« 告訴状作成の中断と再開及び今後の方針変更について 2013年8月27日 | トップページ | ブログでの情報公開及びこの告訴状における参照としての利用について 2013年7月4日 »

2015年6月29日 (月)

本告訴状の下書きに対応した「非常上告-最高検察庁御中_Blogge」というブログについて 2013年6月17日

本告訴状の下書きに対応した「非常上告-最高検察庁御中Blogge」というブログについて 2013年6月17日
非常上告-最高検察庁御中
Blogger http://bit.ly/1254XoA というブログです。


これはEmacsからorg-googlecl-blogという追加のプログラムのようなものを使って投稿しています。下書きと言っても内容には誤字以外手を加えない方針です。あとで見出しの階層を再配置する予定です。


ブログのタイトルは、「非常上告-最高検察庁御」になっています。本書の告訴手続きと事実関係は全く同じです。私の希望として最高検察庁に判断をしてもらいたいということと、そのための資料という意味があります。なおこのブログはBloggerという名称ですがGoogelのサービスの一つです。


Googleは世界最大のインターネットサービスと言ってもいいかと思います。クラウドとして大容量のデータを保管、管理することも出来ますが、正直使い込むと扱いづらいと思う点もあるのです。自分は主にWordPressとブログを使い分けています。


Bloggerというブログサービスは一千ぐらいのブログを保持・管理できるようになっているはずです。事実上は無制限に近いです。ただ余り数を増やしすぎても管理が難しくなるので、一年単位を目安に考えています。過去のブログは別の管理になっています。


とにかくまとめると「非常上告-最高検察庁御中_Blogger」というブログは直近の方針として2013年度の告訴状と内容を同じにします。ブログ名の変更というのも容易に出来るので、いずれは2013というキーワードを加えて変更するかもしれません。暫定的な名称となりうるかもしれないです。


まだ説明の足りない部分もあるかと思いますが、「非常上告-最高検察庁御中_Blogger」に関してはひとまず置きたいと思います。APIを使った投稿がほとんどなのですが、一度に30件を超えると認証に支障が起こり、メインのブログをWordPressに変えたということもあります。


|

« 告訴状作成の中断と再開及び今後の方針変更について 2013年8月27日 | トップページ | ブログでの情報公開及びこの告訴状における参照としての利用について 2013年7月4日 »

「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177043/60556056

この記事へのトラックバック一覧です: 本告訴状の下書きに対応した「非常上告-最高検察庁御中_Blogge」というブログについて 2013年6月17日 :

« 告訴状作成の中断と再開及び今後の方針変更について 2013年8月27日 | トップページ | ブログでの情報公開及びこの告訴状における参照としての利用について 2013年7月4日 »