« 2009年3月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年4月

2009年4月 4日 (土)

伝説の巫女


<曲・前半「もののけ音頭」、後半「夢の途中」>

伝説の巫女ホームページ

スロマガTV #121「伝説の巫女」
提供DIXEO
提供:@niftyコンテンツ

曲の試聴 「もののけ音頭」 「愛娘」 他一曲「夢の途中」は含まれていません。

ストーリー [編集]
今もまた古(いにしえ)の頃、九九九年前。四方を海に囲まれ、異国文化と交わる事の無い島国が、悪霊妖怪によって壊滅状態に陥った。多くの犠牲者の魂が、島の中心に位置する神社の境内に集結し、巨大な神火となった。その炎の中から、一人の戦士が現れる。彼女の名は、炎の巫女戦士。人々の希望と哀しみを正義の炎に変え、悪霊妖怪達を封印した。

時は流れ、伝説は再び繰り返される。島の中心に位置する村民のシンボル、『もののけ神社』の占拠を足がかりに、島国の独占を謀る愚霊斗武者率いる悪霊妖怪軍団。彼らの陰謀を阻止すべく、かえでとその仲間達は立ち上がる。
登場人物 [編集]

日丸かえで(声‐野川さくら)
主人公。駄目親父・虎次郎に代わってもののけ神社を守るため修行中の巫女。 荒行で開眼すると「炎の巫女」に変身する。口癖は「〜だもん」。なお、変身すると性格と口調がかなり荒っぽく変わる(メーカーの小冊子によると、炎のかえでの状態では「大胆不敵で正義のためには手段を選ばない」との事)。
日丸虎次郎
かえでの父親。もののけ神社の神主。
サングラスをかけ、「特攻」と書かれた鉢巻を巻いている。趣味は筋トレとカラオケ。天狐ボーナスの大当たりラウンド中の曲は、娘への愛情を歌った歌である。 天狐(コンちゃん)
半人半妖のもののけ神社の守護神。
普段は子狐姿でかえでと共にいる。努力する姿を人に見られるのを嫌う。天狐ボーナスの大当たりラウンド(の一つ)では、「第66回もののけトライアスロン」に参加。
カマイタチ
妖怪・かまいたち。妖刀「カマイタチ」を操る剣士。オカマ。美を好み、美しい物には怒りと嫉妬で襲いかかる。妖怪パラダイス建国の暁には、高級エステを夢見ている。 対決演出には普通のバトルの他、美人コンテストでかえでと争うパターンもある(なお、炎のかえでと美人コンテストで対決する場合、なぜか刀を使わず素手でかえでと戦っている)。
フタクチ
妖怪・二口女。美しい女性の姿だが、後頭部には巨大な口がある。妖怪パラダイス建国の暁には、飽食を夢見ている。後頭部の口を晒している状態では、髪の毛が腕のように変形する。
対決演出には普通のバトルの他、かえでとまんじゅうの早食い大会で戦うパターンも存在する。
パチンコの『CR匠の道』にもレポーターとしてカメオ出演している。
愚霊斗武者(グレートむしゃ)
妖怪。妖怪パラダイス建国を企てる強力な力を誇る武者。かなりの巨体を誇る。
パチンコ版では更に巨大で禍々しい姿の「ロボ愚霊斗」になる事も出来る。
チビグレ
愚霊斗武者に似た鎧(と言うか兜とマントのみ)をまとった、悪霊妖怪軍団の戦闘員。パチスロ版ではストーリーには特に絡まないが、パチンコ版では他の幹部達と同じく対決演出が存在する。また他のチビグレと鎧の縁・マント・フンドシの色が異なり、ヒゲの生えた隊長もいる。パチンコ版の対決画面から、彼の名前は「ちび愚霊斗」と思われる。
妖怪軍団所属ではあるが、村民達とも比較的馴染んでいるようである。
出井夫(でいお)
理茶理茶(りちゃりちゃ)
共に大食い大会や美人コンテストでの解説役などをやっている。出井夫が男性で理茶利茶が女性。共に虎次郎のファンである模様。


http://ja.wikipedia.org/wiki/パチスロ伝説の巫女

伝説の巫女YouTube静止画像スライドショー
 画像内にマウスポインターを入れると、メニューが表示されます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

highslideのテスト中

Highslide JS


Highslide JS




Close

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

JavaScriptのテスト中

サブウインドウ表示





クリックしたそばに
サブウインドウが開きます


Highslide JS

xxxxxxxxx

タイトル



拡大表示 xxxxxxxxxxx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

答えはこのニュースに触れたすべての人々のなかに複数ある。 ココログニュース:@nifty

リンク: ある女優のガンと結婚と死 ココログニュース:@nifty.

ブログ「噂の真相の真相なのだ」によれば、もともと彼女は出演者の共同生活を放映するリアリティ番組で有名になり、私生活を売り物にするタレントに転身したとある。その模様は「BRITS ON TV」に詳しい。「がんばらない英会話」など、いくつかのブログには彼女がこれまでに起こしたスキャンダル(インド人に対する度重なる差別発言など)についての記事もある。ガンと最後まで戦った勇気ある女性との見方がある一方、「命をかけた有名人のガン告白」という、売名行為のニュアンスもないわけではない。

この物語の結末を、リアリティ派女優ジェイド・グッディがメディアに飲み込まれた悲劇とみるか、最期までガンと闘い自分の生き方を貫いたリアルストーリーとみるか、はたまた残された息子の教育費のためにメディアに出演したグレート・マザー的美談とみるかは人それぞれだ。答えはこのニュースに触れたすべての人々のなかに複数ある。ただ確かなのは、彼女がもうこの世にいないということだ。死はすべての議論を宙づりにしてしまう。

 これもいろいろ考えさせられるココログニュースです。他とは視点の違うニュースというか話題を取り上げているようですが、けっこう質が高いというか、内容に深みのあるという気がしました。

 この記事を読んでいて、金沢刑務所で観た「奇跡の輝き」という映画のことを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼女を取り巻く人々の思惑

リンク: 世界フィギュア、コーチもブロガーも大激怒 ココログニュース:@nifty.

「フィギュアスケートは、いや浅田真央は今、ビッグビジネスの渦中にいる。彼女を取り巻く人々の思惑、大人の事情、過度の重圧……。そんなものが、浅田真央の輝きを奪ってはいないだろうか。決して悪意ではなかったとしても、複雑に絡み合った様々なものが無邪気な彼女をを不安にさせ、ビジネスや利権、人々の欲望が、やさしい彼女をすり減らしていないだろうか」

と浅田選手を取り巻く環境に不安の色をにじませた。

 商品価値ということになりそうですが、やはりこういうことって、あるようです。ただ、程度問題としては、昭和の時代ほどではないような気もします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

“永山基準”に疑問の声 ココログニュース:@nifty

リンク: “永山基準”に疑問の声 ココログニュース:@nifty.

いわゆる闇サイト殺人や秋田県連続児童殺害事件の判決が出され、このところメディアにもよく登場する“永山基準”に疑義の目が向けられている。

永山基準とは、1968年・盗んだ拳銃で次々と4人を殺害した永山則夫連続射殺事件の、繰り返し行われた裁判のなかで示された死刑適応基準のこと。以降の殺人事件で死刑かどうかを判断する場合には、強い影響を及ぼしているとされている。

アメリカに住んでいるブロガーは、永山基準を基にすると「『2名殺害では無期以下、3名で無期か死刑のギリギリ、4名以上で死刑』というのが昔から俗に言う『相場』」(『MADE IN JAPAN! in America』)と整理し「『永山基準』は、ずいぶん甘かった」(同条)と総括。しかし、秋田県連続児童殺害事件の畠山被告が死刑かというと疑問だという。

また、闇サイト殺人について語る別のブロガーからは「犯行の性質によって、刑罰は科せられるべきであり、(中略)いわゆる『永山基準』がおかしい」(『クルトンパパのいろいろ日記』)という声も上がっている。

実際の裁判でも永山基準に縛られない厳罰が下される傾向が見られるように、世論も永山基準はだんだんと“過去のもの”となりつつあるようだ。

(秋井貴彦)

 >犯行の性質によって、刑罰は科せられるべき

 ごもっともだと思いますが、内容や性質にこだわると裁判に関わる法曹関係者の負担が大きくなるので、形式的な処理に流れて来たのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログペットに登録

https://www.blogpet.net/editor/post

 よくわかっていないのですが、たまたま訪れ、気が向いて登録しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年7月 »