« DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年8月14日 | トップページ | DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年8月16日 »

2015年6月30日 (火)

DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年8月15日

DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年8月15日
CLOSED: [2014-08-25 月 18:09]
<2014-08-15 金 00:14> [ ←これからの記述範囲の開始時刻]]


投稿者:okumuraosaka(TORU OKUMURA) 日時:2014/08/14 22:46 ツイート: https://twitter.com/okumuraosaka/status/499915072844472321
 元検事の落合洋司弁護士がこう言う。
「司法手続きではなく、個人が実力で権利回復を果たす『自救行為』は厳格な範囲で適用されるもの。今回のようなケースは、確実に犯人と決まったワケでもなく、強要罪などに当たる可能性のほか http://t.co/rUaApbjqPd


上記は奥村徹弁護士のツイートですが、内容としては落合洋司弁護士(東京弁護士会)がコメントをしたネットニュースの記事のようです。ネットニュースの一つになるのだろうと思いますが、次の記事です。


日刊ゲンダイ|まんだらけ、万引犯の「顔写真」公開断念 弁護士の見解は? http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/152565


ツイートでもブログの方でも落合洋司弁護士(東京弁護士会)のこの問題に関する発言というのは、見かけていなかったように思われますが、取材を受けて答えたものであろうとは思われます。


同じ元検事の若狭勝弁護士はテレビで繰り返し、犯罪にはならないという見解をコメントしていましたが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)としては真逆の見方をされているようです。


落合洋司弁護士(東京弁護士会)のいう自救行為における厳格な範囲、というのは具体的にどんなものかと考えてしますが、もう少し具体的に示してもらいたいものです。次に上記記事の落合洋司弁護士(東京弁護士会)のコメント部分を引用しておきたいと思います。


上記記事の引用→) 「司法手続きではなく、個人が実力で権利回復を果たす『自救行為』は厳格な範囲で適用されるもの。今回のようなケースは、確実に犯人と決まったワケでもなく、強要罪などに当たる可能性のほか、


上記記事の引用→) 名誉毀損や肖像権侵害の問題もあります。被害救済のために<やむを得ない><盗まれ損>との意見もありますが、


上記記事の引用→) やはり警察などに動いてもらうべきでしょう。公開された人物が思いがけない行動を取ることも予想され、刑事、民事両面で余計なトラブルを抱えることにもつながりかねません」


テレビの園田寿という法学者のような人は、脅迫未遂と言っていたように思いますが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)は強要罪と言っているようです。強要罪は人に義務のないことをさせたり、権利を妨害することで成立する犯罪ではなかったかと思います。


盗んだものを返せ、さもなくば顔写真を公開するというのは、不利な条件を突きつけることで脅迫罪の害悪の告知に当たるのかもしれないですが、証拠も揃って特定できているので盗品を返せという要求が、義務のないことの強要とは余計に理解しがたいところです。


自力救済が横行すれば、法秩序は乱れるかもしれないですが、それでもテレビのアンケートではいずれも7割程度が顔写真の公開に賛成し、万引き被害の経営者が倒産に追い込まれるなどの被害も出ていると報道されていたところです。


これに似た話は宇出津でも聞いたことがあります。私の父方の親戚ですが、宇出津の町の中心部でオモチャ屋をしていました。いつもおばさんが店番をしていましたが、ちょくちょく商品のプラモデルをくれたことがありました。


2009年に職業訓練に通っていた時のことですが、世代の離れた若者に、以前そのオモチャ屋がものすごい万引き被害にあって、それで店を閉めることになったというような話を聞きました。


法律の理屈の上では万引き犯に名誉毀損の保護法益が認められるのかもしれませんが、常識のある人間であれば相当の違和感を覚えるのではないかと思います。


また、この事件に関しては警察の方から捜査の支障になるということで、公開中止の要請があったとテレビでも報道されています。なにが想定された上での支障なのか、これも具体的なところが気になるところですが、園田寿氏が言うような理由での要請でないことはうかがわれるところではないかと思います。


園田寿という名前には見覚えがあります。今から確認する必要がありますが、もしかするとですが、最高裁判事としてその名前を見たことが過去にあったかもしれません。自信はあまりないですが、ちょっと自分の記憶に期待して調べてみます。


園田寿 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%92%E7%94%B0%E5%AF%BF


上記サイトで確認したところ、最高裁判事の経歴というのは全くなさそうです。やはり法学者ということにはなっています。


園部逸夫 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%92%E9%83%A8%E9%80%B8%E5%A4%AB


私はどうも上記の園部という人物と勘違いしていた可能性がありそうです。


上記ページの引用→) 園部は1989年(平成元年)に判事に復し、1999年(平成11年)に定年退官するまで最高裁判所判事を務めた。


私の裁判の最高裁の決定書にもその名前があったように思っていたのですが、最高裁判事の任期がこれ程長いとは意外な発見でした。長くても3,4年で転勤を繰り返すという検事や最高裁以外の判事とはまるで違うようです。


園田寿法学者に関しては、テレビで見た感じ、年齢的に私の裁判に関与したとは思えないではいました。60から若く見えて70歳ぐらいという感じに見えましたが、テレビに映っている時間がかなり短かったので、しっかりとした観察も出来なかったです。


勘違いは別にして園田寿という法学者の名前にはやはり見覚えがあります。文献の中で名前を見たような記憶ですが、かなり前のことのように思えます。


そういえば落合洋司弁護士(東京弁護士会)は次のようなツイートもしていました。


落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイート→) 自分の人権には敏感。他人には鈍感。"@mbs_news: LINEトラブル報道巡り 大阪府議BPOに申し立て [MBSニュース] http://bit.ly/1prOr27 "


ミヤネ屋で会見を見ていたことは本書でも取り上げて書いていますが、21時からNHKのニュース、22時頃から報道ステーション、23時頃から40分頃までニュースZEROとテレビを見ていて、その会見や問題を取り上げたニュースは全く見なかったように思います。


今年は特に多くて似たような会見を見る機会が多いですが、その中ではまだ本人の言い分にも、正当性があるのかもしれないと感じる部分があったような気がします。眠かったのでよく聞いていないところもあったのですが、少なくとも言いたい気持ちも理解できるようなところがありはしました。


刑事事件になるような問題でもないので他の会見の問題と同列に比較することは出来ませんが、「自分の人権には敏感。他人には鈍感。」というよりは、一時は幟を立てた自転車で逃げたものの、すぐに対応を切り替えて会見を開き、記者の質問にも逸脱なく答えているところを見ると随分ましとも思えました。


投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2014/08/15 01:27 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/499955430076846080
2014-08-15-012707_山本景 府議 会見 - Google 検索 24時間以内.jpg http://t.co/W09Og1rhFq


投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2014/08/15 01:26 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/499955115072032768
2014-08-15-012551_山本景 府議 会見 - Google 検索.jpg http://t.co/xIoijYG2Bv


上記2つのスクリーンショットは、次の検索結果のものです。


山本景 府議 会見 - Google 検索 http://bit.ly/1AgXuGR


ミヤネ屋で会見を見ていたところ、キモイという人格を否定するような発言まで甘んじて甘受することは出来ないと、隣の同席者と同じように何度か発言を繰り返していたと思います。25万円の万引き犯の名誉と比較の上でも考えさせられるところがあります。


そもそも社会的評価の前提ともなりそうな産経新聞の報道に虚偽が含まれていて、名誉毀損での刑事告訴に及んだという発言もしていましたが、それもほとんど報じられてはいないようです。産経を除外して情報提供者のみを訴えたという辺りも、報道を考える上でも意味のありそうなことだとは思いますが。


会見では社会問題になっているLINEでのいじめの実態調査のつもりで、サインを求められたので名刺にサインを書いて渡していたという話もありましたが、マスコミが先走った誤報の要素も、どれぐらいになるのかはわからないですが含まれているのではないかと注目したいところです。


次の記事はあまり目立たない感じでもありますが、実際に見た会見の内容をかなり忠実に再現し、うまくまとめてあるように思いました。隣に座っていた人の言及がないのが、少し残念ですが。


山本府議「キモい」発言は全人格の否定 中学生とのLINEはいじめ把握のため (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140814-00000033-dal-ent


目立たない感じの記事というのは、ごくたまにツイッターのリンクでの紹介を開いて見かけることのあるようなサイトですが、検索結果で見ることはほとんどなかったような気がしたからです。


もう疲れたので内容はほとんど読んでいませんが、次のブログの記事にざっと目を通したところ、西田弁護士という名前とテレビで見たような顔写真を確認することが出来ました。


「すべての人格を否定するような発言を公共の電波で流していいのか」山本府議が会見 (1/3) http://blogos.com/article/92380/


そういえばネットでは「たこ焼き」で「事務所に誘った」というような情報も全く見かけていないですが、それが告訴の具体的理由という会見での説明になったいたことをさきほど思い出しました。マスコミの見方と報道姿勢そのものを誤らせたという趣旨かもしれません。


次の記事は一通り読みました。印象を受けていたより厳しく、具体性を交えた評価という印象を受けました。橋下市長を目の敵にする弁護士は光市母子殺害事件の弁護団懲戒請求扇動問題に関して未だに多いように思いますが、この件では批判のようなコメントは見てもいなかったです。


「選挙で選ばれたという認識が甘い」橋下市長、山本府議を批判 http://blogos.com/article/92398/


時刻は11時09分になっています。10時30分ころからテレビでワイド!スクランブルという情報番組を見ていますが、始まりから大阪府魏のLINE問題を取り上げています。基本的に変人扱いのような印象を受けるスタジオの論調と空気かと思います。


次は落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートです。


投稿者:yjochi(落合洋司 Yoji Ochiai) 日時:2014/08/15 08:56 ツイート: https://twitter.com/yjochi/status/500068497959833600
政治家に対する批判で、キモい、では、名誉毀損にも侮辱にもならんだろう。→山本氏、テリー伊藤氏や橋下氏にも反論「いかなる名誉毀損行為も許されるのか」(スポーツ報知) - Y!ニュース http://t.co/yOWjVJHPxV


以前、一般のツイッターユーザーに対して、ツイッター上で侮辱罪で訴えるとか発言していたことを思い出しました。


Twitter / 検索 - "侮辱罪" from:yjochi https://twitter.com/search?q=%22%E4%BE%AE%E8%BE%B1%E7%BD%AA%22%20from%3Ayjochi&src=typd


モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の方も今朝はヒートアップしたようなツイートを見かけています。私の立場にそのまま当てはめてもらいたいことも書いてありますが、今に始まったことではありません。言葉の強弱や表現の違いはありますが、定期的に同じことを繰り返している印象です。、


時刻は8月16日11時54分になっています。項目を新しくして続きを書きます。


<2014-08-16 土 11:54> [ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]


|

« DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年8月14日 | トップページ | DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年8月16日 »

「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177043/60561072

この記事へのトラックバック一覧です: DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年8月15日 :

« DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年8月14日 | トップページ | DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年8月16日 »