« 添付資料をWeb上で公開するGoogleのサービスについての説明 2013年7月13日 | トップページ | 本書内の見出しや表記法の大幅変更(2014年3月25日以降)について »

2015年6月29日 (月)

Googleの写真サービスを使った添付資料の公開に関する仕様変更について 2013年7月16日

Googleの写真サービスを使った添付資料の公開に関する仕様変更について 2013年7月16日
先日、DVDで添付する予定の写真ファイルをフォルダ構成に対応するかたちでGoogleのアルバム名にしていると書いたと思いますが、アルバム名においてパスの区切り文字である/(スラッシュ・実際は半角)を取り除くことに仕様を変更しました。


たとえば、次のようなかたちになります。→ 一件記録・写真H04-10-6事前準備書私選弁護人木梨松嗣弁護士 実際は「一件記録・写真」が親フォルダ名なのですが、スラッシュの区切りが省かれたかたちとなります。


なぜそうなったかというと、そもそも7月13日に添付資料を一つ援用したのですが、不具合があったことを思い出しました。それまで使っていたアップロード用のスクリプトで複数のファイルをアップした際、すべてが同じファイル名になってしまうと言う問題でした。


これではアルバムのURLは特定できても、言及の対象となるファイル名を特定することが出来ず、致命的な不具合だと思いました。結局、スクリプトの作り直しをしたのですが、それまで使っていたbashのスクリプトでは同時に複数の配列を処理することが出来ませんでした。


配列の処理が容易なRubyでスクリプトを作り直すことにしたのですが、パス名から必要な部分だけ取り出す文字列操作のメソッドを使ったところ、自動的にスラッシュが削除されることに気がついたのです。


もともとスラッシュはファイル名に使えない記号ですし、トラブルの原因ともなりうるので、アルバム名に記号を含めないようにしておこうと思いました。


と書いてきたのですが、やはり区切りがないとわかりにくいと思いました。スクリプトのプログラムに処理を追加し、半角のスラッシュを全角のスラッシュに置き換えることにしました。次が最終形のアルバム名の書式になると思います。


一件記録・写真/H04-10-26_事前準備書_私選弁護人木梨松嗣弁護士 - 廣野秀樹 - Picasa ウェブ アルバム http://ow.ly/n06e3


|

« 添付資料をWeb上で公開するGoogleのサービスについての説明 2013年7月13日 | トップページ | 本書内の見出しや表記法の大幅変更(2014年3月25日以降)について »

「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177043/60556204

この記事へのトラックバック一覧です: Googleの写真サービスを使った添付資料の公開に関する仕様変更について 2013年7月16日 :

« 添付資料をWeb上で公開するGoogleのサービスについての説明 2013年7月13日 | トップページ | 本書内の見出しや表記法の大幅変更(2014年3月25日以降)について »