« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

2009年10月21日 (水)

ScribeFireからのMetaGateway経由投稿テスト

ScribeFireからのMetaGateway経由投稿テストが更新されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

MetaGatewayからの投稿テスト

MetaGatewayからの投稿テストが更新されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ScribeFireから投稿テスト

順番付きリストのテスト

  1. あああああああ
  2. いいいいいいい
  3. ううううううう
  4. えええええええ
  5. おおおおおおお
 WISIWYG編集です。途中で「ソースコード編集」に切り替えるとおかしなことになるのかもしれません。
 確認したところ、やはり「順番付きリスト」に難があるようです。選択して「引用」を加えてみます。
  1. あああああああ
  2. いいいいいいい
  3. ううううううう
  4. えええええええ
  5. おおおおおおお
 「順番付きリスト」を解除するには「設定しない」ボタンを押せばいいみたいです。しかし、「引用」の解除の仕方がわかりません。「ソースコード編集」タブに切り替えて、の次から、文字を入力すればいいのですが、モードの切り替えをすると改行が余計に挿入されたり、タグが<に置き換わったりしそうで、避けたいところです。実際にこれまでに何度か起きている不具合ですが、起きないことが多く起こる原因がわかりません。

 確認しました。blockquoteタグにcssを設定してあったので枠線が表示されてしまいました。class属性で設定しておいた方がよかったです。今回は再度記事の読み込みをしても余計な改行は入っていませんでした。

画像投稿のテスト

 ブログ経由で投稿しました。「WISIWYG編集」で実行すると自動的に表示サイズを変更してくれるみたいです。「ソースコード編集」だと画像の元のサイズで表示されていました。


 確認しました。「WISIWYG編集」だとimgタグにstyle="max-width: 800px;"という属性が付加されるだけの違いみたいです。「さくらのブログ」ではちょうどよい表示サイズだったのですが、ココログフリーでは大きすぎるので、「ソースコード編集で属性の値を550に変更してみます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログフリーでのScribeFireの設定

簡単に設定できました。ブログIDの指定も必要ありませんでした。

 方法は、

  1. まず、編集画面右側にある「ブログ」タブを選択
  2. 「追加」ボタンをクリック
  3. ダイアログが開きます。
  4. そのまま「次へ」をクリックするとエラーが出るので「手動で設定」を選択
  5. 自分のブログのURLを入力して「次へ」
  6. プルダウンのメニューから「Movable Type]を選択
  7. APIのURLに、「https://app.f.cocolog-nifty.com/t/api」を設定(ココログフリーの場合)
  8. ユーザ名とパスワードを入力して「次へ」
  9. 「ログインに成功しました」と出て、ブログで表示されたら、選択して「次へ」
  10. 確認して「完了」


投稿を確認したのですが、記事の左端がずれて、文字の一部が表示されていないみたいです。ScribeFireの編集で「順番つきリスト」というメニューの装飾を使ったためでしょうか。この部分はWebの管理画面で編集しています。

それと、再度ScribeFireで記事を読み込むと、改行が一つ余計に追加されていたみたいです。「さくらのブログ」では起きていないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wanderlustのアドレス帳にメールを追加

http://cns-guide.sfc.keio.ac.jp/2004/7/6/3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mailからの投稿テスト

テスト送信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年12月 »