« サイト内フォト蔵写真の閲覧方法 | トップページ | Google-sites_20090220-20090322 »

2009年3月22日 (日)

すべてを疑ってみている法律家

リンク: 2009-03-17 - ボ2ネタ [ボ2].

http://diabetesinsipidus.blog75.fc2.com/blog-entry-326.html

裁判官も,あらゆる証拠を,信用していませんね。特に,フォーマルに作成されたものほど,疑いながら読んでいます。

中立な第三者の証言は信用できる? いいえ,やみくもに信用したりは絶対にしません。

法廷で,直接聴く証言は信用できる? いいえ,それでは,演技が上手な人が常に勝つことになってしまいます。

真実は,生の証拠の片隅に宿っているものです(例えば,看護記録に手書きで書かれた記載など)。

もっとも,これまでは,職人芸的な探偵顔負けの裁判官が少なからずいたのですが,

裁判員制度の開始で,証拠提出が極端に制限され,生の第1次証拠が極力提出されなくなる(検察官がダイジェストにまとめた二次証拠に替えられる)ことや,審理期間があまりにも短縮されること(ほぼ1日で判断しなければならない)で,このような職人芸は継承されることなく,絶滅するおそれがあります。

裁判員制度は,国民が,検察官を100%信頼し,生の第1次証拠から真実を探す作業を全面的に当事者のみに託した制度であり(少なくとも未提出の生の第1次証拠から真実を探せなかったことについて裁判官は何の責任も問われないことになります),かつ,法廷の証言ですべてが明らかになるという誤解?に基づいた制度であるとも言えますね。

 言及しようと思いつつ、長くなりそうなので先送りをしていました。時間が経つとエントリを探すのも時間が掛かりますし、何かにかまけて忘れてしまうかもしれません。後ほど他の記事で、言及することになると思いますが、メモをかねて登録しておきます。

|

« サイト内フォト蔵写真の閲覧方法 | トップページ | Google-sites_20090220-20090322 »

言及ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177043/28749217

この記事へのトラックバック一覧です: すべてを疑ってみている法律家:

« サイト内フォト蔵写真の閲覧方法 | トップページ | Google-sites_20090220-20090322 »