« DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月22日 | トップページ | DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月24日 »

2015年6月30日 (火)

DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月23日

DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月23日
CLOSED: [2014-07-24 木 09:52]
<2014-07-23 水 10:21> [ ←これからの記述範囲の開始時刻]]


告訴状について(2006.7.24) - 日暮れて途遠し http://d.hatena.ne.jp/hirono_hideki/20060724/1153745372


上記が昨日ご紹介した現在プライベートモードのブログ記事です。平成18年7月24日に書いたものになりそうです。明日になるとちょうど8周年ということにもなりそうです。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)によって被った悪影響の大きさというのも新たに感慨深いところです。


スクリーンショットの再掲→ これは新聞に2番目に大きく報道されてもいました。噂によると買ったばかりの新車の赤い軽四で、ぐるぐると3回転ぐらい回ってから海に_2014年07月22日19時02分26秒.jpg pic.twitter.com/13kw9usR0D


ノートパソコンでは表示した画像の文字が見づらかったですが、画像をダウンロードしてフォトビューアのソフトで開いて拡大したところ、けっこう判別出来ました。基本的にそれ以上の画像サイズは横が1024ピクセルに自動で縮小されるというのが、Twitterの仕様になっているようです。


午前中に、生活保護の担当者の訪問があって、11時過ぎだったと思いますが、12時過ぎに御庁(金沢地方検察庁)に電話をしました。担当者が変わっていました。


スクリーンショットの内容ですが、かなり意外で気になるところが一点ありました。それはASKさんの仕事が型枠大工というあたりのことですが、それもTSさんの妻だったKHさんの再婚相手のところで働いている、というような部分です。


そのあたりの文章を読むと、私は平成3年9月の時点で、ASKさんの仕事が型枠大工で、TSさんの妻だったKHさんの再婚相手のところで働いていると、聞いていたことになりそうです。


当日洞爺のことは現在でもある程度記憶に残っていますが、ASKさんに関しては、その場にいたはずと思いながら、言葉を交わしたことやどこに住み、どんな仕事をしているのかという話を聞いたという記憶も残っていません。むしろ姫のNKさんの姿があったようなことは、なんとなく覚えています。


私はかなり長い間、ASKさん改め松波のAKさんは、被告訴人大網周一の会社で鳶職の仕事をしていると聞いていたように覚えています。まだ、大網商事有限会社ではなく、ライトバンの後ろに大網組と看板のような文字を大きく書いていた頃であったように思います。


時刻は15時56分になっています。コンビニにADSLモデムの返却郵送に行ったり、昼食を作って食べたりしていました。


松波のAKさんが被告訴人大網周一が社長をする鳶職の会社をやめて、型枠大工をしているという話を聞いたのは平成9年の7月に私が金沢市で生活するようになって以降のことであったように思います。


同じ頃に昔話として、鳶の仕事の現場で仲間の誰かが、不注意で鋼管を落下させ、それが太腿に突き刺さったとか、貫通したという話を聞きました。ずいぶんひどい大怪我を負ったような話でしたが、その割には入院したという話も具体的な怪我の程度も聞かなかったです。


私は福井刑務所で他の受刑者から人間の太腿には急所があって、そこが切れると助からない致命傷になると聞いたことがありましたので、半信半疑で話を聞いていましたが、上空からの落下物で太腿に当たったというのは、どういう体勢だったのかと想像してみたこともありました。


足を投げ出して作業するというのも、匍匐前進のような体勢で作業するというのも、屋外の現場では自分の経験に照らしてどうにも合点がいかなかったからです。


同じ頃、あるいは同じ時の会話で聞いた話だと思うのですが、金沢駅近くの確か全日空のビルの工事で、巨大な何かを作業中に、かなり高い上空から落下させたという話を聞きました。けが人はなかったというような話であったように思います。この話は異なる時期に2回聞いたようにも思います。


その全日空と思われる高層ビルに関しては、私個人で特別な思い出もありました。まだ昭和の時代に札幌市に行った時のことだったと思いますが、札幌駅を正面に見ると左後方の場所だと記憶していますが、細長い板チョコのような新しいビルが、とても印象的に見えていたことです。


数年後、その札幌市で見たビルと同じようなビルが、金沢駅の近くに出来ていました。テレビの県内番組で見たように思うのですが、全日空のビルということになっていたと思います。まだ確認はしていませんが、ネットで調べてみます。


2014-07-23-163004_金沢駅近くの板チョコのような高層ビル.jpg pic.twitter.com/HYpPGwoAg3


Googleのストリートビューからスクリーンショットを撮ったのが上記の画像です。たぶんこの写真の中央にあるのが、全日空と思われるビルですが、まだビルの名称は確認していません。検索では全日空ホテルというのが金沢駅近くに出てきましたが、自分の記憶とは違った写真のようにも見えました。


どうも「ホテル日航金沢」というのが正しい名称のようです。→ ホテル日航金沢 - Google 検索 http://bit.ly/1A4E1tR


ホテル日航金沢【公式サイト】|JR金沢駅前の高層ラグジュアリーホテル http://www.hnkanazawa.jp/ ← このホームページではちょうど20周年という宣伝が掲載されていました。


私の記憶では平成3年の12月の時点で、ビルは存在していたような気がするのですが、12月21日、その近くのビルの1階にオープンしていたティファニーという貴金属店で被害者AAさんに対するネックレスのプレゼントを買った時のことです。


私の生活では、金沢駅の周辺というのは余り通りかかる場所でもなかったので、そのホテル日航金沢のビルの工事を見た覚えもなく、いつの間にか出来上がっていたという感じでした。


札幌市で似たようなビルを見たのは昭和59年の10月ころだったと思います。他とは違う斬新なデザインの建築物に見えたので印象に残っていたのですが、それと同じようなビルが金沢駅の近くでいつの間にか出来上がっていたのです。


2014-07-23-165853_ホテル日航金沢は20週年を迎えました。.jpg pic.twitter.com/gG3MAHVmhE ← 確認と記録を兼ねてスクリーンショットを撮りました。


純粋に20周年だと考えると平成26年の現在から数えると、平成6年辺りのオープンということになりそうです。私は金沢刑務所の拘置所から福井刑務所へと移った時期なので、オープンしたホテル日航金沢の姿を見たのは、平成9年の1月以降ということになりそうです。


ポルテ金沢 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%86%E9%87%91%E6%B2%A2


調べたところ、ビルの名前は「ポルテ金沢」のようです。そういえばこれまでに1,2度は耳にしたような気もしましたが、ホテル日航金沢以外の商業施設があるとも知らず、建物の中に入ったことも一度もないです。やはり平成6年のオープンだと上記のページで確認することが出来ました。


ビルの外観が完成してからオープンまで2年かかったとは考えにくいので、平成3年12月21日の時点でには存在しなかった可能性が高いかと思われます。建築の工事自体は平成4年から6年の間に行われていたものと考えられます。どのくらいの工期が必要なのか、私には想像もつけにくいですが。


となるとやはりホテル日航金沢の工事での落下物の話は、平成9年に聞いたことになりそうです。はっきりしていることは、松波のAKさんの話を聞くことはありましたが、会うことなかったばかりか、どこに住んでいるのかと聞くこともありませんでした。


そのように考えると、平成3年9月の時点で、松波のAKさんが被告訴人大網周一の元での鳶の仕事をやめて、型枠大工をやっていると聞いたのも、どうかという気がします。


また、私は平成13年ころの時点で、蛸島のTSさんの生前の妻の再婚相手は、松任市内で重機を扱うような会社をやっていると聞きました。具体的な会社の名前まで聞いたと思うのですが、それは思い出せなくなりました。ありがちなわかりやすい名前の漢字2文字が、先頭にある社名だったとは思います。


重機といえば、これも私は個人的に特別な思い出があるのですが、被告訴人KYNのところで配管の仕事をやっていた平成10年ころ、辰口庁舎の現場で、大きなクレーン車がアームを伸ばした状態で、横倒しになるという状況を目的したことがありました。そのことも連想したはずと思います。


重機といえば、建築、建設現場ではそのようなクレーン車を思い浮かべます。金沢市錦江では城西運輸機工がよくやっているような仕事です。それと型枠大工の仕事が、今の私にはどうにも結びつきません。


型枠大工の仕事は平成11年の2月から8月の間、日雇いの作業員としてよく関わっていた仕事の一つです。鳶の仕事を手伝うことありましたが、先ほど鋼管と書いたのは、丸い鉄パイプのことです。足場の手すりとしても使われていたように思います。


時刻は7月24日9時49分です。本日付の項目を作成して続きを書きます。


<2014-07-24 木 09:50> [ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]


|

« DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月22日 | トップページ | DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月24日 »

「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177043/60561001

この記事へのトラックバック一覧です: DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月23日 :

« DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月22日 | トップページ | DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月24日 »