« ココログフリーのブログへの項目の投稿と、org-modeでの一時的な各項目のデータとしての取り扱い方法について | トップページ | 被害者AAさんとの関係/平成4年12月/ティファニーのネックレスのこと<<2015-08-16 日曜日 17:04 »

2015年8月16日 (日)

被告訴人安田敏の関与/平成4年2月/レストラン十字において聞かされた。河野秀美さんに被害者AAさんと付き合っているのかと訊かれたという話<<2015-08-16 日曜日 15:57

被告訴人安田敏の関与/平成4年2月/レストラン十字において聞かされた。河野秀美さんに被害者AAさんと付き合っているのかと訊かれたという話<<2015-08-16 日曜日 15:57

2015-08-16 日曜日 14:35 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

ココログフリーのブログへの項目の投稿と、org-modeでの一時的な各項目のデータとしての取り扱い方法について http://hirono-hideki.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/org-mode-14dd.html

 上記記事にまとめた本書の作成・編集方針の変更ですが、さっそく実践をやったみました。「2015-08-16_ysn_被告訴人安田敏の関与.org」というファイルを作成し、「告訴事件における被告訴人安田敏の関与」という3階層目の見出しを作成しました。

 今から書く事実は、これまでも時々思い出していたことではありますが、昨日の午前中、輪島に出かける前に食事や片付けの支度をしながら思い出し、これまでとは違った重要性を感じたので、忘れることはないと思いながら、早めに取り上げて書いておくことにします。

 2月11日の祭日と思われる日のことです。その日、中央市場は休みのような状態であったと記憶にあります。祭日が市場の休みの日であったかどうかも現在では正確に思い出せなくなっているのですが、その日が2月11日の祭日であったことは間違いないと考えています。

 もう10日ほど経ったでしょうか。被告訴人HTNの自宅アパートに昼間に行き、食事をごちそうになったことやもずくのような海藻の味噌汁が出てきて珍しかったことなど書いたと思いますが、それと同じ日のことと記憶にあります。

 被告訴人HTNと一緒にいて、中央市場の石川丸果の売り場で、豊橋から荷物を積んできた被告訴人安田敏の姿を見たことも書いたと思います。そのあと夕方になって被告訴人安田敏と二人で話をするようになり、二人でレストラン十字に食事に行きました。

 レストラン十字は会社からも比較的近い場所にあり、歩いて行くことはなかったですが、金石街道沿いのジャスコというデパートの前にありました。ジャスコの関連の店舗は現在イオンになっているものと思います。ジャスコ若宮店という名前だったと思います。

その時、何を注文して食べたのか、どんな話をしていたかもほとんど思い出せなくなっているのですが、たぶん最も印象的だった河野秀美さんの話だけは今も記憶に残っています。

どれぐらいの時間店にいたのかも思い出せませんが、4月1日の事件当日とよく似た状況で、外はすっかり暗くなり、周りには私達以外の客の姿がなかった、あるいは肝心の話の時点でなくなっていたという印象が残っています。

その時被告訴人安田敏は、別の話をしながらさりげなく話題を変え、「そういえばこの前、河野のとうちゃんに変なこと言われたぞいや。お前、アヤちゃんと付き合っていたんか? と。」などと言い出しました。

私はすぐに同じ安田という名前なので、被告訴人安田繁克と被告訴人安田敏を取り違えて勘違いしたのかと考えましたが、つじつまをあわせた作り話のようにも考えました。河野さんは早い段階で、私と被害者AAさんの関係に興味を見せていたからです。

11月でも中旬かあるいは上旬という早い段階で、一緒に宇出津のAコープ能都店にミカンを運んだ時、河野秀美さんは、さりげなく、「この前、家の近くのレンタルビデオ店に行った時、アヤちゃんとその女友達の姿を見た。」などと言い出したことがありました。

 慎重に様子をうかがいながら水を向けてきたという感じも受けました。11月中であったことは間違いないと思います。その時点では、被告訴人多田敏明にも被害者AAさんのことは相談をしていなかったはずなので、被告訴人池田宏美が話さない限り知らないだろうという思いもありました。

 もう一つ印象に残っているのは12月21日の夕方のことで、私が七尾市まで荷物を積みに行き、会社に戻って二階にあがったときだったと思います。事務所の奥の方に河野秀美さんがいて、にやにやと意味ありげに笑っていたのですが、それは当日の私と被害者AAさんの関係のことだと思いました。

 まだ詳しくは書いていないと思いますが、私は昼過ぎに、被告訴人安田敏に被害者AAさんを呼び出してもらい、裏駐車場にとめていた大型トラックの運転席に待っていて、彼女が来て、はずかしそうに「なんやあ?」と言ってので、助手席に乗ってもらい大型トラックを走らせたのです。

 8号線バイパスから出雲町の土手沿いのような道路を走り、大豆田大橋の方まで行ったという記憶があります。停車中の会話というのは僅かだったと思いますが、30分以上小一時間は彼女を連れだしていました。ちょうど年末で事務の仕事がとても忙しいという時期でした。

 無断で仕事中の彼女を連れだしたことになるのですが、帰ってから仕事のことで2階の事務所に顔を出すと、被告訴人松平日出男社長が、気を遣ったようににこにこと笑っていました。張りつめた表情になっていたのは被害者AAさんでした。私も目に見えて興奮していたと思います。

 その時なにがあったのか一部始終を書くと長くなりますし、現在では記憶が薄れ思い出せなくなっている部分もあるかと思います。

 金沢市内には浅野川と犀川という大きく有名な川があって、全国的に見れば話しにならないほど小さい川でもあるのですが、金沢市内で川らしい川といえばこの2つぐらいで、伏見川のような比較的小さい川も犀川の支流のようなものであったと思います。

 観光的には東の茶屋街に近く友禅流しの伝統もあるらしい浅野川の方が有名かと思われますが、片町という金沢市内の中心部、繁華街の近くを流れるのは犀川です。片町の近くには犀川大橋という橋があって、海に向かってその一つ下が御影大橋、その次が大豆田大橋だったと思います。

 大豆田大橋のいくらか手前でトラックをとめ、少しだけ話をしました。ネックレスを渡そうとした時と、その場面だけはトラックを駐車していた記憶があります。

 自宅の電話に出なくなった理由について、そこで尋ねたのです。すると彼女は、「寝とったんじゃないか。私、最近早く寝るし。」と、真面目に少しふざけたような感じで言いました。

 私が、「お前の家の人、でかけとるっていいとったぞ。」というと、「じゃ、そんときはでかけとったんじゃないか。」と彼女は言いました。

 私は、主に長距離の仕事の出先から19時、19時半、20時、20時半と3,4回ぐらい電話をすることが多かったと思います。11月25日の夜の電話で、自宅に電話をすることの許可を彼女にもらった、すぐあとの行動だったので、電話に出ない彼女の行動が理解できず、それだけ電話を掛けました。

 金沢西警察署の谷内孝志警部補の取り調べでは、ざっと数えて50回ぐらい電話をしたと答えたように思いますし、そのとおりの記録が供述調書にもなされていたように思います。実際は、そう細かく憶えていたわけではありません。実際以上に多くは感じていたように思います。

 また、いつものクセで、項目名の内容からだんだんと外れ、主客が逆転しそうな気配も出てきました。あちこちに書いて分散させるのも、重複が多くなり非効率なので、被害者AAさんのことでも3階層目の見出しの作って、そちらのファイルに書くようにしたいと思います。

2015-08-16 日曜日 15:57 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<


|

« ココログフリーのブログへの項目の投稿と、org-modeでの一時的な各項目のデータとしての取り扱い方法について | トップページ | 被害者AAさんとの関係/平成4年12月/ティファニーのネックレスのこと<<2015-08-16 日曜日 17:04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被告訴人安田敏の関与/平成4年2月/レストラン十字において聞かされた。河野秀美さんに被害者AAさんと付き合っているのかと訊かれたという話<<2015-08-16 日曜日 15:57 :

« ココログフリーのブログへの項目の投稿と、org-modeでの一時的な各項目のデータとしての取り扱い方法について | トップページ | 被害者AAさんとの関係/平成4年12月/ティファニーのネックレスのこと<<2015-08-16 日曜日 17:04 »