« 中山研一の刑法学ブログ : 迫力を欠く有罪判決 | トップページ | リンク元ページ・サイト(2009.03.24) »

2009年3月23日 (月)

より具体的な真実に近づいたものが勝つ

リンク: 会社法であそぼ。: 捜査と弁護.

 私は、特捜部の在籍期間は、あまり長くないので、「特捜検事」と言われると、気恥ずかしいのですが、特捜部に在籍していないときも、沢山の特捜事件の捜査に携わってきましたし、自分自身でそれなりの数の独自捜査をこなしてきましたから、そうした経験から感じたことを率直に話しました。

 検事は、警察等から送致された事件を処理する場合と、独自捜査(自分自身がつかんだ情報から事実を解明して事件を立件すること)の場合がありますが、私は、どちらかと言えば、独自捜査が好きでした。

 独自捜査では、どういう犯罪が誰に成立するかということもハッキリしない状態で、秘密裏に事実を明確にしていき、被疑者が捜査が行われているということに気付く前に、事件の本筋が動かないように固めておくことが重要です。
 捜索差押をやるタイミングや逮捕状をとるタイミングを図りながら、    動かない事実と
    動く事実と
    判明していない事実
を徐々に確定していき、
    動く事実を固定し
    判明していない事実を減らしていく
ことによって、事件の本筋が固まります。

 刑事弁護や刑事訴訟法の本などでは、捜査官が「事件の絵を描く」ことについて、予断に基づく捜査として非難されることがありますが、証拠は最初から捜査官の目の前に並べられているものではありませんから、限られた証拠をもとに
    このような事実があったのではないかと推論し、
    その推論が正しければ、必ず残っているはずの証拠を探していく
というのが捜査の王道です。

 ずいぶん久しぶりに訪問したブログですが、とても参考になることが書いてありました。会社法という縁のない話題とばかり思っていたのですが、そうではなかったようです。

 検察官であったことは知っていましたが、特捜検事であったことは今回初めて知ったかもしれません。豊富な経験と知識をお持ちのようですし、とても参考になりました。

 やはり商法関係のテーマが多そうですが、これからはちょくちょく覗いてみるつもりです。

|

« 中山研一の刑法学ブログ : 迫力を欠く有罪判決 | トップページ | リンク元ページ・サイト(2009.03.24) »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: より具体的な真実に近づいたものが勝つ:

« 中山研一の刑法学ブログ : 迫力を欠く有罪判決 | トップページ | リンク元ページ・サイト(2009.03.24) »