« 平成4年の控訴審公判において初めて会った被害者の父親と兄 2014年03月12日 | トップページ | 「写真資料> 一件記録・写真/2014年作成/平成7年7月27日付損害賠 償事件判決_金沢地方裁判所裁判官古川龍一」について 2014年9月5日 »

2015年6月30日 (火)

「写真資料> 一件記録・写真/2014年作成/平成7年7月27日付損害賠 償事件判決_金沢地方裁判所裁判官古川龍一」について 2014年9月4日

「写真資料> 一件記録・写真/2014年作成/平成7年7月27日付損害賠 償事件判決_金沢地方裁判所裁判官古川龍一」について 2014年9月4日
<2014-09-04 木 20:00> [ ←これからの記述範囲の開始時刻]]


時刻は9月4日20時00分になったところです。14時過ぎから出かけていて家には19時半前に戻ったのですが、パソコンをつけてまもなく、大きな手違いをやっていたことに気が付きました。


どういう手違いかというとまずは、次の写真付きブログエントリーを公開しました。


こちら→ 2014-木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)に対する告訴状(被疑事実殺人未遂)のブログ版: 写真資料> 一件記録・写真/H05_精神鑑定書_金沢大学教授山口成良.html http://hirono2014k.blogspot.jp/2014/09/h05html.html


ファイル名には「H07-07-27_判決金沢地方裁判所民事部A係15.jpg」というふうに連番を振っていたのですが、一部で間違いがあることに気が付きました。


修正するのもどうかと思ったので、デジカメで撮影し直すことにしました。普段のデジカメの設定は16対9という横長の縦横比にしています。横長だと書面の撮影で無駄になる部分が多く出るので、4対3の縦横比に設定し直すことにしました。


しかし、いくら設定を見直しても4対3の設定項目はなぜかみつからず、手間取っていました。以前は見たはずの設定項目で、説明書のPDFファイルも調べたのですが見つけることが出来ず、最終的には「おまかせモード」というようなものを選択することで目的通りの縦横比にすることが出来ました。


ちょうど正午過ぎから13時ころの時間帯でした。ようやく4対3の縦横比で撮影が出来たものの、一枚だけピンぼけだったので、撮り直してファイル名をコピーしなおしたのですが、連番付きのファイル名変換スクリプトを実行したところ、撮影時刻の関係で順番がおかしくなり、手作業で修正しました。


以前のファイルを使って投稿したものは11時39分という投稿時刻になっていました。新たに撮り直して新しいエントリーとして投稿したものは13時56分という投稿時刻になっています。


朝はヨーグルトの小さいのを一つ食べただけだったので、お腹も減っていたのですが、昼食の時間が遅くなったまま買い物に出かけました。本当は生サンマが食べたいと思ってそれを買うつもりで出掛けたのです。


久しぶりに知り合いのお店に立ち寄って顔を出したのですが、イカ釣りの話などで長居をすることになりました。途中から昼食は抜きにして、夕食にするつもりでいました。


宇出津新港のどんたく宇出津店に向かったのですが、これも久しぶりに宇出津新港の堤防を見に立ち寄りました。ここでも顔見知りの人がアジ釣りをしていたので、かなり長い時間それを見物していました。


そのうち18時を過ぎて暗くなってくると、急に風が強くなりだし、そのうち雨が降ってきました。急いでどんたく宇出津店に行ったのですが、どうも生サンマの色が白っぽくなって鮮度が悪そうになっていて、他にもこれはと思う商品がなかったので、何も買わずに店を出て、Aコープ能都店に向かいました。


Aコープ能都店の方でも生サンマの方は鮮度が良さそうに見えなかったので、結局、半額になっていたホッケの串焼きなどを買ってきました。家に戻ったのは19時20分過ぎだと思います。


パソコンをつけて真っ先にやったことはアメーバピグの収穫でした。よくあることです。それで出かける前に投稿したブログのアクセス数がどれだけ増えているかと思い、タブで開いてきたページを再読み込みしました。


そこで初めて気がついたことが、思わぬ大きな手違いなのですが、被害者の実名を塗りつぶす処理をしないまま、撮影したままの写真をPicasaウェブアルバムにアップロードしてそのまま使っていたのです。


初めは写真ファイルの非公開設定を考えました。そのあとにPicasaウェブアルバムのサイト上での編集で、塗りつぶしの処理をすることを考えたのですが、画像の補正等の処理以外は出来なさそうでした。


意図せず、たまたまそうなったのですが、よくよく考えてみると、その方がいいかなと思うようになりました。


手違いに気がついて、少しした頃のスクリーンショットが次の写真付きツイートです。5分も経っていないと思います。記録にしたかったのはブログパーツによるアクセス数です。


投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2014/09/04 19:51 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/507480988721496065
2014-09-04-195051_ところで、泥棒神社は弁護士界の 歴史的実態ではないかと思っています。.jpg http://t.co/VPO1Y0D9vH


投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2014/09/04 19:48 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/507480428953890816
2014-09-04-194846_卑弥呼かよ RT.jpg http://t.co/Blf1gisqna


投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2014/09/04 19:31 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/507476049219682304
2014-09-04-193121_2014-木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)に対する告訴状(被疑事実殺人未遂)のブログ版.jpg http://t.co/JDbRlKcEqP


投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2014/09/04 13:39 ツイート: https://twitter.com/shirono/status/507387464470630401
平成7年7月27日付損害賠償事件判決_金沢地方裁判所裁判官古川龍一_15.jpg http://t.co/He1t0N1I3d


上記で直近の4件の写真付きツイートをご紹介しました。アクセスカウンターのあるのは3件目のツイートで、19時31分の投稿時刻であることが確認できます。


アクセスカウンターは695件になっていますが、14時過ぎに出かける前は675件ぐらいだったと思います。20件ほど増えたことになるかと思いますが、問題の有りそうな手違いをした割りには、ほとんどないような乏しい反応という分析も出来るかと思いました。


被害者の実名を出してしまったことは、もともと2009年の9月の初め頃までずっと当たり前にやっていたことなので、さほどでもないかと思いましたが、住所や番地までそのままになっているのは、さすがにまずいかと思いました。


しかし、それも周囲の監視の目を強くするという点でも、管轄である金沢中警察署の警備体制の強化を促す点でも、かえって良いことではと思えてきました。


被告発人・被告訴人には、当時の市場急配センターの社長であった被告訴人松平日出男や同じく被害者の上司であった被告訴人池田宏美や被告訴人梅野博之も含まれており、被害者の住所をしる資料も持っている可能性があるかと思います。


事件のキーマンである被告訴人大網健二も、謝罪のため私の母親を連れて被害者の自宅まで訪問したと聞いておりましたし、被告訴人大網健二が住んでいた金沢市円光寺というのは、被害者の自宅に近い場所でした。家の場所はよくよく知っているはずです。


被告訴人大網健二と被告訴人大網周一の兄弟の父親が起こした二人の少年の殺人事件でも、その父親は殺人事件が大々的に報道された後に、美川の被害者の自宅で縁の下に入って、放火未遂を起こしたと、新聞の報道で知っております。


普通に考えて、何かの証拠になりそうなものの存在をなくすために、放火をやったとした考えられないところですが、裁判自体はごく単純な動機による事件として処理され、検察の死刑求刑も無期懲役となって、検察の上告断念で判決が確定しました。


時刻は9月5日7時21分になっています。ツイッターの投稿を確認したところ、昨夜の21時6分から中断していたことになりそうです。項目を新しくして続きを書きます。


<2014-09-05 金 07:22> [ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]


|

« 平成4年の控訴審公判において初めて会った被害者の父親と兄 2014年03月12日 | トップページ | 「写真資料> 一件記録・写真/2014年作成/平成7年7月27日付損害賠 償事件判決_金沢地方裁判所裁判官古川龍一」について 2014年9月5日 »

「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177043/60560413

この記事へのトラックバック一覧です: 「写真資料> 一件記録・写真/2014年作成/平成7年7月27日付損害賠 償事件判決_金沢地方裁判所裁判官古川龍一」について 2014年9月4日 :

« 平成4年の控訴審公判において初めて会った被害者の父親と兄 2014年03月12日 | トップページ | 「写真資料> 一件記録・写真/2014年作成/平成7年7月27日付損害賠 償事件判決_金沢地方裁判所裁判官古川龍一」について 2014年9月5日 »