« テーマタイトル「さらば弁護士鉄道」に向けた新たな出発 | トップページ | 平成4年第二回公判調書(金沢地方裁判所) »

2015年7月13日 (月)

刑事事件の実名報道に対するローカスこと実質実名弁護士アカウントの考え方について石川県警察に参考にしてもらいたいこと(前置きとしてのhsとhrの新規ブログ投稿スクリプトの説明)

刑事事件の実名報道に対するローカスこと実質実名弁護士アカウントの考え方について石川県警察に参考にしてもらいたいこと(前置きとしてのhsとhrの新規ブログ投稿スクリプトの説明)

2015-07-13 月曜日 09:28 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 告発-金沢地方検察庁御中_ツイッター(@kk_hirono)で確認したところ実質次の記述からの再開ということになります。

投稿者:kk_hirono(告発-金沢地方検察庁御中_ツイッター) 日時:2015/07/07 22:20 ツイート: https://twitter.com/kk_hirono/status/618409358439743488
曲という字の誤変換もありますが、今年の2月ということです。こういうのも明確な認識と意識の変化ですが、時の経過とともにそういう意識と危機感を強くしております。最終的なかたちにもなりますが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士の処罰の必要性を強くしました。

 7月に入って3日と4日の二日間に宇出津のあばれ祭りがありました。10年ほど前から7月の第一金土曜日ということになっていますが、この祭りが地元では一年で最大のイベントであり生活の節目になっていることも既にご説明を書いたと思います。

 石川県警察においても能登のこの祭りでは警備のうえで負担が大きいかと思いますので、休止の節目としたつもりでいます。先月つまり6月の終わり頃に珠洲警察署の担当者といわれている人に電話をしましたが、そういえば昨年のあばれ祭りのすぐあとにも電話をしていたことを思い出しました。

 警備の仕事で宇出津のあばれ祭りに来ていたという話をされていましたが、思えばそれから1年間、進展というものはほとんどなかったと思い出すとともに、改めて石川県警察との関係性について、成り行きにまかせるのではなく、しっかりした対処をしておく必要性を考えるようになりました。

 電話を掛けた正確な日も現在思い出せなくなっていますが、備忘のための記録をかねてツイートをしているので、ツイログの方で確認できるかと思います。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/06/24 16:30 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/613610139782918144
珠洲警察署 - 石川県警察本部 http://t.co/ucpcHCr6LL いまから電話する。

投稿者:hirono_hideki(廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜) 日時:2015/06/24 18:11 ツイート: https://twitter.com/hirono_hideki/status/613635645131591684
もう一度

 思っていたより簡潔な内容で、時期も月末かと思っていたのですが、それより3,4日は早く6月24日となっていました。この時点では石川県警察に対する申し入れのような記述を告訴状の一部として、記録をかねて公開するようなことは考えていなかったように思います。

 7月5日の未明に宇出津のあばれ祭りが終わって、翌日の6日にはこの告訴状の作成を本格的に再開するつもりでいたのですが、7日に少し書いただけでまた中断をしていました。

 取り上げたいことが沢山ありすぎて取捨選択にも苦慮したのですが、見出しにもあるように「ローカスこと実質実名弁護士」を真っ先に取り上げることにしたのは、私が実に長い間、悩み迷い続けていた懸案事項に関わるからです。

 注目度から言えば、名誉毀損の刑事告訴を進めているモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士に次ぐのが、深澤諭史弁護士や落合洋司弁護士(東京弁護士会)だったので、言及の衝動にかられるツイートも枚挙に暇のない状況でした。

 そういう中で、まず最初に取り上げたいと思ったのが次のローカスこと実質実名弁護士のツイートになります。

投稿者:lawkus(ystk) 日時:2015/07/11 10:19 ツイート: https://twitter.com/lawkus/status/619677397273542656
まあ実名報道には知る権利の実現の側面もあって、どこに重きを置くかの相違だと俺は捉えてるのでアホとまでは思いませんが、俺も個人的には拡散しない方針ですね。面白犯罪ニュースなのに実名出ちゃってるからシェアできず無念ということがよくあるw https://t.co/pj4wAHcuw9

 このツイートは次の匿名弁護士アカウントのツイートをリンクにして、言及したものと思われます。

投稿者:Noooooooorth(マッドノースライム) 日時:2015/07/10 23:34 ツイート: https://twitter.com/Noooooooorth/status/619514954656256000
毎回言っているけど、いかに有名人であったり同業者であったりしようとも、逮捕段階の実名記事をリツイートしている法曹は、無罪推定の原則及び報道による影響の大きさを認識できないアホの極みの人間だと思っている。

 「マッドノースライム」というプロフィールの名前になっていますが、珍しいぐらい頻繁に名前を書き換えているアカウントとしても印象的な、弁護士と思われる匿名アカウントです。以前は「ぼく悪い弁護士じゃないよ。」としていた時期があり、hhのスクリプトではその名前を使っています。

 大きな変更でありながらご説明を書いていないことですが、6月の5日ぐらいだったと思いますが、hhのコマンドをコピーで修正してhsというコマンドを作り、以降はほとんどそのコマンドを使ってWordPressのブログに投稿をやっています。

 hhのコマンドでは、コマンドの第一引数に登録したワードを使い、それを「/」以降に貼り付けて、識別にしていました。具体的には次のようになります。

"2015k_13224","2015-06-14 03:35:42","こっちが有名な成仏理論 RT“@study_law_bot: 人々のお役に立つ仕事をしていれば、法律家も飢え死にすることはないであろう。...その上に、人々から感謝されることがあるのであれば、人間、喜んで成仏できるというものであろう。(高橋宏志中央大教授)”/ぼく悪い弁護士じゃないよ。","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=13224"

"こっちが有名な成仏理論 RT“@study_law_bot: 人々のお役に立つ仕事をしていれば、法律家も飢え死にすることはないであろう。...その上に、人々から感謝されることがあるのであれば、人間、喜んで成仏できるというものであろう。(高橋宏志中央大教授)”/ぼく悪い弁護士じゃないよ。"

 URLなどの情報を含めるとツイートが出来ないので、ふたつ目はタイトルのみにしました。というつもりでしたが、「"こっちが有名な成仏理論 RT」という部分を抜かしていて、それを含めると145文字で文字数超過のエラーが出ました。

 他に文字数が140文字に収まりそうなものを探すと、次のようなものもあります。ブログのタイトル名になっていますが、他の文章と区別するためダブルクオーテーションでくくっています。

"「お前ら成仏、俺モリハマ」は今年の法クラ流行語大賞ノミネートであるな。後は現時点では「弁護士キラー(キラ様)」あたりか。/ぼく悪い弁護士じゃないよ。

 いわゆる「成仏理論」について言及したツイートですが、深澤諭史弁護士も頻繁に取り上げているワードです。面倒もあるので詳しい説明はやる気も起こらないのですが、現状の弁護士をみるうえで重要なキーワードになっているかと思います。

 「法クラ」というワードも含まれていますが、これは自称も含めインターネット上における活動で若手法律家を指す用語のようです。クラというのはクラスタの略のようです。プログラムの勉強でも出てくる言葉ですが、ブドウの房を意味し、ある種のまとまりということのようです。

 スクリプトの説明ですが、改良したhsのコマンドでは、対象のツイートのURLをクリップボードにコピーした状態で、hsというコマンドを実行することで、そのURLに含まれる情報からアカウントのプロフィールの情報を自動でで取得し、それをブログの投稿の内容にも含めるようにしました。

 ブログのエントリのタイトルとしては次のようなスタイルというか書式になります。

"2015k_22985","2015-07-13 08:58:36","たまには良いこと言うな。笑→新国立で安倍首相は「第二の東條英機」になるのか : アゴラ http://t.co/PAyCu4FiwU/(落合洋司 Yoji Ochiai)","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=22985"

"たまには良いこと言うな。笑→新国立で安倍首相は「第二の東條英機」になるのか : アゴラ http://t.co/PAyCu4FiwU/(落合洋司 Yoji Ochiai)"

 「落合洋司 Yoji Ochiai」というのが落合洋司弁護士(東京弁護士会)のプロフィールの名前になります。これは頻繁に内容を書き換える人も少なくないのですが、客観的な識別情報としてよりよいのではないかと判断しました。

 APIでその都度取得する情報なので手間も省けますが、間違いを起こす可能性もほとんどなくなります。実際、コマンドの履歴を使うことで、違った名前を使ったことがあり、見つけると放置も出来ないので、ブログやデータベースの修正に余計な手間を掛けたこともあります。

 hsのコマンドでは@付きのアカウント名をWordPressのブログのタグに登録するようにしています。このアカウント名というのは私の場合で言うと「hirono_hideki」になります。

 @hirono_hidekiのプロフィールの名前は「廣野秀樹\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の夜」です。これはわかりやすい説明が出来るのですが、意外に少ない文字数制限をいっぱいに使っています。本当は「泥棒神社の物語」にしたかったのですが、一文字余計になるので夜にしました。

 この場合@を含めたhirono_hidekiが自動でタグとして登録されるのですが、制限の少ないWordPressにも登録できるタグの数には制限があるという情報を以前見かけたことがありました。具体的な数は忘れましたが、無制限ではないということです。

 3日ほど前になるかと思いますが、タグの数を無闇に増やさない対策として、別途hrというコマンドを作りました。これはアカウント名のタグへの登録を実行せず、第一引数をタイトルに含めるようにしました。具体的には次のようになります。

"あからさまに伝えたら示談強要と言われた、という話を聞きます。 https://t.co/gX7rDl7vjF/(深澤諭史弁護士のリツイート)"

 この場合、「深澤諭史弁護士のリツイート」がタグとして登録されますが、最近は面倒もあるのでタグを余り使わなくなっています。タイトルの絞り込み検索でも同じようなことができるので、さほど意味がないというのも考えにあるのですが、別の方法も開けるので使ったようがよいという考えもあります。

 「刑事事件の実名報道に対するローカスこと実質実名弁護士アカウントの考え方について石川県警察に参考にしてもらいたいこと」というタイトルでこの項目を書き始めたのですが、ずいぶんと内容が逸れてしまいました。

 タイトル名の変更には柔軟に対応する方針ですが、記述範囲の時刻については、範囲と記述の対応をしっかりとさせておきたいところです。現在のタイトルを頭をひねって修正し、別の見出しとして仕切り直しからやり直したいと思います。

2015-07-13 月曜日 11:24 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<











|

« テーマタイトル「さらば弁護士鉄道」に向けた新たな出発 | トップページ | 平成4年第二回公判調書(金沢地方裁判所) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刑事事件の実名報道に対するローカスこと実質実名弁護士アカウントの考え方について石川県警察に参考にしてもらいたいこと(前置きとしてのhsとhrの新規ブログ投稿スクリプトの説明) :

« テーマタイトル「さらば弁護士鉄道」に向けた新たな出発 | トップページ | 平成4年第二回公判調書(金沢地方裁判所) »