« DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月20日 | トップページ | DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月23日 »

2015年6月30日 (火)

DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月22日

DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月22日
CLOSED: [2014-07-23 水 10:10]
<2014-07-22 火 11:16> [ ←これからの記述範囲の開始時刻]]


一昨日になりますが、7月20日はバイクで珠洲市飯田町の燈籠山祭りを見物に行ってきました。その2,3日前にはAコープ能都店の張ってあったポスターで、恋路海岸の恋路火祭りも同日だと知り、そちらも一緒に見物をすることができました。


デジカメとスマホでたくさんの写真を撮り、Picasaウェブアルバムにアルバムを作ってアップロードしました。最近はスマホを使って写真を撮ることが多いです。理由の一つは、デジカメの撮影日時にもなる時計があてにならないからです。


事前に気がついて時刻の調整をしておけばよかったのですが、後になって気が付き確認をしたところ、デジカメでは5分ほど時間が進んでいました。


ファイル名に日付と時刻を含めることは私のいつものスタイルになっています。スマホで撮影したものは自動で日付と時刻によるファイル名になってくれるのですが、プログラムでエラーを起こす可能性のある特殊文字が含まれています。


これまでは半角スペースのみを半角のアンダーバーに置き換えることが多かったのですが、今回はすべてデジカメと同じスタイルで、スクリプトによるファイル名の変換をしました。わかりやすい違いはデジカメの写真には設定で撮影日をプリントしていることです。


2014-07-20/珠洲市・飯田町燈籠山祭り&能登町・恋路&松波港 - 廣野秀樹 - Picasa ウェブ アルバム https://picasaweb.google.com/114099790846205945578/20140720


上記がPicasaウェブアルバムのリンクです。「写真: 208 枚 – 116 MB」という表示もあります。


スマホの方は、自宅でWi-Fiに繋がっているので、インターネット上から時刻の情報を得て同期されているものと考えています。パソコンでも現在はそれが主流の初期設定になっているのではと考えています。


今どき、調整しなおしてから1年も経たないぐらいで5分も進んでしまうデジカメの時計にも驚きましたが、撮影日のプリントの文字の大きさも選択肢があったよさそうなものの、大きさを変えることができません。現在はネットワーク機能を内蔵したデジカメも珍しくはないのかもしれません。


今回は祭りの見物の写真だけを撮ったわけではありません。だいぶん前から今度、松波を通過することがあれば撮影はしておきたいと考えていました。


本書で説明に使う写真は、別途非常上告-最高検察庁御中ツイッター(@shirono)に写真付きツイートしたものを使いますが、もとの写真はPicasaウェブアルバムにアップロードしたものと同じです。ファイル名も同じになっているはずです。


珠洲市・飯田町燈籠山祭り&能登町・恋路&松波港_2014年07月20日18時15分51秒.jpg pic.twitter.com/vlrL9DZgFI


上記は松波の中心部にある交差点です。左折して数百メートルで左側に旧松波駅があります。昔というか昭和の時代は、このまま直進してから別の交差点を左折するというのが主流のコースであったと思います。


駅前を通る道もありましたが、裏道のような感じになっていたと思います。直進して松波の町中に入ると、確か左側に、小さなガソリンスタンドがありました。被告訴人大網健二らの親戚が経営する店だと聞いていて、店の看板にも大網という字が含まれていたと思います。


祖父の兄弟だと聞いたような記憶もありますが、どの程度の付き合いがあったのかも不明です。松波に遊びに行ったという話も聞いたことはなかったですが、祭りなど行き来や遊びに行った時の土地勘があったことも、考えられることではないかと思います。


直進するとどこかで左折して恋路の方に向かうのが普通でしたが、直進して突き当たると港の近くに出たように思います。私自身、気まぐれでこれまで数回程度しか通ってはいないので、細かいことはわかりません。


珠洲市・飯田町燈籠山祭り&能登町・恋路&松波港_2014年07月20日18時16分42秒.jpg pic.twitter.com/1BP2K1uZ3I


上記が旧松波駅です。昭和57年の1月ころ、被告訴人安田繁克がシンナー遊びで精神異常の状態になり、早朝に保護されたと聞く場所でもあります。外壁が新しくなっているようにも見えますが、駅舎の本体は昭和の時代から変わっていないように見えます。


珠洲市・飯田町燈籠山祭り&能登町・恋路&松波港_2014年07月20日18時16分47秒.jpg pic.twitter.com/WJOlxWrYU1


上記は、松波駅の正面からみた風景です。向こうの山の下に停まれの標識が見えますが、これが以前主流だった道路で、右に行くと松波の町中へ、左は恋路海岸方面になります。駅前の広い道も後になって整備された新しい道路です。


写真には写っていませんが、右側に大きな寺院のような建物が見えて、松波城址なんとかという文字があって、前から気になっていました。同じく写真には写っていませんが、左側の方には職業訓練校があります。


先日、Googleマップの航空写真でみたところ、職業訓練校の敷地と寺院の敷地が隣接していて、通りぬけもできそうだったので、バイクで職業訓練校の前まで行ったのですが、通り抜けできるような道はありませんでした。


珠洲市・飯田町燈籠山祭り&能登町・恋路&松波港_2014年07月20日18時19分47秒.jpg pic.twitter.com/LCEWchfqrR


上記写真は職業訓練校に通じる道から引き返した来たところです。ちょうどカーブになっていますが、右に行くと恋路海岸です。今でも国道249号線の旧道になるのかもしれません。昭和の時代は珠洲市に向かう主要な道路でした。


坂の上に、右方向から三叉路で交わる道の一部が見えるかと思います。そこに道があるということは前から知っていましたが、通った憶えがなく、寺院の方にも行けそうだったので、通ってみることにしました。まったく予定外の行動でした。


時刻は18時29分です。宇出津の図書館に行って、蛸島のTSさんの自殺に関する記事を探してきました。17時の15分ぐらい前には家を出ていたように思うので、1時間以上探しましたが、記事を見つけ出すことはできず、18時の閉館になってしまいました。


2014-07-22_17.14.11.jpg pic.twitter.com/pzsZ9uVzjB ← これが北國新聞の縮小版です。色あせている具合を見ても、相当前からあるものと思われますが、今年の春に移設する前の図書館では2階の倉庫に置いてあり、保存状態は良くなかったことも考えられます。


かなり期間の範囲を広げて、索引のような目次から調べました。だいたい次のような感じになっています。→ 2014-07-22_17.57.31.jpg pic.twitter.com/vky8MPIhNk


驚いたことに、「心中」という最近は見かけなくなった言葉での項目までありました。私の記憶では夜の出来事で、翌日かあるいは翌々日の朝刊に記事になっていましたが、自殺と断定したような内容になっていたように思います。


私自身、平成4年まで新聞は北國新聞以外に購読したことはなかったと思います。まず、毎日は見ていない新聞を開いた時にTSさんがなくなったことを知りました。テレビ面の裏側の紙面で、その上の左側に、2番めに大きいような扱いで記事が掲載されていたように記憶しています。


私自身、平成9年1月に福井刑務所を満期出所してから、北國新聞の縮小版で蛸島のTSさんの自殺に関する記事を探しだして、読んだというか目を通した記憶はあるのですが、時刻のことだとか細かいことは考えずに、確認のように目を通しただけでした。


これは新聞に2番目に大きく報道されてもいました。噂によると買ったばかりの新車の赤い軽四で、ぐるぐると3回転ぐらい回ってから海に_2014年07月22日19時02分26秒.jpg pic.twitter.com/13kw9usR0D


上記は、現在プライベートモードのHatena::Diaryのブログの画面をキャプチャーしたスクリーンショットです。実名になっている部分があるので、マスク処理をしました。図書館ですんなり記事が見つかっていたならなかったと思われる大発見です。


時刻は7月23日9時58分です。締めて新規に項目を作成し、昨日の続きを書きます。


<2014-07-23 水 09:59> [ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]


|

« DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月20日 | トップページ | DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月23日 »

「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177043/60561000

この記事へのトラックバック一覧です: DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月22日 :

« DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月20日 | トップページ | DONE 宇出津あばれ祭りでの被告訴人KYNとの再会と、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)に対する刑事告訴について 2014年7月23日 »