私のツイートは私の管理下にあるものです。関連のありそうなものは見当たりませんでした。

 私が、自分のことを言われているように感じ、それが余りに強かったために誤認識をしたという可能性は謙虚に検討すべきところです。いずれにせよ、現在の奥村徹弁護士のツイログのツイートの流れを見ても、あのツイートは唐突感がありました。

 講義を聴きながら、つぶやいたということも、刑法学会という場にいたという、その特殊な場の状況がわかれば、ありうることかとも思います。

 空目をしていたのかと確認したのですが、私の目に間違いはなかったようです。次のツイートです。

投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2011/05/28 09:22 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/74269350491721729
相模原駅ってアーミーですね

 このあと9時29分27秒と思われるツイートには。「相原なう」というのがあります。相模原駅というのは、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の言うところのエアリプのようですが、誤変換をそのままにしていたのかもしれません。

 神奈川県に相模原市というのがあることはだいたいわかっているつもりですが、相模原駅という駅名が実在するのかは未確認です。いずれにせよ、相原が正しく、東京都町田市であることは、探しだした次のホームページで確認しました。

88/大会/お知らせ/日本刑法学会 http://www.clsj.jp/sir/89/index-new.htm

 正確を期するため、長めの引用になりますが、次に掲載します。

(引用開始)
引用URL>>>>:http://www.clsj.jp/sir/89/index-new.htm 88/大会/お知らせ/日本刑法学会

【第1日】 2011年5月28日(土)


受付開始 (9:10~) 多摩キャンパス2号館1Fエントランス
総会 (10:10-10:30) 多摩キャンパス2号館(大教室A棟)大教室

 研究報告 (10:30-12:45)   多摩キャンパス2号館(大教室A棟)大教室

「被害者の承諾における三元説の意義」 熊本大学 佐藤 陽子 氏
「対物的処分における権利・利益の帰属と強制処分性
                 -権利・利益の共有と保護範囲」 北海道大学 緑 大輔 氏
「少年の刑事責任能力」 富山大学 渡邊 一弘 氏


昼食 (12:45-14:00)  注意:大学周辺に飲食店はありません。弁当(要事前申込)で。生協食堂は食事場所としては利用できますが、営業していません。

共同研究 (14:00-17:30)

 分科会Ⅰ 「責任能力判断の現代的課題」   7号館301教室
  (司会) 慶應義塾大学 伊東 研祐 氏
「責任能力判断の在り方」 東京地方裁判所 三好 幹夫 氏
「責任能力判断の現代的課題」 最高検察庁 村中 孝一 氏
「刑法理論学の立場から」 京都大学 安田 拓人 氏
「責任能力判断と医療処遇」 筑波大学 中谷 陽二 氏


 分科会Ⅱ 「裁判員事件の審理方法」   7号館201教室
  (司会) 一橋大学 後藤 昭 氏
「裁判員事件の審理法法に関する実務上の諸問題」 大阪地方裁判所 杉田 宗久 氏
「公判前整理手続と公判審理の関係」 一橋大学 後藤  昭 氏
「伝聞法則の運用」 大阪大学 松田 岳士 氏
「裁判員制度と分かりやすい審理」 名城大学 加藤 克佳 氏



 分科会Ⅲ 「社会内処遇の現代的課題」   7号館202教室
  (司会) 法政大学 今井 猛嘉 氏
「刑の一部の執行猶予制度を導入するとともに保護観察の
特別遵守事項の類型に社会貢献活動を加える法整備を内
容とする法制審議会の答申について」 法務省 田野尻 猛 氏
「家庭裁判所における社会奉仕活動について」 最高裁判所 馬渡 直史 氏
「刑の一部執行猶予と社会貢献活動
     -犯罪者の改善更生と再犯防止の視点から-」 慶應義塾大学 太田 達也 氏


  懇親会  開催致しません。

(引用終了)

 どうやら、私がこれまで奥村徹弁護士の個人的な発言だと思っていたものは、刑法学会での聴講において受けた奥村徹弁護士の感想のようなものであったことが考えられてきました。それならそれで、違った意味で考えさせられるところがあります。

 21時31分です。テレビで「ナポレオンの村」というドラマを見ています。夕方は、バイクで宇出津新港に買い物に行ってきました。すっかり忘れていたのですが、能登町役場前で盆踊りのイベントをやっていました。

 21時を過ぎてから花火があがって、ちょうどうどんを食べていたので、うどんだけ食べてから外に出たところ、ちょっとだけ花火が見えて終わってしまいました。正味5分ぐらいの花火という感じでした。今まで見てきた花火では最も短時間だったかと思われます。

 今日は珍しく深澤諭史弁護士本人がツイートを一つも上げていないようです。花火の打ち上げのように待っているのですが、さっぱりです。リツイートだけがいくつかあって、最新のものはなかなか気になる内容でした。元のツイートもブロックしてくれている弁護士アカウントです。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/09 20:32 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/630340912808226817
RT @igaki: 東大安田講堂事件と司法試験の給費制運動は、時代背景が非常によく似てきているように思う。安田講堂事件は、安保条約の自動延長阻止運動が盛んで、無給のインターン制度の廃止をきっかけとして起こった。今、安保法制の反対運動が盛り上がり、修習の給費制復活のロビー活動も…
元のツイート)→ 投稿者:igaki(弁護士 井垣孝之) 日時:2015/08/09 20:19 ツイート: https://twitter.com/igaki/status/630337594040127488
東大安田講堂事件と司法試験の給費制運動は、時代背景が非常によく似てきているように思う。安田講堂事件は、安保条約の自動延長阻止運動が盛んで、無給のインターン制度の廃止をきっかけとして起こった。今、安保法制の反対運動が盛り上がり、修習の給費制復活のロビー活動も功を奏しつつあるときく。

 前々から薄々と感じていたことですが、弁護士らは司法制度改革の不満を、安保法制とか戦争の危機に結びつけて考え、実践的活動をしているようです。

 井垣孝之という弁護士ですが、可愛く見える狸のアイコンは、ずいぶんと前から見覚えもあります。タヌキも動物ですが、ネズミとイタチという動物のことを取り上げて落合洋司弁護士(東京弁護士会)が、これはどうかと思える挑戦的なツイートをやっていました。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/09 20:13 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/630336111034765312
金のためネズミやイタチにへいこらしても日本人の魂を失ってはいけない。→ディズニー“不適切ツイート”謝罪 長崎原爆の日に「なんでもない日」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース http://t.co/lDiAsrDVaF

 理解を超えた超在的なツイートは、その前にもありました。今までになくストレートで直裁的な内容です。檄を飛ばしているようにも見えるツイートです。反米感情を煽っているとも思えるものが他にもあります。この方向での弁護士のツイートというのは他に見たことがありません。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/09 17:36 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/630296516427550721
日本をこれ以上悪い方向へ進ませないために、安倍一派を排除すべく、心ある日本国民が決起すべき時ではないか。愛国者を装ってはいるが、世界遺産指定のためには韓国に迎合し、日本人の生命を鬼畜のような米国に差し出そうとしている偽愛国者である。ネトウヨ諸君も目覚めよ(畑中少佐風で)。

 ことに小倉秀夫弁護士とは真逆の方向とも思えるツイートの内容です。どちらも支持者や顧客の獲得を狙いにしているように私には思えてならないのですが、良識のある一般人がこのツイートを見てどう思うのかと考えてしまいます。本当の意味でのこの社会の危機があるようにも感じられます。

 ツイートはまだ続いています。広島の犠牲や悲劇というのも、善良な多くの国民には負い目のあるところかと思いますが、これまでの落合洋司弁護士(東京弁護士会)の警察、検察批判と一緒に考えると、どうにも受け容れがたいものがあります。また、そのための記録と公開でもあります。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/09 21:58 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/630362574605848576
広島で生まれ育つと、原爆でひどい目にあった、人生狂った、といった話を、特に昭和当時は聞くことが多かった。子供の頃は、そういう話が怖かったり、うざかったりしたこともあったけど、今となっては、戦争をゲーム感覚で軽く語るような、馬鹿な大人にならないのに役立った。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/09 21:55 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/630361704250015745
遠い親類で、広島から離れた場所で、逃げてきた被ばく者の救護していて、具合が悪くなり亡くなった人がいるという話も聞いた。今なら除染とかするのだろうけど、当時はそういう知識もなく、二次被ばくによる放射線障害で亡くなったのだろう。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/09 21:27 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/630354643810279424
英はともかく、米は鬼畜だったな。

投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2015/08/09 21:25 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/630354267392454656
親戚で、先年亡くなった叔母さんは、被ばくしていることが家族の生活に悪影響を及ぼすことを懸念して、原爆手帳を取得していなかったと聞いた。

 「ナポレオンの村」という民放のドラマですが、NHK連続テレビ小説まれ、と似ていると思うところは、国策的な方向性です。未来への国運の舵取りとも思えるところがありますが、私利私欲の貪り以外には総合的に考えにくいのが、多くの弁護士の発言に共通して感じるところです。

 まだ、昨日のことですが、またテレビをつけたままいつの間にか寝ていて、まれのドラマの声が聞こえてきて目が覚めたのですが、生まれてくる時分の子供に背中を見せたい、というような言葉がありました。子供や子孫の未来を考えた時、ものすげえ反面教師の教材に見えるのが、ブロック頂く弁護士ら。

 何日か前にも取り上げたと思いますが、アポロンについて調べていたところ、次のような気になる記述を目にしました。

(引用開始)
引用URL>>>>:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%82%B9 ディオニューソス - Wikipedia

ゼウスとテーバイの王女セメレーの子。ヘーラーは、夫の浮気相手であるセメレーを大変に憎み、彼女をそそのかして、雷電を持つ神本来の姿のゼウスと会わせ、その光輝で焼死させてしまう。なおもヘーラーの怒りは収まらず、まだ胎児だったディオニューソスにも矛先が向けられる。ゼウスはヘルメースにセメレーの焼死体からディオニューソスを取り上げさせ、それを自身の腿の中に埋め込み、臨月がくるまで匿ったという。

生まれてすぐヘーラーに追われる身となったディオニューソスは、ギリシアやエジプト、シリアなど、地上で長い間逃亡生活を送り、その間にブドウ栽培などを身につけてこれを伝え、民衆の支持を得る。インドにも遠征したことがあるという。また、自分の神性を認めない人々を狂わせたり、動物に変えるなどの力を示し、神として畏怖される存在ともなった。

(引用終了)*

 「自分の神性を認めない人々を狂わせ」というのがとても気になる部分です。深澤諭史弁護士やモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士らが見えざる力によって、何か狂わされた発言をしているのかと考えることもあります。

 木梨松嗣弁護士には精神鑑定のことを含め、本当に気が狂いそうなところまで追い詰められて、それを他の弁護士界の神々のような弁護士らが、こぞって無視をしてくれているという思いもあります。

 私はギリシア神話への関心ではなく、哲学者ニーチェに関心をもったことから、アポロンやディオニューソスのことを知りました。もう憶えていないぐらいずっと前から、そのことは意識してきたことであって、アメブロのブログのタイトル名にもしているはずです。

アポロン対ディオニュソス http://ameblo.jp/hirono-hideki/

 今、ブログのタイトル名とURLの取得のためにブラウザでページを開いたのですが、6月24日の投稿以来、更新が中断していたようです。中断していることはわかっていましたが、意外に短い中断期間だと思いました。アメブロの一番の難点は記事のタイトル名の文字数制限が短すぎることです。

 いずれ、ご説明を書く予定ですが、アメブロと同じサービスのアメーバピグのアバターを私は、Twitterのアイコンやカバー写真にも使っています。特別な思いを込めて使い続けてきたものです。余り考えずに作ったアバターでしたが、一度も変更は加えていません。基本は毛がないです。

 これは私の母親が夏になると、二人の子供を、子供の母親である妻にも断りなしに床屋に連れて行き坊主頭にしていた思い出と関連付けています。私自身も小さい頃は全く同じことをされた記憶があります。

 ピグが敬礼をしている姿は、「真夏の敬礼」というアクションです。水兵の格好をさせているのは、ふと思いついて、「敬礼」と言ったところ、二人の子供が揃って教えたこともない敬礼をして見せた思い出があります。特に次男の方は驚くほど見事な敬礼でした。金沢港に近い被告訴人OKNのアパートで。

 水兵に関しては他に、明治時代の「勇敢なる水兵」という軍歌のことと、同じ明治時代の久田船長のお話もイメージにしています。久田船長のことは宇出津小学校がちょうど新校舎になった頃に、先生から聞かされたという思い出があります。

 久田船長ののお話は、責任ある人の責任ある行動のとりかた、ということを考えさせられました。船と運命をともにした船長のお話です。能登町鵜川の出身の人で、地元では神社境内に石碑があるとのことです。

町の誇り/久田船長館 http://gozai.sakura.ne.jp/details1030.html

 責任のある人の責任という考えは、平成4年の事件で裁判を受けた時も、呪縛のように裁判官への信頼を維持させました。神は死んだという有名な言葉を残したのもニーチェですが、その反動もあって、ニーチェに関心を持つようになったとも言えます。

 そういえば、「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」には書いたと思いますが、初めてのイワシのシーズンの時、浜田漁業の運転手に小屋で、蛸島丸の一隻が沈没し船長が久田船長のように船と運命をともにした、という話を聞いたことを書いたと思います。

 半年以上前になると思いますが、宇出津の図書館で松波港での蛸島のTSさんの自殺の新聞記事を探しているとき、どうにも見つからないので調べる範囲を大幅に広げていました。

 その時に新聞記事を見つけたのですが蛸島丸の沈没事故は、私がイワシの運搬の仕事をするちょうど一年ほど前のことになっていました。その頃もミールの仕事はいくらかしていたと思いますが、蛸島丸の沈没の話は、金沢市場輸送の中で一度も話を聞くことがありませんでした。

 どうにも納得がいかないのですが、いくら探しても蛸島のTSさんの自殺の記事は見つかりませんでした。テレビ欄の裏側の左側半分近くに、2番めに大きな扱いの記事として掲載されていました。これはすごく印象的に記事のことを憶えていますし、東力のアパートでは、北國新聞以外は購読していません。

 そういえば、被告訴人安田敏の同級生で友達だった蛸島のミッチョこと桜井さんが、読売新聞の購読勧誘の仕事をけっこう長い間していたことを思い出しました。その新聞の仕事をしている頃も何度か顔を合わせているので、北國新聞ではなく読売新聞を購読していたという可能性もあるのかもしれません。

 ただ、その自殺の新聞記事は羽咋市に住んでいる頃、羽咋市の図書館でも分厚い縮小版の中で見た憶えがあるのです。はっきりとは思いだせませんが、羽咋市の図書館でも縮小版を置いているのは、北國新聞だけだったように思います。読売新聞の縮小版を見たという記憶もありません。

 あらためて気になったのは自殺したと思われる時刻の情報です。私はなんとなく夜で20時から21時ぐらいと思い続けてきました。記事を読んだ時の記憶が残っていたのか、思い込みの先入観が先行したのかも特定は出来なくなっています。

 7月の何日だったか忘れましたが、バイクで松波の人形キリコ祭りを見に行きました。花火が打ち上がるような話を聞いていたので、海の方に行きました。普通に考えて火事のおそれもあるので港から打ち上げるものと見当をつけ、港の方に向かって歩きました。

 歩いているとある家の前に80代と思われるお婆さんが二人で話をしていて、「浜のほうで花火が上がるけど、キリコは浜にいかないらしい。もっしい。」というような会話が聞こえました。

 能登の祭りでは普通、21時を終了の目処として長くて20分から15分前に花火が始まるものと思っていたのですが、松波の港には人の姿も殆どなく、21時を過ぎても何も始まりませんでした。21時30分に一度、連続花火が一度に打ち上がったのですが、それっきりでした。

 同じ夜には姫のほうでも祭りがあったので、動き出した松波のキリコを少し見て、姫の方に行こうかと思い松波港を離れ、キリコが集まる町の中心部に行きました。

 21時から始まると勝手に思い込んでいた祭りでしたが、22時頃からようやくキリコが動き出し、もう少ししてから、港の方から花火の打ち上げが始まりました。

 港の方にもう一度戻って、花火の打ち上げをみていましたが、思っていたより時間も長く、見応えのある花火でした。姫には行かず、そのまま家に帰ったのですが、変える前に交通規制の看板が目に付き、それには22時から0時30分の交通規制だと書いてありました。

 とにかくずいぶんと長い時間、蛸島のTSさんが車で海に飛び込んだと思われる岸壁の近くに長い時間一人でいました。その数日前に宇出津新港の岸壁で、午前中に車で海に飛び込んだ自殺があったと聞いていました。

 新聞に出ていたという話を複数から聞いたので、図書館に行って数日分の新聞を調べたのですが、それと思われる記事を探し出すことは出来ませんでした。新聞は5紙ぐらいで、一週間分ぐらいはそのまま置いてあるようです。目を通したのは北國新聞と北陸中日新聞だけかと思います。

 どうでもいいようなことですが、他に毎日新聞、朝日新聞、日本経済新聞があったと思いますが、普通に考えて読売新聞もありそうなので、その計算だと6紙ということになりそうです。

 死者がなにか教えてくれたらありがたいと思い。岸壁に一人佇んでいました。宇出津と同じ定置網の網が置いてありましたが、不思議なほどきれいで匂いもなく、それより意外だったのは、海の近くなのに蚊がいなかったことです。海辺は海藻などのゴミが多いので蚊が多く、ズボンの上からでも刺します。

 時刻は8月10日の9時57分になっています。また、よくわからない間に寝ていて、ブルーレイレコーダーの機械の音で目が覚めました。まれ、の録画が始まったものと思い。すぐにテレビをつけたのですが、ちょうど終わったところで番組はあさイチ!、時刻は8時16分でした。

 昨日の日曜日は深澤諭史弁護士自身のツイートが1件もなく、今朝も新着ツイートは今のところ、リツイートの1件のみです。

 この項目の精神鑑定のことは、どうやら私の誤解もあったということで、内容も中途半端な、消化不良になったという気がします。山口成良金沢大学教授の精神鑑定にも問題があったとは思いますが、そういうことも別の機会に書きたいと思います。

 山口成良金沢大学教授は、何年か前に調べたところ、金沢市の松原病院の院長になっている、という情報をネットで見たような気がしますが、この記憶は要確認です。なにか叙勲を受けたらしいということは、はっきりと記憶しています。存命がどうかは確認していません。

 調べてみました。次のホームページですが、名誉院長とあるので、少なくとも存命の可能性が高そうです。名誉院長というのは肩書だけと聞いたようにも思いますが、高齢による脳機能の障害や認知症の問題は心配なさそうです。

診療担当医一覧 | 社会医療法人財団松原愛育会 松原病院(石川県) http://matsubara-hospital.org/outpatient/outpatient04/

 前にも調べたことがあるのですが、山口成良金沢大学教授のプロフィールのような情報をみつけました。以前の印象では、機械的な処理が多く余り信頼性の感じられないサイトですが、内容に具体性があるので一定の信頼はおけそうです。

山口成良 プロフィール - あのひと検索スパイシー http://spysee.jp/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E6%88%90%E8%89%AF/1120209

 1929年1月七尾市生まれとなっています。生まれた年と月まで私の母親と同じようです。男性のほうが女性より平均寿命も短いはずなので、平均寿命も越えており、存命の可能性も高くはないのではと考えていました。

 私がインターネットで情報の公開を始めた平成15年は12年前なので、まだまだ現役でご活躍されていた可能性も高いかと思われます。私の情報の公開が届かず、あるいは多少知ったとして無関心で放置されたのであれば、それはそれで社会的・歴史的な記録になります。

 その社会的な影響も含め、そろそろとっておきの深澤諭史弁護士のツイートを中心に、弁護士が与えた社会的影響について、具体的、詳細な記述に取り掛かりたいと思います。関連図のように各項目は内容において全てがつながっています。

2015-08-10 月曜日 10:30 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/深澤諭史弁護士/自力救済は逆に金を払うことになりそうですが、というツイートと世紀末の世界観。

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/深澤諭史弁護士/自力救済は逆に金を払うことになりそうですが、というツイートと世紀末の世界観。

2015-08-06 木曜日 23:33 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 今日は13時前に連続テレビ小説まれ、の再放送を朝に続けて見たことは憶えているのですが、横になって扇風機にあたっていると、いつの間にか心地よく寝ていました。電話で起きたのですが、母親のいる病院からの電話で、14時40分ぐらいだったかなと思います。

 母親の弟の兵庫県に住むおじさんから荷物が届いたという連絡でした。15時過ぎに病院に向かい、しばらく病院にいてから、そのまま穴水町に向かいました。今回、改めて気がついたことですが、珠洲道路の上町の道路標識に、穴水まで27キロと出ていました。

 バイクだと宇出津からは15分ぐらいはかかる場所ですが、そこから27キロということで、思っていたより穴水までは距離がありそうだと思いました。32キロぐらいかと思っていたのが、34キロぐらいありそうです。僅かな違いのようですが、バイクだとそれもけっこう大きな違いに感じられます。

 前から穴水には一度買い物に行きたかったので、買い物に行くことにしました。穴水に行ったのも昨年の秋以来かもしれません。6月にはもっと遠い輪島市に花火大会を見に行ったのですが、久しぶりの遠出です。

 穴水町は輪島市や珠洲市より町は小さいと思いますが、奥能登の交通の要所でもあり、此木というショッピングタウンのようなところがあります。輪島市と珠洲市、宇出津の分岐点でもありますが、2009年の3月15日まで羽咋市に住んでいた頃は、車で必ず通る通過点でした。

 宇出津に戻ってからはバイクでの生活なので、穴水町に行くのも年に2,3回程度かと思います。アマゾンでも買い物が出来るのですが、現物を見て買い物をしたいということもありますし、ネットの買い物は面倒に感じるので、最近は余りやらなくなっています。

 これまでも穴水町に行くと、羽咋市に住んでいた頃のことをいろいろと思い出していましたが、今回はそれまで以上に切実に、真剣に考えることがありました。とりわけモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の存在と影響です。これについてはこれからも色々書いていきます。

 穴水町では最後に、「八幡のすしべん 此木店」で食事をしてきました。昨年か一昨年の夏も輪島市方面から門前町を通過して、一度、同じ店に入ったように思いますが、ずいぶんと久しぶりに食べたという気がいました。

 「八幡のすしべん」は、石川県内に古くからあるチェーン店ですが、弁当もありながら惣菜やうどん、ラーメン、丼などの食堂です。石川県民にはお馴染みですが、輪島でも見たことがないので、奥能登では、そこだけかと思われます。

 「八幡のすしべん」は、昭和58年頃にはありましたし、金沢の入江店と、松任市の8号線バイパスの端の方に店がありました。初めはこの2店だけだったように思います、そのあと羽咋店や津幡店なども出来たように思いますが、初めの2店舗のことが特に印象的でした。

 少なくともこの2店舗は24時間営業で、昭和58年当時、金沢市内とその近郊でも24時間食事が出来る店というのは、他にほとんどなかったと思います。当時は、うどんが100円で、被告訴人安田敏の観音堂のアパートにいた頃は、本当によく松任市の外れの店に行っていました。

 いつも100円のうどん一杯だけで、それも被告訴人安田敏におごってもらっていました。食事が一日この100円うどんの一杯だけだったような記憶もありますが、300円弱の唐揚げ弁当というのも、金石街道沿いの弁当屋でよく買ってきて食べたという記憶があります。

 八幡のすしべん、は押し寿司や手巻き寿司も置いてありますが、私としては100円うどんのイメージが強く、うどん、がメインという思いがあります。お金に困らなくなってからは、店に入るとほとんどの場合、天玉うどんを注文していました。他はUFOラーメンぐらいです。

 今回も天玉うどんを食べたのですが、懐かしいようなちょっと変わっているような気もする味でした。正直言うと、余り美味しいと思うことはなかったのですが、すっかり馴染んだ懐かしい味で、たまには食べたくなります。他の食堂でも私は、うどん、というのは滅多に注文しないです。

 うどん、の話が出たので、ついでに書いておきますが、市場急配センターで長距離運転手をしていた頃、何度か、被告訴人松平日出男が出前をとって、私と被害者AAさん、そして被告訴人池田宏美の4人で、事務所で、うどんを食べることがありました。

 うどん、というのは嫌いではないですが、そう好きでもなく、食堂で食べるということも、八幡のすしべん、を除けばあまりないことでした。被告訴人池田宏美と被害者AAさんが、うどんを注文していて、それに合わせて、いつも、いなりうどん、にしていました。

 出前の注文は被告訴人松平日出男の言い出しで、3,4回ぐらいあったように思います。正確な時期などは、古い記憶に書いてあると思いますが、最後は3月の10日過ぎではなかったかとも思います。

 確か、「加登長(かどちょう)」という店だったと思いますが、金沢市内に何件かあるような店で、どこの店からは記憶にありません。普通に考えて会社には近かったと思いますし、八幡のすしべん、のように店舗数が多く広範囲ということはなかったと思います。

 最後の方に、うどんを食べた時だったと思いますが、被害者AAさんがミニスカートに見える半ズボンを履いていて、被告訴人池田宏美が、「だいたんやじぃアヤちゃん」と言ったことがありました。2月か、3月中のことで、真冬でした。

 被害者AAさんは、私に向けて伝えたい思いがあって、その時、半ズボンを履いていたのだと思います。半ズボンを見たのも初めてで、彼女は夏でもジーパンが多く、スカートも会社では地味なものを履いていました。

 4月1日の事件当日も被害者AAさんは、長袖のシャツ一枚で、上着を羽織らず、その白い長袖のには、道化師というかピエロのプリントがしてありました。彼女はなにかと伝えたい気持ちが強かったのだと思いますが、私は一応の理解はするものの正面から受け止めることも出来ませんでした。

 穴水町で買ってきたBluetoothの無線マウスなのですが、Ubuntuでは一定時間経過後、反応がなくなるようです。説明書には電池の節約のためスリープ状態になり、右クリックで復帰するということになっているのですが、無反応になってしまいます。

 デーモンの再起動でも必要なのかと思いますが、また調べる必要がありそうです。USBの無線マウスのつもりで買ってきたのですが、ポートに差し込む小さい部品が見当たらず、店員に声をかけようともしたのですが、周りにいなかったので諦め、ずいぶんと迷った末に、1080円で買ってきたものです。

 Windowsパソコンの環境で問題は出ないと思いますが面倒なものを買ってきてしまいました。Bluetoothの機器を使ったのはこれが初めてとも思うのですが、私が羽咋市に住んでいた6,7年前に既にBluetoothの製品は出ていたような、あれはIEEEの接続だったかもしれません。

 Bluetoothはスマホのキーボードも出ているので、以前、使ってみたいと考えたこともあったのですが、今頃になって、あらたな体験となりました。また、動くように直せましたが、余り長い時間マウスを動かさない、ということに気をつければ、それなりに使えそうです。

 新たな、不便さというか、それに伴う不自由さについて書きましたが、新たにUSBの無線マウスを買い換えても千円程度の損失で、根本的な解決が出来そうです。貧乏生活が進むほど、買い物には慎重になり、ずいぶんと長い時間考え続けたりします。

 そういう意味でも考えさせられたのが、穴水町に行く前と、帰ってきた後に見た深澤諭史弁護士のりツイートとツイートです。とりあえず、この2つに絞って、掲載をします。とっておきのご紹介です。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/06 10:30 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629102151365562368
RT @Noooooooorth: 弁護士会にも「非弁は消毒だー! ヒャッハー!!」くらいの気概が欲しいところである。
元のツイート)→ 投稿者:Noooooooorth(マッドノースライム) 日時:2015/08/06 08:43 ツイート: https://twitter.com/Noooooooorth/status/629075216698703872
弁護士会にも「非弁は消毒だー! ヒャッハー!!」くらいの気概が欲しいところである。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/06 19:51 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629243384763318272
ネットの法律問題解決の「体験談」でもてはやされる3類型。

1.弁護士直談判型
(;・∀・)ナンデヤネン?

2.自力救済型
(lll・∀・)ギャクニカネハラウコトニナリソウデスガ。

3.第三者巻き込み中傷型
(#・∀・)マネスルヒトガデテキテイルカラヤメテホシイ!

 あえて2点に絞りましたが、あと2つも掲載します。一つはストーカーに関するものです。もう一つは、リツイートしたマッドノースライムのツイートへの返信のようになったものです。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/06 11:29 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629116999310794752
弁護士って,こういうストーカー的嫌がらせの被害に遭いやすいですよね。
取扱い業務の性質上,必然なのかも知れませんが。
最近,弁護士会が相次いで業務妨害の特集もしていますし。
(・∀・;)
RT

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/06 10:32 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629102835574030336
偽医師がトンデモ療法で被害を出すのと同様,非弁にも被害があり,消費者問題でもあり,単に職域の問題ではないわけですから,公益的観点からも厳正対処すべきですよね。
RT @Noooooooorth 弁護士会にも「非弁は消毒だー! ヒャッハー!!」くらいの気概が欲しいところである。

 たぶん午前中に、読んだ時は気が付かなかったのですが、「単に職域の問題ではないわけですから,公益的観点からも厳正対処すべきですよね。」と印象的な意見が書いてあります。同業者である弁護士の不祥事に対する姿勢と、乖離が大きすぎるとも思いますが、本当に考えがぶれず変わらないです。

 ストーカーのツイートも11時29分の投稿になっているので、午前中に読んでいたものと思いますが、確認するまでは昼過ぎに読んだものと考え、穴水町に行っていた時も、反響するように私の頭の中を駆け巡っていました。

 「我に仇なす・・・」という歌詞の軍歌もあったと思いますが、弁護士としての業務に不都合、不利益のあるものは、すべてストーカーとか、逆恨みで片付けるという傾向が強いようです。この辺りも本当に、神がかり的な思考だと思いました。

 弁護士について今日は改めて考えることが多かったのですが、それも深澤諭史弁護士のおかげです。「泥棒神社」という言葉についても、これまでとは違った見方が開けてきました。開眼のような発見であります。

 すなわち、意地汚く世の中に迷惑をかける悪霊的な弁護士らを悪霊退散で封じ込める、それが泥棒神社なのだと。目に見えにくく深刻な社会汚染に対する社会防衛なのだということです。攻守を逆にしたような見方でもありますが、それも世紀末的です。

 深澤諭史弁護士がしばしばリツイートをしている「マッドノースライム」というTwitterのプロフィールの名前ですが、以前は「ぼく悪い弁護士じゃないよ。」としていた時期もありました。アイコンの方は変わっていないように思います。

 弁護士としての具体的な活動についてもツイートしている匿名アカウントです。基本的に匿名アカウントは関心が薄いので、ブックマークの登録はしているかもしれませんが、タイムラインを開くようなことは、ほとんどなくなっています。

 匿名であっても比較的関心が高く、タイムラインを見ることがあるのは、うの字と次のツイートのアカウントぐらいです。今からタイムラインを開いて、一つみつくろって掲載します。比較的若いと思われる女性弁護士で、これも横浜弁護士会改め神奈川県弁護士会の可能性が高いと思っています。

投稿者:kotadon(cotance~レシピテロリスト) 日時:2015/08/06 18:01 ツイート: https://twitter.com/kotadon/status/629215647390543872
そういうこと言う輩には、苛められた経験のある人たちで金属バットもって殴り込みに行っても許される法律の制定が待たれます https://t.co/CnwZsLDQWR

 このアカウントもプロフィールの名前を変えることが多いです。現在は「cotance~レシピテロリスト」となっていますが、「若手といわれるくらいの法律家です。」としていた時期もありました。

 初めにアカウントを見た頃は、「かわいいは正義」などとしていて、アイコンも美人の女性の写真でしたが、自分の写真ではないと断り書きも。「あざとく生きる」などとしていた時期もあったと思います。質問を受けたこともあったのですが、回答時期をのばしている間にブロックされました。

 典型的な法クラの一員かと思いますが、その界隈では「こたんせ」と呼ばれているようです。法クラスタと各人もいるようですが、正確には「法律家クラスタ」ということになるのではと思っています。

 前に見てからそう時間は経っていないように思いますが、深澤諭史弁護士のタイムラインに3件の新着があり、すべてがリツイートでしたが、初めの2件は、成仏理論のことでした。成仏という言葉は仏教用語というイメージが個人的に強いのですが、神仏の習合というのも最近になって知ったことです。

 ちょうど松波の人形キリコ祭りから戻ってきた頃だったと思いますが、調べものの流れで、アポロンというギリシャ神話の神々の一人について調べていました。Wikipediaだったと思いますが、読んでいるととんでもない報復をしていたらしく、以前に読んだ牛頭天王に似ていると思いました。

 あらためて牛頭天王についても調べたのですが、Wikipediaのページが以前読んだ時とは更新された様子で、新たな発見がいくつかありました。八坂神社の神仏習合の歴史も、その一つだったと思います。

 私個人の性格や考え方、人生経験もあると思いますが、深澤諭史弁護士や小倉秀夫弁護士、落合洋司弁護士(東京弁護士会)、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の発言を見ていると、本当に神様の目線でふざけたやつ、神罰をおそれないのかと考えることがあります。

 人を喰らう、という言葉がイメージとして浮かんでくることも多いのですが、弁護士という資格を得ることで、この人間界において、超絶的な力を得たと考えている狂信者ではないかと思うことがしばしばです。表現の自由と弁護士の社会的立場いうことで、言っておりますが、罵倒や逆恨みではありません。

 「弁護士会にも「非弁は消毒だー! ヒャッハー!!」」という深澤諭史弁護士のりツイートですが、これは知らない人も多いと思いますが、漫画の北斗の拳に出てくるものだと思います。

 私の知るところでは、パチスロ機の北斗の拳の演出の一つとして出ていました。少しランクが上の雑魚キャラで、ピンクか緑の服を着ていることが多く、絵柄のチェリーとスイカ揃いに対応していて、これが出てくるとチャンス目という感じにもなっていました。

 マッドノースライムというのも、世紀末が舞台の北斗の拳をイメージにしたような名前です。前々から思っていたことだと思いますが、改めて深澤諭史弁護士というのは、そういう漫画の世界の存在に思えます。

 それに似ているのが昨夜も取り上げた、ローカスこと実質実名弁護士や刑裁サイ太です。ローカスこと実質実名弁護士の方は、住所や名前が特定できるかたちでネット上の発言を行っているようなので、深澤諭史弁護士にやや近いとも言えますが、刑裁サイ太は実名をばらせば許さないような発言も見ました。

 法クラという類型自体が世紀末的な印象が強いのですが、確かに弁護士の業界においては、末期的な時代なのだと思えて現実と非現実が重なって見えます。

 さきほど取り上げた牛頭天王ですが、八坂神社の祭神で日本神話の荒ぶる神、スサノオノミコトと神仏習合されたという話がありました。難しい話だったので誤解もあるのかもしれませんが、私はそういう理解でWikipediaを読みました。

 終わって一月ちょっと経ったところの宇出津のあばれ祭りも、京都の八坂神社と歴史的な関連があり、お祭りの主役であるあばれ神輿では、担ぎ手が「チョーサー」という掛け声を繰り返します。

 子供の頃から気になっていて、被告訴人KYNには「昔の長者様のことらしい」と聞いたこともあったのですが、最近になってネットで調べてみると、「超在朝座」の意味らしいです。次のブログの記事でたまたま知ったのですが、山形県の神社の神主さんと思われます。

超在朝座!チョウサチョウサ!!|羽黒神社宮司のブログ http://ameblo.jp/hagurotetsu/entry-11891496757.html

 能登と遠く離れた山形県の神社に交流があるらしいと知ったのも意外でしたが、地元でも全く聞いたことのない話だったので、なおさら意外でした。

 弁護士の業界では日弁連こと日本弁護士連合会のことを、総本山とも呼ぶようです。ツイッターで見ていると、発言者はどれも法クラという感じでもありますが、私が自分だけが経験した大発見として、その総本山は、一般に見られるよりも遥かに大きい影響力で社会を支配した超越的存在だと思います。

 「神は死んだ」というニーチェの言葉も思い出しますが、ネット社会がその総本山を歴史的な解体に向かわせているとも考えています。個人的に総本山というのは、これも寺社仏閣のイメージが強いのですが、お布施とかお祓いという点でも、弁護士界はまさに神社に似た社会的なシステムだと思っています。

 また折りにふれて書きたいと思うのですが、「伝説の巫女」というパチスロ機とパチンコ機があり、ここ一月ちょっとの間に思い出すことが多くなりました。

 特に強く憶えているのは、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログでボロクソに言われて、コメント欄から閉めだされた数日後の休日に、羽咋市の千里浜に近い国道沿いのパチンコ店で、パチンコ機の伝説の巫女をやった時のことでした。

 思い出す度に正確な年を調べ直すことが多いのですが、6月のことで秋葉原無差別殺傷事件があった年のことです。最近になって気がついたことですが、事件が起ったのも同じ6月になっていました。年を確認するには秋葉原の事件で調べています。

 今、あらためて調べると2008年6月8日日曜日となっていました。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)から秋葉原の事件の犯人が事件を起こす原因になったのと同じネット上で、まったくこれでもかという容赦のない仕打ちを受けました。それはまさに殺人的であったと思い出す度に思います。

 時期的にどれぐらい離れていたかも思い出すことが出来なくなっていますが、羽咋市に出来たパチンコ店マルハンで、北斗の拳の新機種がありました。全面液晶になったのもその機種が初めてだったかもしれません。ビッグボーナスにつながる対決でも、ケンシロウ以外のキャラが出るようになっていました。

 通常のステージの画面でもラオウが出ていることが多かったと思いますが、ほとんど期待できない演出に、陣営にいるラオウに、下っ端の兵隊が出てきて「大王様」と言う場面がありました。

 その機種は目押しが難しく目押しが出来ないと不利が大きかったので、余りやらなかったのですが、「大王様」演出を見る度に、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の主催するブログでの立場を重ねて思い出していました。

 「モトケン」とか「元検」とか自称するのも尊大ですごい感じがしますが、ブログの支持者には、ヤメ検という否定的なイメージを払拭意味で、つけられた名前だと解説をする人もいました。崇め奉った、信望者のような発言だったので、そういうこともモトケンを神というイメージに重ねたようです。

 私をブログのコメント欄から閉めだした後、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)がすぐに始めたことは、ブログでの有料法律相談のことでした。反応らしいものは全く見られなかったので、本人もびっくりするぐらいあては外れたのかと思いました。

 医療問題での積極的な発言で、医師側の理解を得られなかったことも、ずいぶんと口惜しいような発言を書いていました。そうこうするうちに、ブログの更新が全く止まったのですが、その理由らしいものを見たのは、おそらく5年近く後の、今から一年ほど前のことです。

 一つの記事でしたが、まったく不思議なぐらい普通に見つかりませんでした。更新を停めたブログにその理由を書くのが普通で、そうすればすぐにわかったはずですが、なにか別に作ったブログの記事として書いていたように思います。その時は他にしていることもあったので、記録が不十分でした。

 同じ頃だったと思うのですが、山形市での少年のマット死事件で、担当検事だったモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のコメントを過去の新聞記事のようなもので見ることもありました。

 日付がずいぶんと古い記事だったと思いますが、ブログ主と言いながら主催していた自分のブログでは、警察や検察官の守秘義務を厳守事項のように言い、その後のTwitterでも、リークを批判として厳しく書いていただけに、これは根本から真逆の二重人格なのではないか、とも思いました。

 常に自分が正しいという考えが、基本にあるとしか思えないです。そういう指摘をすれば待ってましたとばかりに、反論をすることも多く見かけてきましたが、自覚がないほどに当たり前になりきっているのかとも思われます。関わるだけで迷惑や不利益のみが及びそうな存在で、躊躇もしてきました。

 本書でも取り上げて書くだけで、時間と労力の無駄かと公開することが何度もありましたが、本当にここまで長引いた原因は、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のよるとことがとてつもなく大きいのです。殺人的な攻撃を受けた思うぐらいですから、今があるだけましかと思うこともあります。

 言い訳もあったり、自分自身でもなぜここまで長引いているのかと思うところがありますが、それは自分自身のこれまでを振り返り、社会的、歴史的な記録にするという意味でも、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)というのは非常に大きな存在です。

 Bluetoothの無線マウスの方は、その後問題なく動いています。穴水町の買い物では「しまむら」で、5本指の靴下も買った来たのですが、履いているととてもいい感じです。ずいぶんと前から夏は特に快適に過ごせると聞いていたのですが、お金のこともありなかなか手が出せずにいました。

 今回買ってきたのは3組の靴下で、値段も300円台の400円近くになっていたように思います。長い間、ずっと考えてきて、ようやく手に入れ、始めたというのも羽咋市での生活を思い出しながら感慨深いものがあります。

 今、廣野秀樹(@hirono_hideki)のアカウントのタイムラインを見たのですが、またフォロワー数が減ったようです。4991になっていましたが、APIでは4990のようです。ごく短い事件で変動があったことも否定は出来ませんが、少し気になります。

 ここ一月ぐらい前から、はてなのブログの新規投稿のリンクが、自動でツイートされるようになり、ツイート数がずいぶん増えたということもマイナス要因かとは考えています。設定自体は、ずい分前にやったような気もするのですが、それがいきなり実行されるようになったのです。

 一番多い時で5017ぐらいになっていたと思いますが、4900台に減ってから、また持ち直して、5000を少し越えたのですが、そこから漸減しているという感じです。相変わらず自分の方からフォローをしたことはありません。もうずいぶんと経つと思います。5000までは本当に長かったです。

 話は変わりますが、今回久しぶりに穴水町に行って、意外に思ったことは一度も連続テレビ小説まれ、ののぼり旗を見かけなかったことです。宇出津では薄いピンク色の旗がいくつかあるのですが、輪島市への通り道でもある穴水まで見かけたかったことは意外でした。

 私が車の普通免許を取ったのは昭和58年の7月の20日頃でしたが、自動二輪で免許取り消しになっていたので、取得するのが半年ぐらい遅れていました。前にも書きましたが、八幡のすしべん、のことがなおさら懐かしく思い出されます。

 ちょうど普通免許を取った頃というのは、宇出津で井戸掘りの鑿泉の仕事をやっていて、仕事の現場で輪島市に行くことが何度かありました。親方夫婦と私の3人でしたが、話には聞いていた袖ヶ浜の海水浴場に行ったのもその時が初めてでした。

 一度だけ行ったものの、袖ヶ浦の海水浴場が輪島市のどの辺りにあるのかもさっぱりわからなかったのですが、3年ぐらい前にバイクで輪島市に行った時、その海水浴場の場所と輪島市内での位置がわかりました。

 まれ、の舞台になっている輪島市大沢を通りかかったのもその時が初めてだったと思います。そこを通って目指していたのが、猿山岬の灯台だったのですが、灯台の近くまで行ったのもの灯台の場所がわかりませんでした。

 「娑婆捨て峠」という看板があるところまで辿り着いたのですが、実際はそこから遊歩道で灯台まで歩いて行かなければならなかったのです。そのことに気がついたのは翌年の夏に行った時のことでした。看板も「婆婆」と見えていたのですが、帰ってネットで調べて「娑婆」だと気が付きました。

 告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)でも書いたと思いますが、普通免許を取ってすぐ、2,3日ぐらいではなかったかと思いますが、藤田自動車の代車になっていたポンコツの車に乗って、東京の浅草に住む被告訴人OKNのところまで遊びに行きました。

 たぶん待ち合わせをしていたのだと思いますが、初めに落ち合ったのが横浜の港の近くで、ずいぶんと天井が高い大きな喫茶店に被告訴人OKNに連れられて入ったことも、すごく印象的でした。

 翌日には数カ月前にオープンしたばかりの浦安の東京ディズニーランドに遊びに行きました。3人の女の子を乗せていき、2つ年下の当時16歳ぐらいの女の子ばかりでしたが、その一人は被告訴人OKNの彼女で、その後、結婚しました。

 私は車の無免許というのは余りしなかった方です。免許を取っていきなりの運転で、横浜、東京まで東名高速で行きました。高速に乗ったのは岐阜県の関が原インターだったと思いますが、道のことは小林運送の長距離の助手の時の経験でだいたいわかっていました。

 横浜にも長距離の助手で一度行っていたのですが、その時は本牧埠頭まで行きました。降ろした荷物か積み込んだ荷物がドラム缶であったことも憶えていますが、眠い夜中に国道20号線で八王子に出て、そこから横浜に向かったことも憶えています。国道16号線であったことは後で知ったかもしれません。

 どうでもいいようなことですが、井戸掘りの仕事では輪島市でも穴水町の方から入ってきて、輪島市内に差し掛かった辺りの右手の山の方の民家が現場で、そこで家の人に食べさせてもらったトマトがすごく美味かったのも印象的でした。

 トマトにソースがかけてあったのも、意外な組み合わせで驚いたのですが、もともとトマトは好きではなく余り食べていなかったので、とても新鮮な発見でした。不思議とその後もトマトは余り食べず、最近になってよく食べるようになったのですが、あれ以来ソースをかけて食べたことは一度もないです。

 被告訴人OKNは宇出津に帰って喫茶店を開くのが夢だと語っていました。いつごろまで東京にいたのかはっきりとは憶えていませんが、翌年の昭和59年の4月には、私の紹介で金沢市場輸送で長距離の仕事をするようになり、二人でアパートを探して、東力二丁目のアパートに住むようになりました。

 「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」にも書いたように思いますが、事件当日の平成4年4月1日にも住んでいたアパートで、次のワンルームマンションの入居が契約上始まったのも当日のことでした。

 次の日曜日だったと思いますが、被告訴人OKNと被告訴人KYNに手伝ってもらって引っ越しの作業をすることにも決まっていました。

 ポストから朝刊をとってきたのですが、1面に花火の写真があり、6日夜和倉温泉での花火大会とのことです。今日の金曜日か明日の土曜日の夜と思っていたのですが、これもあてが外れました。今年は、飯田の燈籠山祭りも七尾市石崎の奉燈祭りも、日付を勘違いして見逃していました。

 必ず行こうと考えていたわけでもないですが、石崎の奉燈祭りは一度も見たことがないので、一度は実際に見てみたいと思っていました。燈籠山は昨年バイクで見に行きました。昭和57年以来2回目でしたが、祭りの規模が昔のものに復活してからは、初めて見たことにもなるようです。

 気が付かいないうちに終わっているというのは、後味もよくないので避けるようにしたいと考えています。以前はそれほど好きでもなかったのですが、祭りにある花火大会も見たいという気持ちがあります。

 さきほどGoogleマップで調べたのですが、羽咋市の千里浜に近いパチンコ店は「パーラーセンリ」という名前で、今も影響しているようです。当時も名前は同じだったかもしれません。羽咋市ではマルハンが出来た後、3件のパチンコ屋が潰れていました。

 航空写真で見たので、初めてパチンコ店と海との距離も確認したのですが、これは想像とだいたい同じ感じでした。千里浜にはなぎさドライブウェイというのがあって、日本で唯一、車で砂浜の海岸線を車を走ることが出来るとも聞いています。

 その千里浜の奥の方だったと思うのですが、羽咋市内の近くで川が近くにあったようにも思います。その場所には被告訴人KYNとK君とM君の4人で夜に行ったのですが、夜遅くにはまぐりを取りに行こうを被告訴人KYNが言い出したのです。

 海に入ってはまぐりを取ったので、寒い季節ではなかったと思いますが、時期外れだったような気もするのですが、周囲に人気は全くなかたのも印象的でした。

 金沢市内高畠にある初めて入ったスナックで酒を飲んだ後、被告訴人KYNが急にはまぐりを取りに行こうと言い出し、K君の運転で向かったのです。帰りだったかもしれませんが、ずいぶんとスピードも出していて危ないと思いながら車に乗ってした。かなり酔っていましたが、それはいつものことでした。

 Googleマップで確認するとそのスナックがあったのは次の辺りではないかと思います。航空写真で見ると建物の数が少なく見えたのですが、だいたいその辺りではなかったかと思います。玉鉾町や示野の方に向かう、交差点の近くでした。8号線の側には昔、名古屋城というパチンコ屋がありました。

(株)ミュージッククラブ制作部 - Google マップ http://bit.ly/1IQRNpc

 住所は「石川県金沢市古府3丁目14」というようになっているようです。高畠ではなく古府というのも少々意外ですが、地図で見る限りその辺りでした。いくらか若めのママがいて、被告訴人KYNとの会話を見ていると、全く面識のない飛び込みで入った店とも思われたのですが。

 そうではなく共通の知り合いがいるような話をしていたかもしれません。場所的には間明にも近いですが、間明のスナックでは、以前、M君の妻が働いていて、そこで知り合って結婚したとも聞いたように思います。その妻というのも今風に言えば、いかにも元ヤンキーという感じでした。

 何度か会っていて派手な感じでしたが、落ち着いているようにも見えました。聞いた話で想像すると、細かいことは忘れましたが、被告訴人安田繁克か被告訴人多田敏明と年が近く、同じたかちゅう、こと高岡中学校の出身とも思いえました。

 「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」では書いていると思いますが、M君は昔、被告訴人HTNが所属していたのと同じ暴力団、松元組に入っていたと言い、昔の仲間が集まると、バーベキューの時など刺青だらけだと自慢をしていました。

 被告訴人多田敏明もそれと似たような話をしていました。暴力団関係者との付き合いが多いような話です。誇張もあるように思えましたが、どこまで本当かも確認は出来ません。

 ついでになりますが、そのM君のことでもっとも印象的だったことを書いておきます。彼は少年時代、全く不本意な強姦事件の巻き添えで金沢少年鑑別所に入っていたと言い、被告訴人KYNが私も鑑別書に入ったことがあると話していたためか、私のことをよく「兄貴」とも呼んでいました。

 M君は酒癖の悪いところも被告訴人HTNに似ていましたが、特に酒など入ると精神が不安定で、何をしでかすかわからないような不安定さがありました。問題行動を起こすということです。被告訴人HTNとの違いは、M君の場合、口や行動は大きいものの実際に手を出すような行動は見なかったことです。

 片町の金劇のビルのスナックで、テーブルの下で足を蹴り合ったこともありましたので、私も腹に据えかねて、やるなら思いっきり喧嘩をしてやろうという気分にまでなったこともあるのですが、そのような状況を作っておくことが目的のようにも思いました。

 ずばり言って、ここぞという時は、他との喧嘩にも見せかけて、私を傷害致死事件で殺すという目的があるのではと、常々思いながらM君とは接していました。半端なことではないので、名前を出しておきましょう。金沢市みどり団地の近くに家のあった松本隆明君です。

 そのM君ですが、普段はふざけたようにも見えながら一応は「兄貴」とか言っておいて、ある日、片町で代行運転の会社の車から、私に声をかける人があったのです。福井刑務所で同じ工場で作業をしていて、その後、函館少年刑務所の職業訓練に行った人でした。

 プライバシーの問題があるので詳しくは書けませんが、事件を起こす前にやっていた仕事で、被告訴人竹沢俊寿や被告訴人松平日出男のこともよく知る人物でした。その人が私に声をかけてきた時、M君はすぐに「お前に友達何かおったんか!」と大声で言ったのです。

 酔いが回りすぎて思わず本音が出たのかもしれませんが、本番一歩手前の性的サービスをする地下の店の前の片町オーロラ会館近く道路上で、その店に入るとか煮え切らない話を同じく私以外の3人がしていた時、木梨松嗣弁護士と思われる人物が通りすぎたのと、ちょうど同じ時期のことでした。

 これは「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」でも書いたように思います。よく思い出せないのはM君の年齢ですが、K君よりは少しだけ年上だったかもしれません。24歳と聞いていたような気もするのですが、平成10年当時のことです。

 昨年のあばれ祭りのことですが、被告訴人KYNと数年ぶりにあった状況は「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」で詳しく書いたと思います。ちょうど茂平食堂の少し手前のあたりでした。キリコは止まって時間が経っているように見えました。

 キリコは止まってもすぐに動く時と、長い時間動かないことがあって、長い間動かない時は、担ぎ手がしばらくどこかに行ってしまうことがあります。夜店での買い物や、友人知人の顔を見に行くということもあるのかもしれません。

 その場のキリコの担ぎ手の数が少なかったので私は動いていない時間だと判断したのですが、M君もK君の姿も見えませんでした。他に一緒に仕事をしているような人の姿も見えず、同じ町内の人とだけ一緒にいるという感じでした。

 その時、被告訴人KYNはキリコの最後尾にいたので、これはキリコを担ぐとき進行方向とは逆の後ろからは後ろ姿しか見えないので、目立たない場所にもなります。よほど注意深く見ないと、気が付きにくい場所でもありました。

 キリコが長い時間止まっていると、夜店での買い物にでも出掛けていた可能性もあるのですが、私が見たところのその場の雰囲気では、被告訴人KYNは仕事で身近な仲間を連れているとは思えませんでした。

 私が羽咋市から宇出津に戻ったのは平成21年のことですが、羽咋市に住んでいた平成14年11月からの5年ちょっとの間は、一度もうしつのあばれ祭りには帰りませんでした。

 もどった平成21年の祭りも、珠洲市の職業訓練に通っていた時期でもありましたが、祭りは少しだけしか見なかったような憶えがあります。いずれにせよ、その平成21年か翌年の22年の祭りの時になりますが、M君と思われる、それと間違いなさそうな人の姿は見かけていました。

 見たのは、酒垂神社の神輿を落とすカンノジの川でした。そこでは高い松明の下で、神輿を松明の気にぶつけ、火の粉をかぶるという見せ場の一つなのですが、その松明を竹のような長い棒で叩いて、火の粉を神輿の下に落とすことをやっていたのが、M君と思しき人の姿でした。

 宇出津のあばれ祭りの暴れる神輿は酒垂神社と白山神社の二基がありますが、時間も松明の場所も違っていて、酒垂の神輿の担ぎ手以外の関係者は、黄色と他の色をベースにした法被を着ていて、M君もその法被を着ていました。

 平成14年に被告訴人KYNの町内の祭りに参加をした時も、被告訴人KYNは赤い色の法被や、その前のデザインのずいぶんと色あせた昔の、青っぽい法被を着ていました。

 被告訴人KYNが新しい町内の法被を買って、それをM君に貸していたのなら理解も出来るのですが、あの法被はキリコの担ぎ手ではなく、神輿の関係者の特別な法被かと思われたので、M君がそれだけ宇出津の町内に馴染んでいるのかとも、それを見た時は思いました。

 被告訴人KYNの町内は、酒垂神社と同じ酒垂という町内です。宇出津の町内でも範囲は小さい方で、家の数も少ないほうだと思いますが、酒垂神社があることで、他の町内とは違う役目も担う町内ではないかと思われます。

 私は身の危険を感じ、警戒をしていたので羽咋市に住んでいた頃は、宇出津のあばれ祭りには帰らなかったのですが、帰ってすぐの平成21年の祭りの時は、出歩くのもけっこう警戒をしていました。翌年以降は、それほど気にかけなくなったのですが、身長も高く目立つ感じのM君の姿は見かけていません。

 宇出津のあばれ祭りには、他にも地元以外の人は知らないような特徴というか決まりがあって、マチと呼ばれる9つの町内が、キリコの先頭を占めるということになっています。酒垂もその一つですが、本町という町内もあります。

 順番が先頭の方になると、より目立つということもありますが、祭りの進行での現在位置がわかりやすくなります。以前、被告訴人OSNは、本町に住んでいて本町のキリコを鳶の会社の仲間を引き連れて、担いでいると聞いていましたが、平成21年以降、それらしい姿を見ることはありませんでした。

 あばれ祭りのキリコの単位ともなっている宇出津の町内は、住所ではないので、他の町の人はほとんどわからないと思います。長年住んでいてもよくわからないことはあります。

 宇出津のあばれ祭りのキリコにはナカフクと呼ばれる行灯のようなところに町内ごとの3文字の漢字が書いてあります。以前はネットで各町内の文字を紹介してあるホームページがあったのですが、今調べると見つかりませんでした。

 ナカフクの文字はすぐに忘れてしまうのですが、私が憶えているのは河原町の「思無邪」と昭和町の「是神州」ぐらいでしょうか。本町のナカフクの文字が気になるのですが、YouTubeの動画でもそれを手がかりにうまくいけば被告訴人OSNらの姿も確認できそうです。

 一気に書こうかとも思ってのですが、平成14年のあばれ祭り、2日目の茂平食堂の前でのことについていは、また別の機会に書こうかと思います。富来という若い社員が2が二人加わっていましたが、被告訴人KYNの言葉に同調した彼らは、意図的に私を挑発しているように見えました。

 富来というのは石川県羽咋郡富来町のことですが、現在は羽咋郡志賀町の一部になっているかと思います。落ち着いて少し年上にも見えた2人のうちの1人は、私が被告訴人KYNのところに正月明けに行った時、アリストという車に乗って、裏の方に車をとめていました。平成15年のことです。

 暴力団滝本組の事務所と、線路を挟んだ近くに出来ていた被告訴人KYNの新しい会社事務所では、結構長い時間会話をし、それをボイスレコーダーに録音し提出をしました。特に印象的だったのは、被告訴人KYNが姫のNKさんと付き合いがあったと言い出したことです。

 内容的には司法取引のところで、書いておこうと考えていた内容です。場所はどこでも一緒です。きっぱり言って、すべての記述に目を通さないと理解できないと思います。計画的事件というのはそれだけのものですよ。泥棒神社の弁護士が全面開示とほざいて、漁れるようなものではないです。

 この項目名を見直しました。深澤諭史弁護士が自力救済はかえって大損をする可能性がありますよ、という話でした。私も自力救済に近いと思いますが、求める先は検察、警察の職権の発動であり、取り返しのつかない原因を作ってくれたのも木梨松嗣弁護士ら、という話です。

 深澤諭史弁護士はまったく別の方向を向いて話をしていて、私が自分の立場と重ねて見ているから歪んで見える、ということもあるいはあるのかもしれませんが、特別予防に対する一般予防のような一般論で考えても、深澤諭史弁護士の考えや、言い方は行き過ぎがあると思います。

 それが全く深澤諭史弁護士らしいとも思います。深澤諭史弁護士のタイムラインは返信付きのものをブックマークしているので、出てこないのですが、返信を含まない通常のタイムラインであれば、固定のツイートがトップに出てくるはずです。久しぶりに確認してみます。あれば次に掲載です。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2014/11/21 15:32 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/535682105087238144
その「つぶやき」は犯罪です-知らないとマズいネットの法律知識(新潮新書)
http://t.co/1u2EdgwKxG

電子書籍版も発売です。
ネットの書き込み等がどういうときに犯罪になるのか。
また,ネット上でまことしやかに流れる「神話」「デマ」についても徹底解説しています。

 あらためて確認をすると昨年の11月21日のツイートでした。ヤブから棒な「その「つぶやき」は犯罪です」という切り出しが、とんでもないことだと危機感を高めました。彼の言い分通りに弁護士に対価を払ってこそ救済になるとしても、弁護士に裏切られた場合のことなど全くないのです。

 この本は電子書籍として始めの方の一部分とともに、全体のページ数が確認できるようになっていました。本としてもかなり薄っぺらな情報量だと思いましたが、それを徹底解説とも紹介しているようです。これだけ神経を逆撫で不快の念をかき立ててくれる弁護士も珍しいかと思います。

 不快とか胸クソが悪いとか、気分的なものを遥かに超えて、司法や裁判に対する決定的な不信と危機感を強めるものです。本当にやりきれない、救いのない気持ちにもさせてくれます。

 13時17分になっています。8時15分過ぎに寝て、12時43分ごろに目が覚めました。9時半頃に電話があって一度起きたのですが。輪島の生活保護の担当者から7月分の用紙を書いて送ってほしいという話でした。すっかりと忘れていました。

 起きてから深澤諭史弁護士のタイムラインを見ると新着で気になるものが少しありました。次のツイートとリツイートの2件です。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/07 10:39 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629466834517889024
ほんこれ。

https://t.co/cwysJA6MzR

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/07 10:38 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/629466704301592578
RT @Noooooooorth: 判断を急がせる奴にろくな奴はいないと思っておいた方がいい。
元のツイート)→ 投稿者:Noooooooorth(マッドノースライム) 日時:2015/08/07 08:20 ツイート: https://twitter.com/Noooooooorth/status/629431837220155392
判断を急がせる奴にろくな奴はいないと思っておいた方がいい。

 欲を出して事件の受任を増やせば無理が生じるだろうし、案件の処理を進めていけば、当初の見込みより手間が掛かったり、こじれて複雑化するということもあるでしょう。そういうことも度外視して、相手方を詰っているのであれば、それもいかにも弁護士らしいと思いました。

 適切な判断を下すには理想として、より沢山の判断材料が必要で、精査を進めることで精度も高まるはずですが、受任の案件の数が多くなれば、その間の割り振りや調整というのも多くなることでしょう。無闇に急かせるだけで結果を求めるという人も中にはいるかもしれませんが、ひと括りにするのも。

 そういえば何日か前の朝の情報番組、とくダネ!で、3姉妹の長女を、次女とその交際相手の男性、三女の3人が共謀して自殺に見せかけて殺害したという事件を取り上げていました。

 鬱病を患っていた長女が自分の首を刃物で刺して自殺したと、警察に説明していたということですが、死因が窒息死だったということで殺人容疑となったようです。資産家の遺産相続のような取り上げ方でした。

 テレビでも鬱病の長女の娘の世話を、同じ家に住む次女がすべてやったいたということですが、そういう介護や世話も相当負担が大きかったようです。次女の映像や三女の写真がテレビに出ていましたが、遺産相続の目的で、計画殺人を企てるような人にはとても見えなかっただけに、印象的でした。

 首を絞めて窒息死させ、その後に刃物で首を指して自殺を装ったというのも、ずいぶんと無理があるし、短絡的だと思いましたが、頭が悪そうな人にはとても見えなかったので、何があってそういうことになっただろう、本当に遺産が目的だったのかと、色々考えてしましました。

 昔から遺産相続というのは骨肉の争いになるとか、だからこそ弁護士の介入が必要というのをよく見かけてきましたが、この事件の報道を見ていて、これも弁護士が介入すればこそ、問題がこじれたり疑心暗鬼と人間不信で確執を膨れ上がらせていくのではないかと、考えました。

 そういえばまだ書いていないですが、2月1日の夜の、被告訴人安田繁克との会話で、彼は人間不信という、当時は余り聞くことのない言葉を使っていました。いくらか遠まわしに、被害者AAさんと関わることで人間不信で悩んだ時期があったという話です。

 被告訴人安田繁克は「わしゃ、殴りたくなるような女、はじめから付き合わんぞいね。」とも言っていました。被害者AAさんが性格的に問題のある難しい人間という印象は、その後、被告訴人多田敏明が具体的な話を交えて印象づけていました。

 たぶん昨日、深澤諭史弁護士のタイムラインで見た2つのリツイートについて書いておこうと思ったのですが、他にずいぶんと前のことを思い出したので、独立した項目として書きたいと思います。

 その深澤諭史弁護士のりツイートは奥村徹弁護士のツイートです。最近は本書の記述というやることも増えたので、奥村徹弁護士のタイムラインも開いて目を通してはいなかったですが、大事なことを思い出すことが出来ました。

 今テレビで「デーブ解説 人気ライオン「セシル」殺害 全米論争 ”狩猟ビジネス”の実態」という気になる問題を取り上げています。ホワイトハウスのホームページに約23万件の署名が集まる、とも。

2015-08-07 金曜日 15:16 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/司法取引に関する深澤諭史弁護士と市川寛弁護士のツイートと被告訴人らの組織犯罪性 *続きます

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/司法取引に関する深澤諭史弁護士と市川寛弁護士のツイートと被告訴人らの組織犯罪性 *続きます

2015-08-06 木曜日 09:35 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 市川寛弁護士は他に全く例を見ないぐらいツイートの削除が多いので、昨日、私が読んだツイートも、あるいは既に消えてしまったものもあるかもしれません。私はプログラムを使うので一回のコマンドで直近の200件のツイートを取得できます。時間も1,2秒でしょうか。

 さきほどコマンドの実行で取得しファイルとして保存したデータから、司法取引に関するものを抜き出す作業をやって、テキストを掲載します。データは私が独自に作った書式が適用されていますが、肝心なのはツイートの内容と、個別ツイートのURLアドレスです。

 なお、ここで使っているプログラムというかスクリプトは、ツイートの本文の改行をそのまま改行として扱っています。ブログへの投稿に使っているものはTwitterの仕様に合わせた記号に置き換えています。改行が入ると、ツイートの区切りがわかりづらくなりますが、生のデータになります。

 やたらと改行の多いツイートも深澤諭史弁護士の特徴で、市川寛弁護士はTwitterのプロフィールの名前にやたらと半角スペースを使っています。意図したものかわかりませんが、プログラムのテキストデータ処理では、半角スペースが混じっていると、問題を起こすことが多々あります。

リツイート)→  投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/06 00:01 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628943796231782401
RT @nobuyoyagi: そもそも検察側の証人が偽証を問われたケースは過去にないはず RT @imaloser15 司法取引で、検事が強引に被疑者・被告人に供述を迫り、それがウソだった場合、検事は共謀共同正犯や教唆犯に問われるのかね。あ、実際は検事は主観的要件を否認するは…
元のツイート)→ 投稿者:nobuyoyagi(Nobuyo Yagi 八木啓代) 日時:2015/08/05 23:52 ツイート: https://twitter.com/nobuyoyagi/status/628941625893351424
そもそも検察側の証人が偽証を問われたケースは過去にないはず RT @imaloser15 司法取引で、検事が強引に被疑者・被告人に供述を迫り、それがウソだった場合、検事は共謀共同正犯や教唆犯に問われるのかね。あ、実際は検事は主観的要件を否認するはずだけど(爆)

リツイート)→  投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 21:20 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628903425267204096
RT @unknownBar: 自白が信用性の高い証拠と言われるのは「人は自分に不利益になる嘘はつかないだろう」という経験則による。罪を認めたら処分は軽くするといわれたら自分の利益になるから嘘もつくだろうよ。
元のツイート)→ 投稿者:unknownBar(うちだ(仮名)) 日時:2015/08/05 20:59 ツイート: https://twitter.com/unknownBar/status/628898077277995008
自白が信用性の高い証拠と言われるのは「人は自分に不利益になる嘘はつかないだろう」という経験則による。罪を認めたら処分は軽くするといわれたら自分の利益になるから嘘もつくだろうよ。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 21:15 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628902217169240064
それよりホラーなのは、それこそ弁護人が共謀共同正犯や教唆犯に問われかねないことだが…

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 21:14 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628901965850775553
司法取引で、検事が強引に被疑者・被告人に供述を迫り、それがウソだった場合、検事は共謀共同正犯や教唆犯に問われるのかね。あ、実際は検事は主観的要件を否認するはずだけど(爆)

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 21:04 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628899354695196672
例えば、被疑者が検事にウソついたとして、公平に見れば、強大な捜査権限がありながらウソを見破れなかった検事がアホだと言われて当たり前。つまり、検事の落ち度が重く見られるから、仮に起訴しても裁判所が実刑にするかは疑問。ってことは、執行猶予にしかならない罪の威嚇力も問われる。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 21:00 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628898286150090752
ちなみに、司法取引で、罰則があるからウソつく人は出てこないってのは最低のまやかし。殺人罪は最悪死刑にするって定められてるけどなくならない。それに、この罪の本質は「無実の人を罪に陥れるウソをついた」ことなのに、法定刑の上限は懲役5年(偽証罪は10年)。しょぼすぎて威嚇力なし。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 20:39 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628893117110816768
ただ、組織犯罪と闘う手段として、何かしらは必要かもしれない。「対案出さなきゃいけない病」にかかったか?もう少しましな制度はないのだろうか…

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 20:37 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628892462816169985
司法取引では、取引の後に裏付け捜査やるんだよね。当たり前と言われればそれまでだが、裏付けやったらどうなるか、どっさり証拠見てる検事すらわからないのに、被疑者・被告人の話一つしか材料のない弁護人の同意があっても、何の担保にもならない。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 20:33 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628891454560059392
目の前に「報酬」をちらつかされたら、それ欲しさに、苦し紛れの嘘を言うのが人間。今、作られようとしている司法取引は、この人間の本質を無視しているとしか言いようがない。

リツイート)→  投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 20:30 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628890742010744832
RT @fukazawas: 接見中の撮影ですらろくにできない(by裁判例)弁護人が,いくら関与したって,司法取引が上手くいくのだろうか???
RT
元のツイート)→ 投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 20:29 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628890487722643457
接見中の撮影ですらろくにできない(by裁判例)弁護人が,いくら関与したって,司法取引が上手くいくのだろうか???
RT

リツイート)→  投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 20:30 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628890729041924097
RT @unknownBar: 司法取引を導入するなら全面証拠開示と人質司法の撤廃ができてからでしょう。今の状況でやったら自白の強要にしかならなさそう。たとえ弁護士が入ろうが関係ない。
元のツイート)→ 投稿者:unknownBar(うちだ(仮名)) 日時:2015/08/05 20:17 ツイート: https://twitter.com/unknownBar/status/628887585654358016
司法取引を導入するなら全面証拠開示と人質司法の撤廃ができてからでしょう。今の状況でやったら自白の強要にしかならなさそう。たとえ弁護士が入ろうが関係ない。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 19:11 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628870825387495424
弁護人は司法取引の場に事実上立ち会うことができるが、条文上、それは「協議」という場面からである。この中身がよくわからないし、検事が地ならしとして「~ということをしゃべれば不起訴だよ」としゃべっている場面にはおそらく立ち会えない。「取引」がいつから始まるのかが不明確なのだ。

リツイート)→  投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 17:08 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628839932652425216
RT @fukazawas: 具体的な被害者がいるので難しいけれど,ストーカー犯罪も覚醒剤のドラッグコートみたいな議論があってもいいかもしれないですね。
一般予防のみならず特別予防も考慮しないと,被害者や処罰,司法を逆恨みしたり,再犯を誘発するおそれもあります。
元のツイート)→ 投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 17:07 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628839794517225473
具体的な被害者がいるので難しいけれど,ストーカー犯罪も覚醒剤のドラッグコートみたいな議論があってもいいかもしれないですね。
一般予防のみならず特別予防も考慮しないと,被害者や処罰,司法を逆恨みしたり,再犯を誘発するおそれもあります。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 15:10 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628810224527241216
「私は根拠の乏しい取引には賛成できない」という理由で弁護人を辞任できるのか?取引に応じること自体は、自分が弁護する被疑者・被告人の利益になる。国選だったら逃げ場なし。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 15:07 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628809640667516928
まともな感覚のある弁護人なら、とてもぢゃないが危なくて「司法取引」には応じられない。しかし、他人を罪に陥れることが自分の依頼者を「弁護」することになっているのがミソ。そもそもこの制度は弁護人の依頼者と利益が相反する「他人」を売って「弁護」活動せよ、というのだ。

リツイート)→  投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 15:02 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628808178935795712
RT @fukazawas: 司法取引制度を導入するなら,弁護人への関連事件を含めた全面証拠開示は必須だろう。

証拠も見ずに「取引」するとなると,値札はおろか品物すら見ずに,買い物をするに等しい。
(・∀・;)
元のツイート)→ 投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 14:59 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628807579091628032
司法取引制度を導入するなら,弁護人への関連事件を含めた全面証拠開示は必須だろう。

証拠も見ずに「取引」するとなると,値札はおろか品物すら見ずに,買い物をするに等しい。
(・∀・;)

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 15:01 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628808139060543488
取引で得た供述の裏付け捜査をするから問題ないと法務省だかが言っているようだが、裏付け証拠はなんでもいいことになっている。例えばAと取引して「Bの指示でやりました」と言わせ、その裏付けとしてBに取引を持ちかけ「Cに指示されました」という供述を得ても裏付け捜査になってしまうのでは?

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 14:58 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628807232960880640
司法取引制度は、被疑者取調の文字通りの全面可視化の実現を前提に、「これではとても組織犯罪で突き上げ捜査ができない」と悲鳴を上げる捜査機関とそれこそ「取引」する形で導入すべきだった。可視化が不十分なままでの導入は、むしろ捜査機関の供述獲得手段が増えるだけになってしまう。

リツイート)→  投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 14:53 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628805937210396672
RT @luckymangan: 他人の犯罪を申告して、自分の罪を軽くする形の司法取引だから、巻き込まれた側から、関与弁護士に対する懲戒請求や損害賠償請求とかあり得るね。RT @Pokomoko5 "司法取引法案 弁護士の関与義務化で合意 NHKニュース" http://t.c
元のツイート)→ 投稿者:luckymangan(リーチ一発ツモ裏1) 日時:2015/08/05 14:40 ツイート: https://twitter.com/luckymangan/status/628802815054385152
他人の犯罪を申告して、自分の罪を軽くする形の司法取引だから、巻き込まれた側から、関与弁護士に対する懲戒請求や損害賠償請求とかあり得るね。RT @Pokomoko5 "司法取引法案 弁護士の関与義務化で合意 NHKニュース" http://t.co/vwOtAPwhX7 …

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 14:51 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628805505742323712
失礼、「避難」ではなく「非難」でした。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 14:50 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628805279442825216
司法取引法案 弁護士の関与義務化で合意 http://t.co/lAySNRpJSt 何らかの合理的根拠があって「他人をあらぬ罪に引きずり込むのはよくない」と弁護士が「取引」を拒んだ場合、その弁護士の依頼者から「なんで私の罪を軽くする活動をしないんだ」と避難される恐れもある。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 14:48 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628804781767725056
司法取引法案 弁護士の関与義務化で合意 http://t.co/lAySNRpJSt 弁護士が関与するから問題ない、と普通の人は思ってしまう。が、その「弁護士」はやってもいない罪に引きずり込まれる人の弁護士ではなく、引きずり込む側の弁護士。「弁護士殺し」制度と言うほかない。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 10:56 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628746407021654016
@sakamotomasayuk ですよね。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 10:56 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628746302965178368
まぁ、捜査が苦手で嫌いだった私個人のアレルギーがそう思わせるのだろうが。

投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 10:53 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628745648683114496
検察官が捜査機関ってところに問題が潜んでいる気がする。

リツイート)→  投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 10:52 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628745408685019136
RT @keijiho_plus: 検察官とか他の捜査機関とも、捜査について連絡・協力します。その場合はきちんと手順を踏むこと。警察本部長や警察署長に報告して、指揮してもらうんだ。「警察」として、他機関と関わるから。検察官との協力は刑訴さんに規定があります。他の捜査機関…国税庁…
元のツイート)→ 投稿者:keijiho_plus(犯罪捜査規範) 日時:2015/08/05 10:14 ツイート: https://twitter.com/keijiho_plus/status/628735883399696384
検察官とか他の捜査機関とも、捜査について連絡・協力します。その場合はきちんと手順を踏むこと。警察本部長や警察署長に報告して、指揮してもらうんだ。「警察」として、他機関と関わるから。検察官との協力は刑訴さんに規定があります。他の捜査機関…国税庁とか…とは協定とか。(24)[捜]

  リツイート)→ 、と投稿者:、で始まるURLを含む部分だけを告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kkhirono)に投稿しました。元のツイート)→ 、を除外しただけです。

 APIでの投稿間隔の時間が短いと、通信にエラーが出て投稿ができていない場合もあるかと思います。投稿が成功したことはいちいち確認をしていません。いずれブログへの投稿では、なんの制約もなく全文掲載します。

 次は深澤諭史弁護士の司法取引に関するツイートの内容を掲載しますが、対象のツイートの数が少なく、投稿の順番が連続しなかったり、時間的な並びで離れていたとも思うので、市川寛弁護士の時とは、違ったスクリプトを使います。もしかすると書式に少し違いがあるかもしれません。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 21:01 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628898738950377472
RT @imaloser15: ちなみに、司法取引で、罰則があるからウソつく人は出てこないってのは最低のまやかし。殺人罪は最悪死刑にするって定められてるけどなくならない。それに、この罪の本質は「無実の人を罪に陥れるウソをついた」ことなのに、法定刑の上限は懲役5年(偽証罪は10年…
元のツイート)→ 投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 21:00 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628898286150090752
ちなみに、司法取引で、罰則があるからウソつく人は出てこないってのは最低のまやかし。殺人罪は最悪死刑にするって定められてるけどなくならない。それに、この罪の本質は「無実の人を罪に陥れるウソをついた」ことなのに、法定刑の上限は懲役5年(偽証罪は10年)。しょぼすぎて威嚇力なし。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 20:29 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628890487722643457
接見中の撮影ですらろくにできない(by裁判例)弁護人が,いくら関与したって,司法取引が上手くいくのだろうか???
RT

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 20:28 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628890357950910464
RT @unknownBar: 司法取引を導入するなら全面証拠開示と人質司法の撤廃ができてからでしょう。今の状況でやったら自白の強要にしかならなさそう。たとえ弁護士が入ろうが関係ない。
元のツイート)→ 投稿者:unknownBar(うちだ(仮名)) 日時:2015/08/05 20:17 ツイート: https://twitter.com/unknownBar/status/628887585654358016
司法取引を導入するなら全面証拠開示と人質司法の撤廃ができてからでしょう。今の状況でやったら自白の強要にしかならなさそう。たとえ弁護士が入ろうが関係ない。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 15:10 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628810231577886720
>RT
うわぁ,なるほど!
これはおそろしい(・∀・;)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 15:09 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628810137826754560
RT @imaloser15: まともな感覚のある弁護人なら、とてもぢゃないが危なくて「司法取引」には応じられない。しかし、他人を罪に陥れることが自分の依頼者を「弁護」することになっているのがミソ。そもそもこの制度は弁護人の依頼者と利益が相反する「他人」を売って「弁護」活動せよ…
元のツイート)→ 投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 15:07 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628809640667516928
まともな感覚のある弁護人なら、とてもぢゃないが危なくて「司法取引」には応じられない。しかし、他人を罪に陥れることが自分の依頼者を「弁護」することになっているのがミソ。そもそもこの制度は弁護人の依頼者と利益が相反する「他人」を売って「弁護」活動せよ、というのだ。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 14:59 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628807579091628032
司法取引制度を導入するなら,弁護人への関連事件を含めた全面証拠開示は必須だろう。

証拠も見ずに「取引」するとなると,値札はおろか品物すら見ずに,買い物をするに等しい。
(・∀・;)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 14:58 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628807381351174144
RT @imaloser15: 司法取引制度は、被疑者取調の文字通りの全面可視化の実現を前提に、「これではとても組織犯罪で突き上げ捜査ができない」と悲鳴を上げる捜査機関とそれこそ「取引」する形で導入すべきだった。可視化が不十分なままでの導入は、むしろ捜査機関の供述獲得手段が増え…
元のツイート)→ 投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 14:58 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628807232960880640
司法取引制度は、被疑者取調の文字通りの全面可視化の実現を前提に、「これではとても組織犯罪で突き上げ捜査ができない」と悲鳴を上げる捜査機関とそれこそ「取引」する形で導入すべきだった。可視化が不十分なままでの導入は、むしろ捜査機関の供述獲得手段が増えるだけになってしまう。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 13:27 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628784421789765632
RT @legalnews_jp: 日本版「司法取引」が弁護士の関与義務化で合意 実務家からは懸念の声が噴出 http://t.co/OQr13ze6Uq 不当な「合意」であっても「弁護士もお墨付きを与えた」のだと言われかねない危険性を孕むものではないか。
元のツイート)→ 投稿者:legalnews_jp(Legal News(リーガルニュース)) 日時:2015/08/05 13:26 ツイート: https://twitter.com/legalnews_jp/status/628784218819026944
日本版「司法取引」が弁護士の関与義務化で合意 実務家からは懸念の声が噴出 http://t.co/OQr13ze6Uq 不当な「合意」であっても「弁護士もお墨付きを与えた」のだと言われかねない危険性を孕むものではないか。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 12:26 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628768892588961792
RT @okaguchik: 司法取引法案 弁護士の関与義務化で合意
http://t.co/Ow3TxNPMvG
捜査段階での証拠開示制度がない現状では、その司法取引が正当なものなのかを判断する材料が無く、その状態で司法取引がからむ弁護活動を強いられ,しかも、その責任は弁護士…
元のツイート)→ 投稿者:okaguchik(岡口基一) 日時:2015/08/05 12:25 ツイート: https://twitter.com/okaguchik/status/628768728646193152
司法取引法案 弁護士の関与義務化で合意
http://t.co/Ow3TxNPMvG
捜査段階での証拠開示制度がない現状では、その司法取引が正当なものなのかを判断する材料が無く、その状態で司法取引がからむ弁護活動を強いられ,しかも、その責任は弁護士にのみなすりつけられる制度

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 11:52 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628760584780152832
RT @mackckckck: 国民が弁護士を利用しやすくしたいのならば給付型リーガルエイドを充実させることにある。

人数増やして弁護士を苦しめてもますます不採算事件には手を出さなくなるし、嘘つきHPが増えるだけだと思うけどなー。
元のツイート)→ 投稿者:mackckckck(弁護士バビロン) 日時:2015/05/23 11:17 ツイート: https://twitter.com/mackckckck/status/601934964850970625
国民が弁護士を利用しやすくしたいのならば給付型リーガルエイドを充実させることにある。

人数増やして弁護士を苦しめてもますます不採算事件には手を出さなくなるし、嘘つきHPが増えるだけだと思うけどなー。

 改行が多いのでなおさら読みにくいと思いますが、上記のデータはTwilogからURLを一つずつ取得し、スクリプトの処理で得たものです。ツイログのページを読み込んだ時点でのツイートなので、昨日はあっても、削除で消えているものがあるかもしれません。

 最近は余り見かけなくなったように思いますが、深澤諭史弁護士もこれまで、ちょくちょくとツイートの削除をしていました。個別ツイートのURLでAPIからデータを取得しようとするとエガーが出て、そのあとページの再読み込みをすると、ツイートが消えたということが、これまで何度かあります。

 今、作業をやっていて削除が気になったのは、「司法取引制度を導入するなら,弁護人への関連事件を含めた全面証拠開示は必須だろう。」という内容を含むツイートのことです。前の行を書いた後に、もう一度確認したところ、深澤諭史弁護士本人のツイートとして見つけることができました。

 投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 14:59 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628807579091628032 ← これです。

 「全面証拠開示は必須」という部分を特に意識して探していたのですが、テキストデータのならびが読みづらいこともあってか、見当たらず次のリツイートを見つけ、これと勘違いしたのかとも考えたのですが、通常のブラウザのタイムラインで深澤諭史弁護士本人のツイートとして見た覚えはあったのです。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 20:28 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628890357950910464
RT @unknownBar: 司法取引を導入するなら全面証拠開示と人質司法の撤廃ができてからでしょう。今の状況でやったら自白の強要にしかならなさそう。たとえ弁護士が入ろうが関係ない。
元のツイート)→ 投稿者:unknownBar(うちだ(仮名)) 日時:2015/08/05 20:17 ツイート: https://twitter.com/unknownBar/status/628887585654358016
司法取引を導入するなら全面証拠開示と人質司法の撤廃ができてからでしょう。今の状況でやったら自白の強要にしかならなさそう。たとえ弁護士が入ろうが関係ない。

 あらためて見ると、このリツイートは人質司法を含めた言及があり、深澤諭史弁護士のツイートにはなかったという違いもあるようです。

 深澤諭史弁護士に限らず弁護士の発言としてよく見かけるもので、ニュース記事の中に出てくることも多いという印象があるのですが、「証拠の全面開示」という問題です。

 弁護士自身がものすごい物量的な負担を背負い込むことになると思うのですが、つまんで漁るという願望が強すぎて、自分の人間としてのいやしさ、浅ましさとでたらめ性が客観的にまるで見えていないのかと、考えることが多いです。

 もう既にやっていることですが、しばらく中断します。深澤諭史弁護士のツイートはいつもどおりに増えているようです。

2015-08-06 木曜日 15:04 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<



| | コメント (0) | トラックバック (0)

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/深澤諭史弁護士/少年法の年齢引き下げ 刑法学者が反対声明

警察、検察庁において是非参考にして頂きたいインターネット上における弁護士の発言/深澤諭史弁護士/少年法の年齢引き下げ 刑法学者が反対声明

2015-08-05 水曜日 15:02 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 数が多くなりますが、本日付の深澤諭史弁護士のツイートとリツイートを次に全て掲載し、その上で言及を行いたいと思います。共通すること、余り共通しないことが含まれているかと思いますが、まとまった混載のようになっています。書いているうちにも2件の新着がでています。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 14:58 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628807381351174144
RT @imaloser15: 司法取引制度は、被疑者取調の文字通りの全面可視化の実現を前提に、「これではとても組織犯罪で突き上げ捜査ができない」と悲鳴を上げる捜査機関とそれこそ「取引」する形で導入すべきだった。可視化が不十分なままでの導入は、むしろ捜査機関の供述獲得手段が増え…
元のツイート)→ 投稿者:imaloser15(弁護士 市川 寛) 日時:2015/08/05 14:58 ツイート: https://twitter.com/imaloser15/status/628807232960880640
司法取引制度は、被疑者取調の文字通りの全面可視化の実現を前提に、「これではとても組織犯罪で突き上げ捜査ができない」と悲鳴を上げる捜査機関とそれこそ「取引」する形で導入すべきだった。可視化が不十分なままでの導入は、むしろ捜査機関の供述獲得手段が増えるだけになってしまう。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 13:27 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628784421789765632
RT @legalnews_jp: 日本版「司法取引」が弁護士の関与義務化で合意 実務家からは懸念の声が噴出 http://t.co/OQr13ze6Uq target="_blank">http://t.co/OQr13ze6Uq 不当な「合意」であっても「弁護士もお墨付きを与えた」のだと言われかねない危険性を孕むものではないか。
元のツイート)→ 投稿者:legalnews_jp(Legal News(リーガルニュース)) 日時:2015/08/05 13:26 ツイート: https://twitter.com/legalnews_jp/status/628784218819026944
日本版「司法取引」が弁護士の関与義務化で合意 実務家からは懸念の声が噴出 http://t.co/OQr13ze6Uq target="_blank">http://t.co/OQr13ze6Uq 不当な「合意」であっても「弁護士もお墨付きを与えた」のだと言われかねない危険性を孕むものではないか。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 13:16 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628781608569475072
RT @un_co__yokohama: 自分の意見をただ肯定して欲しいなら、キャバ嬢とかクラブホステスとかに聞いて貰えばいいと思うよ。
元のツイート)→ 投稿者:un_co__yokohama(うの字) 日時:2015/08/05 13:15 ツイート: https://twitter.com/un_co__yokohama/status/628781369993203712
自分の意見をただ肯定して欲しいなら、キャバ嬢とかクラブホステスとかに聞いて貰えばいいと思うよ。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 13:16 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628781592333299713
RT @un_co__yokohama: 自分の気にいる回答が出てこなければ満足しないスタンスの人の相談を受けてると、そのトラブルとやらの原因わかりましたって言いたくなるのをぐっとこらえて「他の方はまだ別の意見かもしれませんけどね」を十回くらい繰り返すことになる。
元のツイート)→ 投稿者:un_co__yokohama(うの字) 日時:2015/08/05 13:14 ツイート: https://twitter.com/un_co__yokohama/status/628781064526245890
自分の気にいる回答が出てこなければ満足しないスタンスの人の相談を受けてると、そのトラブルとやらの原因わかりましたって言いたくなるのをぐっとこらえて「他の方はまだ別の意見かもしれませんけどね」を十回くらい繰り返すことになる。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 13:10 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628780108086521856
ほんこれ。
というか,無料相談のアドバイスは守ってもらえないことすらしばしばあるし。
(・∀・;)
RT @Noooooooorth 客単価を上げた方がクライアントの満足度も上がる。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 13:09 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628779940662489088
@pc_netter 申し訳ありませんが,Twitterでの法律相談は行っておりませんので,ご了承下さい。

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 12:29 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628769828103303168
RT @yas_igarashi: と書いてるそばから、これが流れてきた。RT @riken_komatsu こういう会社は正直どんどん潰れたらいいと思う。人権侵害してる会社だから。/ 中国人実習生が急減、日本の製造業や建築業で人材不足 破産に追い込まれる企業も|http://
元のツイート)→ 投稿者:yas_igarashi(五十嵐泰正) 日時:2015/08/05 07:56 ツイート: https://twitter.com/yas_igarashi/status/628700952531304448
と書いてるそばから、これが流れてきた。RT @riken_komatsu こういう会社は正直どんどん潰れたらいいと思う。人権侵害してる会社だから。/ 中国人実習生が急減、日本の製造業や建築業で人材不足 破産に追い込まれる企業も|http://t.co/3QEJYCzx6o …

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 12:29 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628769807702188032
RT @yas_igarashi: 昨日とある研究会に出て痛感したこと。7~8年前には「原案の労働開国路線で劣悪な国内労働条件の温存に繋がると結局外国人労働者のためにもならない」みたいなことを話してたが、今はもう「労働規制強化等で国内労働条件を改善しないと外国人は呼べず産業その…
元のツイート)→ 投稿者:yas_igarashi(五十嵐泰正) 日時:2015/08/05 07:52 ツイート: https://twitter.com/yas_igarashi/status/628700143278125056
昨日とある研究会に出て痛感したこと。7~8年前には「原案の労働開国路線で劣悪な国内労働条件の温存に繋がると結局外国人労働者のためにもならない」みたいなことを話してたが、今はもう「労働規制強化等で国内労働条件を改善しないと外国人は呼べず産業そのものが破綻する」業界が増えたフェーズに

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 12:26 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628768892588961792
RT @okaguchik: 司法取引法案 弁護士の関与義務化で合意
http://t.co/Ow3TxNPMvG
捜査段階での証拠開示制度がない現状では、その司法取引が正当なものなのかを判断する材料が無く、その状態で司法取引がからむ弁護活動を強いられ,しかも、その責任は弁護士…
元のツイート)→ 投稿者:okaguchik(岡口基一) 日時:2015/08/05 12:25 ツイート: https://twitter.com/okaguchik/status/628768728646193152
司法取引法案 弁護士の関与義務化で合意
http://t.co/Ow3TxNPMvG
捜査段階での証拠開示制度がない現状では、その司法取引が正当なものなのかを判断する材料が無く、その状態で司法取引がからむ弁護活動を強いられ,しかも、その責任は弁護士にのみなすりつけられる制度

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 11:52 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628760584780152832
RT @mackckckck: 国民が弁護士を利用しやすくしたいのならば給付型リーガルエイドを充実させることにある。

人数増やして弁護士を苦しめてもますます不採算事件には手を出さなくなるし、嘘つきHPが増えるだけだと思うけどなー。
元のツイート)→ 投稿者:mackckckck(弁護士バビロン) 日時:2015/05/23 11:17 ツイート: https://twitter.com/mackckckck/status/601934964850970625
国民が弁護士を利用しやすくしたいのならば給付型リーガルエイドを充実させることにある。

人数増やして弁護士を苦しめてもますます不採算事件には手を出さなくなるし、嘘つきHPが増えるだけだと思うけどなー。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 11:36 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628756388110581760
@Bibendum65
そのタイミングでPCがこわれるんですよね。たしか(汗)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 11:09 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628749533611196418
RT @uwaaaa: 若手弁護士が会務に消極的ですって? そんなの会務やってる先生に優先的に仕事回せば一気に解決するっしょ。会務がカネにならないからみんなやらねーんだよ。まず隗より始めよ、ってことで会務をクッソやってる当職に仕事たくさんください^^
元のツイート)→ 投稿者:uwaaaa(サイ太) 日時:2015/08/05 09:03 ツイート: https://twitter.com/uwaaaa/status/628717904242970624
若手弁護士が会務に消極的ですって? そんなの会務やってる先生に優先的に仕事回せば一気に解決するっしょ。会務がカネにならないからみんなやらねーんだよ。まず隗より始めよ、ってことで会務をクッソやってる当職に仕事たくさんください^^

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 10:58 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628746900120956928
否認を続ければ,勾留も続ける・・!
が・・!

自白したからといって釈放するかどうかはまだ未定だ,そのことを,どうか被疑者と弁護人には理解して頂きたい。

つまり,我々がその気になれば,身体拘束で脅して自白を取りつつ,勾留し続けることも可能だろうということ・・!

司法黙示録


投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 09:44 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628728259014864896
自国内で完結しそうな少年法の改正ですら,ここまで理性的合理的な判断ができないのであれば,

外国についても検討が必要な戦争でいえば,絶対に勝てない戦争を挑むこともあり得そうだな。
(・∀・;)

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 09:42 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628727709128982532
少年法の年齢引き下げ 刑法学者が反対声明
http://t.co/piIOAH8Uo4

見かけ上の処罰を重くして,実際の処罰は実は軽くなって,しかも再犯を増やす結果になるって,ちゃんと議員の先生はわかっているのだろうか。

たぶん,わかってないだろうな(・∀・;)

リツイート)→  投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 09:41 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628727471655907329
RT @SATOMasako: Reading:少年法の年齢引き下げ 刑法学者が反対声明 NHKニュース http://t.co/pYJKZuBS8P
18歳の少年少女がきちんと少年院で教育を受けた方が、将来の再犯は減ると思いますよ。
元のツイート)→ 投稿者:SATOMasako(佐藤正子) 日時:2015/08/05 09:39 ツイート: https://twitter.com/SATOMasako/status/628727110710878208
Reading:少年法の年齢引き下げ 刑法学者が反対声明 NHKニュース http://t.co/pYJKZuBS8P
18歳の少年少女がきちんと少年院で教育を受けた方が、将来の再犯は減ると思いますよ。

投稿者:fukazawas(深澤諭史) 日時:2015/08/05 09:35 ツイート: https://twitter.com/fukazawas/status/628726006686224384
どうも,非弁鑑定士です(・∀・)

 深澤諭史弁護士本人が私のために用意してくれた材料とは思えないのですが、私には刑事弁護や司法制度の問題点を取り上げる上で、鮮度と質の良い材料となっています。おそらくは深澤諭史弁護士の本意とは裏腹なのかと思いますが、止揚という感じの問題提起です。

 今、久しぶりに確認をしたのですが、深澤諭史弁護士は今でもツイログの登録は行っていないようです。最新の200件のみの表示になります。というメッセージが出ていました。ただでさえ、ツイート数が多いので、一月も経たずに探すのも困難な情報となりそうです。

 初めは非弁鑑定士を自称するツイートになっています。これだけ非弁について対抗的な弁護士も他に見ていないですが、弁護士としての意識も人一倍強いようです。あえて特権とは言いませんが、正当なものであっても、土が越えた印象を受けています。

 次にこの項目のテーマにもした少年法の問題です。司法制度改革を太平洋戦争の敗戦と同じように扱っているのも、この深澤諭史弁護士の特徴です。今回は、それが少年法の改正と将来的な戦争の可能性に結び付けられています。

 ここ2,3日前のテレビニュースでも19裁の少年が、人を殺してみたかったという動機で、同じアパートの住人の女性を殺害し、放火までやったという事件が報道されたばかりです。プロとして少年事件にもたずさわっているのでもあるのでしょうが、少しは言葉を選んではどうかと思います。

 リンクの刑法学者の声明という記事はまだみていませんし、今日のテレビでも見ていません。9時過ぎのNHKニュースでは、司法取引のニュースがあり、弁護士の立会が法案成立に向け、盛り込まれるようになった、とかやっていました。ちょうど台所で洗い物をしていたので映像は見ていません。

 これまでも深澤諭史弁護士のツイートをずっと見てきましたが、小倉秀夫弁護士と同じく考えが一貫していて、ブレがないという感じでいます。だいたい似たような内容のことを、時間をおいて、いくらか言葉を変えて繰り返しているという感じです。

 社会的需要というかニーズがあればこそ、小倉秀夫弁護士も深澤諭史弁護士も弁護士として活動し、生計も立てているのでしょう。これが紛れもな