« 2014−10−24_Twitterでブロックされている坂本正幸弁護士による袴田事件に関する検察の証拠捏造という問題提起らしきもの | トップページ | ツイッターでブロックされた実名弁護士アカウントについて 2014年9月15日 »

2015年6月29日 (月)

あなた自身が被害を与えた被害者その他関係者の実名を

あなた自身が被害を与えた被害者その他関係者の実名を


<2014-04-21 月 16:03> [ ←これからの記述範囲の開始時刻]]


<<>> [[#LINK-ID_4]]


あなた自身が被害を与えた被害者その他関係者の実名を記載しており、これらの 人の名誉を侵害しており〜ジェイ | 非常上告-最高検察庁御中Blogger http://hirono2013s.blogspot.jp/2013/03/blog-post5149.html


まずは以前投降したブログの記事のURLを上記に掲載しました。ブログの記事はエントリと呼ばれることも多く、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)もそういう書き方がブログでは多かったように記憶しています。


エントリはエントリーと書くこともあるのかもしれません。ブログのサービスの仕様によっても記事とするものとエントリとするものがあったと思いますが、Hatena::Diaryもエントリという扱いであったと記憶しています。


エントリというのはやや専門的な言葉で、私自身最近は余り見かけていないような気もするのですが、ニュースの記事と区別するためにも、ブログの記事のことはなるべくエントリと表記するようにしておきたいと考えています。


当時私がメインで使っていた次のブログもHatena::Diaryでした。問題のコメントもそのブログに対して行われたものです。


日暮れて途遠し http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/


このブログは平成21年の9月の10日頃からプライベートモードに設定したので、ログインした私以外の閲覧は出来ない状態、つまり非公開の状態になっています。


非公開にした原因については当時の能登警察署の大家刑事に事件の関係者の名前を出すな、匿名にでもしろと言われたことが原因でした。結果としてはそれに応じたかたちにもなるのですが、前後を含め実際の問題はかなり複雑と思われ、大家刑事の本心というのも測りがたいものがあります。


最終的に私は能登警察署の別の警察官に電話だったと思いますが、大家刑事とどうしても話をしたい、話をする必要があるので連絡をつないでくれるように頼んだのですが、全く応じてもらえなかったと思います。すでに能登警察署にはいないとは言われていました。


実際のやりとりを私はパソコンで録音し、音声データをYouTubeで公開していました。今もそのままになっているかと思いますし、音声ファイルも参考資料としてDVDには収録する予定でいます。


音声データ自体はmp3というファイル形式だったと思いますが、YouTubeにアップロードするには動画ファイルとして変換し直す必要があり、flvというファイル形式にしていたのではないかと思います。


能登警察署を巡っては珠洲警察署に併合されるという事情もありました。建物自体は宇出津に残っていますが、交通関係などの業務を一部に残して、生活安全刑事課自体は完全に珠洲警察署の方に移されたようです。


ネットで調べると次の情報が出てきます。


能登警察署は、石川県警察がかつて管轄していた警察署の一つである。 2012年4月1日に珠洲警察署と統合し廃止。現在は、珠洲警察署能登庁舎となっている。 ウィキペディア


私自身、正確な時期を忘れがちなのですが、現在が2014年の4月なのでちょうど2年を過ぎたところになりそうです。


まだ能登警察署に生活安全刑事課があった頃のことですが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)を名誉毀損で刑事告訴すると言うことで、相談に行ったこともあります。3月の中頃でした。


そういう経緯を含め、主にパソコン画面のスクリーンショットの画像ファイルを、資料としてのDVDには添付します。ただ、細かい説明となると時間も紙幅もばかにはならないので、取り上げるかどうかは今後次第です。準備として用意したものでもあります。


名誉毀損の刑事告訴の相談に関しても、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログにおける経過がつながりを持っています。


モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の主催するブログですが、はじめは「元検弁護士のつぶやき」というタイトルのブログだったと思いますが、途中で「モトケンブログ」とかに変わっていたような気もします。


本当は調べて確認した方が良いかとは思いますが、今はそれほど重要な問題として位置づけていないので、おおまかな説明にして進めます。


ジェイという人物のコメントがわかりやすい経過の説明にもなってくれているのですが、長い間、無視されたり、そのうちに集中砲火を浴びてコメント欄からの出入り禁止にされました。


そのことを自分のブログで書いていたところ、ジェイというハンドル名での投稿があったのですが、長い間、閲覧していたモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログでも、ジェイというハンドル名は一度もみた記憶がありませんでした。


常連のコメント投稿者が多いブログではありましたが、そのほとんどが匿名のハンドル名でした。同じものを使うとつながりもわかるので、一時的に「ジェイ」というハンドル名を使用した可能性はあるかと思います。内容的には常連以外には考えられず、矢部善朗弁護士本人かと考えてこともありました。


このジェイという人物のコメントも、当時相当のダメージを受けましたが、今読んでも相当に不快な気持ちにさせてくれます。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)は、主催するブログでブログ主を名乗りながら采配をふるい。それなりの影響力も与えていたと思われます。


秋葉原無差別殺傷事件に関するコメントから発展して、コメントの投降禁止を申し渡されました。一連の流れはほぼその全てをスクリーンショットとして記録してあります。禁止と言われただけでするつもりはなかったのですが、コメントは見つけ次第削除するとも言われたように記憶しています。


今、ちょっと確認をして最終通告とみられるモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のコメントを発見したので、Twitterの方に画像ファイルを投降しました。URLを確認します。


Twitter / hirono_hideki: 死刑に対する朝日の見識55.jpg http://t.co ... https://twitter.com/hironohideki/status/458184562825125888


2008年6月23日9時12分の投降時刻となっているようです。私がはじめにこのコメントを目にした時間帯は記憶にないですが、朝だったというのは少々意外でした。


Linuxの「cal 6 2008」というカレンダーのコマンドで確認したところ、当日は月曜日のようです。当時の私の勤務形態として仕事中であったことは間違いなさそうです。


当時は派遣社員として羽咋市内のアパートに住み、近くの鋳物工場に通勤していました。途中までは毎日朝8時か8時半ぐらいから残業があって終わるのが20時でした。砂型を扱う工場だったのでもの凄く体が汚れ、ほとんどは工場で風呂に入ってから帰宅していました。


21時ぐらいに帰宅することが多かったと思いますが、買い物に行ってから戻ることもあったと思います。ちなみに羽咋市には24時間営業のマックスバリューというスーパーもありましたが、どのスーパーもアパートから離れ、往復だと馬鹿にならない時間も掛かっていました。


記述範囲の開始時刻が4月21日の16時となっているようですが、おそらく当日辺りから長い間中断をしていました。現在は4月27日の午前9時12分を過ぎたところです。


羽咋市のマックスバリューのことまで書いていたことも忘れていましたが、この間にいろいろと新しいことをやって、それにともない今後の方針と構想を自分なりになっていたところです。


羽咋市に住んでいた頃のことは、御庁つまり金沢地方検察庁に告発と告訴を繰り返し、その都度不受理の対応を受け続けていたという現在につながる時期、期間であって、その過程に大きな影響を与えたのがモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)でした。


この項目ではそのモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が主催するブログでの関わりにおいて大きな節目となったジェイというハンドル名のコメントをご紹介しました。頼んだわけでもないのですがとても分かりやすいかたちでのメッセージとなっております。


そもそも私がモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログのコメント欄に書き込みの投稿をするようになったのは、彼の被害者感情に関する感情論という発言がきっかけであったと記憶しています。


当時はまだTwitterやFacebookなどのいわゆるSNSが普及する前でもありました。ネット上の個人の情報発信はブログが主流であったと思います。モトケンというのも元検と書かれることがまだ多い時代だったとも記憶しています。近頃は漢字の表記である元検は見かけていない気もします。


常連のコメンテーターというか実質的な取り巻きのようなハンドル名で、ヤメ検という一般に使われ知られている言葉は侮蔑的な意味を含むので、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が元検という造語を独自に使ったという解説も添えられていました。


元検事の弁護士が主催するブログであって多数の意見やコメントが寄せられている、というのは当時他にはなかったと思いますし、私の知る範囲ですが現在も見たことがありません。法律の専門家として、時事ネタや裁判、事件、ニュースを取り上げ、活発な議論の場となっていました。


私は実名でコメントをしていましたが、大多数のほとんどは匿名のハンドル名だったと思います。ROM専とも呼ばれるコメントをしない読むだけという人も多かったとは思いますが、全体的なアクセス数などは分かりやすい形態のブログではなかったように記憶しています。


モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)は自分が管理するレンタルサーバ上でMovableTypeのブログを運用しているとたびたび発言していました。


私自身、MovableTypeそのものはサーバで運用したことがないのですが、似たようなものでWordPressの方はけっこう使い込んできたので、だいたいは同じようなものかと考えてはいます。サーバの管理をしていると、IPアドレスを含め得られる情報も多いはずです。


IPアドレスではなくドメインとして把握をすればより多くの傾向がつかめるはずです。例えばac.jpで終わるのは大学関係が多く、go.jpは日本の政府機関ではなかったかと思います。133で始まるIPアドレスも大学が多かったと記憶しています。ドメインから社名が分かることも多いでしょう。


しかし、そういうのもサーバに管理者としてログインできてわかる情報であって、それ以外は管理者が公開設定した情報にしかアクセスすることは出来ません。管理者はコメントの内容を書き換えることも事実上出来るのではないかと思います。


私はそういうこともあって情報の信頼性の担保がしにくいことから、自分が管理するサーバでの情報公開をしないようになりました。


確認を兼ねてずいぶんと久しぶりにブログのページをブックマークから開いてみたのですが、以前見たときと同じような状態で現在も公開はされているようです。TwitterにURLとスクリーンキャプチャーの画像を投稿しました。次のものです。


Twitter / hirono_hideki: 元検弁護士のつぶやき ... https://twitter.com/hirono_hideki/status/460225495179603971


資料の数が増えすぎてもどうかと思いますし、手間も掛かるので、簡単な方法でスクリーンキャプチャを画像ファイルとして保存し、それをTwitterに投稿するようにしました。画像サービスとしてのTwitterの利用になりますが、これはまた別のところで説明をしておきたいと思います。


またしても長い中断があったのですが、4月28日月曜日の18時49分を過ぎたところです。直前の書き込み時刻はTwitterの投稿日時でも確認できるかと思います。これからのご説明にも役立つと思うのでツイートそのもののURLとタイトルを取得してみます。


Twitter / kk_hirono: 資料の数が増えすぎてもどうかと思いますし、手間も掛かるので、 ... https://twitter.com/kk_hirono/status/460229169452814336


10:29 - 2014年4月27日 ← 投稿日時はこのようになっていました。2,3日間を空けてしまったような気分でいたのですが、昨日の午前中まで記述をしていたことになりそうです。この間に、大きな一仕事を無事終えることが出来ました。


パソコンのOSをUbuntu 13.10からUbuntu 14.04にクリーンインストールで入れ替えていました。一つうっかりしたミスで、割と大きな失敗をしてしまったのですが、それについては別に項目を作って記述します。結果をいうとファイルのタイムスタンプ情報を失わせてしまいました。


新しいパソコン環境のEmacsで先ほどこの初めて開いて気がついたのですが、この「あなた自身が被害を与えた被害者その他関係者の実名を」という項目は3階層目に本文を書いていたようです。他とのバランスでどうかとも思いましたが、資料に関しては2階層にしているかと思います。


あまり細かいことにこだわらないで書いていこうと考えています。2,3日前にはWordPressのブログの方で、タイトル名が壊れたかたちで投稿されていることに気が付きました。どうも特殊記号が含まれていたようです。手直しも手間がかかり、逐一確認するのも負担なので放置することにしました。


以前はWordPressのブログをメインにBloggerのブログの方を補助的に考えていたのですが、Bloggerのブログの方を重点的に管理し、おかしいと思った時は確認をして不具合があれば修正するようにしています。ブログの説明についてもまたの機会にしたいと思います。


ここ一週間ほどの間に、重要なことがいくつかあり、その説明だけでもけっこう手間がかかると思いますが、核心に触れるような重要事項でもあります。


この「あなた自身が被害を与えた被害者その他関係者の実名を」という項目についても十分な説明はできていないと思いますが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)との関わりの一部分ではあります。


モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)との関わりというのは、再審、冤罪、犯罪被害者、刑事弁護というテーマとの大きな関わりであるとともに、これまでに受けた影響と、今後の影響についても視野に入れて取り上げていく予定でいます。


それと優先順位を繰り上げてこの問題に言及したのは、他にも看過しがたい出来事があり、自分自身の立場、現状について改めて考えるところもありました。同じ「経緯及び社会の反応」の部分木というか範疇にもなる問題です。絡み合ってきた可能性もある枝葉の節目です。


また他で、多少触れることはあるかもしれませんが、他の説明、記述に移るため、この項目は終わりにしたいと思います。


<2014-04-28 月 19:32> [ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]


|

« 2014−10−24_Twitterでブロックされている坂本正幸弁護士による袴田事件に関する検察の証拠捏造という問題提起らしきもの | トップページ | ツイッターでブロックされた実名弁護士アカウントについて 2014年9月15日 »

「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177043/60559632

この記事へのトラックバック一覧です: あなた自身が被害を与えた被害者その他関係者の実名を :

« 2014−10−24_Twitterでブロックされている坂本正幸弁護士による袴田事件に関する検察の証拠捏造という問題提起らしきもの | トップページ | ツイッターでブロックされた実名弁護士アカウントについて 2014年9月15日 »