« さるさる日記 - 阿久根時事報ーすべての客観性は偽装である。 | トップページ | 東京臨安府―文月訟廷録 : さりげない「背景的事情」の集積による心証形成 »

2009年3月21日 (土)

裁判員制度の主体は検察庁

リンク: 2009-03-20 - ボ2ネタ [ボ2].


[]「裁判員制度の主体は検察庁である」との有名雑誌での記載 「裁判員制度の主体は検察庁である」との有名雑誌での記載 - ボ2ネタ [ボ2] を含むブックマーク はてなブックマーク - 「裁判員制度の主体は検察庁である」との有名雑誌での記載 - ボ2ネタ [ボ2] Add Star


裁判員制度最高裁判所が所轄になっていますが,実質的には検察庁が主体となっており,樋渡利秋検事総長肝煎りと言われる制度なのです。」@FRIDAY4月3日号84頁

 写真週刊誌のことだと思いますが、今でもあったんですね。数年前、休刊か廃刊になるようなニュースをちらっと読んだ気がするのですが、別の写真週刊誌だったのかもしれません。と言っても、自分の知るのは、フライデーとフォーカスぐらいです。あるいは早とちりの勘違いだったのかもしれません。

 平成の初め頃でしょうか、いずれもかなり有名で売れていたみたいです。このところ、いずれも話を聞かなかったのですっかり忘れていました。

 なんか、こういうのを見ると、主催と決めつけ、ご主人様が国民を抱え込むような印象も受けました。

 

|

« さるさる日記 - 阿久根時事報ーすべての客観性は偽装である。 | トップページ | 東京臨安府―文月訟廷録 : さりげない「背景的事情」の集積による心証形成 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度の主体は検察庁:

« さるさる日記 - 阿久根時事報ーすべての客観性は偽装である。 | トップページ | 東京臨安府―文月訟廷録 : さりげない「背景的事情」の集積による心証形成 »