« ジャーナリストが規範の臨界に立つ | トップページ | このブログのアクセス状況(2009_0212-0314) »

2009年3月15日 (日)

「ガスライティング」とは

3 名前:名無しさんの主張 []: 2009/03/03(火) 20:25:47 ID:mi/dgA75 (3)
層化の集団ストーカーの手口
「ガスライティング」とは・・・

標的となる人物(ターゲット)の感覚喪失、妄想、悪評、トラブル等を捏造または演出し、
ターゲットの社会的評価を失墜させ、ターゲットの自信、自尊心及び評判を破壊し、
ターゲットの人生を思い通りのレベルまで破滅させ、自殺に追い込むことまで出来るにもかかわらず、
ターゲット自身が自滅したかのように見せかけることの出来る数々の手口、及び
その段階的な計画の総称を「ガスライティング」と呼びます。

「ガスライティング」は、夫が妻を騙し、妻に妻自身が精神病だと思い込ませるストーリーの映画
「ガス燈(Gaslight)」(1944年)から命名されています。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1236076481/
 Linuxのソフトで「2chブラウザJD」というのを使っていて、たまたま見つけました。「ガスライティング」というのは初めて聞く言葉です。
 スレッドのテーマになっている「集団ストーカー」の方は、3年ほど前にもネットで見かけることがあり、罠を仕掛け、貶める側が警察ということを書いているホームページもありました。ストーカーの方は社会的にもすっかり認知され、定着、浸透した言葉ですが、「集団ストーカー」というのは、ネットでも余り見かけないし、テレビで聞いたことがありません。たぶん知らない人がほとんどと思われます。

 映画の方も初めて聞くタイトル名です。もともと映画には詳しくないですが、ほとんど無名の映画だと思われます。1944年とずいぶん古い作品のようですが、太平洋戦争の終戦一年前と言うことになりそうです。

|

« ジャーナリストが規範の臨界に立つ | トップページ | このブログのアクセス状況(2009_0212-0314) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ガスライティング」とは:

« ジャーナリストが規範の臨界に立つ | トップページ | このブログのアクセス状況(2009_0212-0314) »